こい ん ちえ っ く。 ちえちゃんの徒然リペア日誌

こんなこいるかな おはなしちえあそびえほん 2 もぐもぐ・ぽいっと・なあに

こい ん ちえ っ く

人物・生涯 [ ] 出身。 1933年、卒業、文化裁縫女学校(現、)に入学。 卒業後は同学院の助手となる。 1940年、商社勤務の男性と結婚しへ転勤となるが、1944年には夫が軍隊に召集され、2人の娘を連れて帰国。 1945年、夫がで戦死。 同年、文化服装学院に復帰し、1951年デザイン科を新設し初代デザイン科長に就任。 1954年、38歳のとき母親に娘2人を預けて単身渡仏、南回りの船で1ヶ月かかってに留学した。 学校「サンディカ」で学ぶ。 クラスメイトにが、隣のクラスには、がいた。 ではの立体裁断に衝撃を受ける。 1年後、無一文でフランス製の人台 ボディー、トルソー 1つだけ抱えて船で帰国。 帰国後は、日本人に合う立体裁断用の人台 ボディー、 を開発し、また1957年から文化服装学院として男子学生の入学を開始するなど、ファッション業界の発展に貢献する。 文化女子短期大学(現、)教授、文化服装学院副院長を歴任し、1983年、同学院の10代目学院長に就任。 1991年より2002年3月まで名誉学院長として活躍した。 文化服装学院では、、、、、、、等多くのを育成し、日本のファッション界を世界的レベルに押し上げた。 故郷、長野県須坂市に世界90数ヵ国の民俗人形1,200体あまりを寄贈し、に須坂市に開館した「小池千枝コレクション・世界の民俗人形博物館」に収められている。 、死去。 98歳没。 著書 [ ]• 『ワンピースの作り方』文化の作り方シリーズ(1959年、)• 『立体裁断』(1962年、文化出版局)• 『立体裁断』(1969年、文化出版局)• 『ともに学ぶ、ともに遊ぶ』サクセスフル対談(1998年8月、との共著、) 脚注 [ ].

次の

大型ビジョン「こいけさちえ*なう」出演!

こい ん ちえ っ く

顔や体や性格が違うのは当たり前。 よい子・悪い子なんて考えもしない。 ただ、いろんな子がいるんだということを、ユーモラスなストーリーでおおらかに描きました。 それは、子どもたちに「きみがいるからおもしろい」ということを伝えたかったからです。 子どものあるがままの姿を認めて、ぜひ長い目で、個性の萌芽をじっと見守ってあげてください。 有賀 忍 有賀 忍(アリガ シノブ) 絵本作家・板絵画家。 相模女子大学客員教授・江戸川大学こどもコミュニケーション学科客員教授。 文部大臣奨励賞受賞。 創作絵本に 『ふしぎなさかな』(フレーベル館)、『クレヨンまる』(小学館)、『Qui a vu le chapeau jaune de Bruno? 』(フランス Fernand Nathan社 他6ヵ国)などがある。

次の

ちえちゃんの徒然リペア日誌

こい ん ちえ っ く

こいドキ(古明地こいしのドキドキ大冒険)を2010年から知り、以来追いかけてきた者です。 こいドキと同じベクトルとは、SF要素、グロ要素、哲学要素、ホラー要素、パニック要素、宗教要素、オカルト要素、終末感要素等が含まれているかつ、作品の展開が終盤に近付いている東方二次創作作品という事でしょうか? 残念ながら、この六年間、私もこいドキと同じような、もしくは匹敵する様な強烈な作品を追い求めて来ましたが、こいドキにあった一要素を感じさせる二次創作品はあっても、こいドキと同じベクトル(上記であげた要素を全て内包しているかつ、作品の世界観、内容、構成、演出がこいドキと同等もしくは凌駕)を感じさせる作品、又はそれを作るに至れるレベルにまでセンスが達している二次創作者は出ていません。 そもそも、あんなにマニアックな世界観と展開を創れるこいドキの作者の方が奇異かつ、想像力、知識、センスが傑出しているのです。 今の所、こいドキは唯一無二の存在であり続けるでしょう。 しかし、今後そういう作品が出ないとは限りません。 こいドキを見て、こいドキの影響を受けたと思わしき東方二次創作作品(こいドキには及ばない)が、近年チラホラと作られています。 このまま検索してもヒットします) (こいドキから東方知ったとツイッターで発言。 SNSやネット上等では、現在最もこいドキに近いベクトルの作品だと言われている) 幻想郷ラストウィーク(2014~連載中) sm24886741 さつばつ東方(2016~連載中) sm28642693 【東方】Reincarnation【touhou】(2009~連載終了) (ニコニコでは投稿当時の2008年、物議を醸した末に作者の手により自主削除。 こいドキより以前の作品だが、当時はこいドキ超えたという声がチラホラあった。 病んでるね、早苗さん(2016~連載中) sm29312032 地球における地球類似惑星と言う様に、こいドキにも、こんなにもこいドキ類似作品が存在しますが、私が見た限りでは、 作者の方々には失礼ですが、どれもこいドキには遠く及びません。 ご満足な解答にはなっていませんが、こいドキがいかに唯一無二の作品であるかが、お分かり頂けたと思います。 現実に今だに人気が根強く、一時は社会現象にまでなったエヴァンゲリオンというプロ作品がありますが、同じベクトルでそれに匹敵するアニメは、出てないでしょう? それと同じ事です。 それだけ、こいドキの様なベクトルの物語を考え出すかつ、連載動画という形にするのは難しいという事です。 以上の事から、こいドキと同じベクトルの作品は存在せず、また今後その様な作品が出てくる可能性は低いと結論付けます。 しかしそれは現時点の話であり、こいドキに影響を受けた作品が近年出ている以上、こいドキと同じ様なベクトルの作品は時間がかかるかも知れないけれど、必ず一つや二つは今後出てくるのではないかなと私は信じていますし、予感があります。 こいドキと同じベクトルの作品がいつの日か出てくる事を信じましょう。 長文失礼しました。

次の