ヘルパンギーナ 写真。 手足口病とヘルパンギーナ(大人も注意!)

【小児科医監修】子供がヘルパンギーナにかかったら?症状や治療法、抗生物質など

ヘルパンギーナ 写真

概要 ヘルパンギーナとは、乳幼児のあいだで主に夏に流行する感染症です。 熱が出たり、口の中にのような小さなプツプツ(赤い、水ほうなど)ができたりする点が特徴です。 口の中が痛くて食欲が落ちてしまうこともあります。 同じように夏に流行するとともに、夏風邪の代表的な病気です。 毎年5月ごろから患者さんが増え始め、7月頃にピークとなりますが、8月頃には減り始め、9~10月になるとほとんど流行がなくなるといわれています。 国立感染症研究所の報告によれば、5歳以下の患者さんが全体の90%以上です。 年齢の内訳としては、1歳の患者さんが一番多く、続いて2歳、3歳、4歳の順番で患者さんが減っていき、0歳と5歳は同じ程度の人数です。 しかし、もっと大きな子どもや大人もかかる可能性はあるため、子どもだけでなく保護者でも感染予防が大切です。 原因 ヘルパンギーナの原因の多くが、エンテロウイルスと呼ばれるウイルスです。 「エンテロウイルス」というのはピコナウイルス科というグループに含まれるRNAウイルスをまとめて呼んだもので、このグループのなかには、たくさんのウイルスが含まれています。 ヘルパンギーナの原因の多くは、エンテロウイルスのなかでも、主にコクサッキーウイルスA群ですが、コクサッキーウイルスB群やエコーウイルスも原因となります。 感染者の咳、くしゃみ、つばなどの飛沫に含まれるウイルスによって感染したり(飛沫感染)、水ほうの中身や便に排出されたウイルスが手などに付着し、口や目などの粘膜に入って感染します(経口・接触感染)。 周囲への感染力が一番強いのは急性期(病気の初期の、症状が急激に現れる時期)ですが、回復した後も便にウイルスが排泄され続ける可能性があり、長いと2~4週間、排泄が続くといわれています。 症状 ウイルスに感染すると2~4日間の潜伏期間を経て、発症します。 ヘルパンギーナを発症すると、発熱と、口の中のプツプツが現れます。 多くのケースでは、発熱が突然はじまり、食欲低下や、喉・口の中の痛みが起こります。 だるさを訴えることもあります。 発熱から1~2日経つと、口の中の痛みが強くなります。 口の中の症状としては、のどの奥が赤く腫れ、さらに1~2mm程度の小さな水ぶくれができ、水ほうが潰れて潰瘍になることもあります。 これにより、痛みで食事が摂りづらくなります。 2~4日程度で熱は下がり、その後、口の中のブツブツも消えていきます。 全体で1週間程度たつと治癒します。 ヘルパンギーナは基本的には軽症で済む感染症ですが、発熱に伴ってを起こす方もいます。 重症化すると水分もとれず脱水症になることがありますが、こうしたケースは多くありません。 また、原因となるエンテロウイルスは実はさまざまな症状を起こすウイルスで、無菌性や急性などを合併することもありますが、これらは非常にまれなケースです。 無菌性髄膜炎とは、ウイルスが神経系に入り込み、発熱、、首が痛くて曲げられない、などの症状や、さらに重症になった場合に意識障害などを起こす病気です。 また、急性心筋炎は、ウイルスが心臓の筋肉に入り込みなどの重篤な症状を起こす病気です。

次の

手足口病とヘルパンギーナ(大人も注意!)

