エクセル ハイフン を 消す。 excel でハイフンを削除する 【郵便番号など】

電話番号のハイフンを抜くには?-SUBSTITUTE関数:Excel(エクセル)の関数・数式の使い方/文字列

エクセル ハイフン を 消す

ハイフンを表示形式で入れる方法 下のようにハイフンが無い状態で入力されている郵便番号に、 見た目だけハイフンを表示したい場合は簡単です。 表示形式を変更しましょう。 数値に「¥」記号や「%」を付けるのと同じ方法です。 拡大するとこんな感じ。 表示された[セルの書式設定]ダイアログボックスで、 [分類]に[その他]を選び、 [郵便番号]を選択して[OK]をクリックしましょう。 実際に「-」が入力されるのではなく、見た目上「-」が表示されます。 ちゃんと印刷もされますよ。 書式を変更してもハイフンが入らない場合 上で説明したように表示形式を変更する作業をしても、ハイフンが入らない場合は、元データに設定されている書式が影響している可能性があります。 下の画像をご覧ください。 通常一桁目の「0」は省略されるはずですが、なぜか表示されていますね。 この場合はその場所の数字が、数値ではなく文字列として入力されている可能性があります。 そんな時は、いったん 書式(見た目)を最初の状態に戻してから設定しましょう。 拡大するとこんな感じ。 一覧から [書式のクリア]を選びます。 文字列として保存されていた場合は、下のようにエクスクラメーションマーク「!」が表示されるはずです。 その 「!」をクリックして、一覧から [数値に変換する]を選びましょう。 数値のデータに変換されるので、最初の「0」が表示されなくなります。 あわてず、表示形式を先ほど説明した[郵便番号]に変更してあげると、 ちゃんと「0」も入れた状態で表示してくれます。 ハイフンを関数で挿入する方法 実際に 文字として「-」を挿入したい場合は関数を使用する必要があります。 最初に説明した表示形式を使用する方法だと、実際に文字としてのハイフン「-」は挿入されません。 ちゃんと文字として入れてしまいたい場合は、 隣のセルに関数を入力する場所を用意して、 次の関数を入力します。 LEFT関数・・・文字列の先頭(左)から指定された数の文字を返す LEFT(文字列,文字数[省略可])• 文字列・・・取り出す文字を含むセルを指定• 文字数・・・取り出す文字数を指定 RIGHT関数・・・文字列の最後(右)から指定された数の文字を返す RIGHT(文字列,文字数[省略可])• 文字列・・・取り出す文字を含むセルを指定• 文字数・・・取り出す文字数を指定 英語の意味通り、左端から〇文字、右端から〇文字を取り出す関数なので分かりやすいですね。 その2つの関数の間に「&」演算子を使用してハイフン「-」をくっつけます。 複数の関数を使用し、間に文字を挟むので、関数の挿入画面を使用するよりも、 直接手で入力した方が早いと思います。 関数スタートの「=」を入力して、「left(c2,3)」とLEFT関数を入力します。 「C2」の左から3文字を抜き出すという意味です。 次に、ハイフンの表示です。 式を繋げるために使うのがアンド演算子「&」です。 最後にRIGHT関数で右側の4文字を抜き出します。 「right(c2,4)」 「C2」の右から4文字を抜き出すという意味です。 これで完了。 エンターキーで確定すると、ちゃんと間にハイフンが入ります。 あとは、オートフィル機能を使用して 下に引っ張れば、 コピー完了です。 このままの状態だと、あくまで関数表示のまま。 他の場所にコピーしたりはできません。 ちゃんと 文字列に変換した方が良いと思います。 そのまま選択されている状態で、 全体をコピーして、 元の郵便番号のセルを選択して、 [貼り付け]の文字部分をクリック。 一覧から、 [値]を選びます。 最初の場所にハイフン付きの郵便番号が、 関数が削除され文字として貼り付きました。 あとは、いらなくなった 右隣の列を削除すれば完了。 すっきりしました。 ハイフンを削除する方法 ハイフンがどのように表示されているかによって、方法が2つに分かれます。 郵便番号が入力されているセルをクリックして、数式バーをチェック。 実際にハイフン「-」が入力されているかチェックです。 間にハイフンが入っていない場合の削除方法 間にハイフンが入力されていない場合は、表示形式(見た目)でハイフンが設定されています。 元の表示形式に戻しましょう。 一覧から [標準]を選びましょう。 これでハイフンが表示から消えます。 最初の「0」を表示したい場合は、文字列の書式にするなど工夫が必要になります。 間にハイフンが入力されている場合の削除方法 間にハイフンが入力されている場合は、 これを削除するには、関数を使用するなど、方法を数種類考えることができます。 ここでは1番簡単だと思われる、置換機能を使用して削除する方法を紹介します。 一覧から [置換]を選択します。 [置換]のダイアログボックスが表示されます。 [検索する文字列]に「-」を入力。 [置換後の文字列]は空欄のままで、 [すべて置換]をクリックしましょう。 下のような結果画面が表示され、 すべてのハイフンが空欄に置き換わってくれます。 完全に文字の種類が一致している必要があるので、うまくいかない場合は、元の郵便番号のハイフンをコピーして使用するのがおすすめです。 まとめ 郵便番号のハイフンですが、表示形式を使用するか文字で入力してしまうか悩むところですね。 特別な処理がなければ、どちらでも良い気がします。 気を付けたいのは北海道や東北地方の ゼロ「0」から始まる郵便番号ですね。 変更した際に、消えてしまっていないか確認する必要があると思います。 必要に応じて、表示形式を[文字列]に変更するなどして対処しましょう。

