焦げ 落とす。 フライパンの外側の焦げを簡単に落とす方法とコツまとめ

【コンロの焦げの落とし方】簡単!!頑固な焦げ付き汚れの掃除方法!重曹・セスキ・洗剤など

焦げ 落とす

スポンサーリンク おすすめ!天日干しで焦げを落とす方法 まず最初におすすめしたいのは、私自身が試して、1番効果があった方法、天日干し。 やり方は簡単で、 ベランダなどの日当たりの良い場所に焦がした鍋を置いて、カラカラになるまで乾かすだけ。 いわば放置なのですが、これが焦げ付きには驚くほどの効果を発揮します。 少なくとも2~3日、天日干して焦げ付き部分の水分が乾いたら、木べらなどで焦げを剥がしていきます。 コツは、 とにかくしっかり天日干しして、焦げを乾かし切ること。 水分が完全に飛んでいれば、黒い焦げ付きがボロボロと剥がれるように取れてきます。 季節やお天気によっても乾燥具合は変わるので、2~3日では足りない場合は1~2週間くらい、気長に干しておきましょう。 「ああ、もうダメか」と思うような真っ黒焦げの鍋も、天日干しならかなりの確率で蘇るので、あきらめる前に、ぜひお試しを。 すぐにお鍋を使いたい時のために、ここからはもっと短時間でできる、焦げ落としの裏技を紹介します。 天日干し後に残った小さな焦げ付きを落とすのにも使えるので、覚えておくと便利ですよ! スポンサーリンク 卵の殻で焦げを落とす方法 まず最初に紹介するのは、どんなご家庭にも常備してあるだろう、卵の殻を使った方法。 鍋に水を入れて煮立て、焦げをふやかして柔らかくした後、砕いた卵の殻をスポンジにつけてこすります。 卵の殻がクレンザーなどの研磨剤と同じ効果を発揮して、洗剤なしでも焦げが取れます。 この方法の良いところは、 土鍋のように、クレンザーや金属たわしでゴシゴシ擦ると傷付いてしまう、デリケートな素材の鍋にも使えるところ。 なんといっても卵の殻ですから、鍋を傷めることなく、優しく研磨することができるのです。 土鍋やテフロン加工の鍋、耐熱ガラスなど、強くこすれない鍋を焦がしてしまった時に、お試しあれ! ちなみにこの方法、真っ黒焦げの焦げ付き以外に、鍋底にこびりついた汚れや、お鍋を煮詰めて固くなった調味料などを取る時にも使えます。 スポンジだけでは取れないけれど、クレンザーや金タワシは使いたくないなあ…という時に便利ですよ。 汚れと同時にお鍋もピカピカになって、一石二鳥です! 次はもうひとつ、食べ物を使って焦げ付きを落とす方法を。 卵と同じく、どこの冷蔵庫にも入っているだろう、ある常備菜を使用します。 玉ねぎの皮で焦げを落とす方法 玉ねぎの皮(茶色い部分)2個分を鍋に入れ、焦げ付きにかぶるように水を入れて火にかけます。 沸騰したら20分ほど煮立て、煮汁を捨ててスポンジでこすると、あら不思議。 頑固な焦げ付きが、スポンジだけでも落とせるように。 実際に、玉ねぎの皮でステンレス鍋の焦げを落としているのが、こちらの動画。 黒く焦げた部分が大きな塊ごと剥がれて、スポンジで磨くだけで、最後にはピカピカの状態に復活しています。 玉ねぎの皮を使うこの方法、実はドイツに昔から伝わる家庭の知恵。 普通なら捨てる以外に使いみちのない玉ねぎの皮で焦げを落とすなんて、エコ大国として知られるドイツらしい方法と言えるかもしれませんね。 