日本 初 の 機内 食。 「アジの干物」が宇宙へ…“宇宙日本食”に初めて選ばれた干物はどうすごい?担当者に聞いた

ハラルの機内食提供 JAL 日本発、ジャカルタ発も

日本 初 の 機内 食

5月13日からは成田=ヘルシンキ線をダブルデイリーにし、4つの空港で展開する日本=ヘルシンキ線を欧州線最大規模となる週31便 JALとのコードシェアを含めると週38便 で運航するフィンエアー。 2017年に最新機材であるエアバスA350を成田・関西線へ導入したことに続き、2月7日からは日本人シェフによる初のシグニチャー・メニューを成田=ヘルシンキ線で展開する。 日本人シェフによる初のシグニチャー・メニューは「七草」の前沢リカシェフが監修 四季折々の旬を感じられる心地よい体験 フィンエアーは2013年より、長距離路線ビジネスクラスのカスタマーエクスペリエンス向上の一環として、世界各国のトップシェフたちと共同で開発したシグネチャー・メニューを提供している。 この2月7日からは、日本人シェフとの初めてのコラボレーションで、旬の野菜と乾物を主役とした和食店「七草 ななくさ 」 東京都渋谷区 のシェフである前沢リカ氏が監修した和食のシグネチャー・メニューを展開する。 なお、同じ7日から中国路線と香港路線でも、新しいシグニチャーシェフとのメニューを開始する。 数ある日本の飲食店の中で前沢氏を起用した理由として、フィンエアーのインフライトサービス部門主任のマーリット・ケラネン氏は、「初めて前沢さんにお会いした時、すぐにピンときました。 ある意味、運命的な出会いだとも感じました」と話す。 前沢氏の地元の素材にこだわり四季折々の旬を大切にする精神は、自然を大切にするフィンランドの精神にも通じるものがあると感じたそうだ。 前沢氏との出会いに、フィンエアーのインフライトサービス部門主任のマーリット・ケラネン氏は運命を感じたという 日本のシグネチャー・メニューのプロジェクトは2017年秋から始まり、フィンエアーの担当者も実際に七草に訪れたほか、機内食の調理を担当するシェフとのワークショップも実施しながら、今回のメニューを決定した。 前沢氏が七草以外の場でメニューをプロデュースするのは初めての試みであり、機内という限られた空間で提供し味わってもらうために、どうすれば一番心地いい体験につながるかを最後までこだわったという。 前沢氏の料理は、家庭料理をルーツに野菜や乾物を中心としたもので、日本の四季折々の旬が表現されている。 「料理は、おいしく味わっていただくこと、旬を味わっていただくことを第一にしていますが、もうひとつ、いかに居心地のいい空間を提供できるか、ということも大切です。 9時間30分という飛行時間の中で、『またフィンエアーに乗りたい』『また旅行がしたい』と思える、記憶に残る料理を提供できればと思い考案しました」と前沢氏は言う。 フィンエアーはフィンランドのイッタラともコラボ展開。 写真のブルーベリージュースは、フィンエアーのシグニチャー・メニューのひとつ• マリメッコとのコラボは、機内の食器やアメニティー、そして、特別塗装でも展開 イメージしたのは「お花見弁当」 フィンエアーの機内食は3~4カ月ごとに変わる。 前沢氏とのコラボレーションは2~5月に提供するメニューを皮切りに、まずは1年間、四季の移ろいを感じられるメニューを展開する。 初めてのメニューは、前菜に「春の七草花織り箱」を、メインに「牛ヒレ肉の八丁味噌とバルサミコソース添え 蕗の薹 ふきのとう のタプナードとともに」「松の実ご飯 黄身そぼろ」を考案。 メニューはその後、デザートへと続く 前沢氏とのコラボは前菜とメインのみ。 前菜の「春の七草花織り箱」はフィンランドを意識して木箱を使用 和食に機内食では漆塗りの箱を使うことが多い中、前菜の箱にあえて木箱を使ったのは、森と湖の国・フィンランドをイメージしてのこと。 その蓋を開ければ、日本の風景を伝えられるようなストーリー性のある料理がぎっしり詰まっている。 春から連想される「お花見弁当」がコンセプトで、機内で提供し味わうことを考え、ダシを閉じ込めたしっかりと味が立つメニューを意識したという。 