ダイマエースバーン。 【剣盾:構築案】ダイマックスバトン

【対策方法10選】リベロエースバーンが強すぎて対策できない件【徹底解説】

ダイマエースバーン

炎御三家伝統の直立二足スタイルで、以来6世代ぶりの炎単タイプとなった。 進化前からのの脚は健在で、蹴り上げた小石にしながら「ほのおエネルギー」を注いでゆくことで、「炎のサッカーボール」を作り出せる。 バトルの際はその「」を鋭くシュートして叩き込む攻撃を得意とし、蹴り込む時もをかけて相手のタイミングをずらしたり、ボールに回転を加え避けづらい攻撃にしたりと、攻守に優れた華麗な足さばきで相手を翻弄する。 その自慢の脚力は剣盾のDLCで復活した「つれあるき」でも見られ、通常の走りどころか自転車の走行にも余裕で付いてくる。 プレイヤーと一緒に走る姿はさながらトレーニング中のコーチと選手。 性格も冷めていたラビフットから、再びヒバニー同様のなものへと戻っており、応援されると更に燃えるが、に走ってピンチを招くこともある模様。 待機時にも時折かえんボールを作り、リフティングするような仕草を見せている。 これらの点や「ストライカーポケモン」という分類からわかるように、ガラル地方のモデルであるイギリス発祥のがモチーフで、プロレスラーなに引き続き、スポーツの要素を意識している。 また、ジム戦でのダイマックスや勝利の雄叫びも、試合で得点を決めた選手のパフォーマンスを強く意識したものになっている。 Cinderは 灰かぶり のものと同義。 なお、図鑑説明に「サッカー」という言葉が出てきたり、「サッカーを観るのが幸せ」と語るNPCがエンジンシティにいるなど、サッカー選手が存在すると同様にガラル地方においてもスポーツとしてのサッカーは存在するようである。 ちなみに2020年現在、 ポケモン御三家の最終形態で最軽量級であり、最重量級 310. 0kg のと比べると10倍弱もの差がある。 性能 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 80 116 75 65 75 119 多くが両刀型の種族値だった炎御三家のセオリーを破って高速物理アタッカーの配分となっており、以来となる炎御三家最速を更新した。 (すばやさ120)などにギリギリ届かないところが惜しいが、それでもほのおタイプ全体では3番目(1位が特殊条件下のなので)に速い。 耐久は決して高くはないがそこまで紙でもなく、良く言えば丁度「」の発動を狙いやすい数値といったところ。 こう見えてより硬い。 かなり優秀な専用技 「」を習得するため、文字通り火力にも秀でる。 タイプ上、物理アタッカーの悩みの種であるやけどにもならない。 また、もう1つの専用技として、自分と相手の場の状態を入れ替えるという珍しい効果の「」を覚える。 他の技の候補としては「」「」「」「」「」「[[[アイアンヘッド]]」「」「」などが挙げられる。 意外なことに(特殊技ではあるが)「」「」を習得できる。 この2つはサッカーを意識したチョイスか。 サッカー関連で言えばこの他に「()」「」「」「」「」などを覚えられる。 反面、これまでの炎御三家が大体覚えられた・の技は、非常に少ない。 詳しく説明するといわタイプの技は一切覚えられず、じめんタイプの技は「」、「」ぐらいなので、同タイプのポケモンに圧力を掛けにくい欠点もある。 これに関しては後述の隠れ特性も影響していると思われる。 そして実は 「」を覚えない。 ストライカーだけあってみみっちい事は嫌いなのだろうか?不意打ちはするけど。 隠れ特性の「 」はらの持つ強特性「」と同様の効果を持つ。 この特性の強さは第7世代までの対戦をやったことのある人なら説明不要だろう。 長らく、ガラル御三家の隠れ特性はでその存在を確認できるのみで、一般には未解禁であったが、6月2日にスマホ版ポケモンホームを利用することで遂に解禁される運びとなった。 特にエースバーンはその特性の優秀さから、兼ねてから大きな注目を集めており、 解禁直後のランクマッチでも早速隠れ特性持ちのエースバーンを引き連れたプレイヤーが多数出現。 「ダイナックル」「ダイジェット」で自己強化をしながら次々撃破していくエースバーンを止められるのはやエースバーンの上を取れる程度であり大躍進、6月5日には何とあのを押し除けランクバトル 使用率1位の座に鎮座した。 何気に シングルバトルに於いて使用率1位になるのはエースバーンが初であり、大変目覚ましい記録と言える ダブルバトルではが使用率1位の記録を保持していた。 