ロナウド韓国。 ロナウドの韓国騒動なぜここまで炎上? 世界の反応まとめ

ロナウドは韓国嫌いで日本好き!韓国はなぜ集団訴訟?ロドリゲスにも!

ロナウド韓国

世界最高のフットボーラー、クリスティアーノ・ロナウドはなぜ、韓国での親善試合に出場しなかったのか。 騒動の発端となったのは、7月26日に開催されたロナウド擁するユヴェントスと韓国Kリーグ選抜による親善試合だ。 韓国メディアが報じるところによれば、今回の親善試合を主催したイベンターとユヴェントスの間には、「ロナウドを最低でも45分間は出場させる」という契約条項が存在し、全くプレーせずに終わったロナウドの行為は契約違反に相当するという。 また、試合終了後のユヴェントス指揮官マウリツィオ・サッリによる「C・ロナウドのプレーを見たいならイタリアに来れば良い。 私が旅費を払うよ」というコメントも、韓国人サポーターの怒りを逆撫でするものだったとして大炎上。 一連のユヴェントス側の振る舞いが契約内容と異なるだけでなく、著しく韓国側へのリスペクトに欠けたものだったとして、ロナウド自身のSNSも大荒れする事態となった。 そもそもなぜロナウドは韓国での親善試合に出場しなかったのか。 実は日本でも昨年の夏にロナウドの来日イベントが予定されていましたが、ドタキャンされてしまいました。 当時はロナウドがレアル・マドリードを退団し、ユヴェントスへ新加入したばかりでしたから、日本でのPRイベントに参加するよりも新チームでの初トレーニングや合宿日程を優先させたんです。 サッカー選手にとって最も欠員したくない時期というのがシーズン開幕前のプレシーズン合宿。 この重要な時期を怪我やイベントで欠場してしまえば、そのシーズンを丸々棒に振ってしまう可能性もある。 (木村慎吾).

次の

韓国「国力の差だ!C・ロナウドが日本に2日間滞在予定!韓国は8時間だけ!韓国は格下だ」の声

ロナウド韓国

中国のスポーツメディア・新浪体育は29日、クリスティアーノ・ロナウドが親善試合に出場しなかったことが韓国で批判の的となっていることについて、「韓国人は怒りで理性を失っている」と題する記事を掲載した。 資料写真。 中国のスポーツメディア・新浪体育は29日、のスター選手が親善試合に出場しなかったことがで批判の的となっていることについて、「韓国人は怒りで理性を失っている」と題する記事を掲載した。 アジアツアーで韓国を訪れたロナウド擁するユベントス(イタリア)は、26日にKリーグ選抜と親善試合を行い3-3で引き分けた。 しかし、韓国でも大人気のロナウドは、ベンチ入りしたものの最後まで出場しなかった。 報道によると、事前の契約でロナウドの45分間以上の出場が規定されていた。 ユベントスのサッリ監督は「筋肉系の疲労により休ませた」と説明している。 ロナウドの欠場に、スタジアムに詰めかけた6万人余りの韓国のファンからはブーイングが飛び、ライバルと言われるメッシの名前をコールして挑発する観客も。 試合後には、主催者へのチケット払い戻しや損害賠償請求の動きも出た。 ネット上ではロナウドのユニフォームを引き裂く動画や、「生きて韓国を離れられることを祈る」など脅迫めいたコメントが寄せられたという。 韓国人の怒りにさらに油を注いだのが、ロナウドの帰国後のSNS投稿。 「筋肉系の問題」と言われていたが、ジム内のランニングマシーンの上でおどけた様子を見せながら元気な姿を披露している。 投稿には韓国語の罵詈雑言が書き込まれているという。 ロナウドは韓国で予定されていたイベントや番組出演もすべて欠席したほか、一連の騒動について一切コメントしていない。 韓国メディアの「Sportalkorea」は「ロナウドよ、一言謝ることもできないのか」と題し、「ロナウドは韓国のファンに対して最低限の良心も見せなかった。 もし記者会見やSNSで『出場できずにすみませんでした』と一言謝れば、韓国のファンの彼への批判も少しは減るだろう」などと報じた。 韓国メディアの批判の矛先は、「ロナウドをかばった」中国へも向けられた。 韓国メディアのインサイトに掲載されたコラムは「ロナウドの韓国サポーターに対する態度に問題があったのは明らか。 (韓国の前に訪れた)中国では、ロナウドは試合にフル出場した。 韓国でのそれ(欠場)と全く異なる。 しかし、中国メディアはただ韓国を批判するばかりで、韓国サポーターの気持ちに全く関心を寄せていない」などと批判した。 新浪体育はこうした経緯を紹介した上で、「確かにロナウドの中国と韓国での姿勢は明らかな違いがあった。 偏見を捨てて論じれば、韓国のサポーターには不満を抱くだけの理由がある。 彼らもロナウドが大好きで、お金を払ってスタジアムに足を運び、ずっとロナウドの名前を呼び続けた」と理解を示した。 一方で、「彼らの不満のはけ口の対象はロナウドであるべきではない」と指摘。 「ユベントスのアジアツアーは過密日程で、6日間に三つの国を回り、3試合をこなさなければならない。 日程はクラブ側の問題であり、試合に出場させなかったのは監督の判断だ。 新シーズンに向けた調整試合で、コンディションが万全でないロナウドを出場させることはないし、ロナウドももう34歳。 その2日前には試合に出場したばかりだ」とした。 そして、「ロナウド本人は韓国に対して何か不満があるわけではないだろう。 ユベントスの韓国訪問が決まった後、ロナウドは韓国メディアのインタビューを受け『楽しみにしている。 韓国のサポーターに良い思い出を残せると思う』と話していた。 昨年には、日韓への訪問をキャンセルしたことについて、SNSで両国のサポーターに謝罪声明も出した。 もっとも、この時は個人としての訪問予定だった。 今回はチームに帯同しての訪問であるため、韓国側が主張する個人的な謝罪は不要だ」とした。 記事は、「ロナウドはただクラブや監督に従っただけであり、韓国のファンやメディアが彼に対して行っているのは、理性のないむやみな批判だ」と指摘した。

