雇用 保険 給付 条件。 雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願いが届いたら確認したいこと│お金に生きる

雇用保険の加入条件が知りたい!加入から外れるケースとは?

雇用 保険 給付 条件

退職後に転職活動をしようとした際、気になるのが「失業保険(失業手当)」について。 失業保険とは、公的保険制度の一種で、正式には「雇用保険」と言います。 加入者は、失業した場合や自己都合での退職にあたり、「失業手当(正式には基本手当)」を受給することができます。 失業手当は、失業した人が安定した生活を送りつつ、1日でも早く再就職するための支援として給付され、新しい職に就くまでの経済的支えになる制度です。 ただし、離職したすべての人が失業手当をもらえるわけではありません。 今回は、失業手当を受給できるのがどんな人で、いつからいつまで、どのくらいの金額をもらえるのかといった失業保険の基礎を詳しく解説。 併せて、「アルバイトはしてもOK?」「再就職手当はもらえるの?」など、失業手当受給中の不安や疑問にもお答えします。 <INDEX>• そのため、退職してすぐに転職する人や就職する意思がない人、ケガや病気、妊娠・出産などですぐに就職するのが困難な人などは、失業手当を受け取ることができません。 その条件は、離職理由が自己都合か会社都合かによって異なりますので、それぞれ見ていきましょう。 特定理由離職者には、主に以下の人が該当します。 有期労働契約の更新を希望したが、認められず離職した人• 出産や育児により離職し、受給期間の延長措置を受けた人• 父・母の扶養や介護など、家庭事情の急変により離職した人• 配偶者や扶養親族と別居生活を続けることが困難になり離職した人• 特定の理由で、通勤が困難になり離職した人• しかし、手続き後すぐにもらえるわけではなく、 受給資格決定日(離職票の提出と求職の申し込みを行った日)から7日間は「待期期間」と呼ばれ、離職理由にかかわらずすべての人が失業手当を受給できない期間となっています。 解雇や倒産など会社都合により離職した「特定受給資格者」や、正当な理由がある離職と認められた「特定理由離職者」は、7日間の待期期間後から失業手当の支給が開始されます。 ただし、実際に手当が口座に振り込まれるのは、申請から約1カ月後となるため注意が必要です。 一方、通常の転職や独立など自己都合により会社を退職した「一般の離職者」の場合は、7日間の待期期間後、更に3カ月の「給付制限」が設けられています。 その期間は失業手当の給付を受けられません。 また、 失業手当がもらえる期間=「所定給付日数」は、離職理由や年齢、被保険者だった期間などによって決まります。 それぞれの給付日数は以下のとおりです。 手続きが遅れ最後までもらうことができなかったとならないよう、早めの準備・申請を行いましょう。 「基本手当日額」とは、失業手当の1日の給付額のことで、離職者の「賃金日額」を基に以下の計算式で算出されます。 8w-0. 8w-0. 35{(w-5,010)/6,080}w,y=0. 例えば、 28歳で月給28万円の会社員が6年間勤務し、会社都合で離職したケースで失業手当の受給額をシミュレーションしてみましょう。 <例>28歳の会社員(月給28万円/6年勤務)が自己都合で離職したケースの失業手当受給額• なお、正確な基本手当日額を算出する計算式は複雑なため、実際の給付額を知りたい場合はハローワークに問い合わせましょう。 失業手当をもらう5ステップ! 手続きの流れと必要書類 失業手当を受け取るためには、ハローワークへの申請や説明会への参加など、所定の手続きを踏む必要があります。 失業保険の手続きの流れや申請に必要な書類を見ていきましょう。 雇用保険被保険者離職票-1,2 (離職票の発行方法や書き方は「」を参照してください)• マイナンバーカード マイナンバーカードがない場合は以下<1>と<2> <1>マイナンバーが確認できる書類(どれか1つ) 通知カード、個人番号の記載がある住民票 <2>身元確認書類(以下(1)がない場合は(2)) (1)運転免許証、官公署が発行した身分証明書・写真付き資格証明書等のうち1種類 (2)公的医療保険の被保険者証、年金手帳などのうち異なる2種類(コピー不可)• 5cm)2枚• 本人の印鑑(スタンプ印不可)• 求職申し込み• 離職票など必要書類の提出• 雇用保険説明会の日時決定 失業手当の給付を受けるためには、再就職の意思を示すため求職の申し込みが必須です。 また、次のステップとなる雇用保険説明会についても担当者から案内があるため、日時などをしっかりメモしておきましょう。 