解禁されるやいなやTwitterのトレンドやYahoo! の検索ワードランキングにも「エースバーン」がランクインする等、界隈では大きな盛り上がりを見せた。 ただ、やの項目を見れば分かる通り、リベロは非常に強力ではあるものの、扱いがかなり難しい特性である。 更に自身より速い 上記でも挙げたやまだ未解禁ではあるもののエースバーン以上の器用さを持つは特に危険 や有効打のない耐久型 特にトーチカを持つやダイナックルの能力上昇の意味を無くすや等 には注意する必要がある。 その為、強いからと言って決して過信せず、サッカーの試合の様な冷静な判断で対戦を運ぶ必要がある。 タイプ ほのお 高さ 27. kg ストライカーポケモン・エースバーンがキョダイマックスした姿。 2020年6月実装のDLC「」を進行することで、最初に貰ったパートナーへ後天的にキョダイマックスの素養を付与させる事ができる。 本体の見た目の変化は小さいが、ラビフットからの進化に伴い失われていた要素が復活し、短くなっていた耳の長さも背丈を超える程のものに成長した。 キョダイマックスのパワーにより、足元のかえんボールが自身よりも大きな「 キョダイ火炎ボール」へと変化しており、自らはその上にしたスタイルをとっている。 そして持ち前のテクニックでシュートを蹴り込むと、そのがボールにも乗り移り、まるで意思を持っているかのように相手を追い詰めるとされる。 また、ポケモン中屈指であるそのも更に強化されており、たとえボールがなかったとしても、蹴り技一つで他のダイマックスポケモンを凌駕する戦闘能力を発揮するようだ。 このエースバーンが繰り出すほのおタイプの技は、専用の 「キョダイカキュウ」へと変化する。 通常版の「ダイバーン」よりも高い威力を持つだけでなく、相手のとくせいによる防御を無効化する効果が付与されている。 ポケモンカード 「ポケモンカードゲームソードシールド」より最初期であるスターターセット炎とコレクションシールドに収録。 いずれも大ダメージを与えると引き換えに炎エネルギーをトラッシュするデメリットを持つが、中でもコレクションシールドに収録されているエースバーンは• 自分の番にベンチからバトル場に出たとき、トラッシュから炎エネルギーを2枚このポケモンにつけられる特性「」• エネルギーを2枚トラッシュする代わりに190ダメージを与えられる「フレアストライカー」• 逃げる為に消費するエネルギーが1個だけ …と単体で自己完結しているスペックを誇り、TAGTEAMやVポケモンに匹する火力から登場以降多くの炎デッキのメインとして採用され続けている。 余談 サッカーを主体として闘うことは決して珍しくない。 の作品も試合しながら闘う。 ちなみにエースバーン同様に炎属性を持つ創作上のサッカープレイヤーには、などがいる。 この為か発売前ヒバニーも最終進化はになるのではとネガティブ? な考察もあった(ヒバニー系統の図鑑説明文もを彷彿とさせるものである)。 のタマゴ技に「」があり、上述の通りいわ・じめんタイプの技を使えないために高威力のこの技がサブウェポンの有力候補となるのだが、構図としては サッカー選手がボールではなく相手を蹴っているというシュールなものになってしまう。 現実では、攻撃に欠かせないエースストライカーが を行うなどありえない筈なのだが…。 まあ、過去にももいたのだし、今更そのあたりにツッコむのも野暮というものか。 なお、隠れ特性の「」とは、サッカーで言えば「攻撃にも参加する 」を表す用語である。 「ストライカーポケモン」という分類とは少し趣が異なるかもしれないが、そこはストライカーの役割もリベロの役割もこなせる多彩さを特性で表現した…ということなのだろうか。 関連イラスト pixivision• 2020-07-18 12:00:00• 2020-07-17 17:00:00• 2020-07-17 14:00:00• 2020-07-17 13:00:00• 2020-07-16 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-18 13:47:41• 2020-07-18 13:45:00• 2020-07-18 13:43:51• 2020-07-18 13:43:21• 2020-07-18 13:42:46 新しく作成された記事• 2020-07-18 13:38:39• 2020-07-18 13:29:41• 2020-07-18 13:27:57• 2020-07-18 13:17:06• 2020-07-18 13:10:48•

