聖書 に 由来 する 言葉 は。 聖書に由来する言葉は?【ことば検定】 答え林修

聖書由来の言葉「目からうろこ」「狭き門」「笛吹けども踊らず」「豚に真珠」「地の塩」

聖書 に 由来 する 言葉 は

有名な聖書の言葉 有 名 な 聖 書 の こ と ば ことわざや名言にもなっている、聖書の中の有名な言葉について解説します。 「人はパンのみにて生くるにあらず。 」 (マタイ福音書4:4、ルカ福音書4:4) この言葉は、「人の生くるはパンのみによるにあらず」(現行文語訳聖書)とも訳されていますが、いずれにしろ文語体です。 口語訳では「人はパンだけで生きるものではない」(新共同訳聖書)となっています。 文語体のほうが何か重みを感じますね。 さて、この言葉は、イエスさまが世の中に神の国の福音を宣べ伝える前に、荒野に行かれて40日間の断食をなさったできごとの中で出てきます。 そこで悪魔がイエスさまに語りかけて、神に従う道を歩ませまいと働きかけました。 その中で、悪魔はイエスさまに「もしあなたが神の子であるなら、これらの石がパンになるように命じてごらんなさい」と誘ったのです。 40日間の断食といえば、ほとんど人間の限界に近い断食です。 食べなければ死んでしまうような極限状態です。 しかし荒野には何も生えておらず、もちろん人もいないし店もありません。 しかし石ころならゴロゴロしています。 「あなたが神の子ならば、この石をパンに変えることは朝飯前でしょう。 なるほど、と思わせます。 イエスさまが神の子であるならば、本当にそうすれば良いように思われます。 しかしここに悪魔の大きなワナがありました。 もし本当に、イエスさまが石をパンに変えて食べて生き延びたとしたら、イエスさまという方は我々とは縁遠い方だということになるでしょう。 わたしたちは、石をパンに変えることができないのですから。 この悪魔の誘惑に対して、イエスさまは標記の言葉をおっしゃったのです。 そしてこれは旧約聖書の言葉の引用です。 旧約聖書の申命記8章3節にこのように書かれています。 」 まだ解説は途中ですが、長くなりましたので、結論にいきます。 一般に言われている、「人間というものは食べたり飲んだりすることだけで生きるものではなく、文化的・精神的なことを目的として生きるものである」という解釈は、ちょっと誤解であるということになりますね。 「正しい者は七たび倒れても、また起き上がる。 」 (箴言24:16) これは私は、「七転び八起き」ということわざのルーツであると思っていますが、違うでしょうか。 上記の聖句は新共同訳聖書では「神に従う人は七度倒れても起き上がる」と訳されています。 聖書においては、「正しい人」=「神に従う人」ですから、そのように訳しているのでしょう。 七度も転んだら、さすがに落ち込み、立ち上がって前向きに生きる気力もなくなりそうですが、神さまが助けてくださるから、また希望を持っておき上がることができるという意味です。 「剣を取る者は、剣で滅びる」 (マタイ福音書26:52) 暴力や武力によって解決をすることを否定する言葉ですね。 歴史を見ても、武力で次々と諸国を制圧した国が武力によって滅ぼされたということが繰り返されています。 また、暴力で人を屈服させていた人が、暴力によってひどい目に遭うということがあるものです。 聖書では、イエスさまがイエスさまを憎む者たちの手によって、捕らえられようとする時に、この言葉が語られました。 イエスさまを捕らえようとする人々に向かって、イエスさまの弟子のペテロが剣を抜いて斬りつけたのです。 それに対してイエスさまが、標記のように語られたのです。 そしてイエスさまは、従順に捕らえられ、十字架へとかけられていきました。 これは、一見イエスさまの敗北のように見えました。 しかしその十字架にかけられて、死んだイエスさまが、三日目に墓からよみがえったことによって、勝利を得たのであることが明らかとなったのです。 暴力に暴力で対抗するのではなく、全能の力を持つ神さまにお任せするよう、招く言葉です。 