グラブル 格 ゲー。 グランブルーファンタジー 人気ブログランキング

【グラブルVS】グラブルの格ゲーがいかにヤバいのかを考えてみる【来年の発売日が楽しみすぎるって話や!】

グラブル 格 ゲー

グラブル初心者、格ゲー初心者でも楽しめる まずプレイして思ったのがこれ。 筆者はグラブル自体が未プレイなのですが、格闘ゲームとしての作り込みがしっかりしているので、 格ゲーメインのユーザーも楽しめる作りになっています。 格ゲーと言っても、ワンボタンで必殺技が出せる機能があったり、ガードボタンもあるので 格ゲー初心者でも楽しめる作りになっています。 むしろ格ゲー初心者をターゲットに制作されていると思います。 格ゲーモードの他に、キャラを強化するRPGモードがあるのですが、こちらでキャラクターやシナリオなどの紹介をしているので、グラブル未プレイでも楽しめる様に配慮されています。 正直キャラゲーだと思って侮っていましたが、 きちんと格ゲーしています。 制作がギルティギアやドラゴンボールファイターズでお馴染みの アークシステムなので、グラブルをしらない格ゲーファンも買う価値アリです。 グラフィックとモーションが綺麗 グラフィックが凄いです。 格ゲーって動きが激しいので、グラフィックにはあまり期待していない部分があるのですが、グラブルvsはグラフィック・モーション共にかなり作り込まれています。 特に必殺技のカットインはド派手でカッコイイいいです。 テンポもよく、ゲームの流れを崩さない所もGOODです。 グラブル未プレイでも感動してしまうので、グラブルユーザーなら是非プレイしてみて欲しいところです。 アケコン無しでも楽しめる プレイしてみて思ったのは、 アケコンが無くても十分楽しめる作りになっています。 ただし必殺技がワンボタンで出せる様にできているのですが、コマンド入力の方が連発できるなどのメリットが多いです。 その為、コマンド入力できる方が有利にはなっています。 ギルティギアのように複雑なコンボも必要なく、空中ダッシュや同時押し操作もほとんど無いです。 パッドだとダッシュ入力がしにくいのがデメリットですが、ダッシュの終わり際に結構隙があるので、あまりダッシュを使用しない方がいいのもあり、ガチャガチャ動かす感じではありませんでした。 ややコマンド入力がシビアなのが残念なところ。 特に昇竜コマンドが思ったよりシビアで、簡易入力も無いのできっちり623入力しないと出ないのは初心者に厳しいかなーと思いました。 コンボゲーでは無い&弾持ちが強い 制作がアークなので、ギルティやドラゴンボールよろしくコンボゲーになると思っていましたが、どちらかと言えばスト2やサムスピに近い感じです。 ブロッキングやロマキャンみたいな強いシステムも無いので、純粋にキャラの強みをぶつけるゲームです。 またジャンプモーションも結構もっさりしてて、ダッシュも終わり際に大きな隙があります。 なので 思っていたよりも差し合いをすることが多いです。 システム的に機動性が弱いので、必然的に 飛び道具持ちのキャラクターが強い印象です。 特に弓を使う メーテラは強キャラという声も多いです。 飛び道具に対して近づきにくい上に、近づいても高火力のコンボが決められる訳でも無いのが理由です。 一応リキャストシステムといって、必殺技を使うとクールタイムを必要とするシステムがあり、強い必殺技を連発できないようにしていますが、飛び道具持ちが有利であることは間違いないです。 ロードが長い&ロードの頻度が多い 筆者はPS4をSSD換装していますが、それでも ロードが比較的長めです。 RPGモードはロードの頻度が多く、ロード時間が長い印象が強いです。 SSDを使用していないとかなりロード時間が長いので、注意が必要です。 対戦モードはRPGモードよりロードは短めですが、それでも少しロードが長く感じます。 SSD使用ならそこまでロードは気にならないと思いますが、できれば改善して欲しいところではあります。 キャラクター数が少な目&追加キャラがDLC 発売時点でのプレイアブルキャラクターは11人とそれほど多くはありません。 ただし追加キャラクターが4人決定しており、全て追加されれば15人以上となります。 噂では追加キャラが10人以上だとか…。 しかし追加キャラクターは 有料DLCの予定なので、全てのキャラクターを揃えるとそれなりの金額になりそうです。 最近のゲームでは仕方の無いことかも知れませんが、もともとフルプライスで売っているだけに、追加キャラクターは無料にして欲しかったところです。 まとめ:ガチ格ゲーマーには物足りない?グラブルユーザーにはおすすめ! 筆者はグラブル未プレイでも楽しめているのですが、初心者向けの格ゲー仕様なので、 ガチゲーマーには少し物足りないと思います。 アプリ版グラブルで使えるシリアルコードが3つ入手できる事もあり、グラブルファン向けの要素が多いです。 その為、格ゲーファンよりもグラブルファンにおすすめなゲームだと思います。 以上がグラブルvsをプレイしてみた感想です。 もう少しやりこんでから攻略記事なども書いてみようと思います。 ちなみにパッケージ版は売り切れ続出で購入困難です。 Amazonでは2月11日に入荷予定なので、パッケージ版が欲しいならAmazonで購入してみてはどうでしょうか?.