次の

[Excel]Excelで

エクセル ハイフン を 消す

エクセルで縦書きにする方法 改行は左から右 エクセルのセル内で文字や数字を入力すると横書きで表示されます。 縦書きにする設定は「セルの書式設定」という項目から変更できます。 手順は次の2通りです。 メニューから縦書き 縦書きにしたいセルを選択します。 次のメニューが表示されたら「縦書き」をクリックします。 「縦書き」で表示されました。 セルの書式設定で縦書き セルの書式設定で縦書きにする方法は次の通りです。 縦書きにしたいセルを選択したままマウスの右クリックでメニューを表示 2. 「セルの書式設定」を選択 3. 「配置」タブを選択 4. 「方向」を選択 5. 「OK」を選択 メニューから縦書きにするのも、書式設定で縦書きにするのも同じことです。 縦書きで改行した場合は、左から右になります。 エクセル 縦書き かっこ や 数字、「」、"" かっこ や数字、「」、"" はどうなるでしょうか? 縦書きにしてみると、以下のようにすべて縦書きで表示されました。 エクセル 文字は縦書き、かっこ 株 は横書き Excelで文字を縦書きにすると、例えば(株)などで使用する括弧も縦に並んでしまいます。 括弧を縦書きにしたくないというときは、縦書きは使えません。 次の方法で対処しましょう。 縦書き設定を解除しておきます。 Altキー+Enterキーで1文字ずつ改行し、最後に中央揃えをして整えます。 縦書き設定をしているわけではありませんが、改行することにより横書きの文字も縦書きに見せることが可能です。 半角のハイフンは、縦書きにならないので、縦書きにしたい場合は次の二つの方法があります。 半角の縦棒を使う。 縦棒の半角は以下のキーの組み合わせで入力できます。 英字半角入力モードで実行してください。 全角の伸ばし棒や、半角の縦棒は、以下のように縦書きで表示されます。 Mac版のエクセルで縦書きする方法 ここで紹介した方法は、Windows版のみならず、Mac版のエクセルでも同様です。 従って、Mac版のエクセルで縦書きにする場合でも、同じ方法を使えます。

次の

Excelで電話番号などの-(ハイフン)を一括で消す方法

エクセル ハイフン を 消す

【Excel】最後のn文字を一括で削除する方法【後ろや右から消す】 データ集計ソフトであるエクセルはますます便利になってきていますよね。 ただ、逆に機能が充実しすぎていることで操作方法がわからないこともあるでしょう。 例えば、エクセルで末尾のn文字を一気に消す方法はあるのでしょうか。 ここでは、エクセルで最後の文や記号を一活して消去する方法について確認していきます。 ・エクセルで最後の文字や記号を一活して消去する方法 というテーマで解説していきます。 エクセルで最後の文字や記号を一活して消去する方法 例えば、各文字や数値などの最後に同じ表記があり、右から一括して消去したいケースがあるでしょう。 以下のデータをもとに、語尾の3文字を取り除くとします。 ここでは、 99という文字を統一して消したく考えています。 ここで、文字でなく記号や数字などなんであっても対応可能です。 ここで、上の文字列で左からの数値や文字を残したいので、 LEFT関数を使用するといいです。 LEFT関数とは、「左から何文字までを残すか」を指定することができる関数であり、=LEFT((対象セル),文字数)の順に入力するといいです。 ただ、 上の例では文字の総数が異なるため、左からの文字数を一定にすると、右からn文字を消すということができません。 よって、文字数をカウントすることが出来る LEN関数も使用し、組み合わせるのです。 LEN関数の使用方法は以下の通りです。 そして、=LEN(対象セル、 最後から消したい文字数)と入力したものをLEFT関数の文字数の部分に埋め込むのです。 つまり、「右から一括してn文字消す関数」としては、以下のように対応するといいです。 すると以下のような結果となります。 加工されたセルを元に、(セルの右下に出る十字をダブルクリック)で一括して対応します。 すると以下の通りとなります。 このように、語尾から一括して3文字を消すことができました。 逆に文字数が異なり、先頭から〇文字を消去したいときには、LEFT関数ではなく、RIGHT関数を使用すればいいのです。 関連記事.

次の