メニューは蓋を開けた瞬間に感じる風景にもこだわった 野菜や乾物を大切にした前沢氏の料理の心は、干し柿白和えや鯛子含ませ 干し椎茸煮などにも込められている。 ふっくらと甘い卵焼き、食感の面白さもある生麩の百合根饅頭揚げ、季節を知らせる菜の花、断面も美しいスナップエンドウとカリフラワーの寒天寄せなど、一つひとつを目で舌で味わえる。 桜鯛昆布〆、北海道産帆立のマリネ• 干し柿白和え、ほうれん草白和え、卵焼き• 生麩の百合根饅頭揚げ、スナップエンドウとカリフラワーの寒天寄せ、数の子 水菜の胡麻和え、菜の花、蕗 筍煮、鯛子含ませ 干し椎茸煮、巻湯葉含ませ煮、丹波黒豆松葉打ち• 生麩の百合根饅頭揚げはもっちりとした食感が印象的。 ニンジンの細工も細かい メインのダブルソースにもこだわりあり メインの「牛ヒレ肉の八丁味噌とバルサミコソース添え 蕗の薹 ふきのとう のタプナードとともに」は、海外の人にも春の代名詞ともいえる蕗の薹を楽しんでもらいたい、という想いからつくられた一品。 また、スパイスやハーブを使うことで、前沢氏は和の野菜と洋の野菜の融合も意識したという。 ただし、蕗の薹の独特の苦味が受け付けられないのために、蕗の薹のソースとともに、八丁味噌とバルサミコソースを添えたダブルソースにした。 八丁味噌とバルサミコソースのコクと酸味、蕗の薹の苦味は、それぞれのソース量を調整しながら、自分にとって一番好みの味を楽しんでみるといいだろう。 メインは「牛ヒレ肉の八丁味噌とバルサミコソース添え 蕗の薹 ふきのとう のタプナードとともに」「松の実ご飯 黄身そぼろ」• デザートにはプチケーキを。 コーヒーカップはもちろん、マリメッコだ フィンエアーのビジネスクラスの機内食は、和食・洋食のいずれかを選ぶことができる。 初のシグネチャー・メニューは成田=ヘルシンキ線から展開し、乗客の反応も見ながら今後、関西や名古屋路線での展開も検討していくという。 日本人にとっても前沢氏のシグネチャー・メニューは、日本の食の深みを改めて知る体験となるだろう。 6月以降はどんな夏メニューが登場するのか、想像するのもまた楽しそうだ。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

JJ特別席・機内食の歴史

日本 初 の 機内 食

概要 [ ] 狭義には航空会社のサービスとして無料で(航空運賃の一部として)機内で乗客に提供される食事を指すが、やが機内で仕事中(を含む)に摂る食事も機内食である。 一方、「」など、当該機体を運航する会社とは無関係に乗客が持ち込んだ食事は機内食とは呼ばれない。 や()においても長期間の飛行の際は機内食が準備され、冷凍化されたものをで温める方式がとられている。 通常は空港近辺の工場で製造されて機内に積み込まれ、離陸後に機内にある()で加熱後、各席に配膳される。 国際線では一定時間以上の飛行では要望に応じて機内食を提供しなければいけないことが IATA の取り決めで決まっている。 全体的には飛行時間が長くなるほど、また座席が上級になるほど、食事が充実する傾向にある。 欧米の航空会社の機内食 [ ] 世界初の機内食 [ ] 1919年10月に(現)がロンドン発パリ行きの便で機内食を提供したのが世界初である。 世界初の機内食はとのみであった。 アメリカの国内線 [ ] 価格競争が激しいの国内線では、からコストカットの影響で、の機内食が消えて久しかった。 こうした動きに対しては、2016年、競合各社とのサービスによる差別化を図るため、ニューヨーク(ケネディ国際空港)とロサンゼルス、サンフランシスコを結ぶ路線で、エコノミークラスの乗客に対して機内食の無料提供を試験的に開始。 2017年3月1日からは、北米大陸横断路線の12路線に拡大した。 この動きに対しても、横断路線などで、機内食の無料提供を行う動きを見せている。 日本の航空会社の機内食 [ ] 国内線 [ ] 歴史 [ ] 国内では、前に国内線に就航していたが、国内線の乗客に軽食を提供していたのが始まりとされる。 第二次世界大戦後は、(JAL)が、のから乗員とともにリースした型機「もく星号」で、1951年10月25日に - - 間の定期旅客運航を開始(機体はこの半年後、52年4月9日にで失われる)。 