光 の お父さん ブログ。 ファイナルファンタジー光のお父さん(映画)無料フル動画情報!|映画TIMES

【FF14】光のお父さん(劇場版)を空の上で見てきた感想【ブログ】

光 の お父さん ブログ

計画… 最近「」がついにのでも観られるようになりました! dad of light… 笑 ゲーム画面のせいか、意外にもがっつり食いついた子供とともに週末全部観てしまいました。 元ブログからするとだいぶ手が加えられていましたが、いやー満足。 くんとかかわいいかわいいと話には聞いていましたが 笑 初めて観ました… のおかげです (?) にアマゾンがやってきた では今年7月から Nowがサービス開始しました。 ポチッてから2時間以内に配達してくれるそうです。 このニュースが流れた後の株価が急騰し、のJeff Bezosが総資産額でを抜いたとかちょっとしたニュースになっていました。 サービス開始当初は食品に力を入れている印象があり、 競合しそうなのはネットスーパーなのかなあという感じでした。 にはもともと Redmartというネットスーパーがあり、我が家も定期的に利用しています。 Nowの品揃えをRedmartと比べると、普段Redmartで買っているものがにはなかったりして、まだを使いたいという気には至っていません。 2時間以内とかいいからむしろ普通のが欲しいんだけどなあ… 対策で生まれたLiveup 先述のRedmartですが、eコマースの大手Lazadaに買収されており、そのLazadaは中国の大企業 Alibabaから出資を受けています。 つまり既存の大手eコマースはこぞってアリババ傘下。 「がに進出するらしい」とニュースになってから、 Alibaba対の構図に注目が集まっていました。 今年に入り、RedmartとLazadaらはやと手を組み Liveupというメンバーシップを立ち上げました。 RedmartやLazadaで買い物をするとポイントが貯まり、ポイントを支払いに使うこともできます。 しかも、 が半年分ついてくるという。 時は折しもが日本で配信された頃。 これは、入るしかない と喜び勇んで5月頃加入したものの、「」 海は今秋予定だったという罠にまんまとハマり、しばらくはをもんもんと観る日々が続きました。 いや、どうでしょう好きですけどね… というわけで、長々と書きましたが要は のおかげで我が家はに加入しを観ることができたのでした。 さて、目的は果たしたし、半年過ぎたらさんどうしようかな… そういえば、はで人気の動画に入っていました。 これは東南アジア地域でのことなのかよくわかりませんが、にはFFファン(特に群を抜いて はびっくりするくらいたくさんいます。 日本で配信開始されてからまわりでも反応している人がいたのでけっこう観ている人もいるかもしれません。 80です。 今年はまあまあお得、来年からはほんの少しお得な感じです。 Lazadaやなどを利用すればもっとお得ですね。 eat使ってみるか… kyomonatsu.

