とろろ かゆい。 長芋など山芋でのかゆみを止めるには?原因はアレルギー?対処法は?

山芋の下ごしらえ、かゆくならない方法は?切り方、裏技も紹介!

とろろ かゆい

雑学クイズ問題 とろろで口の周りがかゆくなる原因とは? A. 強い酸性の食材だから B. 強いアルカリ性の食材だから C. 細かい針状の形をしているから D. 皮膚と化学反応を起こすから 答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね! とろろ芋で口がかゆい原因、長いもや山芋のとろろとの違いも解説。 美味しいけどかゆくなるとろろ 山芋や長いもはそのまま食べればシャキシャキとした歯ごたえが美味しいですし、とろろにしてもご飯や麺類によく合いますよね。 特におかずがない時には とろろを作って卵や醤油をかけて食べるとかなり満足感があります。 山芋には消化酵素の アミラーゼが豊富に含まれていることから胃腸の働きがよくなります。 また、長いもは インフルエンザウイルスの活性を抑える効果があるとされていることから、どちらも体によい食材となります。 しかし、とろろを食べると口の周りがかゆくなってしまったり、肌につくと肌がかゆくなったりしますよね。 とても美味しいことからたっぷりととろろをかけて食べたいところですが、 そもそもなぜとろろを食べると口の周りがかゆくなってしまうのでしょうか。 とろろのかゆくなる原因とは? それではさっそくとろろを食べると口の周りがかゆくなる原因について解説していきます。 実はとろろには「 シュウ酸カルシウム」という物質が含まれていて、これが原因となって人間の身体にかゆみを引き起こしているのです。 「シュウ酸カルシウム」は顕微鏡などで観察してみると針のような形をしていることがわかり、このような物質のことを「針状結晶」と呼ぶそうです。 肉眼で確認することは出来ませんが、この 細かい針が皮膚に刺さることによって刺激となり、かゆみが発生してしまう原因となっているのです。 とろろを食べたことによって口の周りがかゆくなったとしても、アレルギーの心配はそこまでしなくても良いでしょう。 しかし、 皮膚にとろろがついたわけではないのにかゆみや赤み、じんましんなどが起こった場合はアレルギーの疑いがあるため、食べるのを控えた方が良いです。 長いもと山芋ととろろ芋の違い ところで 長いもと山芋ととろろ芋の違いを詳しく知っている人は少ないですよね。 だいたい同じようなものだということは分かりますが、どのような違いがあるのでしょうか。 長いもは ヤマノイモ科ヤマノイモ属ナガイモ種に分類され、中国が原産となっています。 スーパーで安価で手に入るものはこちらの長いもになります。 次に山芋ですが、正式な読み方は「ヤマノイモ」であり、 ヤマノイモ科ヤマノイモ属ヤマノイモ種に分類され、長いもとはそもそも品種が異なるのです。 自然薯とも呼ばれている山芋は日本原産で長いもに比べても値段も高く、天然物はかなりの高級品になるようです。 とろろ芋に関してはそのような品種の芋があるわけではなく、 山芋をすったもののことを「とろろ芋」と呼ぶのです。 しかし、長いもの方が安価で多く流通していることから、長いもをすったもののことも「とろろ芋」と呼ぶようになりました。 現在では 長いもも山芋も区別せずにとろろ芋と呼んでいます。 以上がとろろ芋を食べると口のまわりがかゆくなる原因と長いもや山芋ととろろ芋の違いについてでした、いかがでしたか? 注目記事 それでは雑学クイズの正解発表です、答えはもうお分かりですよね? 雑学クイズ問題解答 雑学クイズ問題の答えは 「C. 細かい針状の形をしているから」でした! この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。 全て解けたら雑学王かも!? 他にも、こんな雑学がお勧めです。 まとめ とろろ芋を食べると口の周りや皮膚がかゆくなってしまうのは「シュウ酸カルシウム」という物質が原因となっている。 「シュウ酸カルシウム」は細かい針のような形状をしている物質であり、これが皮膚に刺激を与えてかゆみを引き起こしている。 山芋と長いもについてはそもそも別の品種の違う植物であり、スーパーで多く流通しているのは長いもである。 長いもが多く流通していることから長いもをすったものがとろろ芋だと思われているが、元々は山芋をすったものがとろろ芋だと呼ばれていた。

次の

とろろで痒くなるのはアレルギーじゃない?!とろろの気になるお悩み解消します!

