ピアッサー ニードル 痛み。 耳たぶピアスはピアッサー・ニードルどっちで開けるのが最適?

軟骨のピアスの開け方! ピアッサーかニードルどっちが痛くない?

ピアッサー ニードル 痛み

さっと読める目次• ピアッサーの選び方 ピアスでおしゃれしたい時に、最初に自分でピアスを装着するための穴を開ける装置がピアッサーです。 では耳たぶ用のピアッサーは、どのような点を重視して選べば良いのでしょうか? ピアッサーの安全性・長さや太さなどの形状・口コミ評価などを、重点的に考慮した選び方について紹介します。 ファーストピアスの素材・形状で選ぶ ピアッサーを選ぶ時に最も重要なポイントは、ピアッサーに内蔵されているファーストピアスの素材や形状(長さや太さ)です。 ファーストピアスとは、ピアス穴を開けた時からピアスホールが安定して完成するまでの期間に付けておくピアスのことです。 つまりピアスホールが完成するまでの育成期間中にいかにトラブルなく安全に過ごせるかがピアッサーを選ぶ上で最も重視すべきポイントなのです。 ファーストピアスには、使用されている素材や長さや太さやデザインなどの形状など、さまざまなタイプがあります。 特に重要なポイントは、「金属アレルギーを起こさない素材」や「耳たぶの厚さに適応した長さ」や「ピアスホールに適応した太さ」です。 金属アレルギーの少ない素材で選ぶ 金属製のアクセサリーを身に付けていると、汗などに触れて金属イオンが溶けて体内のタンパク質と結合することで金属アレルギー反応が起こることがあります。 ピアスの装着者は、この金属アレルギーの発症率が2倍にもなると言われています。 ピアッサーを選ぶ時には、ファーストピアスに金属アレルギーを起こしにくい素材を使用している商品を選ぶことが大切です。 金属アレルギーを起こしやすい素材には、ニッケル、コバルト、クロムなどがありますので絶対に避けなければいけません。 金属アレルギーの出にくい素材の中には、チタン、シルバー、プラチナ、サージカルステンレス、樹脂などがありますが、特にファーストピアスの素材として最適な素材は「チタン」「サージカルステンレス」「樹脂」の3素材です。 チタンの特徴 チタンは、アレルギーの原因となる金属イオンが汗で溶け出さないので、最も金属アレルギーを起こしにくい素材とされています。 人体に埋め込むインプラントやペースメーカーの器具など医療用にも多く使われるほど安全性の高い素材です。 さらにチタンの持つ非常に軽いという性質は、ピアスホールの負担を軽減するとともに、光に当った時の触媒による抗菌作用は、穴を開けた後のピアスホールを清潔に保つことができます。 サージカルステンレスの特徴 サージカルステンレスは、アレルギーの原因となる金属イオンが汗で溶け出さないので、アレルギーを引き起こしにくい素材とされています。 サージカルステンレスの傷に強くて錆び難い特性や空気に触れても変色しないという性質は、医療手術用のハサミやメスにも使用されています。 またネックレスや指輪などのアクセサリーやインプラントなどにも広く利用されています。 このようなサージカルステンレスの特徴は、ピアッサーのファーストピアスの素材としても最適です。 樹脂の特徴 特に金属アレルギーが強い人には、非金属の樹脂の素材が最適です。 樹脂の素材を使ったピアッサーのバリエーションも多くチタンやサージカルステンレスよりも安価で手軽に購入できます。 特に樹脂の透明なファーストピアスは、学校や職場でも目立たずに付けておくことができて便利です。 ただ、チタンやサージカルステンレスに比較すると強度に劣るので破損しやすく長持ちしないというデメリットもあります。 ピアスポスト部の長さで選ぶ ピアッサーに付いているファーストピアスの形状は、耳たぶの表面に出る「ヘッド部」とピアスホールに隠れて通る「ポスト部」と耳たぶ後方で留める「キャッチ部」の3部位で成っています。 まずこの中ではポスト部の長さが耳たぶの厚さに適応できることが重要なポイントです。 耳たぶの厚さには個人差があり平均では約5mm~6mmとされています。 