スマホ ジンバル おすすめ。 [2020]おすすめのスマホ用スタビライザー10選|選ぶ際のポイントも紹介

【2020年最新】ジンバル買うならコレ!おすすめ5選

スマホ ジンバル おすすめ

media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. jpg"] 無駄がないシンプルなデザインのジンバルなので、 デザインも重視して選びたい人におすすめです。 ワイヤレスイメージ伝送システムが搭載されていて、SLRモニターとしても使うことができます。 ライブプレビューとリアルタイムのパラメータ設定を使用することにより、どのような角度からでも任意の角度から撮影できます。 フォローフォーカスとコントロールで、スムーズなズームやフォーカスを設定も可能。 モーションセンサーコントロールが搭載されていて、モバイルデバイスを移動するだけでジンバルを制御できます。 その他にもPhoneGoモードにより、Goボタンをタップするだけでスポーツシーンに適した撮影ができたりと便利な機能が多く搭載されています。 実際に使うカメラの重量に見合っていないとジンバルの動きが悪くなってしまうことで、ブレが残った映像になります。 カメラ本体が対応していたとしても、マイクやモニターなどを取り付けることで重くなってしまい、スムーズに動かせなくなる場合もあります。 対応カメラを確認した上で、装備を取り付けた後の重さでも問題ないかを購入前に調べておきましょう。 店頭などで試用できるのであれば、カメラを固定した後に上下左右に動かして、動きにピッタリ合わせられるかを確認するのがおすすめです。 通販の場合は、レビューなどに思いカメラだとスムーズに動かないなどの評価がないかをチェックしてみましょう。 media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. jpg"]• media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. jpg"] 商品名からも分かるようにOsmo Mobileシリーズの3世代目です。 アームを折りたたむことができるようになりコンパクトに持ち運びができます。 他のメーカーも折りたためるスマートフォン用ジンバルは多く出していますが、 本商品は低価格で軽量なのがメリットです。 また、さまざまな機能を使うための専用スマホアプリがOsmo Mobile2まではDJI GOというアプリでしたが、Osmo Mobile3からはDJI Mimoというアプリに変わりました。 それによりアプリの使いやすさも向上しています。 media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon.

次の

ジンバルの人気おすすめランキング15選【2020年最新版】

スマホ ジンバル おすすめ

もくじ• この記事で掲載している手持ちジンバルの一覧• ジンバルとは? ジンバルは英語で書くと「Gimbal」。 これはもともと「1つの軸を中心として物体を回転させる回転台」を意味する単語です。 これが、カメラや映像に関する文脈で使われる場合には「スムーズな映像を撮るための回転台付きグリップ」という意味になります。 このようなジンバルを使うことで、撮影者が動いてもカメラを一定の向きに保ち、揺れや傾きを軽減できるので、スムーズな映像が撮影できるようになるというわけです。 下記のリンクをクリックすると「手持ち+iPhoneで撮影した例」と「ジンバル手持ち+iPhoneで撮影した例」が見られますので、ぜひ、チェックしてみてください。 そこで「購入するにはどれくらいの予算が要る?」「どんな選択肢があるの?」という方に向けて、「iPhone/スマートフォン用」「デジタル一眼カメラ用」「ジンバル搭載ドローン」にわけておすすめの製品をご紹介していきます。 iPhone/スマートフォン用おすすめジンバル 近年のハイエンドスマートフォンには、センサーシフト式のスタビライザーが搭載されている場合もありますが、ジンバルを装着して撮影した映像の滑らかさは別次元。 1万数千〜2万円ほどの投資で見違えるような映像が撮影できるようになるので、コダワリの動画を作りたい人には強くおすすめです。 おすすめジンバル【1】 Zhiyun Smooth 4 ミニ三脚が標準で付属するので「置いての撮影」に便利。 同価格帯のDJI『Osmo mobile 2』は、三脚やフォーカスリングは付属しないのでその分、『Smooth 4』の方がお買い得。 スマホ用なら、これを買えば間違いないという1台。 ジンバルの豆知識3 【1】ジンバルの呼び方いろいろ ジンバルはカメラを載せて安定した映像を撮影するためのアイテムですが、コンシューマーマーケットに手軽な値段で出回りはじめてからは日が浅いため、ちょっと呼び方が定まっていないこともあります。 以下に、ジンバルの呼び方の例をご紹介しておきますので「いろいろな名前で呼ばれるけど、同じものを指すことがほとんど」と覚えておいていただければ問題ありません。 ジンバル:だいたいはこれで通じます• 3軸ジンバル:傾きを補正できる軸数を付けて呼ぶことも。 まれに2軸もあります• ブラシレス・モーター付きジンバル:モーター付きであることを強調する時の呼び方• 電動スタビライザー:映像を安定(スタビライズ)させるという意味でこう呼ぶ人も 【2】ジンバルとスタビライザーの違い スタビライザーにはカメラと同じ重量のカウンター・ウェイト(重り)を付けて揺れ軽減するタイプの製品もあり、このような物はジンバルとは呼ばれません。 一方で「モーター付きのスタビライザー」と言う場合はジンバルと同じ製品を指します。 スタビライザーとジンバルの違いをざっく分けると以下のようになります。 スタビライザー モーター付きジンバルや重り付きのグリップなど、カメラを安定(スタビライズ)させる物全般• ジンバル スタビライザーの中でも、特にモーターを搭載した電動のものが対象 【3】ジンバルの英語の発音 英語圏の人が話しているYouTubeの動画などを見ると「Gimbal」の発音は「ギンブル」と聞こえます。 なぜ、日本語(カタカナ英語)になったときに「ジンバル」になのかは謎です……。 この記事で掲載した手持ちジンバルの一覧• 編集後記 ジンバルを使用することでガタつきや揺れの少ないスムーズな映像が撮影できることは、この記事の始めでもご覧いただいた通り。 ですが、それだけではありません。 ジンバルの本領が発揮されるのは、120fpsなどのハイフレームレートで撮影し、スピードランピングや早回しのエフェクトを加えたとき。 手間も工夫も要りますが、バチッと決まればSF映画のようなスタイリッシュな映像が撮影可能です。 以下の動画は『iPhone XS』と『』のみで撮影した動画ですが、スローモーションやスピードランピングと組み合わせることで、インパクトのある映像に仕上がっています。

