7 月 上旬 時候 の 挨拶。 【時候の挨拶】7月上旬の言葉と例文まとめ!!梅雨明け季節にピッタリの挨拶まとめ

7月の時候のあいさつ【文月】

7 月 上旬 時候 の 挨拶

梅雨明け待ち遠しい向暑のみぎり、お元気でお暮らしでしょうか。 梅雨明けが待たれる今日このごろ、お変わりなくお暮らしのことと存じます。 梅雨明けも近づき、海や山の恋しいころとなりましが、いかがお過ごしでしょうか。 7月に入り、御地ではそろそろ梅雨明けの声が聞かれるころでしょうか。 梅雨の晴れ間に、夏の足音が間近に感じられるこのごろ、皆様にはご壮健のこととお慶び申し上げます。 梅雨明けを控え、蒸し暑い日が続いておりますが、体調をくずされてはいませんか。 雨後の緑がいっそう色濃く感じられる昨今、相変わらずご健勝のことと存じます。 雨上がりに見る青空がすがすがしい昨今、貴社におかれましてはご発展のことと存じます。 暑い夏も間近となり、いよいよご活躍のこととお喜び申し上げます。 七夕飾りが街を彩るころとなりました。 7月中旬の一般的な書き出し• 梅雨も明け、すがすがしい夏空の広がるこのごろ、ますますお元気でご活躍のことと存じます。 ようやく梅雨が明けた途端にこの暑さとなりましたが、お障りなくお過ごしでしょうか。 白南風が梅雨明けを告げるころとなり、皆様には一層ご活躍のこととお慶び申し上げます。 梅雨が明け、過ごしやすい天候の続く今日このごろ、ご健勝のことと拝察いたします。 にぎやかな蝉の声が聞こえ始めたこのごろ、皆様にはますますご壮健のことと存じます。 暑いながらもすがすがしい季節を迎え、いっそうご活躍のこととお喜び申し上げます。 いよいよ本格的な夏を迎え、ますますご発展のこととお喜び申し上げます。 日ごとに暑さのつのるこのごろですが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 例年にない猛暑の日が続いておりますが、お健やかにお暮らしでしょうか。 蒸し暑い日が続くこのごろ、体調など崩されてはいませんか。 7月下旬の一般的な書き出し• 猛暑厳しき折、ご平安にお暮らしでしょうか。 大暑を迎え、厳しい暑さが続いておりますが、お障りなくお過ごしでしょうか。 日が暮れても気温の下がらない日が続いておりますが、つつがなくお暮らしでしょうか。 蝉しぐれが本格的な夏の到来を伝えるこのごろ、皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。 窓辺の風鈴がささやかな涼味を響かせる今日このごろ、皆様にはご清祥のことと拝察いたします。 夕立後の風が心地よく感じられるこのごろ、ご平安にお暮らしのことと存じます。 夏空がまぶしく輝くころとなり、ますますお元気でご活躍のことと存じます。 花火が夜空を彩る頃となりましたが、ご機嫌いかがでしょうか。 季節は夏の土用を迎え、いよいよご壮健のことと存じます。 カジュアルな書き出しの挨拶 気心の知れた相手に送る手紙に適した挨拶文です。 保育園・学校のおたよりや、メールの書き出しなどにもご利用ください。 7月上旬のカジュアルな書き出し• 今年もはや半分が過ぎましたが、いかがお過ごしでしょうか。 7月に入っても長雨が続いておりますが、お元気でお過ごしですか。 梅雨も明けたかのような暑い日が続きますが、お変わりありませんか。 梅雨の晴れ間にのぞく青空がうれしいこのごろ、ご機嫌いかがでしょうか。 なかなか梅雨が明けず、ぐずついたお天気が続きますが、お変わりなくお暮らしですか。 かわいらしい短冊をつるした七夕飾りをいろいろな場所で見かけるころとなりました。 夜空にきれいな天の川のかかる季節となりました。 海や山の恋しい季節、いかがお過ごしでしょうか。 各地で海開き・山開きが伝えられ、夏休みが待ち遠しいこのごろ、いかがお過ごしでしょうか。 そろそろ夏本番、つい会社のパソコンで旅行サイトなどをのぞいてしまうこのごろでございます。 梅雨が明ければ、いよいよ本格的な夏がやってきますね。 夏休みの予定は決まりましたか。 7月中旬のカジュアルな書き出し• なかなか梅雨が明けきらず、ぐずついたお天気が続いていますが、元気にやっていますか。 