かせい ほう けい 種類。 包茎の種類

おかあさんが知っておきたい 子どもの病気(外科編)(6.包茎):救急小冊子

かせい ほう けい 種類

包茎とは? 男性の亀頭が包皮で覆われている状態 包皮は亀頭を保護する目的であるため、男性のほとんどは生まれつき被った状態です。 成長の過程で、生殖機能を高めるため、徐々に亀頭が露出するようになります。 しかし、このときの亀頭の成長によって、自然に剝けていく力が弱いと亀頭が出てこない状態で成長が終わってしまいます。 これを 包茎といいます。 なんと、日本人の60%が包茎と言われています。 包茎の種類 包茎の種類は一般的に3種類あります。 3種類の中でも軽度~重度に分けられます。 自身の包茎の種類を理解し自分の状態を判断してみましょう。 適した治療や手術の方法を選ぶにはしっかり自分がどういった包茎なのかを知ることが大切です。 真性包茎 真性包茎とは 正常時も勃起時にも亀頭部分に皮が被っている状態をいいます。 また、勃起時に皮を剥こうとしても、包皮と亀頭がくっついてしまっていて剝けず、剥こうとすると痛みが伴います。 加えて、包皮が常に被っているため、垢やカスが溜まりやすくなり、炎症を起こしたり、感染症になったりするリスクが高まります。 他にも、勃起時に激しい痛みが伴うため、上手く性行為に及べなくなってしまうケースもあります。 このように真性包茎は、日常生活のみならず性生活にまで影響を及ぼす為、手術が必要な場合もあります。 仮性包茎 仮性包茎とは 正常時は、亀頭に皮が被っているものの、勃起時には皮が剥ける状態を言います。 勃起時に手で皮を剥いて剝けるもの、勃起時に自然に皮が剥けるものも含まれます。 また、正常時に自分で手を使って、剥く事が出来るのも特徴です。 もし勃起時に剥いてしまってから、戻らなくなり、痛みを伴う場合は、次の【カントン包茎】となります。 カントン包茎 カントン包茎とは、普段は亀頭を露出することができるが、勃起時に露出しようとすると、痛みを伴ったり、亀頭が締め付けられる違和感があったりします。 軽度のカントン包茎の場合、若干の違和感がある程度で済みますが、重度の場合、締め付けがきつく感じ、無理に剥いてしまうと包皮が戻らなくなり、亀頭下の皮膚の部分が腫れることがあります。 また、その状態が続くと亀頭が鬱血して壊死してしまうこともあります。 雑菌が溜まりやすいため、性行為を通して女性に菌が移ってしまう可能性もあります。 また、激しい痛みが伴うため、快感よりも痛みがましてしまい性行為どころではなくなります。 包茎治療のメリット 衛生面が良くなる 包茎治療で亀頭が露出することにより、垢やカスが溜まりづらくなるので、雑菌の繁殖を防ぎ、においも減らすことができます。 簡単に亀頭が洗えるようになるので、清潔な状態が維持できます。 見た目が良くなる 亀頭が露出する分、長く大きく見せることができます。 また、正常時も陰茎が縮みにくくなるので、大きく見えますし、実際に真性包茎やカントン包茎の方は、サイズが大きくなる方もいる様です。 詳しくはをご覧ください。 性行為が強化される 包茎だと、勃起時に痛みが伴ってしまい性行為どころではなくなってしまう場合もありますが、そんな心配もなくなるのでパワーアップが期待できます。 また、性行為時、痛みや皮に邪魔されないので、大きくなりやすく、女性器にしっかりと刺激を与えることができます。 早漏が解消される 亀頭が露出され、日常生活で下着などに直接擦れることにより亀頭が強くなり、早漏防止の効果があるようです。 早漏が解消されて自信が持てるようになります。 病気の心配が減る カントン包茎の場合、亀頭の締め付けがきつく感じ、無理に剥いて、鬱血して壊死したりする場合もあります。 また、真性包茎の場合は、皮が全く剝けない状態ですので、亀頭炎や尿道炎になりやすいと言われています。 陰毛を巻き込まない 皮と亀頭の間に陰毛が巻き込まれてしまい、引っ張られる事によって、痛みや不快感があります。 これは、仮性包茎の方に多いですが、包茎が治ればこの痛みもなくなります。 上記の症状が不快な方は、MDSAの陰茎周り脱毛トライアル5950円をお勧めします。 