膝 の 痛み 湿布。 膝の痛み湿布の貼り方

膝の皿の上が痛いのは?|膝のお皿の痛みで受診した結果

膝 の 痛み 湿布

鵞足炎 膝内側の痛み に湿布は効果あり!? ランニング愛好家や部活でスポーツをされている方などに多い膝内側の痛み。 整形外科へ行き骨に異常がないと鵞足炎と診断されることが多いです。 鵞足炎 がそくえん とは膝の内側を通る太ももの筋肉の腱 縫工筋腱、薄筋腱、半腱様筋腱 が太ももの骨 大腿骨 とぶつかって擦れて炎症を起こす疾患と言われています。 炎症の「炎」という字がつくと炎症を抑えるためにと湿布を貼る方が多くいらっしゃいます。 鵞足炎に湿布は効果があるのでしょうか? 鵞足炎は湿布では痛みが和らいでも根本改善にはならない 鵞足炎になり、運動をしなくても痛みが起きている場合、湿布で消炎鎮痛を図ると痛みが少し和らぐことがあります。 しかし、湿布で痛みが和らいだからといって再び走り始めるとまた痛みが出てしまうことが多いです。 湿布は炎症を抑え、痛みを和らげる作用はありますが、残念ながら鵞足炎を根本から改善する治療法とは言えません。 鵞足炎を起こす腱の炎症がなぜ起こっているのか。 この部分を解消していかなければ根本改善にはつながらず、走ると再び痛いという状態に陥ってしまいます。 下肢の骨のゆがみ 人間の体は骨のゆがみの状態だと、筋肉は最小減の力で運動することができるようになり、筋肉、腱、靭帯などへかかる負担は小さくなります。 しかし、不良姿勢や過去の捻挫の既往などが原因で下肢の骨にゆがみが起きてくると立つ・歩く際に体はバランスが不安定になります。 本人が自覚しないバランス不良ですが、体はそれを自然に補正しようとしています。 骨のゆがみを補正するため筋肉を緊張させます。 ゆがみのない状態とくらべて筋肉が緊張した状態で立つ、歩く、走ることになります。 結果、緊張した筋肉は疲労し硬くなりやすくなります。 鵞足を形成する3つの筋肉 縫工筋、薄筋、半腱様筋 も緊張状態になります。 いわゆるギターの弦をピンと張った状態になります。 この状態で走っていると太ももの骨の内側と擦れやすくなり、この部分に炎症を起こし膝の内側の痛みとなります。 そのため、内側の炎症している部分に湿布をはってもギターの弦のようにピンと張った筋肉、腱の緊張が取れない限り再び走ると痛みを引き起こすことになります。 この場合の根本改善は骨盤から下肢の骨を正しい位置に矯正をかければ改善します。 体の連動性の欠如 人間の体は例えば膝を曲げると言う動作一つをとっても一つの筋肉で動かしているわけではなく、多くの筋肉を使用してうごいています。 走るなどの動きになると足のみの動きではなくお尻の筋肉、背中の筋肉、腕の筋肉、首へつながる筋肉と体すべての筋肉を使用し走ります。 体全体の筋肉を使用し、走れている状態を「連動性のある体」と言います。 この状態だと筋肉や腱、靭帯、関節にかかる負担は少ないです。 野生の動物は連動性のとれた動きをするため、毎日走っているからと言って関節が痛い、筋肉が痛いとは言いませんよね。 現代社会ではデスクワークが多く、スマホで下向き姿勢が多いなど不良姿勢により首肩こり、背中のコリや緊張、腰痛など様々な症状を起こしています。 結果背骨の脇を通る脊柱起立筋 せきちゅうきりつきん という筋肉が緊張してしまい、背骨・骨盤の動きを悪くします。 背骨と骨盤は体の動きの中心であり、この部分が固まってしまうと走っても膝周りの筋肉のみを使う動きになってしまいます。 結果、連動性のある体に対して連動性のない体は筋肉や腱にかかる負荷が大きいため、鵞足炎などの痛みになります。 体の連動性の欠如した体を改善するには脊柱起立筋を緩ませ、背骨、骨盤の動きを良くする必要があります。 ご自分でおこなうセルフケアとしては何かをやるよりもまずはスマホを見る時間を減らしたり、生活習慣に変化を起こす必要があります。 鍼治療や整体でも改善は可能ですが、連動性を取りもどす体操をおこなうのも良いでしょう。 鵞足炎の根本原因は炎症ではありません。 なので炎症を湿布で取り除いても再び痛みが起こります。 鵞足炎の痛み、膝内側の痛みを改善したい人は下肢の骨のゆがみを矯正し、連動性のある体を取り戻していきましょう。