次の

いまだにくすぶるC・ロナウド「韓国欠場」問題 韓国人ファンが直接抗議する異常事態も…イタリアは冷淡 (1/2ページ)

ロナウド韓国

まず、佐々木君は試合に出たかった、出るつもりだった、という事は書いておきたいと思います。 しかし、監督の判断で(私は英断だと思っています)出なかった、という事です。 彼に責任はありませんし、観客もとやかく言ってはいけません。 ロナウドさんが韓国が嫌いなのかどうか分かりません。 でも、私の憶測で彼が出なかった理由を書いてみたいと思います。 1、本当に体調が悪かった。 韓国まで来るには来たが、今後の試合を考えると出場できないと判断した。 2、韓国側の要求が多すぎて(実際スケジュールが超過密だった)、選手の体調を考えないものだったため、一応韓国まではきたが、体調を重視し急に出場を辞めた。 もしくはあちら側に重大な契約違反な事があった。 3、韓国サッカーに一度ひどい目に合わされている為(八百長疑惑、ラフプレーのひどさ、ファンの態度)、試合に出たら自分の身に危険があると判断した。 (多分これでは?)イタリアでサッカーしてれば韓国サッカーの恐怖はあるでしょう。 4、韓国が嫌い。 もしくは彼は日本が好きなため、無言で「日本を応援した」。 (私の勝手な希望) 中国や日本人に対しては、本当に親切で優しい人だと思いますよ。 人種差別が嫌いだし、紳士だと思いますけど・・。 まあ、正直韓国のサッカーファンにしてみれば、お気の毒です。 これは本音です。 ロナウドさんを見るために遠くから来た人もいるでしょうから。 同情いたします。 けど、彼なりの事情があったと思いますし、取り合えず「訴訟」は突っ走りすぎでしょう。 さらに韓国でサッカーしたいと思う他国の選手がいなくなりますよね。 ロナウドが直接韓国を嫌いかどうかわかりませんが、世界中のサッカ-強豪国選手は韓国との試合を嫌がります。 親善試合といえども後ろからのタックル・足首へのタックルとか悪質ファ-ルを平気で行いますのでどの国 クラブ も主力を出したがりません。 いつも1~2人のけが人が出て、主たるリ-グに出られなくなるからです。 親善試合というのに招かれるのはクラブのアルバイト、金稼ぎみたいなものです。 C・ロナウドも仮病でしょう。 韓国人に悪質タックルを受けるのを嫌がったのですよ。 対戦相手が日本なら違います。 日本は親善試合といえどもサッカ-という競技で正々堂々ガチンコで臨む。 微々たるファ-ルはありますが、「そんなのあたりまえ」というレベルですし、試合後もお互い紳士的です。 もちろんC・ロナウドも日本戦なら出たでしょう。 彼は親日派です。 本当に体調不良でもサイン会やインタビュ-くらいは行ったでしょう。 前に行われたコロンビアアジア遠征でもコロンビアは日本戦は一軍、韓国戦は二軍を出しました。 コロンビアもハメスやファルカオらの主力をベンチスタ-トとし、最後の10分位出ただけ。 瞬間激情国の韓国のスポ-ツ界のこの病気は治らないでしょう。 個人的には「韓国」対「アトレチコマドリ-ド」の試合を見たかったです。 アトチコマドリ-ドは観客が平気で旭日旗を振り回しますから…ね!! ニニフォ-ムが似ているから彼らは旭日旗が大好きなんです 韓国人がパニックになり、観客にほえまくる姿を見たかったです。

次の