この第一便の往路にはが、そして復路にはロイヤル株式会社(現在の)が、卵とハムのやに入れたを機内で提供したのが、戦後の機内食の始まりである。 その後、同社に追従して他社も朝の便や夕方から夜間の長距離路線では箱詰めにされたパン類やなどのが提供され、その他の時間は(茶菓)が提供されるようになる。 国際線とは異なり、飛行時間の短さや提供人数の多さによる積載量とコストの観点から、少量でギャレーでの加熱を要さない冷製の食材(、)が用いられた。 また、日本航空、(ANA)、(JAS)の大手3社がを導入した後は、3社ともに昼食および夕食時には加熱された機内食が提供されるようになった。 1998年の新規航空会社の参入に伴い、事前購入型運賃の充実による航空運賃を引き下げる価格競争に入ったことから、大手3社では3月をもって普通席での軽食サービスは全廃され、全ての時間帯で菓子のみの提供となる。 そして2000年頃からは菓子の提供も取りやめ、飲料のみの提供となった。 普通席での提供廃止後も、大手3社のスーパーシートでは早朝・夕方出発便で提供されてきた。 日本航空では、日本エアシステムの事業が統合された2004年にスーパーシートを廃止し、への転換を図り茶菓のみの提供となったが、12月にの提供を開始し本格的な機内食の提供が再開された。 その後全日本空輸も「スーパーシートプレミアム」を提供するなど上位クラスのサービス向上が図られている。 航空業界の規制緩和政策により1990年代後半より順次設立された新規航空会社では会社によりサービスにばらつきがある。 がかつて設定していた「シグナスクラス」やの早朝便ではかつて軽食の無償提供を行なっていたが、現在はとりやめている。 現在無償で食事の提供を行っているのはとの一部便のみで、パンや茶菓に限られている。 より順次開設した格安航空会社は機内食の提供を行っているが、飲み物を含めすべてという形で有料提供されている。 コミューター路線は距離や機材の規模から行なわれないことが多いが、のみ通年で飲物や茶菓の提供が行われている。 大手2社 [ ] 日本航空グループ• 国内線ファーストクラス• 朝は和定食または洋定食、昼はならびに茶菓、夜はなどの有名や、アロマフレスカなどの有名監修のセットメニュー。 10日ごとにメニューが変わる。 また、()や、クッキー等の茶菓も用意されている他、飲み物に普通席やクラスJなど他の下位クラスにはない、をはじめとするが加わる。 クラスJ• 以前は運航時間が比較的長い路線では茶菓と飲み物、それ以外の路線では飲み物のみが提供されていたが、からは飲み物のみとなった。 ただし発着便ではビール・ノンアルコールビール・ブルーシールアイスクリームが有料で提供される。 なお選べる飲み物の種類は普通席とは異なるほか、一部の短距離路線では温かい日本茶は提供されない。 普通席(飛行時間が30分程度の便は除く)• コーラやオレンジジュースなどのソフトドリンク、コーヒーや紅茶、緑茶やコンソメスープなどの飲み物が全ての乗客に提供される。 さらに路線によりキャンディが提供されるほか、クラスJ同様那覇発着便ではビール・ノンアルコールビール・ブルーシールアイスクリームが有料で提供されるが、一部の短距離路線では温かい緑茶は提供されない。 日本航空クラスJ飲み物と茶菓の一例 全日本空輸グループ• プレミアムクラス• 2012年6月以前は朝・昼・夕食時間帯は重箱弁当。 これ以外の時間帯は軽食や生菓子、フルーツ等をボックスに詰めたボックスミールが提供されていた。 2012年6月から朝・昼・夕食時間帯「Premium GOZEN」、それ以外の時間帯は「Premium SABO」として風の食事を提供している。 日本航空のファーストクラスと同様に、こちらも飲み物としてアルコールを選択することが可能である。 普通席(飛行時間が30分程度の便は除く)• 2010年4月から2012年5月までは水とお茶以外の飲料はすべて有料での提供となっていた。 水とお茶も基本的に注文した乗客のみにしか提供されなかった。 2012年6月からは、との差別化の観点から、無料サービスを再開している。 2013年4月からは、ビーフコンソメスープの無料サービスも再開した。 