西東京市 動物病院。 西東京市│ケン動物病院│犬、猫、ウサギ、ハムスターを診療

東京都西東京市の犬の獣医・動物病院を探す

西東京市 動物病院

その場合はに掲載致しますのでそちらをご確認ください。 ご理解の程お願いいたします。 2020. 5月からの投薬開始に向けて予防薬をお渡ししています ワンコに予防薬をお渡しする場合、毎年、初回は血液検査が必要です。 血液検査ではフィラリア検査だけでなく、全身のスクリーニング検査が出来ます ワンコの健康状態を確認する良い機会です。 どうぞご利用ください ニャンコ、フェレットは検査の必要はありません 2020. 当院では、ペットの健康だけでなく、飼主の皆様の健康をお守りする観点からも、外部寄生虫駆除を1年中行うことを推奨いたします。 2020. 病院での犬猫のってどう進めるんだろう。 皆様の疑問のお答えになるかと思います。 一読ください。 2019. 28までニャンコの健康診断を健康応援価格にて実施します。 今年は血液検査に加えて、より細部の検査項目を設けました。 病気は、早期発見早期治療が大切です。 この機会にご検討ください。 詳細はスタッフブログ「」でご確認ください。 2019. 蚊のいない冬にフィラリア予防?と思われるかもしれませんが、 ワクチンのように1年に1回注射することでフィラリアの予防ができる薬があります。 ワンコが薬を飲みたがらない、毎月1回投与をつい忘れてしまう、という場合に便利です。 当院では、1月から3月末までお薬を準備しています。 毎月の投薬が問題ない場合は注射の必要はありません。 詳しくは病院スタッフにお気軽にご相談ください。 2019. ベテラントリマーのスケジュールにまだまだ空きがありますので どうぞご利用ください。 獣医師の診察もついています。 当院では狂犬病予防、混合ワクチンは午前の診療時間に接種することをお勧めしています。 ワクチン接種により、まれに、 副作用が現れます。 その際は速やかな対応を必要とする場合があります。 夜間に副作用が出てしまいますと、対応ができない場合がありますが、 午前の接種ならば、対応しやすくなります。 以上の理由から、 ワクチンはなるべく午前の診療時間にご来院ください。 でも、毎月1回、ついつい忘れてしまう、なんてことありませんか? そんな飼主さんに便利な「投薬日お知らせメール」があります。 毎月、登録設定した日にメールが届きます。 これで毎月確実に投薬できますね! 興味のある方は、右欄のlinkコーナーにある 「」をクリックしてみてください。

次の

東京都西東京市の犬の獣医・動物病院を探す

西東京市 動物病院

こんにちは、西東京市のケン動物病院院長の小林健二です。 現在獣医師3名、動物看護士兼トリマー2名で診療に当たっています。 当院の方針は、当たり前のことではありますが、正しい診断と適切な治療を行うことです。 そのために各種検査機器や治療用具をそろえ、最新の獣医学を勉強しています。 また、インフォームドコンセントを最も大切にしており、個々のペットが今どんな状態にあるのかを飼主様に丁寧に説明し、そのペットと飼主様に最も適した治療方法を話し合いながら決めていきます。 なぜなら、獣医学的には最良の治療方法だとしても、そのペットや飼主様にとって最適とは限らないからです。 飼主様が、病気を理解することで治療も成功につながると考えています。 まずはお気軽にご来院ください。 Information 更新情報• 診療について 現在はところ通常通り診療しております。 今後の状況によって変わる場合があります。 御来院時はマスクのご着用をお願いします。 待合室の混雑緩和のため、院外でお待ちいただく場合や待合室の換気のためドアを開放しておく場合がございます。 ペットの脱走にはお気を付けください。 感染対策について 定期的に室内換気、ドアノブやイス等の消毒、スタッフの手指消毒マスク着用 次亜塩素酸水による空間除菌をしています。 発熱、咳等の症状のある飼い主様。 濃厚接触疑いの方。 直接来院せずにまず電話にてご相談ください。 現在ペットホテルは休止しております。 お知らせ• 新型コロナ感染への配慮のため4月の 狂犬病集合注射は延期となりました。 狂犬病予防注射は4月から6月の間に受ける必要がありますが当院では個別に予防注射を実施していますのでご利用いただけます。 西東京市にお住まいの方は注射済み票の発行も同時に出来ます。 2020年度のフィラリア予防、ノミダニ予防の受付を開始しました• 4月は込み合いますので3月中がお勧めです。 ご来院お待ちしております。 12月までしっかりと予防してあげて下さい。 ドクターズファイルの取材を受けました。 院長へのインタビュー記事が載っています。 猫ちゃん専用診察時間をはじめました。 わんちゃんが苦手な飼主様、ご利用ください。 :完全予約制(予約料金不要) 健康保険について• アニコム、アイペットを取扱いしております。 受診の際は、必ず健康保険証をお持ちください。

