1 週間 ダイエット メニュー。 ダイエットに効果的な筋トレ1週間メニュー | VOKKA [ヴォッカ]

最も痩せる1週間のダイエットレシピ!真似するだけの食事メニュー・献立とは|CALORI [カロリ]

1 週間 ダイエット メニュー

具体的にどんな献立を立てていけばいいのか、例を挙げておきます。 これはかなりしっかり自炊する派の献立例なので、面倒な場合は昼はコンビニ、朝は夕食の残り物を使ってもOKです。 作り置きしておいてその都度色々組み合わせてもいいでしょう。 朝食 昼食 夕食 1日目 ハムエッグ、茹でキャベツサラダ ゴーヤチャンプルー、鶏肉団子スープ チキンソテー、豆のトマトスープ、葉野菜グリーンサラダ 2日目 具だくさんサラダ 炒り卵炊き込みご飯、鮭の胡麻味噌焼き、もやし塩昆布和え 白菜とハムの重ね蒸し鍋、キャベツオムレツ 3日目 キャベツのオムレツ、わかめとえのきのスープ、ブランパン 白菜シューマイ、しらたきラーメン、こんにゃく高菜炒め 魚介の豆乳ポトフ、きのこと豆のマリネ、野菜のアボカドディップ 4日目 鶏肉のポトフ、ブロッコリーのチーズ焼き イカとアスパラの生醤油がけ、肉豆腐 豚肉の生姜焼き、ツナと小松菜の和え物、大根とブロッコリーの味噌汁 5日目 きのこマリネ、アボカドチーズオムレツ ガパオレタス包み、しいたけのタルタルソース焼き ひき肉と納豆炒めレタス包み、タコとしめじオクラのグリル、くずし豆腐と青菜のスープ 6日目 エビと卵のカレー炒め、野菜たっぷり豆乳スープ しらたき担々麺、かぶのソテー 白身魚のカルパッチョ、かぶとベーコンのソテー、まいたけのクリームスープ 7日目 油揚げスコッチエッグ、豆腐のポテトサラダ風 ナスと豚肉の辛味炒め、高野豆腐チャーハン、春菊のナムル 鶏団子ちゃんこ鍋、セロリのきんぴら ちなみに、1週間のうちで最もエネルギー消費が大きくなるのは水曜日です。 なので食べたいものがある場合は水曜日に食べて他の曜日で調整してあげると太らずにダイエットできます。 水曜日のメニューは他の曜日よりもたっぷり食べてもいいように献立を組み立ててあげると無理なく過ごせます。 糖質オフの1週間ダイエットメニューの組み立て方 糖質オフで1週間ダイエットメニューを組み立てる場合は、主食を抜くのがポイントです。 糖質制限では血糖値を上げる主食のご飯やパン、麺類を抜いて、代わりにおかずをしっかり食べて満足して痩せるようにします。 糖質オフの1週間ダイエットメニューの組み立て方 主菜 まずメインのおかずを決める。 動物性がメインの場合は植物性タンパク質を合わせるなどバランスを考える。 だいたい2〜3品揃えるとバランスよく糖質オフダイエットができます。 1週間ダイエットメニューの朝食はパターン化か作り置きで 昼は自炊が理想ですが、忙しくて作る時間がない場合はコンビニを活用しても痩せることはできます。 1週間ダイエットメニューは無理なく続けることが大切なので、ストイックに考えすぎず便利なものは活用していきましょう。 コンビニはご飯やパンがメインになりますが、ここに海藻サラダなど食物繊維が多い食品を加えることで血糖値の上昇を防ぐことができます。 カップ味噌汁に入れたり、チャーハンに混ぜたり、野菜サラダにさらにトッピングしてあげるといいです。 汁物を先に食べると血糖値の上昇が緩やかになりますし、チャーハンは油でコーティングされているので血糖値が上がりにくいです。 サラダに海藻を加えると野菜だけでは不足する水溶性食物繊維もプラスすることができます。 糖質オフの食べ物を選ぶ 外で食べる1週間ダイエットメニューの理想の昼食は、手作り弁当です。 普通のお弁当だと主食が120gくらいでメインになりますが、糖質オフの1週間ダイエットメニューではおかずメインにします。 もしご飯を食べたい場合は、胚芽米や玄米に変えるのがおすすめです。 主菜は肉、魚、卵など動物性タンパク質を1品選ぶようにします。 前日の夕食のおかずや食材を上手に活用すると楽で経済的です。 例えば刺身を2〜3切れ取り分けておいて、翌日焼いたり少量の油で炒めれば夕食のおかずをそのまま主菜に活用できます。 糖質オフの1週間ダイエットメニューでは副菜の扱いが大切です。 主食を減らす分、副菜でボリュームを出すようにしましょう。 肉や魚は茶色っぽくなるので、副菜で赤や緑を加えてあげるといいです。 お弁当のおかずは冷めると塩分を感じやすくなるので、作るときは薄味を心がけましょう。 スムージー置き換えもおすすめ お弁当を作り忘れてしまった、又は作るのが面倒な人は、スムージーを自宅で作り持っていくのもおすすめです。 ミキサーで本格的に作るのもいいですが、今は粉末で売られているスムージーもありますし、水にサッと溶かすだけで簡単に作ることができます。 スムージーには豊富な栄養素や酵素が配合されているので、置き換えでも健康的にダイエットができて嬉しいですよね。 チキンソテーは調理がシンプルで飽きがこない使えるレシピです。 塩、こしょう、レモンだけのシンプルな味付けでも満足できます。 もも肉や胸肉など使う肉の部位によってアレンジが効くので助かります。 このままシンプルに食べてもいいですし、醤油を加えて七味唐辛子、柚子胡椒などを添えると和風に仕上げることができます。 好みで味付けするとバリエーションが広がります。 その日に安く手に入るお肉を使うと経済的です。 鶏肉は糖質ゼロで焼くだけで美味しく、食べ応えがあるのでヘビロテおかずとして使えます。 シンプルな味付けなら副菜のバリエーションも広がります。 鶏肉を観音開きにし、塩こしょうをふり室温に置く。 エリンギは1cmの厚さ、インゲンは半分に切る• フライパンにオリーブ油、半分に切ったにんにくをいれ熱し、胸肉を焼く• 空きスペースでエリンギ、インゲンも焼く• 鍋物にすると、肉も野菜もたっぷりとれて味付けや具もアレンジできるので楽です。 薬味を変えることで飽きずに食べることができます。 鍋好きなら夜は毎日鍋物にして野菜をたっぷり摂るのもおすすめです。 野菜を煮るとカサが減ってたくさん食べられるようになりますし、水分でしっかり満足できます。 具を煮る前のちょっとした楽しみができます。 ヘルシーでクリーミーな豆乳で、鶏肉が滑らかな口当たりになります。 糖質オフでは小麦粉が入っているシチューは避けたい食品なので、代わりに豆乳を使うレシピを覚えておくと便利です。 