日本航空同様キャンディが用意されるが、申告制となっている。 すべての路線で菓子ならびにアルコール飲料が有料で提供されているほか、-・・線、札幌 新千歳 ・・・・大阪 伊丹 ・大阪 関西 -那覇線、東京 羽田 ・名古屋 中部 ・大阪 関西 -線、東京 羽田 ・名古屋 中部 ・大阪 関西 ・福岡-線に於いてはハーゲンダッツのアイスクリームならびに路線限定の軽食も有料で提供される。 なお2017年10月28日までは事前予約すればプレミアムクラスと同じ食事が有料で提供された(但し、プレミアムクラスが設定されている一部便に限られていた)ほか、有料でオリジナルスープの提供もあった。 ANA国内線機内食「Premium SABO」一例 新規航空会社 [ ] スカイマーク• (平成28年)より、とのパートナー契約による「また乗りたくなる空の旅プロジェクト」として、全路線で・ミニが、一部の路線で・ゴールドブレンドが無料で提供される。 その他ソフトドリンク、アルコール、おつまみについては有償での提供となる。 最前列座席にサービスを付加した「足のばシート」では、有償提供品の一部から一品を無料で選択することができる。 かつて設定されていたシグナスクラスては当初は軽食や飲み物のサービスを無償で提供していたが、シグナスクラス料金値下げに伴い、2006年2月限りで取りやめた。 その後は日本の国内線で唯一、機内食や茶菓、飲み物を一切提供しないスーパーシートとして存続したが、2008年8月末をもってシグナスクラスそのものを廃止している。 AIR DO• 路線開設当初は経費削減のため希望者に飲料水を提供するのみであったが、2000年頃より類の有償提供を開始したのを皮切りに、ANAとのコードシェアを開始した後は、、オリジナルオニオンスープの無償提供やアルコール類の種類拡充などを図っている。 さらに2015年11月からは有償での提供を開始。 2016年11月よりに置き換えたほか平日早朝の羽田-新千歳線限定でパンの無償提供を行なうようになった。 これらの商品は北海道特産のものを使用している。 フジドリームエアラインズの茶菓の例。 茶はハラダ製茶、菓子はシャトレーゼが提供したものを使用している。 ソラシドエア 食事の提供は行っていないが、飲み物に関してはお茶、コーヒー、スープ等を無償で提供しており、スープは九州御当地のアゴユズスープである。 またアルコールの有料販売も行っており、こちらも九州・沖縄御当地となっている。 スターフライヤー 飲み物はお茶、コーヒー等を無償で提供しており、コーヒーには製のがついてくる。 また、路線限定でとオニオンスープも提供している。 食事については路線限定で・等(季節によりメニューは変わる)を有償で提供している。 アルコールは就航当初、夜間便でビール()を無償提供していたが、防止を理由に一旦取りやめとなり、現在は有償で提供している。 イングリッシュマフィン ホットサンドウィッチ(旧エアアジア・ジャパン。 現エアアジア・ジャパンとは異なる。 ) コミューター路線 [ ]• ではパックジュースや茶菓の無料提供を行っている。 では原則食事や飲物の提供を行なっていないが、期間限定で茶菓の無料提供を行うことがある。 国際線 [ ] ごく短距離の路線( - など)を除き、1 - 2回の機内食が提供される。 配膳時間は出発地や到着地の時間(時刻)に関係ない場合が多い。 近距離便では、概ね離陸から1時間以内、遠距離便では1回目は離陸から概ね2時間以内、2回目は到着予定時刻の約2時間前である場合が多い。 この辺りの事情を全く考慮せず、出発直前に食事を多く摂ると、機内食が十分食べられなくなったり、機内食を十分食べたことで到着地での食事のリズムを壊し体調に影響が出る場合もある。 なお、殆どの国際線では、ややや上の理由からの用意があり、事前に申し込めば特別食が提供される。 この他に、機内食として出される食事以外にも、随時など軽食のサービスや、等では、夜食としてパンやサンドイッチ、日本への発着便ではや(JALの「」やANAの「(提供終了)」ほか)などの軽食を用意している会社もある。 