ライン 着信 音 が ならない。 LINE着信音(通知音)鳴らない|対処法について

LINEの通知音・着信音が「鳴らない」原因と対処法まとめ

ライン 着信 音 が ならない

家族や友だちだけではなく、趣味仲間とのグループ交流や、仕事関係での連絡のやり取りなどにLINEを活用している人が増えています。 スマホの電話やメール、SMSを使わずにLINE友だちとのやり取りはLINEだけ、という人も多くなってきました。 日々の連絡をすべてLINEで行っている人にとっては、LINEの着信音や通知音が鳴らないと、LINEでの電話の着信やトークに気が付くことができずに困ってしまいます。 しかし、LINEの着信音や通知音が鳴らないという人も多いものです。 この記事ではLINEの電話の着信音やトークの通知音が鳴らないときの原因と対処法について詳しく解説します。 まずはLINEの着信音や通知音が鳴らない原因についてみていきましょう。 LINEの電話の呼び出し音や通知音が鳴らない原因には、スマホがマナーモードになっていることがあります。 仕事中や電車の中では着信音がうるさいのでマナーモードにするのは当たり前です。 でも着信音が鳴っても大丈夫なのに、元に戻すのを忘れている場合もあるでしょう。 それだけではなく、 スマホの音量ボタンを間違えて長押ししたり、音量スイッチをオフにしてしまったりしたことでマナーモードになってしまうこともあります。 自分でも気が付かないうちにマナーモードになって着信音が鳴らないようになってしまうことなんて考えられない、という人もいることでしょう。 しかし、例えばバッグの中で一緒に入っているものに音量ボタンが押されてしまう、ということもあり得ないことではありません。 iPhoneでは左サイドに音量のオン・オフスイッチがあります。 そちらが気が付かないうちにオフになっていることもあるので一度確認してみましょう。 iPhoneでLINEの着信音が鳴らない場合には、お休みモードや機内モードが原因かもしれません。 iPhoneには "お休みモード"という機能と、 "機内モード"という機能があります。 お休みモードというのは、睡眠中に電話やメールなどがあった場合には、呼び出し音や通知音を鳴らさない設定です。 機内モードというのは、飛行機などの電波の影響を受けてはいけない場所で、スマホの中のゲームや電子書籍を利用したいときに電波を飛ばさないように設定するモードです。 お休みモードになっているときには、LINEに電話やトークが届いても、着信音や通知音は鳴らなくなってしまいます。 機内モードになっているときには、電波がスマホに届いていないので、電話やトークが届かずに着信音や通知音は鳴りません。 お休みモードや機内モードはiPhoneの設定から以外でも、画面をしたからスワイプすると設定できます。 間違えてボタンを押してしまうこともあるので、着信音が鳴らないときにはこちらも確認してみましょう。 それでもLINEの着信音が鳴らない場合には、他の音は鳴るのかを確認しましょう。 LINEではない通常の電話の呼び出し音、メールや他のSNSの着信音は鳴るのにLINEだけは着信音が鳴らない、ということであればLINEアプリに不具合があることが考えられます。 LINEの設定からバックアップをした上で、一度端末からアンインストールして、再度インストールしてみましょう。 端末の音量設定などを確認しても、他の着信音も鳴らない場合には、LINEの通知音が鳴らない原因は端末にあると考えられます。 自分でどうにかできるものではないので、着信音が鳴らないということで、端末の販売店や修理店に持ち込んで相談してみましょう。

