好感度を上げる方法。 好感度を上げる5つの法則【心理学】

【恋愛心理テクニック】好感度を上げる方法

好感度を上げる方法

笑顔で好感度を一瞬で上げために 接客対応のために、鏡で口角を上げる練習をしている方々は多くいます。 笑顔を見ると、大抵の方は安心します。 安心すると心が開いて、話をしようかという思いになります。 心を閉ざしたままでは、相手との距離は縮まりません。 出会いの瞬間にまず、こちらから笑顔を向けることが大切です。 「わあ、あなたに会えて嬉しい」という思いを笑顔にのせるのです。 勿論、苦手な相手に対しても。 そういう時こそ、鏡の前で練習です。 割り箸をはさんで笑顔の訓練をしている人もいます。 目は口ほどに物を言う 笑顔なのに、目が笑ってないというのは、相手にとって恐怖でしかありません。 目の活力は勿論のこと、相手と視線を合わせるアイコンタクトは好感度を上げる有効な方法です。 しかし、長時間睨み付けるのは逆効果です。 時々、視線をはずしてあげるくらいが相手の緊張度を和らげます。 相手の目を見ることに抵抗のある人は、鼻のあたりを見るくらいで大丈夫です。 熱意で示せば、伝わります 「本気であなたのことを心配しているんです」という熱意が伝わると、「この人ってすごくいい人だな」と好感度がアップするのは間違いありません。 いつもいつも熱い人でなくてもいいのです。 ここぞという時に、本気で動いてくれるんだという信頼感や絆を培うことが大切です。 行動力があってかっこいい人だなと思ってもらえるためには、相手のニーズを見極める必要もあります。 接遇マナーは基本です スーツもぴしっと決まって、センスもなかなかいい感じなのに、貧乏揺すりをしていたり、鼻をもぞもぞ触っていたりしたら、ガクとなってしまいます。 また、相手が話しているのにスマートフォンの操作をしていたら、「この人と会っていても楽しくないな」と、相手は心の中でつぶやいているかもしれません。 好感度を上げるためには、基本的な接遇マナーを身につけなければいけません。 挨拶、電話の受け方、言葉遣い等社会人としてのマナーを見直してみましょう。 親しき仲にも礼儀ありです。 ぐっと距離の近い友人に対して、堅苦しいのもかえって好感度を下げることになってしまいますが、親しいからといって相手をぞんざいに扱うのはよくありません。 相手を大切にする姿勢が基本です。 その際、何でも相手の言うことを聞いてあげることがいいとは限らないことを踏まえておきましょう。 自分を大切にできない人は、相手を大切にすることはできないのです。 握手の効果も大きい さっと手を出して握手をしてもらうと、親近感が芽生えたり感動が伝わってきたりして、いいなという感じが生まれます。 しかし、力いっぱい握りしめたり、相手を振り回してしまったりするのはいけません。 手が清潔な感じであることもポイントです。 ビジネスの場では年上から年下、上司などの目上の方から部下などの目下の人に先に手を差し出すというマナーもあります。 握手で積極的に自分の好意や、意欲を伝えていきましょう。 」と名前を呼んでもらうと、「いいレストランに来たな」と思うものです。 この方法は、心理学で「ネームコーリング」とよばれているテクニックです。 「君」とか「あなた」ではなく、自分の名前を何度も呼んでもらうと、「この人は自分に好意があるのかな」という思いが生まれてきて、相手も好意をもってくれるのです。 とにかく聴くことで、相手を気持ちよくさせてあげましょう 話している途中に「その問題はこうやって解決すればいいよ」と、相手の問題解決をしてしまうことはありませんか?それは、あなたの自己満足かもしれません。 相手はもしかしたら「助かった」と言ってくれるかもしれませんが、十分聞いてもらったという感覚がないまま不完全燃焼のような状態になっていることも予想されます。 相手が話している時は、口をはさまず「うんうん」と相槌をうったり、「それから?」と続きを促したりして、とにかく傾聴という姿勢を崩さないようにしましょう。 