関東 リーグ u13。 関東ユース(U

U

関東 リーグ u13

9月22日、等々力第二サッカー場で川崎フロンターレU-12が大谷戸SCに3-0で勝利した松村杯予選のあとは、隣の等々力第一サッカー場へ。 関東ユース U-13 サッカーリーグは後半戦最初の試合となる第8節。 前半戦の7試合を3勝2分け2敗、得点13、失点8、勝ち点は11、7チーム中3位で終えた川崎フロンターレU-13は、TOKYU S Reyes レイエス との試合に臨みました。 【川崎フロンターレU-13 関東ユース U-13 サッカーリーグ1部第8節 vs TOKYU S Reyes】 9月22日 日 午前10時キックオフ 等々力第一サッカー場 晴れ 30分ハーフ フロンターレの先発は、GK50山本健翔、最終ラインは右から2加治佐海、4土屋櫂大、5田所莉旺、17白幡光翔、ボランチは6齊名優太、18知久陽輝、右MF14関田和智、左MF9児玉昌太郎、前線には11香取武、24坂本錠。 好天の等々力第一サッカー場。 フロンターレもレイエスもピッチ脇のフェンスやゴール裏の木陰などから、多くの選手の家族らが見守るなか、試合は始まりました。 立ち上がり、先に迫ったのはフロンターレ。 左サイドでフリーキックを得ると、キッカーの齊名が自らこぼれ球を拾い、左へ。 児玉、齊名とつないで左サイド高い位置で再び受けた児玉がボールをキープ。 シュートを打ったりクロスを上げたりする場面にはつながりませんでしたが、ラインを高めていくと、2分には田所のフィードに、坂本がエリア内へ。 クリアされ、シュートには至らなかったもののおびやかしていきます。 田所から左の白幡、児玉とつないで、児玉から受けた坂本がボールをおさめ、レイエス陣内でのプレーを試みていくフロンターレ。 レイエスにボールが渡っても、高い位置で坂本がボールをカットしエリア内へ齊名が顔を出すなどしていきます。 4分には右サイド、加治佐が縦パスを入れていくと、最後はエリア右で香取がシュートを打つも左へ。 一方のレイエスは、最終ラインと中盤でボールを回し、7分にはエリア外正面で9が枠をとらえたミドルシュート。 山本がセーブしたものの、レイエスがうまく間で受け、ボールを動かしながら迫る時間を重ねていきます。 10分には左サイドからのレイエスの攻めに。 6がダイレクトでエリア外左へボールを出すと、抜け出した14が仕掛けていくも、土屋がカバー。 フロンターレは右サイドで関田がボールをキープ。 中盤の齊名へつなげ、持ち上がった齊名から左へ展開。 受けた児玉がエリア外左、ゴール右を狙いシュートを打つも右へ。 流れを取り戻したフロンターレは、さらに知久のスルーパスに、児玉がエリア左へ。 折り返しに、エリア内へ関田が迫るもさわることはできず。 それでもうまく選手たちがかかわり合いながらチャンスをつくっていきます。 レイエスが浮き球を入れたところを、土屋が頭で齊名へつなげ、そこから右の関田へ展開したり、田所の縦パスを受けた知久がうまく前を向いて、坂本へ縦パスを入れたりして、ボールを再び回していくフロンターレ。 知久が最終ラインの田所、土屋の間に下り!坂本が下がり目でボールを受ける一方で児玉が前線に顔を出し、白幡も高い位置へ駆け上がるなどしながら、攻めの機会をうかがいに。 しかし、レイエスの選手たちもうまく対応していき、なかなかシュートなどにはつなげられず。 22分には齊名、児玉とつながり、児玉のパスに左サイド高い位置へ仕掛けた坂本が折り返すも、クリア。 さらに23分には知久の右サイドを突くパスに、加治佐が右から中央へ仕掛けていくもここでもレイエスの粘り強い守備に遭い、シュートにはつながらず。 