フィリピン バス ジャック 事件。 <続報><バスジャック>フィリピン警察の不手際、不謹慎な態度に香港市民の怒りが爆発|レコードチャイナ

西鉄バスジャック事件 犯人(17歳少年)のその後は?社会復帰している!?

フィリピン バス ジャック 事件

長崎バスジャック事件が起こった経緯と 犯人射殺の背景にスポットを当ててみました。 1977年10月15日に起こった長崎バスジャック事件が 「奇跡体験!アンビリーバボー」で紹介されます。 新左翼系団体・赤軍を名乗る長崎バスジャック事件の犯人の要求は 30人前の寿司やコーラなど不可解なものばかり・・・ 実はこの長崎バスジャック事件の犯人は、 このバスジャック事件が発生したわずか17日前に起こった 国際規模の大きなハイジャック事件の模倣犯でした。 また、この長崎バスジャック事件の主犯格の犯人は 実は国内人質事件でわずか3人しかいない射殺例です。 バスジャック史上において射殺された犯人は 後にも先にも長崎バスジャック事件の犯人のみ。 そこにはある理由がありました。 長崎バスジャック事件の犯人が模倣した 17日前に起こった世界規模のハイジャック事件、 日本警察が長崎バスジャック事件の犯人射殺に踏み切った理由など、 長崎バスジャック事件の背景にあった衝撃の事件背景に迫ります。 スポンサーリンク 犯人が射殺されることによって解決されたのは以下の3例のみでした。 hatena. 蓋を開けてみれば、政治的思想とは無関係な 身代金目的の人質事件だったのです。 この長崎バスジャック事件の犯人たちが赤軍の名前をつかった背景には、 バスジャック事件のわずか17日前に スポンサーリンク 長崎ハイジャック事件が起こった17日前の1977年9月28日。 フランスのパリシャルル・ド・ゴール空港発 東京国際空港(羽田)行きの日本航空472便が日本赤軍のメンバー5人により ハイジャックされるという事件が起こりました。 出典:NAVER フランスから5つの国際空港を経由して 羽田に到着するはずだったこの日本航空472便は 3つ目の経由地であるインドのムンバイ国際空港を離陸後、 武装した犯人グループによってハイジャックされ、 バングラデシュのダッカ国際空港に強行着陸。 乗客137人と貴重含む乗務員14人を人質にとり航空機内に立てこもったのです。 「日航機、今度は乗っ取り」という見出しで 各誌一面に大きく報じられたこのダッカ日航機ハイジャック事件。 「今度は」という見出しがついたのは、 なんとこのハイジャック事件が起きた前日の9月27日に マレーシアのクアラルンプールで日航機が着陸に失敗、墜落し、 乗員10名乗客69名のうち計34名が犠牲になるという事故が起こっていたためでした。 ダッカ国際空港の滑走路で日航機に立てこもった赤軍の犯人グループ5人が 人質の解放の条件として日本政府に要求したものは2つ。 当時の為替レートで実に16億円にものぼる身代金と 日本で服役・勾留中の赤軍メンバー9名の釈放だったのです。 このハイジャックされた日航機には当時アメリカの大統領だった ジミー・カーター氏の友人であるアメリカ人銀行家が乗っており、 犯人グループはそのことを知った上でハイジャック、 日本政府が交渉に応じない場合は彼の命から先に奪うと交渉に利用してきました。 世界中が見守る中、 当時総理大臣だった福田赳夫総理は身代金約16億円と獄中の赤軍メンバーの解放に応じます。 ハイジャック事件発生から3日後の10月1日。 身代金と釈放に応じた6名の赤軍メンバー、 6トンの食料を乗せた日本航空特別機がダッカへ輸送されます。 しかし、この決断がのちに諸外国からの非難を呼ぶとともに、 ハイジャック事件が起こったバングラデシュの大規模なクーデターや 長崎バスジャック事件につながっていくとは この段階では誰も予想していなかったでしょう・・・ 次ページに続きます!.