次の

【FF14 光のお父さん】原作ブログのあらすじと口コミを紹介

光 の お父さん ブログ

光のお父さんのドラマは実話がベース 光のお父さんのドラマは 実話がベースになっているということです。 おもしろいですよね。 父親にプレイステーションとファイナルファンタジー14のソフトをプレゼントして、一緒に冒険するって。 思いついても勇気が出ないケースも多いでしょう。 それを実行に移したというのがすごい。 そして、ファイナルファンタジー14の仲間たちに協力をお願いして目的を果たします。 その一部始終をブログにアップしているんですよね。 そのブログに感動した放送関係者の「Pさん」がファイナルファンタジー14内で、作者のマイディーさんにコンタクトを取ります。 Pさんが強力に企画を推し進め、 スクウェア・エニックスも巻き込みドラマ化が現実のものとなります。 ファイナルファンタジー14のプレイヤーだけにとどまらず、一般の人達にも評判がいいドラマとなりました。 広告 光のお父さんのドラマの感想 光のお父さんのドラマはおもしろかったです。 私は好きですね。 まずは同じ趣味を持とうと、プレイステーション4とファイナルファンタジー14をプレゼントするところ。 その 思い切った行動。 プレイステーション4って何万円もしますよね。 趣味としてハマるかどうかも分からないのに、何万円もかけて父親のためにプレゼントを購入。 その後、現実の父親と、ゲーム内の父親のギャップに苦労しながらも、真の目的を達成します。 その過程もおもしろいし、最後に目的を達成したときの感動。 それまでのやや ギャグっぽい展開との差で、大きな感動を感じました。 こうやって親孝行するのもアリなんだなぁ、と。 親孝行したいときには親はなしとも言いますし、何か考えたい気持ちになりました。 光のお父さんのドラマのキャスト 光のお父さんのドラマのキャストをご紹介します。 稲葉光生(いなばあきお) 千葉雄大 光のお父さんのドラマの主人公。 マイディー。 父、稲葉博太郎と近づくために父親にプレイステーション4とファイナルファンタジー14をプレゼントする。 コピー機を取り扱う企業に勤めている。 稲葉博太郎(いなばひろたろう) 大杉漣 光のお父さん。 突然会社を辞めた仕事人間。 仕事はかなりデキる人物で同級生の大野には頼りにされている。 カレーが大好き。 病気で手術をすすめられている。 稲葉貴美子(いなばきみこ) 石野真子 稲葉光生の母で博太郎の妻。 海外ドラマが好きで、ゲームをする博太郎にテレビを占領されて不満を持っている。 が、無趣味な博太郎が趣味を持つこと自体はいいことだと思っている。 正田陽子(しょうだようこ) 馬場ふみか 稲葉光生の会社の後輩。 稲葉光生のことが好きだけど、稲葉光生の鈍感さに辟易している。 袴田貴弘(はかまだたかひろ) 袴田吉彦 稲葉光生の会社の先輩。 仕事ができる。 島耕作が大好き。 大野肇(おおのはじめ) 長谷川初範 稲葉博太郎の同級生。 会社経営者。 業績不振で苦労しているため、稲葉博太郎にアドバイスを求めた。 栗山 島津健太郎 稲葉光生の上司で課長。 大谷 今井孝祐 稲葉光生の会社の同僚。 介護のため退社する。 西川 小岩崎小恵 稲葉光生の会社の同僚。 近藤 味岡ちえり 稲葉光生の会社の同僚。 飯山 信太昌之 稲葉光生の会社の取引先の部長。 無類の野球好き。 宮西 大塚ヒロタ 飯山の部下。 プロ野球選手のマネが得意。 広告 光のお父さんのドラマと映画・ブログ・本との違い。 おすすめは? 光のお父さんはドラマだけではありません。 もともとはブログからスタート。 本が出版され、ドラマ化され、映画にもなりました。 それぞれ、どういう特徴があるか、おすすめはどれなのかご紹介します。 ブログ 原作です。 写真(画面のスクリーンショット)や文字装飾もふんだんになされていいます。 ページ数や時間の制限がないので、もっとも詳しくつづられています。 本 ブログをまとめた本。 写真も多く掲載されているし、読みやすいです。 数時間あれば読破できます。 ドラマ 全7話の本編+特別編の合計8話です。 168分の作品。 実写化されて、現実世界とファイナルファンタジー14の世界を行き来するのが特徴的。 理解しやすさは一番ですね。 映画 最新作。 上映時間は114分。 短い時間ながらもよくまとめられています。 最新作だけに、ドラマがブラッシュアップされた感があります。 どれがおすすめ? 私の おすすめはやはりブログ版。 原作だし、ページ数や時間の制限がないので一番くわしく書かれています。 文章の間からにじみ出る思いがこちらにも伝わってきます。 感動もひとしお。 ブログなので、好きな時間に好きなだけ読めるのもいいですね。 光のお父さんのドラマを見られるのは? 私が大好きな光のお父さんのドラマ。 今から見るとすると、どこで見られるかチェックしてみました。 動画配信サービス(VOD)の中では、 ネットフリックスのみです。 ネットフリックス独占配信ですね。 dTVやHuluやU-nextなど、動画配信サービスはたくさんありますが、ネットフリックスだけが配信しているんです。 ネットフリックスは 30日間無料体験ができますから、まだネットフリックスを利用したことないなら試してみるといいですね。 光のお父さんのドラマは感動作! 光のお父さんのドラマは感動作です。 やはり実話を元にしているというのが、大きな感動を生むのだと思います。 いつやって来るか分からない両親との別れ。 それまでにどれだけ親孝行できるか。 それまでにどれだけ仲良く楽しめるのか。 いろいろ考えさせられるドラマでした。 しかし、オンラインゲームで仲良くなるとは!これは驚きでしたね。 齢60歳の光の戦士。 かっこいいなぁ。 年をとってもいろいろ楽しめる人でありたい!.

