チャコペン。 チャコペンおすすめ14選【自然に消えるタイプ・落とすタイプ】白以外の色付きも!

【手芸の失敗を防ぐ】チャコペンのおすすめ人気ランキング9選

チャコペン

出典: チャコペンは、 布に目印となる線を引くための裁縫用具です。 例えば、縫い目や、ボタンの取り付け位置などを記しておいて、それを目安に縫い上げていきます。 チャコというのは、 滑石やカオリンなどの粉末を固めたもののことをいいます。 従来は、これを三角形や長方形にしたものを、そのまま生地にこすりつけて使っていました。 より細かい線を引くように、鉛筆タイプのものも作られています。 一方、蝋を固めて作られた「ローチャコ」というものもあります。 こちらは、布にこすりつけることで溶媒が揮発して、蝋だけが白く残るというものです。 チャコペンは、これに水性インクなどを用いて、より使いやすいマーカーペン状にしたものです。 生地となる布にはカラフルな色や柄のものが多いので、それにまぎれないようにピンクや黄色といった明るいカラーの種類が用意されています。 チャコペンの名前の由来 出典: チャコペンの「チャコ」というのは、英語の 「chalk チョーク 」が変化したものです。 チョークというのは、もちろん学校の黒板に使用するチョークと同じ意味の言葉です。 材料こそ異なりますが、どちらも同じように粉末状のものを固め、筆記具として用いる点が共通しています。 このような由来から、裁縫用具のチャコもそのまま「チョーク」と呼ぶ場合があります。 ちなみに、美術のデッサンなどに用いる画材にもチャコペンというものがあります。 ただし、こちらは原料である木炭の「Charcoal(チャコール)」を指した言葉で、正式名称も「チャコール・ペンシル」とまったく異なります。 チャコペンの跡を消す方法 出典: チャコペンで引く線は、あくまで裁縫前の目安です。 そのため、裁縫後には何らかの方法で消せるようになっています。 従来のチャコや鉛筆タイプの場合は粉末が削られるだけなので、そのままブラシなどでこすればすぐに消すことができます。 また、蝋でできた ローチャコの線は、アイロンをかければ溶けて消えてしまいます。 一方、チャコペンの場合は水性インクを用いているものがほとんどです。 そのため、 洗濯してしまえば汚れとともに、きれいに落としてしまうことができます。 チャコペンのなかには自然に消えるタイプのものあります。 ものにもよりますが、だいたい1〜10日程度放置しておけば、そのままかすれて消えてしまいます。 他にも、専用の染み抜きのペンなどがセットになっていて、それを使って消すタイプのものもあります。 おすすめのチャコペン 出典: チャコペン選びは、どのような生地に用いるかによって、タイプを使い分けていくのがおすすめです。 例えば一般的な綿素材の生地であれば、そのまま洗濯して消すことができる、手軽な水性タイプのチャコペンが良いでしょう。 このタイプでは、 アドガー工業の「チャコエース」青シリーズや、 クロバーの「F-チャコライナーペン型」などがおすすめです。 これらのペンは、ニットのような柔らかい生地や、伸びる生地でも使いやすいのが特徴です。 特に、F-チャコライナーペン型はそのコンパクトさと持ちやすさから、力を入れずに細かな線もすいすい引いていくことができます。 一方、自然に消えるタイプのチャコペンでは「チャコエース」紫シリーズ、ピンクシリーズ、ホワイトシリーズもおすすめです。 これらは、水やアイロン、専用のイレーサーなどでも線を消すことができるので、より幅広い用途に適しています。 チャコペンの特徴と気をつけるべきこと 生地に線を引くだけなら、チャコペン以外にも通常の色鉛筆などでも問題ありません。 しかし、チャコペンと違って「消す」ことを目的として作られていないため、色を落とす時に余計な手間がかかってしまうのが難点です。 裁縫後により綺麗な仕上がりを目指すのであれば、やはり手軽に書いて消すことができるチャコペンがもっとも向いているでしょう。 ただし、チャコペンは線が細いので、ウール生地などではかえって線が引きづらくなります。 このような場合は、鉛筆タイプと使い分けるとよいでしょう。 鉛筆タイプのものは、100円ショップなどでも安価で手に入れることができます。 おすすめの記事はこちら.

