生酵素 ダイエット 嘘。 林先生の初耳学「酵素ドリンクは嘘、効果なし」の言い分に物申す!!

酵素ダイエットの嘘!?~生野菜と温野菜の栄養~

生酵素 ダイエット 嘘

この知識はこんな方におすすめ• 健康を大切にしたい• ローフードダイエットってどうなの?• 酵素ジュースっていいの? ローフードダイエットはおすすめしません! 今回は、ローフードダイエットのウソとして解説していきます。 皆さんローフードダイエットというのはご存知ですか? ローフードダイエットというのは生の食べ物ばかりを食べようとするものです。 結論としては、ローフードダイエットはおすすめしません。 おそらく普通の人がしても健康効果は得られませんし、健康被害が起きてしまう可能性も高くなります。 もちろん、生野菜を食べることはとても良いことです。 ですが、 生で食べた方がいい野菜もあれば加熱して食べた方がいい野菜もあります。 今回はローフードダイエットの闇をいくつかのポイントから皆さんに解説したいと思います。 僕は生野菜がとても好きです。 ですが、生野菜でないとダメだとは思っていません。 例えば、ほうれん草であれば生で食べることもあれば加熱して食べることもありますし、にんじんやポテトは加熱して食べることが多いですし、重要なのはバランスよく食べることです。 食材によってどのように調理すると栄養価が高くなるのかということは一応ありますので、そのようなことを大切にすることもいいとは思いますが、それは食材ひとつひとつに対して結構な知識を持つことが必要になります。 ですから、それを単純に生のものを食べさえすればいいと考えるローフードダイエットは全くおすすめできないわけです。 実は、このローフードダイエットは数年前にもセレブの間で流行りましたが、推奨している人たちの利論としては、 食材に熱を加えると酵素が含まれている栄養素が減ってしまうので、生で食べるのがいいという発想になっています。 加熱調理で一概に栄養が減るとは言えない 結論としては科学的にはかなり怪しいものです。 まずは、最初のポイントとして、彼らは加熱調理で栄養が減ると言っていますが、はっきり言ってそれは間違っています。 加熱することによって、もちろん減ってしまう栄養もありますが増えるものもあります。 ですから、食材に応じて考えることも必要ですし、その食材からどんな栄養を摂りたいかによって加熱と非加熱は分けて考えるべきです。 確かに、ビタミン C などよく知られている栄養素については、茹でたり焼いたり加熱調理をすると減ってしまいますが、熱を加えることによって増える栄養素もあります。 これはたくさんありますが、例としては、ニンジンやさつまいもに含まれているカルチノイドという栄養素があります。 このカロチノイドは抗酸化作用がとても強く肌をきれいにしたり老化を防いでくれるという効果があります。 美容やアンチエイジングに興味がある人はカルチノイドが大切だということをよく言っている人もいます。 この カルチノイドは、実は加熱した方が増えるものです。 ですから、ニンジンからカロチノイドの栄養を効率よく摂りたいと思うのであれば、生のスティックを食べるよりも、加熱したニンジンを食べた方がいいのかもしれないということも言えます。 ですから、トウモロコシに関しては抗酸化能力に限っていうのであれば1. 5倍も効率よく栄養を吸収できるということです。 アンチエイジングの効果を期待してトウモロコシを食べるのであれば、加熱して食べた方がいいということです。 栄養の量だけでなく吸収率の問題も関わる ですから、これは栄養学のとても難しいところでもありますが、その食材に含まれている栄養がどれぐらい吸収されるのかという問題もあるわけです。 たくさん栄養が含まれていたとしても、それを吸収することができなければ意味がないわけです。 つまり、加熱することにより場所へ要素自体が減ったとしても、吸収しやすくなるという場合には加熱して食べた方がいいということにもなります。 これと同じことはサプリでも言うことができます。 よく自分に足りない栄養素をサプリで補うということを言う人がいますが、サプリに関しても吸収効率は考える必要があります。 例えば、菜食主義の人はお肉などに含まれるビタミン B 12が不足しがちになるので、それをサプリで補っているという人も結構います。 このビタミン B 12などは特にそうですが、それをサプリで摂ると癌の発症リスクが高くなるとか骨が折れやすくなってしまうといったデメリットもあります。 ですから、足りていない特定の栄養素をサプリで摂るというのは、お医者さんの指示があるとか、実験により安全性が最低でも確かめられているというものでない限りは、あまりお勧めもしませんし、 食材から摂れる栄養素は食材から取った方がいいのは間違いありません。 先ほど、僕は、ほうれん草に関しては生で食べる場合もあれば加熱して食べる場合もあると紹介しました。 ほうれん草を生で食べるのは好きだから食べるわけですが、最近は加熱したものと生とを半々ぐらいで食べるようにしています。 その理由としては、1995年に行われた実験を見てみると、加熱したほうれん草と生のほうれん草を比べると、 加熱したほうれん草を食べた後の方が血中のベータカロチン量が3倍も高くなっていたという結果が確認されています。 もちろん、このほうれん草にも他の栄養素はたくさんありますが、ベータカロチンの効果を考えるのであれば、加熱したほうれん草を食べた方がよりその効果を得ることができるということです。 誤解しないでもらいたいのは、 ほうれん草には他にもたくさんの栄養素がありますから、僕は加熱したほうれん草も食べるし生のほうれん草も食べるようにしているのも、ベータカロチンのメリットも得たいですし、それ以外の栄養素も効率よく吸収したいからです。 極端なダイエットは健康のための複雑な要素を見ていない ですから、ローフードダイエットに限らずどんなダイエットでも同じですが、 これだけを食べればいいとか、これは絶対に食べてはいけないというような極端なダイエットは、このような複雑な議論や考えを見ないようにしているものです。 これだけをしておけば大丈夫というのは、確かに、ビジネスなどではそれが重要になる場合もありますが、特に人間の体や栄養学などから考えてみると、それはとても複雑でそんな簡単に区別できるものでもありません。 