東奥 日報 社 お悔やみ 12 月。 明鏡欄投稿フォーム|Web東奥

明鏡欄投稿フォーム|Web東奥

東奥 日報 社 お悔やみ 12 月

7月27日より東奥日報社が運営する「リアル青森」というWebサイトが公開され、旬の青森情報を提供しています。 その中に「青森LOVERS」と呼ばれる15人のローカルブロガー達が投稿するコーナーがあるのですが、この15人が濃過ぎます(笑)。 今日はそんなお話です。 toonippo. jp)を開設しました。 さまざまな職業の県内在住者ら15人が、生活者目線の「濃い」青森情報を紹介。 インパクト満点の、観光ガイドに載っていないリアルな青森を発信します。 また、本紙の観光関係記事に地図情報を加え、県内の絶景やお祭り、食など、記事、写真、動画と、幅広い表現で紹介します。 青森県を「いいところ」から「行ってみたいところ」に感じていただけるよう、内容を充実させます。 ウェブ東奥のトップページからも見ることができます。 <7月27日Web東奥より> と言う事で、Web東奥のトップページを見てみると・・・ まだトップページからは見れないようです。 笑 リアル青森のWebサイトはきちんと稼働していますよ。 サイトに登場する15人のローカルブロガーがこちら。 濃っ!!w 私もその中のひとりに選んで頂きました! いつか担当者さんに人選のポイントを聴いてみたいと思いますww どのような事が書かれているのか? と言う事で、さっそく私も3つの記事を投稿しました。 他のブロガーさんの投稿で私のお気に入りは、まずは同じ中南エリアの斎藤さん。 私が子供の頃にもコレあったんですよねー。 これ読んで「週末はBBQだ!」と心に決めました。 スモアって食べた事ないー!! このおふたりに共通しているのは、 もともと青森県出身じゃない、というところ。 本物の青森LOVERSです。 詳しくは他の記事も読んでみてくださいね! 紹介しきれませんが、大間の島康子さんのような息してるだけで目立つ方を筆頭に、青森県&道南で活躍する濃ゆいメンバーの投稿は必見です。 ぜひ定期的にチェックしてみてください! リアル青森に投稿して、個人的に感じた事 私が普段こちらのブログに投稿する内容と、リアル青森に投稿する内容は、たぶん異なります。 普段のブログには、私はほぼ必ず「自分の考え」を入れています。 これはブログを始めた時の自分の中のルールみたいなもので、「ブログでは自分の考えを発信する」と決めていました。 すると、書くのにもある程度時間がかかるので(まだ書き慣れていないからかもしれませんが)、時間的余裕がないと更新が滞ったりしてました。 ネタは山ほどあるんですけどね。 そんなときにお話を頂いたのが「リアル青森」。 基本的に自分が好きな地域のネタを紹介するというスタイル。 まだ3本ですが、書いてみたところ・・・ うーん、楽しい!!ww 「自分の考え」と言うより、ほぼ「事実ベース」なので、結構スラスラ書ける!自分の中ではFacebookへの投稿と似た感じ。 でもきちんとアーカイブされていく。 何より、15人の仲間と一緒に取り組んでいるというコミュニティー感がある。 ホント声かけて頂いてありがたいなと改めて思いました。 「メインブログ」と「リアル青森」、いい感じに使い分けて、これからも情報発信して行きたいと思います。 あなたもぜひ地域の素敵な情報をSNS等で発信してみては? その情報を誰かが見ていて、誰かの役に立つ。 情報発信は自分事。 地域も自分事! 今日も「自分事」で行こう! <告知> 色んな事、募集中です!興味のある方はぜひ!!.

次の

東奥 日報 明鏡 欄 (東奥日報)