次の

FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

光 の お父さん ブログ

ゲーム内でまさに映画の撮影をしているのだ。 今回は、そのエオルゼアパート撮影現場に潜入できたので、撮影現場のリポート、そしてマイディーさんと山本監督へのインタビューを掲載する。 この空間はまさに映画の撮影現場 インタビュー前に読んでほしい用語補足 リアルパート……坂口さんや吉田さんなど、役者の方が演じる場面。 ゲーム画面パート……リアルパート内で、ゲームをする際に表示されているゲーム画面。 エオルゼアパート……ゲーム内でキャラクターを用いてアクターが演じる場面。 イメージとしては、主人公が脳内補完したゲームの中で生活している世界。 マイディー ドラマ版の撮影では、エオルゼアパートを作るアクターとして課題が残っており、もう少し作り込みたいなという気持ちはあったため、いい機会でした。 ドラマの撮影後に、ゲーム内のアップデートで、前回の撮影時に欲しかった機能が追加されて 笑。 やり直せるならやり直したいと思っていて……。 アップデートにより、被写界深度の調整も可能に。 山本 本当にありがたいことに、天候や時間を自由に変えられるようになり、撮影時間の短縮につながりました。 ただ、天候や時間を変えられるとなると、演出の幅が広がり、欲が出てきてしまって…… 笑。 たとえば、曇り空が晴れていく、などの演出だったり、考えるべきことは増えましたね。 山本 そうなんですよ。 意外と伝わりづらいのですが…… 笑。 ロケハンの最中は、違うゲームをしているような気分になります。 ドラマ版のときは、一般の公開サーバーで撮影をしていて、天気や時間も成り行きで行っていたのですが、今回は太陽の位置なども入念に計画しています。 山本 脚本の段階で変えている部分としては、ドラマ版では、エオルゼアパートでお父さんがくるくる回るシーンがあったんですね。 好評をいただいていたのですが、僕の中ではじつはピンと来ていなくて。 というのも、エオルゼアパートのように、ゲーム画面のみで見ると、そこでリアルのお父さんに何が起こっているのかが、伝わらないんですね。 なので今回は、ゲーム画面を見ているリアルパートを通して表現しています。 基本の骨は変わらないのですが、表現の方法を工夫しています。 マイディーさんはいかがですか? マイディー 基本的には変わっていませんが、エモートの表情が増えているので、その組み合わせはこだわっています。 山本 そもそも、今回の撮影では、エオルゼアパートの撮影も、その場にアクターを集めて、顔を付き合わせながら行っているので、細かい要求は増えましたよね。 マイディー ドラマ版では、チャットで会話して進行しながら、天候待ちがあり、時間に制限もあったのですが、今回、直接しゃべりながら演じられるというのは、非常にやりやすかったです。 撮影の同時進行もできますしね。 画のグレードは上がっていると思います。 意外とゲーム画面パートのほうが時間がかかっています。 お父さんやアキオの画面があり、UI(ユーザーインターフェース)などもそれに紐づいていて、チャットをしているシーンを撮るだけで長い時間を要しまして…… 笑。 いつもは灰皿が飛び交ったりしていますよ! ……冗談です 笑。 マイディー お菓子を食べながら楽しく撮影しています 笑。 ドラマ版でも手伝ってくれていたこともあり、飲み込みも早く、とても助かっています。 山本 僕は今回、マイディーさんの演技を見て、衝撃を受けましたね。 『FFXIV』は、チャットを打つとキャラクターがその長さに合せて、口を動かすんです。 1秒のマクロ、2秒のマクロ、4秒のマクロと、セリフに合わせて、秒数を調整したマクロを用意しています。 監督もできたら、秒数で言ってください! 「ここは2・2・4で」とか! 笑。 山本 サッカーのフォーメーションか! 笑。 これに加えて、表情にもこだわってますよね。 マイディー そうですね、ただ表情を変えるだけでも、真顔からいきなり怒っている表情にするのではなく、あいだにいぶかしげな表情を挟み、3段階にすることで、より自然な表現ができるんです。 話すときも棒立ちにならないように工夫をしたり。 