栄養素も加熱した方が増える場合もあれば生の方がいい場合もありますし、そこに吸収率の問題も関わってくるわけですから、一概に加熱した方がいいとも言えないし生の方がいいとも言えません。 ですから、ポートフォリオ的に半々ぐらいで食べるようにした方が良いのではないかと僕は思っています。 実際に、研究者も同じようなことを言われています。 他にも、トマトの栄養素についても有名だと思いますが、加熱したトマトと生のトマトを比べると、加熱したトマトの方がとても強力な抗酸化作用のあるリコピンが増えるということが分かっています。 これらの紹介した食材だけでなく全ての食材において、加熱した方が栄養素が増えるという場合もありますので、自分がどんな栄養素を摂りたいのか、そして、どんな食材を使うのかということを考えると、むしろ、 加熱した食材と非加熱の食材と両方を上手に使った方が健康効果は高いわけです。 ですから、わざわざローフードダイエットをする意味はないし、その加熱した食材と非加熱の食材の使い分けは相当の知識がないと難しいので、それぞれを半々ぐらいの量で食べるようにするのが現実的なところなのではないかということが言いたいわけです。 健康的に痩せることが大切なはず このようにかなり取り扱いが難しいものでもありますので、実際に、このローフードダイエットによる健康被害も出ています。 もちろん、今回はローフードに対して不利なデータを扱っていますので、ローフードに対して良い効果があったというデータもあります。 例えば、体重を減らす効果が高いというデータがあったり、良い結果が示されているデータも確かにあります。 ですから、ローフードダイエットが一切ダメだというなことは言いませんし、生と加熱と両方食べるようにした方が良いのではないかということを言っているだけです。 しかし、ローフードによって体重を減らす効果があるというデータも実際にありますが、当然、 ただ痩せればいいということではなく健康的に痩せることが大切なはずです。 先ほど紹介したように、相当な知識を持って行わない限りはローフードダイエットは栄養のバランスが取れなくなってしまうので健康被害が起きやすくなるということはあります。 例えば、1999年の調査では500人以上のローフードダイエッターを対象に調べたところ、その ダイエットの歴が長い女性ほど生理が止まりやすいという傾向が確認されています。 ですから、栄養の偏りによりホルモンバランスがおかしくなってしまいやすいということです。 他にも、人数は少し少ないですが2005年の研究で、18人のローフードダイエッターを調べた研究を見てみると、やはり、 ローフード歴が長い人ほど骨密度が低くなってしまうという現象が確認されています。 さらに、2005年の研究では、長期間にわたり全体のカロリーの7割をローフードで摂るということをすると、いわゆる 善玉のHDL コレステロールとベータカロチンの量が減ってしまうという結果が確認されています。 この善玉コレステロールやベータカロチンが体に大切だということは皆さん理解されていると思いますので、これらが減ってしまうということは、実際に健康被害に繋がってしまうということも十分考えられるわけです。 否定はしませんが万人におすすめできるものではないということ ローフードで栄養を保つことができる人もいるとは思います。 それはおそらく食材に対する知識や調理方法に対する知識を相当持っている人で、例えば、ローフードでは摂りにくい栄養を補うために特殊な食材を自分なりに考えて入れたり、自分の体調などから考えてどんな食材を増やすべきなのかといったことをかなり高いレベルで考えることができる人でない限りは、ローフードで食生活の健康バランスをとることはとても難しいものです。 これはおそらくベジタリアンやヴィーガンの人にも全く同じことが言えて、人間が雑食なのは、そもそもたくさんの栄養を摂り入れてバランスを取るようにできているからです。 例えば、それが野菜であろうとハンバーガーであろうと、どんなものであっても偏るのが体にとってはよくありません。 ですから、適切なバランスをとることが必要になるわけですが、それは いろいろな種類の食材を普段から食べるようにしていれば、ある程度は自然とバランスが保てるようになるものです。 食べるものを生のものに制限するとか野菜に制限するとようなことをしてしまうと、相当な覚悟と相当な知識を持ってしない限りはできないものですから、万人に対してお勧めできるものでは決してありません。 もちろん菜食主義など、それは自分の主義として行うには僕はそれを否定したりもしませんが、栄養が偏ることによりこのような問題が出るということを言いたいだけです。 健康被害が起きやすいので気をつけてほしいと思います。 酵素ダイエットは効果があるのか? 酵素ドリンクや酵素ダイエットっていうものが結構流行っています。 生の食材には酵素があり、その酵素を取り込むことによって体が健康になるというようなことを言う人がいますが、はっきり言って酵素は無駄です。 そもそも食材から酵素を取り入れても無駄です。 それは、まず 酵素が体にいいということが示される証拠が科学的にはないからです。 食材から取り入れた酵素というものは、胃の中で分解されてアミノ酸になります。 ですから、いくら低温調理をしたり生で食材や植物を食べて、酵素を残した状態でそれらを食べたとしても、それは胃の中で全て分解されてアミノ酸になってしまいます。 ですから、酵素を意識して食べるというのであれば、それはプロテインを飲んでも同じことです。 酵素をわざわざ意識する必要はそもそもありません。 バランスの良い食生活が重要 まとめると、まずバランスの良い食事が大切です。 肉やタンパク質も摂ったほうがいいでしょうし、同時に野菜はしっかり食べた方がいいです。 現代人は特に野菜が不足しがちですし、野菜は当然ですが食べれば食べるほど体にいいものです。 大体1日に800グラムぐらいはいろいろな野菜を組み合わせて食べるようにしたほうがいいです。 その野菜は半分から7割ぐらいは生で食べるようにして、残りは加熱した野菜も含めるようにして上手に組み合わせて食べるようにしたほうがいいと思います。 野菜の栄養についてひ とつずつ考えているとかなり難しいですしきりがないですから、ポイントとしては、量をしっかり食べるということと、たくさんの種類の野菜を食べるということの2点を意識するといいのではないでしょうか。 