次の

『グラブル ヴァーサス』“アークゲー”大好きな初心者格ゲーマーによるオススメキャラ紹介!新たな発見の繰り返しが本当に楽しいのです

グラブル 格 ゲー

格ゲーは「初心者は負けるもの」 発売直後、おそらくグラブルVSが初めての格ゲーの方は、 格ゲーマー相手には連戦連敗を続けることになると思います。 これはあなたのせいではありません。 格ゲーマーが「対戦格闘ゲームの遊び方」を知っているがために、 あなたより先のステップに最初から立っているせいで発生する現象です。 後述するように、格ゲーにはどの作品でも通用するセオリーがあり、 格ゲーマーはこれを他のゲームで学んでいるので、 自然とあなたに勝ってしまうのです。 発売直後は熟練のゲーマーも初体験のプレイヤーも、 対戦回数が少ないため同じランクに放り込まれるため、 どうしてもあなたと対戦が成立してしまいます。 あなたの技量をいきなり見切るのは無理ですし、 勝つことでランクが上がり、あなたを苦しめ続けることもなくなるので、 ガチの格ゲーマー、真面目な格ゲーマーほどあなたに負けないように努力します。 腕の立つ方なら多少なりとも手心を加えつつ戦えますが、 私のような上級者の端くれレベルでは、そう上手くは出来ません。 本当にすみません……。 格ゲー初心者は、最初はどうしても負けがこんでしまいます。 これは避けようのない現象です。 なので、ネット対戦は負けるものと認識しつつ、以下のことを考えてプレイして見てください。 ただ負けてつまらないだけではない、対戦格闘ゲームの面白さが少しずつ見えてくるはずです。 好きなキャラ・動かしやすいキャラを選ぶ さて、格ゲーでは基本的に1人1キャラを練習し、極めて対戦に挑みます。 トッププロでも無い限り、キャラを何人も練習するのはかなりあとにするべきです。 止めはしませんが、最初から2キャラ以上極めようとすると、 一気に一日が24時間では足りないくらい覚えることが増えてしまいます。 となると重要なのはどのキャラを極めるか。 結論からいえば、好きなキャラが居るならそのキャラを、 いなければ動かしやすいキャラを極めていくのがおすすめです。 嫌いなキャラを触り続けても、動かす楽しさは味わえません。 まずは動かす楽しさを極めていくことが、 格ゲーを楽しむ秘訣です。 幸い現在の格ゲーは、大幅なバランス調整も行われやすくなっています。 あなたが触ったキャラが苦手キャラの多い職人キャラだったとしても、 バランス調整でより戦いやすくなることでしょう。 好き嫌いを無視して強キャラを選べという方も多いですが、 私はそれはおすすめしません。 先述のバランス調整で、 強いキャラの強みが削られる可能性があるからです。 ここで重要なのは、「強いかではなく好きかで選ぶ」ということ。 仮に選んだキャラが強キャラで、大きな弱体化を食らった時、 「強いから選んだか」「好きだから選んだか」の差が出ます。 強いから選んだ場合、弱くなることで選んだ理由がなくなり、他のキャラを探す作業に逆戻りになります。 