ウオノラゴン ダブル。 【剣盾ダブル】序盤元気ウオノラゴン&ランクマについて感じたこと

【剣盾ダブル構築】ウオノランチ〈ウオノラゴン/ドロンチ/脱出パック〉

ウオノラゴン ダブル

構築概要 @脱出ボタン ハイドロ暴風追い風守る ルンパッパ@珠 ハイドロリフスト冷凍身代わり ウオノラゴン@スカーフ エラがみ守る砕く @襷 不意打ちアイへ瓦割り守る @カシブのみ 影打ちシャドクロじゃれつく ドラパルト@鉢巻 アローダイブ空を飛ぶ蜻蛉 ルンパッパ+脱出で天候を取りながらすいすいエース降臨させるギミックからスタート。 BW時代から水野さんなどが使っていた懐かしいコンボである。 ルール上キョックスが使えるが、まあ本質はランクマッチと変わらんだろ!wと考え、しばらく使って慣れてるこのコンセプトをメインに据えた。 環境には水無効特性が、、などなど複数いるが、これらは基本ペリノラゴンメタ(想像)でありルンパッパには無抵抗気味。 環境にハイスペック電気がいないため仕方なく採用されている(ウォッシュ、ヒート)にも強いし、バンドリやアーマーガアといったあたりも簡単に崩せる。 他は正直有り合わせ。 :臆病CS 技構成は基本的なもの。 配分も、別に何かを耐えてうれしいキャラでもないのでCS振り。 バンギより早いのが地味に偉い。 ダブル用個体を突っ込んだので守るを持っている。 技の威力を軽減しながら脱出してルンパ着地という動きが一回だけあった。 なお蜻蛉返りに対しても脱出ボタンが発動するのだが、このとき相手は交換できない。 これで蜻蛉で化けの皮剥ぎにきたを何回かカモった。 4thGSの法則によって最速スカーフはすいすいルンパに抜かれるのだが皆なぜか突っ張ってきた。 ちなみにボルチェンでワンパンされるなどして脱出ボタンが不発になった場合は、ボルチェンの効果が発動して相手が先に交換し、こちらは通常の死に出し(相手の交代先を見て選べる) 一回もックスしなかったが、ックスした際もボタンは発動するんだろうか。 ルンパッパ:控え目CS 特に考えず控え目CS振り。 端数をHPに振ってしまった関係上身代わり持ちだがHP実数が4nになっている。 ダイストリームでの雨起動もさることながら、ダイソウゲン連打でフィールドに草が生えて草技の威力が加算されるのも地味に強い。 で珠ダメを軽減なんて小技も。 数値以上のパワーを感じた。 氷技は吹雪も考えたがさすがに冷静になって冷凍。 襷とか皮剥ぎで便利。 最後にすいすい状態でックス技をいなせる身代わり。 T1すいすい身代わり ダイなんとか T2すいすい身代わり だいたいダイバーンとかで慌てて天候変えてくる T3投げ ダイなんとか なおこの動きはダイジェット連打に対応できてなくて、やあたりがガンガンダイジェット打ってくるとめっちゃ崩壊します。 これをされると確実に負けるので、むしろ相手がわかってない前提でこのムーブを切って動くのがよかった。 火力目安: ・ックスしたを雨ダイストリームで一撃 ・ックスしたを晴れダイストリームで半分強削る ・雨ダイストリームでを7~8割削る ウオノラゴン:意地っ張りAS 適当に初手に置き、上を取れそうならエラがみ。 ダメそうなら(明らかにスカーフ持ってそうななど)ペリ脱出からルンパ展開。 あるいは後発に置いてエラがみで3タテ。 などなど雑に扱える。 レイド用個体の流用なので意地っ張りだが火力はほぼ十分。 コオリッポにボコされたので陽気のほうが良さそうだった。 耐久がそれなりにあって大抵の技を一発耐え(一回のじゃれつくを耐えた)、基本エラがみしか押さないので弱点保険などに強い、攻撃自体は低いのでサマに強め、相手がックスで強引にエラがみを耐えてくるならば、先制エラがみでごり押せる、など地味に偉い点が多いなと思った(エラだけに)。 守るはさすがに逆鱗とかのほうがよい。 ほんとにエラがみしか押さない(一回だけ+相手に噛み砕くを振った)ので、まあなんでもいい。 ックスはしないためアメ不要なのが偉い。 火力目安 ・アーマーガアを7割ほど削る :意地っ張りAS 初手に来やすいドラパルト破壊(無振りドラパルト最低乱数以外一発。 鬼火祟り目型はごめん)、を殴り倒したり襷不意打ちで謎のタイマン性能を発揮したりできる。 対ギャラでックスを切ってダイナックル+ダイアークでゴリ押しながら最後不意打ちで削る、みたいな役も。 メインコンセプトの足を止められて苦手なオーロンゲやに強いのも偉い。 「悪タイプへの悪戯心補助技無効」が割と知られてないのか初手対面で電磁波などを打たれてお得だった。 守るはダブル個体を流用したため(またかよ)。 さすがにのほうがよいが、一回と対峙したときに読み合いのすえ追い風切れるターンに倒せたりして美味しかった。 いやのほうがいいです。 すいません。 ・脱出ボタンが全然警戒されてなくて滅茶苦茶決まった。 初見殺しできてる感があった。 ・カシブも同様で物凄く初見殺しできた。 ・幸い、適当ポイントのせいで負けた試合はほぼ無かった。 ちょっとだけ役に立つ局面も生じたのでトントン。 ・かなり思考量が少ないパーティなのがよかった。 <悪かった点> ・ダイジェットが受からないため、あたりが無理だった。 ・また鬼火ドラパルトなんかにも凹された。 ・相互に理解度が低い環境というのもあり(?)攻めの姿勢を貫くと意外となんとかなったりした。 ・裏選出は対面性能で詰めながら適宜ックスを切るミミドラキザン。 ・これでも終盤は立ち回り精度が落ちて詰められる試合を落としたりしたので、大会って大変だなと思った。 ・こういった形式では相性補完よりも初見殺しを押し付けるほうが明らかに強いなと思った。 ・倒すべき相手の数が少ないためか、ダブルよりシングルのほうが雨パは使いやすく感じる。 ・キョックスを使えなかったのが少し心残り。 ・レンタルも後日提供するのでお楽しみに。