27分には齊名がボールをカットし知久へ渡ると、知久から左へ展開。 児玉から白幡へ渡り、白幡のクロスはブロックされ、左コーナーキックに。 齊名がボールを入れると、こぼれ球を正面で拾った加治佐がシュートを打つも、上に。 前半は0-0でタイムアップとなります。 後半フロンターレは香取に代わり8矢越幹都、白幡に代わり7荒井颯太、関田に代わり20村瀬悠馬が入ってのスタート。 立ち上がりには右サイドへ流れた矢越から受けた村瀬がエリア前に浮き球を入れると、坂本が抜け出しそうになるも、GK1が前に出てシュートは打てず。 さらに矢越のパスに、知久が左サイド高い位置へ。 折り返すもクリア。 荒井、児玉が左サイドを仕掛け、知久や齊名がセカンドボールをものにしながら攻めていくフロンターレ。 5分には村瀬から受けた加治佐が右サイドから斜めにエリア前に仕掛け、エリア右、矢越へパスを出すもオフサイドに。 フロンターレは、田所や知久、土屋がボールに触れながら、齊名が裏へ走り出す坂本へパスを入れるなどして、揺さぶりに。 一方のレイエスもコンパクトに。 GK1も縦パスを入れるなど、うまく間にボールを通しながら、攻撃の機会をうかがいに。 12分には9が左サイドから斜めに仕掛け、エリア左を突くパスを出すもオフサイド。 一方のフロンターレは、13分には荒井のパスに坂本がエリア左へ。 クリアされたところでフロンターレは交代。 齊名に代わり13柴田翔太郎。 村瀬がボランチ、柴田が右MF。 途中出場の前線の5がエリア前に仕掛けるなどしていくレイエス。 フロンターレもコンパクトに守り、いったんボールをものにすると、右へ流れた矢越のパスに、柴田がエリア内へ抜け出すなど、迫る場面をつくっていきます。 18分には下がり目で受けた坂本が持ち上がり、坂本のパスに児玉がエリア左へ。 クリアされ、左コーナーキックとなり、矢越がボールを入れると、正面でこぼれ球を拾った土屋がシュートを打ちますが、GK1がセーブ。 しかし、GK1が後ろからつないでいこうとするところを突いて、坂本がボールを奪うと、坂本から正面で受けた矢越が1対1に。 これを矢越は制して、シュートを放つとボールはゴールの中へ。 1-0。 先制点はフロンターレへ。 たたみかけるように、正面で村瀬がうまくボールをものにしたり、坂本、矢越とつないで、エリア内へ児玉が抜け出すなど迫っていくフロンターレ。 ところが23分、レイエスは左サイドからの攻めに。 折り返しを5が押し込み、1-1。 フロンターレは追いつかれることに。 25分にはさらにレイエス、左サイドから攻めていくと、受けた5が中央でうまく前を向き、ミドルシュートを打つも右へ。 フロンターレは知久が最終ラインに下り、両サイドを高めに。 土屋が右サイドを突くフィードを入れるなどしていくと、27分には村瀬、知久と中盤で回して、左サイド高い位置の荒井へ展開。 荒井が折り返すと、エリア正面、児玉からシュートを打つも右へ。 一方のレイエスも5が縦へ仕掛け、右へ展開すると、エリア外右、15がミドルシュートを打つも山本がセーブ。 試合はロスタイムに。 田所が坂本を左サイド高い位置へ走らせ、高い位置でスローインを得て、勝ち越しのゴールを目指していくフロンターレ。 ところが31分、レイエスは正面の5へボールが入り右へ展開すると、エリア内でフロンターレにハンドがあったとの判定でPKを得ます。 キッカーはキャプテンの23、これを決めて1-2。 勝ち越しのゴールはレイエスへ。 試合はまもなくタイムアップとなり、1-2。 フロンターレの関東ユース後半戦の初戦は、敗戦でのスタートとなりました。

