マホイップ 育成。 マホイップの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

マホイップの専用キョダイ技が確定でキョダイサイセイ出来るぶっ壊れ技な件。【ポケモン剣盾】

マホイップ 育成

もくじ• 「特殊な道具を持たせ、その場で回転することで進化する」という、普通では絶対に気付けない方法です 笑 持たせる道具によってマホイップのトッピングが変わるため、どの姿にするかも大事なポイントです。 ステータスには一切の影響はないので、自分の好みで選びましょう。 種族値的には、特殊技を受けつつ特殊技で攻めるって感じですね。 夢特性「アロマベール」のお陰で、「めいそう」を妨害されないのも大きなメリットと言えるでしょう。 夢特性の入手方法 マホイップの夢特性が入手できるのは、 「ハシノマ原っぱの西端にある細い光の巣」が最も楽です。 キョダイマックスが入手できる巣もありますが、ランクマッチではキョダイマックスが使えないので今は不要です。 「ザシアンorザマゼンタ」の専用技を使えば、ソロでも十分に倒せますよ。 夢特性「アロマベール」の採用で、安全に「めいそう」を積める点では、他のフェアリーよりは特殊受けをしやすいと言えますね。 「じこさいせい」もあるので、「めいそう」を積んでも倒されてしまうという事態も避けられます。 マジカルフレイムは、相手の特攻値を下げる追加効果を持つため、より特殊受けを遂行しやすくなります。 直ぐに敵を倒しに行くというより、相手を弱体化させ、自分を強化&回復し、準備を整えてから攻めだすって感じです。 役割が遂行できる相手としては、 「サザンドラ」などの特殊アタッカー全般です。 「ルカリオ、ジュラルドン」などの鋼特殊アタッカーなどには、素直に引いていきましょう。 素早さ種族値が64と高くはないものの、今作では遅いポケモンが多いので上を取れることも十分にあります。 同タイプでは60族の「ニンフィア、ピクシー」を抜けるので、対面させれば優位に戦えます。