次の

LINE着信音(通知音)鳴らない|対処法について

ライン 着信 音 が ならない

スポンサードリンク その2:iPhoneの「おやすみモード」を確認 iPhoneの機能の中には 「 おやすみモード」があります。 おやすみモードをオンにしていると、 通知自体を受け付けなくなるので、 着信音・通知音が鳴らなくなります。 おやすみモードをオフにするには、 「設定>おやすみモード」と進み、 今すぐオン/オフを確認しましょう。 これに加えて、 「 時間指定」がオフになっていることも 確認しておきましょう。 その3:iPhoneの「サウンド設定」 iPhoneの 音量がゼロの状態だと、 マナーモードにしていなくても 着信音・通知音が鳴りません。 音量の切り替えをするためには、 「設定>サウンド>着信音と通知音」と 進んでいけばOKです。 着信音と通知音のバーが 青くなっていることを確認しましょう。 その4:iPhoneの「通知設定」 サウンド設定と似ていますが、 LINEの通知サウンドを オフにしている状態だと 着信音・通知音がなりません。 「設定>通知>LINE」と進み、 通知を許可とサウンドが オンになっていることを確認しましょう。 その5:LINEアプリの「通知設定」を確認 その1〜その4の原因と対処法は iPhone本体側での設定でした。 が、その5に関しては LINEアプリから操作します。 LINEを起動したら 「設定>通知」と進みます。 通知の画面が開いたら、 「通知」が オンになっていること、 「一時停止」が オフになっていることを 確認しましょう。 スポンサードリンク Androidの場合 その1:Androidの「マナーモード」を確認 iPhoneのケースと同じですが、 Androidも「 マナーモード」だと 着信音・通知音が鳴りません。 LINEの音が鳴らない〜という場合は、 マナーモードになっていないかどうかを 最初に確認しましょう。 その2:Androidの「節電アプリ」との兼ね合い Androidには無料アプリで 各種「 節電アプリ」があります。 超節電• BatteryMix• スマホの節電 ・・・などなど、 節電アプリをインストールすると、 LINEの通知を受取るためのプログラムが 停止する〜ということがあるようです。 プログラムを停止して 節電するという仕組みでしょう。 各種節電アプリを利用している人は、 一旦それを アンインストールしましょう。 それでLINEの着信音・通知音が 鳴るようになった〜という場合は 節電アプリが邪魔をしていた ということになります。 iPhone/Android共通 端末の容量が不足している 各種ゲームアプリやSNS、 写真や音楽のデータが溜まると、 端末の容量が不足します。 そして、容量が不足すると、 端末にかかる負担が大きくなり、 動作不良が起こりやすくなります。 一度、端末の容量を確認してみて、 全然余裕がない〜という場合は、 不要なアプリやデータを削除しましょう。 端末のメモリが不足している 同時に複数のアプリを起動すると、 メモリが全力で処理することになり、 大きな負担がかかってしまいます。 端末の容量不足と同じように、 動作不良が起こりやすくなります。 iPhoneの場合は ホームボタンを2回素早く押して、 アプリの画面を上にスワイプ。 Androidの場合は アプリ一覧画面を開き、 アプリの画面を左右にスワイプ。 これでアプリを終了させ、 メモリの負担を軽減できます。 ただし、 この方法でLINEを何度も終了すると、 かえって不具合が起こりやすくと 言われています。 【以下引用】 節電(バッテリーを長持ちさせる)目的や、スマートフォンを軽くする目的で、不要なアプリをいちいち終了したり、強制的にまとめて終了するアプリを利用している人がいます。 このような機能を使っている場合、通知を受け取れなくなる場合があります。 「タスクマネージャ」などでLINEを終了するのもよくありません。 こえらのアプリの使用が原因となっている可能性もあります。 【引用元>LINEの仕組み from did2memo. net】 なので、終了させるアプリは LINE以外にするといいでしょう。 端末本体の機能が低下している いくらハイスペックのスマホでも、 毎日ガンガン使い続けていくと 消耗・劣化していきます。 それに伴い寿命も縮みます。 これを予防するための方法が 「 再起動」です。 端末の電源を一度完全に切り、 その後再び起動させるだけでも メンテナンスになります。 端末別の対処法をまとめると 次のようになります。 【iPhone】 1:マナーモード 2:おやすみモード 3:サウンド設定 4:通知設定 5:LINEの通知設定 【Android】 1:マナーモード 2:節電アプリとの干渉 【共通】 1:端末の容量不足 2:端末のメモリ不足 3:再起動によるメンテナンス.