ちなみに、コンビニに売っているカット野菜は栄養がないから食べる意味はないというようなことを言う人もいますが、食べないよりは絶対にマシです。 栄養価に関しても、オーガニックで作った野菜でもそうでない野菜でもそんなに差があるものではありません。 僕は美味しい野菜を求めるので結果的にオーガニックを選ぶことが多いですが、例えば、オーガニックの野菜が500円でオーガニックではない普通の同じ野菜が250円だとしたら、そこで健康を求めるのであればオーガニックではない普通の野菜を倍の量を買ったほうがいいと思います。 ですから、お金に余裕があったり好みでオーガニックの野菜を選ぶのもいいとは思いますが、そうでない限りは、量を優先してしっかり食べるようにしたほうがいいのではないかということです。 ローフードに関しては、指摘してくる人もいるかもしれませんのでメリットを示すような研究も紹介しておくと、例えば、先ほどのように健康的ではないけれど体重が減ったというデータや、ローフードによって高血圧や高コレステロールが改善したという実験も確かにあります。 ですから、お医者さんや知識のある専門家の指導のもとに行うのであればいいとは思います。 ただ、ここでは一般的な人に向けて知識を紹介していますので、完全なローフードにしてしまうとリスクが高くなってしまうので、バランスよく食べるようにした方が良いのではないかということが言いたいだけです。 食べて体の炎症を抑えてくれる食材選びのためのおすすめ 食材に関する知識というものは結構難しいものです。 栄養学の知識を考える必要もありますし、料理の方法も当然必要になってきます。 さらにそこに吸収率の問題も関わってきますので、学び始めるとかなり深いものです。 そんな中でも、 もっと分かりやすく多くの人が食べた方がいいものは何なのかというと、僕は体の炎症を抑えてくれる食材だと思います。 食べることによって体内の炎症を抑えることができて、老化を防げたり肌が綺麗になったり免疫力が高まるという食材であれば日々食べた方がいいはずです。 まず自分が日々食べるものを決めて、その上で他に食べるものを幅広くいろいろと追加していけば、バランスよく健康的に食生活を送ることができるはずです。 今回のおすすめの動画としては、そんな体の炎症を抑えてくれる食材について解説した動画を紹介しておきます。 こちらは最新の研究をベースに飲み物から野菜やフルーツまで紹介した内容になっています。 肌をきれいにするという観点で考えても、高級化粧品を一生懸命使うよりも体の内側から健康的になることを考えた方が効果的です。 肌がきれいになるということは、女性はもちろん男性から見た時に魅力的になるのでモテるようになるでしょうし、男性も肌が綺麗な方がいいです。 男性の場合は、モテるからということではなく、肌が綺麗な男性は健康的に見えてそれにより能力が高く見られます。 それだけで昇進スピードが速くなったり、起業家であれば投資家からお金を出してもらいやすくなるというようなメリットも確認されています。 特に社会に出て自分の力で稼いでいきたいと思っている男性の方はスキンケアは考えた方がいいと思います。 ぜひこちらの動画もチェックしてもらい、13種類の美肌食品について学んでみてください。 健康的な生活のためのおすすめ本 今回のおすすめの本としては、体調を良くするためのおすすめの本を2冊紹介しておきます。 まずは、何度も紹介していますが、こちらになります。 本内容は、参考資料および、動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。 ncbi. nlm. nih. ncbi. nlm. nih. ncbi. nlm. nih. ncbi. nlm. nih. ncbi. nlm. nih. ncbi. nlm. nih. oup. karger. ncbi. nlm. nih.

次の

生酵素サプリは詐欺?効果は嘘なの?

生酵素 ダイエット 嘘

酵素ダイエット痩せる? 『酵素ダイエットは、 痩せるのか、痩せないのか?』 今、酵素ダイエットが人気ですが、ほんとうにみんな痩せるのでしょうか? 痩せないのでしょうか? 酵素ドリンクと酵素サプリはどう違うのか? ここでは、酵素ダイエットは痩せるのか、痩せるのか 本当の答えをまとめています。 酵素ダイエットとは 酵素ダイエットは、加齢やストレス、不規則な食生活によって不足した酵素をサプリメントなどで補いながら置き換えダイエットすることです。 その 不足した酵素をサプリメントなどや食生活で補い、プチ断食するものです。 つまり、健康的な身体作りを目指しながら、短期間でダイエットに取り組むことができます。 また、酵素ダイエット=ファスティングとも言われます。 ファスティングは、fast(断食)という意味からきていますが、 週末断食やプチ断食が一般的です。 酵素ドリンクや酵素サプリで食事を置き換え、週末断食をすることで短期間でダイエットをするものです。 また最近の酵素は、生酵素だけでなく生麹や生酵母、EC-12菌という乳酸菌を配合したものなど 様々な酵素サプリがあり、いわゆる痩せ菌を増やす効果があると言われます。 つまり、必要な栄養素を摂取しながら内臓を休め、消化のエネルギーを活用するダイエット術です。 細胞の活性化で代謝を高めれば、脂肪燃焼や消費カロリーのアップも狙えるのです。 また、摂取カロリーを減らせば、体の脂肪を燃やしてエネルギー源を作り出すので直接、体脂肪を減らせるのも見逃せないポイント。 短期間の絶食は水分が排出され一時的に数キロ体重を落とせます。 今では美容やアンチエイジング、デトックスなど色々な目的でも活用されるファスティングとして、酵素を使ったやり方が定番です。 今、一押し! もう少し、具体的に説明しますね。 酵素は、元々身体に存在しているものなんです。 それが、加齢や、ストレス、添加物の多い食生活をすることが原因で体内酵素が減ります。 酵素が減ると、消化のための消化酵素も減ることになり太りやすくなるということです。 これを、サプリメントを飲むことで、体内の酵素を補います。 サプリメントは、 痩せやすい体つくりをするために飲みます。 そして、朝食や夕食を置き換えることでダイエットをします。 ですが、実際に酵素ダイエットをしてみても痩せない人がいます。 その理由は、サプリメントを飲むだけで痩せると思っているからです。 サプリメントに痩せる効果はありません。 