沖縄 青 の 洞窟。 沖縄「青の洞窟」の場所は?行き方・アクセス方法を解説!|ラピスマリンスポーツ

沖縄「青の洞窟」でシュノーケリング|旅プラスワン

沖縄 青 の 洞窟

オススメしたい!! 6つのポイント• シュノーケルコースでは少人数制で開催しておりますので小さなお子様は勿論、初めての方や泳げない方にも安心してご参加頂けます。 参加者様全員に星の砂をプレゼント。 どこかに飾っていただいて、ふとした時に沖縄の青い海を思い出してもらえたら嬉しいです。 表示価格は全て込みの料金なので安心 その他押し売り等などは一切ございません^^持ち物も水着とタオルだけでOKです。 青の洞窟シュノーケルコースは8:00~16:00まで2時間おきに開催しておりますので気軽にご参加頂けます。 可愛いお魚がたくさん!お魚に囲まれることもしばしば、時間を忘れて楽しめること間違いなしです!沖縄の海を余すことなくご堪能頂けます!! コース名 可愛いお魚と青の洞窟シュノーケル 料金 お一人様 2,500円 参加条件 青の洞窟シュノーケル5歳以上の健康な方。 健康状態が不安な方はお電話でご相談下さい。 場合によっては医師の診断書が必要になることもあります。 ・8時間以内のアルコールの摂取はお控え下さい。 ・雨等の天候には、左右されませんのでご安心下さいませ。 送迎 現地集合って形になりますので行っておりません。 予めご了承お願いします。 キャンセル 天災等の理由で飛行機が欠航になった場合キャンセル料金は頂いておりません。 お客様のご都合で参加前日の19:00までにキャンセルの連絡を頂く場合キャンセル料金は頂いておりません。

次の

沖縄青の洞窟ダイビング・シュノーケル おすすめツアー|沖楽

沖縄 青 の 洞窟

「青の洞窟」の場所はどこ? まず、「青の洞窟」の場所はどこにあるのでしょうか。 ズバリ住所は、沖縄県国頭郡恩納村真栄田469-1です。 恩納村の真栄田岬にあります。 「青の洞窟」までの行き方は? 青の洞窟がある真栄田岬までの行き方の手段は、比較的入り組んではおらず、シンプルな道のりとなるので、観光客の方もカーナビ付きのレンタカーが一般的です。 沖縄が初めての方でも迷うことがありません。 那覇空港から車で約1時間15分、那覇市内からでも約1時間で行けます。 路線バスで青の洞窟まで行くなら ドライバーがいなければ、公共交通機関を使うことになります。 那覇空港から直接向かうのであれば に乗るのが無難です。 120番のバスが本数も一番多いです。 「那覇空港国内線ターミナル」から乗車すると、約1時間30分で 「久良波」のバス停にて下車します。 Googleマップ情報では、 バス停「久良波」から徒歩で青の洞窟まで・・・約1㎞、歩いて13分。 バス停「久良波」から徒歩で まで・・・約22分。 ちなみに久良波からラピスまで、車で行けば3分ほどで到着します。 「那覇空港国内線ターミナル」から「久良波」のバス停まで、料金は? 那覇空港国内線ターミナルから、久良波バス停まで、料金は2018年現在で片道1,180円です。 公共交通機関なので、俗にいう「沖縄時間(風土がのんびりしているので30分~1時間待つといわれる風潮のこと)」のような大きな遅延はないものの、天候や交通状況により、10分~15分前後待つことや、早く到着してしまうことは良くある話です。 旅のスケジュールを立てる際に、必ず余裕を持って行動するよう心がけましょう。 その他のエリアからバスで移動するなら下記のサイトが便利ですので、スケジューリングの参考にしてみてくださいね。 沖縄本島のおもなバスは全て網羅されています。 一覧表で確認したいならこちらもおススメです。 真栄田岬に到着!いざ青の洞窟へ!行く手段は「自分で」or「ボート移動で」 真栄田岬から青の洞窟に向かう時の手段は、 ・自分で100段ほどの階段を下り、そこから泳いで向かう もしくは、 ・ボートで向かう この2択になります。 ダイビングショップによっては、港からボート移動で青の洞窟まで向かうことができますが、ボート移動をしていないショップの場合は、自力での移動になります。 は予約前にしっかりチェックしておくことが大切です。 青の洞窟で感動体験を…! 沖縄本島のほぼ中心にある洞窟で、近場まで泳いで、もしくはボートで移動しますが、その道中の海も澄み渡り、沖縄の自然と触れ合いながら目的地まで進むことができます。 目的の「青の洞窟」は最深部でも6m程度、入り口から観光可能なエリアのギリギリまでで最長35m程度の洞窟で、長年の波の浸食によりこのような形になったといわれています。 海底は白い石灰岩で生成され、洞窟の隙間から海面に向けて差し込む柔らかな光が海底まで届き、透き通った神秘的な水面を楽しむことができます。 波の流れが比較的穏やかであり、泳げない人でも問題ありません。 ただし、天候の悪い日や台風の時期は入水制限があることも。 日程にも余裕をもたせて、ぜひ一度、ステキなダイビング体験してくださいね。 もちろん、青の洞窟体験ダイビングを安全に余裕を持って楽しみたい!という方はぜひラピスの がオススメですよ!.

