ブラインド テスト。 ベルデン8470の実力 ブラインドテストでぶっちぎり1位 : オーディオの常識は非常識

価格.com

ブラインド テスト

真にいい音のオーディオ機器を選択したいとき、自分の 耳しか頼りになりません。 頼りにならないのが、人の意見と、意外にも自分の 目と先入観です。 スピーカーは楽器に最も近い位置にあります。 メーカーやモデルが違えば違った音に聞こえます。 確かにデザインや値段による先入観によって 音も変わって聞こえる可能性はあります。 しかし、それを上回る個性の差が、そういった情報に左右されることなく、耳に届きます。 では、アンプやCDプレーヤー、ケーブルはどうでしょう。 値段相応の違いを有しているのでしょうか?価格やデザイン、材質などの情報に騙されていないでしょうか プラシーボ効果 ? ブラインドテストをして機器を選んでいるでしょうか? 限られた予算の中で、最高の音を求めたい場合、何を信じればよいのか、どういう方向性・方法でオーディオを試聴すればよいのか、以下にそのヒントがあるかもしれません。 ブラインドテスト掲載記事 オーディオの音質比較をブラインドテストで行っているページ、またそれに類するページをご紹介します。 5人のオーディオマニアは聞き分けられなかったそうです。 どちらが気に入ったかを確認したところ、A:14名, B:10名, 判断がつかない:14名 計38名 との結果が。 ほぼ50倍の差があるというのに。 普及システム側ラックには木の椅子を代用している徹底振りが面白いです。 オーディオ・メーカーがブラインドテストを行っているという話は私も初めて耳にしました。 どんな大型スピーカーも4秒でサッっと入れ替えられる装置が社内にあるそうです。 一度見てみたいものです。 もちろんこのメーカーの音も実際に聴いてみたいですね。 DBTを実行していることは、今後オーディオメーカーの宣伝文句になっていって欲しいものです。 同ページには、 スピーカー「エージング」の科学的根拠についても書かれています。 他のページにはという記事もあります。 ブラインドテストの必要性、スピーカーケーブルの材質で音質が変わらないことの説明、リスニングルームの重要性などなど、オーディオに関わる様々な科学的説明がなされているページ。 特に、アンプやCDプレーヤーだけでなく、スピーカーですら音質の臨界価格が10万円くらいではないか、と書いてあるところに凄みを感じます。 私自身まだ解読し切れていないサイトですが、内容の濃さでは随一でしょう。 オーディオの出版物としては非常に貴重なのではないでしょうか。 アキュフェーズの300万円のシステムが、9800円のデジタルアンプに負けた、ということで話題になりました 元記事では「結線に問題がある」とかフォローが入っておりますが。 逆になぜオーディオ誌上でブラインドテストをしていないのか疑問に思われるかもしれませんが、それはお金の問題など絡んでのことと思われます。 「パソコン批評」のような広告非掲載オーディオ雑誌が出ればよいのですが。 オーディオ批評のお手本にしたくなるような素晴らしいWebページです。 この記事以外にも興味深いテストがいくつか掲載されています。 後ほどご紹介しますね。 この「ハイエンドの敗北」という記事は非常に興味深い。 ティールというスピーカーは明晰な音を鳴らす比較的高級なスピーカー 試聴済み。 私も早く聴いてみたいです。 iPodとマークレビンソンの超高級CDプレーヤーとの対決記事。 どちらもアナログ出力での試聴比較。 ブラインドテストも実行しているようです。 ケーブルによる音の違いにも言及。 サイン波スイーブやピンクノイズを発生させる WaveGeneと、マイクから取得した音をグラフにする WaveSpectraが両方とも置いてあります。 私はノートPCで測定できましたので、おそらく音声アウトとインあればどんなPCでも測定可能と思われます。 うちで使ってみたところ、WaveGeneで60Hzあたりの低音がなぜか背後で聞こえることが分かり、またWaveSpectraでは、実際の音源 WaveFile との比較で、高音と低音が落ち気味であることが分かりました。

次の

アンプ聴き比べ(5万円〜100万円、ほぼ差なし!)