ダイエットは、 サプリメントを飲むだけでは成功できません。 酵素ドリンクや酵素サプリは、痩せやすい体つくりのサポートをするものだからです。 飲むだけで痩せないのに、どうして酵素はこんなにも人気なのか。 それには、ワケがあります。 酵素ダイエットをする最大のメリットは、 美容効果もあり、 健康にもいい という2点です。 酵素は、ダイエット効果だけでなく、美容にもいいことや健康にメリットがある。 こういったことから、酵素ダイエットが人気になりました。 ダイエットを目的にする場合、 基本的にサプリやドリンクで酵素を摂取します。 それと置き換えダイエットを実践します。 さらに、糖質制限をすることでダイエット効果が高くなります。 特にポッコリお腹が気になる人にはおすすめです。 さらに、普段の食生活を酵素を多く含む食品を摂ることでより効果的です。 顔に酷いやけどを負った女性が、酵素をたくさん摂取して顔の火傷後をほとんど目立たないものにした人もいます。 酵素には、肌にいい効果もあると言われます。 肌がキレイになりたい。 スマートな体型になりたい方にはおすすめなのが酵素なんですね。 だから、芸能人やモデルはこぞって酵素ダイエットを実践するんですね。 紗栄子さん、有村架純さん、橋本マナミさん、 安室奈美恵さんも酵素を意識的に摂っているようですね。 酵素ダイエッは、継続することで効果を維持することができます。 酵素ダイエットは、一時的なものではありません。 継続することが大切です。 食生活を改善すること。 適度な運動をすることなど、 健康的な生活を送ることが大切です。 美容効果もバツグンな酵素! 酵素ダイエットの進化 酵素を含んだサプリは、様々なものが新しく発売されています。 麹菌や乳酸菌も配合した麹酵素サプリ、 青汁に酵素を含ませたフルーツ青汁など。 新しい商品が次々発売されてます。 麹サプリやフルーツ青汁は健康志向でダイエット効果も期待したい方の支持が高いサプリです。 一度試してみてもいいかもしれませんね。 酵素でダイエットをして痩せる人と痩せない人の違い! 酵素ダイエットは痩せない? 酵素ダイエットは痩せる! 酵素ダイエットが人気でやってみたけど痩せない人がいる。 一方で、酵素ダイエットをして痩せた人もいる。 その違いってなに? そもそもダイエットをして痩せる人も入れば、痩せない人もいる。 その違いって ダイエットのやり方を間違えているだけ。 酵素ダイエットも同じ。 酵素ダイエットで痩せない人はやり方を間違えてしまっているだけ! じゃあ、酵素ダイエットの正しいやり方は。 また酵素ダイエットがなぜ人気なのかを説明する。 酵素ダイエットが人気になったワケ その前に、そもそも酵素ダイエットが人気になった理由ってどんなことがあるのでしょうか。 酵素ダイエットが人気になった要因は、 コストパフォーマンスがすごくいい から。 実は、酵素はダイエット効果だけでなく、 美肌、 美髪など肌や髪にも、すごいいい栄養素である。 酵素は、高級な美容液や高い育毛剤にも含まれることが多い成分。 そもそも酵素は、身体にとって欠かせない成分なんだけど、 残念ながら、加齢とともに減少する。 そして、 ストレスや生活習慣の乱れでも減少する。 不足した酵素を補って、ダイエット効果や美肌効果にもいいと評判になったのが 酵素ダイエット。 目的別に酵素ダイエットできる! 酵素ダイエットは、コスパ抜群でダイエットも美肌効果も期待できる。 そして、 今酵素ダイエットには様々なドリンクやサプリがある。 2018年酵素ダイエットは進化しました。 最近、断然人気でおすすめなのは酵素サプリ。 酵素サプリは、いつでもどこでも酵素を補えるのでとても売れてる。 そして酵素サプリは、ドラックストアやスーパーでも買えるものから通販専門のものまでたくさんの種類がある。 そこでおすすめの酵素サプリをまとめていますので参考に! そして、定番の酵素ドリンクはドラックストアやスーパーでも買える定番商品になった。 今でも人気の酵素ドリンクは通販専門で販売されてる。 酵素ドリンクも多種多様ある。 どんな酵素ドリンクを選べばいいのか。 人気の酵素ドリンクはこちらを参考に! 酵素ダイエットのいろいろな種類 酵素ダイエットとっても、様々なやり方があります。 主な、 酵素ダイエットの種類は、 今注目の酵素サプリ そして定番の酵素ドリンク! 最近、利用できる施設が増えた酵素風呂 酵素玄米も密かなブームになっているね。 何といっても、酵素食品を摂るのが一番。 おすすめな酵素食品はこちらが参考になります。 などなど 酵素不足を解消するために酵素ダイエットするやり方はたくさんの種類があります。 手軽で人気なのが 酵素サプリ。 進化した酵素サプリは、美肌成分や乳酸菌、麹菌など身体にいい成分が加わってパワーアップしました。 美容効果も期待できる 酵素サプリは人気です。 酵素風呂は、まだまだ施設が少ないし、 酵素玄米には好き嫌いがありし継続するのが難しい。 酵素を多く含んだ食品を食べ自然な形でダイエットするのが一番ですが、 普段の生活でこれを実践するのは非常に難しい。 そこで気軽にダイエットをしたい方が選ぶのが、 今一番選んでいるのが、酵素サプリなんですね。 酵素サプリを摂って正しくダイエットをすれば、痩せることはできる。 しかし、ダイエットは正しくやらないと効果があるどころか、 リバウンドしたり、全然効果がない場合がある。 でもそれは、正しくは間違い。 だから食べる量を減らして摂取カロリーを減らすか、運動して消費カロリーを増やせば痩せるって思っています。 だからみんな運動して痩せようとする。 そして太らない為に食べたいものを我慢する。 でも、それは 実は間違いでした。 昔は痩せていたけど、40過ぎたらいつの間にか太りやすくなっていた。。。 どうして太るんだろうと思っていた時、 書店で一冊の本をみつけました。 その本には、驚くべき事実が書かれていました。 痩せない理由は、カロリーの摂りすぎではありませんでした。 そして、太る理由についてもわかりました。 あなたがやっていた酵素ダイエットは、正しいダイエット方法ではなかったかもしれません。 私の酵素ダイエットは間違っていました。 そもそもダイエットのやり方自体が間違っていたのです。 そう、太る原因は別な理由だから。 酵素ダイエットをすれば痩せるという以前に、 太る原因がわかっていませんでした。 