基本的には、相手国の業者と契約して復路便の分を手配してもらうが、日本発のや・・線のような近距離路線では、復路の分もまとめて載せることもある。 業者 [ ] 機内食を調理する業者は概ね航空会社が出資する関連会社が多いが、一方で企業が機内食事業を手がける場合もあり、近年は料理のグレードアップの際に、有名レストランや、料亭などがメニューを監修することもある。 メニュー [ ] 一般に航空会社の本国の料理が出されることが多い(前述の復路など現地で調達する場合、現地料理の色合いが出る場合がある)。 また座席等級によって食事の内容が異なる。 中東の航空会社の機内食 [ ] のにあるの子会社エミレーツ・フライト・ケータリング(EFC)は世界最大規模の機内食工場である。 機内食の内容と特徴 [ ] 機内食の内容 [ ] エコノミークラスの一般的な構成 [ ] ANA機内食一例エコノミークラス 1人前をトレーに載せて配膳する。 主菜(メインディッシュ:加熱して提供される。 ご飯を含む場合もある)• 通常は2種類のメニューを搭載する。 副菜(等、野菜中心のことが多い。 これ以外にも、例えば日本線の場合は、や等が、韓国発着便はがそれぞれ提供されることもある)• または• (一部の航空会社を除きも選択可。 欧米便ではがそのまま出されることもある) 酒は上級席種では無料であるが、では酒の種類によっては有料となることもある。 はエコノミークラスでもが無料で提供されている。 主菜は、肉と魚、鶏と牛など2種類の料理の中から選択できるが、先着順のため一方しか残っていないこともある。 このため、「余っている方のメニュー」を注文するとに喜ばれることがある。 日本航空エグゼクティブクラス機内ワインメニュー コースメニューとなっており、いずれも3 - 4種類から選択できる。 エコノミークラスと異なり、事前にメニュー(主菜)の予約を受け付ける航空会社も多い。 また、その国の郷土料理を提供する航空会社もある(特別食。 要事前予約)。 配膳は料理ごとに行われ、各席で食器に盛りつける。 近距離路線ではボックスミール()になることもある。 長距離路線では、、、等のが用意されていることが多い。 で自分の都合の良いタイミングで頼むこともできる。 前菜・• または• 飲み物はアルコールを含めて無料である。 ただし、中東など上の理由で、が提供されない場合がある。 では、サロンや、等のを用意している航空会社もある。 朝食 [ ] キャセイパシフィック航空コーシャ機内食(一例) ほとんどの航空会社では、医学的・的理由(いわゆる)によって通常の機内食を食べられない乗客のために、 特別食(スペシャルミール:: Special meal)を用意している。 特別食の具体例としては以下のようなものがある。 宗教食• ・ミール(認証済み) - の信徒や豚肉アレルギーを持つ者向け。 豚肉やその副産物・類()を含む食品を使用しない。 ヒンドゥー・ミール - 向け。 牛肉を使用しない。 ・ミール - 向け。 事前にに則った祈祷済み。 予めパックし密閉された状態で提供される。 期間中には、慣習に従った特別料理が出る。 ベジタリアン・ミール - や向け。 アジアンベジタリアン向け - 肉類、魚介類、卵類を使用しない。 完全菜食向け - 上記に加え、根菜、キノコ類、乳製品も使用しない。 医療食(これらは特に守られないと、食べる乗客の命に関わる事態に発展する)• 低塩食 - 調味用のを使用しない。 低食 - ・を使用しない、の増強など。 食(カロリーバランスの計算、糖分を抑える、繊維質の増強など。 低カロリー食と統合されている場合がある)• 排除食• 子供向け• - 1歳未満の乳幼児向け。 チャイルド・ミール - 量がやや少なく、子供に好まれる味付けや盛り付けがされている。 搭乗記念の玩具が付属している事もある。 機内版といった趣き。 地域別特別食• ( 、 )• シーフードミール (、 ) 特別食はどの機体にも常備しているわけではなく、大抵は事前に(多くは出発24時間前までに、祈祷など手数のかかるコーシャ・ミールは48 - 72時間前に)予約を要する。 ただし、航空会社や目的地によっては乗客の需要が異なるため、2種類ある通常食の一方がベジタリアン・ミールだったり、ムスリム・ミールのみ(例: )となることもある。 