さて、ここまでに卵と玉ねぎを使った焦げ落としの方法を紹介しました。 どちらもポピュラーな食材ですが、2つとも切らしている時に鍋を焦がしてしまった場合は、次に紹介する方法を試してみてください。 お酢で焦げを落とす方法 お酢がお掃除にも使えることは知られていますが、お酢のパワーは鍋の焦げ付きにも有効です。 水:酢=2:1の割合で水とお酢を鍋に入れ、ひと煮立ちさせると焦げが落ちやすくなります。 焦げの正体は、加熱によりタンパク質と糖質が結びついて起こる化学反応。 お酢に含まれる酢酸にはタンパク質を分解する効果があるので、焦げを分解してくれるのです。 頑固な焦げ付きの場合は、次に紹介する重曹をプラスする方法を試してください。 重曹で焦げ落とし効果をパワーアップ! 先ほどの 水:酢=2:1に、小さじ2程度の重曹を加えると、焦げを落とす効果がさらにパワーアップ。 シュワシュワ発泡する重曹が、焦げを浮かせるのを助けてくれます。 急がないのであれば、沸騰させた後、一晩置いておくと焦げが落ちやすくなり、おすすめです。 ただし、 焦がしてしまったのがアルミ鍋の時は、重曹の使用はNG! アルミ鍋に重曹を使うとアルミ鍋が黒ずんでしまうので、お酢のみを使うようにしてください。 また、 アルミ鍋は亀の子たわしや金属たわしなどの硬い素材でこすると、表面にあるサビ防止用の皮膜が剥がれて鍋が傷んでしまいます。 焦げ落としには、つい硬いたわしを使いたくなりますが、木べらやスポンジなど、鍋を傷めない道具を使うように気をつけましょう。 米のとぎ汁で焦げを落とす方法 毎日、お米を炊いている人は、お米のとぎ汁が焦げ落としに使えます。 方法は簡単で、 お米のとぎ汁を焦げた鍋に注いで、 一晩浸け置きするだけ。 米のぬかに含まれるアルカリには汚れを浮かせる力があるので、とぎ汁に漬けておくと焦げが剥がれやすくなり、スポンジでこするだけで簡単に落とせるようになります。 ちなみに、アルカリ剤は酵素系漂白剤として使われる成分なので、同じくアルカリ性の お米のとぎ汁には、漂白や消臭の効果も。 ふきんを浸け置きすれば漂白に、密閉容器を浸け置きすれば臭い消しにも使えます。 とぎ汁は捨ててしまう人がほとんどだと思いますが、エコで手肌にも優しい洗剤として活躍するので、ペットボトルなどに取っておくと便利ですよ。 天日干しからお米のとぎ汁まで、焦げ付きのエコな落とし方を紹介しました。 これで焦げは落とせるはずですが、鍋を焦がした時って、臭いや黒ずみなど、たいてい他のトラブルも一緒に発生しますよね。 次は、そうしたよくある問題の解決法を紹介します。 もちろんこちらも、洗剤不要のエコな方法ばかりです! 焦げ付きと一緒に起こるトラブル解決法 鍋の臭いを消す・消臭する 鍋の臭い消しには、お茶の出し殻が有効です。 お茶の成分であるカテキンは、よく消臭剤にも使われていますよね。 空の鍋に茶殻を入れて、10分ほど弱火で炒ると、鍋に付いた臭いを消臭できます。 鍋だけではなく、台所や部屋の臭いも消すことができるので、焼肉の後や、ホットプレートを使った後の室内消臭にもおすすめですよ。 銅鍋の黒ずみを取る 銅鍋の黒ずみには、意外な調味料を使います。 