包茎手術のデメリット 常に突っ張った感じがする 通常、勃起時に余っている皮を切除します。 この場合、正常時には皮が余ってしまいます。 正常時に合わせてカットをすると、勃起時に皮膚が突っ張ってしまいます。 見た目ばかり気にしていると、実用性が失われてしまいますので、しっかりと医師に相談しましょう。 感度が低下する 包皮の内部には、快感をつかさどる神経が集中していると言われています。 包茎手術による皮の切除によって、その神経が取り除かれることで起きると言われています。 感覚が鈍くなって遅漏気味になってしまう可能性もあるようです。 ツートーンカラーになる 特に手術を受けた直後は、皮を被っていた亀頭部分はピンク色で、皮の部分がくすんだ色になっています。 その為、明るい所で見ると手術を受けたことが解るかもしれません。 ただし、日を追うごとにピンク色の部分が、くすんだ色に近くなり、ツートーンカラーが目立ちにくくなります。 メリットばかりの包茎治療だと思われますが、包茎の治療にはデメリットもあることを知っておきましょう。 包茎は自分でも治せる! 軽度の包茎なら自力で治すことができます。 種類別の自分で治す方法をご紹介します。 真性包茎の場合 包皮に隠れてしまっている亀頭を毎日自分で剥くことで、亀頭の先だけが見える状態にまでなれることもあります。 亀頭の先だけが出るようになったら、包皮輪と呼ばれる皮の先端の穴を広げることを続けることで、数ヶ月後には剝けるようになる場合もあります。 ですので、真性包茎の方は、1.亀頭を毎日剥く、2.カントン包茎の治し方を参考に、穴の先端を広げていきましょう。 ただ、真性包茎の場合、自分で剥こうとすると痛みを伴うことが多いので、あまりに痛みが激しいようでしたら、病院での治療をオススメします。 仮性包茎の場合 陰茎に覆いかぶさっている包皮を毎日剥くことで、慣れさせることができます。 剥いた状態に慣れてくれば、余った状態で垂れている包皮も少しずつ縮んでいきます。 勃起時以外にも、剥いておきましょう。 カントン包茎 カントン包茎を治すには、まず剥いても痛くない包茎の状態にすることから始めます。 カントン包茎の人は、皮の先端の穴が狭いので、その穴を広げることに慣れさせます。 皮の先端の穴に指を入れて左右に優しく引っ張ります。 少し痛みが感じると思うので、一気に亀頭まで出そうとせずに少しずつ慣らしていきましょう。 まとめ どの治し方も、痛みは感じると思いますが、毎日続けることで痛みもなくなっていくと思います。 どの種類の包茎でも、 自力で治るまでだいたい数ヶ月から半年ほどかかると見ていてください。 焦らず毎日続けることが大切です。 また、激しい痛みが伴うようでしたら、無理やり治そうとせずに、病院で治療することをオススメします。 包茎の事が相談できる病院 包茎である事で自信が持てない、コンプレックスになっているなど悩みの種なら、一度専門の病院で受診しても良いかもしれません。 その際には、リスクやデメリットなどをしっかりと聞いて、安全な施術を行ってくださいね。 最近の記事• 2018年4月24日• 2018年4月6日• 2018年4月2日• 2018年4月2日• 2018年3月30日• 2018年3月30日• 2018年3月8日• 2018年2月24日• 2018年1月29日• 2017年12月25日• 2017年11月9日• 2017年11月8日• 2016年12月6日• 2016年7月16日• 2016年5月20日• 2015年6月17日• 2015年5月22日• 2015年4月9日• 2015年3月19日• 2015年3月6日• 2015年2月20日• 2015年1月20日• 2014年12月26日• 2014年11月21日• 2014年11月14日• 2014年11月7日• 2014年10月27日• 2014年10月24日• 2014年10月16日• 2014年10月14日• 2014年10月10日• 2014年10月6日• 2014年10月1日• 2014年9月27日• 2014年9月24日• 2014年9月19日• 2014年9月16日• 2014年9月12日• 2014年9月10日• 2014年9月8日.