次の

沖縄青の洞窟ダイビング・シュノーケル おすすめツアー|沖楽

沖縄 青 の 洞窟

沖縄本島で最も人気のある 「シュノーケリング」「体験ダイビング」スポットです! 『青の洞窟』とは、沖縄本島 恩納村「真栄田岬」にある半分海中にある洞窟で、外部から洞窟内に差し込む太陽の光の作用で、 洞窟内の水中と水面が神秘的な青色に輝く、沖縄本島マリンレジャーの大人気スポットです。 『青の洞窟』には、「シュノーケリング」や「体験ダイビング」のツアーに参加する事で、とても簡単に訪れる事が出来き、 「シュノーケリング」は2歳から、「体験ダイビング」は8歳以上からツアーに参加する事が出来ます。 ツアーには、『青の洞窟』のある 真栄田岬から歩いて海に入る「ビーチプラン」と、近隣の港から乗合の 船で現地に向かう「ボートプラン」があり、また 複数のグループで参加する「合同プラン」と、 1グループに1ガイドがつく「貸切りプラン」「ガイド専属」プランと呼ばれるプランがあり、 それぞれのスタイルによってツアー費用に差があります。 『青の洞窟』内は、洞窟内に差し込む光の変化によって、終日様々な青色に変化し、朝から夕方まで一時も同じ色合いがない、美しい癒しの空間を楽しむ事が出来ます。 また洞窟外の海には、人慣れしたたくさんの熱帯魚が生息しており、手で触れる事が出来る距離で、熱帯魚と触合う事が出来る、沖縄本島でおすすめのマリンアクティビティスポットです。 青の洞窟特集ページでは、真栄田岬「青の洞窟」の場所や行き方、格安・快適など様々な「おすすめショップ」のプラン、またカヤックとのセットプランなどをご紹介、また実際にプランに参加したお客様のご感想を口コミ形式で取りまとめて、ユーザーの皆様の今後のプラン選択にお役立ていただけるように構成しております。 沖縄本島で最も人気のあるダイビング・シュノーケリングスポット「青の洞窟」。 洞窟入口から差し込む日光が海水を青く輝かせ、その神秘的な空間の広がりが訪れた人を魅了します。 沖縄本島西海岸、恩納村の南に位置する真栄田岬(まえだみさき)。 東シナ海を眺望できる景勝地とも知られていますが、近年では岬から海へと続く階段も整備され、誰でも簡単に海へと入れるようになったこととシャワーやトイレ、コインロッカー、売店など施設も充実したことから、ダイバーのみならず、小さなお子様連れの家族旅行でも気軽に楽しめるシュノーケリングスポットとしても人気となっています。 その人気の最大の理由となっている通称『青の洞窟』は、奥行き約30~40mほど。 地元では古くは「クマーヤガマ」と呼ばれ、漁師たちが台風の時などに船の避難場所として利用していたそう。 『洞窟』といっても洞窟内は、懐中電灯などは不要で小さなお子様が暗くて怖がることはありません。 洞窟の入口から太陽の光が差し込み、海底で反射した光が洞窟内へと抜けてライトアップされたように青く光ることが『青の洞窟』の仕組み。 岬から海へは誰でも簡単に入れるといっても、水底の岩やウニ対策として安全面からマリンシューズやウエットスーツの着用は必須であること、海況によってはインストラクターの同行がないと遊泳不可となる日もあるので、やはり地形を熟知したショップに案内を依頼することを強くお勧めいたします。 真栄田岬の近くにある穴場の天然ビーチで通称『裏真栄田(うらまえだ)』『裏ビーチ』などと呼ばれています。 県道6号線から真栄田岬に向かい、真栄田岬の駐車場に突き当たって、駐車場に入らずに左折して細い道を下っていくと数分もせずにサトウキビ畑の奥にビーチが見えてきます。 水深も浅く、サンゴもあり青の洞窟周辺に劣らずカラフルなお魚も多く生息していることから、小さなお子様連れでも楽しめる穴場スポットとなっています。 干潮時にはあちこちに水たまりができて、流れに残された熱帯魚やヒトデなど海の生物を真近で観察することもできます。 北風の影響など海況によって真栄田岬が遊泳禁止でも、岬の南側にある裏真栄田では問題なく遊泳できることも多いことから、青の洞窟へ行けない日などの代替地として利用しているショップが多いです。

次の