梅雨明け後、蒸し暑い日が続きますが、体調など崩していませんか。 梅雨明け後の暑さはひとしおですね。 お元気でお過ごしでしょうか。 長かった梅雨も明け、いよいよ夏本番! 夏休みのご予定はお決まりでしょうか?• 梅雨も明け、まぶしい夏空の広がり始めたこのごろ、仕事にプライベートにお忙しくされていることと思います。 戻り梅雨のためか、ぐずついたお天気の日が続きますが、お変わりありませんでしょうか。 強い日差しが照りつけ、どこへ行くにも日傘が手放せない季節がやってきました。 今年は冷夏とのことで、比較的過ごしやすい日が多いですね。 本格的な夏を前に、ダイエットにいそしむこの頃でございます。 そろそろ仕事終わりのビアガーデンが恋しい季節ですね。 7月下旬のカジュアルな書き出し• 厳しい暑さの続く昨今、いかがおしのぎでしょうか。 いよいよ夏本番ですね。 今年も山に登られる予定ですか。 見上げるような入道雲が夏の訪れを告げるころとなりました。 夏祭りの季節を迎え、浴衣姿で歩く人を見かけるようになりました。 生ビールのおいしい暑い夏がやってきました。 いかがお過ごしでしょうか。 毎日暑い日が続きますね。 窓辺につるした風鈴の音色に心和ますこのごろです。 夏休みに入り、遊びまわる子どもたちの元気な声が響くころとなりました。 お子様は夏休みに入る頃でしょうか。 家族サービスにお忙しくされていることと思います。 夜になっても気温が下がらず寝苦しい日が増えてきましたが、体調など崩していませんか。 連日の猛暑にエアコンをフル稼働させる毎日です。 電気代のことは考えないようにしています。 職場のエアコンが効きすぎで、夏なのに毛布が手放せないこのごろです。 7月の結びの挨拶 7月の結びの挨拶では梅雨の天候や、梅雨明け後の暑さに触れながら相手を気遣う言葉をかけるのが定番です。 夏に向け、行楽のお誘いのメッセージを送るのもよいでしょう。 7月上旬の結びの挨拶• 時節柄、体調には十分ご留意ください。 暑さ厳しき折から、どうぞお身体をおいといください。 暑い日が続きますので、お体には十分お気をつけください。 蒸し暑い日が続きますが、体調にはくれぐれもご留意ください。 盛夏のみぎり、ご家族の皆様のご健康をお祈りいたしております。 夏風邪などお召しになりませんよう、どうかご自愛ください。 夏風邪などひかないよう、体には気をつけてね。 ご家族で楽しい夏休みをお過ごしください。 夏休みの帰省を待っています。 体には気をつけてください。 お盆には帰省するつもりです。 また元気で会いましょう。 例年になく暑い日が続きますが、お互い頑張って乗り切りましょう。 寝苦しい日が続くけど、体調を崩さないようにね。 小暑(しょうしょ):二十四節気の1つで、新暦(太陽暦)の7月7日頃。 このころから夏の暑さが本格的になってくる。 大暑(たいしょ):二十四節気の1つで、新暦(太陽暦)の7月23日頃。 一年で最も暑い時期とされる。 夏の季節の最後の節気。 七夕(たなばた):7月7日に行われる星祭りの行事。 彦星(牽牛星)と織姫(織女星)が年に一度、この夜にだけ天の川を渡って会うという中国の伝説にちなむ。 笹の葉に願い事を書いた短冊をつるして飾る風習がある。 土用(どよう):立春・立夏・立秋・立冬の前の各18日間を土用というが、一般に立秋の前の18日間(夏の土用)を指すことが多い。 一年中で最も暑い時期で、元気をつけるために、土用の丑の日にウナギなどを食べる風習がある。 7月の天候や風物に関する言葉• 向暑(こうしょ):暑い季節に向かうこと。 梅雨(つゆ):6月上旬から7月上旬頃にかけての雨期。 また、その雨や気象状況。 天の川(あまのがわ):川の流れのように、帯状に淡く輝く無数の星の集まり。 夏から秋の晴れた夜空に最もよく見られる。 白南風(しらはえ):九州地方などで、梅雨明けのころに吹く南風。 蝉しぐれ(せみしぐれ):多くの蝉が鳴く声を時雨(しぐれ)の降る音にたとえた表現。 夕立(ゆうだち):昼すぎから夕方にかけて降るにわか雨。 夏の夕方に多く、雷を伴うことも多い。 白雨(はくう)とも。 戻り梅雨(もどりづゆ):梅雨明けの後で、再び梅雨のような天気になること。 返り梅雨(かえりづゆ)とも。