次の

膝の痛みや炎症を緩和させる「変形性膝関節症」の薬、効果と副作用

膝 の 痛み 湿布

この記事の目次• 病院はレントゲンで異常がなければ軽症と判断する 基本的に 病院では、患者さんの症状の訴えよりも検査結果を重視して診察にあたることが多いです。 検査結果に異常がなければ軽症とみなされて、痛み止めや湿布で痛みを緩和する処置をされます。 しかし、痛み止めや湿布はその場しのぎにしかならず一時的な痛みの改善だけですぐにぶり返します。 病院側もそのことをわかった上で鎮痛処置を続けますが、レントゲンなどの検査で異常がなければ違う処置は行いません。 いつまでも痛み止めや湿布に頼ることもできませんので、やはり根本的に膝の痛みを改善する方が将来的に安心だと思います。 原因不明とされている膝の痛みの「原因」とは? 整形でレントゲンなどの検査で異常がないのであれば、以下の2つの要因で膝の痛みが起こっていることが考えられます。 膝関節の関節包の過緊張によるもの 関節を保護している柔軟性がある二層構造の膜で、神経がとても過敏で関節にズレが生じたり過度にストレスがかかると関節包が緊張して強い痛みを出して脳に信号を送ります。 しかし、日常生活の中で座りっぱなしや立ちっぱなしなど、長時間同じ姿勢を続けると、関節包の柔軟性がなくなり過度に緊張状態になります。 この状態で膝を動かす時に関節包がうまく伸びずに痛みを感じるというメカニズムです。 膝関節周辺の筋肉の疲労や緊張によるもの 普段の姿勢や歩き方に悪い癖があると、膝関節の動きに関与する太ももの筋肉やお尻の筋肉、脛 すね の筋肉に過度のストレスがかかり、疲労が溜まって痛みが出ます。 使いすぎによる痛みではなく、使い方の間違いで起こることが多く、動作や姿勢によって痛みに差があったり、時間帯や外気温などで痛みに強弱があることも筋肉による膝の痛みの特徴です。 原因不明の膝の痛みを改善する方法 原因不明の膝の痛みというのは存在しません。 どんな膝の痛みでも必ず原因があります。 もし病院で「異常ありません」「原因不明です」と言われたのなら、逆に言えば骨や関節は正常ということですから、関節に向いている意識を一旦周りの筋肉に向けてみて下さい。 膝を痛める人の多くは、立ち上がる時や座る時、歩いている時に膝に痛みが出ないようにできるだけ動きを少なくしている傾向にありますので、恐る恐る動くのではなく、 大きく早く動かす! ことを意識して下さい。 実は大きく早く動かす方が筋肉に無駄な力が入らないので痛みが出にくいのです。 今までと同じことをしていたら結果も同じなので、今までとは違うアプローチ方法を試してみて下さいね! あなたのお悩みが一日でも早く解決できることを心よりお祈り申し上げます。

次の

湿布(シップ)は膝の痛みや変形性膝関節症に効果があるのか?

