電磁波 アルミ ホイル。 アルミ遮熱材

パスケースに電磁波干渉防止シートとアルミホイルをいれてカードキーを使う

電磁波 アルミ ホイル

1新時代の遮熱材「アストロフォイル」とは? 宇宙服やロケットが受ける電磁波の研究を経て「アルミと空気層」を使った遮熱理論が確立され、現在では航空機等にも使われています。 この理論に 基づき、住宅向けに開発されたものが「アストロフォイル」です。 「熱」を知る、知恵と技術。 熱は温度の高い方から低い方へ移動し、その動きには「対流」「伝導」「輻射」の3種類があります。 遮熱理論に基づく構造 アルミ遮熱材「アストロフォイル」は、ポリエチレン樹脂製エアキャップの両面に純度99%のアルミ箔を貼った5層もしくは7層構造になっています。 両面のアルミ箔が内外の輻射熱を97%反射し、エアキャップの持つ空気層が熱伝導を抑える役割を果たしています。 「輻射」・「伝導」に対して抵抗 を持たせることで熱をより効果的に遮断することが可能です。 (財)建材試験センターの実験に基づいた信頼のデータ アストロフォイルの性能は、(財)建材試験センターでの実験結果により裏付けされています。 (財)建材試験センターは、建材並びに建築及び土木に関する試験、認証、評価、証明等を行うことにより、わが国の建設産業の健全な発展に寄与するとともに国民生活の向上に貢献することを目的とした一般財団法人です。 東京の夏場の日射量を元に行ったこの実験では通過熱量36~47%減、温度差2. 9~4. これより以下のようなことがわかりました。 日本の平均的な屋根面積を持つ住宅で「アストロフォイル」を使用すると、エアコン1台(2. 5kW~4. 0kW)に相当する熱量の侵入を軽減することができ、月々の電気代の節約が期待できることになります。

次の

アルミ箔

電磁波 アルミ ホイル

アルミホイルは、アルミニウムという金属を薄いシート状に伸ばしたものだ。 金属には電波を反射する性質がある。 それと同時に、自由に動ける電子が金属表面にたくさんあり、この電子がマイクロ波の振動によって激しく動き回る。 激しく動きすぎて空中に飛び出した電子が、ほかの物体に飛び移るときに火花やバチッという音を出す。 これが放電だ。 電気はとくに突起した部分に集まりやすいので、食品を包んでアルミホイルがクシャクシャになったり、端がヒラヒラしていたりすると放電の可能性が高まる。 またアルミホイルがマイクロ波を反射して、マグネトロンに電波が戻ってくると、急激な温度上昇が起きる。 この想定外の温度上昇が電子レンジの故障の原因となる場合がある。 さらに、アルミホイルが庫内の壁面と接触している場合も、放電が起きて故障の原因になってしまう恐れがある。 それでも、使えなくもない アルミホイルを電子レンジで使用すると故障の恐れがある。 一方で、「使い方に注意が必要なものの使用することはできる」という情報もある。 実は、茶わん蒸しの調理や日本酒を温める場合に、容器の口にアルミホイルをかぶせるという使い方は「あり」として紹介されている。 後ほど詳細を説明するが、さまざまな条件はあるものの、電子レンジでアルミホイルを使う方法はあるのだ。 実際に、一部のメーカーでは使い方ガイドにアルミホイルを使って茶わん蒸しを作る方法やお酒のお燗の仕方を紹介しているし、日本酒メーカーのHPでも、電子レンジで日本酒を温める場合にムラなく加熱するための方法としてアルミホイルを使う方法を紹介している。 もちろん説明書に「アルミホイルの使用は厳禁」と明記している電子レンジメーカーもあるので説明書を必ず確認しよう。 最近の電子レンジには、スイッチの切り替えでオーブン機能やトースター機能に切り替えることができる機種も多い。 オーブン機能やトースター機能を使った加熱調理の仕組みは電子レンジとは異なる。 オーブンや最新のトースターは、マイクロ波ではなく赤外線を用いる。 オーブンやトースターも兼用できる電子レンジには、マイクロ波と赤外線を出す装置が付いており、スイッチでどちらを出すか切り替えることができる。 赤外線もマイクロ波も電磁波の一種だが、食品内の水分の分子を振動させるマイクロ波に対し、ほとんどの物質で吸収される赤外線は食材の表面に近いところで吸収されて熱に変わる。 食品の外側から中心に熱が伝わり、表面には焦げ目もできる。 これは火で食品を焼くのと似た状態だ。 蒸すほかに、焼く・揚げるに近い調理が可能だ。 だからアルミホイルが効果的 アルミホイルと同様に、電子レンジの失敗によく登場するのが「卵」だ。 ゆで卵を作ろうと、卵を電子レンジの中に入れてスイッチオン。 数秒後に大爆発して庫内が悲惨なことに...... 、という話を耳にしたことがある方も少なくないだろう。 実体験した方もいるかもしれない。 どのメーカーの電子レンジの説明書にも「殻付きの生卵を電子レンジで加熱しないでください」と明記してあるほどだ。 マイクロ波は食品中の水分子を激しく動かすことで食品を温める。 電子レンジで卵を加熱すると、殻の内側の白身と黄身の部分はお湯でゆでる以上の高温になって水蒸気が発生する。 しかし、卵の殻は元の形状を保っているため、発生した水蒸気は逃げ場がなく、卵内部の圧力がどんどん上昇する。 卵内部の圧力が殻の強度の限界を超えると、大爆発を起こすのだ。 電子レンジとは相性の悪い卵とアルミホイルだが、この2つを使って電子レンジでゆで卵を作る裏ワザも存在する。 成功のポイントは水にあり.