ブラインド テスト

二重盲検法(にじゅうもうけんほう、: Double blind test)とは、特にの・で、実施しているやなどの性質を、(観察者)からもからも不明にして行うである。 やの影響を防ぐ意味がある。 この考え方は一般的なとしても重要であり、を対象とする、やなどにも応用されている。 この盲検化を含んだ RCT は、客観的な評価のためによく用いられる。 行為の性質を対象である人間(患者)から見て不明にして行う試験・研究の方法を、 単盲検法という。 これにより真の薬効をプラセボ効果(偽薬であってもそれを薬として期待することで効果が現れる)と区別することを期待する。 しかしこの方法では観察者(医師)には区別がつくので、観察者が無意識であっても薬効を実際より高くまたは低く評価する可能性(観察者バイアス)や、患者に薬効があるかどうかのヒントを無意識的に与えてしまう可能性が排除できない。 そこでこれをも防ぐために、観察者からもその性質を不明にする方法が二重盲検法である。 試験の割り付けは第三者が行う。 また容易に区別が付かないようにするため、割付を用いることが多い。 に、 ()がはじめて行ったとされる。 後半から、 FDA が新薬の許可を得るために二重盲検法の試験の要求をはじめた。

次の

アンプ聴き比べ(5万円〜100万円、ほぼ差なし!)

ブラインド テスト

ブラインドテスト (Blind Test) ブランデッドテスト (Branded Test) 目的・用途• 品質・性能に絞って製品評価したい• ブランド名を明らかにしたくない• ブランド名が決まっていない• 消費者が、製品の品質・性能だけでなく、ブランド名で購買を決定する商品カテゴリーに向いている 特徴• 商品自体の客観的な評価を得るために、銘柄名を隠して行うテスト。 特定銘柄に対して持っている評価やイメージ、先入観などを取り除いて製品そのものの評価を得たいとき• 製品パッケージには無印の白箱やテスト用のラベルなどが用いられる• どの銘柄であるか明らかにした上でのテスト• 特定銘柄に対して持っている評価やイメージ、先入観なども含めて評価を得たいとき• 市販されている(市販される予定の)製品のパッケージを使用して行う。 【1】ブラインドテストを行い、【2】ブランデッドテストを行い両方の結果を得る。 【1】ブラインドテストを行うグループと、【2】ブランデッドテストを行うグループに分けて結果を比較する。 (十分なサンプル数が確保できるとき)• ブランド効果は、【2】-【1】で求められる。 Monadic Test (MT:モナディックテスト) Direct Comparison Test (DCT:直接比較法) 特徴• どの調査対象者も、1つだけのテスト製品だけをテストする方法。 1人の調査対象者が、2種類以上の製品をテストし、それを直接比較する方法。 テスト製品が複数ある場合は、テスト製品分のグループを設定する必要がある。 2種類ならば、Pを先にテストするグループ、Qを先にテストするグループなど提示順を設定する。 テストの状況は、現実の製品購入時の判断プロセスに近い状況を再現。 製品の品質・性能面の特徴を具体的に把握できる• 他のどのモナディックの結果とも比較が可能である(過去の結果と比較するなど)• DCTはMTよりも評価の差が大きく出やすい。 テスト製品間差が微細なとき、優劣の判断を出したいときに適している。 テスト製品が2種類以上のときは、マッチド・サンプル(性別、年齢、職業、使用状況などを同質にしたグループ)を組む手間がある。 過去の結果など比較する結果ないときは、結果の良否の判断は限られる• 先にテストした製品の評価が後の製品評価に影響しやすい(そのため、P先行、Q先行グループと設定し、順序効果を消去する方法をとる)• どのテスト製品も絶対的に評価が低いときがある• テスト状況はMTより人工的である。 直接比較法の種類 Sequential Monadic Test (シークエンシャルモナディック法) PとQ両方の絶対評価と比較評価をとりたい場合• 対象者が2製品を使用して、2製品を評価するテスト。 対象者は2製品をテスト使用し、1製品目を絶対評価した後に2製品目の絶対評価を行い、さらに2製品の比較評価を行う。 P先行、Q先行グループと設定し、順序効果を消去する方法をとる。 シークエンシャル:「連続する」という意味。 モナディック評価が2つ続くということ。 Proto-Monadic Test (プロトモナディック法) Pの絶対評価と、既存品や競合品との比較評価をとりたい場合• 対象者が2製品を使用して、2製品を評価するテスト。 対象者は2製品をテスト使用し、1製品目を絶対評価した後に2製品の比較評価を行う。 2製品目の絶対評価(モナディック評価)は行わない。 プロト:「最初の」という意味。

次の