ランドクルーザー 70 復刻。 ランドクルーザー70(トヨタ)の中古車

トヨタ「ランクル70」復活? ファン待望のディーゼル仕様で2020年に登場か

ランドクルーザー 70 復刻

トヨタが、クロスカントリー車「ランドクルーザー70」の復刻発売を予定しています。 タフな性能を持つ新型ランドクルーザー70について、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。 トヨタ・ランドクルーザー70は、ブランドを代表するSUV「ランドクルーザー」シリーズの中で、悪路での耐久性や走破性を高めたヘビーデューティーモデルとしてラインナップ。 海外では現在も販売されその性能が高い評価を受けています。 日本では2014年に約10年ぶりの復刻販売が行われましたが、1年間の期間限定販売で現在は販売が終了されています。 再度復活するトヨタ新型ランドクルーザー70は、70系ランドクルーザーの高い人気を受け日本に導入されたピックアップトラック「ハイラックス」の販売が堅調で、70系の再販も希望する声も多いことから、ユーザーの要望に応えて導入されます。 ボディタイプに、バンとダブルキャブピックアップをラインナップ• パワートレインに、最新の2. 8Lディーゼルエンジンを搭載• ラダーフレーム、前後リジッド式サスペンションを採用• 「デュアルモードオートマチックロッキングハブ」を装備• 「電動デフロック」、「電動ウインチ」を設定• バンでは走行安定性を高めるためシルバーのオーバーフェンダーが装備され、車幅を拡大。 荷台はボディサイズの限界まで広げながら耐久性も高めることで、タフに使うことができるようになっています。 日本再導入では衝突安全性基準に対応するため、変更がおこなわれます。 50F 最低地上高:225mm• ホイールベースは70系ピックアップトラックで3180mmまで延長されていますが、最低地上高を225mmと高くとることで悪路の走破性能が高められています。 フロントシートはホールド性を高める形状とされ、悪路での安定感を向上。 直列4気筒2. 8Lディーゼルターボ「1GD-FTV」• 最大トルク:45. トランスミッション:副変速機付き5速MT• 駆動方式:パートタイム4WD トヨタ新型ランドクルーザー70のパワートレインには、最新の環境規制に対応する2. 8Lディーゼルターボエンジンが搭載されます。 エンジン:V型6気筒4Lガソリン• 最大トルク:36. 9kgmもの最大トルクを発揮。 トランスミッションには副変速機も採用することで、高い負荷がかかる状況でも力強い走行性能を発揮できるようになります。 車体には高い耐久性を持つラダーフレームが採用され、足回りには前後リジッド式を採用。 スプリングはフロントでコイルスプリング、リアには大きな荷重にも対応するリーフスプリングを装備しています。 さらに「電動ウインチ」や「電動デフロック」も設定され、走破性能を高めることができるようになっています。 トヨタ・ランドクルーザー70を試乗動画でチェック! トヨタ・ランドクルーザー70は試乗動画が公開されています。 力強い走りと高い耐久性を持つ設計が高評価を受けています。 トヨタ新型ランドクルーザー70の燃費は? トヨタ新型ランドクルーザー70の燃費は、最新のディーゼルエンジンを搭載することで改善されます。 前に日本に導入されたモデルはV型6気筒4Lガソリンエンジンが搭載され燃費は6. V型6気筒4Lガソリン:6. 前モデルはバンが360万円、ピックアップが350万円とされていましたが、新型ランドクルーザー70では400万円ほどが見込まれています。 バン:360万円• ピックアップ(ダブルキャブ):350万円 トヨタ新型ランドクルーザー70の発売日は? 再導入されるランドクルーザー70の発売日は、2020年が予定されています。 トヨタは前回の販売が官公庁中心となったことから、再導入の要望が多い一般ユーザーにも対応したい考えです。 一つの車名で継続生産されている日本製の自動車としては、1955年に登場した「クラウン」を超え、最も長い歴史を持つ自動車になっています。 初代はトヨタ「ジープBJ型」として開発され、1L級小型トラック「SB型」のラダーフレームを改良し、前輪駆動へ切り替え可能な四輪駆動車に設計。 エンジンにはトヨタ製6トン大型トラックに使用されていた直列6気筒OHV・3. 4L「B型」ガソリンエンジンが搭載されました。 1954年に、それまで使用していた「ジープ」という名称が米国ウィリス・オーバーランド社の商標権に抵触することから、ランドクルーザーと改名。 ランドクルーザーの車名の由来は、ジープ以外のクロスカントリー車で当時知名度をあげていた英国ローバー社の「ランドローバー」に対抗し、「ROVER(海賊船)」を駆逐する「巡洋艦(クルーザー)」として採用されました。 サスペンションをリーフスプリングとリジッドアクスルを組み合わせた耐久性を重視した仕様としていることから、業務用として国内で復活販売のニーズが高まり、2014年8月から2015年6月まで「70系30周年記念」として日本でも期間限定再販売。 バンが360万円、ダブルキャブピックアップが350万円と、ステーションワゴンの200系ランドクルーザーより100万円以上低価格だったことから、官公庁を中心に人気になりました。 70系ランドクルーザーでは派生車種として販売されていたライトデューティー版「ランドクルーザーワゴン」が1990年に「ランドクルーザープラド」とされ、現在も販売が継続されています。 1998年の100系へのフルモデルチェンジでは、フロントサスペンションを初めて独立懸架とすることでオンロードでの快適性をあげ、オフロードでの走行性能を高めるために油圧車高調整式サスペンションやトラクションコントロールシステムも採用されました。 2015年にはトヨタの上級ブランドであるレクサスが、80系の頃からランドクルーザーベースのプレミアムSUVとして海外で販売していた「レクサスLX」を日本にも導入。 レクサスLXのエンジンには、海外仕様のランドクルーザーに設定されていたV型8気筒5. 7Lガソリンエンジンが搭載され、国内向けランドクルーザーの4. 6Lエンジンから排気量がアップされています。 新型トヨタ・ランドクルーザー70については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