東奥 日報 社 お悔やみ 12 月

東奥日報社 本社(2010年7月) 種類 日刊紙 事業者 東奥日報社 本社 青森市 代表者 代表取締役社長 塩越隆雄 創刊 前身 北斗新聞 言語 価格 1部 朝刊130円、夕刊60円 月極 3,400円 発行数 (朝刊)21万2706部(2019年4月ABC ) (夕刊)20万8770部(2019年4月ABC ) ウェブサイト 株式会社 東奥日報社 The To-o Nippo Press Co. ,Ltd. 本社所在地 〒030-0180 青森県青森市第二問屋町3-1-89 事業内容 日刊新聞発行、出版、各種文化事業、観光事業、ニューメディア関連事業 設立 業種 資本金 1億8,000万円 従業員数 291人 関係する人物 (編集委員) 東奥日報(とうおうにっぽう)は、主に内で購読されている新聞()。 本項では発行者である 株式会社東奥日報社についても述べる。 概要 [ ] 紙媒体としては朝刊と夕刊がある、このうち、夕刊は平日のみ発行される。 購読は朝夕刊完全セット制で、発行部数(調べ)は約23万部(2017年9月現在)。 青森県内及び県外一部地域では配達による購読、それ以外の地域では郵送料金が上乗せされる郵送方式による購読が可能。 また青森県外在住者に向け、紙面をそのまま画像データとして受け取れる 電子版サービスを行っている。 青森県全域で購読されるいわゆる「県紙」であるが、周辺では(発行:デーリー東北新聞社)、周辺では(発行:陸奥新報社)がそれぞれエリア紙として発行されている。 特に八戸周辺ではデーリー東北のシェアが比較的大きく、もともと個人新聞店や当社の子会社筋である東奥日報販売八戸支社が担っていた八戸市内(南郷区を除く)での販売は、2011年12月からは市内の販売店と業務が統合され、新設された「はちのへ東奥・朝日販売センター」が担当している。 題字の由来 『東奥』の名前の由来について、同社はWebサイト にて「定かな由来は分かっていない」ものの「(から見て)『東の地域のさらに奥』と言う意味ではないか」としており、また東奥日報創刊者であるが東奥義塾(現・)の創立者でもある点について触れている。 なお青森県内ではなど、その他にも「東奥」の名を冠した企業名等があるが、そのすべてが東奥日報社と関係しているわけではない。 社屋 [ ] 本社:第二問屋町三丁目1番89号• 青森県内の支社・支局・通信部• 支社:、• 支局:、、、、、、、、、• 通信部:、、• 青森県外の支社• 、、 過去に存在した支局・通信部 [ ] 日付は開設期間(出典:「東奥日報百年史」(東奥日報社・1988年8月6日発行)627~628頁「廃止された支局」)• 青森県内の支局・通信部• (1946年8月15日 - 1976年11月30日)• (1948年11月1日 - 1962年4月1日)• 板柳 (1937年7月1日 - 1940年2月1日)• (1919年4月1日 - 1962年4月1日)• (1942年1月1日 - 1945年8月13日)• 青森県外の支局• (1968年8月1日 - 1983年3月31日) 歴史 [ ]• (21年)• - 株式會社東奥日報社設立。 - 「東奥日報」創刊(紙齢第1号 )。 (明治23年) - 株式会社を解散し、個人経営に。 (明治29年) - 現在の題字を制定。 (明治43年) - 青森市の大火で被害、3日間休刊。 (元年) - 東北地方で2番目の導入。 (大正 8年) - 再び株式会社化。 (大正 9年) - 紙齢が1万号に達する。 (大正10年) - 朝刊4頁・夕刊2頁の朝・夕刊制に移行。 ( 3年) - 御大典及び東奥日報設立40周年記念として、『東奥年鑑』発行開始。 (昭和16年) - 戦時報道統制により、「八戸合同」、「弘前新聞」、「青森日報」、「東北タイムス」の県内日刊紙を「東奥日報」に統合。 (昭和19年) - 夕刊廃止。 (昭和20年) - 戦時非常措置で「読売報知」(現「」、「」)、「」、「」3紙の題字を併記。 青森空襲により本社全焼。 「」、「」、「」3社への委託印刷で発行を継続。 10月29日から自社印刷。 (昭和23年)• - 紙齢が2万号に達する。 紙齢2万号と設立60周年を記念して、『東奥賞』創設。 - 第1回『東奥賞』贈呈式。 (昭和25年)• - 「日刊青森」の題字で夕刊復活。 - 「日刊青森」から「夕刊東奥」と改題。 - 「東奥日報」夕刊となる。 (昭和38年) - 企画連載「国有林を見直そう」が新聞協会賞(編集部門)受賞。 (昭和50年) - 紙齢が3万号に達する。 (昭和59年) - 紙齢が3万3333号に達する。 (昭和62年) - カラー印刷開始。 (元年) - 企画連載「超高齢社会がやってくる」が第8回アップジョン医学記事賞特別賞を受賞。 (平成 6年) - 取材網ワープロ入力、オンライン送信化が完了。 (平成11年)• - 初のこども新聞「東奥こども新聞」発行(年2回発行)。 - 11時11分11秒、ウェブサイト「Web東奥」開設。 (平成12年) - 連載「解かれた核の封印」が「第6回齢平和・共同ジャーナリスト基金賞」で基金賞受賞。 (平成15年) - 紙齢が4万号に達する。 (平成17年)4月1日 - 朝夕刊の紙面を刷新し、夕刊の題字を横書きにしてリニューアル。 (平成19年) - 『東奥スポーツ賞』を創設。 第1回スポーツ大賞受賞者は、(女子マラソン選手・出身)と(卓球選手・卒)の2名。 (平成21年) - インターネット動画サイト「東奥NETテレビ TNT 」を開設。 (平成23年)• - 「週刊小中学生新聞」(子供向けの姉妹新聞)創刊。 日曜日付の朝刊に判の16頁立てで発行。 - 同日付よりの夕刊を休刊。 週休2日制定着によるライフスタイルの変化による。 また月・火・水曜の夕刊をこれまでの8頁立てから6頁立てに。 (平成28年) - の青森・・向け朝刊の受託印刷を開始。 テレビ・ラジオ面 [ ] 朝刊では、最終面とその手前の2ページの計3面に掲載されている。 朝・夕刊の最終面 特別番組が放送される場合は、ごくまれに番組欄に黄色の網掛けがされることがある。 プライム• NHK Eテレサブチャンネル 朝刊最終前1ページ目 の番組表が掲載。 WOWOWライブ• WOWOWシネマ• スター・チャンネル2• スター・チャンネル3• (2018年10月1日からBSキャンパスon(232ch)のみ掲載。 J SPORTS2• J SPORTS3• J SPORTS4• 朝刊最終前2ページ目 右側には北海道・岩手県(岩手めんこいテレビを除く)のテレビ局の番組表が掲載。 (系)• (系)• (系)• (系)• (日本テレビ系)• (TBS系)• (テレビ朝日系)• 市民チャンネル• 市民チャンネル 左側にはの以下のテレビ番組表が掲載(東北地方の県紙では唯一の掲載)。 中間には青森県・岩手県・北海道および、在京AM民放のラジオ局の番組表が掲載。 (旧ラジオたんぱ)• 過去には、、、といった在京キー局の番組もローカル局同様1日分の番組が掲載されていたが、2007年12月1日に開局したとの番組欄を掲載するために掲載を打ち切った。 また、在京キー局のラジオ局は24:00から翌日5:00は夕刊に「深夜放送」 という欄に3局まとめて掲載されていた。 但し、『秋田魁新報』や『岩手日報』とは異なり、県内のコミュニティFM局の番組表は非掲載である。 なお、2005年12月1日よりNHKデジタル教育のサブチャンネルの番組表も掲載されている。 テレビ欄の変遷 [ ] 岩手めんこいテレビ開局以前は北海道の放送局が青森の放送局と同等のサイズで掲載され、岩手や秋田の放送局の扱いは小さかった。 ラテ欄に初めて掲載されたテレビ局はとであるが、北海道放送は北海道テレビ(現在のとは別)と表現されていた。 これは青森県ではまだテレビ開局がなされていなかった(、RABテレビ局ともに1959年開始)ことと、既に開局済みだった北海道2局(NHK函館放送局は1957年3月22日、HBC函館テレビ局は1958年12月15日開局)が青森県でも多く受信できたことによるものである。 アナログ時代の在京テレビ局や在沖テレビ局 QAB除く などと同様に親局のチャンネル番号 HBCテレビは函館局のチャンネル番号 が、その後、NHKとRABの八戸テレビ中継局及びNHK青森放送局教育テレビ開局時は教育テレビ青森親局と総合テレビ・青森放送の八戸テレビ中継局のチャンネル番号も掲載されていた。 なお、RABがテレビのサービス放送を開始した時は、ATVとABAとは異なり、NHK及びHBCと併記せず、別枠に掲載していた。 1960年代末からは、県内と隣接道県に アナログ UHF局が開局したが、1970年代初頭頃までは、地元局であるATV以外の アナログ UHF局の番組表は記載せず、隣接道県の アナログ VHF局 HBC・STV・IBC・ABS の番組表とHBC・STVの函館局及びIBC二戸局とABS秋田本局のチャンネルが掲載されていた。 ちなみに、在青テレビ局については、当時開局していた青森本局と全中継局のチャンネル をVHF・UHF問わず掲載し、その後は別枠に全送信所・中継局チャンネルを掲載していた。 なお、隣接道県の アナログ UHF局で、最初に掲載されたのは、 RABと同じ日テレ系の テレビ岩手。 さらに、1969年11月1日のサービス放送開始時からATVの番組表を掲載した。 