黒ずんだ銅鍋は、なんとケチャップで磨くとピカピカに。 買ったばかりのようなツヤが蘇り、気持ちよく使えます。 なお、 銅は金属としては柔らかい部類に入るため、金属たわしでこするのはNG。 硬い素材でこすると傷だらけになってしまうので、柔らかい布やスポンジにケチャップを付けて、優しく磨いてあげてくださいね。 アルミ鍋の黒ずみを取る アルミの表面には、サビを予防する酸化皮膜があるのですが、ゴシゴシ磨くとこの被膜が取れ、余計に黒ずんでしまいます。 アルミ鍋の黒ずみを取るには、リンゴかレモンの皮を使いましょう。 1~2個分のリンゴもしくはレモンの皮と水を入れて煮立たせ、冷めたら煮汁を捨てて柔らかいスポンジで磨きます。 洗剤でも落ちない黒ずみが、フルーツに含まれる酸の効果ですっきりきれいになりますよ。 なお、焦げを取る方法のところでもお伝えしましたが、 アルミ鍋は重曹を使うと黒ずんでしまいます。 万能の粉、重曹ですが、アルミへの使用はNGだと覚えておいてくださいね。 中華鍋のすすを落とす 中華鍋を使っていると、鍋のフチや外側に油かすの焦げ付きやすすが付いてきます。 こんな時は、 中華鍋をガスコンロの火にかけ、焦げ付きや汚れの部分を焼き切りましょう。 煙が出るまで熱した後、また煙が出なくなるまで、十分に熱してください。 1時間ほどかかることもあるので、根気強くやってくださいね。 すすを焼き切ったら、包丁の背を使ってすすをこそげ落とし、水道で洗い流します。 この時、外側を洗うだけなら台所用洗剤を使ってもOK。 その後、 再び中華鍋を火にかけて完全に乾かしてから、内側と外側の両方に油を塗って、油膜を作れば完了です。 卵の殻を砕いて研磨剤として使う• 玉ねぎの皮を入れて煮立てる• 水:酢=2:1を入れて煮立てる。 重曹小さじ2を加えるとさらに効果的• 米のとぎ汁に一晩浸ける• 焦げがカラカラになるまで天日干しする 洗剤で落ちない焦げ付きも、身近なもので落とすことができるんですね。 口に入れても大丈夫な食材ばかりなのも、嬉しいところ! ちなみに私は、ホーロー鍋をみごとに真っ黒焦げにしてしまったことが数回あります。 最初は、重曹を入れて火にかけると焦げが取れると聞いて試したのですが、思ったほど効果がなく… 少しの焦げなら重曹でも落ちるのですが、鍋全体が真っ黒になるほどの焦げ付きだと、そこまで劇的な効果はありません。 1番簡単で効果があったのは、最初におすすめしたように鍋を天日干しする方法。 日当たりの良い場所で数日間干しっぱなしにし、カラカラになるまで置いておくと、たわしではビクともしなかった焦げ付きも、皮をむくように剥がれてきます。 さすがは昔ながらの知恵、お金もコツもいらない方法が、こんなに効果があるのかと感心しました。 かかるのは時間だけなので、急がなくても大丈夫という場合は、ぜひ試してみてくださいね。 参考文献) 完全保存版目からウロコのお掃除の裏ワザ(PHP研究所) こんなに楽になる! 家事の裏ワザ全書(PHP研究所) 「汚れを落とす! 」ワザあり事典(PHP研究所) おばあちゃん直伝 生活の知恵袋(ゴマブックス) 生活雑貨を修理する本(CHIKYU-MARU).