次の

【エースバーン対策】ダイマも切らずに楽々処理!ゴツメ頑丈ウソッキーのすすめ【育成論】【ポケモン剣盾】

ダイマエースバーン

こんにちは、こんばんは、おはようございます、わたりんです。 今回は初めて2桁順位を達成することができたので、記事にしたいと思います。 よければ見ていってください。 【構築・最終順位】 TN Over 57位 TN わたりん 120位 【構築経緯】 やはりs7と言えば大きく環境を変えたのがエースバーン。 エースバーンをどう処理するかが最重要だと思い、エースバーン対策としてHBオボンを採用。 しかし、に引いたタイミングでラムエースバーンにダイナックルを打たれてしまうと、で受けることはできないということに気づき、ダイナックルを透かすことができ、受けループにも強いエース枠として珠ドラパルトを採用。 次に、この2匹ではやに弱いため、対面でやに打ち勝てる相棒枠のをチョッキで採用。 使いたかっただけっていうのは内緒 ここまでで、、、、がまだ辛いため、受けにも出せる残飯、を採用。 最後に地面の一貫を切りつつ、受けループ破壊と抜きエースとして、ラムを採用。 火力を持たせる事で、珠対面お互いックスした場合に勝てるようになった。 また、今環境にいるはほぼHBベースであるため、を無償で突破できるのは大きい。 吹雪当たれば 初めは多くののサブウエポンとなる悪の波動を使っていたが、悪の波動よりも吹雪を打った方が強い場面が多く ドラパルト、など 、悪の波動は必要ないと判断した。 チョッキを持たせている関係、補助技は使えないため、代わりにどの技を入れようか悩んでいたとき、エレキネットという技が目に飛び込んだ。 攻撃しながら相手のsを1段階下げる。 岩石封じが強くてこの技が弱いわけがないと、謎の自信から即採用した。 実際この技が生きる場面は結構多く、タスキドラパルト、ックスするドラパキッス、化けの皮が残っているなどに刺さっていた。 多くのックスエースがダイジェットを打つ中、に対して半減であるダイジェットを打ってくることは基本ないため、エレキネットを打つ事で裏で対処しやすくなるのが、個人的に1番強いと思った。 また、流行りのに対してめちゃくちゃ強いという点も高評価。 相手の構築に霊技の通りがいい時は9割初手に投げてックスを切っていた。 受けループにも強く、珠A特化ドラパの火力の高さを思い知った。 鋼の翼を入れる事で、初手に出てきた、ピクシー、オーロンゲを一撃で吹き飛ばし、イーウィンを生んでくれた。 龍の舞を入れる事でダイウォールが使えるので最悪相手のックスターンを枯らせる動きが偉かった。 襷電磁波ドラパルトには要注意。 数的有利を取っておけば、詰ませにきたピクシーや、を封殺し、そのまま勝ちすることもあった。 バメタとして入れただが、ガルドミミカビなどにも強いので、単純にこのの性能の高さを感じた。 が出てきたときだけはどうしようもないので、ひたすらに悪巧みをしないことを祈っていた。 あと、特殊エースバーンやめてください。 、アーマーガア、、、ヌオーなどの受けループに強く、やに対して上から身代わりで起点にできるため、相手が身代わりを割れない選出をしていたら熱湯で焼いた瞬間勝ちということもあった。 一度瞑想を積むことができれば、ックスエースとしても活躍してくれた。 なんなら詰まなくても活躍した。 ダストシュートのないエースバーンに対してなら隙を見せないので環境的にも強いだと再認識した。 が隙を見せる、、、ミトムに強い。 オッカの実を持てば、、パッチラゴンにも仕事ができるため優秀。 と並べることで、ほぼ全ての物理に対応できた。 受けに強い枠として入れたためラム持ちの火力特化。 エースバーン意識でのSラインだが、念のためインテレオン抜きまで。 受け意識のため、エアスラ、大文字、悪巧みは確定。 元はラストの枠をで使っていたが、シーズン終了3日前に、初手ックスに3連続でマッチングしてボコボコにされたため、ストレスから原始の力を採用。 これが面白いように決まり、最終日では5体ほど、初手に出てきたを狩ることができた。 悪気のないエアスラで上振れたことは否めない。 相手の構築にが入っていないかつエースバーンがいるときによくこの選出をしていた。 それ以外も、霊技の通りが良い時など、珠ドラパルトで荒らせそうだと判断した時はこの選出をしていた。 また、襷電磁波ドラパルトを警戒した時、相手の構築にが入っている時にはドラパルトを選出せずを選出するようにしていた。 ・++ ドラパルトor 相手の構築にエースバーン、、がいる時にはこの選出をしていた。 がいる場合は選出せず、ドラパルトを選出していた。 相手のに対して+、相手のに対しては+ドラパルトで対応するように意識していた。 エースバーンに後出しできるも必須。 [相手の構築にがいる場合] ・初手 が来たら迷わずックスを切る。 初手にが来なかったとしても、の通りが良く、ックスで荒らせそうだと判断した時は惜しまずにックスしていた。 取り巻きはできついが来た際の引き先として適当に。 始めに紹介した+が安定する ・終わりに s7はガラル地方でのだけで戦える最後のシーズンでした。 新環境になる前に、目標としていた最終2桁を取ることができて本当に嬉しかったです。 もう始まっていますが、s8では解禁が沢山増え、新環境でのとなりますね。 今まで満足のできる結果が取れた人も、取れなかった人も、新環境でのを一緒に楽しみましょう!僕もs8では心を新たに頑張り、楽しみます!!最後になりますが、ここまで僕の記事を読んでくださった方、本当にありがとうございました。

