スタップ 細胞 2019。 STAP細胞はありません!Muse細胞はあります!

小保方晴子はいつ結婚した?2019年今現在の画像がかわいい!婦人公論や今何してるかも調査!

スタップ 細胞 2019

理研・笹井氏暗殺によるSTAP細胞つぶしの成功により、早くも新たな保険利権が誕生する模様です。 html ということで、日本政府、理研やマスコミがSTAP細胞つぶしに走ったのはこれが原因だったようです。 笹井さんは暗殺かもね。 キーマンが不審死した場合は陰謀を疑う案件です。 ただ、STAP現象はドイツのロスチャイルド利権に取り込まれたので、こういう記事を僕が書いても大丈夫でしょうね。 これが真実であれば、日本人全員がまんまと騙されたことになりますが、まあ、これも偽情報かもね。 情報機関を相手にしても、個人の力では勝ち目はないしね。 ただ、日本でもこのカラクリを見抜けた人がいたことはなかなかだと思います。 小説やエッセイのネタとしては面白いですね。 実は僕が今、書いてるエッセイ「洗脳社会<マトリックス>の謎を解く~科学も医学も迷信だった~ 作者 坂崎文明」とがん細胞の謎は密接に関連していきます。 最終的には「Bスポット療法」もそうですが、生活習慣病を食事と運動療法で解決するという無難な結論に落ち着きますが、結構、面白いエッセイになりそうです。 トンでも理論すぎますがね(爆) ----------------------------------------------------------------- (以下、日経新聞より転載) 日本再生医療学会は15日、iPS細胞などを使う新しい医療の臨床研究で患者に被害が出た場合、研究の実施機関が補償する際の指針を発表した。 11月に施行される再生医療安全性確保法は患者への補償を義務づけた。 研究の実施機関が事前に加入する保険の整備も進めており、指針の細則を詰めて同時に運用を始める。 指針では、法律に基づいた賠償責任がない場合でも、治療との因果関係が認められれば補償するとした。 補償の対象は治療を受けた患者のほか、治療に使う細胞の提供者も含む。 併せて、実施機関が保険料を保険会社に納め、事故が起きた場合に患者に補償金を支払う仕組みも、三井住友海上火災保険が中心になってまとめている。 学会員などの専門家が算定法を助言し、保険の料率などを決めやすくする。 (転載ここまで) ご存じの方も多いと思いますが、三井住友とはいわばロスチャイルドの日本支部。 笹井氏暗殺によるSTAP細胞つぶしの成功により、金融ユダヤが早くもこんな儲け話を作ろうと画策しはじめたわけです。 (中略) 念のために言っておきますが、STAP細胞はガン化することはありません。 ガン化する危険性がないからこそ、STAP細胞は世界からあれほど大きな注目を集めたのです。 ですから、もしSTAP細胞の再現実験が成功したなら、保険会社にこんな儲け話が降って湧いてくることはなかったはずなのです。 これでますます笹井氏の暗殺説は確固たるものとなりました。 金融ユダヤ自身がそれを証明してしまったのです。 理研・笹井氏暗殺によるSTAP細胞つぶしの成功により、早くも新たな保険利権が誕生する模様です。 がん細胞はES細胞、iPS細胞、STAP細胞のような多分化能を持つのですが、ガン幹細胞の存在が分かってきていて、これがが同じものではないかという疑いが出てきています。 このメカニズムが分かれば、ガンの遺伝子治療への道が開かれるわけで、再生医療とガン治療は繋がっていくことになります。 tumblr. その辺りの話を次回、書いていきます。 ----------------------------------------------------------------- がんが幹細胞の性質をもったごく少数の細胞を起源としているという仮説は、1860年代にはすでに存在した[9]が、幹細胞の存在自体が永らく証明されなかった。 1960年代、ティルとマックロークがマウス骨髄に自己複製能をもった幹細胞がいることを証明し[10]、さらにマウス骨髄移植の実験により、すべての血液細胞が骨髄にあるごく少数の血液幹細胞に由来することを証明したことをきっかけとして、脳や腸、皮膚、乳房などさまざまな臓器で臓器特異的な幹細胞が発見された。 正常幹細胞の研究が進むにつれ、正常幹細胞とがん細胞とに多くの類似点があることが判明した。 例えば、 自己複製能 多分化能 テロメラーゼ活性 抗アポトーシス経路の活性化 細胞膜の担体輸送の活性化 等である。 臓器特異的な幹細胞ががんの起源かもしれないという説や、幹細胞の成熟障害によりがんが発生するという説[11]が唱えられた。 同時にES細胞や正常幹細胞等の発生・発達に関わるシグナル Notch, Wnt, Shh etc ががんの発生増大に関与している事も、がん幹細胞説を支持している。 wikipedia. 何がそれを左右するのかを探るのが今後の課題だ> わかりやすく解説すると、以下のようになる。 <小保方氏が発見したSTAP現象を、がん細胞の一種であるJurkatT細胞を用いて再現実験を試みた。 同細胞に対しては、小保方氏がネイチャーで発表した細胞に酸性ストレスをかける方法ではうまくいかなかったため、独自に修正した酸性ストレスをかける方法を試してみたところ、細胞が多能性(体のどんな細胞になれる能力)を示す反応を確認した。 html -----------------------------------------------------------------.

次の

小保方晴子の現在(2019)のグラビア写真は別人みたい!?家族離散や旦那との関係も調査

スタップ 細胞 2019

「」とは異なります。 刺激惹起性多能性獲得細胞 (しげきじゃっきせいたのうせいかくとくさいぼう)は、の分化した細胞に弱酸性溶液に浸すなどの外的刺激を与えて再びする能力 を獲得させたとして発表された細胞である。 この細胞をもたらす現象を 刺激惹起性多能性獲得(: Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency)と言う。 刺激惹起性多能性獲得細胞は、この現象の英語名から、論文内での略称や一般の呼称としては STAP細胞(スタップさいぼう、: STAP cells)と呼ばれる。 同様に、現象については STAP現象(スタップげんしょう、: STAP)、STAP細胞に増殖能を持たせたものは STAP幹細胞(スタップかんさいぼう、: STAP stem cells)とされる。 また、胎盤形成へ寄与できるものは FI幹細胞と呼ばれる。 1月に()と()らが、()や()と共同で発見したとして、論文2本を学術雑誌(付)に発表した。 発表直後には、生物学の常識をくつがえす大発見とされ 、小保方が若い女性研究者であることもあって、世間から大いに注目された。 しかし、論文発表直後から様々な疑義や不正が指摘され、に著者らはネイチャーの2本の論文を撤回した。 その後も検証実験を続けていた理化学研究所は、同年に「STAP現象の確認に至らなかった」と報告し、実験打ち切りを発表。 同25日に「研究論文に関する調査委員会」によって提出された調査報告書は、STAP細胞・STAP幹細胞・FI幹細胞とされるサンプルはすべての混入によって説明できるとし、STAP論文は 全て否定されたと結論づけられた。 研究の特徴 [ ] 研究の着想 [ ] 研究の着想は「のほか、の中でもは傷つくなど外からの刺激をきっかけに、万能細胞化して再生する。 ヒトを含めたでも同様のことが考えられないか」という素朴な疑問にあるとされた。 小保方が大学院時代に留学したのブリガムアンドウィメンズ病院麻酔科教授のらは、成体内に小型の細胞が極少数存在し、これが休眠状態の多機能細胞ではないかとの仮説を唱えていた()。 小保方はこの研究室で組織細胞をに通して小型細胞を選別する実験を行った。 この実験で小型の幹細胞は取り出せるが、元の組織には幹細胞が観察されないこと、繰り返し細管に通すと少しずつ小型の幹細胞が出現することなどを知った。 小保方は「小さい細胞を取り出す操作をするとが現れるのに、操作しないと見られない。 幹細胞を『取り出している』のではなく、操作によって、『できている』という考えに至った」と話している。 主張された意義 [ ] 従来、遺伝子の導入などによらず、外的刺激を与えることのみで、動物細胞の分化した状態を無効にして初期化(リプログラミング)し、にすることはできないとされていたため、STAP細胞の発見はの常識を覆す大発見とされ 、原理の解明やへの応用が期待された。 ここで外的刺激とは細胞を弱酸性溶液(pH5. 7)に短時間浸すというような簡単な処理であるとされた。 論文で主張されているSTAP細胞・STAP幹細胞の特徴をiPS細胞の特徴と比較したもの。 また、発表当初はと比較したSTAP幹細胞の優位性についても強調された。 しかし、iPS細胞の発見者であるにより反論され 、理化学研究所も「誤解を招く表現があった」として、には当初の主張を撤回している。 STAP細胞はiPS細胞とは異なり、体内での臓器再生等、別の可能性があることが期待されていた。 