1970年代後半には、隣県のテレビ局は、青森放送と同じ日テレ系であるSTVテレビ(札幌テレビ)とABSテレビ(秋田放送)及びテレビ岩手、青森テレビと同じTBS系であるHBCテレビ(北海道放送)とIBCテレビ(岩手放送)のテレビ欄のみ掲載 していた。 ただし、今とは異なり、全番組を掲載せず、青森放送及び青森テレビと異なる編成番組のみ掲載し、それ以外については、テレビ欄の下に「他の番組はRAB ATV と同じ」と記載していた。 但し、HBCテレビについては、ATVのJNNへの完全なネットチェンジまでは、『IBCテレビと同じ』と記載されていた。 1980年代前半は、隣県のテレビ局(先述の5局)の番組欄は、在青ラジオ局とスペースが入れ替わる形で在青テレビ局の下にミニサイズで記載される。 なお、この頃からは早朝の番組と全てのミニ番組を除き全番組が記載される様になる。 その後、秋田テレビのテレビ欄も記載される様になり、1987年3月からは、北海道テレビと北海道文化放送のテレビ欄も記載された。 1991年9月24日からは、北海道テレビ・北海道文化放送のテレビ欄とNHK衛星第1テレビ・NHK衛星第2テレビのテレビ欄が入れ替わる。 岩手めんこいテレビ開局後も、岩手の扱いは北海道より小さい時期が続く。 青森朝日放送開局までの期間は青森民放2局に北海道テレビと北海道文化放送を並列する。 次いで青森朝日放送開局後 実際はABAのサービス放送開始日から は、フルサイズ掲載はNHKと青森民放3局のみとなり、北海道と岩手、秋田は小サイズで最終面下方にレイアウトされる。 なお、2000年前後 ABAとmit開局後 には、第2テレビ欄で、北海道文化放送とテレビ北海道は在青ラジオ局と同様にフルサイズ、uhbとTVhを除く在札局とmit以外の在盛局及び在秋テレビ全局は、ハーフサイズで記載されていた。 1993年、が北海道文化放送に加えテレビ北海道の再送信を開始するが、青森県内の新聞社のテレビ欄にはテレビ北海道がなかったために、青森ケーブルテレビが加入者にテレビ北海道の番組表を独自に配布する形態となった。 こうした影響もあり、1995年から青森民放3局に北海道文化放送とテレビ北海道をフルサイズで並列させる形となった。 ただし、この頃から岩手めんこいテレビについては八戸方面のみでフルサイズ掲載となる。 この影響でラテ欄は最終面以外にも掲載される運びとなるが、秋田民放3局はスペースの都合上からか削除された。 1994年12月1日から1996年3月10日までは、在テレビ局のテレビ欄が非掲載となった。 1998年頃より現在の青森民放3局に岩手めんこいテレビを加えた形となっている。 夕刊に限っては、2005年よりテレビ北海道もフルサイズ掲載されている。 又、土曜日(後に水曜日)に発行される「週間てれびぱーく」(週間テレビ番組表)も同様にフルサイズでテレビ北海道の番組表が掲載されている。 その他 [ ]• 1980年代前半頃までは、在青テレビ局と同じスペースに在青ラジオ局とHBCラジオ 及び 夕方以降の 在京ラジオ局とラジオたんぱ 現:ラジオNIKKEI の番組欄が載っていた。 なお、青森放送ラジオの深夜番組欄は、1960年代後半頃までは、通常の番組欄の下に別枠で掲載し、1970年代中頃は、別枠で在京AMラジオ局と同じスペースに掲載されていた。 因みに、現在のレイアウトに変更されるまで、STVラジオの番組表は非掲載だった。 また、IBCラジオの番組表も、当初は非掲載だった。 1960年代初期頃まで、ラ・テ欄には、ニュース番組は番組表を掲載 せず、放送局名の下に「ニュース」の放送時間を掲載していた。 FMラジオ局についても、隣接道県の放送局では、エフエム岩手が最初に記載された。 なお、現在に至るまで、在ラジオ局の番組表は掲載されてない。 運営ウェブサイト [ ] Web東奥 [ ] ウェブサイト「 Web東奥」は、東奥日報創刊111周年にあたる平成11年(1999年)11月11日11時11分11秒 JST に開設された。 これまで過去の記事も含め自由に検索・閲覧ができたが、2008年1月16日からは「東奥ウェブ読者くらぶ」のサービス名で突如会員制となり、当日の記事の全文閲覧(非会員は、最初の1段落目しか閲覧できない)を含め、こうしたサービスは読者限定へと移行した。 このため、県外からの閲覧者に対しては、青森県のニュースの詳細が見られないなどの不便さを抱いていた。 その後、2008年10月1日には 県外在住者限定(青森県在住者は申込不可)のサービスである「」(有料であるが、その日の東奥日報朝刊・夕刊の紙面がパソコンで閲覧できるサービス。 