生理 きそうでこない 腹痛。 【女医が回答】生理の時に茶色いものが出るけど、大丈夫?

【女医が回答】生理の時に茶色いものが出るけど、大丈夫?

生理 きそうでこない 腹痛

最近では、更年期が始まったとは思えない20代や30代の女性にも見られる「若年性更年期」、40代になったばかりの「プレ更年期」、更には「早発閉経」なども増えています。 このように、更年期や閉経といったデリケートな問題は、大人の女性なら年代に関係なく押さえておきたい知識とも言えるんです。 では、更年期になると生理がどのように変化していくのか、詳しく見ていきましょう。 知っておきたい更年期&閉経の基礎知識 更年期や閉経は、女性にとって避けては通れない問題です。 ここでは、多くの女性が抱えている、素朴な疑問について確認してみましょう。 更年期っていつから始まるの? 年齢に合わせて、常に変化し続ける女性の身体。 初めて初潮を迎えてから初潮が安定するまでの期間は、妊娠できる身体へと変化している最中なんです。 一方、妊娠できる身体から妊娠できない身体へと変化する期間が、更年期と呼ばれる期間です。 具体的には、閉経する前後5年間が、更年期にあたります。 ユニチャーム・ソフィによると、日本人女性が閉経する平均年齢は50. つまり、45. 5歳~55. 5歳で更年期を経験する女性が多い、という事になりますね。 ポイント!• 更年期かどうかは婦人科で調べられる• 血液採取によるホルモン検査が一般的• 検査するのは、女性ホルモン&性腺刺激ホルモン• 2種類のホルモンの分泌量から、卵巣機能が正常に働いているか判断• 排卵性生理or無排卵性生理の判定も、同じ検査で分かる 閉経の判断基準は? 閉経とは、ある日突然訪れるモノではありません。 閉経前の数年間を通して、卵巣の機能が次第に低下していき、これに伴って徐々に生理が不安定になっていきます。 閉経しても1年~2年は妊娠の可能性が!? 更年期の生理不順を経て、生理が止まって12ヵ月以上経過すると「閉経」と見なされますが、完全に妊娠の可能性が無くなったと判断するのは早計です。 事実、閉経したと思っていた女性が、その後2年以内に予期せぬ妊娠を体験した!というケースも報告されています。 妊娠を望まない場合は、閉経後も数年間は避妊を意識しておいた方が良いでしょう。 ちなみに、更年期の避妊法として、ピルを勧めている婦人科医も少なくありません。 更年期のホルモン治療としても効果的ですし、避妊効果が高い事でも知られています。 2日目のような大量出血が数日続いたかと思えば、翌月には少量の出血だけで終わってしまうなど、その月によって経血量がバラバラになる女性も少なくありません。 タイプC:継続期間が乱れる 正常月経の場合、1回の生理が続く期間は3日~7日と定義されていますが、更年期の生理は継続期間も乱れがちになります。 2日以内で終わってしまう「過短月経」や、8日以上続く「過長月経」を繰り返し、次第に閉経へと向かっていきます。 タイプD:2つ以上の特徴が重なる 更年期の生理不順は、最初は1つだったポイントが複数になり、最終的に閉経へと辿りつくのが一般的です。 今まで順調だった生理が突然止まらなくなり、尚且つ大量の出血量を伴っているなら、「過長月経」と「過多月経」という2つの生理不順が重なっている状態です。 また、生理が数ヵ月おきに1度のペースになり、生理が来ても少量の経血量で僅か2日で終わってしまうなら、• 続発性無月経• 過少月経• 過短月経 これら3つが重なっている状態と言えるでしょう。 標準的な終わり方はない! 閉経へのプロセスは人によって様々ですから、これが更年期の正常な状態だと言える、標準的な終わり方はありません。 しかも、更年期の生理不順は、ある日突然始まってしまう傾向にあります。 自分の年齢が更年期に相当する場合は、前もって心の準備をしておきましょう。 ちなみに、経験者の口コミが掲載されている掲示板では、実母の経験談が最も参考になった!という女性が多いようです。 親子ですから、体質が似ているのかもしれませんね。 更年期の生理不順と思っていたら〇〇だった! たとえ40代後半の女性であっても、生理不順=閉経へのカウントダウン!とは限りません。 確かに、年齢は更年期かどうかを判断する上で重要なファクターです。 ですが、多くの婦人科医が警鐘を鳴らしているように、女性特有の病気が隠れているケースも少なくありません。 子宮ガン• 子宮筋腫• 子宮頸管ポリープ• 子宮内膜症 これらの病気を根治するには、早期発見が何より重要です。 定期的な婦人科検診やガン検診を受けて、万一に備えておきましょう。