特別食は、信条や信仰宗教とは無関係に申し込みできる。 例えば、豚肉アレルギーを持つ人間がイスラム食を申し込むことは可能である。 提供される個々の特別食の詳細(例えばベジタリアン・ミールといっても宗教ごとに材料の違いから複数ある)については、各の公式ウェブサイトなどの案内を参照のこと。 乗務員向け [ ] 万が一が起こった時に乗務員が全員発症して機内に混乱を招くという事態が起きることのないよう、客室乗務員の一部は乗客と異なる食事を摂る。 また、特に操縦クルーについては、同様の理由で操縦不能という最悪の事態(『』ではこれが守られなかった結果何が起きるかが描かれる)を防ぐため、(もしくはPIC)と(もしくはSIC)は、機内食はもとより、地上での食事でも、それぞれ食材・調味料などが全く異なるものを食べる。 操縦クルーの場合、選択肢は機長の意思が優先される場合が多い為、副操縦士は好きなメニューを選べない事がある。 多くの航空会社では、クルー向け機内食はと同程度の食材・献立をエコノミークラスの食器などに簡易的に詰めたものである。 また、のように、客室乗務員用の食事が用意されていない航空会社もある。 その場合、客室乗務員の食事は、ビジネスクラスやファーストクラスの乗客向けに調達された機内食から、余った物が食事として割り当てられることもある。 また、大規模な空港の多くでは、事前に乗務員用の機内食を購入することが可能となっている。 など一部の航空会社では、「パイロット機内食」として、乗務員向けのメニューを乗客に提供をしている例もある。 貨物機の場合 [ ] にも小規模ながら機内食の設備があり、遠距離便を中心にエコノミークラス相当の食事が用意されるが、客室乗務員がいないため手の空いている乗務員(主にか副操縦士)が用意する。 貨物の関係で乗務員以外の者が貨物機に添乗する場合はその人間の分も手配されるが、乗務員の飲酒を防ぐため飲み物に酒類は含まれない。 政府専用機の場合 [ ] の機内食は、本国もしくは訪問先であらかじめ発注し、積み込まれるのが基本である。 の場合はの関連会社であったが機内食を担当し、同社では他国の専用機の機内食も受注・納品する。 例外として、専用機のエアフォースワン()は、機内にが2箇所備わっており、同機が拠点とするで全日程の食材を一括で仕入れ(混入防止の為、現地調達は禁止。 また、食材は近隣の食品店で隊員が身分を隠して購入)、基地内の厨房で下ごしらえしたものをで保管して積み込み、機内で仕上げをして提供される。 この為、の給仕係も「シェフ」として搭乗する。 機内食の特徴 [ ] 調理 [ ] ボーイング747-400型のギャレー 機内食には膨大な量の食材が必要となるため地上の工場で調理した生鮮食品は急速冷凍庫で凍結保存される。 安全規制により、民間航空機内では直火を用いることができないため、客室乗務員が地上で調理された機内食をギャレーで温めて提供する。 主菜は半加工品。 冷蔵状態で搭載され、配膳の直前に加熱される。 例えば牛ステーキ肉の場合、工場出荷段階では半生状態にして、機内で再加熱する。 加熱方法はで数個ずつ加熱する方法(主により前に路線就航した旧型機)と、各トレイに加熱板を備えて主菜だけを一斉に加熱する方法(主にボーイング747-400以降の機種)とがある。 但し前者の場合、使用するオーブンは、で加熱するでは、航空機の運行に支障をきたす(漏洩電波で航法無線が使えなくなってしまう)為、を使うスチームのみとなる。 高度1万メートルにあるの低い機内では、による湿度低下によりが鈍くなる。 そのため、通常の食事よりも濃い味付けが必要になる。 エミレーツ・フライト・ケータリング(EFC)の機内食の管理責任者であるヨースト・ハイマイヤーは、与圧の影響について、エアバスA380やボーイング777など新型機では、新技術の導入などによって機内は標高2,500mにあるスイスアルプスのとほぼ同じ状態であると指摘し、地上ほど繊細な繊細な味を上空で味わうことはできないかもしれないが、大胆な味付けにより軽減できるとしている。 配膳 [ ] 客室乗務員がに載せて通路から各席の可動式に配膳する。 