次の

【剣盾S7シングル最終18位】御三家ゴリラサイクル

ダイマエースバーン

みなさんこんにちは、と申すものです。 シーズン7からエースバーンが解禁され、受け構築にとって環境がさらに厳しくなったと言われていますが、そんな環境下でも勝ち抜ける受けループの考察をしてきました。 ぱっとエースバーン対策として思いつくのがヌオーですが、ヌオーは珠とび膝が受からないなどの問題があります。 また自分は残飯ピクシーを構築に入れていたのでヌオーに残飯を持たせることができず、残飯でないヌオーを使う気が起こらなかったため他のエースバーン対策を考えました。 そこでたどり着いたのが、 万能傘です。 今回の構築はこの自慢のを組み込んだ純正受けループとなっています。 主な役割対象はエースバーン。 傘を持たせることでバ(陽気珠想定)のダイバーンに繰り出した後、晴れによる威力上昇を無効化できるので次のダイバーンを高乱数で受けることができる。 意地珠は分の悪い乱数になるが、ミラー意識の最速が多いだろうと判断して切った。 相手がビルド型でも火力アップアイテムを持っていなければ、ビルドに対し後投げからのろいを積んで受けることができる。 ダイナックルを考慮すれば上記の立ち回りは成り立たないが、その際にはこちらもックスし、スチルでBをあげつつウォールも絡めてしのぐことができる。 殴りながら要塞化できるダイスチルとダイアースが非常に強力だと感じた。 のろいとダイアース・スチルを絡めることで、やギャラがいない対面的な構築なら3タテしてくれることも結構あった。 アッキのみを持たせれば似たような立ち回りはできるが、受けループである以上2サイクル目からの受けを考慮できていないアッキは弱いと判断した。 回復実を持たせることも考えたが、繰り出し時に珠ダイバーンを打たれるとしなければ次の攻撃を耐えられず、またしてもエースバーンを倒しきれない。 いろいろ考慮すると、エースバーン受けのにおいてはこの技構成かつ万能傘が最強だと思う。 自分の裏に砂ダメの負担をかけたくなかったので特性は 砂の力にしている。 最終日は特に傘が活きる場面が多く、晴れのおかげで倒せると思い打ってくるダイバーンを耐えた際、相手が必ずフリーズするのが堪らなかった。 カバが砂を撒かなかった際も相手はちょっと固まるので面白い。 傘カバは技構成・持ち物共に完全オリジナルで、我ながら強くて面白い型だと思っているのでめちゃくちゃ気に入っている。 トーチカが欲しい場面も多かったが、本来重いがらみのサイクルに強く出れるので身代わりを採用してよかった。 今シーズンはあまりいなかったが、渦潮滅び対策にもなる。 リザが重いのでできるだけDに厚くした。 調整は、はぎもん君が考えたものを丸パクリした。 A方面はダイスチルで無振りキッス確1、HB方面は陽気珠ドリュのに繰り出し後、ダイロックできのみ確定発動から鉄壁羽で受かるラインとなっている。 のS12振り。 ピクシー単体で特殊を受けるというよりは、で毒を入れピクシーで凌ぐイメージで立ち回る。 回復ソースは月の光から願い事に変更したが、一長一短だと自分は感じた。 役割対象はギャラや増殖したゴリランダーなど。 Hが4nでステロ2回でオボン発動、SがS4振りカビ抜き調整。 実はパッチラゴンが受からないだが、パッチ受けとしてが選択肢に加わったのでパッチラゴンに対する勝率が上がった。 気合いで覚えろ。 役割対象はミトム、ラプ、アシレ、ストリンダーなど。 舐めた特殊を起点にしてモスノウで暴れる試合が一番楽しい。 モスノウ羽休め覚えろ。 以外少々雑ですが個体紹介は以上 <感想など> 万能傘は冗談抜きで強かった。 アマガ 、クレベ、モスノウ と炎の一貫が凄まじいのもあってかエースバーンはホイホイ選出されたので、ガンガン傘カバを選出できた。 しかしこの傘カバ、実は キョックスエースバーンが解禁されるシーズン8以降では、バ受けとして成立しないのである。 (キョダキュウが受からない上に、晴れ状態にならないので傘が無駄) 自慢の傘カバが輝けるのはs7だけなので、是が非でも良い結果を残したいといつも以上に意気込んでいた。 このデフレシーズンの中、レート2000に載せることができたのは最低限満足している。 一方で、この構築でもっと上に行きたかったのも事実なので悔しさも大きい。 万能傘よ永遠に・・・ 新環境でより良い結果を出せるよう、プレイング面、メンタル面でもっと精進したいです。 ここまで読んでくださりありがとうございました! ご質問等は までお願いします! QueenPoke.

次の