太る原因は、糖質(炭水化物)の過剰摂取によるもの。 実は、糖質(炭水化物)を控え、余分な糖質を摂取しなければ自然と痩せます。 最近の研究でわかったことですが、太る原因は糖質を摂取したことによる血糖値の上昇が体を太らせる。 つまり、糖質の摂取を控え、不足した酵素を補えば自然と痩せることになる。 酵素ダイエットするのに、ただ酵素を摂るだけでは痩せません。 同時に糖質(炭水化物)の摂取を少なくすれば、特に運動をしたり、ステーキや焼き肉などのたんぱく質は控えたりしなくても、ちゃんと痩せていく。 太る原因についてはこちらの記事を参考にしてください。 酵素の役割は痩せる体質作りだけではありません。 美肌つくりや、健康な髪のためにも酵素は必要不可欠。 酵素ダイエットをして酵素を補うことは、 美容にも美髪にも健康にもいいこと。 だれでも2、3キロくらいなら少しの食事制限と宿便をどっさりだせばダイエットはできる。 ダイエットをしても痩せない人には、痩せないワケがある。 そのホントの理由も知らないで、いろいろなダイエットをしても痩せないのは当たり前。 ここでは、痩せないと嘆く人がはまる落とし穴とは。 酵素ダイエットで痩せない場合に考えられる原因 酵素サプリを積極的に摂っているにもかかわらず、痩せない。 酵素ドリンクを飲んだけど痩せない。 そんなときは、まず 今の食生活を確認してみましょう。 清涼飲料水(ジュース)が好き• ついお菓子に手を出してしまう• 食べるのが人より早い• 白いご飯が好き• パスタやラーメンなど麺類の食事が多い これら全てに該当している場合、どんなダイエットを始めても効果は少なく、痩せるのは難しい。 なぜなら、どれも体内の血糖値を急上昇させ、太る食生活をして、体内酵素がムダに使われているから! 実は、カロリーの高い食事を摂っても太りません。 太る原因は、 糖質の摂取により血糖値を急上昇させること。 食べた糖質はブドウ糖に分解され吸収されて血液中に入る。 糖質を過剰摂取すると血液中のブドウ糖が増える。 すると血糖値は上がりすぎてしまいますから、膵臓がインスリンが出て余ったブドウ糖を処理する。 インスリンは余ったブドウ糖をグリコーゲンにして肝臓や筋肉の細胞に摂り込む。 ですがグリコーゲンとして細胞に摂りこめる量は限度がある。 そのとき余ったブドウ糖は、 中性脂肪に形を変え脂肪になる。 これが太る最大の理由! まず、糖質の多い食事を控え、酵素の多い食品を摂る食事にしてみる。 これで ダイエットを成功する確率は高くなります。 そして、お腹が空いたら酵素ドリンクを飲む。 すると無理することなく自然とダイエットを続けることができる。 ここで今一押しの酵素サプリをご紹介します。 人気酵素サプリ なかきれい酵素 なかきれい酵素特徴• 低温製造• 合成の添加物、保存料など未使用• 天然の栄養素 価格は初回980円でお試しできる。 一袋30粒15日分 失敗しない酵素ダイエットのやり方 酵素ドリンクを飲んでみたけど、やっぱり痩せなかった。 そんな人は、酵素ダイエットのやり方が間違っていたかもしれません。 酵素ダイエットを効率的に行うには、守るべきルールがある。 人間の体にとって食事はとても大切な要素ですよね。 酵素ダイエットをするのなら、正しいやり方でやらないと、その努力が水の泡になるばかりか、リバウンドしてしまう可能性もある。 ここでは 酵素ダイエットをしているのに痩せない3つの理由と、酵素ダイエットで痩せる対処法を3つご紹介する。 もしあなたが酵素ダイエットをして痩せなかったのであれば、 やり方を見直してみることをおススメする。 正しい酵素ダイエットの方法を身に着けて、健康的にダイエットをしていきましょう。 酵素ダイエット痩せない理由• 炭水化物(糖質)をとり過ぎてしまっている• 食事が偏り、栄養不足になっている• 1日の摂取カロリーが多くなっている あなたが酵素ダイエットで痩せない原因とは あなたが酵素ダイエットをしているのになかなか痩せなかったなら、そのやり方に問題があると考えられる。 まずは、あなたの酵素ダイエットを妨げている原因を突き止めましょう。 下記の3つの項目に自分が当てはまっていないか、確認してみよう。 もしここに当てはまるようならば、せっかくの酵素ダイエットが無駄になっている可能性がある。 それでは一つずつ見ていきましょう。 1日の摂取カロリーが消費カロリーをオーバーしてしまっている 酵素ダイエットで置き換えダイエットや食事制限をしている方でごはんを食べないでお菓子で食事を済ませてしまっている人もいる。 酵素ダイエットは、1日1食置き換えダイエットをする人が多いので、その他の食事でカロリーオーバーする人や、お菓子などの間食でカロリーを摂りすぎてしまう方がいる。 カロリーは、必要な分を超えて摂取してしまうと、これらの余剰分が脂肪となって体に蓄積される。 平均的な人の大体の1日の消費カロリーの目安は、女性が約1500kcal、男性で約2000kcal。 特に、女性の1500kcalは、デザートを食べるとすぐにオーバーしている。 オーバーしたカロリーは、体に蓄積されて肥満の原因となる。 ダイエットをして痩せない場合の対処の仕方 ここまでダイエットをしているのに痩せない理由をご紹介したね。 痩せない原因が分かったら、あとは正しいダイエットをすればいいだけ。 まずは今までのあなたのダイエットのやり方を振り返ってみることから始めましょう。 もし上の原因に当てはまるのであれば、これから説明する対処法をやってみよう。 カロリーを摂取しすぎないように注意する 摂取カロリーが消費カロリーを超えてしまうと、余ったカロリーが脂肪となって蓄積されてしまう。 これを防ぐ方法は、すごく簡単。 1.消費カロリーを超過しないようにカロリーを摂取する 2.余分に摂取したカロリーは消費するようにする ですが、これがなかなかできないんですよね。 余分に摂取したカロリーを消費するのは、そう簡単なことではありません。 あなたがランチで何気なく食べたカルボナーラ(約700kcal)の分を消費するだけでも、3時間のウォーキングが必要になる。 そう考えると、「消費カロリーを超えないようにカロリーを摂取する」ことがどれだけ大切なのかわかりますよね。 脂肪は体に着く前に対処する・・・ つまり食事制限をしっかり行うことが、いかに大切かわかると思います。 サラダを中心に酵素を多く摂るようにしましょう。 