次の

【ほう】と読む漢字一覧表

かせい ほう けい 種類

包茎とは 勃起時ではなく、通常時に亀頭が陰茎部を包む皮膚(包皮)に覆われている状態のことを包茎と言います。 ペニスは、陰茎部(サオ)と亀頭に分けられます。 陰茎部の表面は皮膚に包まれ、その皮膚の下は内側の組織と柔軟な結合しているために滑らかな動きをします。 陰茎部の皮膚が亀頭も包む状態が包茎であり、亀頭をおおっている皮膚を包皮と呼びます。 幼児は、亀頭が包皮に覆われ、包皮と亀頭が癒着しており包皮をむくことができません。 学童期になると、次第に包皮と亀頭の癒着がとれ、思春期 第2次性徴期 には亀頭が自然に露出した状態になります。 この時期に陰茎と亀頭の成長があまりない場合、あるいは、包皮の量が多い場合には、亀頭が完全に露出しません。 また、包皮の出口()が狭かったり、亀頭と包皮が癒着していた場合も同様に亀頭が露出しません。 このように勃起時ではなく、通常時に亀頭が包皮に覆われている状態を「包茎」といいます。 埋没包茎の主なデメリット• カス(恥垢)が溜まりやすく、悪臭の原因になる• 早漏の原因になる。 不衛生になりやすく、亀頭のかゆみや赤みの原因となる• 不衛生になりやすく、性病にかかりやすい• 亀頭炎や包皮炎などを起こしやすい• 包皮炎を繰り返すことで、皮膚が硬くなり、カントン包茎に移行することがある• 性感染症(STD)にかかりやすい• 女性に有効な刺激を与えられない• コンプレックスが原因で勃起不全(ED)になる 埋没包茎の手術方法 まず包茎治療手術は亀頭直下埋没法で行います。 ですが、埋没包茎の場合包茎治療手術だけでは改善できないケースが多く、その場合「埋没陰茎長茎手術」を同時に行います。 埋没陰茎長茎手術の詳細は「」をご参照ください。 老人性包茎のもう一つの原因は、加齢とともにペニス自体も小さくなることにもあります。 加齢とともに骨が退縮し、身長が縮まるのと同じで、ペニスの海綿体組織も加齢とともに退縮するためにペニスの長さ自体が短くなることがあります。 これを老人性陰茎退縮と言います。 老人性陰茎退縮の場合、ペニスが小さくなっても包皮は小さくなりませんので、相対的に包皮の被りが大きくなり、結果的に老人性包茎にもなる場合が多いのです。 若いころは被らなかったが最近被るようになった…というご年配のかたのご相談も多くあります。 包皮がたるみの影響で伸展し、亀頭のハリが減少したことで包皮がいわゆる「カリクビ」で引っかからなくなり、ペニスのサイズも小さくなったことで包皮がかぶってしまうのです。 老人性包茎の場合は、たいていの場合仮性包茎の分類になりますが、包茎治療手術だけではなく、亀頭増大などで亀頭のサイズを大きくし、引っ掛かりをつける治療方法もあります。 また、当院では「老人性陰茎退縮」に対する治療も積極的に行っております。 若い時ももっとペニスが大きかったのに。。。 」そういう悩みも解消できます。 老人性陰茎退縮の治療は、「」、「」で行っております。 カンジダも同様にカンジダ性包皮炎から包皮輪が狭くなり、包茎になることがあります。 これをカンジダ性包茎と言います。 カンジダ性包皮炎は外用薬での治療が可能ですが、カンジダ性包茎になくなってしまった場合は包茎手術が必要となります。 一度包皮輪が狭くなり剥けなくなってしまうと、自然に治癒することはありません。 元々仮性包茎だったものの、急に糖尿病性包茎やカンジダ性包茎になり、包皮がむけなくなってしまうケースは多数あります。 包皮炎が起こり、包皮輪の狭窄を感じた時点でのなるべく早めの治療をお勧めしております。 亀頭直下埋没法は傷が亀頭の真下のしわに隠れますので、他人に傷跡がバレることはありません。 亀頭直下埋没法は当院の元神医師が普及に尽力し、現在では多くのクリニックの手本となっている方法です。 また、根部切除法はペニス根元(陰毛が生えている場所)に隠れますので、表面上見えることがありません。 当院では現在の状態、ご希望に応じて手術方法を選ぶことができます。 詳細は「」をご参照ください。 よく利用される包茎治療の方法 ご自身で治す 包皮を向いた状態を維持し、剥きグセをつける方法です。 包茎の原因はペニスの大きさ・長さに対して包皮が過剰にあるためです。 包皮が自然に縮まることは絶対になく、ご自身の自力で包茎が治ることは絶対にありません。 包茎治療器具で治す 包茎治療器具(包茎矯正リング)とは亀頭を露出した状態でストッパーのような役割のリングを装着する方法です。 器具を装着することにより包皮が剥けた状態を維持することができますが、あくまでも装着時のみで外した時にはすぐに元に戻ります。 シリコン製、チタン製、マグネット式など様々な種類がありますが、リング状の形状で重みもあるため装着時の違和感や場合によっては痛みを生じます。 包茎の根本的な原因は包皮の余りなので、包茎治療器具(包茎矯正リング)で根本的に改善することは不可能、決して包茎が治ることありません。 