機体の前後や、ワイドボディ機では主翼付近(ギャレーのある位置)から順番に回る。 なお、種類の選択が可能な場合、上級会員から先にオーダーを取り選択肢を残すようにしていることが多い。 食器 [ ] エコノミークラスでは製、または製の容器が多い。 ビジネスクラス以上は製の食器が使われる。 ナイフ、フォークなどは、コスト削減を主眼に、使い捨てが可能なプラスチック製を使用している。 基本的にビジネスクラス以上では、金属製のカトラリーが用いられ、航空会社によってはエコノミーでも、の観点から金属製を用いる航空会社もある。 近年は航空燃料節約の観点から、軽量化食器の開発が盛んである。 機内食工場とフードローダー [ ] 昇降可能なフードローダーの荷台(テイエフケー:成田国際空港) ベース車: 機内食工場は、多くが2階建てになっていて、1階は空のカートを回収して食器を洗浄、2階は調理・配膳とトラックへの積み込み口になっている。 空港近隣の機内食工場から、航空機へ機内食を盛りつけしたカートを輸送するトラックを「フードローダー( Food Loader)」と呼び、工場での積載時と航空機への積み降ろしのときに、荷台が機体の高さまで持ち上がる。 なお航空機へ機内食を積み込むときは、ローダーの前から行う。 エミレーツ航空の子会社エミレーツ・フライト・ケータリング(EFC)のドバイの工場では毎日300万点の使用済み食器や器具類の洗浄が行われている。 そのメニュー・食材が、どこの航空会社に提供されているものと同一であるかなど、詳らかにされないのが一般的であるが、特定の航空会社としたフェアなどの折には、稀に機内で出される物と、ほぼ同一の仕様のものが提供されることがある。 主要企業・業界団体 [ ]• (英語サイト)• (英語サイト)• (TFK)• (ANAC:系列)• (RIC:系列• (JRC:日本航空とロイヤルホールディングスの合弁)• (グループ、系)• (AASC、かつては朝日エアポートサービスと日本航空の合弁企業だったが現在は系)• グループ、系、• ゲートグルメ• () ギャラリー [ ]• CNN. 2016年5月21日. 2018年2月23日閲覧。 中村浩美『読んで愉しい旅客機の旅』光文社• CNN(2017年2月19日)2017年2月25日閲覧• CNN(2017年3月16日)2017年3月19日閲覧• スカイマーク、ネスレ日本 2016年9月14日. 2017年12月15日閲覧。 スカイマーク. 2017年12月15日閲覧。 スカイマーク. 2017年12月15日閲覧。 スカイマーク. 2017年12月15日閲覧。 (2016年10月28日、AIR DO)• (フジドリームエアラインズ)• 2020年3月14日閲覧• 平尾 ナヲキ. マンガ うんちくエアライン. - デルタ航空日本支社• - シンガポール航空• - エミレーツ航空• CNN. 2016年5月21日. 2018年2月23日閲覧。 CNN. 2016年5月21日. 2018年2月23日閲覧。 内「レジェンド・オブ・」(が運営)など。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 機内食の検索が可能。 関西国際空港の展望ホールにあるレストランで、機内食をメニューに加えていることで有名。

次の

「アジの干物」が宇宙へ…“宇宙日本食”に初めて選ばれた干物はどうすごい?担当者に聞いた

日本 初 の 機内 食

JJ特別席・機内食の歴史 JJ特別席・機内食の歴史 2004年04月、日本エアシステムと日本航空が、完全統合しました。 今回の統合により、今まで異なっていた両者の違いがなくなり、システムなど、一つになります。 乗務員の取り扱うマニュアルなどももちろんですが、何より、利用者が一番感じることと言うと、機体の塗装やサービスです。 ここでは、スーパーシートの機内食の、両者の違い、そして、今までの流れをご紹介します。 献立の内容はもちろんですが、食器の移り変わりも見てみてください。 写真右側には、前掛けの中にフォークやナイフがくるまれています。 国際線ファーストクラスの仕様です(エグゼクティブクラスではなく)。 