そしてもう一つ、代謝を上げ、脂肪を燃焼しやすい体質づくりをするために、酵素を身体に摂ることが大きな要素となってきます。 酵素サプリや酵素ドリンクで酵素を補いましょう。 酵素を補うことで基礎代謝のアップが期待できる。 ダイエットしても痩せない原因まとめ 極端に食事制限すると、痩せるどころかリバウンドの元になります。 食事制限とは決してやみくもに「ものを食べない」ということではありません。 それどころか極端な食事制限は、太りやすい体を作る原因となり、リバウンドの元となってしまう。 酵素ダイエットで置き換えしているのに痩せないということは、必ず何かの理由がそこにはあります。 再度確認しておきましょう。 酵素ダイエットで痩せるには、 ・ 糖質量をコントロールする ・ バランスのよい、正しい食事を習慣づける ・ 酵素を身体に摂り入れる あなたが今、ダイエットをしても痩せないという悩みをお持ちならば、まずは1日の食事内容の見直しから始めてみましょう。 そして痩せない原因が分かったら、3つの対処方法生活の中に取り入れていくようにしましょう。 「食を制する者はダイエットを制す」です。 正しい酵素ダイエットを、ぜひ今から実践してみてくださいね。 楽して痩せたいなら生酵素サプリ。 飲むだけで痩せたい人はコチラがおすすめ。 モデルや芸能人が飲んでいる酵素ドリンク 酵素とは 酵素ダイエットについては少しはわかったとおもいます。 ここでは、なぜ酵素で痩せるのか。 酵素の役割についてご説明します。 酵素とは何かはこちらに詳しく書いてあります。 ダイエットとは、食生活を改善することで誰でもできます。 炭水化物の摂りすぎに注意をし、バランスのよい食生活をすること。 そしてなるべく添加物の含まない食材を食べるようにして、体内の酵素の無駄遣いをしないようにすること。 筋力低下や基礎代謝ダウンを防止するために、適度に運動すること。 そして、寝不足にならないようにしっかりと寝ること。 こうした健康的な生活を実践すれば、太りすぎることは考えられませんよね。 酵素ダイエットは芸能人やモデルが取り組むことが多いダイエットとしても有名です。 どうして芸能人やモデルは、酵素ダイエットをするのか。 芸能人やモデルは普段からダイエットをしています。 食生活にも気を配り、エステやジムにいったりと身体を維持するための努力をしています。 それでも、もっときれいなスタイルでいたい。 もっとキレイになりたいという気持ちの強さから酵素を摂りいれています。 もっとキレイになりたい、もっとスタイルがよくなりたいという強い気持ちでダイエットをはじめれば、 そのダイエットはきっと成功します。

次の

酵素の効果なんて全部ウソ!!酵素でダイエットするならここを注意するべし!

生酵素 ダイエット 嘘

この知識はこんな方におすすめ• 健康を大切にしたい• ローフードダイエットってどうなの?• 酵素ジュースっていいの? ローフードダイエットはおすすめしません! 今回は、ローフードダイエットのウソとして解説していきます。 皆さんローフードダイエットというのはご存知ですか? ローフードダイエットというのは生の食べ物ばかりを食べようとするものです。 結論としては、ローフードダイエットはおすすめしません。 おそらく普通の人がしても健康効果は得られませんし、健康被害が起きてしまう可能性も高くなります。 もちろん、生野菜を食べることはとても良いことです。 ですが、 生で食べた方がいい野菜もあれば加熱して食べた方がいい野菜もあります。 今回はローフードダイエットの闇をいくつかのポイントから皆さんに解説したいと思います。 僕は生野菜がとても好きです。 ですが、生野菜でないとダメだとは思っていません。 例えば、ほうれん草であれば生で食べることもあれば加熱して食べることもありますし、にんじんやポテトは加熱して食べることが多いですし、重要なのはバランスよく食べることです。 食材によってどのように調理すると栄養価が高くなるのかということは一応ありますので、そのようなことを大切にすることもいいとは思いますが、それは食材ひとつひとつに対して結構な知識を持つことが必要になります。 ですから、それを単純に生のものを食べさえすればいいと考えるローフードダイエットは全くおすすめできないわけです。 実は、このローフードダイエットは数年前にもセレブの間で流行りましたが、推奨している人たちの利論としては、 食材に熱を加えると酵素が含まれている栄養素が減ってしまうので、生で食べるのがいいという発想になっています。 加熱調理で一概に栄養が減るとは言えない 結論としては科学的にはかなり怪しいものです。 まずは、最初のポイントとして、彼らは加熱調理で栄養が減ると言っていますが、はっきり言ってそれは間違っています。 加熱することによって、もちろん減ってしまう栄養もありますが増えるものもあります。 ですから、食材に応じて考えることも必要ですし、その食材からどんな栄養を摂りたいかによって加熱と非加熱は分けて考えるべきです。 確かに、ビタミン C などよく知られている栄養素については、茹でたり焼いたり加熱調理をすると減ってしまいますが、熱を加えることによって増える栄養素もあります。 これはたくさんありますが、例としては、ニンジンやさつまいもに含まれているカルチノイドという栄養素があります。 このカロチノイドは抗酸化作用がとても強く肌をきれいにしたり老化を防いでくれるという効果があります。 美容やアンチエイジングに興味がある人はカルチノイドが大切だということをよく言っている人もいます。 この カルチノイドは、実は加熱した方が増えるものです。 ですから、ニンジンからカロチノイドの栄養を効率よく摂りたいと思うのであれば、生のスティックを食べるよりも、加熱したニンジンを食べた方がいいのかもしれないということも言えます。 ですから、トウモロコシに関しては抗酸化能力に限っていうのであれば1. 5倍も効率よく栄養を吸収できるということです。 アンチエイジングの効果を期待してトウモロコシを食べるのであれば、加熱して食べた方がいいということです。 栄養の量だけでなく吸収率の問題も関わる ですから、これは栄養学のとても難しいところでもありますが、その食材に含まれている栄養がどれぐらい吸収されるのかという問題もあるわけです。 たくさん栄養が含まれていたとしても、それを吸収することができなければ意味がないわけです。 