ドラパルド育成論。 【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策【ソードシールド】

ドラパルトの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ドラパルド育成論

二刀流ドラパルト 性格:むじゃくorせっかち 特性:クリアボディ 努力値:A・C調整S252 持ち物:いのちのたま 主な技構成候補:特殊技 りゅうせいぐん、りゅうのはどう、シャドーボール、ハイドロポンプ、なみのり、10万ボルト、かえんほうしゃ、だいもんじ 物理技:げきりん 、ドラゴンアロー、とんぼがえり、ゴーストダイブ ドラパルトは素早さが高く、また二刀流が可能な種族値をしています。 攻撃、特攻のどちらかに寄せてもいいですが、個人的には二刀流での採用を強くお勧めです。 とにかく二刀流が強い印象があります。 二刀流で採用した場合、特殊、物理両方の優秀な技が使えるからです。 特に技範囲が優秀なので、できる限り選択肢を狭めず技を選んでいきたいです。 まずメインウェポンですが、ドラゴン技に関しては、りゅうのはどうもしくはドラゴンアローがお勧めです。 努力値の振り方により、どちらを採用するかは変わってきますが、きあいのタスキを潰せながら殴れる2回攻撃のドラゴンアローは使い勝手の良い技となっています。 ゴースト技ですが、安定を取るならばシャドーボール、ダイマックスを意識するなら1ターン無駄に潰せられるゴーストダイブがいいでしょう。 サブウェポンに関してですがまず特殊から見ていきます。 かえんほうしゃなどの炎技は環境にいるナットレイなどの鋼タイプを意識しています。 特に炎4倍のナットレイを意識するなら、採用する価値はあります。 なみのりなどの水技は通りが良く、ダイマックスで使えば天候を変えることも可能です。 電気技に関してはギャラドスを強く意識しています。 ただ他よりは優先度は低めです。 物理技に関してはとんぼがえりが優秀であり、トップメタのミミッキュと対面した際、ばけのかわを潰しながら後続に繋げることが出来ます。 ドラパルト対策 対策はこちら.

次の

【剣盾育成論】いじっぱり鉢巻ドラパルト

ドラパルド育成論

HP: 88• 攻撃: 120• 防御: 75• 特攻: 100• 特防: 75• 素早さ: 142 現環境最強 今環境の怪物。 A120、S142とかヤバすぎ。 ダイマックスで上から強力な攻撃を叩きつけることが可能。 とりあえず出来ることが多すぎる。 物理型が主流で、見たことないけど特殊型もいるっぽい。 現環境では採用率はミミッキュと同じぐらいいるので、対策は必須。 ドラパルトの主な持ち物は? 最近の流行はスカーフ。 次点でタスキ。 他には鉢巻や命の玉など。 ただし、命の玉はパーティ採用率トップのミミッキュがほぼ確定で持っているため、ミミッキュとドラパルト両採用されている場合、ドラパルトが命の玉を持っていることが少ないため、玉持ちドラパルトは少なめといえる。 ドラパルトの主な性格は? 正直多すぎて困る。 いじっぱり、やんちゃ、ようき、むじゃき、せっかちなどなど。 スカーフ持ちなら火力がほしいので、いじっぱり、やんちゃで良さそう。 ドラパルトの対策は? 有名なところで言うなら ミミッキュ、オーロンゲあたりで簡単に処理できる。 ナットレイではきつい。 スカーフドラパルトの育成論 今回は流行りのスカーフ型の育成論。 性格:いじっぱり 持ち物: こだわりスカーフ 努力値: A228 B28 S252 特性:クリアボディ 技:とんぼがえり ドラゴンアロー かえんほうしゃ シャドーダイブ 調整について• A:余り• B:いじっぱりナットレイA252振りジャイロボール確定耐え 83. S:最速 ドラパルトを上から攻撃することが可能。 ただし、最近スカーフドラパルトが流行っているため、ミラーになることが少なくない。 よって、sを落とすわけにはいかない。 Aを少し落としてBに少し回し、環境に多いナットレイの対面に強くなるような調整した。 かえんほうしゃでH252d4ナットレイ確2 66. 2〜79. ただ、耐久性が少し落ちる上に、通常の大文字の命中が不安定で、対ナットレイでダイマックスがきれない場合、2回連続で当てなければならないのがやだったのでこちらの案は不採用。 特性について すりぬけの強みが生かせる場面にほとんど対面したことないのでクリアボディを選択。 ギャラやウィンディの威嚇、ダイマックス技の能力値ダウンも無効。 持ち物について こだわりスカーフを持たせることで 素早さが291となり、どんな相手でもほぼ先に行動できる。 からを破られた後のパルシェンよりも早い。 技構成 ドラゴンアロー、シャドーダイブ これは確定。 抜く理由ないです。 とんぼがえり ミミッキュの皮剥がせる。 オーロンゲ相手には先制電磁波が嫌なので、とんぼでダメージを入れるよりも交代した方がよいかも。 ちなみに電磁波で麻痺すると素早さが145 最速80族と同じ まで落ちる。 かえんほうしゃ 主にナットレイ対策。 かえんほうしゃでもだいもんじでも確定2発なので命中安定のかえんほうしゃでよい。 後は上に書いた。 ダメージ計算 与ダメ ドラゴンアロー HC252、B4ロトム確2 53.