次の

布への下書きに欠かせないチャコペンの選び方とおすすめ商品

チャコペン

チャコペンの代用品はこの5つで決まり! チャコペンがないなら違うものを使いましょう。 以下のもので代用可能ですので、困ったときにはぜひ使ってみてください。 消すときは消しゴムで消せますし、洗濯することでも消すことができます。 しかし、 落ちづらくなるので あまり強く書き過ぎないようにしましょう。 また、HBなど硬いタイプの鉛筆は落ちづらくなる前に生地を傷める原因になるので避けてください。 鉛筆をチャコペン代わりにするときは、芯を尖らせずに平たい面がある状態で使いましょう。 芯が尖っていると、生地に芯がひっかかり傷めてしまう可能性がありますので注意しましょう。 ちなみに、百円ショップに売っているようなあまり質の良くない鉛筆だと、鉛筆のカスが布の隙間に入り込み消しづらくなる可能性があるので要注意。 なるべく一般的によく知られているようなメーカーのもので代用してください。 色は何色でもいいのですが、できれば 生地と同系色の色を使うことをお勧めします。 すごい捗るわー — TSURUFUKAエネにゃんこ ChokowaNyanco 生地に印を付けたのち、アイロンをかければキレイに消せすことがでいるので便利です。 ただ、高温になったら消えるので、直射日光のあたるような場所に放置してしまうと自然と消えてしまうことがあるので注意しましょう。 これもまた、高温になると消える性質を持つので扱い方に気を使わなくてはいけませんが、 フリクションボールペン同様の使い方をすれば、チャコペンの代用として使うことができます。 いつのまにか消えてしまった…などといったことのないよう、くれぐれも直射日光が当たるような場所に放置しないでください。 あまり強く押しあてると生地が傷む可能性がありますし、弱すぎると印がスグに消えてしまう可能性があるので力の加減が難しいとは思われますが、この方法でやればペンの色などが残らずにキレイに仕上げることができます。 チャコペンの代用品に向かないもの クレヨンや油性ペンなど 色が残る可能性があるものは使わない方がいいです。 何となく「大丈夫!」と思っても使わないようにしましょう。 布に付くと油溶性のシミとなり、洗濯しても落ちずに残ってしまうのでチャコペンの代用としては使わないでください。 「薄く書けば何とかなるかな?」と魔が差すこともあったとしても、やめておいた方がいいです。 水性ペンは必ずしも水で洗えば落ちるというものではなく、 付いたものによっては落ちづらくなります。 特に布は付くと落ちなくなる可能性大なので気をつけてください。 また、細すぎる芯が布にひっかかってしまい布を傷める可能性もあるため代用には向きません。 油性と水性の両タイプのボールペンがありますが、 どちらもシミになる可能性が高いです。 薄く描けば大丈夫そうにも思われますが、落ちなくなってしまっては元も子もないので使わないようにしてください。 まとめ.

次の

【手芸の失敗を防ぐ】チャコペンのおすすめ人気ランキング9選

チャコペン

チャコ削り 布に対して立てるように持ち、布に縁を押し当ててこすることで微粉末を付着させて印を付ける。 印を消すときはブラシなどを用いて微粉末を物理的にはたき落とすかをして洗い落とす。 チャコの印の上からを当てると消えにくくなるので注意が必要である。 なお、チャコがすり減って印の線が太くなってしまう場合には縁を削って薄くして用いる。 チャコを削るための専用道具も市販されている。 色 [ ] 白の他、顔料を練り混ぜて黄、淡い青、淡い赤などがつけてあるものがあり、印を付ける布の色によって使い分ける。 布の色に対して目立ちすぎる色は完全に落とせなかった場合に汚れとして目立つため、一般に用いられない。 ローチャコ [ ] 布に印を付けるための固形の。 Tailor's crayon。 ローチョークとも呼ばれる。 チャコと同様に辺縁部が薄く中心部が厚い薄板状に成形されているものの他、のように棒状に成形されているものもある。 強くこすりつけ布にろうを付着させて印つけする。 ろうが白く見えるため濃色の布に用いる。 消すときは印の上からアイロンを当て、ろうをさせて取り除く。 落としても割れにくく、割れた場合でも熱を加えて繋ぎあわせることができる。 紳士服などの注文服の仕立てに使用されるほか、こすっても消えず印が長持ちし、かつ、簡単に消せることからなど製作期間が長いものの印付けにも好んで使用される。 派生製品 [ ] 派生製品(広義のチャコ)は、使いやすいよう形状に工夫を凝らしている。 また、印を消しやすい製品が多い。 粉末型 [ ] 微粉末状のチャコを専用のケースに入れたもの。 ケースを布に当てるとケースに開けた穴から少量ずつチャコが出て印付けができる。 また、空になったケースに粉末を詰め替えることができる。 鉛筆型 [ ] 鉛筆型チャコと専用チャコ削り。 キャップにはブラシが付属。 チャコを芯にした。 一般にチャコペンシルと呼ばれる。 チャコを落とすためのナイロンブラシが付属しているものもある。 削るときは専用の鉛筆削り型のチャコ削りを用いる。 型やノック式型の製品もある。 専用のを用いて消すことのできるものもある。 複写紙型 [ ] 状のチャコ。 チャコが片面に塗布されたものと両面に塗布されたものがある。 片面タイプはなどをする際に布と図案の間に挟み図案をなぞることで図案を布に転写するために用いる。 両面タイプは中裏でわにした布の間に挟み、型紙を置きやでなぞることで布に印を付けるために用いる。 水をつけて印を消すことのできるものもある。 1953年に日本人の主婦松井淑 まついよし により考案 された。 ペン型 [ ] 一般にチャコペンと呼ばれる。 水で消えたり時間がたつと消えたりする特殊な水性を用いている。 ペン型の専用染み抜きを用いて消すものもある。 極細で一定の太さの印をつけることができるが、インクが染みて広がりやすい種類の布への印付けには向かない。 アイロンで消えるチャコペンは、ろうを性のに溶かしたものをインクとして用いる。 ペン型のローチャコ。 布に描くと10秒ほどで溶媒が揮発しろうが白く残ることで印を付けることができる。 脚注 [ ].

次の