相鉄 線 直通 路線 図。 なぜ「相鉄・JR直通線」は新川崎や鶴見に停車しないのか、その理由がわかる映像

なぜ「相鉄・JR直通線」は新川崎や鶴見に停車しないのか、その理由がわかる映像

相鉄 線 直通 路線 図

新しいコメントをメールで通知 新しい投稿をメールで受け取る このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。。 人気記事10選• 品川にいます。 今回は東海道線で大船まで帰ります。 湘南ライナーに乗るわけでもありません。 「なーんだつまんな... a year agoに投稿• 時の鐘、一番街、昔ながらの景色。 綺麗で美味しい食べ物もある川越。 しかし、川越観光はつまらないと言われることがあ... a year agoに投稿• JRグループや主な私鉄では2019年3月16日にダイヤ改正を実施しました。 もちろんデビューした列車もある中で... a year agoに投稿• いつもご覧いただき、ありがとうございます。 当ブログ、当チャンネルではメニュー欄記載ページ(【リンク】旅行中... 21 days agoに投稿• 川原湯温泉駅に到着しました。 川原湯温泉駅はとても綺麗。 開業は1946年(なんと終戦の翌年)で、201... a year agoに投稿• 今回から「関東めぐり東京編」をお伝えします。 東京と言いつつ、東京都内の紹介が出て来るのはだいぶ先です。 12 months agoに投稿• 今回は八王子から茅野まで行かねばなりません。 急ぐので特急を使うわけですが、どうせならグリーン車に乗ってみるか... a year agoに投稿• 逗子に来ました。 この日は2020年1月1日です。 新たな年がスタートしたわけです。 今回は大晦日〜... 6 months agoに投稿• 熱海です。 帰りは今回は川崎まで向かいますが、偶然快速アクティーが来ましたので乗ります。 快速アクテ... 5 months agoに投稿• 東京と上野をつなぐ上野東京ライン。 皆さんはこれにより静岡県と栃木、群馬が一本につながったことをご存知ですか?今... a year agoに投稿• サイト左上に表示されているメニューボタンを押すと様々な情報がご覧になれます。 旅行ごとでご覧になりたい方は検索ボタンを押して該当旅行名をご入力ください。 旅行名は該当記事の先頭か最後に記載しています。 旅行名の記載がない場合にはシリーズ公開をしていません。 旅行ごとの魅力をまとめたページを左上メニューボタンからアクセスできる場所に開設しています。 ご要望、企業案件などのお問い合わせは左上メニューボタンからお問い合わせフォームをご利用ください。 いつもご覧いただき、ありがとうございます。 ぜひお気に入り登録をして定期閲覧しませんか?お気に入り登録の仕方はご覧いただいている方法で異なります。 ツイッター、InstagramなどのSNSでも更新通知を配信中!「東海道線沿線のそうくん」で検索! YouTube「東海道線沿線のそうくん」もぜひ、ご覧ください。