とろろ かゆい

スポンサードリンク とろろの変色を防ぐ方法 山芋って食卓に出す直前に切らないと 短冊切りにしても変色しちゃいますよね。 とろろなんて擦ったスグから ピンク色になってて、気持ち悪い。 大丈夫な時もあればダメなときもあって スーパーで買った山芋が古かったのか…。 目利きが出来てなかったわ!なんて 1人で反省してみたり…。 変色したとろろじゃ 子どもたちも嫌がって食べてくれないし 私自身も気持ち悪くて 変色した部分は取り除いて食べてました。 ちょっと厚めに皮をむいた山芋を 酢水にしばらくさらしておくだけでOK! 山芋を酢水にさらしている間に 他の調理を進めておきます。 私は、だいたい5分ほど酢水に 漬けておいてあとは普通にすりおろしてます。 酢水は1リットルの水であれば 大さじ2杯程が目安です。 さらに、山芋って手で触るとかゆくなりませんか? 酢水に漬けておくと かゆみ成分が分解されるのか あのヌルヌルがとれて 手の痒みも出にくくなりました?。 変色防止対策の副産物ですね? で、山芋をすりおろしてできたとろろの中にも 2. 3滴の酢を入れておくとバッチリです! 料理の味を変えない程度の 少量のお酢でオッケーです。 これで変色を防ぐことができて あの嫌な見た目の茶色いとろろになりません。 ・金属のすりおろし器を避ける 山芋は切ったりすりおろしたりすることで 空気に触れる面積が増えて 一気に酸化して色が変わっちゃうんですね。 なので、酸化を少しでも抑えるために 金属のすりおろし器は使わないようにします。 プラスチック製のすりおろし器か 陶器のすり鉢を使ってすりおろしましょう。 ・熱湯につけて変色防止 皮つきのままで構わないので 沸騰したお湯にさっとくぐらせます。 ぐつぐつ茹でてしまうと 中に火が入ってしまうのでサッとです。 とろろの変色は食べらるの? 切った山芋やすりおろしたとろろ芋が 変色してしまう理由は とろろ芋の中のアクが出るからなんですね。 決して腐ってるわけじゃないので 心配する必要はありません。 長芋にはポリフェノールが含まれていて その酵素のせいで酸化して変色するわけです。 りんごも皮をむいたら 茶色くなってきますよね? 原理としてはリンゴと一緒だと 思ってもらえれば大丈夫です。 変な臭いさえしていなければ 腐ってるわけじゃないので 普通にスーパーで買い物してきて きちんと保管してて期限内に食べようと思って すりおろしたら、すぐピンク色に変わっちゃった! なんて場合は 何の問題もなく食べることができます。 とは言っても料理は見た目が大事です。 とろろご飯用にすりおろした場合は 基本的にそのまま器に入れて食べると思います。 いくら食べると言われても 茶色になってると気が気じゃないですよね。 そんな場合は、ラップにうつして そのまま冷凍しちゃいましょう! お好み焼きのつなぎに使ったり 油で揚げて海苔を巻いて目隠しして食べるなど そのまんまじゃない調理法で 活用することができますよ。 ちなみに余談ですが 色が変わりやすい山芋は あまり土が良くない畑で育った とう説もあるみたいです。 確かに、何もしないですりおろした山芋の中でも すぐに変色するときもあれば 全然大丈夫な時もありますよね。 産地は選べるし、最近じゃ 生産者の顔もわかるようになりました。 でも、使ってる土までは選べないので 変色のしやすさに関してはもう運ですよね。 なので、自分で出来る変色防止対策を していかないとダメってことですね。 スポンサードリンク とろろを変色なして簡単にすりおろしする方法 とろろの変色には『酢』が1番! とりあえず酢!になるわけですが お酢を使う事によって 変色を防ぐだけではなく 思わぬ嬉しい効果も期待することができます。 まず、変色防止のために 5分ほど酢水に漬けましょう。 と説明したわけですが お酢につけることで酢の成分のおかけで ぬめり成分であるムチンを分解してくれます。 皮をむくとヌルヌルして すべってもちにくくてすりおろしにくいですよね? 手が滑って今まで何回 自分の手も一緒にすりおろした事か… (私だけじゃないはず!) 酢に漬けておくと、ぬめりも取れるので 滑りにくくなって山芋をもちやすくなります。 おまけに、手がかゆくなる原因である シュウ酸カルシウムも分解してくれちゃうのです。 酢水にさらしたあと、 軽くキッチンペーパーで水気をふけば ぬめりも一緒に拭き取られて 滑りにくくなるし、痒みも起きにくいです。 痒みを抑える方法として 更に念入りに対策をしたい場合は とろろをすりおろす前に おにぎりを作るときに手に塩をつけるイメージで 手のひらにお酢をまんべんなくつけておきます。 ま、完全にヌルヌルが とれるわけじゃないので不安な場合は 手で持つところの皮はむかずに残しておいて キッチンペーパーで巻いてすりおろしていく方法が確実ですね。 すりおろすのはプラスチックのおろし器か 陶器のすり鉢限定で おろし金に山芋を垂直に当てて しっかり固定して手早くおろします。 あまった長芋はそのままラップに包むのではなく 切り口に酢水をつけて ぴっちりラップして冷蔵庫に保管しましょう! とろろの変色を防ぐ方法のまとめ とろろの変色は腐っているから 色が変わるわけではなく 山芋に含まれるポリフェノールの 酸化が原因です。 なので食べてもなんの問題はありません。 ただ、食卓に出てくるお料理としての見た目は あまりよろしいものじゃないので 変色を防ぐ方法対策をしましょう! 少しの手間で変色は防げます。 酢水を使えば変色だけでなく ぬめりや手の痒みも防げるので是非ためしてみてくださいね。

次の

長芋など山芋でのかゆみを止めるには?原因はアレルギー?対処法は?