この頃は、確か、最初の飲み物の内容は機内食に合わせて出された覚えがあります(和食なら緑茶など…なので、この写真にも、お茶が入っていない茶碗が入っているのです)。 もちろん、お代わりは出来ないわけではないので、飲みたい飲み物を後で注文することは可能です。 このとき、航空券を買った時点ではキャンペーンが決まっておらず、空港で差額が戻ってきた記憶があります。 この頃のスーパーシートの案内パンフレット()には、「彩り豊かな特別メニューの機内食をご用意しております」と書いてありました。 この頃は、メニュー記載の通りアルコール類の提供はありませんでした(時期は覚えていませんが、特別席上では、確かANAが先に提供し始めた記憶があります)。 この時期は、全便が「軽食」でした(時間帯により茶菓になるわけではありませんでした)。 ちなみに軽食・茶菓などと区分されていた時代ならば、茶菓が出る時間帯のフライトです。 左下に緑茶がありますが、食器はどうでしょうか(もちろん、その後と比べるとまともでしたが... また、前掛けもありません。 この写真では判断しづらいと思いますが、フォークやナイフは、国際線で言えばエコノミークラス仕様になっています。 それでもこの期間までは、空港ではラウンジが使えました(確か、98年9月まで)。 スーパーシートらしかった頃は果物も出ていましたが、それと比べると物足りないような気がします。 おしぼりは、この写真に写っている紙製のおしぼりだけではなく、離陸前には布製の温かいおしぼりも出ます。 この頃の、札幌線や福岡線などの、朝食や夕食は、ホットミールだったようです。 それでも、今見てみると、献立としてはまとまりがあるように思えます。 3 からは大分時が経っていますが、流れとしては大きな変化はないはずです。 左から、寿司、パン類、菓子です(この写真では写っていませんが、枇杷のゼリーもありました)。 アイデアとしては悪くはないのですが、軽食の時間帯でもこれだけだったのは、物足りないでしょう。 そのため、2002年3月までの期間限定でした(その後は再び、 3 や 4 のようなものになった)。 プラスチック製だった使い捨てグラスが、紙コップになっています。 同じ時期の同じメニューでも、カートへの収納的な問題があったようで、A300-600Rの場合は紙容器です(もちろん、飲み物類はグラス・陶器です)。 ケーキ+果物という、ティータイムに食べたい内容です。 しかし、これで終わりではなく、写真下のような、カステラや総菜パン(写真は、ゴボウと玉子のサラダの入ったもの)、おかきやどら焼き等も用意していました。 この月は脇屋プロデュースの中華でした。 写真左下にはお品書きが見えますが、お品書きを入れるほどこだわっていたことが分かります。 その一方で、前掛けはなくなっています。 左上に透明な袋があるように、機内で食べると言うよりも、持ち帰りを前提としていました。 そのため、お土産用の絵はがきもこの写真に写っているのです。 ところで、クイーンアリスプロデュースの茶菓は、2001年、JAS創立30周年記念のときのサービスとして、5月にも一回だけありました。 おそらく、このときに評判が良かったために、2002年4月から、採用されたのでしょう。 しかし、どう見ても、ミールの左側は、国際線エコノミークラスの残り物…にしか見えません。 これでは、石鍋シェフの評判は落ちるだけではないかと思います(本当に石鍋氏がプロデュースしたのだろうか、と気になります)。 写真右の飲み物は、味噌汁です。 このお菓子は、JASの 3-2 と同じように、持ち帰り用です。 一方で、JASの時のような、パンなどはありません。 一時期、普通席で出ていた朝食よりもお粗末なような気がします。 昔(98年頃までの話)は、普通席にもお菓子のサービスがあったようですが、質的には同じものでしょうか。 おしぼりは、布のものが配られることはありません。 飲み物は、通常のドリンク類の他、ハーブティーも用意しています。 注文すると、その場でティーバッグからコップに入れ、暫く待ってからサービスされます(その間は、次の客のサービスをしている)。 一応、飲み物の種類は、当時の普通席よりはあると思われます。

次の