次の

スマートメーターの電磁波測定とアルミホイルの遮蔽効果

電磁波 アルミ ホイル

Wi-Fi(無線LAN)の電波は四方八方に広がっていくため、家のどこにいてもインターネットに接続できる。 しかし、Wi-Fi(無線LAN)の親機を家の隅に設置している場合は、一方に広がるだけでよい。 そこで、「もう一方の電波を逆方向に反射させることで、電波強度を上げることはできないだろうか?」と考えてみた。 こうした方法としては、昔からよく段ボールにアルミホイルを貼りつけて電波を反射させる工夫が取り上げられる。 また、うまくいくかどうかは別として、アンテナにアルミホイルを巻き付けてアンテナの長さを延長し、電波強度を上げる工夫もある。 今回は実際にこれらを検証してみることにした。 ただ、当然のことながらメーカーが正式にサポートする方法ではない。 あくまでも一例であり、「やってみて電波強度が上がれば、めっけもの!」程度に思って欲しい。 さらに、アンテナは学術的に規格が決まっている。 「長いアンテナの方が、よく電波を拾うだろう。 (云々)」といった感覚だけの理論は通用しないのは承知の上だ。 本記事はやってみた事例という意味で見てほしい。 Wi-Fiの電波強度の検証環境は? 検証にあたっては、AndroidのスマホであるZenFone 2に、rというアプリをインストールして利用した。 アルミホイルを貼った段ボールを上から撮影。 親機はこの中に置く。 アンテナを囲むように段ボールを折り、内側に市販のアルミホイルを貼る• 設置は、写真のように角度を付ける• 開口部は、子機の方向に向ける• アンテナとアルミホイルの距離を変化させ、一番電波強度が上がる距離を探る• 開口部の方向や段ボールの角度も同様に変化させて、一番良い条件を探る• アルミホイルを貼った反射板は、ある程度の大きさが必要。 本例の場合は、高さ44cm、幅95cmにしてみた 電波強度が上がった検証例1 :少し古く小さめの機種の場合 まずは、小さめの親機で試してみた。 アンテナの長さは8. 5cmほど。 少々古い機種なので11nがなく、11gで計測する。 解説は、写真のキャプションを参照して欲しい。 大幅に電波強度が上がっている。 11acでアルミ箔がある場合。 11acの場合は差が小さいが、それでも電波強度の違いは判別できる。 以上の例は、かなり大きな反射板を使っている。 電波が不安定になった検証例:反射板を小さくした場合 前述の成功した検証は反射板が非常に大きく、現実問題として設置できる場所がかなり限られてくる。 自宅に先の反射板を常時置いておくのは、正直無理がある……。 そこで、反射板を小さくして検証してみることにした。 結論から言うと、以下のとおりだ。 反射板の向きや角度が非常にシビア。 少しでもずれると電波強度が落ちてしまう• 電波強度が、突然弱くなったり強くなったりしてしまう• 全く使えないことはないが、使えたり使えなかったりで不安定 アルミホイルをアンテナに巻き付けた結果(11nでの検証)。 装着前より、10db以上も落ちている。 というのは、アンテナにアルミホイルを巻き付けることは、シールドしていることと同じなので、電波を飛ばすのではなく、遮蔽してしまう。 どうしても、アンテナを延長したければ、本体を分解してアンテナ端子に直接新しいアンテナをつなぐ必要があるが、これは違法になる。 また、仮にアルミホイルがアンテナになったとしても、アンテナの作成には、電波の波長を考慮する必要があるので、伸ばしただけでは何の効果もないし、逆効果になる可能性が高い。 まとめ アルミホイルで電波を強くするためには、大きな反射板が必要となる。 部屋の広さなどの環境が許せば大きな反射板を試してみよう。 せまい環境、かつどうしても電波が弱く藁にもすがりたい方は、小さな反射板で試してみてもよいだろう。 今回の検証でも、不安定ながらときどき電波の強度が上がることもあった。 角度や形状を工夫することで改善する可能性も否定できない。 トライ&エラーで工夫してみるのもよいと思う。 【関連記事】•

次の