小陰唇縮小 経過。 小陰唇縮小の経過について

小陰唇縮小術(婦人科形成)(小陰唇を小さくしたい) :: 酒井形成外科 美容外科

小陰唇縮小 経過

誰かに相談するのはなかなか勇気がいります。 ついつい恥ずかしくて、一人で悩んで深刻になりがちです。 なかでも多いのが「小陰唇が大きい」というお悩み。 小陰唇が大きく、脚を閉じた状態でも女性器からはみ出ている状態ですと、下着などに触れて擦れますし、恥垢が溜まって臭いの原因になったり、炎症を起こしたりすることがあります。 小陰唇を縮小します 小陰唇縮小は、大きくなり余分な部分・黒く色素沈着した部分を切除し、小陰唇の色・形を小さくします。 施術の際は陰毛を剃る必要がなく、塗る麻酔で感覚を取り除いた後に施術を開始しますので、痛みが不安な方も安心です。 切開した部分を縫合する糸は、体内で自然に溶ける糸を使用しておりますので、施術後の通院は必要ありません。 キズ跡も分からなくなります。 また2018年の第106回日本美容外科学会では当院理事長が学会長を務め、その他にも定期的な研修や勉強会を開催し、医療技術の向上に努めています。 美容外科学会の詳細や研修・勉強会情報についてはをご覧ください。 当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています 2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」を遵守し、当ページは医師免許を持った品川美容外科の医師監修のもと掲載しています。 医療広告ガイドラインの運用や方針について詳しくは、当院の在籍医師(日本美容外科学会会員医師)一覧はをご覧ください。

次の

小陰唇縮小手術|美容外科・皮膚科、婦人科形成のルーチェクリニック

小陰唇縮小 経過

小陰唇縮小術の術後の経過について 先々週小陰唇縮小術を受け、先週抜糸をしました。 血腫が出来るわけでもなく出血量も至って普通、術後すぐの写真も見せてもらいましたが特に違和感は感じませんでした。 ただ、今になって不安なことが多々あります。 まず、術後二週間経つのにまだ患部が痛いです。 それと、術後3日目くらいまでは全体的に腫れていて気にならなかったのですが、一部だけ切り忘れ?かのようにプックリと残っています。 そこだけ腫れが引かないのかと思ってましたが、二週間も経つし本当に切り忘れなんじゃないかと思います。 ちなみについ先日抜糸忘れを発見し、自分で抜糸しました。 ちょうど切り忘れみたいにプックリしてる部分です。 そのせいでなかなか腫れが引かないのでしょうか? また、抜糸後、黒子のような血の塊が出来てしまい、何度洗っても全然取れないのですがそのうちなくなりますか? それと、副皮は取らなかったんですが、術前より副皮が大きく見えるのは、小陰唇が小さくなったからでしょうか?それともまだ腫れているのでしょうか? しかも、副皮も小陰唇も左右対称だったのに、今どちらも左右非対称ですが、腫れが引けば左右対象になりますか? おしっこが変な方向に飛ぶようになり困ってます。 ちなみに、術後の写真は左右対称に見えました。 不安すぎて支離滅裂な文章ですみません。 抜糸の時に医師と話せるのかと思ったら看護師さんだけの対応だったため、とても不安です。 よろしくお願いします。

次の

【小陰唇縮小手術、副ヒダと副皮の切除手術】3か月目の経過記録~完成~

小陰唇縮小 経過

POINT 「痛みの少ない婦人科形成」を目指し様々な麻酔術式をご用意しております。 術中の痛みを感じることはありません。 この麻酔を使用すると、痛みが最も出やすいとされる手術直後72時間、約3日間の痛みを抑えることができます。 有効成分をリボソームと呼ばれるナノカプセルに含有することで少しずつ薬剤が放出され、鎮静効果が72時間持続します。 世界中で乳房再建や消化器、整形外科などの外科手術で600万人以上の患者様につかわれております。 術後、濡れても痛みが少なくなります。 1~2日目のみ服用される方、お飲みにならない方もいらっしゃいます。 デスクワークのお仕事の場合、特にお休みを取らずに手術をお受けになる方もいらっしゃいます。 その他、お痛み軽減のため笑気麻酔・静脈麻酔・エクスパレル麻酔をご用意• 術後の経過によってこの限りでない場合がございます。 ) 婦人科形成ページをご覧の皆様へ このページでは、デリケートゾーンに何らかの悩みをもっている女性に対して、当院で提供している婦人科形成の施術内容や料金、ダウンタイム、保証サービス等についてご確認頂けます。 湘南美容クリニックでは、数多くの女性医師が在籍しておりますので、女性特有のデリケートなお悩みもご相談いただけます。 小陰唇などの形・大きさが気になる方はもちろん、黒ずみ、擦れによる痛みといった、お客様が気になっていることをなんでも女性医師までご相談ください。 誠心誠意お答えさせていただきます。 我々は、「美容整形をもっと身近に」を合言葉に婦人科形成によるデリケートゾーンの治療内容、治療経過、カウンセリング内容をオープンにし、 クリニック内の顔が見える運営を心がけると共に、美容外科に携わるスタッフすべてが胸を張って仕事ができる環境を作ることを使命とし、 技術向上、積極的な情報開示、社会貢献に取り組んでいます。 湘南美容クリニックは第103回日本美容外科学会学会長を務めた相川佳之をはじめ、日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会正会員、日本形成外科学会専門医 、 先進医療医師会 参与、日本再生医療学会 理事長補佐、国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member、医学博士、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本整形外科学会・専門医、日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医、日本外科学会専門医・正会員、日本胸部外科学会正会員 、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本静脈学会会員医学博士、日本医師会認定産業医、日本抗加齢医学会会員、日本マイクロサージャリー学会会員、GID(性同一性障害)学会会員、日本脂肪吸引学会会員、美容皮膚科学会正会員、日本レーザー治療学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

次の