ピアッサーで穴を開けた後は、穴がうっ血したり耳たぶが腫れたりすることも考慮して、キャッチ部でピアス留めをした時に2~3mm程度の余裕ができるロングタイプの8mmが無難です。 特に耳たぶが薄い人なら6mmでも大丈夫ですが、逆に厚い人は8mmのロングタイプを選ぶことが大切です。 ピアスポスト部の太さで選ぶ ファーストピアスのポスト部の太さも選ぶ時の重要なポイントになります。 ピアスホールが完成した後で付けるファッションピアスの一般的な太さは20G(0. 8mm)と18G(1. 0mm)が主流です。 したがってファーストピアスで選ぶポスト部の太さは、ファッションピアスの一般的な太さよりも大きな16G(1. 2mm)を選んでおくと無難で安心です。 16G(1. 2mm)よりも細いポスト部のファーストピアスを選んでしまうと、セカンドで付けるファーストピアスが装着しづらいというトラブルの原因となります。 ただし穴を開けるときの痛みは細いポストほど少ないという傾向にあります。 なおピアスのポスト部の太さは、20G(0. 8mm)、18G(1. 0mm)、16G(1. 2mm)とG ゲージ 数が少なくなるほど太くなります。 口コミで人気の商品を選ぶ ピアッサーを実際に探してみて、種類も多くどれを選べばいいのか迷ってしまう時には、実際に使った人の口コミ評価や人気度を確認することでかなり参考になります。 口コミ評価で特に人気の高いピアッサーは、「」と「ピアッサー・ピナック2」です。 この2つの人気商品は後ほどランキング形式で紹介します。 特にワンダーワークス・ティピアの口コミでは「ピアッシング位置固定機能があるので簡単!」とか「誤作動防止機能が付いているので安心」、また「一瞬で貫通するので全く痛くなくてビックリ!」などと好評を得ています。 シンプルなファーストピアス装着のピアッサー ファーストピアスの選び方では、装飾に凝ったオシャレなデザインや見た目がかわいいモノを優先する方法は、トラブルの原因となりおすすめできません。 あくまで上記の「ピアッサーの選び方」で重視した「素材」と「ポスト部の長さ」と「ポスト部の太さ」の3つの条件を最優先に整えて、できるだけシンプルなデザインのものを選ぶことが無難です。 ファーストピアスはシンプルなデザインほど、穴を開けてからピアスホールが完成するまでに、清潔な状態で保つことができるとともに、万が一、穴が小さ過ぎたり痛みや腫れが生じたりするトラブルが起こった時でも対応や手入れが楽になります。 学校や職場でバレない透明な樹脂ピアスのピアッサー 学校や職場でのピアスの目立ちが気になる人は、透明の樹脂ピアスを選ぶことをおすすめします。 樹脂製のピアスは透明であることから、ピアスホールが完成するまで目立ちを少なくできます。 また金属ではないので、金属アレルギーの心配もまずありません。 痛みを感じずに瞬間ピアッシングができるピアッサー ピアッサーで穴を開けるときの痛みが気になる人は、一瞬で穴を貫通させて痛みもほとんど感じない瞬間ピアッシングができるタイプを選ぶこともできます。 軽く押すだけで100分の1秒というアッという瞬間で簡単・安全にピアッシングが完了してしまいます。 ピアッサーランキングBEST3 ここからは特に人気も評判も良く、安全で使いやすいピアッサーをランキング形式で紹介致します。 どのようなタイプのピアッサーを買うのか迷ったら、このランキングをぜひ参考にして下さい。 ワンダーワークス・チタン製医療用ピアッサー・ティピア レビュー ファーストピアスの本体部にはチタンを、キャッチ部には樹脂(医療用)を使用しており、金属アレルギーを起こしにくい素材となっています。 ポストの長さは8. 0mmのロングタイプで太さは18G(1. 0 mm)となっており、耳たぶが厚い方でも安心です。 このピアッサーの最大の特長は「ピアッシング位置固定機能」と「誤作動防止機能」です。 まずピアッシング位置固定機能では、耳たぶをピアッシング位置で確実にしっかりと挟み、安全に真っすぐなピアスホールを開けることができます。 さらに 誤作動防止機能では、青いスライダーを押して本体を開かない限り、ピアッシングが開始されないように安全設計になっています。 