次の

相鉄新横浜線

相鉄 線 直通 路線 図

相鉄JR直通線について 相鉄線の西谷駅から東急線の日吉駅につながる 相鉄新横浜線、東急新横浜線について『』の記事でご紹介しました。 この相鉄新横浜線、東急新横浜線の全面開通に先立って、『相鉄JR直通線』が2019年度下期に開通予定です。 開業予定日は2019年11月30日(土)です。 相鉄・JR直通線は、相鉄線の『西谷駅』から、新たに開業する『羽沢横浜国大駅』を通ってその先はJRの『東海道貨物線』に入り鶴見駅を通過、武蔵小杉や渋谷、新宿方面に直通する路線となります。 運行頻度は、 平日朝のラッシュ時は1時間に4本程度、その他の時間帯は1時間に2~3本程度を予定しているとのことです。 スポンサーリンク JR区間の停車駅や行き先はどうなる? JR区間の停車駅は2019年2月時点では 正式には未発表のようです。 JRからで発表された図をみるとおそらく羽沢横浜国大駅の次の停車駅は武蔵小杉駅のようです。 途中鶴見駅を通過するようですが、鶴見駅に停車はしないようです。 また、図からすると武蔵小杉より先は、渋谷駅、新宿駅方面に直通するようです。 品川駅や東京駅方面に行きたい場合は途中駅で乗り換える必要がありそうです。 運行計画の概要について(2019年7月更新) 2019年7月に相模鉄道とJR東日本から運行計画の概要が発表になっています。 概要は以下のとおりです。 主な区間の所要時間• 二俣川~新宿:最速達列車は44分• 大和~渋谷:最速達列車は45分• 海老名~武蔵小杉:最速達列車は36分 スポンサーリンク 運賃(消費増税の反映前)が発表になりました! 2019年2月に相鉄JR直通線に適用される料金が相模鉄道、JRからそれぞれ発表になっています。 なお、開業までの間に消費増の増税が予定されておりますので、今回発表の運賃は確定ではありません。 消費増税により2%程度上乗せされる可能性がありますのでご注意ください。 JRの運賃は『東京の電車特定区間』運賃が適用 JR区間の運賃は、のとおり発表になっています。 この区間には近くを走る東海道線等と同様の扱いで『電車特定区間の運賃』が適用されます。 羽沢横浜国大駅から武蔵小杉駅までの運賃は、『 302円(営業キロ16~20kmのIC運賃)』と発表されています。 ただし『運賃計算する上での分岐点は鶴見駅』とあります。 鶴見駅~羽沢横浜国大駅間は営業キロ8. 8kmと記載がありますので、鶴見駅を利用できる定期券を持っているような場合は、この駅間の運賃は『 165円(営業キロ7~10kmのIC運賃)』になるものと思われます。 相鉄線の運賃は30円の加算運賃が適用 西谷~羽沢横浜国大駅間の運賃は 174円(IC運賃)と発表されています。 相鉄線の 初乗り料金は144円(IC運賃)なのですが、これに 加算運賃が30円上乗せされることになります。 加算運賃というのは、新しい路線の建設等にかかった費用について、その設備投資額を回収するために基本運賃に上乗せして利用者から徴収する金額です。 両路線を直通で利用しても乗継割引はなし 例えば東急電鉄は、のとおり東急線と他社線を乗り継ぐ場合に割引を適用する『乗継割引』を適用しています。 相鉄・JR直通線にはこのような 乗継割引のようなものはないようです。 相鉄線から羽沢横浜国大駅をとおりJR線に直通して利用する場合は、両者の路線に適用される運賃を単純に合算した運賃となります。 西谷駅から羽沢横浜国大駅を経由して武蔵小杉駅まで利用した場合の運賃は476円となります。 現在の運賃との比較をしてみました! 相鉄線の各駅から新路線を経由してJRの主要駅まで利用した場合の運賃が発表になっています。 西谷駅から乗ったとして、現在の運賃(西谷駅から相鉄線で横浜駅まで行き、JRに乗り換えた場合の運賃)と比較してみました。 いずれもICカードを利用したときの運賃です。 新路線経由の運賃 現在の運賃 西谷~武蔵小杉 476円 390円 西谷~渋谷 724円 562円 西谷~新宿 724円 724円 西谷~東京 724円 638円 このように比較すると、 新宿以外は現在の運賃よりは高くなってしまうようです。 ただし、次に記載する『メリット(乗り換えがなくなり、所要時間も短縮)』は大きいと思います。 運賃を比較して気づいた不思議な点(特定区間運賃について) 一点気になるのが、渋谷、新宿、東京の各駅について、新路線経由では全て同じ金額なのに、現在の運賃はずいぶん差がありますね。 新宿と渋谷では162円も差があります。 これは 渋谷から新宿まで普通に乗車した場合の運賃(154円)より大きい金額です。 つまり、JRで新宿に向かう際は、渋谷で降りて一度改札を出てからまた乗車した方が安くなるということになります。 このようなことが起きる理由は横浜~渋谷間に『特定区間運賃』というものが適用されており、特別に割安になっているためです。 特定区間運賃とは、他社の路線と競合する区間について、営業キロ数から出した運賃より安く設定された運賃のことです。 横浜~渋谷間は東急東横線も走っており東横線は運賃が安いです。 競合上あまり大きな差がつくと東急にお客さんを取られてしまうので、JRもこの区間の運賃を特別に値引きしている、ということのようです。 新路線経由ではこの特定区間運賃の恩恵を受けられなくなるため、渋谷駅までの運賃は現在の運賃と比べると割高になってしまうんですね。 【メリット】横浜駅での乗換えが不要に!通勤時間も短縮! 相鉄線の上りの終点横浜駅で乗り換えて、東京方面のJRに乗って通勤、通学をしている人は多いと思います。 朝ラッシュ時の横浜駅は乗り換えの通勤・通学客等で非常に混雑しているため、乗り換えるのも大変です。 また、今まで横浜駅乗り換えだった人が直通線に流れることにより、横浜駅の混雑緩和にもつながることが期待されます。 横浜駅の混雑が少しでも解消されれば、東京方面のJRを利用する人以外も恩恵を受けられますね。 まとめ 相鉄線の西谷駅から羽沢横浜国大駅を経由してJR線に直通する相鉄JR直通線が2019年11月に開業予定です! よく見ると現在より運賃が高くなってしまう区間もありそうですが、混雑する横浜駅での乗り換えがなくなることを考えると利用者にとってはメリットが大きいと思います。 副次的には横浜駅の混雑の緩和につながって、横浜駅がますます利用しやすい駅になるといいですね。