1ヶ月単位の月決め制)が開始され、電子版の購読を申し込むとWeb東奥の「東奥ウェブ読者くらぶ」の入会が県外在住者でもできるようになり、2段落目以降の記事も閲覧できるようになる。 東奥日報電子版 [ ]• 青森県外の在住者のみ利用可能• 朝刊は午前5時以後、夕刊は午後4時以後(いずれも日本時間 休刊日を除く)に実際の紙面をパソコンで見ることができる。 紙面を拡大・縮小して読めるほか、部分的に切り抜いてプリントアウトして楽しむことができる。 動画のニュースを毎日1本見ることができる。 利用に際しては、WindowsXP、Vista、7、8、8. 1のいずれかのOSを持った上で、ブロードバンド回線を持っていることが必須• 購読に際しては東奥日報社に予め加入申し込みと購読料の前払い(1ヶ月以上。 確認されると、閲覧に必要なアプリケーションCD-ROMと認証キーが書かれた説明書などが送られる。 そのCD-ROMをパソコンに入れ、指示に従ってソフトをインストールし、パソコン画面上に出てくる「電子版」のアイコンが出てくるので、それをクリックして認証キーを入力する画面を出し、その後認証キーを打ち込む。 なお認証キーは1台のパソコンしか登録できない。 電子版を購読された人には県内、および県外の郵送読者と同じ要領で「東奥ウェブ読者クラブ」への加入もでき、青森県内ニュースを無料で閲覧できるほか、過去の記事のデータベースも無料で利用できるなどの特典が用意される(希望者のみ別途申し込み必要。 なお電子版を含め、定期購読を解除した場合は自動的に読者クラブも退部となる)。 他メディアとの関連 [ ]• 社としては(RAB)との結びつきが強く、RABテレビ・ラジオともに『』の枠がある。 また、結びつきは弱いがやの大株主にも名を連ねている。 かつては『』内に「こちら東奥日報です」という、2006年9月29日まで本社各部局や青森県内各支社・支局から話題を伝えるコーナーがあった(同年10月2日より東奥日報本社編集局内からニュースデスクが、当日夕刊及び翌日朝刊の内容の一部を伝える形式に変更)。 2003年12月1日から、青森放送に、ラジオニュースの配信を開始している。 エフエム青森へは、2005年10月1日から、ニュースの配信を行っている。 また、同局で平日夕方に放送されている『FMタウンウェイブ』では、当紙地方面の記事が紹介されている。 発行書籍 [ ]• 東奥年鑑(毎年秋発行) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 新聞情報. 2019年5月18日• - 東奥日報社(2017年3月9日閲覧)• - 東奥日報社(2017年3月9日閲覧)• - 東奥日報社(2017年3月9日閲覧)• 土曜日のみの夕刊休止は過去にとが1993年から2009年2月まで第2土曜日のみ休刊していた(2009年3月以後、夕刊そのものが休刊となった)ほか、も2011年4月から毎週土曜日を休刊にしている他、もに限り2012年10月に土曜日の夕刊を休刊している。 それまでは、にあるとの合弁会社「朝日弘前プリンテック」にて印刷されていた。 在京AMラジオ局の記載は古く、1950年代後半 TBSラジオが「ラジオ東京」、ラジオNIKKEIが「日本短波放送」時代 には、既に記載されていた。 在京ラジオ局で早くから掲載されていたのは、ラジオ東京である。 アナログ末期もチャンネル番号が掲載されていたが、青森本局と主要中継局の一部のみだった。 当時は北海道テレビ(テレビ朝日系)・北海道文化放送と秋田テレビ(共にフジテレビ系)の番組欄は非掲載。 これは青森朝日放送のサービス放送開始による、枠確保のため。 隣接道県のAMラジオ局では、最も掲載期間が長い。 但し、1959年10月1日からテレビ放送を開始したRABでは、「」は、通常のテレビ欄に掲載されていた。 東奥日報:2009年11月11日付朝刊 14ページより 参考資料 [ ]• 『東奥年鑑2008年版』(東奥日報社・2007年9月1日発行)1081頁~1083頁「東奥日報社社是・編集綱領・小史」 関連項目 [ ]• (RABのテレビ・ラジオで放送)• (公開。 を題材とした映画。 - 青森県関係の記事の全文閲覧には東奥日報購読者かつ「東奥ウェブ読者くらぶ」の会員登録が必要。 toonippo -• - チャンネル 1NNS非マストバイ(非フルネット)局。 5加盟局が運営・出資する(CSチャンネル)。 2020年現在では日本テレビのみが運営・出資している。 6開局、閉局。 7太字はNNN・NNS双方に加盟。 細字はNNNのみに加盟。 8旧NTVは2012年に現NTVに放送免許を譲渡。 9加盟当時はSKT静岡県民放送。 10CTV開局後はNNSのみダブルクロス。 11母体新聞社及び加盟局と友好関係のある新聞社。