次の

【時候の挨拶】7月上旬/中旬/下旬の季節の挨拶と季語は?手紙の書き出しも

7 月 上旬 時候 の 挨拶

7月の「の候」を使った漢語調の「時候・季節の挨拶」 7月の「時候・季節の挨拶」のうち、「〇〇の候」というビジネスに使いやすい漢語調の慣用句を紹介します。 「候(こう)」とは、時節や時季を表す言葉です。 「拝啓 〇〇の候、貴社ますますご繁栄のことと心からお喜び申し上げます。 」というように書きだします。 なお「初夏の候」は、夏の初めの時節の意味ですが、暦の上での初夏は6月6日頃までとなるため、6月上旬までに使われる時候の挨拶です。 7月には使いませんのでご注意ください。 「盛夏の候」「盛暑の候」【7月上旬~8月上旬】 「盛夏の候」(せいかのこう)、「盛暑の候」(せいしょのこう)の「盛夏」・「盛暑」とは「夏の一番暑い時期」を表します。 時候の挨拶では、実際に一番暑い時期ではなく、暦の上で秋が始まる8月8日頃の「立秋」の前日まで使うのが一般的です。 「酷暑の候」【7月下旬~8月上旬】 「酷暑の候」(こくしょのこう)の「酷暑」とは「きびしい暑さ」の意味です。 「盛夏の候」と同じく、8月8日頃の立秋の前日までに用います。 7月下旬から8月上旬の間で猛暑日が続く時などに使うのがよいでしょう。 「大暑の候」【7月下旬~8月上旬】 「大暑の候」(たいしょのこう)の「大暑」とは二十四節気の季節の名称で、7月23日頃が「大暑」の日です。 そこから立秋の前日まで使うことができます。 結びの言葉まで含めた「の候」の文例 「拝啓」に続いて時候の挨拶と礼儀文を入れ、結びの言葉のあとに「敬具」を入れて終わるビジネスレターの文例を紹介します。 儀礼文や結びの言葉のバリエーションは<>を参考にしてください。 拝啓 盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、心から感謝いたしております。 さて、(主文) つきましては、(主文) 末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 まずは略儀ながら書中にてお知らせいたします。 敬具 7月のビジネスにも使える口語調の「時候・季節の挨拶」 「時候・季節の挨拶」の口語調の慣用句を使った例文を、結びの言葉まで含めて紹介します。 漢語調では固すぎると感じる場合など、ビジネスレターでも使うことができます。 基本的な構成は変わりませんが、口語調の挨拶に合わせて全体の口調も統一するようにしましょう。 また、私的に近い手紙の場合でも、ビジネスに関する手紙であれば「拝啓」「敬具」をつける手紙の基本スタイルで書くのがおすすめですので、例文に付け加えて利用してください。 【7月上旬】の慣用句と結びの言葉 ようやく梅雨も明け、本格的な夏が訪れましたが、皆様にはお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 日ごろは一方ならぬお心づかいを賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> 今後におきましても変わらぬご指導をいただきたく、よろしくお願いいたします。 まずは略儀ながら書中にてお知らせまで。 梅雨明け十日の晴天が続いています。 〇〇様にはご健勝にてご活躍のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご支援を賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> これから夏本番ですが、どうかお元気でお過ごしくださいますようお祈りいたします。 まずは略儀ながら書中にてご挨拶まで。 今年も酷暑になるのでしょうか。 皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 いつも身に余るお力添えを賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> 今後ともご助力を賜りたく、伏してお願いいたします。 まずはとり急ぎお知らせまで。 海開き、山開きの便りが届く頃となりましたが、〇〇様にはいよいよお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 日ごろはお引き立てをいただきまして、まことにありがとうございます。 <例文> 暑い毎日が続きますが、〇〇様には一層のご健康をお祈り申し上げます。 まずは略儀ながら、書中をもってお知らせいたします。 【7月中旬~下旬】の慣用句と結びの言葉 日を追うごとに暑くなりますが、お元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。 平素は多大なご指導をいただき、厚くお礼申し上げます。 <本文> 暑さ厳しき折、ご自愛のほどお祈りいたします。 とりあえずご通知申し上げます。 今年の夏はひときわ暑いようですが、〇〇様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。 いつも身に余るお力添えを賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> 時節柄、お体には十分お気をつけください。 まずはとり急ぎお知らせまで。 【7月下旬】の慣用句と結びの言葉 暦の上ではもっとも暑い時期の大暑の候となりましたが、ますますお元気でお過ごしのことと存じます。 日ごろはご芳情にあずかり、ありがたくお礼申し上げます。 <本文> 時節柄、〇〇様にはお健やかにお過ごしくださいますよう、心よりお祈りいたします。 まずは略儀ながら書中をもちましてご案内申し上げます。 親しい方への夏の挨拶文と結びの言葉 親しくお付き合いをしている方へ、夏の挨拶を柔らかい言葉で書きたい時は次のような夏の挨拶文があります。 【7月上旬】 夏の到来を思わせるような太陽が照りつける毎日ですが、お変わりなくお元気でお過ごしのことと存じます。 いつもなにかとお世話くださり、本当にありがとうございます。 <本文> これからもどうか変わらぬお力添えをいただきたく、お願いいたします。 末筆になりましたが、お健やかにお過ごしくださいますよう、祈念いたします。 【7月中旬~下旬】 厳しい暑さの毎日が続いていますが、お変わりございませんか。 日ごろはご無沙汰いたしまして大変申しわけございません。 <本文> 今後ともどうぞ従来どおりご指導くださいますよう、よろしくお願いいたします。 時節柄、ご自愛のほど心からお祈りいたします。 7月の「時候の挨拶・季節の挨拶」を使った例文 7月の時候・季節の挨拶を取り入れた「招待状」と「お礼状」の例文を紹介します。 「招待状」の例文(7月) 拝啓 大暑の候、〇〇様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。 さて、このたび… を下記の通り開催いたします。 つきましては、… ご多忙中まことに恐縮ではございますが、ぜひご出席賜りますよう、お願い申し上げます。 敬具 記 日時: 場所: 「お礼状」の例文(7月) お中元のお礼状の例文 拝啓 盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のお引き立てにあずかり、まことにありがたくお礼申し上げます。 さて、このたびは結構なお中元の品を賜り、まことにありがとうございました。 平素は一方ならぬご支援ご協力をいただいておりますうえに、このようなお心づかいをいただき、恐縮いたしております。 酷暑の折から、皆様のご健勝と貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 まずはとり急ぎ書中にてお礼申し上げます。 出席いただいたことへのお礼状の例文 拝啓 日ごとに暑さが厳しくなりますが、〇〇様にはお元気でお過ごしの由、お喜び申し上げます。 さて、このたびはご多忙中にもかかわらず、… にご出席いただき、まことにありがとうございました。 これからも… 今後とも変わらぬご厚誼のほど、 伏してお願いいたします。 まずはとり急ぎ書面にて、お礼申し上げます。 敬具 まとめ 7月は梅雨が終わっていよいよ夏本番という季節のため、上旬には「初夏」の言葉を使いたくなってしまいますが、暦の上での初夏は6月6日頃までのため、「初夏」の季語は7月には用いませんので注意してください。 初夏を表す挨拶文としては、上に紹介したような、これから日一日と暑くなることに触れるような口語調の言葉を使います。 7月に使う「〇〇の候」の慣用句では初夏を表す言葉はないようです。 7月の結びの言葉には、暑さをねぎらうような言葉も工夫して入れてみてください。

次の

結びの挨拶(7月・文月)