そうすれば、「しっかり共感してもらった」という安心感や信頼感が醸成され、「結局、たいした問題じゃなかった」と、自然に解決していることもよくあります。 そして「こんなに話を聞いてくれた」人に対して、好感を高めるのです。 ぐっとくるフィードバックで、心を鷲づかみ 話を十分聞くといっても、何時間も聞き続けると、聞き手の体力ももたないので30分から1時間という時間設定をしておくことも一つの方法です。 また、自分自身が忙しくこれ以上は時間がないという思いから聞いていると、相手とのラポールを築くことはできません。 じっくり聴いていると、ふと自分に考えが浮かぶことがあります。 また、話が長すぎるとどんどん横道にそれていくこともあります。 そのような時こそ効果的なフィードバックを使いましょう。 素直さがやっぱり一番です 上から目線で話をされると、嫌なものです。 分からないことは「教えてください」と聞く素直な態度が可愛いし、一生懸命教えてあげたくなります。 変にプライドが高くて人に助けてもらえない人は、好感度が下がる一方です。 「あなたは素晴らしい!」という信頼感で自尊心をくすぐりましょう 教えてもらったり、助けてもらったりした時に「ありがとう」はすぐに言えます。 その時に、「さすがですね」と、相手の自尊心をくすぐって好感度を高めましょう。 「すごいですね」と褒めてもらっていやな気持ちになる人は滅多にいません。 素直に「ごめんなさい」が、氷を溶かすのです ミスをした時に「誰々のせいだ」とか「仕方なかった」と、言い訳ばかりしていたのでは「残念な人」という印象しかありません。 素直に「ごめんなさい」」で、一瞬でわだかまりがなくなるものです。 自分で責任をとることができる人に対して、相手は好感度を高めます。 背筋を伸ばして腰骨を立てましょう 猫背より背筋が伸びている人の方が好感度は高いです。 背筋を伸ばそうとして反らせすぎると傲慢に見えてしまいます。 腰骨を意識して立てるようにすると、自然に見えて素敵です。 滑舌よく話していますか? 心を掴む名言でも、ぼそぼそ聞き取れない話し方では相手の心に響きません。 はっきりと口を開けて、しっかり伝えていきましょう。 見られていますよ!非言語コミュニケーション 話し方は丁寧なのに、足を組んだり体が正面ではなく横向きになっていたりすると、相手は「この人は自分のことが好きではないな」と判断してしまいます。 見た目や実際の言葉よりも、態度などの非言語コミュニケーションは、好感度に大きく影響しています。 ポジティブに明るい人が好きです 会えば愚痴を聞かされるのではたまったものではありません。 天気が悪くても「雨って情感あふれているね。 ラッキー!」と、気持ちをさっと切り替えて前向きに行動している人は、とても爽やかで好感度マックスです。 ファシリテーターとして振る舞おう だらだらと長い平行線の会議の時、ファシリテーターの役割を担ってくれる人は貴重です。 メンバー全体の様子を観察しながら、意見を集約し効率よく進めていくスキルを身につけたいものです。 勝手な決めつけはNGです 「それってこういうことよね。 だから、あなたはダメなのよ」と言われてしまったら、もう二度とその人の近くには行きたくなくなってしまいます。 問題の核心が見つかったとしても、伝え方の基本は相手の納得を得ることです。 和む空間づくりを心がけていますか? チームや集団の時、「あの人がいると場が盛り上がるな」という人になりたいものです。 そういう人は、さり気ない気配りをしています。 あまり話さない人に、「どう思う?」と意見を求めたり、主導権をとりたがる人に「なるほどね。 さすがだね」と自尊心をくすぐっておいて、「みんなはどう?」と、周りの人に意見が言いやすい雰囲気をつくっています。 飲みものを用意したり、てきぱきと片づけたりしている人も好まれます。 貴重な時間を共有しています!価値ある時間になっていますか? 会っている時間を少しでも有意義な時間にしようと、直向きに努力している人は素敵です。 できる人材は「この人と話すと自分が高まった」「いい気持ちになった」と、相手に思ってもらえるようにあらかじめリサーチしています。 