次の

【ダブル】湿原雨ウオノラゴン

ウオノラゴン ダブル

説明文 たたかうわざ かたい エラで かみつく。 あいてより さきに こうげきできると わざの いりょくは 2ばいに なる。 漢字 かたい エラで かみつく。 相手より 先に 攻撃できると 技の 威力は 2倍に なる。 使用ポケモン:覚える方法 レベルアップ ポケモン名 ソフト SwSh 63 63 こんなときに使おう 優秀な効果があることから物理主体のとに必須級のメインウェポンになる。 特性のウオノラゴンが先制でエラがみを当てたときの威力は255になる。 ポケモンカードゲームにおけるエラがみ アニメにおけるエラがみ 技の仕様• の一種で、特性のポケモンが使うと威力が1. 5倍になる。 相手がで出てきたと同時に当てたときも威力が2倍になる。 先に行動した相手がの効果で交代したり、など持ち物の効果を受けて交代した場合、それにより出てきたポケモンに当てたときも威力が2倍になる。 において、他のポケモンが先に動いた場合でも、攻撃する対象がまだ動いていなければ威力は2倍になる。 相手が先に動いたが・・で技が出せなかった場合では、行動したとみなされ威力は2倍にならない。 ・の準備行動をしただけで、攻撃をしていない相手に使用した場合は威力は2倍になる。 備考 各言語版での名称 言語 名前 エラがみ Fishious Rend Kiemenbiss Branchicrok Branchiomorso Branquibocado 아가미물기 簡体字 鳃咬 繁体字 鰓咬 関連項目•

次の

【ダブル】ウオノラゴンの育成論と対策【ポケモン剣盾】

ウオノラゴン ダブル

概要 とが習得。 「すばやさ」をあげられる特性「」や「」 現在未解禁 とのコンボが想定されているものと思われる。 説明文によると技名通り で咬み付いているはずなのだが、何故かで強化される。 戦闘演出ではギザギザの口で対象に噛み付いている様子。 5倍して382. 5倍して573. 25 …と 御覧の有様である。 更にを巻いた場合、その火力はやすら蒸発させかねない 控え目のの1. お膳立てこそ必要なものの 命中安定・デメリットなしでコレである。 古代では無敵だったというのは本当だったのだろう。 当然通信対戦でも活躍しているほか、伝説ポケモンの専用技と異なり相手に戦闘アニメが表示されないため、時間短縮を目的にマックスレイドバトルにもしばしば利用される。 その咬合力はの約2倍。 エラがみが強烈な威力を誇るのも頷ける。 関連記事 親記事.

次の