つまり、加熱することにより場所へ要素自体が減ったとしても、吸収しやすくなるという場合には加熱して食べた方がいいということにもなります。 これと同じことはサプリでも言うことができます。 よく自分に足りない栄養素をサプリで補うということを言う人がいますが、サプリに関しても吸収効率は考える必要があります。 例えば、菜食主義の人はお肉などに含まれるビタミン B 12が不足しがちになるので、それをサプリで補っているという人も結構います。 このビタミン B 12などは特にそうですが、それをサプリで摂ると癌の発症リスクが高くなるとか骨が折れやすくなってしまうといったデメリットもあります。 ですから、足りていない特定の栄養素をサプリで摂るというのは、お医者さんの指示があるとか、実験により安全性が最低でも確かめられているというものでない限りは、あまりお勧めもしませんし、 食材から摂れる栄養素は食材から取った方がいいのは間違いありません。 先ほど、僕は、ほうれん草に関しては生で食べる場合もあれば加熱して食べる場合もあると紹介しました。 ほうれん草を生で食べるのは好きだから食べるわけですが、最近は加熱したものと生とを半々ぐらいで食べるようにしています。 その理由としては、1995年に行われた実験を見てみると、加熱したほうれん草と生のほうれん草を比べると、 加熱したほうれん草を食べた後の方が血中のベータカロチン量が3倍も高くなっていたという結果が確認されています。 もちろん、このほうれん草にも他の栄養素はたくさんありますが、ベータカロチンの効果を考えるのであれば、加熱したほうれん草を食べた方がよりその効果を得ることができるということです。 誤解しないでもらいたいのは、 ほうれん草には他にもたくさんの栄養素がありますから、僕は加熱したほうれん草も食べるし生のほうれん草も食べるようにしているのも、ベータカロチンのメリットも得たいですし、それ以外の栄養素も効率よく吸収したいからです。 極端なダイエットは健康のための複雑な要素を見ていない ですから、ローフードダイエットに限らずどんなダイエットでも同じですが、 これだけを食べればいいとか、これは絶対に食べてはいけないというような極端なダイエットは、このような複雑な議論や考えを見ないようにしているものです。 これだけをしておけば大丈夫というのは、確かに、ビジネスなどではそれが重要になる場合もありますが、特に人間の体や栄養学などから考えてみると、それはとても複雑でそんな簡単に区別できるものでもありません。 栄養素も加熱した方が増える場合もあれば生の方がいい場合もありますし、そこに吸収率の問題も関わってくるわけですから、一概に加熱した方がいいとも言えないし生の方がいいとも言えません。 ですから、ポートフォリオ的に半々ぐらいで食べるようにした方が良いのではないかと僕は思っています。 実際に、研究者も同じようなことを言われています。 他にも、トマトの栄養素についても有名だと思いますが、加熱したトマトと生のトマトを比べると、加熱したトマトの方がとても強力な抗酸化作用のあるリコピンが増えるということが分かっています。 これらの紹介した食材だけでなく全ての食材において、加熱した方が栄養素が増えるという場合もありますので、自分がどんな栄養素を摂りたいのか、そして、どんな食材を使うのかということを考えると、むしろ、 加熱した食材と非加熱の食材と両方を上手に使った方が健康効果は高いわけです。 ですから、わざわざローフードダイエットをする意味はないし、その加熱した食材と非加熱の食材の使い分けは相当の知識がないと難しいので、それぞれを半々ぐらいの量で食べるようにするのが現実的なところなのではないかということが言いたいわけです。 健康的に痩せることが大切なはず このようにかなり取り扱いが難しいものでもありますので、実際に、このローフードダイエットによる健康被害も出ています。 もちろん、今回はローフードに対して不利なデータを扱っていますので、ローフードに対して良い効果があったというデータもあります。 例えば、体重を減らす効果が高いというデータがあったり、良い結果が示されているデータも確かにあります。 ですから、ローフードダイエットが一切ダメだというなことは言いませんし、生と加熱と両方食べるようにした方が良いのではないかということを言っているだけです。 しかし、ローフードによって体重を減らす効果があるというデータも実際にありますが、当然、 ただ痩せればいいということではなく健康的に痩せることが大切なはずです。 先ほど紹介したように、相当な知識を持って行わない限りはローフードダイエットは栄養のバランスが取れなくなってしまうので健康被害が起きやすくなるということはあります。 例えば、1999年の調査では500人以上のローフードダイエッターを対象に調べたところ、その ダイエットの歴が長い女性ほど生理が止まりやすいという傾向が確認されています。 ですから、栄養の偏りによりホルモンバランスがおかしくなってしまいやすいということです。 他にも、人数は少し少ないですが2005年の研究で、18人のローフードダイエッターを調べた研究を見てみると、やはり、 ローフード歴が長い人ほど骨密度が低くなってしまうという現象が確認されています。 さらに、2005年の研究では、長期間にわたり全体のカロリーの7割をローフードで摂るということをすると、いわゆる 善玉のHDL コレステロールとベータカロチンの量が減ってしまうという結果が確認されています。 この善玉コレステロールやベータカロチンが体に大切だということは皆さん理解されていると思いますので、これらが減ってしまうということは、実際に健康被害に繋がってしまうということも十分考えられるわけです。 否定はしませんが万人におすすめできるものではないということ ローフードで栄養を保つことができる人もいるとは思います。 それはおそらく食材に対する知識や調理方法に対する知識を相当持っている人で、例えば、ローフードでは摂りにくい栄養を補うために特殊な食材を自分なりに考えて入れたり、自分の体調などから考えてどんな食材を増やすべきなのかといったことをかなり高いレベルで考えることができる人でない限りは、ローフードで食生活の健康バランスをとることはとても難しいものです。 これはおそらくベジタリアンやヴィーガンの人にも全く同じことが言えて、人間が雑食なのは、そもそもたくさんの栄養を摂り入れてバランスを取るようにできているからです。 