明治天皇 側室。 明治天皇とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

大正天皇とは?誕生日や死因、知的障害の嘘や子供について解説!

明治天皇 側室

年表 西暦(年齢) 1852年(1歳)京都・中山忠能邸に生まれる(幼名、 祐宮 さちのみや)。 1856年(5歳)宮中に参内する。 1860年(9歳)親王宣下。 睦仁の諱を賜る。 1866年(15歳)孝明天皇崩御 1867年(16歳)践祚の儀。 大政奉還。 王政復古の大号令。 1868年(17歳)鳥羽・伏見の戦い。 五箇条の御誓文発布。 即位の大礼。 元号が明治となる。 東京奠都(てんと)。 一条美子入内の儀。 1872年(21歳)九州・西国巡幸 1876年(25歳)奥羽・函館巡幸 1878年(27歳)北陸・東海道巡幸 1879年(28歳)明宮嘉仁親王(後の大正天皇)誕生 1881年(30歳)北海道・東北巡幸 1885年(34歳)内閣制度開始 1889年(38歳)大日本帝国憲法公布 1894年(43歳)日清戦争勃発 1895年(44歳)日清講和条約調印 1902年(51歳)日英同盟協約締結 1904年(53歳)日露戦争勃発 1905年(54歳)日露講和条約調印 1910年(59歳)韓国併合 1912年(61歳)崩御。 大喪の儀。 明治天皇の生涯簡単まとめ 明治天皇は、第121代孝明天皇と中山 慶子 よしことの間に誕生しました。 幼名は 祐宮 さちのみやといいます。 若くして幕末の動乱に巻き込まれる 誕生地は母方の祖父で権大納言・中山 忠能 ただやすの屋敷でしたが、 5歳になった祐宮は宮中に参内し、以後は 禁裏 きんり御所内で暮らすことになります。 その後、英照皇太后(孝明天皇の正室)の実子として育てられました。 また9歳になると 立太子宣下 りったいしせんげの儀が行われ、 睦仁 むつひとという 諱 いみなを賜り、皇太子となります。 そして15歳の頃、父の孝明天皇が37歳という若さで 崩御 ほうぎょ。 翌月には 践祚 せんそ(皇位を継ぐこと)しています。 またその頃、薩摩・長州と公家たちが連携し、時代は倒幕へと勢いづきました。 すると時の将軍・徳川慶喜は、朝廷に 大政奉還を申し出ます。 そして対する討幕派は 王政復古の大号令を発し、 新政権樹立を宣言しました。 日清・日露戦争 大日本帝国憲法第11条により、天皇は 統帥権 とうすいけん(軍隊の指揮統率)を持ちました。 そのため 日清戦争が起こると、広島に置かれた大本営で指揮を取るため、およそ7カ月滞在しています。 ですが明治天皇自身は 開戦に反対でした。 またそれから10年後、 日露戦争が起こります。 しかしこのときも、天皇自身は戦争に反対しています。 さて、日露戦争で活躍した人物といえば、陸軍の 乃木希典と海軍 東郷平八郎です。 一時は二人とも司令官の座から外そう、という話が持ち上がったことがあります。 