別れる前の一言が、「また会いたいな」と思ってもらえるのです 会議やセッション、デートが終わってからの一言で好感度を高めることができます。 ただ、「さよなら」と挨拶するだけでなく、「会えて良かったです」「今日は実に有意義でした」と、一言添えるのです。 そうすれば、「また会いたいな」と思ってもらえます。 まとめ 人は一瞬で相手の情報を掴み、「この人は自分にとって危険でないかどうか」を本能的に判断しています。 見た目は、大きな情報です。 次に話し方で人となりや価値観を見極めていきます。 好感度が高い人は、相手との信頼感を高め、物事がスムーズに進んでいきます。 自分の好感度を高めるために、できることから取り組んでいきましょう。

次の

好感度を上げる方法7つ|好感度が低めのあなたへ…

好感度を上げる方法

体調を気遣うような内容を送る 2. 相手が必要としている情報を送る 3. 助けが必要だとアピールする 4. 何かに誘う時は、その女性が好きな食べ物やイベントなどにする 5. バイトの予定がわかるなら、夜などの忙しい時間帯は避けてお昼の時間帯などに連絡をする。 自分から女性に何かを与えることができることを意識していきましょう。 最初から女性に何かしてもらいたいと求めてばかりいるのではなく、返信したくなるような内容で連絡にすることを心がけるということ。 そうすることで彼女の反応も良くなります。 メールの内容と同時に送る時間感覚が大切! 相手がメールをくれた時に大切なのは 即返信を辞めることです。 直ぐに返信してしまうと「この人暇なの?」とか自分と波長があっていないと相手は感じてしまいます。 また即返信しないことで相手に自分のことを気にさせる事ができます。 返信するタイミングとしては 相手が返信までに要した時間と同じぐらいの時間がたってから返信することです。 こうすると相手と同じ波長にあってきます。 頻繁にメールしたいなら徐々に時間をつめていくようにしてみましょう。 この辺は駆引きだと考えて楽しむようにしましょう。 一番いけないのが相手の事が好きすぎて相手からの返信がこないどうしようなど自分に余裕がなくなってしまうことです。 またちょうどいいタイミングで、料理を一生懸命作っているところがかわいい。 仕事なんか頑張りすぎないで休んでねなど、女性の趣味や感情など評価してあげましょう。 認められると女性は嬉しく感じるものです。 更に応援してくれるあなたに癒されます。 またアルバイトや課題が終わった後の女性はお疲れです。 あまりメールや電話をしたくないと思っているでしょう。 そこで、バイト後よりも朝のメールを連絡の中心にするのも1つの方法です。 学校や会社が始まる前の時間帯に、今日も1日頑張ろう!と女性を励ます内容を短く送ってあげましょう。 またその女性から連絡がないと再度メールを送ったり、電話をし たくなったりすると思います。 ここは 我慢しましょう。 しばらく待つ姿勢も大切です。 追加でメールが来たりすると、相手も返信しなくちゃと負担に感じてしまいます。 そうするとアナタに対しての苦手意識が生まれてしまいます。 まったく返信がない時は、正直あまり脈はありません。 どうしても連絡したいなら1週間ぐらいの間隔を空けてから普通の挨拶文で「おはよう!」プラス何か質問するぐらいの文章を送ってみましょう。 忙しくて返信が面倒だっただけであなたの事が嫌いだった訳ではないこともありますからね。 この時の注意は 相手を追い詰めるような前回の返信のなかった内容を再度聞かないことです。 もしかしたらその内容に答えたくない、どうすればよいか迷ってしまったということがあります。 まだ距離がある仲なので徐々に2人の距離感をつめていくようにしましょう。 注意しておきたいNGポイント 1. 相手のことを尊重する 返信が来ないときは忙しいのかもしれません。 女性とメールしたいからといって急かしてはいけません。 特に忙しいかもしれない時の「今何してんのー?」といった内容は相手を困らせてしまいます。 返事が来るま で気長に待ちましょう。 