キャッシュ パスポート プラチナ。 キャッシュパスポートプラチナの評判は悪い?メリットとデメリットを解説

キャッシュパスポート

キャッシュ パスポート プラチナ

2019年8月19日(月)より、9種類の通貨が利用可能なプリペイドカード「キャッシュパスポートプラチナ」がリリースされた。 株式会社クレディセゾンとMastercardの連携で誕生した本カードは、海外渡航前にチャージすることで、世界各国でキャッシュレスを実現することができる。 またモバイルアプリも用意されており、スマホ1台で管理できるのも特徴的だ。 サービス概要 「キャッシュパスポートプラチナ」は世界210以上の国や地域で利用でき、主なサービス内容は下記の通り。 マルチカレンシー• モバイルアプリ• タップ決済• スペアカード• 24時間365日サポート マルチカレンシー 「キャッシュパスポートプラチナ」は渡航先に合わせて9種類の通貨に対応しており、現地での残高管理が手軽になっている。 具体的には日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、シンガポールドル、香港ドルの9種類だ。 モバイルアプリ 「キャッシュパスポートプラチナ」にはモバイルアプリが用意されており、時間と場所を選ばずに残高や利用履歴の確認ができる。 また9種類の通貨間で残高両替も可能で、スマホ1台で為替レートを確認しながら通貨を交換することが可能だ。 タップ決済 Mastercardコンタクトレス対応店舗の場合、「キャッシュパスポートプラチナ」を端末にタップするだけで支払いが完了する。 カードを店員に手渡す必要がなく、スピーディーに支払いが完了するのは非常に魅力的だ。 スペアカード 「キャッシュパスポートプラチナ」を新規発行した際、同時にスペアカードも発行される。 スペアカードはキャッシュパスポートプラチナが盗難・紛失時に代用でき、すぐに利用を再開することができる。 24時間365日サポート 場所や時間にかかわらず、「キャッシュパスポートプラチナ」では24時間365日にわたってサポート体制を敷いている。 電話はもちろんEメールにも対応しており旅行時のトラブル対応は万全。 カードの紛失や盗難、破損した場合には、カードの再発行から緊急用の現金の用意まで用意してくれる。 他のプリペイドカードとの違い 海外で利用できるプリペイドカードで有名なものは下記の通り。 マネパカード• GAICA• マネーティーグローバル(Money T Global) マネパカード マネパカードはFXで有名な「マネーパートナーズ」が発行しているプリペイドカード。 日本円や米ドルをはじめとする6つの外貨に対応しているのが特徴だ。 しかし「キャッシュパスポートプラチナ」と比較すると対応外貨の数が少ないので要注意。 GAICA GAICAは新生銀行グループのアプラスが発行しているプリペイドカード。 世界200か国以上に対応しており、VISA payWaveのロゴがある店舗で利用できる。 マネーティーグローバル(Money T Global) マネーティーグローバル(Money T Global)はJTBが発行しているプリペイドカード。 VISA関連のトラベルプリペイドカードなので使いやすさが抜群で、「危機回避情報配信サービス」を利用すれば渡航先のトラブルを極力回避することもできる。 「キャッシュパスポートプラチナ」は学生や出張におすすめ 本記事を読んだ人の中には、プリペイドカードよりもクレジットカードのほうが便利と考える人も多いと思う。 しかし「キャッシュパスポートプラチナ」の場合、カード所有者が使いすぎるのを防いだり、クレジットカードが利用できない場合に対処できたりする。 学生の留学や会社員の出張まで幅広いシーンに対応できるのでおすすめだ。