ですが明治天皇は、二人の続投を支持しました。 崩御 日露戦争が終わって7年、明治天皇は 心臓麻痺によって崩御(享年61歳)。 それから2ヵ月が立ち、 大喪 たいそうの儀(天皇の葬儀)が行われました。 この夜、乃木希典が妻とともに殉死しています。 明治天皇にまつわるエピソードや伝説 それでは、明治天皇にまつわる有名なエピソードを3つご紹介します。 歴代天皇として初めてアレを見た 歴代天皇として初めて、 太平洋と 富士山を見たのは明治天皇です。 意外かもしれませんが、歴代天皇は 京都の外へ出ることは、ほぼなかったからです。 1868年9月、明治天皇は京都から東京へと出発しました。 岩倉具視や木戸孝允らを含む三千人以上の者たちを連れて、東海道を進みます。 10月には浜名湖近く、 白須賀 しろすか宿の汐見台から太平洋を、 さらに大井川の金谷台からは富士山を見ています。 その時、明治天皇は数え年でも17歳。 初めてみる景色に、心躍らせたのではないでしょうか。 崇徳上皇の祟りを恐れた? かつて、天皇家を呪いながら亡くなった人がいます。 呪っていたのはこともあろうか、天皇家出身の 崇徳 すとく上皇です。 崇徳上皇は保元の乱(1156年)で敗れ、讃岐に流された人物。 配流先で行った写経を寺に納めて欲しいと、後白河天皇のもとへ送りました。 しかし後白河天皇は、呪いが込められているのではないか、と受け取りを拒否したのだとか。 すると崇徳上皇は 大激怒。 舌を噛み、返された経文に血で呪いの言葉を書いたそう。 さらに食事を拒み、髪や爪も伸ばし放題。 そして 天皇家に対する呪いの言葉を唱え続けて亡くなったということです。 おおお……。 さて、するとどうでしょう。 崇徳上皇の死後、平氏政権が誕生し、さらに源頼朝が鎌倉幕府を開いています。 朝廷が武士に政権を奪われたのです。 これは 崇徳上皇の呪いだ、と当時の人びとは信じていたようです。 それから約700年後、ようやく政権が幕府から天皇に移ることに。 そこで明治天皇は 崇徳上皇の命日に、香川県の墓所に 勅使 ちょくし(天皇が送る使者)を派遣。 上皇の祟りを鎮め、 自身の政権を守ってもらえるように祈願したということです。 質素倹約の精神 明治天皇の普段の生活ぶりは、 とにかく質素だったことをご存じでしょうか。 鉛筆はどんなに短くなっても、使えるまで使い、 靴も新品ではなく、古いものをわざわざ修理して履き続けました。 また書類などを分類する箱も、三越で購入したシャツの 空き箱を使っていたのだとか。 さらには大正天皇の皇太子時代に完成した東宮御所を見て、 明治天皇は「贅沢だ」と不機嫌になったそうです。 設計者の片山 東熊 とうくまは、これに大変ショックを受けたといわれています……。 そんな東宮御所は現在、「迎賓館赤坂離宮」として一般公開されています。 かわいそうな東熊の大作を、ぜひ一度はご覧になってくださいね。 きょうのまとめ 今回は明治天皇の生涯について、簡単にご紹介しました。 明治天皇とは?.

