五月雨で 意味。 「五月雨式」とは?意味や使い方をご紹介

五月雨(サミダレ)とは

五月雨で 意味

五月雨の意味と使い方の間違いとは? 五月雨とは 5月の雨と書くので、その字の通り、 爽やかな緑の眩しい5月に降る雨と認識されがちです。 新緑の眩しい季節の木の葉から、雫がポタポタ と落ちてくるようなしとしとと降る雨のイメージ…。 そんな光景を想像する方も多いみたいです。 しかし、厳密に言うと、それは 間違いなのです。 実際の五月雨の五月は 旧暦の5月を意味し、 つまり新暦(現在の暦)で言えば、 6月の事を 表しています。 したがって、梅雨の時期に何日も降り続いている 長い雨のイメージです。 それが五月雨の本当の意味で、俳句で用いる時 には、もちろん5月も6月も 夏の季語になります。 あくまでも旧暦の表現で、1ヶ月程ズレが生じますが、 俳句を詠まれる方はよくご存知かもしれませんね。 五月雨式とはどういう意味? さて、五月雨を使った言葉で 「五月雨式」 という表現があります。 この言葉の意味も、あまり馴染みが薄いかもしれません。 「途中途切れる事がありながらも、だらだらと 長い間物事が続くこと」という意味で使われます。 まるで梅雨の時期にしとしとと降り続ける 長雨と同じような使い方をされています。 本来の意味は、やはり旧暦の5月、つまり現在の6月を 指しているので、 梅雨時に垣間見られる晴れ間の事 を表す言葉です。 もちろん夏の季語ですね。 ただ、余談ではありますが、 「新緑の清々しい晴れ」 という意味で使われる事も最近ではあるようです。 基本的には 「ごがつばれ」と読むと5月に相応しい 表現になりますが、今では 「さつきばれ」という 読み方でも、5月の晴れ間として認められて来ており、 いろんな辞書でも注釈書きされています。 勿論、本来この使い方は間違いと言わざるを得ません。 ただし、テレビでかの有名な 林修先生もおっしゃって いましたが、国語は時代に合わせて変わるもので、 元々間違って使われていた表現でも、使う人があまりに 増えてくると、 意味そのものが変化するのだとか。 言葉とは生き物で、時代に適応した使い方をするのが 大切ということなのでしょう。 つまりこれも現在の梅雨の頃の夜の暗さや、 その暗闇を表す表現として使います。 いかがでしたか? 日本人に生まれたからには、日本特有の 季節を大事に した表現を、きちんと覚えておきたいものですよね。 五月雨、五月晴れ、五月闇、今日からもう間違える 事はありません! しかし、 「このような理由で今では使えるようになった」 と教えてあげるのも大切なことだと考えます。

次の

五月雨式の意味は?例文やビジネスメールでの使い方!

五月雨で 意味

五月雨式の意味とは 読み方は「さみだれしき」と読みます。 「五月雨」だけだと「さつきあめ」と読むこともできますが、「五月雨式」だと「さみだれ」と読むようです。 「五月雨」は旧暦の五月頃に何日間も雨が続くような、現在でいうと六月下旬頃から始まる、の時期に降る雨のことを指します。 何度も何度も雨が降るというように、メールなどで情報等を追加する形で何度も連絡してしまった際に、「五月雨式(小分けにして何度も連絡する形)になってしまい、すみません。 」というような使い方をします。 できれば連絡は一回で済ませたいところですが、急遽内容に変更があった場合などは致し方ありません。 何度も連絡を送ってしまった場合は 、文頭にこの言葉を置くと、連絡の相手に対しても謝罪の意が伝わるかも知れません。 また逆に「連絡が五月雨式で来る予定だから、まとめといてください」というように予告として使用することもできます。 五月雨式の由来 残念ながら由来となる発祥の文章は見つけられませんでしたが、この言葉はビジネスシーンやメールから発祥しているようです。 五月雨式の文章・例文 例文1. 先日の案件ですが、連絡が五月雨式になってしまい申し訳ありませんでした。 例文2. おそらく五月雨式となってしまいますが、早めに詳細を送ります。 例文3. 五月雨式でメールが届いたの、内容を全て一つのデータにまとめておきました。

