井村屋 あずきバー キャンペーン。 【楽天市場】線香 井村屋あずきバー ミニ寸線香 好物線香シリーズ ( お線香 香 仏壇 お墓参り お彼岸 法事 お盆 供養 自宅用 ご霊前 ご仏前 好物 ):リビングート 楽天市場店

井村屋 大事な人とあずきバーキャンペーン

井村屋 あずきバー キャンペーン

2017年 井村屋 BOXあずきバーシリーズ Many Thanks キャンペーンに応募してみました! 第1回締切:2017年7月31日 月 、第2回締切:2017年9月30日 土 今年はプレゼント倍増! プレゼント賞品 Aコース:近畿日本ツーリスト 旅行券5万円分 40名 Bコース:井村屋ゴールドシリーズ商品入り 商品詰め合わせ 300名 Cコース:あずきバーオリジナル QUOカード 4,000名 応募方法 対象商品についている「アズキキングマーク」をAコースは10枚・Bコースは3枚・Cコースは1枚を1口として、はがれないようテープでハガキに貼り、希望コース(賞品)名・郵便番号・住所・氏名・電話番号・年齢・性別・職業を明記のうえ郵送にてご応募ください。 アズキキングマーク あずきバーシリーズの箱に応募用アズキキングマークが付いています。 応募はがき あずきバーシリーズの箱の内側が応募はがきになっています。 応募はがきはキャンペーンページからPDFファイルでダウンロード可能です。 詳細はキャンペーンページをご確認ください。 追記 11月27日追記 Cコース:あずきバーオリジナル QUOカードが当選しました! 【歩くだけでポイントが貯まる!】無料お小遣いアプリ 東証1部上場GMOグループが運営する、ネットショッピングやサービスがお得になる生活支援サイトのスマホアプリに歩数計が付いていて、歩数に応じて毎日ポイントが貯まります。 歩いておトクなどの歩数計アプリと併用するとおトクです! ポイントタウン 楽天市場やYahoo! 私は様々なポイントサイトを10年以上使っていますが、ポイント還元率で選ぶならが No. 1 ハピタスは 200万人以上が利用するポイント還元率業界最高水準のポイントサイトです。 提携ショップやサービスが 3,000件以上! 楽天市場、Yahoo! 交換手数料はキャンペーンにつき 無料。 現金振込は全国の銀行に対応。 手数料はハピタスが負担してくれます。 私はポイントサイトを10サイト以上併用していますが、その中でもは本当におすすめです。 ポイントの有効期限がないので安心してポイントを貯めることができます。 Rebatesでもらえるポイントは楽天ポイントです。 1ポイント=1円で楽天市場や楽天ペイの支払いなどに使えるので使い勝手がいいです。 Rebatesは毎週火曜日更新のポイントアップ中ストアのポイント還元率がすごいです! Rebatesのアカウント作成は楽天会員IDでログインするだけなのでとっても簡単です。

次の

あずきバーでおなじみの井村屋が日本酒専門店とコラボ! 「日本酒とようかん」のペアリングが楽しめるキャンペーンを1週間限定で開催

井村屋 あずきバー キャンペーン

しかし実は 「あんこ」も、日本酒やウイスキーと相性抜群なんです。 「KURAND SAKE MARKET」を運営するリカー・イノベーション株式会社が、あずきバーでおなじみの 井村屋とコラボ。 期間中は 井村屋のようかんを無料で提供してくれるそうで、同時に ようかんに合う日本酒も紹介。 ペアリングを楽しむことができるというのです~! 【マジで意外と合うのよ】 日本酒とようかん、日本が生んだ伝統食の相性の良さを確かめることができるこのキャンペーン。 「お酒に甘いものを合わせるなんて……」と半信半疑な人にこそ、ぜひとも試していただきたいものです。 【3種のようかんから好きなものをチョイス】 ずっしりとしたあんこの味わいを感じさせつつも、つるつると食べられてしまうまろやかさが魅力の井村屋のようかん。 無料で提供されるようかんのラインナップは、 「煉(ねり)」「小倉」「抹茶」の3種類。 この中から好きなものを選ぶことができ、 1人につき1つ提供してくれるといいます。 【日本酒も3種類用意されているんだって】 この井村屋のようかんには、 甘くてまろやかな日本酒や、 長期熟成させた濃厚な日本酒がおススメなのだとか。 キャンペーン期間中はこの条件にあった 3種類の日本酒を紹介してくれるそうで、期待は高まるばかり! でもその反面、ピタッとハマる日本酒を見つけたら最後、ようかんと日本酒の無限ループが生まれてしまいそうでちょっぴり恐ろしいわ……。 期間中は混雑が予想されるほか、数にもかぎりがあるため、 事前に予約がおすすめ。 目からウロコのペアリングを楽しみたいというみなさんは、足を運んでみてはいかがでしょうか。

次の

【終了】2017/9/30井村屋BOXあずきバーシリーズMany thanksキャンペーン

井村屋 あずきバー キャンペーン

その経歴はとにかく異色だ。 短大を卒業して結婚した後、自宅から近かった井村屋の福井営業所でアルバイトを開始、経理などの事務や社員の営業への同行に加え、トラックを運転しての配達業務なども経験した。 学生時代は教師を目指していたため経理の知識はなにもなかったが、経理の夜間学校に通い猛勉強した。 その後、登用試験を経て正社員となり、3人の子供を育てながら着実に昇進。 北陸支店勤務時には、寝坊して高校生の息子のお弁当のおかずが生野菜にマヨネーズをかけただけになり、帰宅した息子から「今日が一番豪華な弁当やった。 同情した友達がエビフライやハンバーグをくれたから」と言われへこんだこともある。 今でこそ子供を育てながら正社員としてフルタイムで働く女性は増えてきた。 だが中島氏のころにはまだ極めてレアケース。 子供を持つ働く女性が抱える悩みや出来事をすべて乗り越えながら、最後は上場企業のトップに上り詰めた格好だ。 中島氏を後継社長に指名したのは元社長の浅田剛夫・現会長CEO(最高経営責任者)。 「トップは男女、国籍、ハンディキャップを抜きにして、多様性の中から選ばれるべき。 今、一番社長にふさわしい人間を選んだら中島だった。 決して女性活躍推進で選択したわけではない」と話す。 浅田会長が期待するのは、これまで前例がない道を走り続けてきた中島氏の「挑戦する力、変化する力」だ。 それこそが井村屋のトップに求められる資質だからだ。 浅田会長は「変わることが継続につながる。 変わらなければ継続すらかなわず衰退する。 当社が老舗として生き残ってきたのは、変わり続けてきたから」だと信じる。

次の