安易に絵文字、顔文字を使わない メールで好意をほのめかす場合に有効な手段といえば絵文字を使うこと です。 しかし、安易なハートマークや動物などの絵文字はチャラい男として見られたり男らしくないと思われてしまいます。 もちろん、ここぞという時に使うのは全然大丈夫です。 基本的な考えとしては相手が使用した絵文字よりも少なく使う事を意識しましょう。 会ってるときはデレ、メールはツンの内容も参考になります。 私生活に首を突っ込みすぎない これはメールに限ったことではありません。 多くの場合、追いかける恋愛は続きません。 うっとうしい男、ストーカーまがいな男性とし て認識されがちだからです。 まだ彼氏ではないのですから、相手の私生活の内容を深く聞いてしまうと相手は不信感をいだきます。 あまり彼女の生活に首を突っ込んで早く帰らなきゃ駄目だよとか男 と遊んでばかりはだめなどと彼氏面した口うるさいと感じるようなメールはしないようにしまし ょう。 以上いかがでしたでしょうか? メールやLINEって顔が見えない分、より相手の気持ちを考えて文章を考えなければいけません。 また心理テクニックを使ったり、駆引きも重要になってきます。 上手いメールテクニックを身に付けてモテる男を目指しましょう!• 女性に縁がない・出会いがない• 今まで彼女ができたことない• 女性になれていない このような人は私が女性と出会った方法を良かったら参考にして下さい。 私自信も女性経験がほとんどなく、女性に苦手意識を持っている状態でした。 しかし出会い系を使うことで女性に慣れ彼女を作ったり1夜限りの関係を楽しむことができるようになりました。 女性にモテるには場数を踏む必要があります。 自分から女性に積極的に行動できない• いきなり女性と話すのは難易度が高く無理 こう思ってるなら 出会い系ならメールで会話ができるので苦手な人でも大丈夫です。 女性も出会いを求めて登録しているので、無料アプリ・掲示板と違って 会える確率は断然に高いです。 女性に苦手意識を持っている人でも簡単に出会いの数を増やすことが出来ます。 リアルで女性をゲットするのにも、まずは女慣れは絶対条件です。 そのためにも今から女性に慣れるためにハードルの低い方法で練習しておきましょう。

次の

メールやLINEで女性の好感度を上げる方法と嫌われるNGポイント

好感度を上げる方法

長嶋茂雄 最近、国民栄誉賞を受賞したことで話題になった長嶋茂雄さん。 彼の好感度はトップクラスといっても過言ではありません。 その秘密は「ポジティブさ」と「隙だらけ」なところだと 本書では述べています。 もう優勝は望めないといった状況から一点 まさかの大逆転劇を起こして「メイクドラマ」という言葉を作りました。 また、あと一試合で勝負の行方が決まる時には 「勝つ、勝つ、勝つ」 とポジティブな言葉だけ残して球場に向かったという話もあるそうです。 一方でちょっとお茶目なミスをしたりする話が満載なのも 私たちを惹きつける魅力的な部分でもあります。 羽生善治 将棋の世界は大変厳しいもの。 彼は26歳の時に前人未到の7冠王を達成していますが、 その地位が保証されているわけではありません。 そんな世界の中で第一線で戦い続けて結果を残している姿、 厳しい世界の住人なのにの仕方、表情、態度が物静かでソフトなところが 彼の好感度を上げている要因だと伝えています。 三浦知良 彼は46歳にして今もなお現役のプロサッカー選手です。 一度ワールドカップに招集されながら 最後の最後になって日本に帰されるなどのをしてきています。 しかしそれでも彼はポジティブにサッカーと向き合い続けているのは サッカーが好きで好きでたまらないからでしょう。 お金ではなくて、 サッカーができる喜びを選択し、 やるからには全力をつくして闘いぬく。 その姿に人は感動するのだ。 好感度が高い人の特徴 好感度が高い人はいつも笑顔でいる 好感度が高い人の特徴に、いつも笑顔でいるというものがあります。 周りの人に対して、気持ちのいい挨拶ができて、そして笑顔でいる人は、誰から見ても感じのいい人と思われるでしょう。 