金田 正 一 成績。 金田正一

【日本導演關鍵字】《金田一》改編大師堤幸彥 走在電影路上的魄力

金田 正 一 成績

金田は可能性はあると思いますが、他の二人は無理だと思う。 その金田も、生きている間は無理でしょう。 国民栄誉賞もらうためには、成績もそうですが、人間性も問題になるかと思います。 金田の成績は、条件をクリアすると思いますが、人間性は・・・。 いろいろクセのある人(人望?)で、名球界のトラブルもあったことですし、積極的に推薦する人もいないでしょう。 それでも、400勝は今後抜かされることはほぼない世界記録ですし、亡くなった時には、その名誉はたたえられるかもしれません。 野村は、成績は一流ですが、世界一というほどでもありません。 それ以上に、プライベートの問題が・・・。 野村自身、不倫の末の結婚ですし、奥さんの脱税、その他いろいろの問題がありますので、ふさわくないと判断されると思います。 張本も同様。 この人も、若い頃プライベートで問題を起こしたことがあったと思います。 それがネックになって、選ばれないと思います。 あと、華の問題も。 さすがに金田の現役時代は知らないので、なんとも言えませんが、張本、野村は華の部分で・・・。 この二人、実力はあるんでしょうが、華(人をわくわくさせる)のあるタイプじゃなかったように思えます。 張本はどちらかというと職人タイプ、野村もボヤキにみられるようなあの感じ、明るさを感じさせません。 人から愛されるキャラクターであありません。 そいういう人は、ちょっと無理かと思いますよ。 この人達も、選手としての全盛期に国民栄誉賞があったら、可能性は十分あったかと思います。 しかし、今となっては難しいと思いますよ。 過去の栄光の人も・・・(なんじゃそりゃ~~!) だから・・【貰う人の問題】ではありません! 【ときの首相の問題です】 だからーイチローは断りました。 イチローの【判断に尊敬します】・・・ なにが・・・【国民栄誉賞】だよ~~~~!!国民をバカにするな!! 【長島さんや松井をもて遊ぶな!!】・・・と言いたい。 余談:俺なら【16歳で世界一の沙羅ちゃん】を推奨ーまさに【時のひと】です。 高梨沙羅(グレースマウンテン・インターナショナル)が17日、スロベニアのリュブノで行われたワールドカップ(W杯)の女子個人第14戦で今季8勝目を挙げ、W杯総合優勝を決めた 国民栄誉賞はプロ野球選手のためにある賞ではないし、記録を作れば貰えるというわけではないです。 「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えること」が目的とされていますから、一部の国民しか知らない人はまず受賞することはないし、ただ記録を残せば貰えるというわけではありません。 野球が好きな人は金田・野村・張本のことを皆間違いなくしっていますが、そうでない人ははっきり言って名前くらい知っていても何をした人だか全く知りませんし、名前すら知らない人だって沢山います。 巨人の後輩である内海だって金田氏が何をした人か、何勝したかを知らないんだから世間一般的にはもっと知られていませんよ。 そういう意味では彼らに授与されることはまずないでしょう。 野村氏だけは死後状況をみて授与ということもあるかも知れませんが、可能性は限りなくゼロに近いでしょう 死去したときの内閣に野村信者が多数いれば可能性はあるというレベルです。 それではなぜ衣笠が貰っているのか、という話にもなりますけど国民栄誉賞って結局タイミングなんですよ。 そうであるとしか言いようがないですね。 一つ間違いなく言えることはプロ野球選手のためにあるわけではないということです。 張本氏以外の二人は、死後可能性ありと見ます。 かねやんは、400勝という前代未聞の勝利数をあげているのと、監督としても、ロッテを日本一にしている点、ノムサンも、現役時代の偉大な打撃成績に加え、監督としても、南海、ヤクルトで、優勝、弱小チームの楽天を2位にまで、もっていった野村采配も加味して、受賞の可能性はありだと思います。 張本氏は、3085本の日本歴代1位の安打数をはなってますが、コーチ、監督経験なしで、人間性でも問題ありで、まずないと判断します。 上で回答している方が金田なんか誰も知らないとか言ってますが、この間の大鵬さんなんて、私が子供の時、活躍していた人ですよ、知っている人は、50歳以上の位だと思いますけどね、.

次の

日職最多勝投手金田正一去世 王貞治視重要恩人

金田 正 一 成績

今では巨人の「V9」を築いたとして語られる川上哲治監督だが、就任した1961年こそ6年ぶりの日本一を達成したものの、翌年は球団初のBクラス(4位)に転落。 1968年に優勝するが、1964年は3位に終わった。 優勝請負人として巨人に乗り込んだが、巨人では驚くことばかりだったと金田氏が当時の思い出を語る。 * * * 後輩ではあるが、ワシはON(王貞治・長嶋茂雄)をライバルと認め、全力で対戦していた。 313、18本塁打、王は. 283、13本塁打。 だがいざ同じチームになって最初のキャンプに参加した時、長嶋の体があまりにも硬くて驚いた。 当時あいつは20代後半だったが、このままだとコイツの野球人生は終わるだろうと思ったほどだ。 それくらい柔軟性がなく、体からにじみ出てくる活気というものがなかった。 ワシは汗をびっしょりかくくらい準備運動をやり、アクロバティックな体勢で柔軟体操もやる。 シゲはそれを見て、「カネさん、それは生まれつきなんでしょ」なんていうから笑ったよ。 だからワシは「シゲ、お前は何年かけて体をそこまで硬くしたんだ、ワシは赤ん坊の頃から体の手入れをして柔軟さを維持してきた」といってやった。 すると長嶋は、「やればできるんですか?」といってきたんだ。 この言葉は今でも忘れられないねェ。 長嶋が初めてワシに使った敬語だったしな(笑い)。 長嶋がすごいのは何事もやり始めたら半端じゃないこと。 とにかく一生懸命やる。 その勢いは凄まじかったよ。 ワシも、鍛えるだけじゃダメだ、鍛えたあとに10倍体のケアをしなけりゃいかん、と教えてやった。 ワシは当時から専属のトレーナーを連れていたが、長嶋はこれも取り入れようとして、「マッサージ貸してください」といってきて連れて行った。 そのトレーナーは二度と戻ってこなかった。 こうして長嶋はこの年のキャンプ中に、体を完全に作り直した。 あの「やればできるんですか?」がV9の始まりじゃった。