5カップ ポン酢、柚子胡椒 各適量• 鶏肉は5mmの厚さのそぎ切り。 白菜は葉と軸に分け葉は一口大のざく切り、軸は縦5mm幅の細切り• にんじんをピーラーで縦にリボン状に薄切りにする。 万能ネギは6〜7mmの長さに切る• 鍋に投入を入れ火にかけ、ゆっくり煮立てる。 上に膜が張ってきたら箸で救って小皿にとる• 3の膜は好みでわさび醤油などで食べる• 鍋にだしを加え、煮立ったら1と2を加えて煮る。 糖質オフの1週間ダイエットメニューに慣れてくると、サラダがご飯の代わりのように美味しく感じられるようになります。 定番のレタスだけでもいいですが、それ以外の葉野菜も使ってみると色々な食感が味わえて飽きません。 糖質オフダイエットでは主食をなくすので、味付けが濃く感じますが、葉野菜のサラダを食べると味が緩和されます。 ドレッシングは市販のものを使ってもいいですが、ここでは糖質をほとんど使わずにできるオリーブ油を使ったにんにく仕立てのドレッシングを作ります。 ツナ以外なら豆腐や鶏ささみなどをトッピングしても美味しいですよ。 葉野菜を食べやすくちぎり、冷水につけてシャキッとさせてから水気をしっかり切る• きゅうりは縞目に剥き、5mmの厚さの輪切りに切る• しらたきは糖質もカロリーもほぼ0の超ダイエット向け食材です。 しらたきを一度熱湯でさっと茹でてくさみを抜いて水気を切って麺の代わりにして使います。 しらたき担々麺は見た目はかなりボリュームがありそうですが、1人分のカロリーは388kcal、糖質は3. 8gで抑えられています。 糖質オフ中でも罪悪感なく麺食の感覚を楽しむことができます。 これだけの献立の場合は、野菜をもっと増やしてみるといいです。 牛乳や豆乳を飲んで栄養バランスを整えるとちょうど良くなります。 ショウガは体を強力に温めてくれるダイエット食材なので、積極的に使ってみるといいですよ。 チンゲン菜は1枚ずつ剥がし、塩(分量外)で茹でておく• ネギ、しょうがはみじん切りにし、ごま油、豆板醤と共に鍋に入れて熱する• 香りが出てきたらひき肉を加えて炒め合わせる。 卵は黄身がとろける程度になるように調整すると、野菜と絡んで美味しいですよ。 これにミルクティーをつけても糖質12g、エネルギー380kcalくらいに抑えられます。 鍋に水を5cmの深さにはり沸騰させて酢と塩を少々加えて卵を割り入れてフタをし、弱火で2〜3分煮る• ブロッコリーは小房に分けて塩少々を加えた湯でさっと茹で、サニーレタスは食べやすい大きさにちぎる• ハムは1枚を8つ切りにする• そんな時には1週間の献立を厳密に守ろうとしなくてもOKです。 食べ過ぎた翌日にリセットして1週間の食事バランスを整えていけばいいです。 1週間分の献立を立てたからといって絶対にそれを守らないといけないわけではありません。 もし前日に肉を食べ過ぎたなら、翌日の献立の肉を少なくしたり、野菜を多めにするようにします。 あまりお腹が空いていないなら、お腹が減るまで水かお茶だけで過ごしてもいいでしょう。 翌日にリセットすればその次の日からはだいたい元の調子に戻るので、その日から改めて献立通りに作るようにするといいです。 献立は臨機応変に使うのがコツです。 以上、1週間ダイエットメニュー、簡単で美味しいおすすめの痩せる献立、レシピについて見てきました。 1週間で痩せるための食べ方の基本は、糖質オフを心がけることです。 主食のご飯、パン、麺類を除いて、主菜と副菜をメインに食べるようにします。 1週間の糖質オフ献立例は以下の通りです。 朝食 昼食 夕食 1日目 ハムエッグ、茹でキャベツサラダ ゴーヤチャンプルー、鶏肉団子スープ チキンソテー、豆のトマトスープ、葉野菜グリーンサラダ 2日目 具だくさんサラダ 炒り卵炊き込みご飯、鮭の胡麻味噌焼き、もやし塩昆布和え 白菜とハムの重ね蒸し鍋、キャベツオムレツ 3日目 キャベツのオムレツ、わかめとえのきのスープ、ブランパン 白菜シューマイ、しらたきラーメン、こんにゃく高菜炒め 魚介の豆乳ポトフ、きのこと豆のマリネ、野菜のアボカドディップ 4日目 鶏肉のポトフ、ブロッコリーのチーズ焼き イカとアスパラの生醤油がけ、肉豆腐 豚肉の生姜焼き、ツナと小松菜の和え物、大根とブロッコリーの味噌汁 5日目 きのこマリネ、アボカドチーズオムレツ ガパオレタス包み、しいたけのタルタルソース焼き ひき肉と納豆炒めレタス包み、タコとしめじオクラのグリル、くずし豆腐と青菜のスープ 6日目 エビと卵のカレー炒め、野菜たっぷり豆乳スープ しらたき担々麺、かぶのソテー 白身魚のカルパッチョ、かぶとベーコンのソテー、まいたけのクリームスープ 7日目 油揚げスコッチエッグ、豆腐のポテトサラダ風 ナスと豚肉の辛味炒め、高野豆腐チャーハン、春菊のナムル 鶏団子ちゃんこ鍋、セロリのきんぴら 今回はローテーションで使える便利なレシピを紹介しました。 使い勝手がいいレシピを覚えておけば、1週間ダイエットメニューに応用しやすくなります。 あまりストイックに考え過ぎて辛くならないように1週間楽しく美味しくダイエットしていきましょう。 面倒な人にはスムージーがおすすめと話しましたが、食べ過ぎてしまった翌日にもスムージー置き換えがおすすめです。 栄養と酵素で体の中をリセットして、また次の日から通常のレシピで食事をすれば、罪悪感も感じずに過ごせますよ。 ぜひお試ししてみてくださいね。

次の

【5キロの緊急ダイエット】1日~1週間の期間別すぐに痩せる方法|CALORI [カロリ]

1 週間 ダイエット メニュー

