トリート 意味。 あの有名なTrick or Treatの日本語訳は意訳だった!?本来の意味とは…/トリックオアトリートで学ぶ英語のニュアンス

トリックオアトリートの由来や意味は?ハロウィンで子供が仮装する理由と正しい返し方は?

トリート 意味

スマートフォンから分かるように、英語のsmartは「賢い」を意味します。 前者は「学識がある、高い教育を受けている」タイプの賢者ということです。 go by the book(本の通りにやる)という表現にあるように、bookは「手本、しきたり、文献」といった意味になります。 book smartはつまり、試験に合格したり、有名大学を卒業することでスマートと見なされる人達です。 一方で彼らは実践に乏しく、何でも習った通り(bookにある通り)にやろうとする傾向があります。 「キャリア官僚」という言葉がありますが、東大を卒業して政府高官となる人たちはbook smartタイプではないでしょうか。 (彼、頭はいいけど世間知らずだよ) 1 のように、book smartは誉め言葉というより「世の中を知らない」的に使われることが多いです。 また、頭はいいけれど社会では成功していない、という意味になる時もあります。 ここではbook smartで1つの形容句として使っているので、aやtheのような冠詞はつきません。 ですがa booksmart(ブックスマートの人)のように名詞としての使い方もあります。 モテるのはこっち?street smartとは? 後者のstreet smartは、教育はないけれど実体験を通じて(ストリートで)色々なことを学んでいて、世間をよく知っている人を表します。 日本語でも「現場で学ぶ」という言い方をしますよね。 そういうタイプの人達です。 2 I would rather go out with a street-smart guy. (デートするならストリートスマートの男性かな) 2 のように、street smartは「教育はないけれど経験から知恵をつけている人」と、たいてい誉め言葉として使われます。 アメリカ人は秀才タイプは話が面白くない、経験値が高い人は色々なことを知ってそう、という固定観念みたいなものを持っています。 そしてstreet smartは「ストリートから出発して成功を収めた人」的な使い方もされます。 大学に進学するも中退して技術の世界に飛び込んでいったスティーブ・ジョブズのような人は、こちらに属するといえるのではないでしょうか。 ビル・ゲイツも全米最高峰のハーバード大学に入学しますが成績は悪く、休学してプログラミングに没頭し、そのまま大学に戻らなかったので最終学歴は高卒です。 アメリカのテック企業は自宅のガレージで創業するのが定番で、アップルとマイクロソフトはその代表例です。 在学中に作り出したソーシャルネットワーキングの仕組みは、学生寮からの出発といったところです。 別分野では、大学を中退してトラック運転手になり、「スターウォーズ」に感動して独学で映画制作を学び、「タイタニック」や「アバター」といった史上に残る大ヒット作を監督したジェームズ・キャメロンがいます。 こちらはまさにストリートからの出発ですね。 アメリカは超がつく学歴社会ですが、一方でこういったstreet smartの人達が桁外れの成功を収めるのは面白いですね。 もしかすると、飛びぬけた才能というのはbookでは測れないのかもしれません。 bookとstreet、どちらがいい、悪いというより、この世の中は両者が共存しているから上手く回っているのだと思います。 敢えて二択で、あなたは自分をどちらだと思いますか?.

次の

トリックオアトリートの由来や意味は?ハロウィンで子供が仮装する理由と正しい返し方は?

トリート 意味

トリックオアトリートの「トリート」って どんな意味を含んだ言葉なの? ハロウィンのシーズンになると 「トリックオアトリート」 という言葉を聞きますが、 トリックオアトリートの後半部分である トリート にはどんな意味が含まれてるのでしょうか? なので今回は トリックオアトリートのトリートには いったいどのような意味が含まれてるか? についてまとめてみました。 スポンサードリンク トリートは実はこんな意味だった? トリックオアトリートという言葉は 「お菓子をくれなきゃいたずらするぞ」 といった風に訳されることがあります。 そして、 トリックという言葉が いたずらを意味するのはなんとなくわかりますが、 それじゃあトリートの部分が お菓子という意味の言葉なのかというと、 実際にはトリートの意味は treat: 歓待する、もてなす、ごちそうする、慰安会 待遇する、おごる といった意味が含まれています。 家に訪れた子供に対して お菓子をあげることが 歓迎する、もてなす といった意味にあてはまるわけですね。 子供が喜びそうなもてなしというと やはりお菓子になるでしょうから。 ちなみに、 ハロウィンというのは 日本でいうお盆に当たる日であり、 あの世から霊が戻ってくる日 だとされています。 そして霊が戻ってくるということで 悪い霊まで一緒に来てしまうことになります。 だから、 悪い霊が家に訪れたとき もてなしをすることで元の世界に帰ってもらう という意味が お菓子を渡すことに含まれています。 つまり、 ハロウィンでお菓子をあげるのは 悪い霊を追い払う儀式ということです。 スポンサードリンク トリックオアトリートの意味は実はこうなってもいた? 私をもてなしなさい。 じゃないとあなたにいたずらするぞ という言葉が使われていたのですが、 子供がハロウィンで家を回る時 言いやすさを考えて現在の言葉になったとされます。 また、 トリートよりも先にトリックを言うようになったのも 言いやすさを考えた結果なのでしょう。 トリートの意味まとめ トリックオアトリートの「トリート」の意味は treat: 歓待する、もてなす、ごちそうする、慰安会 待遇する、おごる といった意味になります。 そして、 子供が家を回ることから 子供が喜ぶものとして お菓子をあげるという意味に変化したと感がると なんとも面白いものだなと思いますね。 スポンサードリンク 関連記事はこちら•

