ライン モバイル sim 返却。 MVNOの解約後SIMカード 返却しないとどうなる?各社の取り扱い状況まとめ

格安SIMカードの返却の必要性、罰金取る取らないMVNO

ライン モバイル sim 返却

SPONSORED LINK LINEモバイル解約時にはSIMカードを返却しよう 解約時にはLINEモバイルにSIMカードを返却する必要がある ドコモ、au、ソフトバンクといった大手携帯キャリアでは、解約や他社に乗り換えをする際には、SIMカードは積極的に回収しておらずSIMカードを持ち帰ることもできます。 そのため、LINEモバイルでも解約手続きを済ませたら、それで終わりだと思っている方も多いようです。 しかし、 LINEモバイル解約後には、SIMカードをLINEモバイルに返却しなければいけません。 LINEモバイル公式サイトによると、解約に関して ご解約手続き後に、SIMカードを送料自己負担でご返却いただく必要があります。 画像引用元: 上記のように記載されています。 そのため、LINEモバイルを解約しようと思っている方は、LINEモバイル解約後は必ずLINEモバイルにSIMカードを返却するようにしてください。 また、LINEモバイルの解約方法・解約手順に関しては、下記の記事で解説しているのでそちらをご覧ください。 関連記事: LINEモバイルのSIMカード返却先 LINEモバイル解約後、SIMカードは下記の住所に返却するようになります。 LINEモバイルを解約した後は、SIMカードを返却しないといけないってことはわかったけど、SIMカードはいつまでに返却しなくてはいけないの? と、SIMカードの返却期限について気になっている方もいるでしょう。 そこで、LINEモバイル公式サイトを確認してみましたが、特にSIMカードの返却期限は明記されていませんでした。 ただ、LINEモバイル公式Twitterアカウントでは、LINEモバイルから他社に乗り換える MNP転出 場合について、 新しい会社のSIMカードが届いてからで問題ありません。 MNP転出の場合、新しい会社の開通が完了するまではLINEモバイルの通信がご利用できますので、それまで挿したままでOKです。 SIMカードの返却は、封筒にSIMカードを特に梱包なく入れていただければOKです。 つまり、LINEモバイルから他社に乗り換える MNP転出 場合は、乗り換え先のSIMカードが届いてから、LINEモバイルのSIMカードを返却すれば問題ありません。 LINEモバイル解約後にSIMカードを返却しない場合 LINEモバイルでは、SIMカード返却期限は特に明記されていないと説明しましたが、可能であればできるだけ早く返却したほうがいいでしょう。 というのも、SIMカードの返却を後回しにすると、返却するのを忘れていたということにもなりかねないためです。 もし、SIMカードを返却するのを忘れていたなどで、LINEモバイルの解約手続き後に SIMカードを返却しない場合には、SIMカード損害金「3,000円」を請求されてしまうので注意が必要です。 不要な出費を抑えるためにも、LINEモバイル解約手続き後は、必ずLINEモバイルにSIMカードを返却するようにしてください。 LINEモバイルのSIMカード返却方法 ここまで、LINEモバイル解約手続き後には、SIMカードを返却する必要があると解説してきましたが、 どうやってLINEモバイルにSIMカードを返却したらいいの? と気になっている方もいるでしょう。 SIMカード送付方法についてですが、LINEモバイル公式Twitterアカウントによると そのまま封筒にSIMカードをいれて、返却窓口までお送りください。 送料はお客様の自己負担となります。 つまり、 LINEモバイル解約後SIMカードを返却する場合、SIMカードは封筒にいれて送付するようになります。 また、SIMカードを返却する際に発生する送料に関しては、ユーザー負担となるのでその点にはご注意ください。 LINEモバイル解約時にはSIMカードを返却しよう・まとめ• LINEモバイル解約後にはSIMカードを返却する必要がある• 返却方法はSIMカードを封筒に入れて送付• SIMカード返却時の送料は自己負担になる• SIMカードの返却期限は特にない• SIMカードを返却しないとSIMカード損害金として「3,000円」が請求される 関連サイト:.