対して好きなキャラを選んだ場合は、弱くとも動かすこと自体を楽しめ、自然と新しいバランスに慣れることが出来ます。 あなたが好きなキャラに慣れていく間、強キャラを選ぼうとしたプレイヤーは右往左往することになります。 当然、強キャラをさがすプレイヤーが迷っている間に、 あなたは次のステップへ進めます。 はじめて格ゲーに触れるプレイヤー同士において、 この一歩の差は重要です。 より早くゲームに順応し、 より早く対戦の楽しさを享受できるようになるのですから。 格ゲーは「練習が必要な」ゲーム というわけで、グラブルVSを手にとったら、 まずはRPGモードやトレーニングモード・チュートリアルモードを触り、 好きなキャラとゲームに慣れていってください。 不慣れなまま対戦に出ると、十中八九格上の相手に勝てません。 格ゲーは知識が重要なジャンルで偶然性も低いので、 あなたがゲームに慣れれば慣れるほど、自然と強くなっていきます。 対戦が華だととにかくネット対戦に手を出してしまうと、 本当に何も出来ないまま連敗を重ね続け、 どうすれば勝てるのかわからないまま、 楽しむことさえ全く出来ずに時間を浪費してしまいます。 初日から対戦デビューするにしても、 まずはゲームに慣れなければ全く楽しめませんよ。 トレーニングモードで学び、ロビーマッチで楽しむ ゲームに慣れたら対戦デビューとなりますが、 対戦前にはなるべく、 使いたいキャラをトレーニングモードで選択し、 技の使い方を練習してから挑みましょう。 わけも分からず適当にボタンを押したばかりに、 隙を突かれて一気に体力を削られ、 気がついたら負けていたなんて場面を減らすのです。 確認すべき点は以下のものです。 立ち・しゃがみの弱・中・強攻撃が確実に当たる距離• そもそもどんな技が出るか• レバーとスキルボタンの組み合わせ&クールタイム• 投げとオーバーヘッドアタックを試しに押して見る こんな感じです。 かる~く、チュートリアルをもう一回やって見る感じでもいいですが、 ここは大事な本番前。 少し重点的にやってみましょう。 個人的には確認をしっかりしたあとは、 対戦成績があまり相手に見えないロビーマッチでいろんな方と軽い気持ちで対戦し、 ゲームに続いて対戦にも慣れていくのがおすすめです。 自信がついてきたり、腕試しがしたくて仕方がなくなったら、 ランクマッチにデビューしましょう。 修羅の国で強敵たちがあなたを待っています。 格ゲーは「知識が物を言う」ゲーム さて、対戦に入るまでの心構えはこんな感じです。 ここでは格ゲーの基本敵なことを見ていきたいと思います。 格ゲーは「知識が物を言うゲーム」です。 知識を持てば持つほど、 そして身について自然と知識を引き出せるようになればなるほど、 腕前が上がっていきます。 更に「多くのゲームで共通して使える知識が多い」ゲームでもあります。 例えば攻撃を防ぐ方法は、ほとんどのゲームで同じ仕組みになっています。 