この記事の目次• 女性必見!筋トレの概要について まずは1週間メニューの概要について見ていきましょう。 このメニューは、基本的に、これから筋トレを始めようとしている筋トレビギナー向けにまとめました。 よって、 難易度の低めのものばかりを集めています。 といっても、回数と負荷を増やすことによって、上級者でも対応可能です。 上手に活用してください。 難易度と回数 難易度の低いものでも回数を多く行えば、筋肉痛になるほどの効果が見込めますよ。 最初の1週間はそこそこの回数で良いのですが、もしも今後も続けようと思うなら、徐々に回数を多くしていくとよいです。 回数に比例して効果はアップします。 また、自重筋トレにダンベをと組み合わせることもできます。 ダンベルを手にもって自重筋トレを行うことによっても効果はアップします。 筋トレにかける時間 運動には2種類あって、有酸素運動と無酸素運動に分かれます。 筋トレは、このうちの無酸素運動にあたります。 例えば仮に、 有酸素運動をする場合は、脂肪燃焼が始まるのが運動を開始してから20分経ってからのため、最低でも20分以上、できれば1時間程度行う必要があります。 つまり、ある程度のまとまった時間がかかってしまうのですね。 その点、 筋トレのような無酸素運動であれば、たった5分でも10分でも構いません。 隙間時間や気分転換がてらでもサクッと行うことができます。 ダイエット向きの筋トレ マッチョを目指すのではなくダイエットのために筋トレをする場合、「 軽い負荷で回数を多く」、がモットーです。 逆に、「重い負荷で回数少なく」は男性が好んで行うスタイルです。 実際にはホルモンの関係があるので、この方法でやってもマッチョにはならないと思いますが、女性向きとはいえません。 求める方向性を見極めて、スリムボディを手に入れましょう! 準備するもの この記事では、自重筋トレとダンベル筋トレのメニューを掲載しています。 このうち自重筋トレは何も用意しなくてもすぐに始めることができますが、 ダンベル筋トレは1~2キロ程度の重さのダンベルが2個必要になります。 簡単な入手先としては、100円ショップの他、アマゾンなどのネット通販がおすすめです。 ポップな色のものやおしゃれなものが欲しい場合はネット通販が良いでしょう。 女性向き筋トレ:1日目の筋トレメニュー4選 1日目の筋トレメニューをご紹介しましょう。 1週間コースのスタートの日です。 まずは体を目覚めさせて、筋トレに慣れさせていきます。 ウォーミングアップの筋トレメニューは以下になります。 ・かかとを上げてゆっくりとつま先立ちになります。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・これを20回繰り返します。 ふくらはぎから足先までに影響を与える筋トレです。 血行もよくなるので、 むくみ解消にも役立ちます。 立ち仕事をされている方に特におすすめです。 仕事中にちょこっと行うこともできます。 ・足をまっすぐに伸ばして、手もまっすぐに頭上に伸ばします。 ・両手両足を同時にアップさせて、体を弓なりにします。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・これを20回行います。 スーパーマンが宙を飛んでいる時のようなポーズです。 全身の運動になりますが、特に背中と胸に刺激を与えます。 猫背の人の姿勢矯正にも有効です。 体が目覚めるポーズです。 ・片方のダンベルを、胸に近づけるように引き上げます。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・もう片方のダンベルを、胸に近づけるように引き上げます。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・これを左右10回ずつ行います。 ダンベル筋トレのド定番のメニューです。 もっとも簡単なものなので、ここから始めましょう。 使うダンベルは1キロのものがベストで、重くても2キロまでに抑えましょう。 ・左右のダンベルを持ったまま、肩の位置まで持ってきます。 ・そこから、片方のダンベルを、頭の上へと伸ばします。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・もう片方のダンベルを、頭の上へと伸ばします。 ・ゆっくりと物に戻します。 ・これを左右10回ずつ行います。 腕の裏側の筋肉を鍛えるメニューです。 ダンベルの重さが負荷になって、ほどよく効き目があらわれます。 血行もよくなるので、気分転換をしたいときにもおすすめの筋トレです。 女性向き筋トレ:2日目の筋トレメニュー3選 2日目の筋トレメニューをご紹介しましょう。 徐々にペースアップしていきます。 全身を鍛える筋トレメニューは以下になります。 ・手は頭の後ろに置くか、胸の前に伸ばしておきます。 ・ゆっくりと体を落としていきます。 ・太ももと床が平行になるまで落とします。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・これを10回繰り返します。 スクワットは下半身の運動と思われていますが、実は全身運動になるのです。 20回でやめてしまっても良いですが、もっと回数を多くすることによって、筋肉を鍛え、筋肉痛になることもできます。 非常に効果的な筋トレメニューです。 ・手は肩幅に開き、足はまっすぐにそろえて伸ばします。 ・体を浮かせて、両手とつま先で体を支えます。 ・この状態から、片方の足を胸に近づけるように真下にもってきます。 ・軽くジャンプして、左右の足を入れ替えます。 ・これを10回繰り返します。 サーキットトレーニングで良く行われる筋トレです。 大真面目に行えば、 無酸素運動と有酸素運動のミックスの運動にもなります。 とても有効な全身運動です。 ・下におろした手とダンベルと、一気に頭の上に持ち上げます。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・これを10回繰り返します。 体が丸まっていたり、猫背になっていたりする時に行うと、気分がスカッとする筋トレです。 たいした運動ではないのですが、 姿勢矯正に非常に有効です。 こまめに行うと良いでしょう。 女性向き筋トレ:3日目の筋トレメニュー3選 3日目の筋トレメニューをご紹介しましょう。 3日目は上半身を中心に鍛えていきます。 上半身の筋トレメニューは以下になります。 ・両手は肩幅に開いて体を支え、足はまっすぐに延ばしてつま先で体を支えます。 ・頭のてっぺんから足先マで1直線になるように意識します。 ・ゆっくりと胸が床につくぎりぎりまで体を落としていきます。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・これを20回繰り返します。 腕立て伏せは、胸と背中の筋肉を鍛えます。 バストアップ効果とわき肉をなくす効果もあるので、とてもおすすめの筋トレです。 こまめに行って美乳をめざしましょう。 ・この状態から、片方の足を宙に持ち上げます。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・もう片方の足を宙に持ち上げます。