笑顔でいるということは、相手に対して「悪意を持っていない」ということを、言葉ではなく表情で伝えています。 その表情を見れば、自分に対して敵対心や悪いことを考えていないということが分かるので、相手に良い印象を与えることができるのです。 いつもにこにこしていて身ぎれいな人は、自然と好感度アップをはかることができます。 そういう人は、きっと誰からも ことでしょう。 好感度が高い人は人の話を聞くことができる 好感度が高い人というのは、人の話をちゃんと聞くことができるという特徴があります。 自分の話ばかりするのではなく、相手の言いたいことに、きちんと耳を傾けることができる人なのです。 話すということは、実は気持ちのいいことです。 そのため、つい人は相手の話をさえぎってまで、自分の話をしたくなってしまうのです。 しかし、好感度が高い人というのは、そういうことはしません。 が一方的にならないように配慮して、相手の話を聞きながら、上手に相槌を打つこともできるでしょう。 「自分の話を聞いてくれる」そう思わせる人は、グッと好感度が上がって、評判も良くなったりするのです。 好感度が高い人は悪口などを言わない 好感度が高い人の特徴に、人の悪口などを言わないという特徴があります。 好感度が高い人は、誰かのことを裏で悪くいったりしません。 人の悪口を聞いてしまうと、きっと誰でも嫌な気持ちになってしまいます。 悪口そのものを聞くのも嫌だし、自分の悪口も別の所で言っているのでは・・・?と、疑心暗鬼になってしまうでしょう。 そういう不安を与える人が、好感度が高いはずはありません。 しかし、誰の悪口を言うこともなく、裏表のない態度で接する人と言うのは、信頼がおけます。 そういう人は周りの人からの好感度も高く、人から信用されるでしょう。 清潔感があって爽やか 清潔感がある男性というのは、女性からの好感度が非常に高くなります。 清潔感というのは身だしなみが整っているという意味であり、髪をきちんとセットし、汗やニオイに気を使っている男性がこれに当てはまります。 潔癖なまでの美しさを、女性が求めているわけではけしてありません。 女性が求めているのは、自分たちへの男性からの です。 ぼさぼさな髪のまま人と会わない、汗をかいたらかいたままにしない、服や下着はシミのない清潔なものを身に着けるというのは大人のマナーであって、常識的なことです。 人と接する上で、気遣いを忘れてはならないということをマナーは説きます。 気遣いは相手に見せる誠意の形であって、大切な相手に失礼のないようにするために、人は気を遣います。 女性は男性から大切にされたい、男性の誠意を感じたいと思うからこそ、男性の清潔感を重んじるのです。 エチケットに注意を払い、いつも清潔に身だしなみを整えている男性を見て、女性は大切にしてもらっていると感じます。 清潔で爽やかな男性に向ける女性からの好感度というのは、自分に気を遣ってくれていることに対する、感謝の気持ちの表れなのです。 誰も見ていないところでも ができる 印象がいい女性というのは、普段の何気ない振る舞いから人柄が滲み出てきます。 誰も注目していないところでも、そこにいる人が気持ちよく過ごすことができるように、さり気ない気遣いや気配りができるのが特徴です。 いい人に見られようとして表立って気配り上手を演出しようとする女性がいますが、そうした猫被りは付き合いが長く続くうちにだんだんと化けの皮が剥がれていってしまいます。 本当に素敵な人というのは自らの行動をアピールすることなく、誰も見ていないところであっても人が嫌がることを率先して行ったり、面倒ごとを引き受けて知らないうちに終わらせてしまうなど、自分にかかる負担や手間を手間と思わずにこなすことができるのです。 たとえば、みんなで一緒に食事をしている時に、楽しく会話をしている最中にさり気なくお皿を片付けたり、追加注文の手配をするなど気が利きます。 担当の仕事以外の誰かがやらなければならない雑務を引き受け、終わらせてしまうことも少なくありません。 