継父母 意味。 「義父母(義理の父母)」とはどんな意味?行政書士が家系図で解説!

続柄の意味や読みと書き方とは?父母や子と孫、配偶者と本人等一覧表

継父母 意味

そのため、継父は法律用語では 1親等の直系姻族とも呼ばれています。 直系について詳しく知りたい方はこちら 姻族について詳しく知りたい方はこちら 継父から見た自分 自分から見て「継父」になるということは、「継父」からみると自分の続柄はどのようになるでしょうか。 この場合、自分の続柄は「継子(けいし・ままこ)」となります。 継父は親族? 法律上、継父は親族にあたるのでしょうか。 民法では親族の定義を以下のように定めています。 【民法】 第4編「親族」 第1章「総則」 (親族の範囲) 第725条 次に掲げる者は、親族とする。 一 6親等内の血族 二 配偶者 三 3親等内の姻族 上記を確認すると、親族の定義に「3親等内の姻族」という文言があります。 先ほど解説をしたように、 継父は1親等の直系姻族となりますので親族に該当していることが分かりますね。 継父と結婚することは出来る? 「継父と結婚することは出来るか」という問題ですが、 継父と結婚することは出来ません。 民法では、直系姻族間の婚姻の禁止として以下を定めています。 【民法】 (直系姻族間の婚姻の禁止) 第735条 直系姻族の間では、婚姻をすることができない。 第728条又は第817条の9の規定により姻族関係が終了した後も、同様とする。 この条文によると、「直系姻族間」の婚姻は禁止されており、これは「姻族関係が終了した後も同様」とされています。 継父は1親等の直系姻族に該当しますので、たとえ姻族関係が終了したとしても結婚することが出来ないという事ですね。 その他の続柄 家系の中には、継父以外にも様々な続柄が存在しています。 続柄を知るとご先祖様との繋がりや遠い親戚との繋がりが鮮明に分かって楽しいですよ。 以下のリンクから存在している続柄を全て確認することが出来ます。 是非、ほかの続柄も確認してみてくださいね。 まとめ 今回は継父の意味について解説をしてきました。 親族と呼ばれる正確な理由や結婚することが出来ない理由など、まだ知らないことも少しはあったのではないでしょうか。 「継父」以外にも続柄の数は無数にありますので、是非この機会にたくさんの続柄を覚えてみてくださいね。