【3】 雇用保険説明会への参加 担当者から指定された日時に、雇用保険説明会に参加しましょう。 このタイミングで、「失業認定日」が決まります。 【4】 失業認定日にハローワークへ行く 失業認定日にハローワークへ行き、失業認定申告書を提出して失業の認定を受けましょう。 失業の認定を受けるには、月2回以上の求職活動が必要で、失業認定申告書に実績を記載しなければなりません。 【5】 失業手当の受給 失業手当は通常、失業認定日から通常5営業日後(給付制限がある場合は3カ月後)に指定の口座に振り込まれます。 以後、原則として4週間に1回の認定日に、失業の認定を受ける必要があります。 失業手当受給中のアルバイトはOK? 失業手当の受給中、アルバイトなどで収入を得ることは禁止されていません。 ただし、1日の労働時間や収入額によっては失業手当が減額されたり、支給が先送りになったりすることがあります。 更に、週20時間以上の労働や、31日以上の雇用が見込まれるなど、雇用保険に加入するための条件を満たしてしまうと、就業したと見なされ失業手当の受給資格を失ってしまいます。 また、アルバイトをする場合は、収入の多少にかかわらず、ハローワークへの申告が必要となりますので忘れないよう注意しましょう。 再就職したら祝い金がもらえる? 受給条件と手続き方法 失業手当の受給中に再就職をした場合、一定の条件を満たすと再就職手当(祝い金)がもらえます。 再就職手当は、「失業手当を満額もらうまで再就職しないようにしよう」と考え失業期間が長くなってしまうようなケースを防ぎ、早期の再就職を促すために設けられた制度です。 再就職手当は、失業手当(基本手当)の所定給付日数の3分の1以上の支給日数を残して安定した職業に就き、以下の8つの要件すべてを満たした場合に支給されます。 就職日の前日までの失業の認定を受けた後の基本手当の支給残日数が、所定給付日数の3分の1以上あること• 7日間の待期期間満了後の就職であること• 1年を超えて勤務することが確実であると認められること• 再就職先が前職と関係ないこと(前職の関連企業や取引先なども含む)• 離職理由による給付制限を受けた場合は、待期満了後1カ月間については、ハローワークまたは許可・届け出のある職業紹介事業者の紹介により就職したものであること• 過去3年以内に、再就職手当や常用就職支度手当の支給を受けていないこと• 失業手当の受給資格決定前から内定していた再就職先でないこと• 再就職が決まったら、まずはハローワークに報告しましょう。 再就職先にて「採用証明書」など再就職したことを証明するための書類を記入してもらったうえで、再就職の前日までにハローワークへ行き、最後の失業認定を受けます。 その際必要になるものは、採用証明書、失業認定申告書、雇用保険受給資格者証、印鑑です。 この時点で、再就職手当を受給できる可能性がある場合、ハローワークから「再就職手当支給申請書」を受け取ります。 再就職手当支給申請書に必要事項を記入しハローワークに提出することで、再就職手当の申請は完了です。 再就職手当の申請が受理された場合、約1カ月程度で再就職手当が振り込まれます。 失業手当受給中の健康保険や年金の支払いはどうする? 離職し失業手当を受給している間でも、基本的には健康保険や年金の支払いが発生します。 そのうち、失業中の健康保険の支払いについては、3つの選択肢があります。 <任意継続保険の利用>• 前職での健康保険組合の保険に引き続き加入する• 保険料は会社負担がなくなるため全額自己負担になる• 離職日から20日以内に加入手続きが必要• 加入期間は最長2年間 <国民健康保険に加入>• 前職での健康保険を脱退し、国民健康保険に加入する• 解雇など会社都合による離職の場合、保険料が減免される可能性がある <配偶者の扶養家族になる>• 配偶者が加入している健康保険の扶養家族になる• 失業手当は収入と見なされるため、扶養家族の収入制限にかからないか条件を確認する必要がある また、国民年金や住民税は、自治体によって支払いの免除や納付を待ってもらえるケースがあるため、市区町村の窓口に相談してみましょう。 退職時の税金や年金、社会保険の手続きについて、詳しくは「」を参考にしてください。 会社を辞めた時、経済的な支えとなる失業保険。 失業保険をいつどれくらい受給できるかは、離職理由や勤務年数、年齢など個々の状況によって異なります。 会社を辞めてから生活に困ることがないよう、離職前にしっかり確認しておきましょう。 あした転機になあれ。 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。 毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。