周囲の人達の役に立つことに喜びを感じるタイプで、そうした女性の気配りに気がついた人からは大いに高い評価を得るのです。 好感度を下げる話し方 人に話す隙を与えず自分の事ばかりをまくしたてるように話す 好感度を下げる話し方、それは話していると相手を不快に感じさせてしまう話し方です。 自分の事ばかりをボンボン話し続け、相手に話す隙を与えなかったり話を割って入ったり、人の話を無視して自分のことばかり話す人は好感度が下がります。 相手を不快に思わせてしまい、もうこの人と話すのは疲れるからやめようと思われがちです。 相手の話にも耳を傾け、会話のキャッチボールができないと、相手に不快感を与えてしまうのです。 自分の事をベラベラとまくしたてるように話したので本人はスッキリ、相手は不愉快ということになります。 その人はずっと気づく事がないまま人が離れてしまうでしょう。 人の言う事をいちいち否定まじりを含む話し方をする 会話をしていて楽しい人、そうでない人に分かれる事があります。 誰かと話していても、会話が盛り上がらずに途切れてしまう。 一緒に会話をしていても楽しくない。 そんな好感度が下がってしまう話し方をする人も居るのです。 なんかこの人と話していると、いちいち否定されているように感じて引け目を感じてしまったり、居たたまれなくなってしまったりそういう経験はないでしょうか。 話の端々に人を否定する話し方をする人がいます。 自分が何かを言うと必ずその人は「でも」などと続いて自分の正論や自分は間違っていない、自分の方法が一番だというような話をぶつけてくるのです。 すると遠回しに自分は否定されたような気持ちがします。 誰でも自分の話を否定されれば面白くありません。 例え間違った事であっても、頭ごなしに否定されれば不愉快と感じる人の方が多く居るのです。 それを大勢の前で話されたりすると大勢の前で自分は否定されたという傷が残るのです。 そういった、言われたらどう思うかを考えない人は人を不愉快にさせて知らず知らず傷つけているのです。 なるべく相手を否定せずに、同意する話し方を心がける事が好感度を上げるコツなのです。 話の端々に自慢話を持ってくる なんかこの人と話しているといつも自慢が出てきて引いてしまう、そんな人は周りにいないでしょうか。 普通の話をしていたのにいつもその人の自慢話で終わったり。 自慢が始まると賞賛するのも癪で返す言葉がなくなってしまいます。 高飛車な言動で周囲の人がしらけてしまう事を本人はちっとも気づいていないのでしょう。 冗談まじりに自慢を交えながらでもけんそんしつつおもしろおかしく話をする人は嫌みが残りません。 ですが面白みのない大した事でもない事を自慢されると、うっと引いてしまいます。 そういった話の端々で自慢をする人は相手を 不愉快にさせ、人間関係も悪化してしまうのです。 人を不愉快にさせる話し方はなるべく避けたい物です。 相手の話の腰を折って自分の話をねじ込む 好感度を下げる話し方に多く見られるのが、相手の話の腰を折ってしまう事です。 せっかく相手が話しをしているのに、途中で自分の話をねじ込んで中断させてしまうのです。 まだ話の途中なのに、話を中断させられては相手の人も気分が良くありません。 話の腰を折られては、また続きを話す気分も無くなってしまうでしょう。 話をするたびに腰を折られては、好感度も下がるのは当然です。 相手の話の腰を折るのは、好感度を下げる話し方の代表と言えるでしょう。 自分の話をしたくても、相手の話のタイミングをちゃんと考慮しないと駄目なのです。 悪口や誹謗中傷などネガティブな話題が多い 多くの人は、明るい話題を好む傾向にあります。 しかし、中には悪口や誹謗中傷を好む人も居るのです。 好感度を下げる話し方に、いつも悪い話題ばかり言う事もあります。 皆で集まって楽しく話をしているのに、わざわざ悪い噂を言う事は好感度が下がる話し方でしょう。 皆で新しく出来た飲食店に行く相談を楽しくしているのに、水を差すような事を言うのです。 あのお店の店員はお給料が低いよ、など自分達に関係無い事でも気分が良くありません。 