次の

【ドラパルト育成論】最速物理型×こだわりスカーフ/対策と弱点も解説|ポケモット

ドラパルド育成論

600族サザンドラの器用さはダイマックス級! もだっちのポケモン育成論 今回紹介するポケモンは 「サザンドラ」です。 2016年に発売された「ポケットモンスターサン・ムーン」では「カプ系」と呼ばれる準伝説ポケモンを代表とした サザンドラが苦手とした「フェアリータイプ環境」と呼ばれていました。 その為あまり、レート対戦のトップ環境で多く見ることはありませんでした。 しかし、第8世代の今 「ドラパルド」や「サニーゴ」「ミミッキュ」などを主体とした 「ゴーストタイプ環境」なので、 ゴーストタイプが弱点とする「あく」タイプをもつ「サザンドラ」は間違いなく現対戦環境における重要な立ち位置です。 今回はその「サザンドラ」の魅力を大いに伝えさせていただきます。 サザンドラの種族値 HP 92 攻撃 105 防御 90 特攻 125 特防 90 素早さ 98 合計種族値 600 高い「とくこう」に加え、「HP」「ぼうぎょ」「とくぼう」の種族値も比較的安定した数値。 「こうげき」も比較的高い数値の為、一応両刀も可能です。 完全物理型は他ポケモンの劣化になってしまいますので、オススメしません 何より、素早さが98と、環境に多い「ミミッキュ」や「オノノクス」より早い為、最速で運用されることが多いポケモンです。 サザンドラの型紹介 性格は「おくびょう」固定。 5倍になり、「ドラパルト」や「カマスジョー」といった高速アタッカーの上も取れるようになります。 「ひるみ」効果が2割もある「あくのはどう」で、不利な対面でも運次第で制圧することが可能です。 「とんぼがえり」でサイクル操作しつつ、有利対面が作れたらガンガン上から殴っていきましょう。 また今作からダイマックス中は、「こだわり」系のアイテムの同じ技しか出せなくなる効果を解除できるので、受けにきたポケモンを豊富な技範囲で刈り取ることもできます。 5倍にする「とつげきチョッキ」を持てば、「とくしゅ」こうげきを主とするポケモンに有利に闘うことができます。 変化技を打てなくなるリスクはありますが、こだわりアイテムと違い打ち分けが効くので、安定した強さを誇ります。 攻撃技で与えてくるダメージが少ないことが多い受けポケモンを 「ちょうはつ」で攻撃技しか打てなくして起点にし、 「わるだくみ」を積みこちらの攻撃力をあげて確実に仕留めていきます。 持ち物 火力を上げるなら、「たつじんのおび」「くろいめがね」 守備面で気を使うなら、「オボンのみ」「半分回復の実」「ラムのみ」あたりを持つと良いでしょう。 1ウェポンになってしまうので、身代わりがある事で安全性は高まりますが、決定力に欠けてしまいます。 倒したい相手を選択して選んでください。 「あくのはどう」や「りゅうせいぐん」で倒せないフェアリータイプに抜群をとることができるので、まだまだ環境に多いフェアリータイプに刺さるとても良い技です。 ダイマックスわざ「ダイアシッド」の「とくこう」ランクを一段階上げる効果もGOOD!! 2ターンかかる攻撃技なので、素の状態で打つことはまずないでしょう。 この技の必要性は、ダイマックス技の「ダイジェット」です。 「すばやさ」ランクを1段階あげる効果があるので、わるだくみ後にこの技を打ち込む事で、次に出てくることが想定される、 サザンドラより早いポケモンよりも早く動くことが可能になり、全抜き体制が整います。

次の