次の

義父と養父の違いとは?なるほど!なっとく!2つの違い

継父母 意味

A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) Q 皆様、こんにちは。 最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。 他にも『解任』などもあったりして どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。 gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。 『更迭』は他の人に変える事とでてきます。 これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか? なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。 よろしくお願い致します。 …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php? goo. php? …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php? A ベストアンサー 朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。 ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。 幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。 ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるということはほとんどなく、武士に言われるがままに任命していたわけですから、実権は武士の側にあったということになります。 wikipedia. ただ、今の天皇陛下も政治的な実権はまったくなくて象徴として存在しているわけなので、それとちょっと似ているというような説明は、できるかもしれませんね。 (今でも首相を任命するのは天皇と決まっています。 ただし天皇が首相を選ぶことはできず、国会が選んだ人を形式的に任命するだけです) 朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。 ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。 幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。 ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるという... Q 知識不足な上、長文の質問で申し訳ございません。 私には75歳の父と58歳の義理の母がおります。 父は私が学生の時に前妻と別れ、私は父方に残りました。 数年後、父は後妻を迎えました。 私は18歳年下の妹と2人姉妹で、妹は後妻と父の子、私は父の前妻の子となります。 今では姉妹2人とも嫁いで、それぞれの夫の籍に入っています。 一昨年わたしの実母が他界した際に、 戸籍上、私の母は実母になっていることを知りました。 (私が知識不足なだけで、普通はそうなのかもしれませんが・・・) 父の後妻と私は、当初からそりが合わず、 一緒に暮らしたこともありませんし、義理母も私のことを娘だとは思っていませんでした。 口も聞いていない状態が、20年以上も続いています。 それが、最近になって父の体調がよくないこともあり、自分の老後を心配しているようなのです。 妹だけに、自分の老後の世話や負担ををかけたくないと言っているのです。 私にも面倒をみる義務があると。 義理母の老後の面倒をみる義務というのは法律で定められているのでしょうか? もし、法律で定められているのであれば、私は義理母の面倒を見ないといけないのでしょうか? それとも、常識や気持ちの問題でしょうか? また、このような場合でも常識的には妹と私で負担することなのでしょうか? 私は万一、父が他界しても、財産などはもらうつもりがありません。 すべて、母と妹で分配すればよいと思っています。 父の老後の面倒は、父が望めば私も引き受けるつもりですが、 義理母の面倒だけはどうしても受け入れる事ができません。 私の実母は残念ながら一人で他界しました。 自分でも薄情な事を言っているように思います。 でもどうしても受け入れられずにいます。 皆さんのご意見を伺えればありがたいです。 知識不足な上、長文の質問で申し訳ございません。 私には75歳の父と58歳の義理の母がおります。 父は私が学生の時に前妻と別れ、私は父方に残りました。 数年後、父は後妻を迎えました。 私は18歳年下の妹と2人姉妹で、妹は後妻と父の子、私は父の前妻の子となります。 今では姉妹2人とも嫁いで、それぞれの夫の籍に入っています。 一昨年わたしの実母が他界した際に、 戸籍上、私の母は実母になっていることを知りました。 (私が知識不足なだけで、普通はそうなのかもしれませんが・・・) 父の後妻と私は... A ベストアンサー >戸籍上、私の母は実母になっていることを知りました。 >(私が知識不足なだけで、普通はそうなのかもしれませんが・・・) 普通はそうです。 例外はあなたが6歳未満で特別養子縁組したときだけです。 >義理母の老後の面倒をみる義務というのは法律で定められているのでしょうか? 【民法第730条 直系血族及び同居の親族は、互いに扶け合わなければならない。 】 お父様の後妻とあなたが養子縁組していれば直系血族(とみなされる)ので、同居別居にかかわらず扶養する義務があります。 養子縁組していなくても父の後妻とあなたは姻族一親等で親族には変わりないので、同居しているなら扶養する義務があります。 あなたは同居していないので扶養する義務はないことになります。 >法律で定められているのであれば、私は義理母の面倒を見ないといけないのでしょうか? 仮に同居していたとしても、民法第730条には罰則がありません。 親権や相続のような法的強制力がないのです。 例えば実子である異母妹さんが扶養義務を放棄してしまった場合でも罰せられませんし、その場合民生委員や役所の福祉課などがあなたに扶養の依頼をして来ることがありますが、もちろんあなたは断ることができます。 >また、このような場合でも常識的には妹と私で負担することなのでしょうか? 常識で言っても一緒に暮らしたこともない人を面倒看ることはありません。 扶養されてきた実子である妹さんが負担すべきです。 でも妹さんがそれを放棄して他に誰もしなければ、亡くなった時の後始末くらいは姻族としてするべきでしょう。 尚、お父様が先に亡くなった後で、後妻が「姻族関係終了届」というのを出してあなたとの姻族関係をも解消することができます。 あなたから出したいところでしょうがなぜか出せません。 で、もしこれが出されていた場合は姻族関係が切れますので全くの赤の他人、一切関わる必要はありません。 >戸籍上、私の母は実母になっていることを知りました。 >(私が知識不足なだけで、普通はそうなのかもしれませんが・・・) 普通はそうです。 例外はあなたが6歳未満で特別養子縁組したときだけです。 >義理母の老後の面倒をみる義務というのは法律で定められているのでしょうか? 【民法第730条 直系血族及び同居の親族は、互いに扶け合わなければならない。 】 お父様の後妻とあなたが養子縁組していれば直系血族(とみなされる)ので、同居別居にかかわらず扶養する義務があります。 養子縁組してい... A ベストアンサー 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。 それも「かかわる」でなく「かかる」です。 「人命に係 かか る問題」「係 かか り結び」など。 前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合 常用漢字の基準では 「係わる」でなく「かかわる」です。 結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。 漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。 ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。 漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。 一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的 「関わらない」「係わらない」 にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。 ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。 念のため。 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい... A ベストアンサー まず他のご回答にもあるように老齢年金受給資格要件では公的年金(国民年金、被用者年金)に25年以上の加入ですべての年金を加入年数に応じて受け取れます。 厚生年金1ヶ月の加入でも1か月分もらえます。 ご質問にある20年という区切りについては、 1)昔の厚生年金制度では20年で受給できるとしていたため、その当時の加入者に対する暫定措置として公的年金25年を満たさなくても受給できる経過措置 2)20年以上加入していた場合、年金を受給するときには配偶者の為に加給年金が受けられることがある ただしその配偶者は本人によって生計を維持されている必要があります。 (年金3号に入っているということは、扶養されているわけですから生計を維持されているとはみなされません) 3)20年以上加入していた人が障害をおった場合には障害厚生年金の受給が出来る。 (20年に満たない場合は加入者でなければ受給できない) 4)同じく遺族年金にも3)と同様、20年の境目があります。 大まかなところはこんなところです。 A ベストアンサー そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。 原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。 九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。 【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。 【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。 【十分】の発音はshi2fen1 【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。 【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。 としたいところです。 【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc) ついでに、 「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。 いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。 いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。 そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。