とろろ かゆい

とろろを食べると痒くなる? 山芋や長いもをすりおろして作る『とろろ』ですが、作っている時や食べている時に痒くなってきたという経験はないでしょうか? 今日はこの『とろろ』によって引き起こされる痒みの原因やその対処法について調べてみたいと思います。 とろろで痒くなる原因は? まず『とろろ』によって引き起こされる原因について調べてみました! 痒くなる原因となるのは、山芋や里芋などの皮の近くに多く含まれる 『 シュウ酸カルシウム』と呼ばれる成分になります。 この『 シュウ酸カルシウム』の結晶は細かい針のような形をしていて、この 『シュウ酸カルシウム』の『針状結晶』が皮膚を刺激することで痒みを感じる仕組みになっています。 『 シュウ酸カルシウム』は自然薯や長芋、山芋といった色々な芋類に含まれていますが、自然薯には特に多く含まれているようです。 ただ気をつけた方がいいこととして、 『アレルギー』の可能性も考えなくてはいけないという点ですね。 とろろの材料となる長芋や山芋、自然薯にはアレルギーの原因となる物質が含まれており、特に山芋に含まれる 『アセチルコリン』という人間の体にアレルギー反応を引き起こす物質の1種となっています。 アレルギー反応は皮膚や口の中が痒くなるという症状なので、『 シュウ酸カルシウム』によって引き起こされる痒みと似た症状のため注意が必要です。 アレルギー反応が軽い場合は触れた場所の皮膚や口の中が痒い程度で済みますが、ひどい場合には嘔吐等を引き起こす可能性もあります。 特に子供やお年寄り等がアレルギー反応を起こすと危険なので注意するようにしたいですね。 とろろを食べて痒くなってしまった時の対処法は? とろろを食べると痒くなる原因が『 シュウ酸カルシウム』によって引き起こされることはわかりましたよね。 次に痒くなってしまった時の対処法について書いてみたいと思います。 とろろを食べて痒みが出てしまった時は、 『お酢』と『お湯』を用意しましょう。 痒みの原因である『 シュウ酸カルシウム』は『針状結晶』という状態にあり、 『針状結晶』は酸性に弱く、酸に触れると溶けてしまう特徴があります。 この特徴を利用して対処します。 まず ガーゼや薄めのタオルに『お酢』をお湯で薄めたものを付けて、痒みのある場所を拭くようにしましょう。 ゴシゴシと拭くよりは軽くポンポンと押し当てるように拭くイメージの方がいいかもしれませんね。 その後お湯で拭いた部分を軽く洗い流します。 基本的にはこれだけで痒みは徐々に治まってくると思います。 他にも『お酢』の代わりに 『レモン』を利用する方法があります。 もし『お酢』も『レモン』もない場合には 塩を痒みのある場所にすりこみ、その後お湯で洗い流すのも有効ですね。 ただどれも肌には多少なりとも刺激を与えるものになってしまうので、肌の弱い方等は気をつけて行うようにしてくださいね。 もしこれらを試しても良くならない場合や痒みの症状が治まらない、ひどくなってきたという場合は アレルギーの可能性もあります。 状況によってはすぐに病院にいってくださいね。 痒くなる前にできることは? 痒くなる原因と痒くなった場合の対処法が分かりましたが、できれば痒くなる前にどうにかしたいですよね。 どうしても痒くなるのが嫌な時は山芋や長芋を調理前に 『酢水』に浸しておくのが有効ですね。 これは変色を抑える効果も期待できるので一石二鳥かもしれません。 一晩 冷凍してから調理すると、痒みの原因である『 シュウ酸カルシウム』の『針状結晶』が壊れるため痒みを感じにくくなるようですね。 他には皮膚に触れないように調理中はゴム手袋をして 直接触らないようにしたり、食べる時も口の周りに付かないように注意すると良いですね。 ちなみにかゆみの成分は 皮の内側の5ミリ当たりに多く含まれているので、ちょっともったいないですが調理する時や食べる時には皮を厚く剥くと痒みはかなり抑えられると思います。 おいしいとろろを痒みなく食べましょう! 今日は『とろろ』によって引き起こされる痒みの原因やその対処法について色々調べてみました。 上に書いたことを頭に入れておけば、おいしいとろろを痒みを心配することなく食べる事ができそうですね! 皆さんも是非覚えておいてくださいね!.

次の