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・これを20回繰り返します。 下半身の運動になると同時に、胸と背中の運動にもなります。 つまり、全身運動ですね。 宙に持ち上げるときに思いっきり上げれば、ヒップアップにもなります。 とても効率のよい筋トレポーズです。 ・その手を胸の前にもってきて、前方にまっすぐに伸ばします。 ・この状態から、左右に大きく開きます。 ・胸がブルブルいってきます。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・これを10回繰り返します。 胸の筋肉を鍛えるダンベルメニューです。 バストアップにもなれば、 わき肉を撃退することもできます。 普段なかなか使わない胸の筋肉を刺激するので、気分的にもとても爽快になります。 女性向き筋トレ:4日目の筋トレメニュー4選 4日目の筋トレメニューをご紹介しましょう。 4日目はお腹周りを中心に鍛えていきます。 お腹周りの筋トレメニューは以下になります。 ・手は頭の後ろで組みます。 ・頭と肩を持ち上げて、腹筋を刺激します。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・これを20回繰り返します。 普通の腹筋運動の軽いバージョンです。 腹筋が弱い方でもこの程度ならきっとできるでしょう。 頭は無理に持ち上げる必要はありません。 腹筋を意識していればOKです。 やっているうちに楽にできるようになります。 ・手は頭の後ろにおいて、足はまっすぐに伸ばします。 ・この状態から、片方の足を胸に近づけて、ウエストをひねります。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・反対の足を胸に近づけて、ウエストをひねります。 ・ゆっくりと物に戻します。 ・これを20回繰り返します。 お腹周りに非常によく効く筋トレで、お腹の前側だけでなく、両端側にもビンビンきますよ。 難易度は高くないので、気軽にサクサク行うことができます。 隙間時間があったらこまめに行うとよいでしょう。 ・ダンベルを持って、だらんと下に伸ばしておきます。 ・この状態から、ダンベルを持ったまま、ウエストを右にひねります。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・ウエストを反対側の左にひねります。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・これを10回繰り返します。 ダンベルの重さでウエストがシェイプされる筋トレです。 ひねった時に、腕はできるだけまっすぐに伸ばしたままにしておきます。 大きくひねるほど効果が大きいです。 ・ダンベルを胸の前に盛ってきます。 ・この状態から、腹筋をします。 キツイ場合は体を持ち上げる程度で構いません。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・これを10回繰り返します。 ダンベルを持つことによって、腹筋を鍛える効果がアップします。 ただし、腹筋が苦手な方の場合はキツイかもしれません。 少しずつ慣れていくとよいでしょう。 女性向き筋トレ:5日目の筋トレメニュー4選 5日目の筋トレメニューをご紹介しましょう。 5日目は下半身を中心に鍛えていきます。 下半身の筋トレメニューは以下になります。 ・手は腰に置きます。 ・ゆっくりと体を落としていきます。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・これを20回繰り返します。 超定番の下半身筋トレです。 普段使わない太ももの裏の筋肉も鍛えることもできます。 太ももの裏のぜい肉を摂りたい場合に特におすすめの筋トレです。 ・膝を立てます。 ・お尻を持ち上げます。 ・その状態で、片方の足を上げて伸ばします。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・もう片方の足を上げて伸ばします。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・これを20回繰り返します。 下半身全体の筋トレになりますが、特にお尻の太ももに効きます。 お尻を小さくしたい、 ヒップアップしたい、という場合におすすめの筋トレです。 ・この状態から、ゆっくりと体を落としていきます。 ・太ももと床が平行になるまで落とします。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・これを10回繰り返します。 ダンベルを持って行うスクワットです。 ダンベルの重さが負荷になって、筋肉を鍛える度合いがアップします。 下半身の他に全身運動にもなります。 ・この状態から、ゆっくりと体を落としていきます。 ・太ももと床が平行になるまで落とします。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・これを10回繰り返します。 ダンベルを持って行うランジです。 スクワットと同じで超ド定番の筋トレですが、ダンベルと持って行うことで、効果がさらにアップします。 下半身の運動の他、全身運動にもなります。 女性向き筋トレ:6日目の筋トレメニュー4選 6日目の筋トレメニューをご紹介しましょう。 徐々にペースダウンしていきます。 ゆっくりと終われるように持っておきましょう。 全身を鍛える筋トレメニューは以下になります。 ・体を落としていき、スクワットのような状態にします。 ・この状態から、上に向かってジャンプします。 ・これを20回繰り返します。 スクワットのような状態にしたときに、多少なら反動をつけてもよいです。 反動をつけて飛び上がると簡単にジャンプすることができますよ。 全身の血行もよくなる筋トレです。 ・腕とつま先を使って、横向きに体を浮かせます。 ・この状態で30秒間キープします。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・これを20回繰り返します。 体を横向けにする筋トレはなかなかないので、とても良い運動になります。 