次の

明治天皇には皇后の他に側室が7人もいた!?

明治天皇 側室

妻や子供の人数は何人? 竹田恒泰氏は玄孫で、東久邇稔彦元総理との関係? 明治天皇といえば 日本史の教科書でおなじみの 威厳のある肖像を 思い浮かべる方は 多いですが、 明治天皇は 写真が嫌いだった、 とも伝えられており、 その素顔はもちろん、 人柄や性格をしめす エピソードなど、 あまり知られていませんね。 明治天皇が崩御された、 明治45年といえば、 すでに100年以上も 昔のことですから、 無理もないかもしれません。 この記事では 歴史上の人物としての 明治天皇の実像にせまるため、 妻や子供といった、 ご家族の話題や家系図について、 見ていきたいと思います。 明治天皇の「妻は何人か?」ということから… それでは 明治天皇の 「妻」はどういった方か といったことから、 確認していきます。 はじめに 明治天皇は、 嘉永5年 1852年 の生まれであり、 現代のように 一夫一婦制がとられる 現代の皇室とは違い、 側室が何人もいる、 という時代の方です。 ということなので まずは 明治天皇の妻は何人か、 といったことを 見ていきます。 明治天皇の「妻」の人数は6人 明治天皇の妻は、 皇后である、 一条美子さま 昭憲皇太后 のほか、 5人の側室がいました。 ということですので、 明治天皇の妻の人数は 6人ということになります。 明治天皇の妻について、 一覧にすると、 このようになります。 皇后:一条美子 昭憲皇太后 1849-1914 左大臣・一条忠香三女 側室:葉室光子 権大納言・葉室長順次女 :橋本夏子 大納言・橋本実麗娘 :柳原愛子 権中納言・柳原光愛次女 :千種任子 右近衛権少将・千種有任長女 :園祥子 右近衛権中将・園基祥次女 明治天皇の妻は、公家の娘さん 明治天皇の皇后である、 一条美子さま 昭憲皇太后 は、 公家の名門である、 五摂家のひとつ、一条家の娘さんです。 明治天皇の5人の側室も 全員が 公家の娘さんで、 明治時代には 華族に列せられ、 伯爵や子爵となった 名門家系の出身です。 明治天皇の 5人の側室は、 「権典侍」「典侍」といった身分であり、 皇族ではなく、 明治天皇の妻のうち、 皇族身分の方は、 美子さま 昭憲皇太后 だけです。 明治天皇の子供は何人? それから 明治天皇の妻の話題から、 子供は何人か といったことを 整理して見ていきましょう。 明治天皇の子供は、 それぞれの妻とのあいだに、 これだけの人数の、 子供がいました。 皇后:一条美子 昭憲皇太后 0人 側室:葉室光子 1人 :橋本夏子 1人 :柳原愛子 3人 :千種任子 2人 :園祥子 8人 明治天皇は、 皇后だった、 美子さまとのあいだには 子供はなく、 15人の子供は すべて側室とのあいだの 子供です。 5男10女に 恵まれた 明治天皇でしたが、 1歳、2歳にして、 幼くしてなくなった子供が多く、 成人するまで 成長した子供の人数は わずか5人でした。 明治天皇の成長した唯一の息子が、大正天皇 明治天皇の子供のうち、 成長した 5人の子供は、 1人が 柳原愛子の子供で、 4人が 園祥子の子供です。 柳原愛子の子供は、 息子さんで、 この子がのちの、 大正天皇となられました。 明治天皇の四人の娘さんたち そして 園祥子の4人の子供は、 全員が娘で、 それぞれが 皇族と結婚しています。 明治天皇の子孫については、 現代の皇室につづく、 大正天皇の子孫の家系は、 よく知られているので、 明治天皇の 4人の娘さんたちの 子孫や家系図について、 詳しく見ていきましょう。 