次の

平成31年度版 雇用保険料の計算方法│対象となる賃金と計算時の注意点

雇用 保険 給付 条件

雇用保険の被保険者が離職して、次の(1)~(3)の要件を全て満たすときは、一般被保険者又は短時間労働被保険者については基本手当が支給されます。 受給要件 1.雇用保険の加入期間が12ヶ月以上あること 離職の日以前2年間に、賃金支払の基礎となった日数が 11日以上ある雇用保険に加入していた月が通算して 12ヶ月以上あること。 ざっくり言うと、 1年以上働いていたことが要件です。 なお、離職の日以前に被保険者区分の変更のあった方や、被保険者であった期間が1年未満の方は、「被保険者期間」の計算が異なる場合があります。 特定受給資格者は6ヶ月以上 特定受給資格者(いわゆる会社都合での退職者)については、離職の日以前1年間に、賃金支払の基礎となった日数が11日以上ある雇用していた月が通算して6ヶ月以上ある場合も可です。 65歳以上で離職された方は、離職前1年間に原則として雇用保険に加入していた期間が満6ヶ月以上あり、かつ、賃金支払いの基礎となった日数11日以上の月が6ヶ月以上あれば、要件を満たします。 2.失業の状態にあること ハローワークに来所し、求職の申込みを行い、就職しようとする積極的な意思があり、いつでも就職できる能力があるにもかかわらず、本人やハローワークの努力によっても職業に就くことができない 「失業の状態」にあることも要件の一つです。 失業手当は再就職を支援するための手当ですので、 職に就く意思の無い人、または 就けない人には給付されません。 なお、下記の状態にあるときは、すぐに働くことができる状態にないことから失業手当は支給されませんが、状態が回復する等して働ける状態になれば、その旨を申請して失業給付を受けることができるようになります。 これらの場合は受給期間を延長しておいた方がよいです。 (延長の手続きがあります)• 病気やけがのため、すぐには就職できないとき• 妊娠・出産・育児のため、すぐには就職できないとき• 定年などで退職して、しばらく休養しようと思っているとき• 結婚などにより家事に専念し、すぐに就職することができないとき 3.ハローワークに「求職の申込」をしていること。 失業等給付を受けるためには、住所地を管轄するハローワークに離職票を提出するとともに、「求職の申込」をしていることが必要です。 「雇い止め」等の場合の特例(特定受給資格者) 平成21年3月31日の法改正により、特定受給資格者(いわゆる会社都合での退職者)に該当しない方であっても、期間の定めのある労働契約が更新されなかったことその他やむを得ない理由により離職された方( 特定理由離職者、いわゆる「雇い止め」等)については、通常、基本手当の受給資格要件として離職日以前の2年間に被保険者期間が通算して12ヶ月以上必要なところ、離職日以前の1年間に被保険者期間が通算して 6ヶ月以上あれば受給資格要件を満たすようになりました。 12ヶ月以上働いていることが1つの目安 自己都合退職の場合、失業保険は12ヶ月以上働かないともらえません。 12ヶ月以上働いていれば、自己都合退職の場合でも90日分の失業保険がもらえます。 もしそれが11ヶ月だと、会社都合の退職等でもない限り、全くもらえません。 つまり、0円です。 失業保険をもらおうとするなら、最低でも12ヶ月は頑張って働きましょう。 月の労働日数が11日よりも少ないと、計算に含まれないので注意 ここで注意点が1つ。 12ヶ月働いていれば必ず失業保険がもらえるかというと、そうではありません。 このページの一番上の方、失業保険の要件の1つ目に「賃金支払の基礎となった日数が 11日以上ある雇用保険に加入していた月が通算して 12ヶ月以上あること」とあります。 賃金支払の基礎となった日とは、いわゆる「働いた日」です。 これが1ヶ月に10日以下だと、その月は1ヶ月分としてカウントされません。 例えば、12ヶ月働いていても、その内の1ヶ月が10日しか働いていなかった場合、トータル11ヶ月としてカウントされてしまい、失業保険がもらえなくなります。 でも、有休や休業手当の日は含まれます なお、賃金支払の基礎となった日には、有給休暇や休業手当の対象となった日も含まれます。 例えば、出勤したのが5日だけでも、同じ月に有休を10日取っていれば、トータルで15日という計算になります。 失業保険がもらえるかどうか、12ヶ月をクリアしているかどうか考えるときは、月の勤務日数に注意しましょう。