「目からウロコ」 (使徒行伝9:18) 一般には、今まで分からなかったことが、すっきりと分かったり、迷い悩んでいたことの解決が与えられたりしたような時に使われる言葉です。 これも聖書から出たことわざなんですね。 正確に言うと、「目からうろこ」ではなくて、「目からうろこのような物」なんですが。 キリスト教会を目に敵にして、激しく迫害していたサウロ(パウロ)という人が、路上で天から光の中に現れたキリストと出会うのです。 そして目が見えなくなってしまいました。 その後、サウロのところに、キリスト教会のアナニアという人が来て、イエスさまの名によってサウロの上に手を置くと、「たちまち目からうろこのような物が落ち、サウロは元通り見えるようになった」(使徒9:18)とあります。 そして、今までキリスト教会を迫害していたサウロが、180度人生の転換をして、キリストの伝道者となりました。 サウロは、キリストと出会うことによって、今までの自分の過ちに気がつき、目からうろこが落ちて、新しい生き方へと変えられた、ということになりますね。 「ハレルヤ」 (詩編106:1、150:1、黙示録19:1、など) 「ハレルヤ」という言葉は、ゴルペルはもちろんのこと、キリスト教の歌ではなくても、ポップスなどのいろいろな歌でも使われるようになりました。 「ハレルヤ」とは、「主(神)をほめたたえよ」という意味のヘブライ語です。 主をほめたたえる。 これは聖書が指し示している、わたしたちがするべきことです。 神に感謝をし、祈りをする。 神をほめたたえて賛美を歌う。 神をほめたたえて礼拝する。 それが私たちのなすべきことであることを、聖書は教えています。 神が、私たち人間が、神をほめたたえて、神から力を与えられ、感謝して生きること。 それが神の願いだからです。 「豚に真珠」 (マタイによる福音書7:6) これは「猫に小判」と並んで、有名なことわざになっています。 聖書原文では、「聖なるものを犬にやるな。 また真珠を豚に投げてやるな。 恐らく彼らはそれらを足で踏みつけ、向きなおってあなたがたにかみついてくるであろう」となっています。 聖書を犬に与えても読んで悟ることができません。 豚に真珠のような高価なものを与えても、その値打ちを理解することができません。 そのように、人が犬や豚のような状態になっている時に、聖書の教えを説いてもムダであるということになります。 このような話を聞くと、「豚とはあの人のことだ」と、他人を見下してしまいがちになります。 しかしまさに、そのように他人を見下す、その心が豚のような状態なのです。 ですからこの言葉は、他人を裁くための言葉ではなく、自分を省みるための言葉なのです。 「明日のことを思いわずらうな。 明日のことは、明日自身が思いわずらうであろう。 」(マタイによる福音書6:34) イエス・キリストの「山上の説教」と呼ばれる有名な説教の中の言葉です。 いろいろな心配事があります。 生きる希望がなくなってしまいます。 このキリストの言葉は、あなたが心配しなくても、ちゃんと神様が心配していて下さると言うのです。 神様は、1羽の鳥さえも、自然の中で養っていて下さる。 たった1羽の鳥でも、心配して下さる神様は、あなたのことも心配して下さるし、生きていけるように道を用意していて下さるというのです。 「敵を愛し、迫害するもののために祈れ。 」(マタイによる福音書5:44) たとえば「世界中の人を愛する」と言うことは簡単なことかもしれません。 自分に直接関係のない人を愛するのですから。 しかし「あなたの敵、あなたにいやなことをする人、いつもあなたを困らせる人、あなたをひどい目に合わせる人を愛しなさい。 」と言われたら、簡単なことではないのではないでしょうか。 その憎い人のことを思い出すと、とても「愛する」ことなどできません。 無理です。 しかしこの言葉は、天の父なる神さまは、いやな人でも憎い人にも、雨を降らせ、太陽を昇らせているというのです。 この言葉は、自分であなたの敵に復讐したり、仕返しをしたりしないで、神さまに任せなさい、ということです。 神様がちゃんと良いようにして下さる。 