ゲーム画面パートでは、逆にゲームっぽさを出すため、棒立ちのまま話したりしています。 0というか 笑。 前の演技をベースにさらにこだわれるので、よりパワーアップしたものをお見せできるんじゃないかなと思っています。 さらに、今回は監督の手元で、カメラマン視点で撮影したものが再生できるんです! ドラマ版では、それが見れなかったので、何がいいのか悪いのかもわからなくて……。 実際の映画の撮影現場のようでしたね。 皆さん、まさにプロのアクターですが、意見の衝突などはあったりしたのでしょうか? マイディー これは、監督が柔軟に対応してくれていて。 まずは僕らの意見を聞いてくれるんです。 直すべきところがあれば「ここだけ直そうか」と。 また、アクターが複数人いますので、その人の個性が出たり、いい演技につながっていると思います。 山本 実写と変わらないですね。 関係各所、自分の希望があるので、腹の底を見せ、にこやかに意見をぶつけ合って 笑。 マイディー 会議室じゃなくて、カラオケボックスでね 笑。 山本 基本的には、お父さんの成長です。 『FFXIV』を始めて、自分の隠していた想いや、伝えきれなかった言葉を表に出せるようになる。 この大きなテーマは変えてはいけないと思っています。 それにプラスして、アキオの成長も絡めていきたいなと。 ふたりがゲームを通して、絆を取り戻しつつ、親子関係を再生し、成長を感じられるストーリーがメインになっています。 妹はどのように関わってくるのでしょうか? マイディー 距離があるアキオとお父さんがふたりで話をするより、あいだに妹がいてくれると展開が早くなるという仕掛けですね。 尺に制限がある中で、重要なキャラクターではありますよね。 ドラマ版にはなかった要素といえば、エオルゼア内にも、新たなルガディンのキャラクターがいましたよね? マイディー 彼は……僕らの中では非常にお気に入りなキャラクターですね 笑。 山本 作中でキャラクターを使う人物の性格や職業に当てはめてクリエイトをしていたのですが、台本の中に「強そうなキャラクターがいい」というセリフがあって……。 それで強そうなルガディンになりました 笑。 そういうキャラクターなのかなぁと思っています。 ナイトや白魔道士、黒魔道士など、ジョブごとに特色があり、ステータスが異なったり、ジョブ専用のアクションを使用できる。 マイディー お父さんとは違う、もうひとりの初心者さんを出すべく、そのようなキャラクターになりました。 昨日届いたのですが、ぜひそれを使ってくださいと現場に持って行きました 笑。 ですので、グッズはほとんど見られていないんです……。 部屋を見てプレイヤーの方にも「いいな」と思ってもらえるような、オシャレで理想的な『FFXIV』プレイヤーの部屋をイメージしています。 山本 本作を見てくださった方に、実際にゲームのキャラクターを動かして作った映像が、映画やテレビでも十分勝負できるものになる、ということを知ってほしいですね。 「映画はこうである」という思い込みをなくして、ゲームというツールを使って映画を作れるんだということが、僕がこの作品を作るモチベーションになっています。 「これってCGなの?」と思われるような、作品になるようがんばっているので、ぜひ確認してほしいです。 皆さんが思っている画とは違うものになっていると思いますので、お楽しみに! マイディー 基本的には親子関係のストーリーなのですが、僕がずっと思っているのは、これがオンラインゲームの可能性であり、オンラインゲームプレイヤーのひとつの夢の形であるということ。 自分のプレイが映画になるということは、ロマンがありますよね。 「あ、僕、坂口健太郎なんや」って 笑。 マイディー さっき監督がおっしゃっていたように、CGだと思われたいという部分もありますが、もう1歩踏み込んだところに注目いただきたいんです。 演じているキャラクターひとりひとりに命があり、考えて動かされていて、リアルの撮影現場に近い環境があるということを伝えられるように努力しています。 そういった部分もいまのオンラインゲームだと知ってもらうため、撮影に励んでいます。 この作品を観て少しでも「いいな」と思った方は、ぜひ『FFXIV』を遊んでみてください! 本当に楽しいので!.

次の