基本的には体幹を鍛えますが、下半身も筋トレにも効果的です。 キープしたときに息を止めないように気を付けましょう。 ・ダンベルを持った手を、自然に下におろします。 ・この状態から、左右に羽を広げえるように持ち上げていきます。 ・肩の高さまで持ち上げたら、ゆっくりと元に戻します。 ・これを10回繰り返します。 腕と脇腹に効くダンベル筋トレです。 慣れないとちょっときついかもしれませんが、数回行えば慣れてしまいます。 普段使わない脇腹を鍛えるので、気分も爽快になります。 ・ダンベルと持った手を自然に下ろし、太ももの前においておきます。 ・この状態から、手を下に伸ばして体を丸めます。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・次は逆に体を反らせます。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・これを10回繰り返します。 とても簡単ですが、腸を刺激して、 便秘解消にも役立ちます。 また、猫背の方にとっては矯正効果も見込めます。 女性向き筋トレ:7日目の筋トレメニュー4選 7日目の筋トレメニューをご紹介しましょう。 1週間コースの最終日です。 クールダウンの筋トレメニューは以下になります。 ・腕は自然に下ろして、足はまっすぐにそろえて伸ばします。 ・両方の足を宙に浮かして、バタバタと上下させます。 ・これを30秒間続けましょう。 下半身の血の巡りがよくなる筋トレです。 全然難しくないので、お風呂から上がった後や、寝る前に行うと良いでしょう。 習慣にすると良いです。 もちろん毎日やっても構いません。 ・腰に手を当てて、腰を持ち上げます。 ・この状態で、足を天井にまっすぐに伸ばします。 ・足を左右に大きく開きます。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・これを20回繰り返します。 足が綺麗な方に人気のある筋トレです。 太ももの内側のぜい肉を撃退することができるので、太ももに隙間を作ることができます。 太ももが気になる方に特におすすめの筋トレです。 ・そのままダンベルと肩に乗せます。 ・この状態から、片方の腕を前方に伸ばします。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・もう片方の腕を前方に伸ばします。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・これを10回繰り返します。 腕全体の筋肉を鍛えるダンベル筋トレですが、 特に二の腕の内側を鍛えることができます。 お肉が付きやすい部分なので、こまめに行って撃退すると良いでしょう。 ・腕を下に伸ばし、太ももの横においておきます。 ・この状態から、右側の肩を落として、右側の体を下げます。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・左側の肩を落として、左側の体を下げます。 ・ゆっくりと元に戻します。 ・これを10回繰り返します。 とても簡単な筋トレですが、腸を刺激して 便秘解消にも有効です。 お腹にも適度に効果が見込めます。 気分転換にもよいので、隙間時間にサクっと行うと良いでしょう。 1週間の女性向き筋トレの口コミ 糖質制限、筋トレ、ストレッチで約1週間で約6kgくらい痩せ、しかも健康的な見た目の痩せを実現した女性とお会いしたので、人間、やる気になればできるってのは年齢関係なく事実だな、と。 加齢とともに痩せにくい体質になりやすくなるから、痩せたければ、行動しろ!just now!と。 1週間で5キロ動画、体幹、腹筋、お尻に効きそうだし 複雑じゃないから やってみようかなぁ🍌 って チーズケーキ食べながら思ってる。 2週間、3週間…1ヶ月もすれば習慣になる— 筋トレを促すフランクコーチbot FrankCampanaBot 自宅でもできる筋トレでシェイプアップしよう.

次の

ダイエットに効果的な筋トレ1週間メニュー | VOKKA [ヴォッカ]

1 週間 ダイエット メニュー

ダイエットレシピなら肉やお菓子を食べても1週間で痩せる? 食べる量は決して多いわけではないのになぜか痩せられない。 そのような悩みを抱えている人は、まずは自分が一日で食べたものを全て書き出してみましょう。 なぜなら、自分ではそれほど食べていないと思っていても、「つい口寂しくて・・」とか「何となく目についたから」などの理由で、空腹時以外にあれこれと食べてしまっている可能性があるからです。 そして、食べたものを書いたら、そこからカロリー計算をしてみましょう。 カロリー計算は、食べ物のカロリーを表示しているインターネットサイトを利用したり、スマホのアプリなどで簡単に調べることができますが、多少の誤差にこだわる必要はありません。 この段階では、あくまでもおおよその摂取カロリーを知ることが大切です。 そうすると、量は食べていなくても、摂取カロリーが高いことがわかると思います。 中には、カロリーが低いと思っていたものが思っていた以上に高カロリーだった、という場合もあります。 ダイエットの基本は摂取カロリー<消費カロリーですから、食べる量が少ないにも関わらず痩せられない時は、食べているもののカロリーが高いと考えられますが、そのような時に役に立つのがダイエットレシピです。 ダイエットレシピは低カロリーであることが絶対条件ですから、それさえ食べていれば痩せられるでしょう。 しかし、ダイエット=低カロリーと安易に考えてしまうと、体に必要な栄養素が足りず、体調不良になったりストレスが溜まるなどの原因になりかねません。 また、いくらダイエットに効果があるとしても、高価なものであれば毎日食べ続けることは困難になりますよね。 そこでここでは、節約しながら一週間で効果が期待できる、おすすめのダイエットレシピをご紹介したいと思います。 ダイエットによいと言われている食材は数多くありますが、その中でも今回は豆腐とささみにスポットをあててみました。 さらに、作り置きしておけば、いつでもすぐに食べることができるスープのレシピも併せて掲載していますので、これからダイエットを始めようと思っている方は、ぜひ一度ご覧頂けたらと思います。 ダイエット中におすすめの食品とは? ダイエットによい食品は、低カロリーであることが絶対条件と言えます。 