膝 の 痛み 湿布

Contents• 鵞足炎は湿布で痛みが和らいでも根本改善にはならない 鵞足炎になり、運動をしなくても痛みが起きている場合、湿布で消炎鎮痛を図ると痛みが少し和らぐことがあります。 しかし、湿布で痛みが和らいだからといって再び走り始めるとまた痛みが出てしまうことが多いです。 湿布は炎症を抑え、痛みを和らげる作用はありますが、残念ながら鵞足炎を根本から改善する治療法とは言えません。 鵞足炎を起こす腱の炎症がなぜ起こっているのか。 この部分を解消していかなければ根本改善にはつながらず、走ると再び痛いという状態に陥ってしまいます。 では鵞足炎を起こす腱の炎症はなぜ起きてしまうのでしょうか あなたの鵞足炎が治らない理由とは? これまであなたが鵞足炎を治すために色々なことを行なってきたのに、鵞足炎が治っていないとしたら、以下の3つのことが考えられます。 あなたの鵞足炎の原因が明確になっていない• その原因に対して適切な治療が行われていない• 炎症に対しての対応が間違っている この3つをきちんと押さえて治療ができていれば、鵞足炎は必ず改善していきます。 詳しく、順番に説明していきます。 鵞足炎の原因とは? 鵞足炎は、 膝の内側に痛みがでる症状ですが、走った時・走った後に痛みが出たり、ある一定の距離まで走ると痛む方もいます。 運動はもちろんですが、階段の上り下りで痛む、車の運転で痛むなど、生活でも痛みが出てしまうのが特徴です。 病院や整形外科に行くと鵞足炎の原因は、使いすぎ、X脚、扁平足などと言われ、安静、アイシング、湿布、電気治療、マッサージ、ストレッチを行います。 しかし、これらをやっても鵞足炎が良くならないのは、鵞足炎の根本的な原因に働きかけができていないからです。 膝の内側の縫工筋(ほうこうきん)、薄筋(はくきん)、半腱様筋(はんけんようきん)の腱が膝の内側で脛骨の上部に付着している部分を「鵞足(がそく)」といいます。 この鵞足部が、膝の屈伸を繰り返すなど使いすぎたことによって膝の内側にこすれて炎症を起こし痛むというのが、一般的に言われている原因です。 しかし本来、鵞足はこすれあうようには出来ていません。 使い続けていると、こすれしまうようなものであれば、人間は長時間走ることができなくなってしまいます。 では、なぜ、こすれようになってしまうのでしょうか? その原因は、太ももの筋肉が疲労して硬くなることで、鵞足部が引っ張られ痛みが起きるのです。 つまり、使いすぎていることが原因ではなく、鵞足部を引っ張っている筋肉の硬さが痛みの原因なのです。 また、一般的にはX脚だと動作時に膝が内側に入ってしまったり、ねじれることによって、鵞足部に負担がかかりやすく鵞足炎になると言われています。 しかし実際は、X脚でも膝が痛くない人もいます。 もちろん、X脚の方は膝の内側に負担がかかりやすいことはありますが、X脚を治さなければ鵞足炎の痛みが取れない、ということは間違いなのです。 扁平足も同じです。 X脚と扁平足を併発している方は多いですが、だからといって必ずしも鵞足炎になってしまうわけではありません。 扁平足だとしても、今まで痛くなかった期間があるわけですから、痛くなってしまったのは動きに関連する筋肉の柔軟性が失われてしまったからです。 ですから、インソールで扁平足を修正したとしても、根本的な筋肉の柔軟性が取り戻されなければ、痛みの改善には繋がらないのです。 筋肉の柔軟性を取り戻し、筋肉に負担がかからないようにインソールで調整するととても効果的です。 ここまでの説明をまとめると、鵞足炎の痛みは、太ももの筋肉が硬くなっていることで、ひざの内側を引っ張り痛みが起きているということです。 X脚・扁平足の方も、筋肉の柔軟性が保たれていれば痛みはおきないため、筋肉を柔軟にすることが鵞足炎を改善するために最も大切なことなのです。 あなたの鵞足炎の原因を見つけることが大切 もしかしたらここまでのお話は、インターネットや通っていた治療院の先生から聞いたかもしれません。 しかし、すでに筋肉を柔らかくするためにマッサージや電気治療、ストレッチはやっているけれど治っていない、そんな状態ではないでしょうか? それは、鵞足炎の痛みを引き起こしている原因が、太ももの前の筋肉だけではないからです。 例えば、走ることが多いスポーツをされている方によく見られるのが足首・足の指の硬さが鵞足炎の痛みに繋がっているケースです。 このように私たちの足の裏には、3つのアーチがあり、そのアーチによって地面からの衝撃を吸収しています。 しかし、足首や足の指の筋肉が硬くなってしまうと、このアーチ機能が失われてしまい、アーチで衝撃が吸収できなくなります。 その吸収できなかった衝撃は、足首から上のふくらはぎやすね、膝、太もも、お尻の筋肉に直接負荷がかかるようになります。 すると、筋肉が硬くなり、痛みに繋がります。 特に現代は、コンクリートの上を走ることが多いので足首や足の指は硬くなりやすいのです。 しかし、ここをケアできている人はなかなかいません。 