次の

LINEの着信音(通知音)が鳴らない原因と対処法[iPhone/Android]

ライン 着信 音 が ならない

データ通信できる状態か 基本的な事ですが、ネットに繋がっていないと通知が届きません。 LINEもデータ通信を行って、トークを受信したり、送信したりできます。 Wi-Fi接続、モバイルデータ通信(4Gや3G)などネットに接続できる状態か確認してください。 不安定な状態でも受信が遅れたりします。 この場合は、LINEに限らず、メールの受信なども通知がされなくなっている状態です。 また、通信速度制限や不安定な環境でデータ通信速度が遅くなっている場合は、受信に時間がかかる場合があります。 空き容量の確保 空き容量が十分確保されていないと、端末の不具合が起きたり、LINEトークを受信できなかったりと不都合が生じてきます。 空き容量が少なくなっている場合は、不要な写真や動画、音楽などのデータを削除、アプリのアンインストールなどをして容量に余裕を持たせてください。 キャッシュを削除するだけでも少しは容量を空けることができます。 LINEアプリのトークルームにも大量のキャッシュがたまっていることがあります。 スマホの通知設定 端末の通知設定を行います。 端末内の通知設定がオフになっていると、LINEアプリ内の設定が通知するように設定していても、通知が表示しません。 表示するように設定をオンにしましょう。 iPhone 設定アプリを開いて、【通知】をタップします。 すると、アプリ一覧が表示するので、【LINE】を選びます。 「通知を許可」のスイッチをオンにします。 オフにしていると、LINEすべての通知が届きません。 オンにすることで詳細設定を行える項目が下に表示します。 LINEトークを受信したり、LINE無料通話がかかってきたときに通知音を出したい時は、「サウンド」をオンにします。 LINEのアプリアイコンに赤バッジを表示させたい場合は、「Appアイコンにバッジを表示」のスイッチをオンにして下さい。 赤バッチの中の数字を見て、何件通知が届いているか判断することができます。 続いて、通知スタイルを選択していきます。 「ロック画面に表示」は、画面ロック(スリープに)している状態で通知を表示させるかの設定です。 「履歴に表示」は、通知センターへの表示設定です。 「バナーとして表示」は、端末操作中に画面上からバナーで知らせる設定です。 バナーを表示をオンにする場合は、表示時間を「一時的」「持続的」より、選択可能です。 その下のプレビューを表示の設定では、トークの内容などをLINEを開かなくても表示するかしないか設定することができます。 「常に(デフォルト)」「ロックされていないときのみ」「しない」から選択できます。 例えば、「しない」して、友だちからLINEが届くと、「1件の通知」などと表示し、どのようなメッセージが送られてきているかわかりません。 「ロックされていないときのみ」にしておくと、ロックがかかっている時は内容が出ないので、iPhoneをどこかに置き忘れたりした場合でも第三者に内容を見られる心配はありません。 ロック解除と同時に内容が表示します。 1 Android 【設定】を開いて、【アプリと通知】をタップ。 次に【通知】をタップします。 アプリ一覧が表示するので【LINE】を選択します。 通知設定の画面を開いたら、スイッチをオンに切り替えます。 その他、通知ドット(通知バッジ)の設定や音を出すかの設定などを行えます。 ロック画面の状態で表示、非表示の設定も可能。 0 LINEアプリの設定 LINEアプリの通知設定には、LINE全体の通知に適用される設定と友だちやグループ毎に適用される設定の2通りがあります。 特定の人物やグループの通知が来ないのであれば、友だちやグループの個別設定を見直す必要があります。 1 LINEアプリ全体の通知設定 LINEアプリを起動させて、友だちタブ内の【歯車のアイコン】をタップし設定画面を表示させます。 その中にある【通知】を選択してください。 通知設定の画面を開いたら、まずは「通知」をオンにしましょう。 オンにすると、その下に通知に関する設定項目が表示します。 新規メッセージ、メッセージ通知の内容を表示、サムネイルを表示など必要に応じて設定してください。 新規メッセージは、メッセージが届いたときに表示させるかの設定です。 オンすると、受信時に「新規メッセージがあります。 」と表示。 オフにしておくと、通知音だけがなりメッセージの通知表示はされません。 送られてきたメッセージの内容を表示させたい場合は、「メッセージ通知の内容を表示」をオンにします。 サムネイルは、次の画像のように、写真やスタンプなどが送られてきたときに、通知に表示します。 