次の

コンロの焦げ落とし なるべく傷をつけずに落とすプロの技

焦げ 落とす

鍋について焦げの落とし方は、いろいろな方法があり、ネットでも紹介されています。 ただし、お鍋の種類などによって方法が異なりますので、気をつけたいところです。 ステンレス、アルミだけでなくテフロン加工、銅なべの焦げの落とし方も教えます。 スポンサードリンク お鍋には用途などに応じていろいろな素材のものがあり、家庭にも様々なお鍋があると思います。 料理で焦がしてしまうことは、誰もが経験したことがあるではないでしょうか。 お鍋にこびりついた焦げを落とす方法は、ネットや雑誌、テレビなどでも、様々な方法が紹介されています。 ここでは、お鍋の種類別に焦げ付きの落とし方をまとめておきますので、ぜひ参考にしてください。 ステンレス鍋 ステンレス鍋とは、ステンレス製の鍋ということですが、ステンレスとはそもそも、「stain(汚れや着色など)がless(ない)」といった意味の言葉であり、鉄などと異なり人が作った合金です。 ステンレスはその素材の多くは鉄であって、表面にサビから守る膜のようなものが加工されています。 ステンレス製の鍋は、保温効果に優れていることや、焦げ付きにくいという特徴があり、煮込み料理など、長時間の料理に向いていると言われています。 また、IHで使用できるものがほとんどですので、家庭に一つくらいはあるのではないでしょうか。 焦げにくく、サビないというステンレスですが、焦げてしまったときには、次のような対処法があります。 塩素系漂白剤を使って落とす。 焦げた部分が浸る程度に塩素系漂白剤を入れます。 そして、1時間程度、放置します。 ただし、長時間の放置してはいけません。 必ず、1時間程度にします。 ちなみに、漂白剤には塩素系と酸素系がありますが、アルカリ成分が塩素系の方が強力なことから、塩素系を使用すると大きな効果が得られます。 1時間程度たってから擦ると焦げが取れます。 重曹を使って落とす。 重曹を使う方法は、最もいまや定番の方法です。 方法は次のとおりです。 お鍋の焦げがしっかりと浸る程度の水を、お鍋に入れます。 そこに、重曹を大さじ2~3杯程度入れます。 火にかけて、沸騰させます。 (泡がなくなるまで、10分程度は沸騰させます。 冷ましてからお湯を捨てて、スポンジで擦ります。 なお、沸騰した後に半日程度、冷ましておいておくとよりよく焦げを落とすことができます。 なお、最後に焦げを擦る際には、スポンジやナイロン製のタワシで行うことに注意してください。 金属のタワシなどを使用するとステンレス鍋が傷ついてしまい、錆びの原因になってしまいます。 この方法はホーロー鍋にも効果的です。 水を使って落とす。 水だけを使用して焦げを落とすこともできます。 重曹と同様に、焦げた部分が浸るくらいの水をお鍋に入れて、10分くらい沸騰させます。 火を止めて一晩程度、そのまま置いておきます。 簡単にできる方法ですので、家庭に重曹がない場合には最初に試してみるといいと思います。 水だけであまり効果がなければ、重曹の方法に切り替えてみるといいでしょう。 お酢を使って落とす。 上記の重曹や漂白剤はアルカリ成分を使用して焦げを落とすものですが、汚れがアルカリ性の場合には、重曹や漂白剤で落ちないことがあります。 ステンレス鍋の内側が虹色っぽく変色している場合など、お酢を使用すると効果が得られることがあります。 まず、お鍋にお酢と水を入れます。 (水1リットルあたり70mlから90ml程度) その後、弱火から中火程度で熱していきます。 なかなか落ちない場合には、お酢を含んだお湯を鍋に入れたまま、置いておくことや、キッチンペーパーなどに湿らせて汚れの部分を覆っておくこともいいでしょう。 最後は中性洗剤で洗い流します。 なお、 お酢を使用することから、臭いがかなりありますので、十分に換気をするようにしてください。 天日干しをする。 