もちろん足首だけではなく、人によって硬くなっている場所は違います。 人によって、筋肉が硬くなっている場所は違いますから「鵞足炎」とひとくくりにして一般的な原因に当てはめて治療をするのではなく、なぜあなたの鵞足炎は起きているのか?をきちんと考えて、治療をすることが大切です。 実際に問診や施術をしていく中でその方の膝の痛みを引き起こしている原因を探っていきます。 その原因がきちんと解消されれば、どんな状態の鵞足炎でも改善していきます。 炎症は敵ではない。 体の治す反応 「鵞足炎 がそくえん 」と一般的に聞くと「炎」という字が含まれているため「炎症が起きている」と考える方が多いのではないでしょうか?確かに鵞足部に炎症が起きている可能性は十分にあります。 しかし、炎症が起きていることは決して悪いことではないのです。 炎症は身体を治そうとしているサインであり、自然治癒の働きなのです。 鵞足炎のような疾患を患うと傷ついた組織を体が治そうと反応します。 傷ついた組織を治すには老廃物を流して栄養ある血液を損傷部に運び、組織の修復をするのが一番早く改善します。 この傷めた組織を1番早く治す方法が「炎症反応」なのです。 一刻も早く体は自分の壊れた組織を治したいので炎症を起こすのです。 しかし、人間にとって炎症が起きると痛みが増します。 これはなぜかというとできるだけ安静にしてもらった方が体の自然治癒力が上がるため、炎症を痛く感じるようにすることで無理して動けない状態を作っています。 なので炎症による痛みというのは決して悪い反応でも痛みでもないのです。 「今、痛めた組織一生懸命治してるから、ちょっと動くの控えてねー」と体がサインを出しているのです。 アイシングや 湿布で冷やし、炎症を抑えるというのは炎症反応を抑えることになります。 確かに炎症反応は収まるので一時的に痛みは和らぎます。 しかし炎症反応が止まってしまうことにより、組織の修復がなかなか進まず慢性痛へと移行してしまいます。 アイシング、シップはお勧めしない 怪我をした際にスポーツの分野ではアイシングやシップがよく用いられます。 しかし、海外の文献ではアイシングの理論自体が間違っていたかもという説も出てきています。 上記でも説明したように「炎症は傷ついた組織を修復するための反応」であるためアイシングやシップで消炎鎮痛を図ると返って慢性痛へと移行し、なかなか治らに膝痛になる可能性があります。 シップは消炎鎮痛効果のある薬を塗布された湿布もあります。 そのようなものも同様自然治癒を下げかねないことを頭に入れておきましょう。 スポーツをしている選手は必ず毎日お風呂にはいること スポーツをしている子供たちは長風呂が嫌いです。 しかし、スポーツをしている子たちは代謝が良いためどうしもお風呂に入ることを熱がって嫌がる子が多いです。 お風呂も好きではない子が多いですが、毎日激しい練習をしているのであればお風呂に入るので絶対条件です。 お風呂に入り体全体を温めることで、血液循環がよくなり、筋肉に溜まった疲労物質を流してくれます。 また、自律神経の副交感神経を優位にしてくれます。 人間の体は組織の修復、疲労回復をするには身体が副交感神経優位になる必要があります。 お風呂に入って夜寝ることで身体が副交感神経優位になるので疲労回復、怪我の回復を促進してくれます。 シャワーだけで済ましてしまう人がいたら絶対にお風呂に入ることをお勧めします。 一件、あまり意味のなさそうなことですが、お風呂はとても重要です。 もし暑がるなら40度~39度などややぬるめでよいのでぬるめのお風呂にゆっくり入るようにしましょう。 始めは嫌がっても徐々に習慣になればその子自身も疲労の抜け具合、怪我の回復具合に違いを感じるようになることと思われます。 今回のポイント 痛みのある部位に過度に負担がかからないように体全体のバランスを調整します。 そのうえで負担のかかっている部位の負担を減らしていきます。 ・鵞足炎は筋肉の硬さ(柔軟性の低下)が引き起こしている ・筋肉の硬さが生まれる根本の原因は、膝ではなく他の部位にあることが多い ・炎症への対応をしっかり理解し、間違った対応をしない これらの治療を行い、根本から鵞足炎の痛みにアプローチしていきます! 鵞足炎の痛みに悩む方へ 歩いたり ランニングをすると膝の内側に痛みがあることで、動くのがつらいと思います。 歩くことが難しく、外出したいのにできないことになっていないでしょうか?しっかりと問題を解決してあげれば、以前のように動くことができ、好きなことが出来るようになります。 まとめ いかがでしたでしょうか?鵞足炎の痛みには様々な原因があります。 しっかりと原因を見つけ、その原因に対して施術をしていく必要があります。 ただ「筋トレ」「電気治療」「湿布」「痛み止め」だけでは完治は難しいでしょう。 また炎症に対しての捉え方を正しく持ち、毎日の家での対応を変えていくことで変化していきます。 専門家に体の状態をしっかりとチェックしてもらう必要があるでしょう。

次の