7 月 上旬 時候 の 挨拶

向暑、小暑、盛夏、梅雨明けなど フォーマルな表現• 向暑の候、海開き、山開きの時期を迎え、いよいよ本格的な夏の到来となりました。 盛夏の候、長引く梅雨はまだ明けませんが、お元気でいらっしゃいますか。 梅雨明けのみぎり、七夕の笹飾りが夏の風に揺れてさやさやと音を立てています。 小暑が過ぎ、いよいよ日差しが強く夏らしくなってまいりましたが、皆様お変わりないでしょうか。 長かった梅雨も明け、青空がひときわ爽快に感じられる今日このごろです。 雨に現れた木々の緑が一層濃くなってまいりました。 朝顔市、ほおずき市、7月ならではの趣ある行事が続きます。 カジュアルな表現• 一向に梅雨の明ける気配を感じません。 この長雨はいつまで続くのでしょうか。 七夕の短冊に願い事をしたのを懐かしく思い出す今日このごろです。 いよいよ山開きとなりましたね。 夏恒例の登山会に向け、トレーニングをはじめました。 暑さが日増しに強くなり、寝苦しい夜も増えてきましたが、皆様お加減はいかがでしょうか。 本格的な夏となり、いよいよビアガーデンが恋しくなる季節ですね。 梅雨が明けたとたんにこの暑さ、体が戸惑っています。 戻り梅雨でホッと一息、これでまた暑さを乗り切れるでしょう。 7月中旬 仲暑、猛暑、真夏、酷暑、厳暑など フォーマルな表現• 仲暑の候、朝顔のつるが元気よく伸びる夏の盛りとなりましたが、皆様つつがなくお過ごしでいらっしゃいますか。 猛暑の候、うだるような暑さが続いておりますが、……• 厳暑のみぎり、近所から風鈴の音が心地よく聞こえる今日このごろです。 戻り梅雨なのでしょうか。 どんよりとした雲がここ数日空を覆い、気分の晴れない日々が続いております。 酷暑ますます勢いづくこの頃、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 日の暮れかかる頃には、夕顔が白い花を咲かせる季節となりました。 近年にない涼しさで、名続きの私としては今ひとつ物足りない気がします。 カジュアルな表現• 夏はまだ始まったばかりだというのに、うだるようなこの暑さに早くも音を上げています。 暑さ本番、いよいよ大好きな生ビールの季節となりましたね。 夏真っ盛りとなりました。 暑い暑いといいながらも、子どもたちは元気よく遊び回っています。 せわしなくなく蝉の声に、朝早くから目が覚めてしまいました。 今年は零下とのことで、例年になく過ごしやすい日々が続いております。 マリーゴールドの鮮やかさが、夏にはよく似合います。 夕顔の花が静かに咲く、夏の夕方が好きです。 7月下旬 灼熱、炎暑、大暑、驟雨(しゅうう)、三伏など フォーマルな表現• 大暑の候、一層暑さが厳しくなりましたが、いかがおしのぎでしょうか。 炎暑の候、今朝は池の睡蓮が静かに花を開くのを眺めておりました。 驟雨のみぎり、蝉しぐれがますますにぎやかになってきた今日このごろです。 暑さいよいよ厳しき折、お子様との夏休みをいかがお過ごしですか。 酷暑の日々、出不精の私も、さすがに涼を求めて都会を脱出したくなりました。 夏祭りのお囃子がどこからか聞こえてきそうな季節となりました。 夕立のあとの涼風が心地よい日々が続いております。 カジュアルな表現• こう暑い日が続くと、涼を求めてプールや海などの水辺ばかりへ足が向いてしまいます。 梅雨が明けたら一気に暑くなりました。 本格的な夏の到来ですね。 外出には帽子と日傘が欠かせません。 土用のうなぎを食べて、猛暑に打ち勝つパワーをつけています。 ふるさとの夏祭りが懐かしく思い出される季節となりました。 夏休みに入り、子どもたちが元気に遊ぶ声が聞こえるようになりました。 炎天下にひまわりの花がたくましく咲いています。 帰り道にゲリラ豪雨に襲われ、ショッピングセンターで雨宿りをしてきました。

次の