天日干しは、簡単でとても効果のある方法ですので、とてもおすすめの方法です。 お鍋の中の焦げた部分を、日光に当たるように1日置きます。 1日経過すると、擦ると焦げがボロボロと取れますので、落とした後に、今度は水を少し張って天日干しをします。 1日経過したら、また焦げを落とします。 基本的には、天日干しを2回すれば焦げは落ちますが、足りなければ、再度水を張って天日干しすることを繰り返します。 参考になりそうな動画がありましたので、合わせてご覧ください。 この方法はアルミ鍋、銅鍋、鉄鍋にも使用できます。 スポンサードリンク アルミ鍋 アルミ鍋は熱伝導率がとてもよく、鉄の三倍程度あり保湿性も高い言われています。 また、軽いことから深い寸胴鍋や、浅くて雪平鍋など、様々な種類があり、とても利便性の高い鍋と言えます。 アルミ鍋もステンレス鍋と同様に、酸化しないように膜で加工されていますので、錆びないように作られています。 ただし、加工が剥がれてしまえば、錆びないようにと作られた効果がなくなってしまいます。 したがって、金属のタワシなどを使用して擦ることは厳禁です。 ステンレス鍋と異なり、アルミ鍋は酸性やアルカリ性に弱いという特徴があります。 したがって、ステンレス鍋のように重曹や塩素系漂白剤、お酢などを使用して焦げを取るという方法が使用できません。 また、料理においてもお酢や塩などの濃度が濃くなってしまうものを使用する際には、気をつけないとお鍋を傷つけることになってしまいます。 とはいっても、水道水に含まれて居るミネラル成分にも反応してしまいますので、お鍋でお湯を沸かすだけで、アルミ鍋が黒ずんだという経験のある人もいると思います。 ここでは、焦げだけでなく、アルミ鍋の黒ずみを取る方法についても、ご紹介します。 酸素系漂白剤を使って落とす。 塩素系漂白剤はアルカリ性が強くて使用できませんが、酸素系漂白剤であれば効果があります。 お鍋にお湯を作ります。 (50度程度のお湯)• そこに酸素系漂白剤を入れます。 スポンジで軽くこすっていくと、焦げがとれていきます。 お酢と洗剤を使って落とす。 台所用洗剤にお酢を少々混ぜます。 それを焦げた場所が浸かるくらい、お鍋に入れていきます。 火にかけて熱くして、熱くなったら火を止めてそのままにします。 しばらくたったら、鍋に入れた洗剤をすてます。 その後、天日干しします。 布などで、焦げた場所を擦っていくと、焦げが取れていきます。 お湯を使って落とす。 お湯または少し酢を加えたお湯を使用して焦げを落とすことができます。 水(または大さじ1~2杯の酢を加えた水)を入れて沸騰させます。 火を止めて冷まし、一晩置きます。 次の日に擦って焦げを落とします。 アルミ鍋の黒ずみの落とし方 アルミ鍋は酸性やアルカリ性に弱く、使用していくとどうしても黒ずんでしまいます。 これは、アルミとミネラル分がなどが反応して鍋に固着するもので、それが黒く見えています。 (ちなみに人体への影響はないようです。 ) 黒ずんでしまっても、ちゃんとキレイにとれる方法がありますので、ご紹介します。 方法は簡単で、次のとおりに行っていきます。 アルミ鍋にりんごの皮や芯、レモン、クエン酸などを入れます。 水を入れて沸騰させます。 (水は黒ずみの位置まで入れるといいでしょう。 15分ほど煮詰めます。 冷ました後に、擦れば黒ずみが落ちていきます。 なお、この方法で黒ずみを取ったあとには、 アルミ鍋の表面に張られていた酸化被膜もなくなってしまいます。 したがって、酸化被膜を作ることも合わせて行ってください。 酸化被膜の作り方は次のとおりです。 酸化被膜の作り方 酸化被膜は黒ずみを落とした後だけでなく、 アルミ鍋の購入直後や焦げを落とした後にも効果的です。 そこに、水を鍋の8割程度まで入れます。 鍋を沸騰させて、10分以上煮立たせます。 お湯を捨てて水気を拭き取って乾かします。 これで、酸化被膜の出来上がりです。 