次の

キャッシュパスポートプラチナの評判は悪い?メリットとデメリットを解説

キャッシュ パスポート プラチナ

キャッシュパスポートが対応している9つの通貨 キャッシュパスポートに入金ができる通貨は次の9種類です。 日本円• アメリカドル• ユーロ• イギリスポンド• オーストラリアドル• ニュージーランドドル• カナダドル• シンガポールドル• 香港ドル キャッシュパスポートは日本国内での利用はできませんが、基本的には日本円を入金しておけば大丈夫です。 後でお話ししますが、どの通貨で入金されていても、ほかの通貨での買い物も問題なくできます。 キャッシュパスポートは通貨間での移動ができる! キャッシュパスポートは対応している通貨間での移動ができます。 例えば、入金されているユーロをイギリスポンドに交換するなどが可能です。 また、現地の通貨にキャッシュパスポートが対応していない、現地の通貨ではなくほかの通貨でしか入金されていない場合でも買い物は可能です。 キャッシュパスポートに買い物ができるだけの金額が入金されていれば利用できます。 対応している通貨外の国に行く場合には日本円でチャージをしておきましょう。 キャッシュパスポート内の通貨が使用される優先順位 キャッシュパスポート内に複数の通貨が入金されている場合には、使用される通貨には優先順位があります。 まず、現地の通貨が入金されている場合にはその通貨が使用されます。 入金額では足りない場合、そもそも現地の通貨が入金されていない場合には次の優先順位で通貨が使用されます。 通貨の移動はキャッシュパスポートのマイアカウントからできます。 マイアカウントでは、為替手数料、移動前の金額、移動後の金額などが表示されるので十分にチェックしましょう。 マルチカレンシーのキャッシュパスポートのメリット 海外専用のプリペイドカードには、種類によって入金ができる通貨が異なります。 キャッシュパスポートは9種類の通貨に対応しており、ほかの海外プリペイドカードよりも幅広い国と地域の通貨に対応しています。 なぜ複数の通貨に対応していると便利なのかというと、外貨両替が不要だからです。 日本円だけで海外旅行や海外出張をしようと思うと、渡航前や現地で必要な通貨への両替が発生します。 キャッシュパスポートならその手間が不要な上、現地通貨で入金がされていれば為替手数料はかかりません。 キャッシュパスポートは為替変動に強い 為替変動とは、様々な影響を受けて通貨の価値が変動することです。 ここまで短期間に大きく動くことはまれですが、その可能性があるということは覚えておきましょう。 為替変動で円の価値が下がってしまうと、その分海外で使える金額も減るということになります。 反対に円の価値が高いときであれば、同じ100円でもより多くの海外通貨となります。 そのタイミングでアメリカドルに交換をしてキャッシュパスポートに入金しておけば為替変動によるリスクを小さくすることが可能です。 キャッシュパスポートは複数の通貨圏に行く場合には便利 またキャッシュパスポートは、1つの国、地域ではなく複数の通貨が必要になるケースには非常に便利です。 例えばアメリカやイギリスなどを回る場合にはそれぞれの通貨で入金しておけば為替手数料はかかりません。 また、アメリカから帰国後、イギリスへ向かうなどのケースでは残ったアメリカドルをイギリスポンドへ移動することもできます。 まとめ:キャッシュパスポートはマルチカレンシーが便利 キャッシュパスポートには、日本円 、 アメリカドル 、 ユーロ 、 イギリスポンド 、 オーストラリアドル 、 ニュージーランドドル 、 カナダドル 、 シンガポールドル 、 香港ドルの9種類の通貨での入金ができます。 現地通貨が入金されていれば、その国での買い物で手数料はかからないのでお得です。 また現地の通貨が入金されていなくても、買い物ができる金額がチャージされていればその他の通貨を使って支払いができます。 ただし、現地通貨以外だと手数料がかかります。 日本円を現地通貨に両替するのにも手数料はかかるので、キャッシュパスポートの手数料が高いというわけではありません。 複数の通貨での入金ができるので、様々な国、地域に行く場合にはキャッシュパスポートはとても便利です。