次の

スマホ用3軸カメラスタビライザーの人気おすすめランキング5選|Besme [ベスミー]

スマホ ジンバル おすすめ

もくじ• この記事で掲載している手持ちジンバルの一覧• ジンバルとは? ジンバルは英語で書くと「Gimbal」。 これはもともと「1つの軸を中心として物体を回転させる回転台」を意味する単語です。 これが、カメラや映像に関する文脈で使われる場合には「スムーズな映像を撮るための回転台付きグリップ」という意味になります。 このようなジンバルを使うことで、撮影者が動いてもカメラを一定の向きに保ち、揺れや傾きを軽減できるので、スムーズな映像が撮影できるようになるというわけです。 下記のリンクをクリックすると「手持ち+iPhoneで撮影した例」と「ジンバル手持ち+iPhoneで撮影した例」が見られますので、ぜひ、チェックしてみてください。 そこで「購入するにはどれくらいの予算が要る?」「どんな選択肢があるの?」という方に向けて、「iPhone/スマートフォン用」「デジタル一眼カメラ用」「ジンバル搭載ドローン」にわけておすすめの製品をご紹介していきます。 iPhone/スマートフォン用おすすめジンバル 近年のハイエンドスマートフォンには、センサーシフト式のスタビライザーが搭載されている場合もありますが、ジンバルを装着して撮影した映像の滑らかさは別次元。 1万数千〜2万円ほどの投資で見違えるような映像が撮影できるようになるので、コダワリの動画を作りたい人には強くおすすめです。 おすすめジンバル【1】 Zhiyun Smooth 4 ミニ三脚が標準で付属するので「置いての撮影」に便利。 同価格帯のDJI『Osmo mobile 2』は、三脚やフォーカスリングは付属しないのでその分、『Smooth 4』の方がお買い得。 スマホ用なら、これを買えば間違いないという1台。 ジンバルの豆知識3 【1】ジンバルの呼び方いろいろ ジンバルはカメラを載せて安定した映像を撮影するためのアイテムですが、コンシューマーマーケットに手軽な値段で出回りはじめてからは日が浅いため、ちょっと呼び方が定まっていないこともあります。 以下に、ジンバルの呼び方の例をご紹介しておきますので「いろいろな名前で呼ばれるけど、同じものを指すことがほとんど」と覚えておいていただければ問題ありません。 ジンバル:だいたいはこれで通じます• 3軸ジンバル:傾きを補正できる軸数を付けて呼ぶことも。 まれに2軸もあります• ブラシレス・モーター付きジンバル:モーター付きであることを強調する時の呼び方• 電動スタビライザー:映像を安定(スタビライズ)させるという意味でこう呼ぶ人も 【2】ジンバルとスタビライザーの違い スタビライザーにはカメラと同じ重量のカウンター・ウェイト(重り)を付けて揺れ軽減するタイプの製品もあり、このような物はジンバルとは呼ばれません。 一方で「モーター付きのスタビライザー」と言う場合はジンバルと同じ製品を指します。 スタビライザーとジンバルの違いをざっく分けると以下のようになります。 スタビライザー モーター付きジンバルや重り付きのグリップなど、カメラを安定(スタビライズ)させる物全般• ジンバル スタビライザーの中でも、特にモーターを搭載した電動のものが対象 【3】ジンバルの英語の発音 英語圏の人が話しているYouTubeの動画などを見ると「Gimbal」の発音は「ギンブル」と聞こえます。 なぜ、日本語(カタカナ英語)になったときに「ジンバル」になのかは謎です……。 この記事で掲載した手持ちジンバルの一覧• 編集後記 ジンバルを使用することでガタつきや揺れの少ないスムーズな映像が撮影できることは、この記事の始めでもご覧いただいた通り。 ですが、それだけではありません。 ジンバルの本領が発揮されるのは、120fpsなどのハイフレームレートで撮影し、スピードランピングや早回しのエフェクトを加えたとき。 手間も工夫も要りますが、バチッと決まればSF映画のようなスタイリッシュな映像が撮影可能です。 以下の動画は『iPhone XS』と『』のみで撮影した動画ですが、スローモーションやスピードランピングと組み合わせることで、インパクトのある映像に仕上がっています。

次の