次の

次亜塩素酸電解水ペリオトリート除菌水治療と販売/ペリオトリート除菌水治療

トリート 意味

トリックオアトリートの意味と返事の返し方、言葉の由来まで。 トリックオアトリートの意味 「トリックオアトリート」は、英語では、 「Trick or Treat」 と書きます。 初めの「trick」という単語は「いたずら」を表し、 「play a person a trick」または「play a trick on a person」で、 「人にいたずらをする」という意味になります。 後ろの「treat」は「おごり」と訳すことができ、 「This is my treat. これは僕のおごりだ」 「Whose treat is it today? 今日は誰のおごりですか?」 といった具合に使います。 そして、これら二つの単語が「or」で接続されているのですが、 「or」は「または、あるいは、…か…か」という意味ですので、 「Trick or Treat」をそのまま日本語にすれば、 「いたずらかおごりか」 という選択を迫っていると言えるでしょう。 私におごりなさい。 さもなければ、あなたをだまします」 が省略されていると考えることもできます。 いずれにしても、 「お菓子をくれないと、いたずらしちゃうぞ!」 というのが、一番しっくりくる訳だと思います。 「Trick or Treat」に対する返事は? さて、「Trick or Treat」の意味はわかりましたが、子供たちにこのセリフを言われた時、何と返事をすればよいのでしょうか。 その答えのヒントが以下の動画にありました。 2分59秒以降の部分に注目していただきたいのですが、自宅を訪問してきた子供たちに対して、 「You guys are so cute. あなた達、とってもかわいいわね」 「A little postman and little princess. 小さな郵便屋さんと小さなお姫様」 と仮装を褒めたり、 「Thank you for coming. 来てくれてありがとう」 「Happy Halloween. ハッピーハロウィン」 と別れのあいさつをしたりしています。 こうした返しやコミュニケーションの取り方を参考にされてみてはいかがでしょうか。 ちなみに、ネイティブが「Trick or Treat. 」と言うと、 「チュリッ・クァ・チュリィー」 のように聞こえますね。 トリックオアトリートの由来 最後に、ハロウィンでは、なぜ「トリックオアトリート」と言ってお菓子をもらうようになったのか、その由来を見ていきましょう。 一つ目の有力な起源は、18世紀半ば以降からイギリスとアイルランドに存在している「マミング Mumming」という寸劇です。 マミングは主にクリスマスやイースターなどの日に行われ、グループのメンバーは帽子やマスクを着用して、大きな家を訪問します。 そこで、音楽を演奏したり、チャンバラのような劇を演じて食べ物やお金を得るのです。 もう一つの可能性は、10月31日から11月1日にかけて開催されるケルトのお祭りです。 ケルト人にとって、この日は日本のお盆のようなもので、精霊や妖精、死者の魂がこの世にやってくると考えられていました。 そこで、人々が霊や死者の魂になりすまし、彼らをなだめるために食べ物や飲み物をささげるという伝統が生まれたのです。 ちなみに、キリスト教徒の間では、魂のために祈る見返りとして、「ソウルケーキ soul-cakes」という小さな丸いケーキが配られています。 一方、「トリックオアトリート」という言葉の歴史は意外に新しく、初めて記録に登場するのは1930年代のことです。 そして、1940~1950年代にかけ、主にアメリカとカナダで、雑誌や漫画、テレビ番組を通じて人々の間に浸透していきました。 まとめ 日本にハロウィンが広まってきたのは、2009年辺りからで、渋谷のセンター街には、2011年頃から人々が集まるようになりました。 「仮装するのは霊や死者の魂の身代わりとして」 「トリックオアトリートは、彼らをなだめる供え物をもらうため」 といった説があることを知って参加すると、一層ハロウィンのお祭りへの理解が深まると思います。 それでは、読者もハロウィンを楽しまれてください。 ハッピーハロウィン!.

次の