さらに、包茎治療器具(包茎矯正リング)により余計に包皮が引き伸ばされ、 包茎が悪化する可能性もあります。 包茎治療器具(包茎矯正リング)などの販売サイトの宣伝文句に決して騙されないようにしてください。 確実に包茎を治したい場合は、包茎治療手術をお勧めいたします。 一般病院の包茎手術で治す 一般病院の泌尿器科でも包茎治療手術が行われているところもあります。 比較的安い金額で治療を受けられるのが最大のメリットですので、なるべく費用を抑えたいという方には一つの選択肢になります。 ですが、 一般病院では緊急性の低い包茎治療手術を積極的に行っているところはなく、まして包茎治療専門の医師はおりません。 基本的には泌尿器科医師が手術を行いますので、傷をきれいに治すことが専門である美容外科の知識はありません。 入院が必要であったり、手術の予約をとれるのは数ヶ月後であったり、さまざまな問題があります。 包茎治療手術をきれいに仕上げるためには美容外科・形成外科の技術が必要であり、このため極めて専門性の高い手術ですので、どの医者でも簡単に行うことができる手術ではありません。 そもそも、一般病院では仕上がりを重視することはなく、包茎の改善だけを目的とした手術となります。 手術時のデザインや仕上がりは医師の技術で決まります。 決してコスト面だけではなく、術後の仕上がり、傷のきれいさなども含めお考え下さい。 包茎手術専門クリニックで治す 包茎治療手術は包茎専門クリニックで手術を行う事をお勧めします。 包茎治療手術はぜひ経験、実績が豊富な当院へご相談ください。 手術後の様子• 以上のことは、数々の包茎治療医師を指導してきた当院だからこそ言及できることです。 常に突っ張った感じがする 包皮を多く取りすぎてしまうことによって、常に突っ張り感や痛みを感じるケースもあります。 包茎手術で一番重要なポイントは手術前のデザインです。 当院ではこのデザインをミリ単位でしっかり行うことにより、術後突っ張るようなことがないように一人一人に合った手術を行います。 当院では長年の経験と実績を持った専門医が皮膚切除量や範囲をミリ単位でデザインし、丁寧に手術を行います。 感度が低下する 術後の感度の変化には個人差があります。 ペニスの性感帯を取り除かれることはありませんが、 「感覚を変えたくない」場合と「早漏を改善したい」場合の治療方法は異なりますので、一人一人のご要望に合わせた治療を行っております。 包茎治療の流れ step 1 カウンセリング 包茎治療において、痛み。 傷跡、治療費などといった不安を解消することを第一に考えコミュニケーションを大切にしたカウンセリングを行っていきます。 (完全個室対応男性スタッフによる問診、料金の説明、術後の注意事項の説明) step 2 包茎手術 治療時間はわずか20分です。 step 3 アフターケア 緊急時は24時間対応いたします。 ドクターによる検診、アフターケアはしっかりとご対応いたします。 step 4 包茎の悩み解消! 包茎手術後の注意事項 手術直後の状態 ペニスの付け根あたりにガーゼをあてています。 手術後3日目にガーゼをはがします。 抜糸 抜糸式は、14日前後に来院して抜糸。 吸収糸は通院不要。 通院 抜糸まで通院は不要ですが、ご心配なかたは、通常3日目に1度だけ通院。 シャワー 手術当日よりシャワー可(ただし、患部を濡らさないように)。 4日目より、患部を濡らしてシャワーが可能。 シャワー後に患部に薬を塗って、包帯を巻きます(抜糸あるいは術後2週間まで)。 お風呂につかる (入浴) お風呂は抜糸後(14日前後)または、15日目以降(吸収糸) 仕事 手術当日より、重労働でなければ普通に仕事はできます。 スポーツ・重労働 ジョギングなど体の動きが大きいスポーツや重労働は1週間控えていただきます。 車の運転、自転車 自動車の制限はありません。 自転車・バイクは手術後1週間は控えてください。 飲酒 アルコールは、3日間控える。 患部の痛みや血の滲みがなければ、4日目より少量なら可。 制限なく飲酒が可能なのは、1週間後より。 性行為 4週間控える。 包茎治療について(総括) よく耳にされると思いますが、日本人の80%は包茎であると言われています。 ですから、「自分だけ……」と悩むことはありませんし、包茎による不都合を感じなければ、手術を考える必要もないと思います。 ただ、包茎治療経験者の当院の男性カウンセラーが手術を決意した理由としては、見た目の改善(小さい子供のペニスに見えた)、衛生面 の改善(尿、汗、アカが溜まり汚れていた)、機能アップ(早漏防止、増大効果)というメリットが包茎治療にはあるからです。 病気ではありませんが、見た目のコンプレックスを持っていたり、機能的に不都合が多い真性包茎やカントン状態の包茎の方で、特に皮をムクと痛みをともなうという方へは、100%手術をおすすめいたします。 「別に生活上の不都合はあまりないけど、思い切って手術したらサッパリするんだろうなぁ……」と長年考えている方からの治療依頼も大変多いのが事実です。