明治天皇の娘さんたちは、竹田宮ら皇族と結婚 明治天皇の 4人の娘さんたちは、 全員が皇族と結婚しています。 第六皇女:昌子内親王(1888-1940) 竹田宮恒久王と結婚 第七皇女:房子内親王(1890-1974) 北白川宮成久王と結婚 第八皇女:允子 のぶこ 内親王(1891-1933) 朝香宮鳩彦王と結婚 第九皇女:聡子 としこ 内親王(1896-1978) 東久邇宮稔彦王と結婚 竹田宮家、北白川宮家、 朝香宮家、東久邇宮 ひがしくにのみや 家は、 戦後は 民間人になった家系ですので、 現代では なじみのない名前かもしれませんが、 戦前は 皇族だった家系です。 明治天皇の玄孫、竹田恒泰さんの家系は? 明治天皇の子孫として よくメディアに登場している、 竹田恒泰さんは、 竹田宮恒久王と、昌子内親王の 曾孫にあたり、 つまり 明治天皇の玄孫 やしゃご 、 ということになります。 また、 竹田恒泰さんの 父親のJOC会長・竹田恒和さんは 明治天皇の曾孫、 ということになりますね。 明治天皇の娘の一人は、東久邇稔彦元総理と結婚 そして、 明治天皇の九女にあたる、 聡子内親王は、 戦後総理大臣をつとめた、 東久邇稔彦 ひがしくになるひこ 元総理と、 結婚しています。 東久邇稔彦 ひがしくになるひこ 元総理は、 家系図上で見ると、 明治天皇の娘婿という立場ですが、 同時に、 昭和天皇の皇后だった、 香淳皇后の父親である 久邇宮邦彦親王の弟 つまり叔父 、 という立場でもあります。 東久邇稔彦元総理は、 きわめて皇室に近い方なのですね。 東久邇稔彦の妻や子供、子孫は? それでは、 東久邇稔彦元総理と、 明治天皇の皇女、 聡子内親王の子孫について 見ていきましょう。 簡単に 整理すると、 このようになります。 ・東久邇宮稔彦王 明治20、久邇宮朝彦親王第九男子 東久邇宮家を創立 陸軍大将 第43代内閣総理大臣 妃・聡子(としこ)さま 明治29、明治天皇第九皇女 第一男子・盛厚王 大正5 第二男子・師正王 大正6 第三男子・彰常王 大正9 粟田侯爵家を創立し粟田彰常さんと名乗る 第四男子・俊彦王 昭和4 多羅間キヌさん サンパウロ総領事・多羅間鉄輔氏夫人 の養子となる 明治天皇の孫は、明治天皇の曾孫と結婚? そして 東久邇稔彦元首相の長男、 盛厚王 戦後は東久邇盛厚さん は、 昭和天皇の第一皇女である、 成子 しげこ 内親王と結婚しています。 つまり、 東久邇盛厚さんは、 明治天皇の孫にあたるわけですが、 妻も、 明治天皇の曾孫 ということになるのですね。 東久邇盛厚さんは 妻である成子さんとのあいだに、 5人の子供がいました。 明治天皇の曾孫や玄孫、子孫は…? 東久邇盛厚さんの長男、 東久邇信彦さんは 昭和20年生まれ。 慶應義塾大学法学部卒業後、 三井銀行に勤務していました。 東久邇信彦さんは、 父方から見ると明治天皇の曾孫で、 母方から見ると明治天皇の玄孫、 ということになります。 東久邇信彦さんは、 横浜市で アパート、駐車場経営をいとなむ、 島田家の娘さんである、 島田吉子さんと結婚し、子供を授かり、 長男である 東久邇家の当代は、 1973年生まれの 東久邇征彦さんといいます。 明治天皇の娘さんの子孫は、 これまで あまりメディアでは 扱われることが少なかったのですが、 最近では 何かと話題になることも多くなりました。 というわけで、 明治天皇の子供たちの人数や子孫といった、 ご家族、家系図に関することを 見てきました。 最近の投稿• アーカイブ アーカイブ カテゴリー• 1,738• 131• 142• 974• 111• 145• 204• 87 メタ情報•