次の

『増殖する俳句歳時記』検索: 五月雨

五月雨で 意味

五月雨の砂場にヒーロー刺さつたまま 初蒸気 「五月雨」と「梅雨」、これも似て非なる季語です。 どちらも仲夏の天文の季語ですが、【梅雨がその時候を含むのに対して、 五月雨は 雨そのものをさす】と『新日本大歳時記』 講談社 には解説してあります。 ならば、雨そのものが映像として見えてくるものを、今週の「天」に推そうと考えていたのですが、この句が次第に味わい深く思えてきました。 正直なところ、雨の砂場に残された遊具やおもちゃを描いた句はよく見るのですが、述べ方の工夫によってオリジナリティを確保できるのだなあと、その点にも感心しました。 上五は「五月雨の」と下の語へ続いていきます。 「五月雨の砂場に」何がいるのだろうと思ったとたん出てくる「ヒーロー」の一語。 子ども同士で「ヒーロー」と呼ばれている子なのか、子ども番組の戦隊モノの「ヒーロー」なのか ロケでもしているのか 、比喩的意味の「ヒーロー」なのか。 読み手をささやかに翻弄しつつ、下五「刺さつたまま」という措辞によって、読み手の心は一瞬ドキッとします。 「刺」の一字のイメージが不穏な気分を起こすのだろうと思います。 が、ちゃんと読めば、玩具の「ヒーロー」であることが分かります。 ガンダムのロボット、アンパンマン、仮面ライダー、鉄人28号 古いか~笑 が、突き刺さったまま「五月雨」に濡れているのです。 「五月雨」の情緒や雰囲気を裏切る「ヒーロー」という言葉。 「刺さつたまま」という即物的表現が「ヒーロー」という存在の孤独を想起させるのでしょう。 光景を描写しつつ、寓意を表現しているようにも思えてくるところが、この句の味わい。 切れのない型や下五字余りもまた、降り続く雨の気分に似合います。 空の膜たやすく溶けてさみだるる 矢野リンド 「空」に「膜」があって、それが容易く「溶けて」しまうから、五月雨が降るのだよという一句。 「空の膜」という発想が「さみだれ」の語感に似合います。 「さみだるる」は、「五月雨」が動詞化した「さみだる」の連体形。 意味が循環して、上五に戻っていくような印象になります。 水かきのあらばさみだれ楽しからむ くらげを 「水かき」があったとしたら、という空想が楽しい一句。 「あらば」は仮定の意味を表します。 「さみだれ」を平仮名で書いている点も、明るい印象。 「楽しからむ」とあれこれ想像することを、作者も読者も共に楽しめる作品です。 五月雨や豚をきれいにして殺す クズウジュンイチ 「五月雨」の情緒や雰囲気を裏切る発想は、当然でてくるのですが、こんな方向に裏切ってくるとは、さすがはクズウジュンイチです。 「五月雨」という美しい名をもつ雨によって洗われた「豚」たちが次々に殺されていくかのような妄想が、読者の脳内に広がります。 長く降り続く雨の無常、「きれい」という言葉の無残が、心に突き刺さる一句です。 五月雨や膿んでおるのか革靴は 竹田虎徹 中七下五のため息まじりの実感に、読者の大いなる共感が集まります。 雨でぐちゃぐちゃに濡れた「革靴」を「膿んでおる」と感じとった発想に拍手。 最初、「梅雨」でもいいのでは?とも思ったのですが、いやいや、雨そのものを指す「五月雨」だからこその実感なのだなと納得した次第です。 一体と数へらる五月雨の帰宅 あらあらた 「一体」という数え方が何を意味するのか、ハッとします。 「一体と数へらる」という措辞が、「五月雨の帰宅」全体に掛かっていくと読みたい構造。 遺体となって「帰宅」する肉親への思いが、濃く滲む一句です。 千人を容れて原爆館さみだる ジャンク洞 こちらの「千人」は、「原爆館」を見学している人たちでしょうか。 それとも「原爆館」に写真として展示されている人たちでしょうか。 「容れて」の文字が想像をかき乱します。 「原爆館」を包むように慰めるように五月雨は降り続くのです、「さみだる」のです。 五月雨の川に小石と寂しき目 Mコスモ 「五月雨や」で切らず「五月雨の」と書けば、「五月雨の川」と限定する意味になります。 「五月雨」の降り続く「川」にある「小石」を見つめる作者。 「小石と寂しき目」と並列で置かれた「寂しき目」は誰の目なのでしょう。 「小石」という無機物と並べられることによって、この「目」は灰色の寂しさを湛えているかのようです。 さみだれや眼玉乾るまで観る春画 関野無一 「乾る」は「ひる」と読みます。 「さみだれ」を裏切るという意味では、見事な裏切りです。 「さみだれ」が降り続く日、取り出して観るのは秘蔵の「春画」。 しかも「眼玉乾るまで」というのですから、可笑しい。 「さみだれ」の湿度、「眼玉」が乾くほどの熱心。 いやはや、やられました。 五月雨や幽霊飴を舐めてみる 雅紀 「幽霊飴」って何だろうと思って調べてみました。 「幽霊子育飴」という飴が、京都で売られているのだそうです。 毎晩のように女の幽霊が現れて、子どものための飴を買いに来るという出来事があった?怪談?があるようです。 「五月雨や」という詠嘆の後に出てくる「幽霊」という言葉の湿っぽさ、それが「幽霊飴」だという意外性。 恐る恐る「舐めてみる」という味覚の謎も、一句の隠し味です。

次の