次の

生理が来ない!? 知っておきたい生理不順の原因や妊娠の超初期症状 [女性の健康] All About

生理 きそうでこない 腹痛

その為、40代を迎えた女性が生理不順を体験すると、「私も更年期を迎える年齢なんだ!」「いよいよその時が来た!」と思い込んでしまいます。 確かに、40代になって生理が不安定になる女性が多いのは事実です。 ですが、生理不順=更年期とは限りません!むしろ、40代の女性には更年期より警戒すべき疾患が数多くあるんです。 子宮筋腫• 子宮ガン• 子宮ポリープ• 子宮内膜症 場合によっては、更年期よりも治療が難しい病気が潜んでいる事も・・。 更年期だからしょうがない・・と放置していると、取り返しが付かない結果を招いてしまう可能性もあるんです。 40代女性が体験している生理の特徴 始めて初潮を迎えてから、何十年も付き合ってきた生理。 不安定だった10代を経て、20代30代を特に問題もなく規則正しく過ごしてきた人も多いでしょう。 ですが、40代前後になってから、急に不安定になってきた、という経験はありませんか?女性の身体は、年齢によって担う役割に違いがあり、見えない所で変化しているんです。 生理から生理までのスパンが長くなった• 予定日でもないのに出血がある• 終わったばかりなのに出血がある• 生理が1週間以上も止まらない• 経血量が多い月と少ない月があり、その差が極端 などなど・・今まで順調だった生理が急に乱れてしまう。 それは、40代女性にありがちな現象なんです。 生理とは限らない!?不正出血の可能性も! 40代に突入した女性の場合、生理の周期や継続期間が不安定になると、無条件で「生理不順」と思ってしまいますよね。 ですが、そもそも生理ではない「不正出血」という可能性も見過ごす事はできません。 ですが、40代で妊娠する女性は20代で妊娠する女性より、リスクが高いのも事実。 妊娠の可能性がある場合は、下記のトラブルに注意深く備えておくのが賢明です。 妊娠初期• 子宮外妊娠 もちろん、40代の妊娠が全て不幸な結果に終わるわけではありません。 とは言え、20代や30代で妊娠する女性よりリスクが高い事を自覚しておきたいものです。 最も警戒すべき「器質性出血」 次にご説明する「器質性出血」は、不正出血の中でも特に注意が必要なタイプです。 出血の根本原因が生理以外の疾患にあり、その疾患によって引き起こされている症状。 40代で患う女性が多く、長期間放っておくと悪化してしまい、根治が難しくなるケースも少なくありません。 膣炎や膣粘膜びらんによる出血• 子宮頸管ポリープ• 子宮内膜ポリープ• 子宮筋腫• 子宮ガン 更年期出血も含まれる「機能性出血」 妊娠の可能性もなく、根本原因となる疾患もない場合は、「機能性出血」の可能性が高いと言えます。 とはいえ、機能性出血には日々のストレスが要因となる物から、女性ホルモンの分泌異常が要因となる物まで、様々な種類が含まれています。 ホルモンバランスの乱れによる出血• 無排卵性出血• 黄体期出血• 更年期出血 ちなみに、更年期の生理不順や不正出血は、機能性出血の更年期出血に該当します。 