次の

MVNOの解約後SIMカード 返却しないとどうなる?各社の取り扱い状況まとめ

ライン モバイル sim 返却

SIMカードアダプターとは、SIMカードのサイズを変更することができるアダプターのことで、Amazonや楽天などで購入することができます。 SIMカードアダプターは、500円前後で購入することができますが、SIMカードアダプターが引っかかって抜けなくなるといったトラブルもあるようなので、SIMカードアダプターは自己責任で使用しましょう。 Amazon: 楽天: SIMカードサイズ変更の際に発生する手数料 LINEモバイルでは、SIMカードサイズを変更することができますが、 SIMカードサイズ変更にはSIMサイズ変更手数料として「3,000円 税抜 」の手数料が発生します。 SIMサイズ変更手数料は、機種変更にあたってSIMカードサイズが変更になる場合はもちろんのこと、LINEモバイル契約時にSIMカードサイズを間違って申し込みをした場合であっても発生します。 機種変更でSIMカードのサイズが変わるのなら致し方ありませんが、LINEモバイル契約時にSIMカードサイズを間違って申し込みをした場合にも手数料は発生するので、不要な出費をなくすためにもLINEモバイル契約の際には、SIMカードサイズに間違いがないように申し込みをしましょう。 関連記事: SIMカードサイズを変更すると不通期間が発生する LINEモバイルではSIMカードサイズを変更すると、不通期間が発生します。 不通期間とは、通話やインターネットが使用できない期間のことで、LINEモバイルでは数日間の不通期間があるようです。 不通期間の存在を知らずに、SIMカードサイズを変更すると 大事な連絡があるのに、電話もネットも繋がらなくなった・・・ といったことにもなりかねないので、SIMカードサイズを変更するタイミングには注意しましょう。 SIMカードサイズを変更したらいつ届く? LINEモバイルでSIMカードサイズ変更を行った場合、新しいSIMカードはいつ届くのかについて調べてみました。 口コミなどの情報によると、LINEモバイルでSIMカードサイズ変更を行った場合、4日程度で新しいSIMカードが届くようなので、気長に待ちましょう。 不要になったSIMカードはLINEモバイルに返却する SIMカードサイズを変更したら、変更前のSIMカードは不要になりますが、要らなくなったからと処分してはいけません。 LINEモバイル公式サイトには、SIMカードサイズを変更して不要になったSIMカードについて LINEモバイル契約後で、SIMカードのサイズ変更で不要になりましたSIMカードは、送料自己負担にてご返却をお願いいたします。 お手数おかけいたしますが、下記住所までお送りください。 引用元: と記載されています。 なので、 SIMカードサイズを変更して不要になったSIMカードは、LINEモバイルに返却するようにしてください。 また、不要になったSIMカード返却にかかる送料は、ユーザー負担となります。 SIMカード返却先住所は下記になりますが、返却先は今後変更されることも考えられるので、SIMカード返却の際は念のためLINEモバイル公式サイトなどで、返却先が変更になっていないか確認したほうがいいでしょう。 郵便番号:〒277-0834• 住所:千葉県柏市松ヶ崎新田字水神前13-1 ロジポート北柏501• 荷受人:LINEモバイル株式会社 解約窓口 LINEモバイルのSIMカードサイズ変更手順 ここからは、LINEモバイルでSIMカードサイズを変更する手順について解説していきます。 LINEモバイルの「マイページ」にログインする 画像引用元: まずは、LINEモバイル公式サイトにアクセスをして、「マイページ」をタップします。 関連サイト: 「マイページ」をタップしたら、マイページにログインするための• ログインID• パスワード の入力が求められるので、それぞれ入力し「ログインする」をタップします。 マイページの「SIMサイズ変更」をタップ 画像引用元: LINEモバイルのマイページにログインできたら、データ残量の右にある「V」マークをタップします。 すると、メニューが表示されるので、そのメニュー内にある「SIMサイズ変更」をタップします。 SIMカードサイズを選択する 画像引用元: 「SIMサイズ選択」というページになるので、変更したいSIMカードサイズをタップし「次へ」をタップします。 以上で、SIMカードサイズ変更手続きは完了で、あとは選択したSIMカードが届くのを待つようになります。 LINEモバイルのSIMカードサイズ変更について・まとめ• 機種変更時にSIMカードの大きさが変更になるなどの場合はSIMカードサイズ変更が必要• LINEモバイルのSIMカードサイズを変更する場合SIMサイズ変更手数料が発生する• SIMサイズ変更手数料は「3,000円 税抜 」• SIMカードサイズを変更すると電話もネットも使えない不通期間が発生する• サイズ変更後のSIMカードは約4日程度で届く• 不要になったSIMカードはLINEモバイルに返却する 関連サイト:.

次の

【返却方法も!LINEモバイル解約後はSIMカード返却が必要】返却先住所や返却しないとどうなるのかについても解説!

ライン モバイル sim 返却

ワイモバイルを解約した理由 ワイモバイルを解約した理由ですが、生活環境や職場が変わって通勤時間がある程度発生するようになって、月々のデータ通信量が増えたことにあります。 それまで前述したように1GBから2GBに収まっていた通信量が2GBを超えるような状態になってきてワイモバイルのスマホプランSでは追加料金が発生するような状態になってきました。 注)プランSは現在月々3GBまで利用できます。 プランMにすれば月々のデータ容量が9GBまで利用できるようになりますが、月々の費用がキャンペーン期間を終えた半年以降は3680円かかります。 音声通話の格安SIMなら3GBで大体税込で1700円ほどですから、そのため、ワイモバイルのプラン変更よりも格安SIMに移行した方が安いと判断しました。 イー・モバイル時代のSIMカード 通常、SIMカードは事業者から貸与されているものなので、MNP等で解約すると返却が必要で、返却を怠ると3000円程度の手数料を別途取られることが多いです。 そのため、今回ワイモバイルを解約する時に、ワイモバイルショップのお姉さんにSIMカードの返却が必要か確認しました。 そうしたところ、SIMカードの返却は不要で、はさみを入れて破棄してくださいということでした。 SIMカードには電話帳などの個人情報が記録されている場合がありますので、破棄する場合は絶対にはさみでカットするなどして読み取れないようにしてから捨てましょう。 ワイモバイルの解約手続き完了連絡について MNPでワイモバイルを解約した場合、解約完了について連絡はありません。 しかし、ワイモバイル契約中にYmobileのメールアドレス( yahoo. jp )を利用していて、ヤフーのフリーWebメールアドレス( yahoo. jp )と連携している場合は解約完了後に、ヤフーメール宛に解約後の利用方法に関するメールが送られてくるので解約が完了したことが分かるようになっています。 またいずれワイモバイルに戻るか考えてみた ワイモバイルからLINEモバイルにMNPし、現在はUQモバイルを利用しているわけですが、ワイモバイルのサービスに不満があったわけではありません。 唯一の不満点といえば、二年契約ぐらいです。 しかし、2019年10月からは政府からの指示に従って ワイモバイルも契約期間の縛りがなく、解約金もかからない料金プランへと変わっています。

次の