ゲーム内でもレバーを後ろに倒せばガードができることが学べると思いますが、 格ゲー経験者は「ガードするためにレバーを後ろに入れる」という動きを体が覚えています。 なので、どんなゲームを触り始めても、 ガードしたい時にガードできるのです。 本作ではガードボタンが実装されますが、 格ゲー経験者は最初のうち、ついレバーでガードをしてしまうでしょう。 あなたが「ガードする」という行為を覚えている間に、格ゲー経験者は他のことを勉強・研究し、 一歩先を行こうとしのぎを削ります。 ボタンでガードすることも覚え、より守りが固くなるのです。 あなたも覚えるべきことを知り、 なるべく早く覚えていくことでこの知識の差を埋めていくことが上達の第一歩となります。 幸い、今はTwitterなどで即座に情報が出回るので、 覚えるべきことを上手く見つけられれば、格ゲー経験者以上の速度で上達することも不可能ではありません。 当サイトでも、なるべく情報を集めていきたい所存です。 コンボ・攻めは後回しで ネットで情報を探していると、 おそらく攻めの情報が多く見つかると思います。 特に攻撃を連続で当てて相手の体力を一気に減らす「コンボ」は、 他の情報を押しのけるかのように大量に出回ると思います。 ただし、これらは格ゲー初挑戦のプレイヤーが全部覚えるべきものではありません。 1つ2つ練習してみて、 スキルやゲージを使いつつ相手の体力を奪える形を知識として蓄えておけば十分です。 多彩なコンボの数々は、 対戦で勝ったり負けたりできるようになってから覚えましょう。 そのあたりになってくると、コンボの知識が勝敗を分けることも出てきます。 世の中には「コンボが出来ないと相手の体力が全然減らない」 コンボゲーというジャンルがあります。 その手のゲームの初心者向け情報では「コンボを覚えろ」と書かれていますが、 これは「覚えないと勝てないから」に他なりません。 そちらのセオリーとグラブルVSのセオリーを混同しないようにしましょう。 同じレベルの仲間と出会えたら最高の環境に さて、知識を得れば得るだけ強くなれるのが対戦格闘ゲームですが、 その知識を得る過程で負け続けるとモチベーションも落ちてしまいます。 そこで重要となるのが、同じレベルの仲間です。 一人いるだけで切磋琢磨の対象となるのみならず、 勝ったり負けたりして楽しめる対戦相手、 そして知識を共有し試しあえる戦友となります。 お互いを高め合いつつ楽しめる環境が出来るのです。 グラブルの騎士団の中から見つけるもよし、 Discordに参加して探すもよし、 対戦で同じくらいと思った方を覚えておいて、 ロビーで出会うたびに対戦するもよし。 最近ではネット配信を行うゲーマーも多いので、 そういった配信経由で知り合うこともあるでしょう。 グラブルVSのつながりを作ることに成功し、 仲間と共により高みを目指せるようになれば、 いつかあなたも上級者の仲間入りができることでしょう。 その時は手加減無しで、私をぶっ飛ばしてください! 初心者向け攻略はじめました!.