次の

フロンターレU13

関東 リーグ u13

やや雲行きの怪しい天候で、風が冷たく思ったより肌寒く感じる気候でしたが、試合中は、少し雨の降る時間もあったものの、比較的試合をする機構としては最適だったと思われます。 聞いた話では、ここしばらく怪我の選手が多い状況であったり、4月に入ってから1点差で敗れる試合や引き分けの試合などが多く、やや苦しんでいるという話を聞いていました。 ゴールデンウィークには、大阪堺でのプレミアカップに挑む浦和レッズジュニアユースにとっては、大会に良いイメージで入るためにも、勝ちきれない流れを断ち切って、再び良い流れに乗るためにも、なんとしても勝っておきたい一戦でした。 では、試合の話に移りますね。 GK18番高草木天平、DFが左サイドバックに3番大西翔也、右サイドバックに23番白土大貴、センターバックに5番山崎舜介と4番橋岡大樹、MFが左に15番長谷川魁哉、右に7番菊地泰智、真ん中に14番弓削翼と8番立川将吾、FWが左に9番樋口颯太、右に10番シマブク・カズヨシ となります。 8番立川将吾は、怪我で数試合ぶりの復帰、10番シマブク・カズヨシも怪我からの復帰試合と言うことでした。 逆に、11番白田颯人が怪我でこの試合はベンチ外ということです。 前回の試合観戦から1か月以上空いての観戦となるため、その間の5試合ほどを見ずにということと、前回観戦して敗戦したFC東京U15深川戦のイメージとの比較になってしまいますが、この試合のスタートは、その時と比べて、まず中盤の8番立川将吾のプレーが、前回は守備的になりすぎていてらしくないと感じられたところが、攻撃のイメージも強く持ちながら守備のところでも、中盤でのプレスの意識高く、パスを捌くという役割もできており、更に全体的な動きのイメージでも、前回は、個々が強くなってしまっていて、味方を生かすイメージが少ない印象があった部分も良くなっていたと思います。 出だしの良いイメージ同様に、開始早々から、9番樋口颯太の惜しいシュートがあったり、連続でコーナーキックを獲得して攻め込むなど、かなり多くの時間相手陣内で攻撃をし続ける時間を作ることができていました。 良い攻撃、惜しい攻撃が繰り返される中で、6分に、10番シマブク・カズヨシが前線でキープし、8番立川将吾が中盤からゴール前に抜け出したところにタイミングよくパスを通し、しっかりシュートを決めて浦和が早い時間の先制に成功します。 7分には、10番シマブク・カズヨシがインターセプトから7番菊地泰智とのパス交換で再びパスを受けて攻めあがります。 こちらペースで試合が進む中で、相手の攻撃もややパス精度が低かったり単発で終了することが多く、時折、シュートを打たれると危険な位置でプレスが遅れたりするところはヒヤリとするところもあったものの、守備のところも問題なく跳ね返していました。 14分には、4番橋岡大樹の攻撃参加で、遠目の位置からシュートを狙うも、ここは相手ディフェンダーのブロックにあいます。 この攻撃参加の時に、センターバックの位置に、8番立川将吾がしっかり下がっていたのも良かったですね。 19分には、8番立川将吾が思い切りよく放った強烈なミドルシュートがクロスバーを叩きます。 23分には、中盤の14番弓削翼を経由して15番長谷川魁哉が持ち上がりチャンスを作ります。 そして、24分に、浦和が追加点を奪います。 この得点までの流れを見逃してしまい、喜んでいた選手と周りから聴こえた声で、10番シマブク・カズヨシのゴールかと思っていたのですが、オフィシャルを見る限りでは、14番弓削翼のゴールとありました。 2-0とリードを広げます。 27分には、8番立川将吾のサイドチェンジのパスを受けた7番菊地泰智が持ち上がりシュートを放つもキーパーに防がれます。 そして、28分に7番菊地泰智のインターセプトから、9番樋口颯太を経由して、裏へのパスに抜け出した15番長谷川魁哉が、キーパーの位置を見つつ、アウトサイドでふわりと浮かせたシュートでゴールし、3-0と大きくリードを広げます。 31分には、前線で10番シマブク・カズヨシがキープし、左の15番長谷川魁哉、いったん下げて8番立川将吾、更に下げて4番橋岡大樹とつなげ、右に大きな展開で攻撃というような、相手の守備で無理に仕掛けずに、味方のフォローで組み立てなおした、このような形も良かったと思います。 32分に、23番白土大貴が右前線のスペースにパスを出し、そのパスに8番立川将吾が反応するもわずかに届かなかったものの、14番弓削翼も同じように中盤から、足元だけではなく、前線のスペースに対してパスを出して、味方とタイミングが合えば大きなチャンスにつながるような、スペースへのパスを出す場面が多く見られましたが、良い試みだと思います。 