また、小保方は細胞初期化を制御する原理が解明できれば、細胞の状態を自在に操作可能な技術につながると語り 、山中も初期化のメカニズムに迫るにあたって有用だとしていた。 また、共著者の一人であるのは、外的刺激による初期化は生物が生存のために環境に適応する進化的意味合いを持つとし、未知の生命現象が解決する可能性 や生物学におけるインパクト、波及効果を指摘していた。 懸念された問題点 [ ] STAP細胞はにもにもなれることから、多能性細胞を越える「」であるかもしれないと言われていた。 もし人間でも作成できることができ、それが全能性を持っていた場合、に移植することにより人間そのものができてしまう可能性があり、それに伴うが指摘された。 はマウスの胎盤にSTAP細胞と主張する細胞の細胞塊を注入する実験を行い、胎児に育つことを期待したと言われている。 現在はマウスでの研究段階であるが、もし人でも全能性を持つSTAP細胞が作れるとすれば完全なクローン人間を作れることになり、中絶反対派などとの論争が懸念された。 また、生存中の人間と同じ遺伝子情報を持つ別の人間が存在してしまうことになるが、これは体細胞由来のiPS細胞やクローンES細胞でも同様に起こり得る問題である。 このような問題はイギリスの科学雑誌「NewScientist」 を中心に取り上げられた。 研究の詳細 [ ] 撤回された論文の要旨 [ ] 刺激によるSTAP細胞の生成 [ ] 小保方らは、まず未分化細胞で特異的に発現する 遺伝子の挙動を観察した。 Oct4の下流に遺伝子配列を繋いだコンストラクトをマウスにし、 Oct4の挙動(正しくはOct4プロモーターが活性化されたかどうか)がGFPの蛍光によって可視化出来るシステムを構築した(いわゆるレポーターアッセイである)。 この Oct4::GFPマウスのを使用し、細胞外環境を変えることによる細胞のの状況を解析した。 に通すという物理刺激を与えたり 、(細胞毒素)でに穴をあけたり、飢餓状態にしたり、熱刺激を与えたりなどさまざまな方法を試した結果、酸性溶液による細胞刺激が最も有効であることを発見した。 小保方らの試行では、生後1週のマウスのリンパ球を 5. STAP細胞における多能性の検証 [ ] 次に、小保方らは、生きた細胞を長時間培養しながら顕微鏡で観察する ()で7日間にわたって解析を行った。 その結果、得られる未分化の細胞は、分化したリンパ球が初期化されたものであり、試料に含まれていた未分化の細胞が酸処理を経て選択されたものではないことを示唆した。 ()を実施して Oct4陽性細胞を検証した結果、 Oct4陽性細胞の遺伝子に、リンパ球T細胞が分化した時に生じる特徴的な遺伝子再構成であるが検出された。 このことから、 Oct4陽性細胞は、に一度分化したリンパ球由来の細胞を酸性溶液処理で初期化して得られたものであり、のような既存の多能性幹細胞が酸性溶液処理によって選択されたものではないことを検証した。 また、この Oct4陽性細胞は、 Oct4以外にも多能性細胞に特有の Sox2、 SSEA1、 Nanogといったを発現していた。 さらに Oct4陽性細胞は3組織への分化能を持っていた。 その後、小保方らは、・・・・・・・などのの細胞についても同様に処理し、いずれの組織の細胞からもSTAP細胞が産生されることを確認した。 STAP幹細胞・FI幹細胞の培養 [ ] また、LIFと(ACTH)を含む培地を用いることにより 、多能性とを併せ持つを得る方法が確立された。 これがSTAP幹細胞と呼ばれるものである。 STAP幹細胞は胎盤組織への分化能を持たないが 、STAP細胞の培養条件を変え、栄養膜幹細胞の作製法と同様にを含む培地で長期間の接着培養することにより得られた幹細胞(FI幹細胞またはFGF4誘導幹細胞 )からは胎盤を誘導することができた。 論理の破綻と矛盾 [ ] STAP幹細胞にはTCR遺伝子再構成が認められなかった問題 [ ] 2014年1月30日発表のアーティクル論文 では分取できたリンパ球系のSTAP細胞にTCR遺伝子再構成が認められ 、培養条件を変えることによりそのSTAP細胞からSTAP幹細胞を樹立できたと報告し 、『体細胞の分化状態の記憶を消去し初期化する原理を発見』したとしていた。 しかし、プロトコル・エクスチェンジの中で、8クローンのSTAP幹細胞を調査したところ、いずれにおいてもTCR遺伝子再構成が認められなかった ことが公表されたことにより 、STAP幹細胞が分化した体細胞に由来したと主張する証拠が無いことが判明した。 はこのことについて、「STAP細胞が出来た重要な証拠の1つである特定の遺伝子の変化について、論文発表前、研究チーム内では『変化がある』と報告され、信じていたが、先週、理化学研究所が発表した文書の中では、変化はなかったと変わっていた」とし「STAP細胞の存在に確信がなくなった」と述べた。 、若山はこの矛盾を始めとして、STAP細胞が3胚葉組織への分化能を持つことを示す画像が博士論文と酷似していた事実を受けて、論文の撤回を呼び掛けた。 2014年6月10日、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの自己点検検証委員会(CDB 自己点検検証委員会)は、、、が、1月30日のアーティクル論文 発表の1年前の1月時点で、STAP幹細胞にTCR遺伝子再構成がなくなっていたという結果を共有していたが、STAP幹細胞にTCR遺伝子再構成がないことを記載せずに発表していたことを報告した。 公開遺伝子データ解析により明らかにされた矛盾 [ ] 理化学研究所統合生命医科学研究センター上級研究員の遠藤高帆は、小保方らのレター論文の発表に付随してWEB上で公開されていたの配列データの一塩基多型(SNP)を解析することにより以下の結論を得 、、日本分子生物学会の英文誌 Genes to Cells 上で発表した。 FI幹細胞 FI幹細胞(FGF4誘導幹細胞)のものとされるデータが、ES細胞が9割、胎盤になる能力のある幹細胞であるTS細胞が1割が混ざった特徴を持っていた。 STAP細胞 STAP細胞のの発現量をSMARTerを使用して解析したデータにおいて、これを分析した結果、ほぼすべての細胞に8番染色体が通常の2本より1本多くなる「」と呼ばれる異常のあることが示された。 この異常を起こしたマウスは、通常は胎児の段階で死亡することから、生後1週間ほどのマウスからリンパ球を採取してSTAP細胞を作ったとする小保方らの主張と合致しない。 なお、8番染色体のトリソミーは、すでに研究で広く使われているマウスのES細胞を長期間培養するとしばしば起きる異常としても知られている。 多能性を示す指標遺伝子 STAP細胞のの発現量をTruSeqを使用して解析したデータにおいて、多能性を示す指標遺伝子がまったく転写されていなかった。 従前よりSTAP細胞作成の根拠の一つとされる蛍光が、指標遺伝子の発現によるものではなく、死にかけた細胞がよく発する自家蛍光ではないかと指摘されていたが、それを補強する結果であった。 また、SMARTerで解析した結果と一致せず、STAP細胞とされるものが2種類存在したことになる。 ドナーマウスとSTAP幹細胞の間の重大な矛盾 [ ] 論文撤回理由として以下の説明のつかない重大な矛盾があることが報告された。 ドナーマウスとSTAP幹細胞では違う染色体にGFP遺伝子が挿入されていた。 また、そのGFP遺伝子はドナーマウスはホモ接合であるのに、STAP幹細胞はヘテロ接合であった。 研究不正の認定と研究の実態 [ ] 理化学研究所調査委員会最終報告 [ ] 2014年4月1日、理化学研究所は研究論文の疑義に関する調査最終報告を公表し、2項目についてと認定した。 アーティクル論文 の Figure 1i (TCR再構成を示すDNAゲル電気泳動の画像)に認められた切り貼り()。 アーティクル論文 の Figure 2d, 2e (STAP細胞が3胚葉組織への分化能をもつことを示すものとして掲載された組織の蛍光顕微鏡画像)と小保方の博士論文に使用された画像との間に認められた一致()。 論文の撤回とその理由 [ ] 画像や解析結果の誤りなどにより、7月2日にネイチャーに投稿された論文は撤回に追い込まれ 、「STAP現象全体の整合性を疑念なく語ることは現在困難」 などの著者らのコメントも発表された。 撤回理由は調査委員会が調査した疑義や不正認定した2枚の画像に加え、1 レター論文のキメラ胚の写真において、ES細胞由来とSTAP細胞由来の写真がともにSTAP細胞由来のものであったこと、2 アーティクル論文の2倍体キメラ胚の写真に、4倍体キメラ胚の別の写真が使用されていたこと、3 デジタル画像処理によるものを「長時間露光」と誤って記載していたこと、4 レター論文のSTAP細胞とES細胞の図において、ラベルが逆になってしまっていたこと、5 『ドナーマウスと報告された STAP幹細胞では遺伝背景と遺伝子挿入部位に説明のつかない齟齬がある。 』、の5点があげられている。 理化学研究所 研究論文に関する調査報告書 [ ] 2014年12月25日、理化学研究所は研究論文に関する調査報告書を公表し、以下のように結論した。 STAP幹細胞およびFI幹細胞は、ES細胞由来である。 