次の

ジャッキー「バスジャック事件」失言に非難の嵐!息子ジェイシーも大慌て―香港|レコードチャイナ

フィリピン バス ジャック 事件

2010年8月23日、フィリピン・マニラ市で起きたバスジャック事件。 8人が死亡する惨事となりました。 「」でもお伝えしましたが、香港及び大陸市民の怒りは、あまりにも手際が悪かったフィリピン政府・警察に向けられています。 記事中には「フィリピンへのバッシングが高まる中、香港保安局の李少光局長は、市民に冷静になって欲しい、決して香港で働くフィリピン人に八つ当たりしないようにと呼びかけた」とありますが、家政婦などフィリピン人労働者が多いだけに、フィリピン人差別にまで発展するのではとの懸念もあるよう。 こうした中、「おいおい、そこまでフィリピンをバッシングするのはどうなのよ?」とTwitterで苦言を呈したのが、我らがジャッキー・チェン()。 以下がそのTweet。 香港に戻ってきた。 そしてフィリピンでの恐ろしいニュースを聞いたよ。 ところで、多くの問題については、自分の国で起きないかぎり、注意を払うことはないだろう。 A lot of things dont happen to your own country you don't pay attention だけど、こうした出来事は世界中で起こっているものなんだ。 そして今回は香港市民の身を襲った。 今や香港中の人々がこのニュースについて話している。 それは本当に悲しいことだ。 this kind of things always happen around the world. It happened to hk's people, the whole hk is talking about it. Its really sad. もしフィリピン警察が容疑者をすぐに殺していたら、みんなは「なぜ最初に交渉しないんだ」と文句を言うだろう。 そして最初に交渉していたら「なぜすぐに殺さないんだ」と文句を言う。 悲しいことだ。 If they killed the guy sooner, they will say why not negotiate first? If they negotiate first, they ask why not kill the guy sooner? So sad 香港は多くの異なる人々によって作られた「Nation」だ。 心配しないで!ぼくたちに憎しみはない。 HK is a nation built by a lot of different people.. don't worry! We do not hate! 先日、韓国でどのようにして人々は互いに愛し合えるかを話してきたんだ。 そのことをよく覚えている。 ぼくたちはもうすでに多くの自然災害に苦しんできた。 台風、津波、全てだ。 人類は団結しなければならない。 互いに殺し合ったり、憎んだりするんじゃなくてね。 I remember the day before in korea we talked about how people should love each other. We already have so many natural disasters.. typhoon, tsunami, everything. Humans should be united and not kill or hate each other要約すると、「この事件でフィリピン人を憎むことはないさ。 ラブ&ピース!」といったところでしょうか。 ジャッキーのピースフルなバイヴあふれるメッセージに、フィリピン大統領府報道官は「ありがとう、ジャッキー。 香港の市民全員があなたの用に考え、我々に友好の手をさしのべてくれることを望む」とコメントしたそうで。 () そんなに変なメッセージじゃないと思いますが、これがなぜか大炎上。 ネットには「被害者家族にもおなじことが言えるのか。 謝ってこい」「フィリピンの『親善大使』だもんな」「香港代表の資格はないし」「フィリピンに帰れ」と罵倒で埋め尽くされたとか。 つまみぐいすると以下のとおり。 「中国人として、100%の香港人として、今回の事件を悲痛に思い、被害者遺族に同情を表します。 」 「私が言いたかったことは、今回の悲劇をきっかけにフィリピン人を憎むことはないということ。 」 「フィリピン警察の不手際については追求しなければなりませんでしょう。 それは専門家の仕事を待ちます。 」 「以前のメッセージは助手が翻訳したもので、私の意図を完全に伝え切れていなかったかもしれません。 そのことによる誤解と不満に改めて謝罪いたします。 」 あるメディア関係者は、 ・被害者への哀悼がなかったこと ・フィリピン警察の無能を叱責しなかったこと ・バランスをとろうとしたのだろうが状況を全く理解していなかったこと が原因だったと分析しているそうで(26日付財富贏家)。 まあ、確かに不用意だったことは間違いないと思いますが、そこまでバッシングする内容かなぁ。 ジャッキーの舌禍事件といえば、「」が有名。 中国本土の映画協会副会長になるなど中国政府に接近していると受け止められていたこともあって、激しいバッシングに。 こちらは字面だけ見ると、今回のバスジャック問題よりもよっぽどひどいように見えるのですが、後の釈明を読むと、「西洋的自由主義は東洋にマッチするのか」という、ごくごくありふれた話題を言いたかっただけのよう。 たんに脇が甘いというか、不用意にコメントしてしまうキャラなんだろうなーと思っています。 「中国人管理発言」も「バスジャック発言」もジャッキーの問題というよりは、ある問題で激発した時のネット群集心理の凄まじさを示すケースではないでしょうか。 余談ですが、今回のTweetで問題発言を指摘するならば、むしろ「HK is a nation」というくだりじゃないかと。 どう考えても「香港は国だ」と訳すしかないですよね?中国憤青のみなさんはここにこそ「香港は中華人民共和国の不可分の領土であり、その防衛は核心的利益」とか、つっこんで欲しいです。