次の

高校生2年生の男子です今 包茎(ほうけい)に悩んでいます自分は、かせい包茎...

かせい ほう けい 種類

>包茎の種類 包茎の種類には皮の出口の締め付け具合によって3種類に分けることができます。 「仮性包茎」「真性包茎」「カントン包茎」です。 このうち、最も多い包茎のタイプは「仮性包茎」です。 仮性包茎とは、普段は亀頭が皮で覆われていますが、勃起時には亀頭が露出する包茎のタイプです。 セックスは正常に行えますが、普段から亀頭が露出していないため、亀頭が刺激に弱く、そのため早漏になりがちです。 同時に亀頭粘膜が弱く、包茎ではない人に比べると性感性症(性病)に感染する可能性が高くなるようです(統計では数倍となっています)。 また、亀頭が皮に覆われているため、大変不潔になりやすく、様々な病原菌を繁殖させる原因となります。 包茎の種類のうち2つ目は、「真性包茎」です。 真性包茎は普段も勃起時も亀頭が露出しません。 常に皮がかぶったままです。 包皮口が異常に狭いもしくは亀頭と包皮がくっついてしまっている状態を指します。 放置しておくと亀頭炎や包皮炎が持続的な症状に起こってしまう可能性があります。 また、亀頭と包皮の癒着が起こる場合もあります。 正常なセックスも行えないため早期の治療が必要です。 真性包茎の治療は手術しかありません。 最後に紹介する包茎の種類は「カントン包茎」です。 カントン包茎は普段は亀頭を露出することができますが、勃起時に露出しようとすると痛みを伴ったり、亀頭が締め付けられるような違和感を伴う場合のことを指します。 軽度の場合はこれらの自覚症状がなく、微妙に狭い部分が亀頭のくびれに引っかかり亀頭が露出する場合もあり、この場合には常に亀頭が露出しているため、自分は包茎ではないと思っている人も多くいます。 セックスの時、皮膚が切れやすい方はその可能性があります。 悪くすると亀頭がうっ血状態になり、重大な事態を招きます。 締め付け感がかなりきつい場合には、無理に剥いてしまって包皮が戻らなくなり、亀頭下の皮膚の部分に水が溜まったように腫れることがあります。 その状態が続くと亀頭がうっ血して壊死してしまうこともありますので、早期の手術による対応が必要となります。 日本人の80%が上記いずれかの包茎に当てはまると言われていますが、「仮性包茎」も「真性包茎」も「カントン包茎」も、完全に治す方法は手術しかありません。 正常で清潔なセックスを行うためにも、上に挙げた包茎の種類のいずれかに当てはまる方は、早期に手術をすることが必要でしょう。

次の