STAP細胞やSTAP幹細胞由来のキメラは ES細胞由来である可能性が高い。 STAP細胞から作製されたテラトーマは、ES細胞に由来する可能性が高い。 アーティクル論文Fig. 5c(細胞増殖曲線) およびFig. 2c(DNAメチル化解析) のデータの捏造を認定。 実験手技と追試結果 [ ] 公表されていた実験手技解説 [ ] 理化学研究所によるプロトコル [ ] 実験手技要旨 に加え、はに、より詳細な実験手技解説 を公開した。 なお、アーティクル論文とレター論文の取り下げに伴い、この実験手技解説も付けで取り下げられている。 このプロトコル・エクスチェンジには、「単純に見えるが、細胞の処理と培養条件、さらに細胞個体群の選択に、とりわけ慎重さを要する」という「注意書」があり、准教授のは、これは「STAP細胞は作るのがきわめて難しい」と同義だと指摘した。 また、紙も、プロトコル・エクスチェンジが、元の論文と矛盾するとした。 チャールズ・バカンティらによるプロトコル [ ] 更に同年には、細いガラス管に通した後で弱酸性液に浸す改善版実験手技 を、らが公表した。 これについて、ノフラーは「作製効率や検証方法が書かれておらず、筆者が誰かの明示がない。 実際に作製できるかは疑問」と指摘した。 同年には、米国の幹細胞学者で教授であるが、STAP細胞の作製法を今すぐ公開すべきだとし、既報の作製法が既に4種類も存在するのは異常だと指摘した。 なお、この実験手技についてとは、同年に連名でさらなる修正版 を発表した。 簡単に作成できるという発言を撤回し、を加えることに言及している。 酸刺激による実験手技の追試 [ ] 論文が公開されるまでに、論文共著者のは再現実験を山梨大学で数十回実施したが一度も成功しなかった。 発生・再生科学総合研究センター内で、小保方以外の人物が独立に成功したことはなかったという。 また、はウェブサイトにて世界の研究者たちに呼びかけてSTAP細胞作製の追試のデータを集め、2014年からに間に様々な細胞で試行された10件の報告が寄せられた。 その中には追試に成功したという報告は無い。 マウスで追試を試み、多くの自家蛍光が見られたと報告したの関由行は 、「いくら詳細な手順が示されているといっても、論文のデータの信頼性が失われた中では再現に取り組みようがない」と述べた。 ではリンパ球ではなく線維芽細胞を対象として約30回、細胞を酸に浸す実験に取り組んだ。 細胞塊が出現し、万能細胞特有の遺伝子が微弱に反応して発光も見られたものの、発光には緑色だけでなく赤色の光も含まれていた。 発光は死細胞の自家蛍光で、遺伝子の反応は極めて微弱で不十分なものであり、STAP細胞の再現には至っていない。 また、9月に発表されたバカンティ・プロトコルで言及されたATPを酸に追加することも試したが、失敗している。 酸と機械的刺激を組み合わせた実験手技の追試 [ ] 、教授の李嘉豪は、発表の実験手技に基づく追試において、対照実験としてのみを与えた細胞で予期しなかった多能性マーカー( Oct4、 Nanog)の発現を確認したが、多くの細胞が死んだことや、多能性マーカーの発現量が多能性細胞に比べて10分の1以下だったことから、細胞死に伴う無秩序な遺伝子発現による副産物であろうと論じ、STAP細胞の一部の過程の再現との解釈に否定的な見解を示した。 李は「のみの操作は難しくないので他の研究室でも試せないだろうか」「個人的にはSTAP細胞は実在しないと考える。 労力財力の無駄なので、これ以上の追試はしない」と述べ 、同グループは追試の結果を論文にまとめてオンライン誌で発表した。 理化学研究所における検証実験 [ ] 理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター 2014年4月以降、理化学研究所はSTAP現象の検証チームを立ち上げた。 チームは相沢慎一・丹羽仁史を中心として小保方は除外した形で構成され、翌年3月を期限として論文に報じられていたプロトコルでのSTAP現象の再現を試みた。 また、7月からはこれとは別に小保方にも11月末を期限とした単独での検証実験を実施させた。 同年の中間発表の段階では、論文に記載されているプロトコルでのSTAP細胞の出現を確認することはできなかった。 同年12月19日、理化学研究所は、検証チーム・小保方のいずれもSTAP現象を再現できなかったとし、以下の検証結果を発表し、実験打ち切りを発表した。 また、として弱酸性処理なしの試料でも実験した。 しかし、小保方実験、検証チーム実験とも成果は乏しく、理化学研究所として「細胞塊が有する緑色蛍光をと区別することも困難で、その由来を判定することは出来なかった。 」と帰結する結果だった。 キメラ形成能の検証 形成能の確認(マウス実験)については、小保方実験、検証チーム実験共に、検証チームの同じ研究員が実験を担当した。 小保方実験では、48回の独立の実験で得られた1,615の移植細胞塊のうち、845の後を得たが、を有意に示す(GFP陽性細胞を含む)キメラを形成した胚は0だった。 検証チーム実験では、8回の独立の実験で得られた244の移植細胞塊のうち、117の着床後胚を得たが、リプログラミングを有意に示すキメラを形成した胚は0だった。 FI幹細胞を再現できるかについては、検証チームのみが8回試みたが、得られた細胞株は0だった。 学術界の反応 [ ]• が設置した外部有識者による「研究不正再発防止のための改革委員会」は、2014年6月12日、理研CDBの構造的問題を指摘し、早急に解体すべきとしつつ、再現実験と研究不正の追及の双方を提言した。 は、2014年7月4日、声明の中で、再現実験を優先して「論文不正に対して適切な対応をしないこと」は「国民に対する背信行為」であると非難し、「今回の研究不正問題が科学者コミュニティーを超えて広く国民の関心を惹くことに至ったのは、論文発表当初に不適切な記者発表や過剰な報道誘致が為されたことに原因があり、それらは生命科学研究の商業化や産業化とも関係していると考えられ」ると言明した。 は、2014年7月25日、声明の中で「研究全体が虚構であったのではないかという疑念を禁じ得ない段階に達してい」ると述べ、を加えた再現実験が開始と、懲戒の先送りに対し「この再現実験の帰趨にかかわらず、理研は保存されている関係試料を速やかに調査し、取り下げられた2つの論文にどれだけの不正が含まれていたかを明らかにするべき」、「そこで認定された研究不正に応じて、関係者に対する処分を下すことは、この事案における関係者の責任を曖昧にしないという意味で重要」とし、「関係試料の速やかな調査による不正の解明と、関係者の責任を明確にすることを要望」した。 は、2014年12月22日、「この騒動から学んだことは、生データの保存の大切さだ」と述べ、「個人に任せるのではなく、組織として未然に防ぐ体制を敷いていくしかない。 理想論では無理だ」と話した。 アメリカの科学雑誌 ()の「2014年の論文撤回トップ10」においてSTAP論文が挙げられており、2014年の論文撤回を語る上で外せないものとしている。 一方、や、が告発した東京大学医学部の事案に比べればSTAP論文の撤回騒ぎは重大ではないだろうとする専門家の意見もある。 公表文献・公開情報 [ ] 撤回論文 [ ]• ; ; ; Kojima, K. ; Vacanti, M. ; Niwa, H. ; ; 2014-07-02. 505: 641-647. Obokata, H. ; Sasai, Y. ; Niwa, H. ; Kadota, M. ; Andrabi, M. ; Takata, N. ; Tokoro, M. ; Terashita, Y. ; Yonemura, S. ; Vacanti, C. ; Wakayama, T. 2014-07-02. 505: 676-680. Obokata, H. ; Sasai, Y. ; Niwa, H. 2014-03-05. Protocol Exchange. 特許出願文献 [ ]• Vacanti, C. et al. 2013年10月31日. 2014年2月5日閲覧。 (英語)(国際特許公開、優先日:2012年4月24日、出願日:2013年4月24日、公開日:2013年10月31日)• PDF , (英語) - 米国仮特許出願(出願日:2012年4月24日)• PDF , (英語) - 米国仮特許出願(出願日:2013年3月13日)• PDF , (英語) - 国際特許出願(出願日:2014年4月24日、優先日:2012年4月24日) 検証論文 [ ]• Mei Kuen Tang, Lok Man Lo, Wen Ting Shi, Yao Yao, Henry Siu Sum Lee, Kenneth Ka Ho Lee 2014-05-08. F1000Research. (李嘉豪らの追試結果)• Takaho A. Endo 2014-09-21. Genes to Cells. (遠藤高帆の遺伝子解析結果)• 2015年9月、による再検証論文のまとめがあった。 7グループの133回の実験でも再現できなかったという。 公開情報 [ ]• 2014年10月23日閲覧。 (機械的刺激を伴うハーバードのプロトコル)• Charles A. Vacant, Koji Kojima 2014-09-03 PDF , , 2014年10月23日閲覧。 (訂正されたハーバードのプロトコル)• 2014年10月14日閲覧。 (著者らが公開していた遺伝子解析データの一覧) 報告書 [ ]• 研究論文の疑義に関する調査委員会 2014年3月31日. 理化学研究所. 2014年4月1日閲覧。 CDB 自己点検検証委員会 2014-06-10 PDF. Report. 理化学研究所. 2014年6月12日閲覧。. PDF プレスリリース , 理化学研究所, 2014年12月19日 , 2014年12月19日閲覧。 研究論文に関する調査委員会 2014-12-25 PDF. Report. 理化学研究所. 2015年1月2日閲覧。. 研究論文に関する調査委員会 2014-12-26 PDF. Report. 理化学研究所. 2015年1月2日閲覧。. 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 分化は一般には不可逆な過程とされ、一度分化すると細胞は元の未分化な状態に戻れないとされている(iPS細胞関連を除外)。 「分化多能性」は「様々な細胞に分化できること」。 「分化全能性」はそれよりも狭義であり、「胎盤も含むすべての細胞に分化できること」。 STAP細胞は分化全能性を持つ可能性が示唆されていた。 2014年7月2日付けで論文は撤回された• 当初は植物のになぞらえて、 Animal Callus Cells と呼ばれた。 最初の仮特許出願でもこの名前が使用され、略称は ACCsであった。 具体的にはが突然変異と外的刺激の組み合わせによりできているのかもしれない等。 項目「」も参照のこと• TCR再構成を示すPCR解析の画像に切り貼りがあった。 著者の一部はこのときすでにSTAP幹細胞ではTCR再構成は無いことを知っていたと報告されている()。 証拠となる画像が小保方の博士論文に使用された画像と一致していた。 FI幹細胞 またはFGF4誘導幹細胞 は、撤回されたプロトコル・エクスチェンジ ではFI stem cells、レター論文 ではFgf4-induced stem cellsと記述されている。 TCRはのこと。 分化したリンパ球(体細胞)はTCR遺伝子の再構成がおきていることがあり、それが体細胞へ分化していることの指標となる。 原文では以下の叙述がある。 1i, lanes 4, 5, and Extended Data Fig. 2e-g... プロトコル・エクスチェンジの叙述は以下の通り。 Of eight clones examined, none contained the rearranged TCR allele, suggesting the possibility of nagative cell-type-dependent bias including maturation of the cell of origin for STAP cells to give rise to STAP stem cells in conversion process. This may be relevant to the fact that STAP cell conversion was less efficient when non-neonatal cells were used as somatic cells of origin in the current protocol. CDB 自己点検検証委員会が「(5)T細胞受容体(TCR)遺伝子再構成実験に関する経緯」にまとめている , pp. 5-6• なお、STAP幹細胞に一度は遺伝子再構成が確認されていたこと 、TCR遺伝子再構成だけで未分化の細胞ではないことの証明にはならないと考えていたこと から、STAP幹細胞にTCR遺伝子再構成が認められたデータは論証に必須ではないとは主張していた。 が調査最終報告の記者会見の全録をで公開している。 、、、2014年4月1日閲覧。 出典 [ ]• 神戸新聞NEXT. 2014年1月29日. の2014年2月1日時点におけるアーカイブ。 2014年2月2日閲覧。 Weblio事典 - 新語時事用語辞典 2014年1月30日. 2014年2月13日閲覧。 デジタル. 2014年1月29日. の2014年1月30日時点におけるアーカイブ。 2014年1月30日閲覧。 , p. , p. 641-647. 676-680. 2014年1月29日. 2014年1月30日閲覧。 朝日新聞. 2014年7月2日. の2014年7月2日時点におけるアーカイブ。 2014年7月2日閲覧。 日本経済新聞. 2014年7月2日. 2014年7月2日閲覧。 2014年12月19日. の2014年12月19日時点におけるアーカイブ。 2014年12月19日閲覧。 神戸新聞NEXT. 2014年1月29日. の2014年2月6日時点におけるアーカイブ。 2014年1月30日閲覧。 2014年1月30日. の2014年1月30日時点におけるアーカイブ。 2014年1月30日閲覧。 2014年2月12日. 2014年2月15日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年2月15日閲覧。 産経ニュース. 2014年2月10日. 2014年6月10日閲覧。 日本経済新聞. 2014年6月24日. 2014年7月27日閲覧。 MSN産経west. 2014年2月10日. 2014年2月13日閲覧。 47NEWS. 2014年3月18日. の2014年7月13日時点におけるアーカイブ。 2014年3月18日閲覧。 琉球新報. 2014年3月18日. の2014年7月28日時点におけるアーカイブ。 2014年3月18日閲覧。 2014年6月24日. 鍛治信太郎、野中良祐 2014年2月10日. 朝日新聞. の2014年2月12日時点におけるアーカイブ。 2014年6月13日閲覧。 2014年1月31日. の2014年2月6日時点におけるアーカイブ。 2014年2月6日閲覧。 90-91. , p. 89-92. , p. 91-92. , p. 89-90. New Scientist. 2014-01-29. 2015年1月2日閲覧。. , p. 646. 2014年1月30日. の2014年1月30日時点におけるアーカイブ。 2014年1月30日閲覧。 642. 2014年1月30日閲覧。 , pp. 642-643. 643. 644. , p. 677. , p. , pp. 677-678. , p. 623. , pp. 644-645. 2014年3月5日. 2014年3月5日閲覧。 2013年3月17日. 2013年3月17日閲覧。 Alexander Martin 2014年3月12日. 2014年3月13日閲覧。 (英語)• Alexander Martin 2014年3月13日. 2014年3月13日閲覧。 2014年3月10日. の2014年3月10日時点におけるアーカイブ。 2014年3月10日閲覧。 Alexander Martin 2014年3月11日. 2014年3月24日閲覧。 2014年3月10日. の2014年3月10日時点におけるアーカイブ。 2015年1月2日閲覧。 , p. 5-6. , p. 320. , p. 320-321. , p. 317-321. NHKスペシャル. 2014年7月27日放送. 産経新聞. 2014年9月24日. 2014年10月14日閲覧。 弁護士ドットコム. 2014年10月1日. 2014年10月14日閲覧。 ワイリー・サイエンスカフェ 2014年9月26日. 2014年10月14日閲覧。 Obokata, et al. 2014-07-02. Nature 511 112. 2014年7月3日閲覧。. 2014年4月1日. 2014年4月7日閲覧。 2014年4月1日. 2014年4月7日閲覧。 朝日新聞. 2014年4月1日. の2014年4月1日時点におけるアーカイブ。 2014年4月1日閲覧。 NATURE EDITORIAL Sharing. 2014年7月2日. 2014年7月3日閲覧。 Obokata, et ak, 2014-07-02. Nature 511 112. 2014年7月3日閲覧。. Obokata, et al. 2014-07-02. Nature 511 112. 2014年7月3日閲覧。. Obokata, et ak, 2014-07-02. Nature 511 112. 2014年7月3日閲覧。. 2014年7月2日 , PDF プレスリリース , 2014年7月2日閲覧。 2014年7月4日 , PDF プレスリリース , 2014年7月4日閲覧。 2014年7月2日 , PDF プレスリリース , 2014年7月2日閲覧。 2014年7月2日 , PDF プレスリリース , 2014年7月2日閲覧。 時事通信社. 2014年7月2日. の2014年7月5日時点におけるアーカイブ。 2014年7月2日閲覧。 