TOYOTA、ランドクルーザー“70”シリーズ 誕生30周年を記念し、期間限定発売

ランドクルーザー 70 復刻

トヨタが、クロスカントリー車「ランドクルーザー70」の復刻発売を予定しています。 タフな性能を持つ新型ランドクルーザー70について、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。 トヨタ・ランドクルーザー70は、ブランドを代表するSUV「ランドクルーザー」シリーズの中で、悪路での耐久性や走破性を高めたヘビーデューティーモデルとしてラインナップ。 海外では現在も販売されその性能が高い評価を受けています。 日本では2014年に約10年ぶりの復刻販売が行われましたが、1年間の期間限定販売で現在は販売が終了されています。 再度復活するトヨタ新型ランドクルーザー70は、70系ランドクルーザーの高い人気を受け日本に導入されたピックアップトラック「ハイラックス」の販売が堅調で、70系の再販も希望する声も多いことから、ユーザーの要望に応えて導入されます。 ボディタイプに、バンとダブルキャブピックアップをラインナップ• パワートレインに、最新の2. 8Lディーゼルエンジンを搭載• ラダーフレーム、前後リジッド式サスペンションを採用• 「デュアルモードオートマチックロッキングハブ」を装備• 「電動デフロック」、「電動ウインチ」を設定• バンでは走行安定性を高めるためシルバーのオーバーフェンダーが装備され、車幅を拡大。 荷台はボディサイズの限界まで広げながら耐久性も高めることで、タフに使うことができるようになっています。 日本再導入では衝突安全性基準に対応するため、変更がおこなわれます。 50F 最低地上高:225mm• ホイールベースは70系ピックアップトラックで3180mmまで延長されていますが、最低地上高を225mmと高くとることで悪路の走破性能が高められています。 フロントシートはホールド性を高める形状とされ、悪路での安定感を向上。 直列4気筒2. 8Lディーゼルターボ「1GD-FTV」• 最大トルク:45. トランスミッション:副変速機付き5速MT• 駆動方式:パートタイム4WD トヨタ新型ランドクルーザー70のパワートレインには、最新の環境規制に対応する2. 8Lディーゼルターボエンジンが搭載されます。 エンジン:V型6気筒4Lガソリン• 最大トルク:36. 9kgmもの最大トルクを発揮。 トランスミッションには副変速機も採用することで、高い負荷がかかる状況でも力強い走行性能を発揮できるようになります。 車体には高い耐久性を持つラダーフレームが採用され、足回りには前後リジッド式を採用。 スプリングはフロントでコイルスプリング、リアには大きな荷重にも対応するリーフスプリングを装備しています。 さらに「電動ウインチ」や「電動デフロック」も設定され、走破性能を高めることができるようになっています。 トヨタ・ランドクルーザー70を試乗動画でチェック! トヨタ・ランドクルーザー70は試乗動画が公開されています。 力強い走りと高い耐久性を持つ設計が高評価を受けています。 トヨタ新型ランドクルーザー70の燃費は? トヨタ新型ランドクルーザー70の燃費は、最新のディーゼルエンジンを搭載することで改善されます。 前に日本に導入されたモデルはV型6気筒4Lガソリンエンジンが搭載され燃費は6. V型6気筒4Lガソリン:6. 前モデルはバンが360万円、ピックアップが350万円とされていましたが、新型ランドクルーザー70では400万円ほどが見込まれています。 バン:360万円• ピックアップ(ダブルキャブ):350万円 トヨタ新型ランドクルーザー70の発売日は? 再導入されるランドクルーザー70の発売日は、2020年が予定されています。 トヨタは前回の販売が官公庁中心となったことから、再導入の要望が多い一般ユーザーにも対応したい考えです。 一つの車名で継続生産されている日本製の自動車としては、1955年に登場した「クラウン」を超え、最も長い歴史を持つ自動車になっています。 初代はトヨタ「ジープBJ型」として開発され、1L級小型トラック「SB型」のラダーフレームを改良し、前輪駆動へ切り替え可能な四輪駆動車に設計。 エンジンにはトヨタ製6トン大型トラックに使用されていた直列6気筒OHV・3. 4L「B型」ガソリンエンジンが搭載されました。 1954年に、それまで使用していた「ジープ」という名称が米国ウィリス・オーバーランド社の商標権に抵触することから、ランドクルーザーと改名。 ランドクルーザーの車名の由来は、ジープ以外のクロスカントリー車で当時知名度をあげていた英国ローバー社の「ランドローバー」に対抗し、「ROVER(海賊船)」を駆逐する「巡洋艦(クルーザー)」として採用されました。 サスペンションをリーフスプリングとリジッドアクスルを組み合わせた耐久性を重視した仕様としていることから、業務用として国内で復活販売のニーズが高まり、2014年8月から2015年6月まで「70系30周年記念」として日本でも期間限定再販売。 バンが360万円、ダブルキャブピックアップが350万円と、ステーションワゴンの200系ランドクルーザーより100万円以上低価格だったことから、官公庁を中心に人気になりました。 70系ランドクルーザーでは派生車種として販売されていたライトデューティー版「ランドクルーザーワゴン」が1990年に「ランドクルーザープラド」とされ、現在も販売が継続されています。 1998年の100系へのフルモデルチェンジでは、フロントサスペンションを初めて独立懸架とすることでオンロードでの快適性をあげ、オフロードでの走行性能を高めるために油圧車高調整式サスペンションやトラクションコントロールシステムも採用されました。 2015年にはトヨタの上級ブランドであるレクサスが、80系の頃からランドクルーザーベースのプレミアムSUVとして海外で販売していた「レクサスLX」を日本にも導入。 レクサスLXのエンジンには、海外仕様のランドクルーザーに設定されていたV型8気筒5. 7Lガソリンエンジンが搭載され、国内向けランドクルーザーの4. 6Lエンジンから排気量がアップされています。 新型トヨタ・ランドクルーザー70については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