次の

続柄の意味や読みと書き方とは?父母や子と孫、配偶者と本人等一覧表

継父母 意味

養母の読み方 養母は「ようぼ」と読みます。 正式名称では「ようぼ」となりますが、日常では「おかあさん」と呼ぶことが多いのではないでしょうか。 養母の意味 養母とは 「養子縁組により親子関係にある母」という意味になります。 養子縁組により親子関係にある親のことを「養親」と呼びますが、特に女性に限定する呼び方が「養母」となります。 男性の養親の場合 養母は「自分と養子縁組により親子関係にある母親の養親」となりますが、「男性の養親」の場合はどのような呼び方になるでしょうか。 この場合は「養父(ようふ)」となりますね。 養子縁組とは 養子縁組とは血縁関係のない人物同士に法的に親子関係を生じさせる制度のことです。 養子縁組には以下の2つの種類があります。 普通養子縁組 一般的な養子縁組がこの「普通養子縁組」となります。 「契約型」とも呼ばれ、養親と養子になる者が縁組の契約を行うことにより成立をします。 普通養子縁組の場合は「実父母との親子関係は継続する点」がポイントとなります。 特別養子縁組 ある一定の条件を満たした場合にのみ認められる養子縁組が「特別養子縁組」です。 「決定型」とも呼ばれ、家庭裁判所による審判により縁組が成立します。 特別養子縁組の場合は「実父母との親子関係は終了する点」がポイントとなります。 養母から見た自分 自分から見て「養母」になるということは、「養母」からみると自分の続柄はどのようになるでしょうか。 この場合の自分の続柄は「養子」となります。 養子という言葉には男性も女性も含まれますが、特に女性に限る場合は「養女」が用いられます。 家系図で続柄を確認 続柄を家系図で確認してみることにしましょう。 下記の青色の続柄が「養母」となります。 そのため、養母は法律用語では1親等の直系血族とも呼ばれています。 直系について詳しく知りたい方はこちら 血族について詳しく知りたい方はこちら 養母は親族? 法律上、養母は親族にあたるのでしょうか。 民法では親族の定義を以下のように定めています。 【民法】 第4編「親族」 第1章「総則」 (親族の範囲) 第725条 次に掲げる者は、親族とする。 一 6親等内の血族 二 配偶者 三 3親等内の姻族 上記を確認すると、親族の定義に「6親等内の血族」という文言があります。 先ほど解説をしたように、 養母は1親等の直系血族となりますので親族に該当していることが分かりますね。 養母と結婚することは出来る? 「養母と結婚することは出来るか」という問題ですが、 養母と結婚することは出来ません。 民法では、近親者の婚姻の禁止として以下を定めています。 【民法】 (近親者間の婚姻の禁止) 第734条 直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない。 この条文によると、「直系血族」と「3親等内の傍系血族」の間では結婚をすることが出来ないことがわかります。 養母は1親等の直系血族となりますので、結婚することが出来ないという事ですね。 その他の続柄 家系の中には、養母の他にも様々な続柄が存在しています。 続柄を知るとご先祖様との繋がりや遠い親戚との繋がりが鮮明に分かって楽しいですよ。 以下のリンクから存在している続柄を全て確認することが出来ます。 是非、ほかの続柄も確認してみてくださいね。 まとめ 今回は養母の意味について解説をしてきました。 親族と呼ばれる正確な理由や結婚することが出来ない理由など、まだ知らないことも少しはあったのではないでしょうか。 「養母」以外にも続柄の数は無数にありますので、是非この機会にたくさんの続柄を覚えてみてくださいね。

次の