どうやって見分けたらいいの? では、更年期だから生理が乱れているのか、もしくは疾患を伴う不正出血なのか、見分けるにはどうしたら良いのでしょうか? 結論から言うと、「更年期の生理不順」と「疾患を伴う不正出血」を、自分で見分ける事はできません。 婦人科というのは、いくつになっても敷居が高く感じられるものです。 ですが、婦人科で診察を受けない限り、ハッキリした答えに辿り着く事はできません。 では、どのタイミングで婦人科の診療を受けたら良いのでしょうか? 生理不順で婦人科の診療を受ける場合は、今まさに生理が来ているタイミングで受診しましょう。 まずは、正確な出血箇所を突き止め、それによって可能性が高い疾患に合わせて検査が行われます。 今回の生理が終わったら・・なんて待つ必要はありません。 隠れた病気のサインかも! きっと更年期だろうと油断していると、思わぬ落とし穴に落ちる可能性も。 40代の生理不順は、女性特有の疾患に気付かせてくれるサインかもしれません。 子宮筋腫の可能性 子宮筋腫は、子宮の外側と内側、子宮の筋肉の中にできる3種類に分類され、内側にであればあるほど症状が多様になり、不妊症の可能性が高くなります。 子宮頚癌の検診は、子宮の入り口を綿棒で擦って細胞を採取するだけなので、出血も殆どなく痛みもありません。 これに対して、子宮内部の細胞を取る子宮体癌の検査は、ある程度の痛みが伴います。 ですが、不正出血が続くようなら「子宮体癌の検診」を受けましょう。 より確実に原因を突き止めるには、子宮内部に内視鏡を入れる「子宮鏡検査」の併用が有効です。 生理の継続期間が長くなる• ダラダラと少量の出血が続く• 血性のおりもの(体癌) 子宮ポリープの可能性 子宮のポリープは、不正出血が比較的よく見られる疾患で、「子宮頸管ポリープ」や「子宮内膜ポリープ」などが代表的なタイプです。 良性で自覚症状がなければ、放置しておく人も少なくありません。 ですが、日常生活に支障が出るほどの不正出血症状が続く、もしくは悪性かどうかの識別が難しい場合は、子宮鏡下手術で対処するのが一般的です。 膣炎や膣粘膜びらんによる出血 膣粘膜びらんは、子宮頸管が赤くただれるのが特徴。 感染を起こしやすいので、膣炎を併発するケースも少なくありません。 不正出血の前におりものが増える• 性行時に出血する事も 子宮内膜症の可能性 子宮内膜症は、子宮の裏側や卵巣、腟と直腸の間など様々な箇所に発生する疾患です。 しかし、稀に腸や肺など子宮と全く関係がない箇所にも発生する珍しいタイプの疾患です。 特に、腟と直腸の間に出来てしまうと、耐えがたい生理痛を引き起こし、性交痛の原因にもなります。 経血量が多く持続期間が長い• 膿が混じったおりものが出る• 腸や肺に出来た場合は、生理時に下血や喀血の症状が見られる 大量出血や腹痛があるなら迷わず婦人科へ! 40代の女性が生理不順を経験すると、「更年期だからしょうがない」と放置する傾向にあります。 確かに、更年期や閉経は自然な現象であり、決して病気ではありません。