ピアッサー・ピナック2 レビュー ファーストピアスの本体部は純チタン製になっているので、金属アレルギーの人でも安心です。 ポストの長さは8. 0mmのロングタイプなので耳たぶが厚い方でも安心ですが、太さは16G(1. 2mm )とやや太めのため痛みが生じる可能性もあります。 ただピアッサーをゆっくり握り締めるだけで瞬間的にピアッシング(穴を開ける)できるので、ポストの太さによる痛みを軽減することができます。 まとめ ピアスホールを開けるために病院やクリニックを利用すると安全ですが、平均的な料金はピアス代込で5,000円~10,000円程度となっています。 自分でもピアスホールを作れるピアッサーは、今やアクセサリーショップや通販などで1,000円前後の価格で購入することができます。 ピアッサーに関する正しい知識を身に付けて自分でピアスホールを作ることができればより楽しくなります。 Lacy編集部:桜井香織 ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。 美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。 時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。

次の

ピアッサーのおすすめ人気ランキング20選【2020年最新版】

ピアッサー ニードル 痛み

ピアスの穴は皮膚科か自分で開けるかの2種類の方法があります。 皮膚科で開ける場合は診察費用がかかり、病院にいく手間もかかります。 一方 自分で開ける場合は、ピアッサーという機械を使うかニードルという針を使います。 自分で開ければ、好きなときに好きな場所に開けることができるので、手軽にピアスにチャレンジすることができます。 ピアッサーとはホッチキスのようにピアスを開ける部位を挟んで、瞬間でピアスを装着するものです。 ピアッサー自体にファーストピアス(穴を開けた後最初につけるピアス)が装着されているので、簡単で痛みも少なくおすすめです。 ニードルを使った場合は、穴が綺麗ですが、自分の手で針を刺す必要があるので、耳に針を刺す恐怖心を克服する必要があります。 ネット上では、病院でピアスを開ければ痛くないという噂が流れているようです。 結論からいうと、 痛みはあります。 痛みの大小はさまざまですが、自身で開けても医療機関で開けても、 方法や処置は変わりません。 しかし、医療機関で開けるメリットも存在しています。 それは、 まっすぐに穴を開けられること。 素人にあけてもらうよりも、 看護師さんに開けてもらった方がキレイに開けられるという点です。 また、 医療機関であれば術後のケアも適切におこなってくれます。 一方、デメリットはというと、 施術金額がセルフの倍近くなってしまうことがあるという点です。 ピアッサーを両耳1つずつ用意して3000円程度ですが、 病院によっては倍以上の費用がかかってしまうということを覚えておきましょう。 ピアッサーに付属しているファーストピアスが 純チタンもしくはチタン合金のものは、金属アレルギーになりにくいのでおすすめです。 純チタンもチタン合金も、金属アレルギーには非常になりにくくファーストピアスとして使うことのできる材質です。 2つの違いは硬さですが、 純チタンでも鉄よりは硬いので、ピアスに使う分には全く問題ない硬さです。 もちろんチタン合金でも問題ありません。 純チタンやチタンを使ったファーストピアスが付属しているピアッサーは多く、クリスタルの飾りがついたものもあるので、 デザイン的にも満足できるものが見つかりやすくおすすめです。 サージカルステンレスのピアスが付いたピアッサーは金属アレルギーがおきにくく、サビにくいので、おすすめです。 サージカルステンレスとは医療用に使われるステンレスのことで、手術用のメスや、骨折した骨を固定するプレートなどに使われています。 また、時計やネックレス、指輪などの肌に直接触れるアクセサリーにも使われています。 