TOYOTA、ランドクルーザー“70”シリーズ 誕生30周年を記念し、期間限定発売

ランドクルーザー 70 復刻

詳細条件• ディーラー車• 左ハンドル ミッション/駆動系/乗車人数• 8名 エンジン種別• ハイブリッド• オプション• ローダウン• 全周囲カメラ• 衝突被害軽減システム• オートクルーズコントロール• アダプティブクルーズコントロール• シートヒーター• 3列シート• 電動リアゲート• パークアシスト• アイドリングストップ• ボディタイプ• 価格帯• 5万円以下• 10万円以下• 15万円以下• 20万円以下• 25万円以下• 30万円以下• 35万円以下• 40万円以下• 45万円以下• 50万円以下• 基本装備• キーレス• スマートキー• パワーステアリング• パワーウィンドウ• ETC• ETC2. エアコン• Wエアコン• 盗難防止装置• ダウンヒルアシストコントロール• ドライブレコーダー• センターデフロック• 電動格納ミラー• アイドリングストップ• 電動リアゲート• クリーンディーゼル 内装• 革シート• ウォークスルー• パワーシート• オットマン• ベンチシート• シートヒーター• フルフラットシート• シートエアコン• 3列シート• ハーフレザーシート• チップアップシート• 電動格納サードシート 外装• LEDヘッドランプ• HID(キセノンライト)• フルエアロ• アルミホイール• リフトアップ• ローダウン• サンルーフ• ランフラットタイヤ• ルーフレール• エアサスペンション• ヘッドライトウォッシャー 安全装置• 運転席エアバッグ• 助手席エアバッグ• サイドエアバッグ• ABS• 横滑り防止装置• 衝突安全ボディ• 衝突被害軽減システム• クリアランスソナー• オートマチックハイビーム• オートライト• 頸部衝撃緩和ヘッドレスト カメラ• フロントカメラ• バックカメラ• サイドカメラ• 全周囲カメラ カーナビ• HDDナビ• DVDナビ• CDナビ• メモリーナビ• ポータブルナビ• SDナビ TV• TV フルセグ• TV ワンセグ• 後席モニター オーディオ• ミュージックプレイヤー接続可• ミュージックサーバー• カセット 動画プレイヤー• ブルーレイ再生• DVD再生 AV機器• Bluetooth接続• USB入力端子• 100V電源 自動運転• オートクルーズコントロール• アダプティブクルーズコントロール• レーンアシスト• 自動駐車システム• パークアシスト 過給器• ターボチャージャー• スーパーチャージャー 国内•

次の