話す本人は、ただの世間話や噂話のつもりでもネガティブな事ばかりでは嫌がられるのです。 好感度を上げる方法 身だしなみを良くする事 人の好感度を下げるのは、身だしなみが悪くなる事です。 普通の人ならば、男女問わずに清潔感ある格好をした人を好む傾向が強くあります。 不潔な印象を与える人は、誰でも嫌う事が多くあるのです。 古くてボロボロの靴や汚れてシミがついたままの服装等は、好感度を下げる大きな要因になるでしょう。 周囲の人達皆から好感度が下がってしまうので注意が必要です。 不潔で身だしなみが適当な人は、他の人から疎まれるのです。 好感度を上げたいのならば、身だしなみをしっかりと整えることがとても重要です。 好感度を上げたい相手を否定しない 特定の人の好感度を上げたいのならば、好感度を上げたい人を否定しない事が有効です。 誰でも自分を認めてくれたり、同意してくれる人に高感度が上がります。 なので、自分をいつも否定してくる人には好感度が下がって来るのです。 いつも相手の好む物を否定し続ければ好感度はどんどん下がって行くでしょう。 特定の相手の好感度を上げたいのならば、その相手を否定しない事が周囲にも影響が無く手軽な方法です。 好感度を上げたい相手にも、気が合うと思われる事でしょう。 相手の好みと同じファッションをする 人は、見た目で判断される事が多くあります。 ファッションや、身に着けている小物でその人の性格や好みがわかります。 人の見た目はかなりの情報量があるのです。 好感度を上げるのには、好感度を上げたい相手の好きなファッションをする事がお勧めです。 ピシッとしたスーツを好む相手ならば、ビシっとしたファッションにする事です。 また、落ち着いた格好を好む相手ならば落ち着いたファッションを取り入れる事です。 相手の好みと同じファッションをする事によって相手の好感度が上がり、興味が湧いてきます。 また、ファッションはプライベートなので相手から口出しされても言う事を聞く必要も無いのです。 自分から進んで人をサポートする 好感度を上げるための方法として効果的なのは、「人のサポート役を自分から積極的に買って出る」ということです。 たとえば、職場の女性が重そうな資料を抱えて、それを会議室に運ぼうとしているとしましょう。 女性の体力ではいかにも重すぎる資料です。 その女性が大変そうにしているのを見て、ひとりの同僚が「手伝いましょう」と自分から申し出るとします。 よほどへそ曲がりな性格でない限り、相手の女性はその申し出を受け入れるに違いありません。 そして、自分を助けてくれたその同僚に対して、「なんて親切な人だろう」と思い、好感を持つことでしょう。 人のことをサポートする人に対し、そのように好感を持つ人は、当事者だけではありません。 そのシーンを見ていたほかの同僚や上司も、その親切な行動に対して良い印象を受け、同僚の女性を助けた人に好感を持つようになるのです。 人から頼まれて手助けするのではなく、あくまでも自分から積極的にサポートするというところがポイント。 特に、そのことをすることによって自分が不利益を受けるようなサポートをすると、好感度はぐっとアップします。 たとえば、自分の仕事があるのに、それよりも同僚の仕事のサポートを優先するようにすれば、好感度が上がることはまちがいありません。 好感度アップのルール いかがでしょうか。 見せかけではない本当の好感度アップには 自分のルールを持つこと、明るさ・朗らかさなどが必要であるようです。 また好感が持てる人との出会いがあると あなたも多くの影響を受けて自然と好感を持たれる人になるはずです。 確かに上記の人たちを見ても 人にあわせて生きているのではなく 自分のルールに従って行動しています。 器用に合わせることができる方はそれはそれで一つの才能でしょうが、 不器用な方は自分の美意識やルールを持って行動してみてはいかがでしょうか。 いつの間にか周りの好感度がググっと上がっているかもしれませんよ。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の