サージカルステンレスは サビがでにくいのも特徴です。 長期間はずすことのできないファーストピアスが、お風呂やプールで濡れてサビがでることを気にしなくていいのでおすすめの材質です。 また、サージカルステンレスは非常に硬いので、ピアスに傷がつくことを気にせずに生活をおくることができ精神的にもストレスが少なくおすすめです。 金属の王様とも言える金のファーストピアスがつけたいなら、 24金のピアスが付属しているピアッサーがおすすめです。 18金のピアスも多く販売されていますが、ファーストピアスとしては24金がおすすめです。 18金は硬く耐久性がありますが、金に銀と銅を混ぜて作られています。 銅は金属アレルギーが起きることがある材質なので、安心して使えるのは24金のピアスです。 ただし、18金は全ての人にアレルギーが起きる材質ではないので、ファーストピアスには他の素材を使い、 穴が完全にできあがってから18金のピアスに変えればアレルギーは起きにくいのでおすすめです。 ピアスの太さの単位である G(ゲージ)は数字が大きいほど細く、小さいほど太くなります。 18Gや19Gの太さはもっとも細いサイズになり、ピアッサーで使われている場合は極細ピアッサーと呼ばれます。 このサイズの特徴はピアッサーで穴を開けるときの痛みが少ないことで、 ほとんど痛みを感じずに穴を開けることができます。 しかし、穴が小さいのでふさがりやすく、穴の安定性が弱いデメリットもあります。 また、できあがった穴が小さいため、16Gや14Gなどのピアスが入らないのもデメリットです。 小さな穴に無理やり 太いピアスを入れると、ピアスの穴の内側を傷つけるのでおすすめしません。 いろんな種類のピアスをつけたい方は16Gのピアスが付属しているピアッサーを選びましょう。 ピアスである以上デザインは重要事項です。 瞬間ピアッサーで装着する ファーストピアスは、1か月以上つけておく必要があります。 未熟な状態で外してしまうと、 ピアスホールの安定にさらに時間がかかってしまいます。 1か月以上つけておくということを考慮して、デザインを選ぶようにしましょう。 といっても ファーストピアスのデザインはほとんど変わり映えしません。 商品によっては、 誕生石を模した色つきの石にバリエーションがあるだけです。 仕事やアルバイトなど、 ピアスの着用が推奨されていない場所につけていくことを想定する場合は、 透明の樹脂タイプをおすすめします。 透明なので 目立ちにくいというメリットはありますが、 注意しなくてはならない点もあります。 透明ピアスは、樹脂という材質の都合上 とても柔らかいピアスです。 ピアスに傷が付きやすく、 細かな傷からピアスホールに雑菌が入ってしまう恐れがあります。 基本的に透明の樹脂ピアスは使い捨てです。 化膿してしまう場合もあるので、細心の注意を払ってください。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 付属しているピアスは金属アレルギーがでにくい医療用ステンレスなので安心して使えます。 ポストは長さ8mmで太さ16Gという一番使いやすいタイプのものです。 本体が樹脂製なので触り心地が柔らかく、装着するときに握り心地がいいのでおすすめです。 また、 ピアスには誕生石の色にちなんだ12色の石がついています。 自分の誕生月に合わせて石を選べるのでおすすめです。 例えば石は、4月はダイヤモンドの透明カラー、9月はサファイアのブルーカラーなどと選ぶことができます。 誰かにピアスのことをきかれたときに話のネタにもなります。 ファーストピアスでもおしゃれを楽しみましょう。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 一台で両耳を開けられるので2台ピアッサーを購入する必要がなく便利でおすすめです。 ピアスの材質は医療用サージカルステンレスなので、金属アレルギーの心配もありません。 ポストの長さは誰でも使いやすい長めの8mmです。 太さは極細の19Gを使っています。 