次の

キャッシュパスポート評判と口コミ

キャッシュ パスポート プラチナ

キャッシュパスポートはどんなシステムなのか? キャッシュパスポートは外貨プリベイドカードという、チャージしたお金の範囲内で外貨でクレジットカードとして使えるというシステムになっています。 またATMを使い外貨で引き出すこともできます。 このため、留学、クレジットカードを使うことが不安なかた、海外出張のかた、買い付け、海外旅行に頻繁にいかれる方などで使われるケースが多いです。 チャージには1回100万円、年間で500万まで、ショッピング利用限度額(24時間)が85万円または外貨相当額と制限がありますが、クレジットカードだけでは限度額オーバーになる可能性がある場合や、保険の意味で海外買い付けの際、海外に美容整形に行くが、限度額が足りない場合などに便利につかえます。 また日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、シンガポールドル、香港ドルの9つの通貨が1枚のカードで持ち歩くことができるので、海外出張での買い付けや経費管理にも便利です。 これ以外の通貨の地域にいかれる場合でも、ご利用日のレートで換算し残高から引き落とされます。 またキャッシュパスポートは不正な送金を防ぐ為に、チャージをできる人を厳格に決めています。 チャージできる人は、本人・一親等・二親等の方のみです。 カード保有者(本人)なら、特別な手続きなしに、銀行窓口、ATM、インターネットバンキング等でのお振込でチャージができます。 一親等(父母・配偶者・子)の方:「キャッシュパスポート入金委任状フォーム」というところから登録。 二親等(兄弟姉妹、祖父母)の方:キャッシュパスポート入金委任状をプリントアウトしていただき、二親等の方の本人確認書類と一緒にキャッシュパスポートまでFAX。 プリンターがない場合は、コンビニなどで印刷する方法があります、「印刷アプリ コンビニ」で検索するか、もしくはUSBにデータを保存して、コンビニにもっていくという方法があります。 キャッシュパスポートはどれぐらいでチャージされる キャッシュパスポートで入金確認後、24時間以内にカードへのチャージが完了します。 通常銀行などからの海外送金の場合、中継銀行を経由して送金先口座に届くので、おおむね1週間程度かかることを考えれば、とても早いです。 ただ平日14時30分以降や土日祝に振込した場合は、翌営業日の入金確認となり、チャージが完了するのは翌々営業日になるので、早めに行動するほうがいいでしょう。 キャッシュパスポートの評判・口コミは? キャッシュパスポートは「MasterCardのトラベラーズチェックのかわり」となる、プリベイドカードです。 キャッシュパスポートの評判と口コミに関しては大きく分けて2つに分かれます。 一つは損 一つは得 両者の言い分を整理してみました。 キャッシュパスポートは『損』派の意見• レートが高い。 チャージしたお金が余ったときに清算手数料が必要。 海外旅行の保険がついていない。 クレジットカードのポイントが溜まらない。 前払いしなくてはいけない。 キャッシュパスポートは『得』派の意見• 年齢制限がない• スペアカードと合計2枚もらえる。 日本の家族に振り込んでもらうことも可能。 現金と比べて安全。 緊急時にアシスタンスサービスが受けれる。 トラブルが起きたらクレジットカードのポイントなんてほんとどうでもよくなる• クレジットカードの使える店ならほとんど使える。 クレジットカードは限度額があり、海外旅行だと限度額オーバーになってしまう。 キャッシュパスポートはその心配がない。 クレジットカードは紛失すると再発行まで1週間はかかる。 海外旅行は確実に台無し。 ネットバンキングですぐに入金できる。 海外旅行の保険なら、旅行に申し込むときだけ使えば良い。 現地ではキャッシュパスポート• ネットバンキングでこまめに入れれば、最終的にゼロにもできる。 分析しますと、キャッシュパスポートは 損というタイプの方の多くはポイント貯めたい派、逆にキャッシュパスポートは 得というタイプの方は安全のためにクレジットカードを持ちたくない派が多いようです。 得派の意見でなるほどと思ったのが、以下の意見です。 両替所でごまかされた!! 以前に両替所で「両替をごまかされるトラブルに」あい、その際言葉が通じなくてくやしくて悲しい思いをした。 キャッシュパスポートだとそんな目にはあわないので安心。 38歳 自営業 男性 私も4~5㌦ごまかされそうになった経験がありますが、 海外の両替所は、きっちりと見ておかないと、平気でごまかします。 「sorry sorry わざとじゃないよ~~~」って絶対わざとやろ!!! その点キャッシュパスポートだと 両替所のごまかしはないので、損をする事はありません。 たしかに『損』派の意見も納得のいくところがあります。 しかしキャッシュパスポートには、クレジットカードと同じようにクレジットカードの使える店ならほとんど使える。 そして年齢制限がない。 というすばらしいメリットがあります。 これらの事を踏まえると、キャッシュパスポートはクレジットカードを持ちたくない方・持てない方でしたら、間違いなくおすすめできるといえます。 キャッシュパスポートはクレジットカードを持っている人にはムダか? 実は、国内ではクレジットカードを使うものの、 安全のために海外ではキャッシュパスポートを使うという意見も数多くありました。 海外でクレジットカードが使えなかった経験から。。。 保険にキャッシュパスポートを! 海外のレストランの支払いで、クレジットカードを使おうとすると 『このカードは使用できません』調べてみると、旅費の支払いでカードを使ったため、限度額オーバー! 幸い現金が少しあったので、なんとかなりましたが、買物にも食事にも出かけられず、 寂しい海外旅行に。。。 