ヘルパンギーナ 写真

小さいお子さんたちの間で、夏かぜの一種「ヘルパンギーナ」の患者が急増しています。 「手足口病」も今がシーズン。 特効薬はありません。 手洗いなど予防の基本を徹底しましょう。 急な高熱が特徴。 髄膜炎などの合併症では入院が必要です。 今年は大流行は免れるかもしれませんが、安心というわけではありません。 今まさに患者急増中のヘルパンギーナ。 まだ増える? 例年、 乳幼児を中心に夏に流行する「ヘルパンギーナ」。 何者やら分からない不思議な名前の病気ですが、いわゆる 「夏かぜ」。 代表的なウイルスによる感染症です。 例年、5月頃から増加し始め、7月頃がピーク、8月頃から減少していきます。 今年も例年並みに、 7月後半に全国的に患者が急増。 今後の動向が気になります。 患者の90%は5歳以下。 最も多いのは1歳で、次いで2、3、4歳の順です。 まさに保育園児の年代の病気ですね。 感染経路は主に「口」。 くしゃみや咳と共に飛んできて口に入ることがあります。 また、 患者が使ったおもちゃを借りたり共用したりすることで、間接的に口に入ることもあります。 乳幼児はどうしてもおもちゃや手をなめたり、口に持っていくことが多いですよね。 トイレやおむつ替えの後の手洗いが不十分だと、ドアノブやスイッチなどにつき、そこを触った手に付きます。 その手で目や鼻、口に触ることで、間接的にウイルスが入ってくることになります。 あるいは、手洗いが不十分なまま生食用の食材(刺身、果物、生野菜サラダなど)を調理し、食べることで、腸で感染します。 熱性けいれんをおこすことも。 のどが痛くなり、口~のどの内部に小さなプツプツ(水ぶくれ)ができることも。 この 水ぶくれがつぶれると潰瘍になって痛み、食べ物や飲み物を飲みこみにくくなりがちなので、脱水(も参照ください)に注意が必要です。 熱は約2~4日で下がり、のどの症状も消えていきます。 完全に治るまでは約1週間程度です。 ただ、ごくまれに 無菌性髄膜炎 (詳しくは)や急性心筋炎などの合併症も。 症状が治まっても、約2~4週間は便からウイルスが検出されることもあるので、この期間は特にお友達などにうつさないよう、注意が必要です。 手足口病は今年は大丈夫そう? とは言い切れません。 もう一つ、乳幼児の「夏かぜ」の代表格に挙げられるのが 「手足口病」。 口の中や手足などに水ぶくれの発疹が出るウイルス感染症です。 毎年、流行のピークは7月下旬で、ほぼ1年おきに大流行しています。 それからすると今年は、大流行は免れそうにも見えますが、まだ安心はできません。 ちなみに昨年も夏の流行が冬まで続いて話題になりました。 多くの感染症で季節性が薄れているので完全には楽観できませんね。 原因となるウイルスは複数あり、 実はいずれもヘルパンギーナの親戚。 それぞれのウイルスの別の血清型によって引き起こされます(血清型については、先日のブログ「」もご覧ください)。 ですから、感染経路はヘルパンギーナと一緒です。 感染してから3~5日後に、 口の中、手の平、足の裏や足の甲などに2~3mmの水ぶくれ状の発疹が出ます。 発熱はあっても高熱にはならず、しかも患者さんの約3分の1のみです。 やはり数日で収まりますが、 稀に無菌性髄膜炎などの合併症があるのもヘルパンギーナと似ています。 注意深く見守る必要があります。 なお、ヘルパンギーナとの見分け方としては、 手足口病の場合はヘルパンギーナよりも口の中の前方に水ぶくれの発疹が見られ、手や足にも水ぶくれの発疹があることなどが挙げられます。 特別な治療はありません! 予防も基本を徹底しよう! ヘルパンギーナも手足口病も、特別な治療法はありません。 特効薬はないのです。 通常は様子を見ながらの対症療法、出てきた症状がつらければ和らげる、といった治療になります。 例えば、あまりに熱が高ければ解熱剤を使う、といった具合。 ただし 、髄膜炎などの合併症では入院が必要です。 高熱が出る、発熱が2日以上続く、嘔吐、頭痛、視線が合わない、呼びかけに答えない、呼吸が速くて息苦しそう、水分が取れずにおしっこがでない、ぐったりとしている、などの症状がみられたら、 すぐに医療機関を受診しましょう。 予防に関しても、特別な方法はありません。 感染者との密接な接触を避け、流行した場合はうがいや手洗いを徹底します。 とはいえ潜伏期間中は症状もなく、子供同士の接触を禁じるのは難しいもの。 ナビタスニュースレター Please enable JavaScript.

次の

ナビタスクリニック » Blog Archive » ヘルパンギーナの患者数が急増中! 手足口病もシーズンです。

ヘルパンギーナ 写真

ヘルパンギーナとは? ヘルパンギーナは、6月から初夏にかけて流行し、乳幼児に多く見られる夏風邪の代表的なウイルス性の感染症。 主に「コクサッキーウイルスA群」が原因で、ウイルスの型がいくつかあるので、何度もかかってしまうことも珍しくありません。 まれに大人も発症します。 ヘルパンギーナの特徴• 6月〜8月にかけて、乳幼児に流行する夏風邪の一種。 何度もかかってしまうことも。 まれに大人も発症する。 子どもの三大夏風邪に注意! 夏になると子どもを中心に患者数が増える感染症が、「手足口病」「ヘルパンギーナ」「咽頭結膜熱(プール熱)」。 "子どもの三大夏風邪"と呼ばれたりもしますが、例年6月から8月にかけてそれぞれの流行がピークを迎えますので、特徴や注意点を確認し、事前の感染対策に備えましょう。 また、回復後も口(呼吸器)から1〜2週間、便から2〜4週間にわたってウイルスが排出されるので、おむつなどの交換後に汚染された手指を介して感染が広がります。 しっかり手洗い・消毒し、 感染をストップさせましょう!• マスクでしっかり予防しましょう。

次の