次の

失業保険を貰う手順と条件!最初にハローワークで申請をする|失業保険ガイド|フクポン

雇用 保険 給付 条件

自分が失業状態となった時、雇用保険の加入者であれば給付金を受け取れるよう手続きを勧められることもあるかと思います。 しかしこの雇用保険、調べてみても難しくてなんだかよく分からないなんてことありませんか? そもそも自分が受け取れるのか?、調べてみるといろいろ条件があって難しそうに感じる方もいらっしゃるかもしれません。 実を言うと私も以前利用したことがありますが、制度がよく分からなくて混乱してしまいました。 そこで、同じように悩んでいる方の助けになるよう雇用保険についてまとめてみました。 今回は「どんな人が給付金を受け取れるのか?」という点に注目していきたいと思います。 自分ももらえるのかな?と悩んでいる方はチェックしてみて下さい。 ・積極的に就職しようとする意思がある ・いつでも就職できる能力がある(主に健康状態など) ・積極的に仕事を探しているにも関わらず、現在就職出来ていない このような状態の人が給付金を受け取れます。 つまり 「就職する気はないけどお金は貰いたい」というのは認められないのです。 おそらく実際ハローワークで手続きする際には、窓口でこのようなことをしっかりと確認されると思います。 この雇用保険の制度というのはあくまでも1日も早い再就職をしてもらうための制度です。 簡単に言うと、「失業してしまった!早く次の仕事を見つけよう!見つかれば今すぐ働ける!」という人が受け取れるのです。 雇用保険加入者なら誰でも受け取れるわけではない、ということをしっかりと理解しておきましょう。 雇用保険がもらえない理由は?特別な制度もあるので知っておこう 誰でも給付金を受け取れるわけでは無い、とお話しましたが、受け取れないケースとは一体どのようなものなのでしょうか? まず最初にもお話したとおり、 働く意思のない方は受け取れません。 これは「やる気が無くて働きたくない」という人だけが当てはまるわけではありませんので注意が必要です。 ・結婚して家事に専念する人 ・学業に専念する人 ・家業に従事する人 ・自営業をする人(準備も含みます) このような場合も求職者給付を受け取ることは出来ないのです。 考えてみてもらうと分かると思うのですが、これらの人はハローワークで就職先を探そうとはしていないですよね? つまり「再就職を支援する制度」を受ける理由がないのです。 雇用保険の給付金受け取りは、手続きの際に「求職申込」もしなくてはなりません。 しかし上のようなケースの場合そもそもハローワークで「求職申込」する必要がないですよね。 そのような点からも受け取り条件を満たしていないことが分かるかと思います。 また、すぐに就職することが出来ない人も受け取れません。 ・病気やケガ ・妊娠、出産、育児 ・親族の看護 主にこういった場合ですが、病気や妊娠などで「 今すぐは働けないが働きたい気持ちはある」ケースもありますよね。 そんな方のために一応補足を入れておきますと、「求職者給付を受けることが出来るのは、原則として離職日の翌日から1年間」と定められています。 この期間のことを「受給期間」と言います。 しかしこのような理由で働けない方のために、「 一定の基準を満たした場合には、受給期間を一定期間延長し、その後働くことが出来るようになってから、雇用保険の受給の手続きを行うことが出来る」制度があります。 ですから自分で受け取れないと決めつけてしまわずに、1度ハローワークの方に確認してみたほうが良いですよ。 スポンサーリンク 雇用保険の給付金制度の疑問。 なぜ受給出来ないことがあるのか。 雇用保険の給付金を受け取れるケース、受け取れないケース、なんとなくでも理解出来たでしょうか? お話してきたように、雇用保険に加入していれば必ず受け取れるというわけではないんですね。 でも中には保険料を払ってきたのに受け取れないなんて納得いかない、という方もいるかもしれませんね。 ですから少し雇用保険制度について補足しておきたいと思います。 雇用保険というのは、積立貯金のように保険料さえ支払っていれば必ず支給を受けることが出来る制度ではありません。 大前提として、民間の保険で必ずお金が入ってくるようなシステムとは全くの別物だと理解しておいて下さい。 そもそもなんですが、雇用保険は「自分が納めている保険料」だけで成り立っているわけではないのです。 他の働いている方々や事業主からの保険料や税金によって、 国が運営している相互扶助(助け合い)の制度です。 実際保険料を払っていても給付金を利用したことのない方が世の中には多くいらっしゃいますよね。 そのような方こそなんで払わなければいけないんだ!という気持ちになるかもしれません。 ですが自分がいつ失業してしまうかなんていうのは分からないものです。 「もし突然失業してしまっても助けてもらえる」ように払っているのです。 給付金の受給者の方だって失業したくなかった人もたくさんいると思います。 でもやむを得ない事情というのは誰にだってあるものですからね。 自分がそんな事態に陥ったとき、失業中の生活を心配せず職探しが出来るなんてありがたい話だと思いませんか? 申し上げた通りこれは「国が運営する助け合いの制度」ですから、 法律に定める要件(上でお話ししたような)に当てはまらない限り支給を受けられません。 厳しいようですが法律に則った条件で適切に支給していくことにより、再就職を支援するシステムとして成り立っているということですね。 まとめ 雇用保険の給付金、受け取れるのかどうかという基準だけでもさまざまな条件があり難しく感じます。 しかしながら特別な事情等ない限り、「働く意思と働ける体」があれば問題ないと思っていて良いでしょう。 もし特殊な場合でも、ハローワークの窓口に行けば丁寧に対応してくれます。 電話でも対応はしてくれますので、気になることがある場合は確認してみてはいかがでしょうか。

次の