だから、あなたはあなたの敵に親切にしてあげればいいのだ、というのです。 「一粒の麦が地に落ちて死ななければ、それはただ一粒のままである。 しかし、もし死んだなら、豊かに実を結ぶようになる。 」(ヨハネによる福音書12:24) もともとは、キリスト・イエスが十字架に向かっていくときの言葉です。 イエスさまが十字架にかかる前は、誰ひとりとしてその本当の意味を理解しませんでした。 誰も分からなかったのです。 しかし、イエスさまはそういう無理解の中を、十字架へと向かいました。 そして十字架でイエスさまが死ぬことによって、初めて豊かな実を結ぶことになると言うのです。 十字架でのキリストの死によって、逆に多くの人を救い、生かすことになる。 そのキリストの十字架の結末のことを言っているのです。 それが転じて、ある未開拓の分野の目的のために生涯をささげ、生前は理解されないままに終わったが、後にそれが評価されて、多くの人々に影響を与えることを言うようになりました。 「目には目、歯には歯」(申命記19:21、出エジプト記21:24、レビ記24:21) 旧約聖書の「モーセの律法」と呼ばれるものの中の言葉です。 この意味は、誰かと争って相手を傷つけた時に、相手が傷ついたのと同じだけのダメージを自分も負わなければならないというものです。 つまり、相手の「目」に傷を負わせたなら、傷を負わせた方の目を同様に傷つける。 またそれが、相手の歯を折ったならば、折った人の歯を折る、というものです。 そういう刑事罰が課せられたのです。 一見残酷なようですが、よく考えると、それ以上の復讐をさせないと言う点では、よくできている刑法だということもできます。 つまり、目を傷つけられたからといって、相手を殺してしまってはならないのです。 さて、この刑法について、イエス・キリストは次のようにおっしゃいました。 "『目には目を、歯には歯を』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。 しかし、わたしはあなたがたに言う。 悪人に手向かうな。 もし、だれかがあなたの右の頬を打つなら、ほかの頬をも向けてやりなさい。 あなたを訴えて、下着を取ろうとする者には、上着をも与えなさい。 "(マタイ5:38-40)。 キリストは、復讐をやめて、かえって相手によくしてやれというのです。 そうして、自分で復讐しないで、復讐は神に任せるべきことを説きました。 こうして、人が憎しみから解放される道を開いたのです。 「求めよ、そうすれば、与えられるであろう。 」(マタイによる福音書7:7) 文語聖書の「求めよ、さらば与えられん」という言葉のほうが有名でしょうね。 この言葉には続きがあります。 "求めよ、そうすれば、与えられるであろう。 捜せ、そうすれば、見いだすであろう。 門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。 すべて求める者は得、捜す者は見いだし、門をたたく者はあけてもらえるからである。 あなたがたのうちで、自分の子がパンを求めるのに、石を与える者があろうか。 魚を求めるのに、へびを与える者があろうか。 このように、あなたがたは悪い者であっても、自分の子供には、良い贈り物をすることを知っているとすれば、天にいますあなたがたの父はなおさら、求めてくる者に良いものを下さらないことがあろうか。 " 求めても与えられないことが、この世の中には多いものです。 しかし天の父なる神さまはそうではないというのです。 神に向かって求めれば与えられるし、捜すものは見出すし、門をたたく者は開けてもらえるというのです。 しかも「すべて」の人が。 不思議な感じがします。 もちろん、神さまというものが、何でも望みが叶う魔法のランプのような方であるというのではありません。 それは我が子を本当に愛する父のように、「良いものを」くださるのです。 子を愛する親は、子に与えてはいけない物を知っています。 しかしその子にとって本当に必要な、「良いもの」は必ず与えて下さると約束しているのです。