しかし、このカロリーという言葉、当たり前のように聞きますが、どのような意味なのかしっかり理解しているという方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。 カロリーは、人が生きていくためのエネルギーとなるもの。 電化製品は電気をエネルギーにして動きますよね? また、車はガソリンがなければ走れないように(最近は電気自動車もありますが・・)、人も呼吸をしたり、立ったり歩いたり話したりするためにはエネルギーが必要となります。 そして、そのエネルギーは食べ物から摂取します。 摂取した食べ物に含まれるカロリー(エネルギー)は、日常生活や運動などによって消費されますが、この時、摂取したカロリーよりも消費カロリーが下回れば、体内にはカロリーが残った状態になりますよね。 そこにさらに食事よってカロリーが追加され、カロリーがどんどんと蓄積されていくと、これが脂肪になってしまいます。 つまり、脂肪は消費されなかったカロリーの塊ということになります。 このようなことから、ダイエット方法として最も理想的なのは、食べた以上に運動することと言えます。 しかし、毎日忙しい中で運動をする時間をなかなか作れない場合や、運動そのものが苦手と言う人もいますよね。 それならば、消費できるカロリーに制限があるなら、摂取カロリーを抑えようというわけです。 いかがでしたか? どうしてダイエットに低カロリーの食品がよいのか、その理由がよくおわかり頂けたのではないでしょうか。 1週間で痩せられる? ダイエットを始める時、多くの方は「1ヶ月で痩せたい」「1週間で痩せたい」のように、期限を設けるのではないかと思います。 でも、そんな短期間で本当に痩せることはできるのでしょうか。 理論上、脂肪1gを燃やすのに必要なエネルギーは1㎉と言われており、1kg痩せるには9,000㎉の消費が必要となります。 ただし、脂肪1kgのうち脂質は8割程度で、残りの2割は水分などで構成されていることがわかっているため、1kg痩せるには7,200㎉の消費が目安となるそうです。 これを1週間に当てはめてみると、約1,029㎉となります。 日本の成人男女の摂取カロリーの平均は、1,800~2,200㎉と言われているため、一日1,000~1,200㎉で食事を行うようにすると、1週間でも1kg痩せることは可能となります。 豆腐を使った節約のダイエットレシピ5選 ダイエットに低カロリーの食品は欠かせませんが、ただやみくもに低カロリーのものばかりを食べていると、栄養不足になりかねません。 特に、カロリーの低い食品を摂るようになると、不足しがちになるのがたんぱく質。 たんぱく質は、三大栄養素の一つに数えられ、摂取量が足りなくなると心身に様々な影響を及ぼすと言われています。 中でもダイエットに関係してくるのが筋肉量の低下に伴う代謝の減少です。 筋肉が減ると基礎代謝が落ち、返って太りやすくなるため、ダイエット中はカロリーが低いものを意識して食べながら、同時にたんぱく質不足にならないように注意しなければなりません。 そのような場合にとてもおすすめなのが、豆腐です。 豆腐は低カロリーでありながら、高たんぱく質(植物性たんぱく質)の食品なので、ダイエット中にはぜひ摂りたい食品の一つ。 そこでここでは、豆腐を使ったダイエットレシピをご紹介したいと思います。 豆腐を使ったダイエットメニューとして定番のサラダですが、このレシピはクックパッドでつくれぽ580人超えの大人気レシピ。 簡単ながら味に定評があるレシピなので、ぜひ作ってみて下さいね。 参考URL: 豆腐とキャベツのお好み焼き風 耐熱皿に入れレンジで加熱した豆腐の粗熱をとり、刻んだキャベツ、卵、薄力粉、顆粒だし、塩コショウと合わせてよく混ぜたら、油をひいたフライパンに流し入れ、両面をかりっとするまで焼いて、最後に刻んだねぎをトッピングして完成です。 豆腐を入れることで薄力粉の量を減らすことができ、また食べる時はたっぷりとポン酢を掛けるので、ソースやマヨネーズで食べる通常のお好み焼きよりもカロリーダウンが期待できます。 こちらもつくれぽ1,800件超えの大人気レシピとなっています。 参考URL: 糖質控えめ!ふわふわ豆腐ハンバーグ ボールに鶏ひき肉とナツメグを入れ、粘りが出るまでよく混ぜたら、そこにみじん切りした玉ねぎ(食感を残したい人はそのまま、やわらかく仕上げたい場合はレンジで加熱)、豆腐、卵を入れさらによく混ぜ合わせます。 種が完成したら冷蔵庫で少し冷やし、小判型に成形して、オリーブオイルをひいたフライパンで焼きます。 完成したハンバーグに大葉、大根おろしを乗せ、ポン酢を掛けて頂きます。 このレシピでは繋ぎに炭水化物を使っていないため、糖質制限をしたい方にもおすすめです。 ボールに潰して滑らかになるまでかき混ぜた豆腐、卵を入れて混ぜ、そこに炒めたベーコンを入れて、塩をブラックペッパーで味を整えます。 茹でたパスタとお好みの野菜を入れ、とろけるチーズを加えたら、ブラックペッパーでもう一度味を調えて完成です。 生クリームや粉チーズを使用しない分、カロリーを抑えつつも、濃厚な味わいはしっかりと楽しめる仕上がりになっています。 加熱したら、きな粉とお好みのドライフルーツをトッピングして完成です。 ダイエット中でもデザートが食べたいという時は、低カロリーの豆腐を使ったこんなレシピはいかがでしょうか。 豆腐は、絹豆腐を使うよりも充填豆腐を使用した方が水分が出にくく、口当たりもよくなるのでおすすめです。 参考URL: ささみを使った簡単なダイエットレシピ5選 低カロリー高たんぱく質の食品としてよく知られている鶏のささみ肉。 ダイエットにおいて、カロリーを抑えつつ、筋肉に必要なたんぱく質をしっかりと補えるため、理想的な食品と言えるでしょう。 しかし、鶏のもも肉のように脂肪分が少ないため、調理してもぱさつきが気になったり、味が淡泊すぎて美味しく感じない・・。 ささみに対して、このようなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。 いくらダイエットに効果があると言っても、美味しくなければなかなか続けることができませんよね。 そこでここでは、ささみを使った簡単で美味しいレシピをご紹介したいと思います。 鶏ササミ肉の甘辛レモン炒め 一口大に削ぎ切りしたササミ肉に、酢、塩コショウを振って馴染ませ、そのまま15分ほど置いておきます。 