次の

Yahoo is now a part of Verizon Media

金田 正 一 成績

堤幸彥早年以拍攝《金田一少年之事件簿》電視劇成名,電視作品還有《在世界中心呼喚愛》等,亦有電影作品如《二十世紀少年》、《BECK》等。 代表作還有由千禧年開始拍足十四年的《圈套》(或譯作:《Trick》)、改編小說的《在世界中心呼喚愛》和《二十世紀少年》連續三章。 他的電視作品是收視保證,憑着他對電視的成熟操作,從電視搬上大熒幕的電影無不賣過滿堂紅。 「我老了,行家都說電視劇要年輕人拍,需要體能,不要給長者拍呀。 事實真是這樣的。 想死 《12個想死的孩子》改編自沖方丁的小說,十二名少年相約「集體自殺」,最後竟多了「一人」!懸疑的羣戲是堤幸彥的拿手戲,堤幸彥不再是玩弄懸疑,是問:一個年輕人為何尋死? 《12個想死的孩子》講述十二名少年打算在荒廢醫院「集體自殺」,到達後竟發現一具屍體。 「我已經六十三歲,對於一個導演的生涯,還有很長的路。 死是什麼呢?我經常想。 」關於死,堤幸彥不避談,反而感到有趣。 《12個想死的孩子》更被日本政府選為推薦電影,厚生省甚至用電影製作宣傳句子:「想死,至少找個人說出口。 」記者問堤幸彥這是《12個想死的孩子》想表達的信息嗎?堤幸彥望着日本的工作人員,相望而笑:「不是,年輕人總有一刻是『呀~去到盡頭了』,那一刻有想死的念頭,這個我能理解的。 」 電視遊戲 二十歲出頭的堤幸彥,披着長髮參與社運,拿起結他唱他的搖滾音樂,在父母眼中是一名賺不到錢的不良少年。 「父母期待在社會做一個穩定的上班族,買房子,這就是好人生。 我不是這樣想,可是我無才能,又不甘心做苦工。 前路茫茫,前面只有死路。 」廿一歲之前,堤幸彥從沒有想過做影像的工作,那時遇上現今AKB48的創辦人秋元康。 秋元康帶他入行,堤幸彥有了工作,暫時放棄尋死的念頭。 堤幸彥在拍攝上提不起勁,只當電視劇是一份工作。 「我不明白為何秋元康他們這樣愉快,環顧拍攝現場,只有我不開心!」跟着電視劇的製作「遊戲」,到《金田一》,堤幸彥在收視中取得空前的成功,他說當時製作部的高層不知是激勵還是施壓,高層向他說:「你要為收視而拍,來吧,拍一齣比《金田一》更高收視的電視劇。 」同時間,《金田一》的電影一直在開拍,堤幸彥在電視的收視「遊戲」中迷失。 別人眼中的電視收視保證大導,對他來說,電視劇是一場充滿計算的「遊戲」。 「電視劇是一場用腦的遊戲,晚上9時到10時中間有什麼的節目,有什麼廣告。 有很多東西要考慮。 電影不是這樣,是令人有印象的電影,講求的是拍攝手法。 」 《金田一》之後的迷失,令堤幸彥在創作上有強烈的負重感,「我好像失去了自己的世界觀,直至我決定拍《ケイゾク》。 」1999年電視劇《ケイゾク》用黑色風格包裝神探,贏盡口碑,打破陽光刑事的傳統。 堤幸彥在電視劇自導自演,他拍得十分過癮。 完成後,堤幸彥沒有太在意收視,「我自由了,我終於在拍攝尋找到快樂。 」當時正值四十歲創作高峰,堤幸彥坦言那時向自己承諾「是時候認真拍攝了。 」 代溝 前作改編東野圭吾的《人魚の眠る家》談生死,今次《12個想死的孩子》同樣探討生死。 相約集體自殺的年輕人各有原因,互相猜忌,堤幸彥放手給年輕人去感受角色。 他認為作為一個創作者,必須坦誠,「我說我了解年輕人的想法,這是騙人的。 我也年輕過。 絕望的感受我嘗試過,但畢竟時代背景不同了。 」 在廿五天的拍攝日子當中,完成一百四十頁的劇本,堤幸彥利用五個鏡頭捕捉演員的表情。 先試拍二十頁劇情,再給演員看playback,讓他們思考這樣的「力量」夠不夠。 檢討後再開機,一切都變得順暢。

次の