次の

刀に由来する言葉は?【ことば検定】 答え林修

聖書 に 由来 する 言葉 は

次のうち、聖書の中の記述に 由来する言葉を1つ選びなさい 手の内 目からうろこ(答)『新約聖書』使徒行伝 一炊の夢 『枕中記』(ちんちゅうき) 狭き門(答)『新約聖書』マタイ福音書 笛吹けども踊らず(答)『新約聖書』マタイ伝 血は水よりも濃い 火中の栗を拾う 『寓話集』 幸運の女神には前髪しかない 「カイロス」神由来? 「幸運の女神は前髪しかない」から「カルペ・ディエム」を連想したので合わせて復習しましょう。 [補説]文化庁が発表した平成19年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「目から鱗が落ちる」を使う人が80. 6パーセント、本来の言い方ではない「目から鱗が取れる」を使う人が8. 7パーセントという結果が出ている。 大辞林 第三版の解説 せまきもん【狭き門】 ジードの小説。 1909年刊。 従弟に対する恋を犠牲にして,ひたすら禁欲的な信仰の中で短い生涯を閉じた女性アリサの魂の悲劇を描く。 「競争率五〇倍の-」 躍らせようとして笛を吹いても、誰も踊り出さないという意から、人に何かをさせようとしてあれこれと準備を整えても、相手がそれに応じないことをいう。 『新約聖書・マタイ伝・十一章』に「僕たちは君たちのために笛を吹いたのに踊ってくれなかった。 葬式の歌を歌ったのに、悲しんでくれなかった」とあるのに基づく。 「笛吹けど踊らず」とも。 邯鄲の枕(かんたんのまくら)は、唐の沈既済の小説『枕中記』(ちんちゅうき)の故事の一つ。 多くの派生語や、文化的影響を生んだ。 黄粱の一炊、邯鄲の夢など多数の呼び方がある。 >同義の日本の言葉としては「邯鄲夢の枕」、「邯鄲の夢」、「一炊の夢」、「黄粱の夢」など枚挙に暇がないが、一つの物語から多くの言い回しが派生、発生したことからは、日本の文化や価値観に長い間影響を与えたことが窺い知れる。 現在ではほとんどの言葉が使われる事がなくなっているが、「邯鄲の夢」は人の栄枯盛衰は所詮夢に過ぎないと、その儚さを表す言葉として知られている。 血は水よりも濃い(ちはみずよりもこい)は、ことわざの一つ。 「血は水よりも濃し」「水は血にならない」ともいう。 血の繋がった血縁者同士の絆は、どれほど深い他人との関係よりも深く強いものであるということ。 >親子・兄弟姉妹などの血縁のある間柄は、他人よりも絆が強いことの喩え[1]。 英語では同様の意味の諺としてBlood is thicker than waterがある。 元は「刻む」という意味の動詞に由来しているという。 キオスの悲劇作家イオーンによれば、ゼウスの末子とされている。 カイロスの風貌の特徴として、頭髪が挙げられる。 後代での彼の彫像は、前髪は長いが後頭部が禿げた美少年として表されており、「チャンスの神は前髪しかない」とは「好機はすぐに捉えなければ後から捉えることは出来ない」という意味だが、この諺はこの神に由来するものであると思われる。 また、両足には翼が付いているとも言われている。 オリュンピアにはカイロスの祭壇があった。 その日を摘め(そのひをつめ、ラテン語: Carpe diem、カルペ・ディエム)は、紀元前1世紀の古代ローマの詩人ホラティウスの詩に登場する語句。 「一日の花を摘め」、「一日を摘め」などとも訳される。 ホラティウスは「今日という日の花を摘め」というこの部分で、「今この瞬間を楽しめ」「今という時を大切に使え」と言おうとしている。 「Carpe」は、「(花などを)摘む」を意味する「carpo」の命令形であり、「Diem」は「日」を意味する「dies」の対格で目的語となる。

次の

新約聖書

聖書 に 由来 する 言葉 は

著者、ハードン氏はに米軍の従軍記者として、ヨーロッパではノルマンディー作戦に、太平洋戦域ではグアム・レイテ・沖縄の三大作戦に参加し、幅広い従軍記者活動をし、多くの著作を残したベテラン記者である。 ハードン氏自身はアドベンチストではなかったが、デズモンド・ドスと同じ歩兵第七十七師団に属し、ドスとは親しく行動を共にした間柄であった。 彼は軍隊内におけるドスの信仰と勇気と献身にみちた生活から常にはげましと勇気を得ていたということである。 本書に転載されたのは、「比類なき英雄」 The Unlikeliest Hero. by Booton Herndon. Press Publishing Association 1967 の第五章、「ある多忙な」 One Busy Sabbath 94-126 で、最大の戦闘における、看護兵ドスを描いた部分を日本訳したものである。 ドスがはじめて軍隊に召集された時、銃を持つことを拒否したので彼の上官は卒倒せんばかりに驚いた。 仲間の兵隊たちも彼を怠け者扱いにし、夜になるベッドのそばにひざまずいて祈っているドスめがけて靴を投げて彼を困らせた。 この内気な青年は、軍隊ではおおよそ役立たずの人間とみなされて、二回も兵役から解任されそうになった。 しかし、その後、太平洋のグアム、レイテ及び沖縄の三大激戦において彼は、彼の戦友たちと祖国のために働いたのである。 ドスは沖縄の戦闘で少なくとも七十五名の負傷者の生命を助けた。 彼は砲火によって全焼した断崖の上に唯一人残って、負傷した兵たちを一人づつ崖から縄でつりおろして救助兵たちの手にわたした。 ドスは自分の行為が一般に公表されることを望まなかったので、長い間、公開を辞退し続けてきた。 しかし、戦後二十二年たって、教会の信徒たちの熱心な要請と勧めによって、太平洋三大激戦を通じて神がドスの生命を助けて下さったことを公に感謝するという意味で、本書の出版に同意したのである。 Dugon.

次の