池田宏之 2014年7月3日. com. 2014年7月3日閲覧。 PDF プレスリリース , 2014年7月3日閲覧。 , p. 4-11. , p. 10-13. , p. 11-13. , pp. 17-20, 29-30. NewSphere. 2014年5月4日. 2014年5月4日閲覧。 NewSphere. 2014年3月14日. 2014年3月14日閲覧。 2014年3月21日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年3月24日閲覧。 (英語)• 2014年3月21日. 2014年3月24日閲覧。 2014年4月9日. の2014年4月13日時点におけるアーカイブ。 Charles A. Vacanti, Koji Kojima 2014年9月3日. 2015年10月9日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年9月20日閲覧。 産経ニュース. 2014年9月13日. の2015年7月3日時点におけるアーカイブ。 2014年9月20日閲覧。 Gretchen Vogel , Dennis Normile. SCIENCE INSIDER. 2014年9月20日閲覧。 (英語)• 朝日新聞. 2014年11月13日. の2014年11月13日時点におけるアーカイブ。 2014年11月16日閲覧。 毎日新聞. 2014年6月15日. 2014年6月15日閲覧。 2014年3月24日閲覧。 (英語)• 神戸新聞NEXT. 2014年3月15日. の2014年3月24日時点におけるアーカイブ。 2014年3月24日閲覧。 Los Angeles Times. 2014-04-01. (英語)• 2014年4月7日閲覧。 (英語)• プレスリリース , 理化学研究所, 2014年6月30日 , 2015年1月2日閲覧。 時事ドットコム. 2014年6月30日. の2014年12月20日時点におけるアーカイブ。 理化学研究所. 2014年8月27日. 2014年8月27日閲覧。 PDF プレスリリース , , 2014年6月12日 ,• 朝日新聞. 2014年6月13日. の2015年1月14日時点におけるアーカイブ。 2014年12月24日閲覧。 2014年12月24日閲覧。 2014年12月24日閲覧。 産経ニュース. 2014年12月22日. 2014年12月22日閲覧。 Adam Marcus; Ivan Oransky 2014年12月23日. The Scientist Magazine. 2015年1月19日閲覧。 河内敏康、八田浩輔「偽りの薬 バルサルタン臨床試験疑惑を追う」毎日新聞科学環境部、2014年、pp. 202-203 2016年12月11日閲覧• 「むしマガ」Vol. 272 2015年1月11日 2016年12月11日閲覧• 日刊ゲンダイ 2015年1月9日 2016年12月11日閲覧• 日刊ゲンダイ 2015年1月10日 2016年12月11日閲覧• 参議院議員 2016年10月25日 2016年12月11日閲覧• 2017年2月28日 2017年3月1日閲覧• 須田桃子 2015年9月24日. 毎日新聞. の2015年9月23日時点におけるアーカイブ。 Nature Editorial"Reanalysis of the controversy provides a strong example of the self-correcting nature of science. "23 September 2015• Multiple labs conclude that the seemingly miraculous results originated from contamination with ordinary stem cells. David Cyranoski 23 September 2015• 合田禄 2015年9月25日. 朝日新聞. 産経WEST. 2015年9月24日. の2015年9月25日時点におけるアーカイブ。 参考文献 [ ] 論文発表当初の文献 [ ]• 理化学研究所 2014年1月29日. 2014年1月30日閲覧。 理化学研究所 2014年1月29日. 2014年1月30日閲覧。 [リンク切れ]• 独立行政法人 理化学研究所 神戸研究所 発生・再生科学総合研究センター 2014年1月30日. 2014年2月6日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年2月4日閲覧。 Helen Thomson 2014年1月29日. Health. NewScientist. 2015年1月2日閲覧。 (英語)• Cyranoski, D. 2014-01-29. 505: 596. (英語)(2014年9月17日更新)• Smith, A. 2014-01-30. 505: 622-623. (英語)• 赤谷拓和「」『』第34巻第4号、2014年4月、 10-17頁。 疑義発覚後の文献 [ ]• 詫摩雅子、古田彩「」『』第44巻第6号、2014a、 54-61頁。 詫摩雅子、古田彩「」『日経サイエンス』第44巻第7号、2014b、 14-18頁。 古田彩、詫摩雅子「 」 『日経サイエンス』2014年6月11日、 2014年6月11日閲覧。 粥川準二「」『現代思想』第42巻第12号、2014年8月、 84-99頁。 古田彩、詫摩雅子「」『日経サイエンス』第44巻第8号、2014d、 54-61頁。 古田彩、詫摩雅子「」『日経サイエンス』第44巻第9号、2014e、 13-15頁。 古田彩、詫摩雅子「NEWS SCAN 国内ウォッチ 研究倫理 STAP細胞論文,全容調査へ-疑義の指摘から7カ月,ようやく科学的な調査が始まった」『日経サイエンス』第44巻第11号、2014f、 16-19頁。 古田彩、詫摩雅子「」『日経サイエンス』第44巻第12号、2014g、 34-37頁。 須田桃子『』、2015年1月7日。 関連項目 [ ]• () 科学的な報道・解説 [ ]• Specials and supplements archive. 2014年1月2日閲覧。 (英語)• 関由行、武田俊之. CANVAS学習支援システム. 2014年7月15日閲覧。 Toshiyuki Takeda 2014年7月3日. 2015年1月12日閲覧。 (2014年6月28日開催)• 古田彩、詫摩雅子 2014年12月25日. きょうの日経サイエンス. 2015年1月2日閲覧。 科学的な疑義の指摘・検証 [ ]• 2014年5月21日閲覧。 (英語)• 2014年6月8日閲覧。 (英語)• 2014年6月9日閲覧。 (英語)(によるSTAP再現実験の情報サイト)• 関由行 2014年5月13日. 2014年6月10日閲覧。 2014年6月18日閲覧。 2014年5月21日閲覧。 2014年6月10日閲覧。 (英語)• 世界変動展望. 2014年6月9日閲覧。 2014年4月16日. 大隅典子の仙台通信. 2014年6月27日閲覧。 2014年7月4日閲覧。 外部リンク [ ]• 2016年5月25日. 2017年7月9日閲覧。 朝日新聞社 2014年1月29日. 2014年10月14日閲覧。 2015年1月2日閲覧。

次の

小保方晴子の現在2019がグラドルみたい!別人すぎる最新写真も公開

スタップ 細胞 2019

STAP細胞はあります!!! とメディアと生物学業界を震撼させたニュースがありました。 (リンク切れ) 2014. 29 21:07 2014年の1月末のことなので、もう4年前ですね。 懐かしい。。。 本日、このようなニュースが目に入ってきました。 3月7日 4時18分 体のさまざまな組織の細胞に変化するとされている特殊な細胞を使って、心筋梗塞を起こしたウサギの心臓の機能を改善させることに成功したと岐阜大学と東北大学のグループが発表し、今後、企業が中心となって臨床試験が進められるということです。 岐阜大学と東北大学の研究グループは6日、記者会見を開き、体のさまざまな組織の細胞に変化する能力があるとされている「 Muse細胞」と呼ばれる特殊な細胞を、急性の心筋梗塞を起こしたウサギの血液中におよそ30万個投与したところ、2週間ほどで心臓の機能が改善したと発表しました。 (略) 山中氏がノーベル賞を受賞したiPS細胞でもなく、ES細胞でもなく、STAP細胞でもなく、聞きなれない「 Muse細胞」というもののお話です。 そこで今日は、 Muse細胞とSTAP細胞について書かれた、過去の私のメルマガをご紹介します。 Contents• STAP細胞発表から二日後の私の解説 STAP細胞の発表 2014. 31発行のメルマガno. 38では、1月29日に発表されたSTAP細胞についてすでに解説しておりました。 このブログは、まだ、「捏造では?」という疑義が出る前に書かれたものです。 では、とりあえず見てみましょう。 「STAP細胞の猿でもわかる解説」 いやあ、びっくりしましたね。 またノーベル賞取っちゃいますね。 