これをしないと、またすぐに黒ずんでしまいます。 なお、これは即席の方法であり、アルミ鍋に最初から施してある酸化被膜とは異なります。 定期的に行うとアルミ鍋が長持ちすることになります。 ホーロー鍋 ホーロー鍋はルクルーゼなどが有名です。 見た目のかわいさもあり、とても人気があります。 ホーローは、鉄などの素材にガラスの粉が吹き付けてある素材です。 とても保温性が高くスープや煮込み料理などに向いています。 ただし、ステンレスやアルミの鍋と比較すると弱い素材であり、丁寧な扱いが必要になります。 また、空焚きや急に冷却することに弱く、手入れもゴシゴシと擦ることはできません。 重曹を使用して落とす。 ステンレス鍋と同様に重曹で焦げを落とすことができます。 ホーロ鍋に、水を入れて沸騰させ、重曹(2〜3杯程度)を入れて沸騰せます。 しばらく置いて、冷ましてから木べらなどで、焦げを落としていきます。 鉄製鍋・フライパン 鉄鍋は、このところとても人気があります。 最初に使用する前に焼き込みをして、油をなじませるなどの手間がありますすが、最初のこの作業を終えてしまえば、こびりつきにくく、使用後の手入れはタワシとお湯のみでOKとなります。 しかも、最近の鉄のフライパンなどは軽くできているものも多く、主婦を中心に人気が広がっています。 さて、その鉄製の鍋ですが、焦げてしまったらどうしたらよいのでしょうか。 この場合、焦げた上にさらに空焚きをしていきます。 (このときに少し塩を振ります。 ) 空焚きでさらに焦がして、冷めてから金属のヘラでこすっていきます。 多少の焦げ付きであれば、重曹を振りかけてから、タワシでこすっって洗い流すという方法もあります。 銅鍋 銅鍋はピンクゴールドのような見た目の色やデザイン性からも、近年とても人気があります。 銅鍋は熱伝導が良く、全体に均等に熱が伝わっていくため、煮物はしっかりと素材の芯まで火が通り、焼き料理はふっくらと素材の旨みを閉じ込めます。 また、抗菌性が高いことも人気の理由です。 ただし、水や塩に気をつける必要があり、料理が終わったらそのまま鍋に入れておかず、取り出すことも大切です。 使用後は水分を拭き取り、密閉されたところに仕舞ったりせず、風の通りが良いところに保管しておきます。 銅製の鍋が焦げ付いたときは、まず水を入れて沸騰させます。 そして、十分焦げをふやかしてからスポンジで落としていきます。 黒ずみがついた場合は、レモンの切れ端などで擦ると落ちていきます。 金属タワシは傷つきやすいため、使用してはいけません。 また、重曹も変色や変質の恐れがあり、使用しないようにします。 まとめ お鍋の素材ごとに、焦げの落とし方を紹介してきました。 お鍋は料理に使用するものであり、毎日使用するため、愛着がある方も多いと思います。 焦げ落としなど、お手入れをしっかりとすることで、さらに愛着が湧いてきます。 愛着を持って道具を整備すれば、料理もきっとおいしくなると思います。 どうぞ、参考にしてください。

次の

焼肉の時に付く鉄板の焦げを簡単に落としたい!ポイントややり方

焦げ 落とす

鍋ごとにおすすめの焦げ落とし方を発表 さっそくですが、まとめてみました。 キレイにしたい鍋の種類によって、焦げの落とし方はけっこう変わってくるのです。 今回ご紹介するのは、 ・ステンレス ・アルミ ・テフロン ・ホーロー ・鉄 ・銅 ・ガラス ・土鍋 の8種類。 けっこう多いですね。 この順に紹介するので、見ていきましょう。 ステンレスの鍋は、重曹で焦げ落とし とても一般的な、ステンレスの鍋。 サビにくいけどちょっと焦げつきやすい鍋なのです。 ステンレス鍋におすすめなのは、 重曹での焦げ落とし。 重曹で落ちなかったら、お酢を試してみましょう。 本当にしつこい焦げには、ちょっと面倒ですが、天日干しがおすすめです。 サビにくい、けれどアルカリに弱い、という特徴もあります。 そんなアルミ鍋の焦げには、 お酢を使うのがおすすめ。 