次の

東京都西東京市の犬の獣医・動物病院を探す

西東京市 動物病院

来院時期: 2018年08月 投稿時期: 2019年02月 子猫の去勢避妊でお世話になりました。 女の子は初めてで、全てお任せでしたが「卵巣のみ」の摘出という処置でした。 もちろん、子宮まで取ることによって大人になった後の疾患に対する予防策となるのは理解できますが、小さな体に対する負担を考えたら最良だと思いました。 というのも、自分は、ペットを飼っている人専門のsnsで楽しんでいるのですが、よそのお宅での「女の子の儀式」が本当に大変で可愛そうなのです。 ほぼ全て(?)のお宅で全摘の処置らしく、4日も便が出ないとか、ご飯を食べないだとか、男の子と比べるとかなりな負担のようです。 もちろん「全摘」で、とお願いすればやってくださると思うので、そこが大切ということではありません。 何より、snsでよそのお宅との違いを感じるのは「先生のオペが相当に上手だったんだ!」ということです。 (その後、そのままで不安でしたが、大運動会をするし、ご飯もモリモリ食べ、けろっとしていました) よそのお宅の様子では、傷がジクジクしてだとか、開いてしまっただとか、一週間防護服を着せてもまだダメだとか、大騒動でビックリしています。 女の子は本当に大変なんですね。 だけど、先生に任せてよかったです。 男の子の方も全く何事も無い様子で元気いっぱい。 2匹とも臍ヘルニアを一緒に処置してもらいましたが、痛がる様子もありませんでした。 これからも安心してお世話になろうと思います。 動物の種類 《純血》 来院目的 その他 予約の有無 あり 来院時間帯 日中 9-18時 待ち時間 3分未満 診察時間 - 診察領域 症状 - 病名 去勢 避妊 臍ヘルニア ペット保険 - 料金 27000円 備考: 臍ヘルニア込み 血液検査別 来院理由 Webで知った 当サイト以外 来院時期: 2017年11月 投稿時期: 2018年01月 うちの猫は本当に長生きをしており現在19歳5か月が経ちました ここまでの長寿ニャンコもそうはいないと思います 2年半位前からクシャミと鼻血がよく出るようになっておかしいなと思って以前通っていた違う動物病院に行っていたのですが治療もいまいち、薬もいつも同じでなんか人間でいうと大きな病院が事務的にこなす治療でした 今は人間でもセカンドオピニオンが言われてるし動物も違う病院に行けば違うと思い、現在のひとみ病院でお世話になって1年半近く経ちました 先生が親切丁寧に診てくれますし説明もわかりやすいし色々と薬も試してくれますし飼い主の意見もよく聞いてくれてほんと安心致します うちの猫は残念ですがもうソロソロ旅立ってしまうと思いますが最期にひとみ病院で診てもらってほんと幸せで良かったと思っています 先生ほんとにありがとうございます 動物の種類 《雑種 ミックス 》 来院目的 通院 予約の有無 あり 来院時間帯 日中 9-18時 待ち時間 15分〜30分 診察時間 5分〜10分 診察領域 症状 病名 癌 腫瘍 ペット保険 - 料金 - 来院理由 - 来院時期: 2017年09月 投稿時期: 2017年09月 8歳の柴犬を飼ってるのですが、急に深夜に血尿がでてトイレも1時間おきになってしまい、 近くには信頼できる病院がなく、ちゃんと説明してくれてコミュニケーションがとれ、うでのいい獣医さんのいる病院はないか探していたところ、 母の職場近くにいいところがあるときいて、こちらの病院にかかりました。 結果はエコー検査と尿検査ですぐに膀胱炎だとわかり、抗生物質をだしてくれました。 エコー写真を見ながらちゃんとわかるよう説明してくださり本当によかったです。 動物の種類 《純血》 来院目的 その他 予約の有無 なし 来院時間帯 日中 9-18時 待ち時間 15分〜30分 診察時間 15分〜30分 診察領域 症状 病名 ペット保険 - 料金 8586円 来院理由 知人・親族からの口コミ 薬• 抗生物質 ドクターズインタビュー記事• NEW 杉並区桃井「荻窪桃井どうぶつ病院/杉並動物循環器クリニック」は2020年に開院。 一般診療に加え、院長の循環器診療をはじめ、さまざまな専門診療を行っている。 家庭ごとの最善の医療の提供を心がける木﨑皓太院長に診療への思いと心臓病について伺った。 荻窪桃井どうぶつ病院/杉並動物循環器クリニック• 木﨑 皓太院長• 御堂筋線北花田駅から徒歩15分の「えびす動物クリニック」は、肝臓病の治療に力を入れている。 肝臓病の治療において手術は敬遠されがちだが、原発性の肝臓がんでは手術により完治が見込めるという。 戎修平院長に肝臓病と肝臓がんの手術について伺った。 えびす動物クリニック• 戎 修平院長• 小山市西城南の『メルどうぶつ病院』の特長や國分広光院長の獣医師としてのこだわりをご紹介。 犬猫以外にも、ウサギの治療を中心として注ぎ込む情熱などについてインタビュー。 ペットの健康は獣医師と飼い主が三位一体となって取り戻すことの大切さを熱く語っている。 メルどうぶつ病院• 國分 広光院長• 川崎市中原区の「めい動物病院」は、犬猫の一般診療を中心に循環器科や皮膚科、眼科の専門外来を受け入れている。 「家族の一員だと思って、なんでも聞いてほしい」と話す竹内潤一郎先生に、専門である循環器診療や診察に対しての思いを伺った。 めい動物病院• 竹内 潤一郎院長• 町田市で会員予約制を導入した診療をおこなっている「町田森野プリモ動物病院」の三浦貴裕院長をご紹介します。 地域の獣医療に取り組むほか、歯科医療にも注力する三浦院長。 同院の特徴である会員予約制のメリットと歯科口腔外科医療にかける思いを語っていただきました。 町田森野プリモ動物病院• 三浦 貴裕院長.

次の