細いほど開けたときの痛みが少ないので、両耳に楽にファーストピアスをつけることができます。 石つきのものは、石の周りにベゼルという淵がついています。 ベゼルがついていると服などに引っかかることがなく安心してピアスをつけていられます。 両耳にピアスをつける方や、片耳に2箇所つけたい方などにおすすめのピアッサーです。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 純チタンとチタン合金は非常に金属アレルギーになりにくい材質です。 ステンレスと純チタンはどちらも金属アレルギーになりにくいので、長期間つけるファーストピアスとして非常に安全なピアスとなりおすすめです。 ポストの長さは8mmなので日本人太めの耳たぶには丁度いいサイズです。 太さは16Gで一番一般的な太さなので 細すぎず太すぎずに使えておすすめです。 シルバーのポストに3mmのボールがついたデザインは万人向けで、長期間つけるファーストピアスとしておすすめのものです。 最初につけるピアス用のピアッサーとしてこれを選べば、ストレスなくピアスを装着できます。 ピアスホールを確実に完成させるためにおすすめにピアッサーです。 確実にピアスの穴を作って 自由なピアスのファッションを楽しみましょう。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 軟骨は硬いので太めのポストでないと穴が開きません。 このピアッサーなら トラガスやヘリックスなどの耳の軟骨でもピアスを装着することができおすすめです。 耳の軟骨は耳たぶと違い硬いので、ピアッサーで穴を開けるときに痛みが伴います。 ポストも太くなるのでさらに痛みがあります。 慣れている方ならニードル(針)の方が簡単に穴が開きます。 しかしニードルは慣れが必用なので、初めて軟骨にピアスをする方はこのピアッサーを使うのがおすすめです。 なるべく 痛みを抑えて楽に軟骨ピアスをしましょう。 ピアスの材質は医療用のサージカルステンレスを採用しているので、金属アレルギーも出にくく安心して使えます。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. チタン製ピアスのポストは細めの18Gなのでつけたときの痛みが少なくおすすめです。 ポストの長さも長めの8mmなので日本人の耳の厚さに最適です。 誤作動防止システムがついているのも安心できるポイントです。 青色のスライダーで本体を開き耳たぶにしっかりと固定しないと、ピアス装着用のピンクのスライダーが動きません。 この機能により、初めてピアッサーを使う方でも安心して使うことができます。 アメジストやエメラルド、ルビーなど 12色あるスワロフスキーのカラーストーンがおしゃれ度をアップするポイントです。 自分の好みの色を選んで装着することができます。 ファーストピアスでもおしゃれを楽しみたい方にもおすすめです。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 付属しているのは 樹脂製のファーストピアスで、真ん中に穴が開いています。 その穴に市販されているピアスを入れることで、ピアスホールが完成する前でも、自分の気に入ったピアスをすることができます。 ぷりぴあに付属のピアスは樹脂なので金属アレルギーの心配がありません。 さらに、 半透明なので目立ちません。 人に気づかれずにピアスの穴を作りたい方にもおすすめです。 また、 ピアスの取り付けは2段階になっています。 まず青色のスライダーで耳にピアッサーを固定し、その後、赤色のスライダーで耳に穴を開けます。 ピアッサーが耳に固定されていないと赤色のスライダーが動かない仕組みなので、 正確な位置に安全にファーストピアスを装着することができおすすめです。 amazon. valuecommerce. yahoo. 日本で一般的に販売されているバネの力を使ったピアッサーとは違い、 自分でピンを押して耳たぶに穴を開けてピアスを装着するタイプのピアッサーです。 