次の

相鉄バス|バス時刻表やバス停検索|路線バス情報

相鉄 線 直通 路線 図

「」も参照 もともとはこの路線は旧(現在の)・にある計画の一部分を構成する区間であった。 2000年代に「 都心直通プロジェクト」 と銘打たれ、とおよび・を連絡し東京都心部へのアクセス路線として整備が進んでいる路線である。 整備主体である(鉄道・運輸機構)によれば、西谷駅 - (仮称・羽沢駅)間の第一期線は として、羽沢横浜国大駅 - 新横浜駅(仮称)間の第二期線はとともに 相鉄・東急直通線の名称で建設が進められている区間となっている。 名称について [ ] この路線全体の運営者である相模鉄道による路線名は、単に「新横浜線」ではなく会社の略称「相鉄」を含めた「 相鉄新横浜線」である。 これは同じく神奈川東部方面線計画の一部分を構成する(こちらも会社の略称「」を含めた「東急新横浜線」が正式名称)との混同を防ぐためである。 一方、前述の通り保有者である鉄道・運輸機構による事業名称は西谷駅 - 羽沢横浜国大駅間が 相鉄・JR直通線、羽沢横浜国大駅 - 新横浜駅(仮称)間が 相鉄・東急直通線となっている。 なお、相模鉄道による国土交通省への運賃認可申請書上の路線名としてはこちらの事業名称のものが用いられている。 の相鉄・JR直通線区間開通時点では新横浜駅(仮称)まで路線が到達していないため、相鉄は当面の間旅客案内において「相鉄新横浜線」の名称の使用を控えており、「 相鉄・JR直通線」 あるいは単に「 JR直通線」 などの名称を用いている。 ただし直通先のJR東日本では公式ホームページにおける羽沢横浜国大駅案内において接続交通機関として「相鉄新横浜線」の名を用いている など、相鉄以外の事業者においてはこの限りではない。 路線データ [ ]• 路線距離:西谷 - 羽沢横浜国大間 2. 1km• :1067mm• 駅数:2駅(両端の駅を含む)• 複線区間:全線• 電化区間:全線(直流1500V)• 保安装置: 当路線の西谷駅 - 羽沢横浜国大駅を利用する場合、30円のが必要である。 運行形態 [ ] 詳細は「」を参照 2019年11月30日の第一期線開業時点では、本路線を走行する列車は、ほとんどの列車が本線海老名方面とJR線新宿方面とを直通する列車である。 ただし、早朝に設定される羽沢横浜国大始発の西谷行き3本・海老名行き1本と深夜に設定される西谷始発の羽沢横浜国大行き1本・海老名始発の羽沢横浜国大行き1本が線内列車として設定されている。 車両は全てJR車で運転される。 また、本路線内においては全列車が各駅に停車する。 車両 [ ] 自社車両 [ ]• - 埼京線直通用。 他の自社車両は回送列車としてのみ羽沢横浜国大駅まで入線している。 なお運用代走により営業運転につくことがある。 導入予定車両 [ ]• - 8両編成は東急目黒線・都営地下鉄三田線・東京メトロ南北線直通用、10両編成は東急東横線直通用。 乗り入れ車両 [ ] 現在の乗り入れ車両 [ ] JR東日本• -(海老名駅 - )西谷駅 - 羽沢横浜国大駅間の相鉄線内折り返し列車にも使用される。 将来の乗り入れ予定車両 [ ] 停車駅などについては「」を参照 駅番号 駅名 駅間キロ 接続路線 所在地 まで 2022年度下期開業予定の東急直通線列車はにも 直通運転 SO08 - 相模鉄道: (方面 直通運転) SO51 2. 1 :支線(。 新設される駅については、2019年11月時点では正式駅名および駅番号が決定されていない状態であるが、現在プレスリリースに記載されている仮称名の駅を記述する。 優等列車の設定や停車駅などは現時点では未定のため、省略する。 累計キロは西谷駅からのもの。 駅番号 駅名 駅間キロ 累計キロ 接続路線 所在地 SO51 羽沢横浜国大駅 - 2. 1 :東海道本線支線(相鉄・JR直通線) (仮称) 4. 2 6. 相模鉄道. 2019年10月31日閲覧。 相模鉄道. 2019年11月12日閲覧。 相模鉄道. 2019年11月12日閲覧。 2019年10月31日. 2019年10月31日閲覧。 相模鉄道. 2019年11月30日閲覧。 鶴通孝、久保田敦「S・J直結 2019. 30」『2019年12月号』第53巻第12号、鉄道ジャーナル社・、2019年12月1日、 14頁、。 2019年12月5日閲覧。 相模鉄道. 2019年12月9日閲覧。 www. sotetsu. 2019年11月9日閲覧。 PDF プレスリリース , 相模鉄道株式会社, 2019年9月6日 , の2019年9月4日時点におけるアーカイブ。 , 2019年9月14日閲覧。 草町義和 2015年9月22日. 東洋経済オンライン. 2019年11月7日閲覧。 外部リンク [ ]• (毎日コミュニケーションズ)• 関連項目 [ ].

次の