重曹は使ったらだめですよ。 落ちなかったら、天日干ししてみましょう。 お酢を使った落とし方へはから飛べます! テフロン鍋は、水でぐつぐつ アルミやステンレスのベースに、テフロンというフッ素のベースを塗った鍋。 焦げ付きが少なく水もはじく、という性質があります。 ただ、テフロンのコートが剥がれないように、注意が必要なのです。 最近出てきた「セラミック」の鍋も、テフロン鍋と同じ方法で大丈夫です。 傷つきやすいテフロン鍋は、 水を入れて沸騰させて焦げを落としましょう。 テフロンでコートされているので、ものすごく焦げがつくわけではありません。 基本のお手入れは水のみで、落ちないときは重曹やお酢を使ってみましょう。 水を使った落とし方へはから飛べます! ホーロー鍋は、重曹かお酢で かわいらしいホーロー鍋があると、料理の時間も楽しくなりますよね。 そんなホーロー鍋は、鉄などにガラスの粉をふきつけた、表面がガラスの鍋なのです。 もちろん、とてもデリケート。 やさしいお手入れが大切です。 ホーロー鍋の焦げには、 重曹か お酢を使いましょう。 しつこい焦げ付きには、天日干しです。 重曹を使った落とし方へはから飛べます! お酢を使った落とし方へはから飛べます! 鉄鍋には、から焚きがいいのです 一家に1つあると、とても重宝する鉄鍋。 重い、油をなじませないとサビてしまう、というマイナス面もあります。 でも、から焚きも平気だったり、たわしでごしごし洗っても良かったりと、とてもタフな鍋なのです。 鉄鍋は、 から焚きして焦げを取るのが確実な方法。 金属ヘラも使えます。 なじませた油が取れてしまうので、洗剤を使うより水だけのお手入れの方がおすすめです。 から焚きを使った落とし方へはから飛べます! 銅鍋は、水だけでやさしく 使ったあとにきちんと洗わないと、変色してしまう銅鍋。 アルカリ性に弱いことに、気をつけましょう。 デリケートな銅鍋には、 水を沸騰させて焦げを取る方法がおすすめ。 水を使った落とし方へはから飛べます! ガラス鍋は、重曹かお酢で 酸やアルカリ、塩分にも強く、作った食品をそのまま保存しておくのにもいい、耐熱ガラス製の鍋。 便利だけれど、少しお手入れに気を使ってくださいね。 耐熱ガラスの鍋は、 重曹か お酢でのお手入れを。 ちょっとしつこい汚れには、天日干しがいいですね。 重曹を使った落とし方へはから飛べます! お酢を使った落とし方へはから飛べます! 土鍋には、重曹かお酢!汚れに合わせたお手入れを 寒い時期のお鍋に大活躍の、土鍋。 ちょっと強そうな感じもする土鍋ですが、注意したいことが意外とあるのです。 特に盲点なのが、洗剤でのつけおき。 小さな穴がたくさん空いているので、そこに洗剤が入り込んでしまうのです。 肉類、魚類、卵、砂糖、穀類の焦げには、 重曹。 野菜、果物、海藻、きのこ、大豆などの焦げは、 お酢が効きます。 重曹を使った落とし方へはから飛べます! お酢を使った落とし方へはから飛べます! すべての鍋に使える、天日干し 全ての鍋に使えるのが、 天日干しです。 ただし 1週間くらいかかるので、時間がかかってもいい、というときだけですが……。 じっくり待つ気持ちがカギです。 鉄鍋は、から焚きが出来るので、天日干しよりから焚きしちゃうのがおすすめですよ。 擦って、水洗いする 時間が経ったらキッチンペーパーをはがして、割り箸や木ベラなどで擦っていきます。 金属のたわし、ヘラがだめな鍋も多くありましたよね。 そんな鍋には、必ず、割り箸や木ベラを使いましょう。 焦げが落とせたら、最後に水洗いをして、完了です。 まとめ 鍋の種類ごとに、焦げの落とし方を紹介していきました。 ステンレス鍋、アルミ鍋、テフロン加工鍋、ホーロー鍋、そして鉄鍋、銅鍋、耐熱ガラス鍋、土鍋のどれかによって、お手入れの仕方が変わってきます! 鍋の種類によって、使っていいもの、おすすめなものがこんなに変わってくるのです。

次の