神戸の理研すごいですね! STAPという現象を見つけたよ!って話です。 STAPってなんだよ!っていうひと、解説しますね。 まず、お星さまのSTAR(スター)のRがPに変わったと覚えてください。 スタップです。 酢タップでもいいです。 すたっふ~でもいいです。 まずは、新聞記事から。 (リンク切れ) 2014. 29 21:07 弱酸性の刺激を与えるだけの簡単な方法で、あらゆる細胞に分化できる万能細胞を作製することに理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)のチームがマウスで成功した。 人工多能性幹細胞(iPS細胞)とは異なる新型の万能細胞で、再生医療の研究に役立つと期待される。 29日付の英科学誌 ネイチャー電子版に発表した。 体の細胞を万能細胞に作り替えるには、初期化という作業で受精卵の状態に逆戻りさせる必要がある。 iPS細胞は遺伝子を使って初期化するが、今回の方法は酸性の溶液に浸すだけで簡単なのが特徴。 開発した小保方(おぼかた)晴子研究ユニットリーダーらは、全く新しい万能細胞として「刺激惹起(じゃっき)性多能性獲得(STAP=スタップ)細胞」と命名した。 研究チームは生後1週間以内のマウスの脾臓(ひぞう)から、血液細胞の一種であるリンパ球を採取し、水素イオン指数(pH)5・7の希塩酸溶液に約30分浸して刺激。 これを培養すると数日で初期化が始まり、STAP細胞に変わった。 作製したSTAP細胞は、神経や筋肉などの細胞に分化する能力があることを確認。 実際に別のマウスの受精卵に注入し、仮親に移植して子を生ませると、STAP細胞は全身に広がり、あらゆる細胞に変わることができる万能性を持っていた。 再生医療への応用研究が進むiPS細胞は遺伝子操作に伴うがん化のリスクがあり、初期化の成功率も0・2%未満と低い。 これに対しSTAP細胞は、外的な刺激を与えるだけなのでがん化のリスクが低く、初期化成功率も7~9%。 成功率が高いのは生後1週間以内のマウスの細胞を使った場合に限定されることなどが課題だが、研究チームはメカニズムを解明し再生医療への応用を目指す。 これだけじゃなんのことかさっぱりわかりませんね。 STAP細胞の意味 まず、スタップっていう名前ですが、 stimulus triggered acquisition of pluripotency の頭文字をとったものです。 stimulusは、刺激。 triggeredは引き金。 acquisitionはゲットだぜ! pluripotencyはなんにでも変化できる万能性です。 直訳すると、 刺激したらそれが引き金となって何でも作れる万能細胞 です。 ようするに、 手の皮をツンツンと刺激するとそれが引き金になって手から心臓ができるような万能細胞ができたぜ! みたいな、 夢のようなお話なのです。 スタップは、目でも皮膚でも毛根でも、どんな細胞でも刺激してやると心臓にも肺にも眼にもなる細胞を作り出す事のできる万能細胞ができる「 現象」 のことを言います。 で、 この現象でできた細胞をスタップ細胞といいます。 STAP細胞の作り方 さて、説明に入ります。 まず、実験では、 リンパ球っていう血液の細胞を 赤ちゃんネズミから採ってきました。 リンパ球ってのは5種類ある白血球のひとつでバイ菌を攻撃して膿になる白いやつです。 そのリンパ球をちょっと 酸素を減らしてオレンジジュースくらいの酸性の液に30分つけました。 富士山の上で酢の物に血を入れた!みたいな感じです。 で、お酢からだして、細胞が培養できるシャーレに入れてあげて一週間くらい経つと、 死んじゃわなかった細胞の半分くらいが 元の大きさよりもちっさくなってくっついてきて塊を作りました。 で、このかたまりを調べたらリンパ球だったのに、リンパ球じゃなくなっていて、なんにでも変化できる細胞、 万能細胞に変わっていました! ってことなんですね。 まじかよwww ってレベルの簡単な話なんです。 STAP細胞のすごいところ ノーベル賞をとった山中さんのiPS細胞は、細胞に 4種類の遺伝子を入れてあげると 万能細胞に変わるよ!ってやつでした。 これには遺伝子導入技術などのたくさんの技術が必要でした。 また、作る日数が数週間かかりました。 遺伝子を4種類入れてやって、やっとできた万能細胞は 0. しかも、最短で3日くらいで。 これが 革命的な発見です。 遺伝子操作なしで高確率で万能細胞ができます。 ただし、このリンパ球の場合は、生まれたてのネズミのリンパ球でのはなしで、その他の細胞ではもう少し確率が低くなるようです。 STAP細胞の今後 さて、ここからがこのスタップ細胞を使った応用のおはなし。 この実験では、 酸性の液体につけて、細胞をいぢめるとなんかしらんけども、なんにでもなれる細胞ができたよ! ってことをまず見つけました。 酸ってのは酸っぱいし、ピリピリしますから、細胞にはよほど ストレスなんでしょう。 ストレスを受けた細胞は生き残るためにどげんかせんといけん!ってことで、 万能細胞になるんでしょうか。 そこらへんのメカニズムはまだ解明されてません。 今から見つかっていくでしょう。 で、このストレスですが、実は、 細胞をバシバシ叩いてやっても、ちょっと穴をあけてストレスを感じさせてあげてもOKでした。 酸の刺激だけじゃなく、物理的刺激でもなんでもOKだったんですね。 電気ショックとかでもおそらくOKなのでしょう。 例えば、手を丸ごとすりつぶして刺激を与えても、中指一本分くらいの万能細胞しかできません。 このスタップ細胞は普通の培養液で育てていると、iPSみたいな幹細胞のようにはどんどん増えない のですね。 ココがネックでした。 万能細胞なのに、増えないから量が少ないのです。 iPS細胞とかの幹細胞は、成功率が0. 2%なのに、どんどん増えるので、1000倍に増やしちゃえば元の細胞数より多くなるので再生医療にも使える万能細胞です。 なので、 万能細胞なのに幹細胞(どんどん増えれる細胞)じゃなかったんですね。 で、この研究者は増やすにはどうすればいいかなぁ?と、たくさんの培地を試したようです。 で、同じ理研の丹羽さんが開発した 特殊な細胞培養液を使ったら、この スタップ細胞がどんどん増えることを見つけました。 これにより、遺伝子操作の要らない、たくさん作れる万能幹細胞が完成しました。 この発見で、iPS細胞は未来がなくなったかもしれません。 iPS細胞は、万能なんですが、ガン化が結構見られます。 なので、移植してもガンになる可能性があります。 しかし、スタップ細胞はほとんどガン化が見られないのです。 iPS細胞の発見は、100年に一度の大発見なのですが、このスタップ、1000年に一度の大発見です。 iPS細胞にお金を出していた企業なんかは、どんどんSTAP細胞に移るでしょう。 それくらいすごい発見です。 STAP細胞の発見で1個、STAP細胞の臨床で1個と、ノーベル賞2個くらいは取れるでしょうね。 このスタップ現象(刺激を与えたらなんにでもなれる細胞に戻っちゃうよ!っていう現象)は、ガン治療にも役立つでしょう。 癌細胞に刺激を与えて増殖しない細胞に戻しちゃう。 とかが可能になるでしょう。 脳の一部が機能しなくなる病気などには、このスタップ細胞を注射するだけで脳が再生する。 ってこともできるようになるでしょう。 一番の問題は、ネズミだけじゃなく、人間でも同じことが起こるよ!っていうことを証明する事ですね。 ま、理研の事ですから、10年先の研究をしてますから、すでに結果は出てるでしょうね。 指を失った人が、自分の口のなかの細胞を綿棒でくちゅくちゅってとってきて、スタップ現象を利用して万能化させて、増やして、指を作って再生する。 まさに、再生医療ができる可能性を見出しましたね。 こんだけ簡単なので、ぶっちゃけ材料と機具さえあれば家でもできるので、モラルの問題が出てくるでしょう。 そこらへんもきちんとしてほしいですね。 ちなみに、神戸理研は、発生・再生科学総合研究センターです。 発生や再生をメインとしてますので、ドンピシャリの研究ですね。 (ちなみに、私はここで研究者として働いてました。 ) 神戸市の矢田元市長の描いた未来の神戸像がだんだん現実になってきております。 本当に先見の明のある市長でした。 はコチラ。 (結構難しいと思います。 )(リンク切れ) 2014年1月29日 独立行政法人理化学研究所 体細胞の分化状態の記憶を消去し初期化する原理を発見 -細胞外刺激による細胞ストレスが高効率に万能細胞を誘導- (略) ねつ造じゃない事だけを祈ります。 研究チームの同大医学部・小島宏司医師によると、脊髄損傷で足や尾が動かなくなったサルの細胞を採取し、STAP細胞を作製、これをサルの背中に移植したところ、サルが足や尾を動かせるようになったという。 現在、データを整理して学術論文にまとめている段階だという。 研究チームは、人間の赤ちゃんの皮膚からSTAP細胞を作る実験にも着手。 得られた細胞の能力はまだ確認中だが、形や色はマウスから得たSTAP細胞によく似ているという。 (2014年1月30日14時37分 読売新聞) (リンク切れ) 既に猿でも行われているようですね。 あとは、成人の細胞からできるのか?ですね。 まあ、Cellとかのすごい雑誌に載るでしょう。 