次の

グラブルVS購入しました!評価と感想:格ゲー初心者でも楽しめる良ゲー

グラブル 格 ゲー

グラブル初心者、格ゲー初心者でも楽しめる まずプレイして思ったのがこれ。 筆者はグラブル自体が未プレイなのですが、格闘ゲームとしての作り込みがしっかりしているので、 格ゲーメインのユーザーも楽しめる作りになっています。 格ゲーと言っても、ワンボタンで必殺技が出せる機能があったり、ガードボタンもあるので 格ゲー初心者でも楽しめる作りになっています。 むしろ格ゲー初心者をターゲットに制作されていると思います。 格ゲーモードの他に、キャラを強化するRPGモードがあるのですが、こちらでキャラクターやシナリオなどの紹介をしているので、グラブル未プレイでも楽しめる様に配慮されています。 正直キャラゲーだと思って侮っていましたが、 きちんと格ゲーしています。 制作がギルティギアやドラゴンボールファイターズでお馴染みの アークシステムなので、グラブルをしらない格ゲーファンも買う価値アリです。 グラフィックとモーションが綺麗 グラフィックが凄いです。 格ゲーって動きが激しいので、グラフィックにはあまり期待していない部分があるのですが、グラブルvsはグラフィック・モーション共にかなり作り込まれています。 特に必殺技のカットインはド派手でカッコイイいいです。 テンポもよく、ゲームの流れを崩さない所もGOODです。 グラブル未プレイでも感動してしまうので、グラブルユーザーなら是非プレイしてみて欲しいところです。 アケコン無しでも楽しめる プレイしてみて思ったのは、 アケコンが無くても十分楽しめる作りになっています。 ただし必殺技がワンボタンで出せる様にできているのですが、コマンド入力の方が連発できるなどのメリットが多いです。 その為、コマンド入力できる方が有利にはなっています。 ギルティギアのように複雑なコンボも必要なく、空中ダッシュや同時押し操作もほとんど無いです。 パッドだとダッシュ入力がしにくいのがデメリットですが、ダッシュの終わり際に結構隙があるので、あまりダッシュを使用しない方がいいのもあり、ガチャガチャ動かす感じではありませんでした。 ややコマンド入力がシビアなのが残念なところ。 特に昇竜コマンドが思ったよりシビアで、簡易入力も無いのできっちり623入力しないと出ないのは初心者に厳しいかなーと思いました。 コンボゲーでは無い&弾持ちが強い 制作がアークなので、ギルティやドラゴンボールよろしくコンボゲーになると思っていましたが、どちらかと言えばスト2やサムスピに近い感じです。 ブロッキングやロマキャンみたいな強いシステムも無いので、純粋にキャラの強みをぶつけるゲームです。 またジャンプモーションも結構もっさりしてて、ダッシュも終わり際に大きな隙があります。 なので 思っていたよりも差し合いをすることが多いです。 システム的に機動性が弱いので、必然的に 飛び道具持ちのキャラクターが強い印象です。 特に弓を使う メーテラは強キャラという声も多いです。 飛び道具に対して近づきにくい上に、近づいても高火力のコンボが決められる訳でも無いのが理由です。 一応リキャストシステムといって、必殺技を使うとクールタイムを必要とするシステムがあり、強い必殺技を連発できないようにしていますが、飛び道具持ちが有利であることは間違いないです。 ロードが長い&ロードの頻度が多い 筆者はPS4をSSD換装していますが、それでも ロードが比較的長めです。 RPGモードはロードの頻度が多く、ロード時間が長い印象が強いです。 SSDを使用していないとかなりロード時間が長いので、注意が必要です。 対戦モードはRPGモードよりロードは短めですが、それでも少しロードが長く感じます。 SSD使用ならそこまでロードは気にならないと思いますが、できれば改善して欲しいところではあります。 キャラクター数が少な目&追加キャラがDLC 発売時点でのプレイアブルキャラクターは11人とそれほど多くはありません。 ただし追加キャラクターが4人決定しており、全て追加されれば15人以上となります。 噂では追加キャラが10人以上だとか…。 しかし追加キャラクターは 有料DLCの予定なので、全てのキャラクターを揃えるとそれなりの金額になりそうです。 最近のゲームでは仕方の無いことかも知れませんが、もともとフルプライスで売っているだけに、追加キャラクターは無料にして欲しかったところです。 まとめ:ガチ格ゲーマーには物足りない?グラブルユーザーにはおすすめ! 筆者はグラブル未プレイでも楽しめているのですが、初心者向けの格ゲー仕様なので、 ガチゲーマーには少し物足りないと思います。 アプリ版グラブルで使えるシリアルコードが3つ入手できる事もあり、グラブルファン向けの要素が多いです。 その為、格ゲーファンよりもグラブルファンにおすすめなゲームだと思います。 以上がグラブルvsをプレイしてみた感想です。 もう少しやりこんでから攻略記事なども書いてみようと思います。 ちなみにパッケージ版は売り切れ続出で購入困難です。 Amazonでは2月11日に入荷予定なので、パッケージ版が欲しいならAmazonで購入してみてはどうでしょうか?.

次の