小麦粉をまぶしたササミ肉を、サラダ油を熱したフライパンに並べ、片面を軽く焦げ目がつくまで焼いたらひっくり返して蒸し焼きにします。 そこに、酒、しょうゆ、みりん、レモン汁、砂糖で作ったタレを加えて煮絡めて、白ゴマを振って完成です。 輪切りにしたオクラを電子レンジで加熱し、千切りにした長いもとささみ、だし醤油、白だし、かつお節、粗く擦った白ゴマ、一味唐辛子と混ぜ合わせて完成です。 オクラと長いものネバネバ食感がプラスされることで、ささみのパサつきが抑えて美味しく頂けます。 ささみ肉を適当に割き、5㎝ほどにカットした三つ葉、塩コショウ、ごま油、粉末だし、醤油、ごまと和えて完成です。 ささみは粗熱をとって冷ましてもよいですが、熱い状態で調理すると三つ葉がしんなりして、味の馴染みがよくなります。 参考URL: ささみで納豆ダイエット 筋をとったささみを耐熱皿に入れ、さらに酒と水を入れてラップをふわっとかけたら電子レンジで加熱します。 水を捨て、粗熱をとったささみを手で割いたら、そこにマスタード、白だし、ごま油、納豆、ねぎを入れ混ぜ合わせましょう。 納豆に着いている付属のたれも一緒に入れて下さいね。 このレシピを食べて、徐々にダイエット効果を感じている人もいるようですので、ぜひダイエットメニューに取り入れてみましょう。 参考URL: ウチの鉄板!鶏ささみのカリカリ唐揚げ 筋にそって縦半分に切ったささみを、醤油、酒、すりおろしたにんにく、しょうがのたれに入れ、しばらく浸しておきます。 たれから取り出したささみに天ぷら粉をまぶし、たれに水、てんぷら粉、パン粉を混ぜて、ささみをくぐらせ、油で揚げて完成です。 ダイエット中でも揚げ物が食べたくなる時がありますが、そんな時は低カロリーのささみを利用してみてはどうでしょうか。 唐揚げは脂身がないと満足できないという方でも、カリカリの食感が癖になり、つい手が止まらなくなりますよ。 参考URL: ダイエットに人気のスープレシピ5選 最初に大量に作っておけば、後は食べたい量だけを取り出して温めるだけで食べられるスープは、忙しい人の強い味方になるダイエットフードです。 野菜が苦手という人も、スープに入れてしまえば案外食べられる、という場合も多いのではないでしょうか。 また、スープにはたっぷりと水分があるため、具だくさんにすれば、これだけで一食分になるというほどボリュームもあり満足できる一品になります。 とは言え、材料を選ばないと知らず知らずのうちにカロリーを摂り過ぎてしまうこともあるため、ここではダイエットにおすすめのスープレシピをご紹介したいと思います。 脂肪燃焼!ミラクルダイエットスープ たまねぎ、ピーマン、セロリの茎、キャベツを適当な大きさにカットしたら、ホールトマト、コンソメ、水、を鍋に入れ煮込みます。 ウィンナーを入れる時は輪切りにし、軽く煮込む程度にしましょう。 塩コショウで味を調えたら完成ですが、食べ飽きしないように、食べる時にカレーパウダーやチリパウダーなどを振りかけてもOKです。 このスープは、脂肪燃焼スープダイエットとして、日本でもブームになったダイエット方法のレシピです。 元は、手術を行う前の肥満患者が短期間で体重を落とすために考案されたレシピとなっており、決められたルールにのっとって行うダイエット方法ですが、食べるだけで代謝がアップし脂肪燃焼効果が期待できると言われています。 コンソメ、醤油、酒、コショウを加えて味を調え、仕上げにゴマ油を入れて完成です。 きのこは食物繊維が多いため、腸内環境を整え、お通じの改善効果が期待できる食品です。 また、きのこ類はどれでも低カロリーのため、お好みのものを入れてもOKですし、たくさん食べても摂取カロリーが低いので満腹感を得やすくスープとなっています。 そこに、適当な大きさにカットしたキャベツ、にんじん、舞茸、エリンギを入れ、水を入れて煮込み、コンソメ、白だし、だし醤油、しょうがチューブを入れ、塩で味を調えたら、ブラックペッパーと刻んだねぎを散らして完成です。 お肉の量を減らせば、家族と一緒に楽しめるダイエットスープになります。 参考URL: 節約and時短!もやしと卵のスープ 水、もやし、ダシダを鍋に入れ火にかけたら、塩で味を調え、溶き卵を流し入れ、すぐに火を止めます。 最後にごま油を回し入れたら完成です。 ボリューム満点ながら低カロリーなので、ダイエット中におすすめです。 参考URL: 魔法瓶で作る小豆スープでダイエット 乾燥小豆を軽く水洗いして水を切ったら、魔法瓶に小豆、コンソメ(ウェイパーでも可)、塩を入れ、さらに熱湯を注ぎます。 上下左右に振って混ぜたら、横倒しにした状態で7~8時間ほど放置します。 食事の前にこの小豆スープを飲むと、血糖値が上がりにくくなると言われています。 参考URL: 食べても太らない!お肉を使ったレシピ5選 ダイエット中はお肉を食べるのを控える方も多いと思いますが、お肉には動物性たんぱく質が多く含まれることから、適度に摂取することで筋肉量を減らすことなく、代謝を活発にして痩せやすい体を作ってくれます。 とは言え、脂質の摂り過ぎは肥満の原因になることから、ここではダイエットにおすすめのレシピをご紹介したいと思います。 ほっとけばできる鶏ハム 鶏むね肉の皮を外し、砂糖、塩の順番ですりこんだら、袋に入れて密封し半日から一日おきます。 次に、ボールに鶏むね肉を入れ、水を注いで砂糖と塩抜きをします。 水に浸けておくのは30分程度がよいでしょう。 塩抜きした鶏むね肉をラップして、キャンディー状に形を整えたら、沸騰した鍋に入れ、もう一度沸騰したら火を止め、お湯が完全に冷めるまで放置します。 後はお湯から引き揚げ、好みの厚さにカットしたら完成です。 低カロリーの鶏むね肉で作るハムは、そのまま食べても、サラダに入れても美味しく頂けます。 参考URL: 白菜と豚肉のミルフィーユ 洗った白菜に豚肉の薄切りを敷き、それを交互になるように7段ほど重ねたら、適当な大きさにカットして鍋にし敷き詰めていきます。 塩コショウ、だしの素、酒を入れて蓋をし、蒸しにして完成です。 豚肉の薄切りはなるべく脂のないものを使うようにしましょう。 参考URL: 牛肉のトマト煮 牛肉(赤身)は一口大にして塩コショウをし、にんじんは乱切り、ブロッコリーは食べやすい大きさに、たまねぎはみじん切りにして、にんじんとブロッコリーはあらかじめ茹でておきます。 