理研はすでにスタップの特許も取ったようです。 某医大などはすでに臨床への応用のお金を集めにまわってますね。 ガン細胞からスタップ細胞ができるのか?とかをやるみたいです。 ねつ造じゃない事だけを祈ります 以上、当時の私のメルマガでした。 最後に、 ねつ造じゃない事だけを祈ります。 って書いてありますね。 っていうか、このメルマガを書いていた時に、すでに、ちょっとおかしいな?って思ってたんですよね。 なので、あえて、最後に ねつ造じゃない事だけを祈ります。 って入れました。 マジです。 あとから付け足したんじゃないんですよね。。。 STAP細胞発表から三週間後の私の見解 そして、2014. 21発行のメルマガno. 41では、あれ?ってとこを解説してます。 STAP細胞の論文に関する疑惑 2014. 21 no. 41 このメルマガのNo. 38におきまして、STAP細胞の簡単な説明を行いました。 最後のほうに、「 ねつ造じゃない事だけを祈ります。 」って書きましたが、今現在も、本当に、ねつ造じゃない事だけを祈ります。 さて本題です。 このSTAP細胞という技術はネイチャーという、科学雑誌の最高峰の速報誌に掲載され、全世界が驚いた新発見だったわけです。 簡単になんにでもなれる細胞が作れるという、まさにファンタジーの世界のようなお話が現実に起こるという画期的なこの技術は医学界にも生物学会にも多大な影響を与え、たくさんの研究者が「私でもできる!」と、 再現性を求めるための実験を行っております。 そして、そんな最中、 小保方さんのネイチャーの論文に載っている胎盤の写真が使い回しされてるんじゃね? とか、 前の論文の電気泳動の写真が偽造されてるよね? とかっていう疑惑が2014年の2月はじめごろからどんどん出始めました。 私もその疑惑の写真などについて検証しましたが、電気泳動の写真なんて、サルでもわかるくらいの偽造ですね。 当時の議論してた写真をここに置いておきます。 元の写真は、右下の黒バックに白の縞々の入った写真です。 直線、ありますね。 切り貼りしてます。 こういうのは、本来はやっちゃいけないんですよね。。。 研究者としての質を疑われます。 疑惑はこれだけじゃなくて、たくさん指摘されています。 この STAP細胞が本当にできるのかどうか?についてはたくさんの研究者が追試を行っています。 今のところ、「同じやり方ではないですが」 10人の科学者がやった8個の追試は全部失敗しております。 同じ条件で再現性を調べた人はまだいません。 何故か知りません。 なので、 この技術がウソ!なのか、 誰にでも再現できるわけじゃない何か特殊な条件があるのではないか?というどちらかという事になっております。 そんななか、小保方さんの所属する神戸理研とネイチャー誌は、2014年2月17日、こんな記事を掲載しました。 簡単に訳すと、 1. 胎盤の写真が酷似しているのは、小保方さんのミスで、似たような写真を使ってしまった。 その他の疑惑の写真については調査中。 共同筆者である元理研の若山さんやその他学生さんは、小保方さんにみっちり指導してもらい、論文掲載前には「小保方さんと一緒の時には」成功している。 しかし、若山さんが山梨大学に移動した後は、一度も成功していない。 若山さんいわく、「誰でも簡単にできると思っているようだが、その手順は非常にややこしく、誰にでもできるような簡単なものではない。 」 という事らしいです。 たくさんの科学者が小保方さんに、詳細なやり方を教えてくれとメールしています。 それに対して、小保方さんは、早急にお知らせしますと言っているらしいです。 しかしながら、小保方さんはネイチャーからの呼びかけにすら答えていないらしく、 なんだか怪しいなぁ。 と個人的には思ってしまいます。 ネイチャーからの問いかけに反応しないなんて、絶対やっちゃダメなことです。 STAP細胞が本当にできる技術であったとしても、研究者として、対応が遅すぎるし稚拙すぎるように思います。 研究者としての信頼が少し揺らぎますね。 そして、遅れること一週間して、やっと一般市民の目に触れる新聞記事が出ました。 STAP細胞:「不自然な画像」指摘受け理研が論文を調査 毎日新聞 2014年02月15日 04時30分(最終更新 02月18日 10時58分) 新しい万能細胞「STAP細胞(刺 激惹起=じゃっき=性多能性獲得細胞)」を作ったと発表した小保方晴子・理化学研究所研究ユニットリーダーら日米の研究チームの論文について、 インターネット上で「不自然な画像データが使われている」と指摘があり、理研広報室は14日、外部の専門家も加えて調査を始めたと明らかにした。 理研は「研究成果そのものに問題はないと考えている」と説明する。 調査対象は、1月30日付の英科学誌ネイチャーに掲載された論文2本。 マウスのリンパ球に刺激を与えるだけで、体のあらゆる細胞になる多能性を獲得するという内容だ。 このため、理研は複数の専門家による調査を13日に開始した。 結果はまとまり次第、公表する方針。 理研は13〜14日、小保方さんらに聞き取り調査も実施し、「現時点では研究成果は揺るぎないと判断しているが、外部から指摘があったため調査を始めた」と述べた。 【須田桃子】 さらに、 <STAP細胞論文> (リンク切れ) 毎日新聞 2月20日 木 10時36分配信 【ニューヨーク草野和彦】新しい万能細胞「STAP細胞(刺激惹起=じゃっき=性多能性獲得細胞)」の作製を理化学研究所などが発表した論文で画像の不自然さが指摘されている問題で、共著者が所属する米ハーバード大医学大学院広報は19日、毎日新聞に声明を寄せ、「当院の注意を引くような懸念はすべて、徹底的な精査の対象となる」と述べ、大学院として調査する可能性があることを示唆した。 【独創の系譜】海越え連携、STAP細胞 常識覆した日米トップ研究者 論文は、小保方晴子・理研研究ユニットリーダーが同大のチャールズ・バカンティ教授らと執筆、英科学誌ネイチャーに掲載された。 小保方リーダーとバカンティ教授らが2011年に米専門誌に発表した論文についても、「画像の使い回しがあるのではないか」との疑いが浮上している。 声明は「当院は最高の倫理基準を守り、研究の一貫性を厳密に保つことに全力を尽くす」と強調している。 バカンティ教授はネイチャー誌などの取材に、画像の取り扱いで「うっかりミス」があったと説明する一方、論文の結論に影響しないとの見解を示している。 さて、まだまだこの問題は続きます。 最終的にどうなるんでしょうか。 ちなみに、理研のトップページからSTAP細胞のフラッシュが20日に消えました。 更新前のトップニュースは、 ・小保方さんのSTAP細胞発見(1月29日) ・スキルミオン分子(1月28日) でした。 そして、更新後のトップニュースは ・カシオペア爆発(2月20日) ・スキルミオン分子(1月28日) となっております。。。 また、メルマガno. 38で、米ハーバード大の研究チームが、脊髄損傷で足や尾が動かなくなったサルの細胞を採取しSTAP細胞を作製、これをサルの背中に移植したところ、サルが足や尾を動かせるようになったというニュースについてもかきましたが、その 治療されたサルの姿を誰も見たことがないそうです。 また、サルの皮膚からSTAP細胞を大量に作ることができていたはずなのに今になってあれはSTAP細胞じゃないかも? 小保方さんがいないとうちではSTAP細胞作れないとか言い出しております。。。 ねつ造でないことを願います。 というわけで、もうこの時点で当時の私はかなり怪しんでおりますね。。。 でも、論文のデータには、「 明らかに万能細胞っぽいもの」も存在しているんですよね。。。 じゃ、それはなんなの?ってことになりますよね。 で、実は私は、その 「 明らかに万能細胞っぽいもの」の正体が、冒頭の記事で紹介されていた「 Muse細胞」ではないのか? って当初から言っていたんです。 STAP細胞の正体はおそらくMuse細胞 STAPについて、私はメルマガに10回以上にわたって書いていました。 そして何度もMuse細胞の可能性について言及しております。 STAP作製、200回以上成功??? 2014. 11発行no. 48 では、 (略) まあ、単純に考えると、 もともと生体内にある(小さい)幹細胞を細いガラス管などを通すことによって選択的に取り出してきた。 って事だと思います。 普通の細胞は幹細胞より大きいので、細いガラス管で潰れちゃうので、小さい細胞だけが残ったよ!それが幹細胞だったよ!ってだけで、 ガラス管を通したから幹細胞になったよ!ってのではない。 って事だと思います。 で、 これとにたような幹細胞は見つかってないのか?っていうと、実は見つかっていて、 2010年に東北大学の出澤真理教授が発見した Muse細胞 っていいます。 これは、 ストレスに耐性のある幹細胞って意味です。 なので、新発見でもなんでもなく、ただ単に、 ストレスをかけて、ストレスに強い幹細胞であるMuse細胞の効率のいい取り出し方を見つけたよ!って事だと思います。 その幹細胞がOct4-GFPを発現しているのはあたりまえのことで、これを培養していたわけですね。 しかし、この小保方氏の論文では、 「STAP細胞はMuse細胞とは違うよ!」っていう主張もしてるんですよね。。。 