次の

マホイップの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

マホイップ 育成

はじめに 育成論初投稿のため記載不備や解説不足など至らぬ点があるかと思いますがよろしくお願い致します• この育成論では、HABCDSの略称を使用します。 個体値はA抜け5vを想定しています。 不備、質問等ありましたらコメントにお願い致します。 はじめに マホイップはサザンドラなどの特殊アタッカーに強く、メインウェポンのマジカルシャインに加え、苦手な鋼タイプに役割を持てることやCダウンによる耐久性の向上のためマジカルフレイムを採用していることが多いかと思いますが、この型はマジカルフレイムの枠にギガドレインを採用しています。 役割対象 カバルドン、トリトドン、ヌオーなどのあくび持ち サザンドラ、ウォッシュロトムなどの特殊アタッカー• 対あくび持ち 役割対象となるカバルドンやトリトドンに対してスイートベールを採用することによりあくびで起点にされることを避け、且つギガドレインで相手を処理することが可能となっています。 あくび持ちはあまりいないとは思いますがヌオーに関しても上からのギガドレインで確定2発を取れているので役割を持てます。 対ウォッシュロトム ウォッシュロトムに限らずロトム系の攻撃は受けきることが可能ですが、トリックでこだわり系アイテムを押し付けられると受けることが難しくなってしまいます。 しかしギガドレインを採用している場合ウォッシュロトム限定ではありますが、ギガドレインでこだわれば相手の確定数が変わってマホイップを落とすことができなくなりこちらは相手を落とすことが可能という状況を作ることができます。 トリック持ちでなければギガドレインやじこさいせいで有利状況を維持できます。 特性 ねむり無効のスイートベール この型はねむり無効という点で他の型と差別化しているためアロマベールは選択肢に入らない。 努力値 H252 B4 D252 特殊受けという性質上基本的にはこの配分になる。 Bに振っている分は雀の涙程度の効果しか期待できないためCに振っても問題ない。 持ち物 オススメはHPが多少削られていてもサザンドラなどの鋼技を耐えてから反撃できるようにするためにリリバのみかたべのこしやオボンのみなどの回復アイテム。 その他アッキのみやタラプのみといった耐久向上きのみ、どくどくやでんじはを受けることを想定しラムのみなど。 ビアーのみに関しては現在毒技を搭載しているポケモンが少ないためあまりオススメできない。 技構成• 確定技 じこさいせい HPの半分を回復する安定の回復技。 選択技 攻撃技 マジカルシャイン 威力80命中100。 特殊技メインウェポン。 Cに振らない関係上火力があまりでないため基本採用。 ドレインキッス 威力50命中100。 上記の通り火力不足なことを考えるとマジカルシャインより優先度は低い。 ギガドレインよりは回復できるため回復を重視したいなら検討はできる技。 ギガドレイン 威力75命中100。 相手に与えたダメージの半分を回復するこの型の基盤となる特殊技。 カバルドンやトリトドン以外にもウォッシュロトムに対して明確に役割を持てるようになるため基本採用。 エナジーボール 威力90命中100。 ギガドレインより威力が高くなるが、トリック搭載ウォッシュロトムにあまり強気に出れなくなる。 マジカルフレイム 威力75命中100。 確定で相手のCを1段階下げることができる特殊技。 この型のコンセプト上優先度は低いが、採用するとバタフリーや鋼タイプに対しても多少強気に出れるようになる。 採用する場合はギガドレインとセットにすることを推奨。 選択技 変化技 とける 自分のBを2段階上昇させる変化技。 あまり積むタイミングがないかもしれないが積めれば役割を持てる範囲が広がる。 ひかりのかべ 5ターンの間相手の特殊技のダメージを半減する変化技。 耐久力向上に加え、マホイップ交代しても後続のサポートをできる。 めいそう 自分のCとDを1段階ずつ上昇させる変化技。 特殊耐久に加え火力の向上を狙える。 しんぴのまもり 5ターンの間味方が状態異常にならなくなる。 耐久力に直接影響はないがドヒドイデやどくどく持ちヌオーに対して有利に立ち回れるようになる。 最後に 最後までご覧いただきありがとうございます。 この型はマホイップを活躍させられないかと少ない知識を絞り出して考えだしたものとなっています。 やはり多くの方が使っているマジカルフレイム搭載の型に比べると役割対象が絞られてしまっていると自身でも感じていますが、それでもしっかりとした差別化ができているのではないかと思います。 初投稿のため見苦しい点や拙い文章が多かったかと思いますが、この型が他の方々の役に立てれば幸いと思い投稿させていただきました。 長文になりましたが改めまして最後までご覧いただき本当にありがとうございました。

次の

【ポケモン剣盾】マホイップの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

マホイップ 育成

もくじ• 「特殊な道具を持たせ、その場で回転することで進化する」という、普通では絶対に気付けない方法です 笑 持たせる道具によってマホイップのトッピングが変わるため、どの姿にするかも大事なポイントです。 ステータスには一切の影響はないので、自分の好みで選びましょう。 種族値的には、特殊技を受けつつ特殊技で攻めるって感じですね。 夢特性「アロマベール」のお陰で、「めいそう」を妨害されないのも大きなメリットと言えるでしょう。 夢特性の入手方法 マホイップの夢特性が入手できるのは、 「ハシノマ原っぱの西端にある細い光の巣」が最も楽です。 キョダイマックスが入手できる巣もありますが、ランクマッチではキョダイマックスが使えないので今は不要です。 「ザシアンorザマゼンタ」の専用技を使えば、ソロでも十分に倒せますよ。 夢特性「アロマベール」の採用で、安全に「めいそう」を積める点では、他のフェアリーよりは特殊受けをしやすいと言えますね。 「じこさいせい」もあるので、「めいそう」を積んでも倒されてしまうという事態も避けられます。 マジカルフレイムは、相手の特攻値を下げる追加効果を持つため、より特殊受けを遂行しやすくなります。 直ぐに敵を倒しに行くというより、相手を弱体化させ、自分を強化&回復し、準備を整えてから攻めだすって感じです。 役割が遂行できる相手としては、 「サザンドラ」などの特殊アタッカー全般です。 「ルカリオ、ジュラルドン」などの鋼特殊アタッカーなどには、素直に引いていきましょう。 素早さ種族値が64と高くはないものの、今作では遅いポケモンが多いので上を取れることも十分にあります。 同タイプでは60族の「ニンフィア、ピクシー」を抜けるので、対面させれば優位に戦えます。

次の