鍋にバターを入れ、スライスしたにんにくを炒めたら、玉ねぎを入れて炒め、さらに牛肉を入れて炒め、そこに赤ワインを入れてアルコールを飛ばし、トマト缶、ウスターソース、ケチャップ、水、砂糖を入れて煮込みます。 にんじんを入れてさらに煮込んだら、ブロッコリーを飾って完成です。 牛肉は赤身を使うと脂身がないのでヘルシーながら、ミネラルがしっかりと摂れておすすめです。 参考URL: 塩だれ焼き鳥 鶏肉を一口大にカットし、酒をまぶして30分ほどおいておきます。 お肉を食べる時は、大きさやある程度の硬さがある方が、食べ応えがあるだけではなくよく噛むようになるので、満足しやすいと言われています。 参考URL: ダイエット中でもOKなおいしいお菓子のレシピ5選 ダイエットを無理なく続けるコツは、我慢しすぎないこと。 我慢しすぎるとストレスが溜まり、暴飲暴食の原因になることもあるため、適度に食べたいものを食べることも時には必要です。 とは言え、市販のものは糖質の量が多く含まれているため、せっかく頑張ってきたダイエットが水の泡になってしまうことも・・。 そのような時には、ダイエット中でも食べてOKのお菓子を手作りしてみましょう。 ここではダイエット中におすすめのお菓子のレシピをご紹介したいと思います。 ダイエットに簡単!チョコプリン 水でゼラチンをふやかし、鍋に低脂肪乳、無糖ココア、甘味料、ふやかしたゼラチンを入れて火にかけ、型に流し入れて冷やし固めたら完成です。 甘味は、砂糖ではなく他の甘味料(オリゴ糖)などを使うとよいでしょう。 参考URL: ダイエット!豆乳おからヨーグルトケーキ 生おから、豆乳グルト、片栗粉、ラカント、レモン果汁をボールで混ぜ、クッキングシートを敷いた深めの耐熱皿に流し入れオーブンで焼き、一日冷蔵庫で冷やしたら完成です。 牛乳、卵、油、砂糖、小麦粉不使用のダイエットケーキです。 わらびもちの代わりにこんにゃくを使用することで、ヘルシーになります。 参考URL: 簡単ダイエットクッキー 豆乳、薄力粉、片栗粉、きなこ、砂糖をボールに入れてまとめたら、2㎜ほどの厚さに伸ばし、適当な大きさにカットしてオーブンで焼いて完成です。 豆乳を牛乳や水に変えると、さらにカロリーダウンできます。 参考URL: ダイエットに!香ばしい打ち豆のお菓子 フライパンで打ち豆を乾煎りし、一旦取り出して、フライパンに水と砂糖を入れて煮立たせそこに再度打ち豆を入れて、パラパラになるまで炒めたら、黒豆きなこを入れて混ぜ合わせて完成です。 ヨーグルトにトッピングしたり、牛乳をかけてシリアルようにしても美味しく食べられます。 参考URL: その他ダイエットにおすすめの簡単で節約のレシピ5選 上記以外の食品を使って、安くて簡単に作れるダイエットレシピをご紹介します。 所要時間5分でできる、超スピードダイエットメニューです。 参考URL: 蒟蒻と大根の煮物 5㎜角にカットした大根と蒟蒻を下茹でし、ごま油、本だし、酒、醤油、みりんを入れて鍋で煮込み、その後冷ましながら味を染み込ませて完成です。 作り置きでき、ヘルシーなのでダイエットにもOKです。 冷めたら適当な大きさに切り、ポン酢を掛けて完成です。 安い鶏胸肉と消化酵素たっぷりの大根を組み合わせたヘルシーかつ節約メニューです。 参考URL: ヘルシーこんにゃくステーキ 塩もみしたこんにゃく「に格子状の切り込みを入れ、醤油、みりん、酒に浸した後、フライパンにオリーブオイルをひいてスライスにんにくを焼いたら、こんにゃくも焼いて、にんにくとねぎをトッピングして完成です。 参考URL: 超簡単節約キャベツのマリネ キャベツ、玉ねぎ、にんじんをカットし塩もみをして絞ったら、手で割いたかにかまと砂糖、醤油、サラダ油、こしょうを合わせて半日から一日冷蔵庫で置いて完成です。 冷蔵庫で一週間ほど日持ちするため、たくさん作って食事の時にとるようにしましょう。 参考URL: ダイエット中でも満腹になるまで食べていいの? 大好物な食べ物は、お腹がパンパンになるまで詰め込んで食べたい!と思ってしまいますよね。 また、友達や仲間との食事は楽しくてつい、食べ過ぎてしまうということもよくあると思います。 満腹になるまで食べると、「太るかも・・」という自己嫌悪に陥ってしまいますが、食べている時はこの上ない幸福感があるもの。 しかし、実は満腹になるまで食べるのは、体にとても負担が掛かってしまう行為なのです。 また、パンパンに詰め込まれた状態では胃のぜん動運動が阻害されるため、消化活動をするために胃は余計に働かなくてはいけなくなるので、疲労しやすくなります。 さらに、胃腸での消化が遅くなると、体の各所へ届けられるはずだったカロリーが蓄積し、脂肪になりやすくなってしまいます。 血行不良は、細胞への酸素や栄養素の運搬が鈍くなるだけではなく、老廃物の排出も滞ってしまうため、代謝が落ちたり冷えの原因に繋がります。 免疫力が下がれば、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなりますし、さらにはガンなどの重病の発症にも繋がってしまうことも。 私達の体の免疫力は空腹時に活発になると言われているので、日頃から腹7~8分目の食生活を心掛けることがとても大切と言えます。 ダイエットレシピのおすすめアプリ3選 ダイエットレシピを簡単に検索するなら、アプリを利用するのがよいでしょう。 そこでここでは、おすすめのダイエットレシピアプリをご紹介します。 また、ダイエットだけではなく美肌に役立つレシピも掲載しています。 体脂肪計タニタの社員食堂 あのタニタが監修しているレシピアプリです。 社員食堂のメニューが作れるのはもちろんですが、500㎉以内の定食をオリジナルで作れるため、メインや副菜などを自分好みにできるのが嬉しいところです。 健康献立レシピ提案オーガニック 一人一人に合った献立を考えてくれるレシピアプリ。 献立を決めたら買い物メモを自動作成して、買い忘れを防いでくれる機能もついています。 ダイエットレシピ【豆腐・ささみ・スープなど節約の献立】まとめ ただ漠然と、体によさそうなもの、低カロリーっぽいものを食べるのではなく、ダイエットの食品として役立つものをしっかりとチョイスすることが大切です。 今回ご紹介した豆腐やささみ、スープのレシピを上手に取り入れて、健康的で無理のないダイエットを始めてみましょう。

次の