例えば、それが野菜であろうとハンバーガーであろうと、どんなものであっても偏るのが体にとってはよくありません。 ですから、適切なバランスをとることが必要になるわけですが、それは いろいろな種類の食材を普段から食べるようにしていれば、ある程度は自然とバランスが保てるようになるものです。 食べるものを生のものに制限するとか野菜に制限するとようなことをしてしまうと、相当な覚悟と相当な知識を持ってしない限りはできないものですから、万人に対してお勧めできるものでは決してありません。 もちろん菜食主義など、それは自分の主義として行うには僕はそれを否定したりもしませんが、栄養が偏ることによりこのような問題が出るということを言いたいだけです。 健康被害が起きやすいので気をつけてほしいと思います。 酵素ダイエットは効果があるのか? 酵素ドリンクや酵素ダイエットっていうものが結構流行っています。 生の食材には酵素があり、その酵素を取り込むことによって体が健康になるというようなことを言う人がいますが、はっきり言って酵素は無駄です。 そもそも食材から酵素を取り入れても無駄です。 それは、まず 酵素が体にいいということが示される証拠が科学的にはないからです。 食材から取り入れた酵素というものは、胃の中で分解されてアミノ酸になります。 ですから、いくら低温調理をしたり生で食材や植物を食べて、酵素を残した状態でそれらを食べたとしても、それは胃の中で全て分解されてアミノ酸になってしまいます。 ですから、酵素を意識して食べるというのであれば、それはプロテインを飲んでも同じことです。 酵素をわざわざ意識する必要はそもそもありません。 バランスの良い食生活が重要 まとめると、まずバランスの良い食事が大切です。 肉やタンパク質も摂ったほうがいいでしょうし、同時に野菜はしっかり食べた方がいいです。 現代人は特に野菜が不足しがちですし、野菜は当然ですが食べれば食べるほど体にいいものです。 大体1日に800グラムぐらいはいろいろな野菜を組み合わせて食べるようにしたほうがいいです。 その野菜は半分から7割ぐらいは生で食べるようにして、残りは加熱した野菜も含めるようにして上手に組み合わせて食べるようにしたほうがいいと思います。 野菜の栄養についてひ とつずつ考えているとかなり難しいですしきりがないですから、ポイントとしては、量をしっかり食べるということと、たくさんの種類の野菜を食べるということの2点を意識するといいのではないでしょうか。 ちなみに、コンビニに売っているカット野菜は栄養がないから食べる意味はないというようなことを言う人もいますが、食べないよりは絶対にマシです。 栄養価に関しても、オーガニックで作った野菜でもそうでない野菜でもそんなに差があるものではありません。 僕は美味しい野菜を求めるので結果的にオーガニックを選ぶことが多いですが、例えば、オーガニックの野菜が500円でオーガニックではない普通の同じ野菜が250円だとしたら、そこで健康を求めるのであればオーガニックではない普通の野菜を倍の量を買ったほうがいいと思います。 ですから、お金に余裕があったり好みでオーガニックの野菜を選ぶのもいいとは思いますが、そうでない限りは、量を優先してしっかり食べるようにしたほうがいいのではないかということです。 ローフードに関しては、指摘してくる人もいるかもしれませんのでメリットを示すような研究も紹介しておくと、例えば、先ほどのように健康的ではないけれど体重が減ったというデータや、ローフードによって高血圧や高コレステロールが改善したという実験も確かにあります。 ですから、お医者さんや知識のある専門家の指導のもとに行うのであればいいとは思います。 ただ、ここでは一般的な人に向けて知識を紹介していますので、完全なローフードにしてしまうとリスクが高くなってしまうので、バランスよく食べるようにした方が良いのではないかということが言いたいだけです。 食べて体の炎症を抑えてくれる食材選びのためのおすすめ 食材に関する知識というものは結構難しいものです。 栄養学の知識を考える必要もありますし、料理の方法も当然必要になってきます。 さらにそこに吸収率の問題も関わってきますので、学び始めるとかなり深いものです。 そんな中でも、 もっと分かりやすく多くの人が食べた方がいいものは何なのかというと、僕は体の炎症を抑えてくれる食材だと思います。 食べることによって体内の炎症を抑えることができて、老化を防げたり肌が綺麗になったり免疫力が高まるという食材であれば日々食べた方がいいはずです。 まず自分が日々食べるものを決めて、その上で他に食べるものを幅広くいろいろと追加していけば、バランスよく健康的に食生活を送ることができるはずです。 今回のおすすめの動画としては、そんな体の炎症を抑えてくれる食材について解説した動画を紹介しておきます。 こちらは最新の研究をベースに飲み物から野菜やフルーツまで紹介した内容になっています。 肌をきれいにするという観点で考えても、高級化粧品を一生懸命使うよりも体の内側から健康的になることを考えた方が効果的です。 肌がきれいになるということは、女性はもちろん男性から見た時に魅力的になるのでモテるようになるでしょうし、男性も肌が綺麗な方がいいです。 男性の場合は、モテるからということではなく、肌が綺麗な男性は健康的に見えてそれにより能力が高く見られます。 それだけで昇進スピードが速くなったり、起業家であれば投資家からお金を出してもらいやすくなるというようなメリットも確認されています。 特に社会に出て自分の力で稼いでいきたいと思っている男性の方はスキンケアは考えた方がいいと思います。 ぜひこちらの動画もチェックしてもらい、13種類の美肌食品について学んでみてください。 健康的な生活のためのおすすめ本 今回のおすすめの本としては、体調を良くするためのおすすめの本を2冊紹介しておきます。 まずは、何度も紹介していますが、こちらになります。 本内容は、参考資料および、動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。 ncbi. nlm. nih. ncbi. nlm. nih. ncbi. nlm. nih. ncbi. nlm. nih. ncbi. nlm. nih. ncbi. nlm. nih. oup. karger. ncbi. nlm. nih.

次の