次の

フィリピン・バスジャック人質、恐怖の11時間

フィリピン バス ジャック 事件

TVや新聞などでも、大きく報道され続けていますが、23日フィリピンのマニラでバスジャック事件が起き、人質15人の内、半数を超える計8人の死者が出るという最悪の大惨事となりました。 犯人は、ロサリオ・メンドーサ元警部 55。 麻薬、恐喝関連の汚職が発覚し、強制解雇されたことに怒りを覚えての腹いせとだったと報道されています。 本人は復職要求をしていたとのことですが、本当にただのヤケクソだったのか、もしくは薬物の影響化にあったのか……。 未だ詳細な部分ははっきりと伝えられてはいません。 自動小銃M16を所持していた。 同職だっただけに、警察の動きも大方把握していたと思われる。 状況の著しい悪化から、突入を決断したフィリピン警察。 ハンマーでガラスを割って中へ潜り込み、激しい銃撃戦が展開されました。 ほどなくして犯人は射殺されましたが、銃弾に当たり7人の乗客が死亡。 病院に運ばれた1人もまもなく死亡しました。 亡くなった8人はいずれも香港人。 異国での楽しい夏のバカンスが一転、血が飛び交う凄惨な殺戮現場と化してしまいました。 しかし、映像でも分かりますが、素人目にも伺いしれるのが、フィリピン警察の統率と手際の悪さです。 アメリカのなどと比べるのは酷な話かも知れませんが、あんまりでは無いでしょうか。 後手に回り、無理な突入を強いられるような状況化に追い込まれてしまったのだとは思います。 しかし、命を賭けて突入した警官の方々には申し訳ないのですが、どう見ても警官の流れ弾で亡くなった犠牲者の方もいるのではないかと勘ぐりたくなるのも正直なところ。 細かな状況は、これから生存した乗客の話などで明らかになる可能性も高いと思われます。 こういったバスジャック事件での突入で思い出すのが、2000年に日本で起こったです。 2ちゃんねるで「ネオ麦茶」と名乗る少年が、包丁一本を持っての凶行で、女性一人が失血死するまでに至った痛ましい事件でした。 あの事件で突入し少年を取り押さえたのが日本版SWATと言われる、です。 当事件が元で、日本のテロ犯罪への危機管理意識や特殊部隊への考え方にも大きく変化があったと言います。 在フィリピン中国大使館を通じて、中国政府もこの度の事件を強く非難し、「中国人の安全を確保する具体的な措置を講ずることを求める」との声明を発表。 大変痛ましく救いようのない事件です。 海外旅行に行く際、特にフィリピンのような、治安の悪い国は特にですが、細心の注意、警戒が必要。 もちろん今回の亡くなった香港の方々も、ある程度の心づもりはされていたと思いますが……。 日本では、滅多に起こる類いの事件で無いのは事実です。 銃火器の入手が海外より困難だという部分でも、対岸の危険地帯の話と思われる日本人の方も多いでしょう。 しかし、日本国内でも西鉄事件のような類似事件は起こっています。 尚かつ、海外旅行先でいつこのような状況化に置かれるかも分かりません。 自分としても、バスという身近な乗り物で起きた凶行ということも含め、心底、背筋が寒くなるような思いがしました。 フィリピンの観光収入にも大打撃を与えそうなこの事件。 フィリピン政府ならびにアキオ大統領の、治安回復に向けた真摯な態度と、早急な対策実施を望みます。 今回犠牲にあわれた方々のご冥福を、心よりお祈りいたします。

次の