北九州 宗像 中央 病院。 院長の挨拶

地域医療連携室

北九州 宗像 中央 病院

1 当施設は長期にわたる療養を必要とする利用者に対し、施設サービス計画書に基づいて、療養上の管理、看護、医学的管理の下における介護その他の世話及び機能訓練その他必要な医療を行うことにより、利用者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことが出来るよう努めるものとする。 2 当施設は、利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立ってサービスの提供に努めるものとする。 3 当施設は、地域や家庭との結びつきを重視した運営を行い、関係市町村、居宅介護支援事業者。 居宅サービス事業者、他の介護保険施設、その他の保健医療福祉サービスを提供する者と密接な連携に努めるものとする。 入居費用 入居条件• 要介護1〜5• 入居年齢相談可• 認知症相談可• 保証人相談可• 生活保護相談可• 全国対応入居 住所 福岡県福津市渡1693 地図を見る 運営事業者名 居住に 要する費用 利用者負担額4段階1日/370円 月額(30日): 11,100円 利用者負担額3段階1日/370円 月額(30日): 11,100円 利用者負担額2段階1日/370円 月額(30日): 11,100円 利用者負担額1段階1日/ 0円 月額(30日): 0円 特別な居住の提供に 伴う費用 特に無し 食事の提供に 要する 費用 利用者負担額4段階1日/1.

次の

『北九州宗像中央病院』竣工、開院までの記録

北九州 宗像 中央 病院

地域のみなさまへ 北九州宗像中央病院の特徴 長年にわたり、福津市津屋崎の地で地域医療に貢献してまいりました北九州津屋崎病院は、令和元年9月、北九州宗像中央病院として宗像市へ新築移転いたしました。 沖ノ島や「みあれ祭」などの古代からの歴史を持つ「青い海」と四塚連山や許斐山等の「緑の山々」に包まれた自然豊かな療養環境です。 北九州津屋崎病院からの機能を引き継ぎ「医療療養病棟」と「障がい者施設等一般病棟」を主に長期療養の継続が必要な方への支援が可能です。 また在宅復帰目的での療養、リハビリテーションが必要な方やレスパイト目的での入院対応が可能な「地域一般病棟」も配置しております。 北九州宗像中央病院の新たな機能としては「回復期リハビリテーション病棟」を移転後に開設いたしました。 現在、多くの医療機関の皆様よりご紹介をいただいており、今後も地域のニーズに対応すべく増床を検討しているところです。 病院内の体制としては、看護師、セラピストの充実、これまで対応ができなかった個室の提供も可能となりました。 今後もスタッフ一同、患者さまの「心」が和む病院を目指していきます。 社会医療法人 北九州病院 《基本理念》• 信頼・協調・貢献 北九州宗像中央病院《基本理念》• 安全で安心できる療養サービスを提供します。 患者様の尊厳と権利を尊重します。 患者様の自立と在宅療養を支援します。 地域の皆様との交流を深め、地域の皆様に選ばれる病院を目指します。 《基本方針》• 情報提供と十分な説明を行い、納得を得てサービスの充実に努めます。 医療事故防止、抑制廃止及び感染予防対策に力を入れます。 地域保健、医療、福祉活動へ貢献し、地域とのふれあいを大切にします。 医療職としての自覚を持ち、健康管理及び自己研鑽に努めます。 健全な経営基盤の確立に努めます。

次の

看護師・准看護師

北九州 宗像 中央 病院

概要 [ ] 正式名称は、医療法人北九州病院北九州中央病院。 同病院は、福岡県北九州市小倉北区に存在し、おもに内科系の診療科をおいている。 又、内科系だけでは無く高齢化社会に対応できるよう在宅診療、ヘルスケアーも行っている。 白銀地区にあった旧北九州中央病院は、主に心臓血管外科などの外科系の病院であったが旧病棟がかなり老朽化が進んでいた為(平成15年)4月に新たに地区に新病棟を建設・現在地に移転した。 その際、心臓血管外科など外科系の診療・治療・外来全てを廃止し内科系診療などを行う療養型病院へ変更した。 同病院は西日本では珍しい高層マンションとアプローチを共有する病院である。 ビル名は、メディックス三萩野。 また、同病院は特定医療法人北九州病院グループの出発点である。 同病院は、(昭和37年)5月に設立、開院した。 開院当初は白銀地区に病棟を構えていた。 開院以来右肩上がりに病床数、系列病院数を増やし現在の特定医療法人北九州病院グループに至っている。 沿革 [ ]• (昭和30年) 5月 - ・専門病院として開院。 病床数50床。 (昭和40年) 2月 - 結核病床から一般病床へ転換。 150床へ増床。 (昭和42年) 5月 - 北九州中央病院から北九州白銀病院へ改称。 170床へ増床。 (昭和46年) 7月 - 救急医療開始。 (昭和54年) 6月 - 北九州白銀病院から北九州中央病院へ改称。 (昭和59年) 2月 - 病床数を大幅に増床。 170床から440床へ増床。 (平成11年) 4月 - 特別許可老人病院へ転換。 同時に救急医療も終了し療養型病院へ転換。 (平成13年) 2月 - 260床へ減床。 2001年(平成13年)12月 - 300床へ増床。 (平成14年)10月 - 白銀地区に存在した旧病棟が老朽化したことにより香春口に建設された新病棟へ完全移転。 (平成17年) 9月 - より4. 0Verの認定を受ける。 (平成22年) 7月 - 口腔リハビリ開始。 2011年(平成23年) 4月 - 介護保険病棟60床を医療療養病棟へ変更(介護保険病棟60床、医療保険病棟240床)• 2017年(平成29年) 6月 - 介護保険病棟60床を医療療養病棟へ変更(医療保険病棟300床) 病院内部構造 [ ]• 9階 : 、デイコーナー、面談室、、スタッフステーション• 8階 : 病室、デイコーナー、面談室、食堂、スタッフステーション• 7階 : 病室、デイコーナー、面談室、食堂、スタッフステーション• 6階 : 病室、デイコーナー、面談室、食堂、スタッフステーション• 5階 : 病室、デイコーナー、面談室、食堂、スタッフステーション• 4階 : スタッフフロアー• 3階 : 総合受付、診察室1、診察室2、診察室3、診察室4、中央処置室、検査室、CT室、一般撮影室、透視室、リハビリステーション室、言語聴覚療法室、売店• 2階 : 立体駐車場(有料である。 20分無料。 それ以降は、1時間100円)• 1階 : 立体駐車場入口、テナント区画(北九州市住宅供給公社の管轄。 等が入居) 基本理念 [ ]• 北九州中央病院の基本理念 敬愛 信頼 協調• 北九州病院グループの基本理念 信頼 協調 貢献 病院情報 [ ]• 診療受付時間• 平日 : 午前診療は、8時30分から11時30分まで(新患は11時まで受付)。 午後診療は休診。 土曜、日曜、祝日は休診• 面会時間 : 平日のみ。 面会開始時間は特に規定が無い。 面会時間終了時刻は午後8時00分。 数 300床、ベッド 300床• : 、、、テーション科(リハビリテーション科の外来診療、外来受付は一切していない。 ) 関連医療機関 [ ] 北九州病院グループ [ ]• 北九州八幡東病院• 北九州湯川病院• 北九州安部山公園病院• 北九州古賀病院• 若杉病院• 北九州小倉病院 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した項目です。 などをして下さる協力者を求めています。 (/)。

次の