で、重要なのはここからで、 このMuse細胞は幹細胞ですので、皮膚や筋肉、肝臓などのさまざまな組織になれるんです。 が、 STAP細胞論文のもう一つのキモである「胎盤にもなれるか?」っていうと、まだよくわかってないんですね。。。 たぶんなれない。 なれたとしてもものすごくレアです。 なので、今回の小保方さんの論文で考えられるのは次の3つくらいですかね。 ごく稀に、胎盤にもなれるものが存在するMuse細胞を選択的に採ってこれた。 ごく稀に、胎盤にもなれるものが存在するES細胞を不正に使った。 STAP細胞が本当は存在する 1か3であれば、これは新発見となるのでおもしろい発見だと思います。 ちなみに、STAP細胞の論文では、Muse細胞とは違うんだよ!ってのも記されてます。 しかし、マウスとヒトによっても違うと思うし、いろいろと情報不足な気がするので、怪しいです。 と書いてます。 STAP中間報告 2014. 29発行no. 66 では、 まあ、私は、オチは「 Muse細胞でした!」だと思っておりますが。。。 と書いてます。 STAP細胞はありますぅ!の検証 2014. 19発行no. 19 10:19 です。 STAP細胞はありますぅ!の検証2 2014. 26 発行no. 83 では、 論文で、小保方さんは、HCl(塩酸)を使用してSTAPを作成した!と言ってたわけで、その論文をみて、STAP細胞の作製を試みた全世界の研究者が、「できねーよ!」と言った時にも、小保方さん自身は、ATPがキモだと思ってたので、「コツがあるんです。 」みたいに強気だったんだと思います。 今思えば、全部ねつ造だったわけで、ちょっと精神的におかしかったんだと思います。 で、酸処理とかすると、STAP細胞( 私はMuse細胞だと思ってる)の細胞の塊ができてきます。 これは、前回の調査委員会でも確認されてます。 きちんと 細胞の塊ができてきます。 ここは嘘をついてないんですね。 これが、 小保方さんの言うSTAP細胞です。 私の言うMuse細胞です。 このSTAP細胞は、普通に育てても増えません。 なので、一度に大量に作ることが難しいんです。 ちなみに、 酸性のストレスで出来る細胞の塊ってのは、まさにMuse細胞の論文でも示されているもの です。 これを、特殊な培養液を使って増えるような細胞にすると、STAP幹細胞(かんさいぼう)となります。 この増えるSTAP幹細胞が、なんにでもなれる万能細胞だ!というわけです。 ちなみに、 Muse細胞もこれと同じことができます。 Muse幹細胞ができます。 で、このSTAP幹細胞の塊を、マウスに入れると、マウスができるよ!ってのが、小保方さんの論文です。 ちなみに、これもMuse細胞と同じです。 この STAP細胞が、Muse細胞と違うところは、「 胎盤もできるよ!」ってところ です。 この胎盤もできるよ!ってのが、ものすごい発見でして、ネイチャーという世界三大誌のひとつに、二本も掲載されることになったわけです。 で、 今回の論文検証委員会では、「胎盤もできるよ!」ってのが実際はどうだったのか?は、はっきりとはしませんでした。 STAP細胞で、胎盤ができる!っていうのは、GFPというマーカーが胎盤でも緑色に光るかどうか?で調べてました。 実際に、その胎盤を取り出して、遺伝子解析をすればSTAP由来かどうかはわかったと思います。 が、論文でもしてませんでした。 調査委員会では、 「胎盤を通っている血液が光っているのでは?(これは、当初、ツイッターとかでも言われてました)」 や、 「これ、胎盤が光っているんじゃないんじゃないの?(これもツイッターで言われてました)」 と言っていました。 結論としては、 「STAPだと言われていたものはES細胞と遺伝子が一致してましたので、胎盤で光るってのがおかしい。 」 ということのようです。 でもね、 ぶっちゃけ、ES細胞でも胎盤で光るものがあったりします。。。 TS細胞って言います。 これ、 理研の丹羽さんが確立した技術です。。。 なので、 小保方さんがTS細胞を混入させていたんなら、 光る可能性もあるわけですね。 しかし、以前、 論文の著者の一人である丹羽さんは、ESやTSを混入させた確率は低い。 とコメントしておりました。 その低い確率のものがだれかしらの「神の手」によって起こっちゃったわけですね。 今回、二つの検証委員会で明らかにならなかったことは、、 ・酸処理したあと、確かに細胞の塊ができた。 ・胎盤で光っているものがなんだかわからない。 というものです。 私だったら、前者はMuseで、後者はTS細胞で説明できるんですが、なんでしないんでしょうね? こんな私でも簡単に想像できるのに。。。 謎です。 というわけで、私は、STAP細胞はMuse細胞なんだろうなぁと思っております。 Muse細胞はすごい さて、やっと、冒頭で紹介したの論文のお話です。 このMuse細胞は、STAP細胞と違って確実に存在します。 これから、大量培養の技術とかができれば、さらに再生医療の技術も進んでいくでしょう。 というわけで、Muse細胞の解説と、STAP細胞の解説をしてみました。 おわり。 Knoepflerも信じていない強い根拠を示していませんけど、確かにこの細胞はこれまでの出版論文数が少なく、独立機関からの追試論文も限られていることが、引っかかっています。 今回、治験が始まったようなので信じたいですけど、「MUSE細胞が存在する」と断言されるもっとも強い根拠を教えていただけませんか?• 小嶺 幸弘 さん: 村中璃子について一言。 私は子宮頸がんワクチン問題で、何人もの神経内科教授が副作用説を担ぐ中で、ほとんど唯一の神経内科医として、彼女には無理な科学的解説ブログを書いてきました。 彼女はWHO経歴を生かして新型コロナウイルス解説に乗り出していますが、できないことを実現する研究者でではなく、文献を読んで判断するだけです。 今回、通説に従って「多くが軽症」「若者にはたいしたことない」「PCR検査で医療崩壊」と言って来ました。 しかし、彼女が利用する本庶先生がPCR検査増を言い出して、ヒステリックに「PCR検査増」論議する番組に不買運動をするようになっています。 通説で誤ったことは非難しませんが、そこで思考停止して4月末からの自己保身図る言動は、科学者でも言論人でもありません。 小嶺 幸弘 さん: Mooさんに返信。 内容が詳しく、質問にも丁寧なiina-Kobeさんに代わって、「安心して油断させる」について、臨床医としてお答えします。 陰性の結果を伝えるときに「(良かったですね)検査には見逃しもあるので、今後も体調に注意し、感染対策はしましょうね」と指導しています。 これで問題ないです。 検査しないで見逃された陽性者が不安のまま自己隔離続けるということは実証されていません。 「検査は陽性者を」について、間違いではありませんが、前項と対立するものではありません。 iina-Kobeブログを知るまえから、私もブログで科学的解説をしています。 blog. fc2. html 「PCR検査増医療崩壊」空念仏医師たちに具体的数字を上げて崩壊像を示すように言っていますが、誰ひとりとしてできていません。 まな さん: 平易なことばで図示も多く、とても勉強になります。 ありがとうございます。 貴方の書き込みは科学的根拠に基づかないものですので、スパムだと申しております。 すでに論文で、どの時期にどの部位にどれくらいのウイルス量があるのかは出ておりますのでそれをふまえてやれば問題ないです。 それは貴方にそのままお返しします。 すでに、この論文では、鼻腔からの検体によるRTPCR検査の陽性割合が発症日で94. 39%となっております。 もう少し精度と検査による検出率の違いについても勉強されたほうが良いかと。 ここにもあなたの陥っている勘違いについて書いております。 hun さん: 反論に対してスパム扱いするのは、仮にも科学に携わるものとして恥ずべきことではないでしょうか。 「新型コロナウイルスのRTPCR検査の感度と特異度と精度の違いを簡単に説明してみた」を読んでみました。 研究室におけるPCR検査のやり方にはお詳しいようですが、やはり「臨床検体」を用いた検査について知識が不足しておられるようです。 検体採取を行う医師や検体を扱う技師の熟練度については言及しておられますが、そもそも検体採取を行う部位のウイルス量が少なければ、たとえ本当の感染者に対して熟練の医師が検体採取を行ったとしても、偽陰性は免れません。 素人の方は、感染者の感染部位には常に多量のウイルスがいて容易に採取できると誤解されていることが多いですが、臨床においては理屈通りにいかないことが多々あります。 もう少し医療現場や臨床医学についての理解を深められてはいかがでしょうか。 また、上で挙げられた感染研の資料について解説しますと、これは「検体内に一定量のウイルスが含まれているか否か判明している検体(陽性検体と陰性検体)」を対象として、複数の検査キットでPCR検査を行い、その陽性・陰性一致率(正答率といった方が分かりやすいでしょうか)を比較したものです。 つまり、これは「検査キットの感度・特異度」を調べたものであって、「検体採取~cDNA増幅」という検査全体の感度・特異度を調べたものではありません。

次の