こういうプレーが味方と確率高く合うようになると、より攻撃に迫力が増しますね。 ほぼ浦和が主導権を握り続けた形で前半を終了します。 後半に入ると、ハーフタイムに檄が飛んだのか、相手チームの前線からの運動量が激しくなり、この相手の勢いをうまくいなせないスタートから、相手の反撃を許してしまいます。 それでも、開始早々に8番立川将吾のインターセプトから9番樋口颯太への展開だったり、コーナーキックのチャンスで4番橋岡大樹が惜しいヘディングシュートを放ったり、10番シマブク・カズヨシがキーパーと1対1の形を作るなど、最初5分ほどは、浦和の追加点のチャンスは立て続けにあったものの、そこで決められないままに、7分に失点すると、9分にも失点を喫し2-3と1点差に迫られます。 なんとなくですが、長身の4番橋岡大樹のところに、小柄な選手が仕掛けるようなミスマッチをうまくいかされたような印象もあるものの、この時間帯は、相手の攻撃に後手後手になってしまっていたのは確かです。 そして、15分には、このミスマッチのところを突かれたというか、PKを取られるほどのプレーではなかったと思う場面でPKを取られてしまい、これを決められ3-3の同点に追いつかれてしまいます。 ただ、確かに相手の攻撃や前線からの激しさを増したプレスに苦しめられたものの、浦和の攻撃の回数自体が減ったわけでもなく、ゴールに迫る回数も多く、決めきれればもっと楽になりそうな状況ではありました。 そして、同点ゴールを決められた後のところで良かったことは、そこで堪えることができ、再び浦和のペースに戻すことができたということだと思います。 特に、前線で10番シマブク・カズヨシのところでパスが収まり、そこから攻撃がしっかり展開できたことが大きかったと思います。 そして、同点まで追いついた相手をガクっとさせたのが23分の10番シマブク・カズヨシのゴールでした。 4-3とリードを広げたところで、24分に7番菊地泰智に代わり19番山下勇希が入ります。 この時間帯での19番山下勇希の投入も相当効いたと思います。 運動量はもちろんのこと、中盤での狙いすましたインターセプトで何度も相手の攻撃の芽を摘むプレーは見事でした。 欲を言えば、そこからの攻撃でもう1点追加して試合を決めるところまで持って行けると更に良かった思います。 この19番山下勇希が絡んだ攻撃でも多くチャンスを作れていましたし、10番シマブク・カズヨシがサイドを突破してクロスまで持っていく場面も数回ありました。 更に、30分くらいには、8番立川将吾からのスピードのある縦パスにオーバーラップして抜け出した3番大西翔也が強烈なシュートを放つもここは、相手キーパーの好セーブで弾かれます。 終盤に、何度か相手にチャンスを作られたものの、5番山崎舜介のカバーなど、後半序盤の同点に追いつかれるまでの混乱はあったものの、再び逆転した後は、守備陣も集中して落ち着いて対処できていたと思います。 結局、試合はそのまま4-3で終了。 なんとか勝ちきってくれました。 3-0のリードを追い付かれたのですから、課題がないとは言えないのですが、4月のここまでの試合を勝ちきれない、引き分けになんとか持ち込んでという試合が続いていた中で、3-0を3-3にされたところから、再度逆転して、勝ち切れたという結果がなによりもこの試合では重要で褒められるべきものではないかと思っています。 いよいよ今週末から、プレミアカップですね。 グループリーグはあるとは言っても短期決戦ですし、今日の試合を踏まえて考えると、勝負強さを見せた部分は当然継続させてほしいですし、後は、相手のプレッシャーを受けた時に、中盤での連携がもう少しスムーズに行って、ここは守備の連携、ここは、攻撃の連携と、味方同士の距離感などでバランスを取って、相手のプレッシャーをいなせるようになっていくと、もっと良くなっていくかなと感じます。 ガッツリ優勝まで見届ける予定で大阪行きの予定を組んでいます。 良いとこ取りばかりな足の運び方ですみませんが、今日の勝利から、プレミアカップ優勝まで、しっかり見届けさせてもらいますからね! ではでは。

次の

関東:2013メトロポリタンリーグ(U

関東 リーグ u13

[1種 一般 ]• [2種 高校生年代 ]• [3種 中学生年代 ]• [4種 小学生年代 ]• [女子]• [シニア]• [フットサル]• [ビーチサッカー]• JFA. [日本代表]• [日本女子代表]• [フットサル日本代表]• [ビーチサッカー日本代表]• [サッカーe日本代表]• [1種 一般 ]• [2種 高校生年代 ]• [3種 中学生年代 ]• [4種 小学生年代 ]• [女子]• [シニア]• [フットサル]• [ビーチサッカー]•

次の