次の

女医に聞く「腹痛だけあって生理がこないのはどんな時?」

生理 きそうでこない 腹痛

生理と腹痛の関係 生理になると、腹痛を感じる女性は多いと思います。 生理中は、子宮を収縮させて経血をスムーズに排出するために、プログラスタンジンという物質が分泌されます。 プログラスタンジンが多く分泌されると子宮の収縮が激しくなり、腹痛を感じてしまうことがあるのです。 また、生理が始まる1週間から2~3日前になると腹痛を感じる人もいると思います。 これは、 月経前症候群(PMS)といって、女性ホルモン分泌量の急激な変化やストレスが原因になっていると考えられています。 PMSによる腹痛の場合、数日後には生理が始まり、腹痛の症状も改善されていきます。 このように、生理前や生理中の腹痛はよくあることで、生活習慣や食生活を改善したりすることで、症状が良くなるケースも多くあります。 ただし、今回のテーマのように、生理が来ないのに生理痛のような腹痛がある場合には、違う原因が潜んでいるのです。 妊娠による腹痛 生理が来ないのに腹痛がある原因として、まず考えられるのは妊娠です。 妊娠すると赤ちゃんが成長しやすいように、子宮が徐々に大きくなっていきます。 するとその影響で、 子宮周辺の臓器や骨が圧迫されるようになり、腹痛を引き起こすことがあります。 この腹痛は 妊娠超初期症状のひとつで、特に心配はありません。 また、それ以前であれば、着床痛といって、受精卵が子宮内膜に着床した(妊娠が成立した)ことで痛みを感じるケースもあります。 足の付け根やお腹全体に、チクチクするような痛みを感じると言われています。 ただし、着床痛を感じない人の方が多いため、着床痛がなくても心配は不要です。 このように、生理が来ないのに腹痛がある場合には、妊娠が考えられます。 妊娠超初期は非常にデリケートな時期で、無茶をすると流産する可能性もあります。 妊娠に気づかないで、普段通りに過ごすのは危険です。 腹痛があり、さらに高温期が続いている場合は、妊娠の疑いが強いため、すぐに妊娠検査薬を使って確認することをおすすめします。 腹痛や高温期が続く以外にも、妊娠超初期の症状には下記のようなものがあるので参考にしてください。 ・おりものがいつもと違う ・頭痛がある ・倦怠感がある ・日中に強い眠気がある ・胸が張る、乳首が敏感になる ・下痢になる ・便秘になる ・トイレが近くなる ・匂いに敏感になる ・ニキビが増える ・食べ物の好みが変化する もちろん、生理が来ないのに腹痛がある原因には、妊娠以外のケースもあります。 続いて、それらを見ていきましょう。 子宮筋腫による腹痛 子宮筋腫とは、子宮の筋肉から発生する良性の腫瘍です。 筋腫の大きさは、顕微鏡でないと確認できないほど小さいものから、10cm以上ある大きなものまでさまざまです。 筋腫は良性の腫瘍のため命に関わる心配はありませんが、 筋腫が大きくなると子宮全体が大きくなり、ほかの臓器を圧迫して腹痛を引き起こすことがあります。 子宮筋腫は、基本的に自覚症状が少ない病気ですが、つらい症状が出たり、不妊や流産の原因になることもあります。 治療で症状を改善することもできるため、気になる場合は婦人科を受診するようにしてください。 検査の結果、筋腫が小さく経過観察になった場合でも、油断せずに定期的に診察を受けることは忘れないでください。 子宮内膜症による腹痛 子宮内膜症とは、本来、子宮内にしか存在しないはずの子宮内膜と似た組織が、ほかの臓器に発生してしまう病気です。 通常、子宮内膜は妊娠が成立しなければ、はがれ落ちて血液とともに体外に排出されます(月経)。 しかし、子宮以外にできた内膜は、同様にはがれ落ちても、体外に排出することができません。 そのため、血液が体内に溜まって炎症を起こしたり、周囲の臓器と癒着したりと、体に悪影響を与えることがあるのです。 腹痛は子宮内膜症の主な症状のひとつで、強い痛みが長く続くことがあります。 それ以外にも、子宮内膜症では、激しい月経痛や腰痛、性交痛などがあらわれることがあります。 子宮頸がんによる腹痛 子宮頸がんとは、子宮の頸部(子宮の下側にあり膣とつながっている部分)にできるがんです。 子宮頸がんの発症には、ヒトパピローマウイルス(HPV)への感染が深く関わっています。 HPVはごくありふれたウイルスで、性行為で簡単に感染します。 そのため、性経験がある女性なら誰でも、子宮頸がんを発症するリスクがあるのです。 子宮頸がんは初期には無症状ですが、症状が進行すると、腹痛や腰痛などを引き起こすことがあります。 便秘で腹痛になることも 女性に多い便秘も、腹痛の原因としてあげられます。 便秘になると、便が腸内にとどまり続けることになります。 すると、便が腐敗していき、腐敗ガスが出るようになります。 そして、腐敗ガスが腸内に充満すると、周辺の臓器を圧迫し、それが原因で腹痛を引き起こすことがあるのです。 便が出ると痛みがなくなることが多いため、水分や食物繊維を多く取るように意識してください。 まとめ このように、生理がこないのに腹痛がある原因はさまざまですが、何かしらの異常や変化が隠れている場合があります。 そのため、ついつい症状を我慢してしまうことは、とてもリスクが大きいと言えます。 例えば、妊娠していることを知らないでいると、胎児にとってよくないお薬を服用したり、お酒を飲み続けてしまうこともあります。 妊娠超初期は流産しやすい時期でもあるため、妊娠のサインかもしれない腹痛を見逃さないことは大切です。 妊娠が気になる場合は、妊娠検査薬で確認するようにしてください。 また、病気が原因になっているケースもあります。 原因が病気であった場合には、早い段階から治療を始めた方が、治療はスムーズに行えます。 「たかが腹痛」などと思わずに、腹痛が長く続いたり、痛みがひどかったり、腹痛以外にも気になる症状がある場合には、早めに婦人科を受診するようにしてください。

次の