友だち・グループ毎の通知設定 トークルーム上の友だちの名前やグループ名の横に「スピーカーに斜線が入ったマーク」が表示されていると、通知がオフになっている状態です。 通知するようにしたい場合は、通知をオンに切り替えてください。 設定は、友だちやグループのトークルームを開きます。 トーク画面上部の【V】をタップしてメニューを表示すると、【通知オン(または通知オフ)】と表示されたスピーカーアイコンがあります。 タップして設定を切り替えてください。 ブロックしていないか 誤って友だちをブロックしているということはないでしょうか。 ブロックした友だちからメッセージが送られてきても、トークそのものが表示しないので通知されることもありません。 特定の友だちからトークが来ない場合は確認してみましょう。 LINEアプリ内の設定の中にある「友だち」の項目を開くと「ブロックリスト」というものがあります。 こちらで確認することができます。 通知されないモードになっていないか おやすみモードやドライブモード、省エネモードなど、特別なモードになっている場合は、通知が受信しないことがあります。 例えば、iPhoneであれば、「おやすみモード」にしておくと、通知しないようになります。 機種毎に通知に関する機能があれば見直しておく必要があります。 オンになっている場合は、オフにして通知されるか確認してみてください。 PC版LINEの設定 PC版でLINEを使用している方が特に関係があることですが、PC版LINEの設定に「ログイン時にスマートフォンの通知をオフにする」といった設定があります。 この設定は、デフォルトではオンになっています。 同一アカウントでPC版LINEで使用している間は、LINEにメッセージが届いてもスマホにプッシュ通知されません。 とはいっても、プッシュ通知されないだけなので、LINEアプリを開けば受信した内容は確認することはできます。 普段PC版LINEやiPad版LINEを使用しない方は、LINEアプリ(スマホ側)の設定でPC版などからログインできないように設定しておくことをおすすめします。 設定は、友だちタブ内の【歯車のアイコン】をタップして設定画面を開きます。 【アカウント】を開くと「ログイン許可」とあるので、タップしてチェックを外してオフにできます。 その場合は、スマホやLINEアプリのバグや不具合による影響であることが考えられます。 まずは、それぞれの再起動してください。 その後、LINEを一度起動させてからホームボタンをタップしてホームに戻ってから通知が届くかテストしてみてください。 自分以外で複数のユーザーで不具合が起きている場合は、しばらく様子をみるようにしてください。 LINE側の問題であれば、自分でなにかして解決できるということはほとんどありません。 LINEアプリが古いバージョンになっている場合は、最新バージョンにアップデートしてください。 App Store、Playストアなどのアプリストアでバージョンアップできます。 アプリをダウンロードしたストアでアップデートできます。 ・スマホ側に不具合が生じている場合は、OSアップデートで改善することがあります。 アップデートすることで使い勝手が大幅に変わることがあるので、十分確認してから実行してください。 ・LINEアプリのデータ消去や再インストールを行う。 データがすべて消えるので、LINEへの再ログインやデータの復元などが必要になります。 データ消去や再インストールを行う場合は、ログイン用のメアドやパスワードをメモ、必要なデータのバックアップをとってから行ってください。 ・スマホに問題がある場合、スマホの初期化で改善する可能性が高いです。 データはすべて消えてしまうので、必要なデータをバックアップしてから行ってください。 通知音が出ない場合 通知は表示するが、通知音が鳴らないということがあります。 この場合は、サウンド設定やマナーモード、LINEアプリや端末の不具合などが原因となっている可能性があります。 マナーモードにしていると、当然、バイブだけになっていたり、音が鳴らなかったりします。 音を出したい場合はオンにしておく必要があります。 1時間停止などになっていると時間内は、通知バッジは表示するが、通知音はなりません。 端末の故障、Bluetooth機器との接続なども考えられます。 その他、対処法は下記の記事で紹介していますので参考にしてみてください。 通知内容が表示しない場合 通知は表示するが、送られてきたLINEのメッセージが表示しないということがあります。 設定の問題、LINEアプリあるいは端末の不具合といったことが想定されます。

次の