2個セットで価格も安く、ピアスの穴あけに慣れた方におすすめのピアッサーです。 ピアッサーに付属しているピアスの材質は SUS316ステンレスです。 このステンレスはサビにくい素材になっているのでお風呂にも安心して入れます。 ピアスに装着されているジュエルはホワイト(クリアーの石)とパール、ブラックジルコンの3種類で、上品なデザインです。 自分で耳に穴を開ける力をコントロールするので、 慣れていないと耳たぶを貫通しない場合があります。 バネ式のピアッサーを使ったことがあり、穴を開けるときの力加減がわかっている方におすすめのピアッサーです。 バネ式と比べると価格が安いのでピアッサーの費用を節約したい方にもおすすめです。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 耳たぶを挟んでレバーをぐっと押すだけで瞬間に耳たぶに穴が開き、ファーストピアスが装着されます。 痛みはほとんどなく、チクッとする程度なので、痛くないピアッサーをお探しの方におすすめです。 ピアスの材質は医療用サージカルステンレスで、金属アレルギーがある方でも安心して使うことができます。 ポストは8mmの長さで、18Gの極細タイプです。 デザインは全14種類でゴールドとシルバーは丸型のジュエルがつき、ルビーなどの 石タイプはスワロフスキークリスタルのジュエルがつきます。 簡単に装着ができて、痛みも少なく初めてピアッサーを使う方におすすめです。 デザインバリエーションも豊富でアクアマリンやルビーなど好みの石を選ぶことができます。 何個か購入して、 2つや3つ耳につけるとおしゃれ度がアップするのでおすすめです。

次の

軟骨ピアッサーはなぜNG?痛い?貫通しない?|看護師が解説

ピアッサー ニードル 痛み

まずは王道ピアッサー! 手軽さがウリになっており、購入したらすぐにでもピアスを開けることができます。 薬局やドンキ・ホーテなど簡単に手に入るのも魅力の一つ! ホッチキスのような要領で患部を挟み針とファーストピアスを同時に突きさすためファーストピアスを付ける手間が無く誰でも簡単にピアスを開けることができるのがピアッサーの強みになっています。 ガションッっという音が個人的には苦手です。 ピアッサーの種類と値段 昔は耳たぶ用とヘソ・軟骨用しか無かったですが、最近では 舌ピアス用・アイブロウ用など難しい所にも開けられるようなニードルピアスが販売されています。 ニードル ピアスをジャラジャラに付けている人なら恐らくニードルを愛用しているのではないでしょうか? 注射針を大きくしたものと考えると想像つきやすいでしょうか? 先端がとても鋭利でメスのような切れ味になっており、中央部は空洞の作りになっているニードルは 患部に負担をかけずにピアッシングを行うことができます。 ピアッサーと違い、自身の力加減でピアスを開けていくので手軽とは言えませんし、ピアス穴をあけた後に自分でファーストピアスを入れる必要があるので失敗すると痛みが伴います。 お値段は1本 100円程度とかなり安価なのが特徴的です。 ピアスを開ける際に用意するものの比較 ピアッサーとニードルで開ける際に 準備するものには大きな違いがあります。 初心者の方やピアスを個数開けないという方はピアッサー、沢山開けたい!と考えている方にはニードルがおすすめなのですが、その理由はこの準備するものの違いにあります。 ピアッサーでピアスを開ける際に必要なもの ピアッサーでピアスを開けるなら必要なものは ピアッサーだけで良いです。 しいて言うなら鏡とか、マーキング用にペンとか色々ありますが、ピアッサーさえあればその場で開ける事もできます。 ピアッサーにはファーストピアスも仕込まれているのでとっても手軽ですね! ガチョンッと 引き金を引いたらもうピアスが開いているくらい簡単です。 ニードルでピアスを開ける際に必要なもの ピアッサーでピアスを開ける際にはピアッサーのみで良いですが、ニードルで開ける時には ニードルだけでは開けることができません。 これはかなりの大きな違いですね。 ニードルで開ける際には下記のものが必要になります。 ・ニードル ・軟膏 ・ファーストピアス ・消しゴムorコルク ・消毒液(エタノール) ピアッサーは雑菌消毒された状態で販売されていますがニードルは減菌はされているものの消毒されているわけではありませんし、ファーストピアスも消毒が必要です。 ニードル一本は安いですが、 用意するものが多いのでピアスの数を開けないのであればコスパが悪いのではないでしょうか? ピアッサーとニードルどっちの方が痛みが強い? ピアスを開ける時に気になる 痛みについてです。 ピアッサーとニードルどちらの方が痛みを感じるのか…出来れば痛くない方で開けたいですよね…。 痛みについては 個人差が大きく出てくるので何とも言えないのですが、筆者の独断と経験談で比較します。 開ける時の痛み まずは開ける時の痛みです。 開ける場所や個人差によって痛みの度合いが違いますが耳たぶで考えておきます。 耳たぶにピアスを開ける時の痛みで言うと、 ピアッサーの方が痛みは少ないです。 というのも、ニードルは開ける人の慣れ次第で痛みの感じ方が変わってくるのが理由です。 ピアッサーは一瞬で終わりますが、ニードルの場合 ゆっくり開ければその分だけ痛みを感じるので、上手な人なら痛みの違いはそれほどないでしょう。 開けた後の痛み 開けた後の痛み…これも個人差・場所の違いで痛みが変わります。 ピアッサーとニードル何方で開けても、 後からジワジワと痛みを感じます。 熱を持ったような痛みを感じますが、痛みに多少違いがあります。 ピアッサーは 開けた部分とその周りに痛みを感じ、ニードルの場合は 開けた部分だけが痛熱いと、範囲に差が出ます。 開けた後に 痛みが引くのが早いのは断然ニードルです。 安定後の痛み ニードルとピアッサーの大きな違いとして ピアスホールの安定の速度。 周辺をも傷つけてしまうピアッサーに比べてニードルで開けるとホールが綺麗にでき早く安定します。 また、ピアッサーで開けると安定した後も膿んでしまったり金属アレルギーなどの影響を強く受ける気がします。 ここまでピアッサーとニードルで開ける方法と痛みの違いについてご紹介しました。 耳たぶや軟骨に開ける程度ならピアッサーの方がコスパが良かったり楽と感じるかと思います。 ニードルがおすすめの人 筆者も元々ピアッサーで開けてたんですが、気づいたらニードルを使うようになっていました。 ニードルは 複数個所開けたい人・コスパを抑えたい人・ボディピアスを開けたい人・将来的に外すことも考えている人におすすめ。 また、軟骨に2個以上ピアスを開けたいと考えているならニードルで開けるのがおすすめです。 ピアッサーの圧で軟骨が砕けてしまうともう開けられなくなってしまうので…。 基本的に、 耳たぶや軟骨1箇所以外に開けたい!と思っているならニードルで開けるのが適切です。 ピアッサーとニードルの開け方や痛みの違いまとめ ピアッサーとニードル、 どちらも良い所も悪い所もあります。 今回ご紹介した比較を見て参考にしていただけたら幸いです! ニードルに慣れてしまうと、いつでも開けられるようになってしまうので気づいたらピアスが増えますが…これもまた楽しみの一つだったり…。 ピアッサーとニードルとでは痛みや開け方に大きく違いが出てくるので、 開ける前に今一度確認しておくことをお勧めします。 あなたは今、どんなコンプレックスがありますか?身体に関わるコンプレックスは誰にだってあるものですが、あなたは変わりたいと心から願っていますか…? TVCMも放映し、全国に85院も展開している「湘南美容クリニック」なら あなたが悩んでいるコンプレックスを簡単に解消する事が出来ます。 タトゥー除去は勿論、ニキビ、わきが、脂肪吸引、バストアップ、毛穴、薄毛、リフトアップからプチ整形まで様々な施術に対応しており、症例写真も充実しています。 先ずはカウンセリング予約から無料で相談をしてみましょう。 初診料や診察料も無料なので気軽に来院してカウンセラーと治療の流れを決める事が出来ます。 悩んだままではなく、先ずは「行動」をする事から始めてみましょう。 きっとあなたのコンプレックスは改善される筈です。

次の