そんなことがあったので、保険代わりに、キャッシュパスポートを利用しています。 53歳 会社員 男性 なるほど、こんな経験があれば、ぜったいにクレジットカード使いたくないですよね。 例えば私はクレジットカードのショッピングの枠を、安全の為にある程度の額(減額を申請)まで抑えています。 国内で生活する分にはなんの問題はなくとも、旅費の支払いにカードを使うと、すぐに限度額近くになります。 そのさいその時だけ、限度額を上げてもらう事もできますが、キャッシュパスポートを使えば、私のような方でも心配なく利用することができます。 あとクレジットカードをお使いの方でこんな意見がありました。 少額の現金を引き出す際はキャッシュパスポートという意見です。 クレジットカードでキャッシングすると、手数料の他に、返済日までの利息が発生する。 日本で作ったクレジットカードだと、為替差損が発生する。 という事からクレジットカードを利用していても『少額の現金を引き出す際はキャッシュパスポート』を利用するという事だそうです。 トラベレックスの評判は?キャッシュパスポートは信用できる? トラベレックスとはキャッシュパスポート(CASH PASSPORT)というプリベイドカードを発行する会社の事です。 公式サイトにはこうあります。 アクセスプリペイドジャパン株式会社は、トーマスクック、トラベレックスジャパンを経て、2010年12月MasterCard Worldwideによるプリペイドカードプログラム事業の買収によって2011年2月にカードサービシーズジャパンとして設立されました。 このたび、2011年10月3日をもって 「カードサービシーズジャパン」から 「アクセスプリペイドジャパン株式会社」に社名を変更いたしました。 アクセスプリペイドジャパン株式会社は MasterCard Inc(本社:ニューヨーク州パーチェス、ニューヨーク証券取引所上場)のグループ会社として、日本の金融機関等へプリペイドカードのプログラムマネージメント及び包括的ソリューションを提供致します。 また、トラベレックスジャパン株式会社の発行のもと、海外旅行者および企業向けの旅行用プリペイドカードプログラムの管理・発行事業を金融機関や旅行代理店などのビジネスパートナーに提供し、 トラベラーズチェックに代わる商品、そして新しい海外への旅行費用の携行方法として提案していきます。 少し難しい言葉ですが、現在 トラベレックス株式会社は、 アクセスプリペイドジャパン株式会社という名前で MasterCardグループ会社として営業しているという事がわかります。 トラベレックスのキャッシュパスポートの評判は非常によく、またMasterCardというとクレジットカード大手のグループ会社ですので安心してご利用できます。 キャッシュパスポートに悪い評判はない? キャッシュパスポートの評判をいろいろ調べた所、レートが高いとかいう声は若干あるものの、致命的な悪い評判はみかけませんでした。 もともとキャッシュパスポートがMasterCardというクレジットカード大手のグループ会社なので、信頼性はバツグンです。 キャッシュパスポートを盗難された!海外からでもサポートは通じるのか? キャッシュパスポートでは国別にフリーダイヤルが開設されており、日本語で24時間体制で受付けています。 この際初めは英語のアナウンスがながれますが、しばらくすると日本語の案内が流れます。 アシスタンスサービスが24時間サポート 留学生の親御さんを中心に注目を集めているのが、キャッシュパスポートの『緊急時にアシスタンスサービスが24時間サポート』です。 緊急時の現金の手配• 緊急時の電話での通訳サービス• 緊急メッセージサービス• 緊急帰国に伴うアシスタンス(航空券購入など)• 医者・医療施設のご紹介• トラブル時の弁護士の紹介 といった困ったときに助かるサービスが受けれます。 やはりなれない国に大事な我が子を出すわけですから、こういうサービスがあるのは喜ばれるようです。 こういったサービスはトラブルにあって初めて役に立つもので、普段はあまり意味がありませんがこのサービス目的で利用するのも一つ賢い選択かもしれません。 振込み方法は? キャッシュパスポート保有者なら、銀行窓口、ATM、ネット銀行からカンタンに振り込むことができます。 旅行中はネットバンキングでチャージすると便利です 家族から振り込んでもらう際は、あらかじめ入金委任状フォームという所から、入金者を登録する必要があります。 まとめ キャッシュパスポートの評判・口コミみていると決定的に悪いという意見はなく。 結局どう使うか?によりお得かそうでないかが決まってしまうとの事のようです。 一概にキャッシュパスポートが得・損ではなく、得な使い方もできるし、損な使い方もできると考えたほうが良さそうです。 海外旅行中にクレジットカードが使えなくなるというトラブルも多々あります。 そんなとき2~3万円程度キャッシュパスポートに入れたおくと、なにかあった時の保険になります。 そういう事も考えると申し込んでおいて決して損はないでしょう。 樋原さん 私のばあいですが、航空券やツアーを手配するときは、クレジットカードでポイントを貯める。 クレジットカードは海外には持っていかないで、キャッシュパスポートを利用するというパターンでやってます。 友人はブランドの正規店の場合のみクレジットカードを使い、ほかはキャッシュパスポートを使います。 どちらかというとキャッシュパスポート使いは、リスク管理のできているお金持ちやインテリ層が多いような気がします。 10万くらいの買物だったらクレジットカードのポイントが千円程度。 落としたら再発行で1週間は動けませんからね。 そうなったら10万ぐらいの損失でしょ。 メリットとデメリット計算したら、千円でそんなリスクは取れませんよね。

次の