次の

白粉(おしろい)と明治天皇 : 普通でない普段 Unusualness of Usual Days

明治天皇 側室

年表 西暦(年齢) 1852年(1歳)京都・中山忠能邸に生まれる(幼名、 祐宮 さちのみや)。 1856年(5歳)宮中に参内する。 1860年(9歳)親王宣下。 睦仁の諱を賜る。 1866年(15歳)孝明天皇崩御 1867年(16歳)践祚の儀。 大政奉還。 王政復古の大号令。 1868年(17歳)鳥羽・伏見の戦い。 五箇条の御誓文発布。 即位の大礼。 元号が明治となる。 東京奠都(てんと)。 一条美子入内の儀。 1872年(21歳)九州・西国巡幸 1876年(25歳)奥羽・函館巡幸 1878年(27歳)北陸・東海道巡幸 1879年(28歳)明宮嘉仁親王(後の大正天皇)誕生 1881年(30歳)北海道・東北巡幸 1885年(34歳)内閣制度開始 1889年(38歳)大日本帝国憲法公布 1894年(43歳)日清戦争勃発 1895年(44歳)日清講和条約調印 1902年(51歳)日英同盟協約締結 1904年(53歳)日露戦争勃発 1905年(54歳)日露講和条約調印 1910年(59歳)韓国併合 1912年(61歳)崩御。 大喪の儀。 明治天皇の生涯簡単まとめ 明治天皇は、第121代孝明天皇と中山 慶子 よしことの間に誕生しました。 幼名は 祐宮 さちのみやといいます。 若くして幕末の動乱に巻き込まれる 誕生地は母方の祖父で権大納言・中山 忠能 ただやすの屋敷でしたが、 5歳になった祐宮は宮中に参内し、以後は 禁裏 きんり御所内で暮らすことになります。 その後、英照皇太后(孝明天皇の正室)の実子として育てられました。 また9歳になると 立太子宣下 りったいしせんげの儀が行われ、 睦仁 むつひとという 諱 いみなを賜り、皇太子となります。 そして15歳の頃、父の孝明天皇が37歳という若さで 崩御 ほうぎょ。 翌月には 践祚 せんそ(皇位を継ぐこと)しています。 またその頃、薩摩・長州と公家たちが連携し、時代は倒幕へと勢いづきました。 すると時の将軍・徳川慶喜は、朝廷に 大政奉還を申し出ます。 そして対する討幕派は 王政復古の大号令を発し、 新政権樹立を宣言しました。 日清・日露戦争 大日本帝国憲法第11条により、天皇は 統帥権 とうすいけん(軍隊の指揮統率)を持ちました。 そのため 日清戦争が起こると、広島に置かれた大本営で指揮を取るため、およそ7カ月滞在しています。 ですが明治天皇自身は 開戦に反対でした。 またそれから10年後、 日露戦争が起こります。 しかしこのときも、天皇自身は戦争に反対しています。 さて、日露戦争で活躍した人物といえば、陸軍の 乃木希典と海軍 東郷平八郎です。 一時は二人とも司令官の座から外そう、という話が持ち上がったことがあります。 ですが明治天皇は、二人の続投を支持しました。 崩御 日露戦争が終わって7年、明治天皇は 心臓麻痺によって崩御(享年61歳)。 それから2ヵ月が立ち、 大喪 たいそうの儀(天皇の葬儀)が行われました。 この夜、乃木希典が妻とともに殉死しています。 明治天皇にまつわるエピソードや伝説 それでは、明治天皇にまつわる有名なエピソードを3つご紹介します。 歴代天皇として初めてアレを見た 歴代天皇として初めて、 太平洋と 富士山を見たのは明治天皇です。 意外かもしれませんが、歴代天皇は 京都の外へ出ることは、ほぼなかったからです。 1868年9月、明治天皇は京都から東京へと出発しました。 岩倉具視や木戸孝允らを含む三千人以上の者たちを連れて、東海道を進みます。 10月には浜名湖近く、 白須賀 しろすか宿の汐見台から太平洋を、 さらに大井川の金谷台からは富士山を見ています。 その時、明治天皇は数え年でも17歳。 初めてみる景色に、心躍らせたのではないでしょうか。 崇徳上皇の祟りを恐れた? かつて、天皇家を呪いながら亡くなった人がいます。 呪っていたのはこともあろうか、天皇家出身の 崇徳 すとく上皇です。 崇徳上皇は保元の乱(1156年)で敗れ、讃岐に流された人物。 配流先で行った写経を寺に納めて欲しいと、後白河天皇のもとへ送りました。 しかし後白河天皇は、呪いが込められているのではないか、と受け取りを拒否したのだとか。 すると崇徳上皇は 大激怒。 舌を噛み、返された経文に血で呪いの言葉を書いたそう。 さらに食事を拒み、髪や爪も伸ばし放題。 そして 天皇家に対する呪いの言葉を唱え続けて亡くなったということです。 おおお……。 さて、するとどうでしょう。 崇徳上皇の死後、平氏政権が誕生し、さらに源頼朝が鎌倉幕府を開いています。 朝廷が武士に政権を奪われたのです。 これは 崇徳上皇の呪いだ、と当時の人びとは信じていたようです。 それから約700年後、ようやく政権が幕府から天皇に移ることに。 そこで明治天皇は 崇徳上皇の命日に、香川県の墓所に 勅使 ちょくし(天皇が送る使者)を派遣。 上皇の祟りを鎮め、 自身の政権を守ってもらえるように祈願したということです。 質素倹約の精神 明治天皇の普段の生活ぶりは、 とにかく質素だったことをご存じでしょうか。 鉛筆はどんなに短くなっても、使えるまで使い、 靴も新品ではなく、古いものをわざわざ修理して履き続けました。 また書類などを分類する箱も、三越で購入したシャツの 空き箱を使っていたのだとか。 さらには大正天皇の皇太子時代に完成した東宮御所を見て、 明治天皇は「贅沢だ」と不機嫌になったそうです。 設計者の片山 東熊 とうくまは、これに大変ショックを受けたといわれています……。 そんな東宮御所は現在、「迎賓館赤坂離宮」として一般公開されています。 かわいそうな東熊の大作を、ぜひ一度はご覧になってくださいね。 きょうのまとめ 今回は明治天皇の生涯について、簡単にご紹介しました。 明治天皇とは?.

次の