次の

日本全国47都道府県の訃報・お悔やみ情報 お悔やみの手紙やメール、弔電、供花お悔み花も│cocodama・ここだま・ココダマ

東奥 日報 社 お悔やみ 12 月

東北地方( 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県)の訃報・お悔やみ情報をまとめました。 東北地方(青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県)の訃報・お悔やみ情報をインターネットにて発信している自治体のリンクから地方新聞各社さらに葬儀葬祭を執り行う業者サイトなど、20件を網羅しております。 故人様の情報検索にお役立てください。 故人様と確認が取れましたら、悲しまれてみえます故人様の身近な方々に暖かい言葉がけなどしていただき、少しでも心に寄り添っていただけたら幸いです。 最終確認はご親族ご友人など親しい方に確認してください。 青森県の訃報お悔やみ情報 Web東奥 東奥日報社が運営するお悔やみ情報サイトです。 青森県内全域のお悔やみと訃報情報ページがあります。 陸奥新報 陸奥新報社が運営するお悔やみ情報サイトです。 青森県内全域の著名人の訃報検索にお役立てください。 岩手県の訃報お悔やみ情報 岩手日報 岩手日報社が運営するお悔やみ情報ページです。 岩手県内の著名人の訃報検索にお役立てください。 おおふなと葬祭会館花祭苑 岩手県大船渡市の株式会社サクラダが運営するお悔やみ情報ページです。 「おおふなと葬祭会館」の葬儀日程を確認できます。 宮城県の訃報お悔やみ情報 清月記 宮城県仙台市で葬儀・家族葬などを行う株式会社 清月記が運営するお悔やみ情報ページです。 ハートホール 宮城県大崎市で葬儀事業を行う株式会社北川が運営する本日の訃報情報ページです。 中鉢葬儀社 宮城県大崎市で葬儀葬祭を行う中鉢葬儀社が運営するお悔やみ情報ページです。 フローラ 福島県・宮城県・岐阜県で冠婚葬祭を行う株式会社フローラ運営するお悔やみ情報のページです。 JAみどり葬祭センター 宮城県遠田郡 株式会社みどりのサービスが運営する「JAみどり葬祭センター」のお悔やみ・訃報情報のページです。 秋田県の訃報お悔やみ情報 あきた北新聞社 あきた北新聞社が運営するお悔やみ情報サイトです。 秋田北地方 大館市、鹿角市、北秋田市、小坂町、上小阿仁村 のお悔やみ情報です。 秋田魁新報電子版 秋田魁新報社が運営する秋田魁新報電子版の訃報・お悔やみ情報ページ。 秋田県内全域の訃報・お悔やみ情報を確認できます。 山形の訃報お悔やみ情報 総合葬祭ナウエル典礼 山形県米沢市でサービス事業を幅広く展開する株式会社ナウエルが運営する「総合葬祭ナウエル典礼」の訃報お悔やみ情報ページです。 平安典礼 株式会社ジョインセレモニーの平安典礼が運営する「平安典礼」の訃報情報ページです。 山形新聞 株式会社 山形新聞社が運営する山形新聞の訃報お悔やみページです。 有料会員登録が必要です。 福島県の訃報お悔やみ情報 ぐるっと福島 福島県福島市のファンギミックス株式会社が運営するぐるっと福島のお悔やみ情報ページです。 福島市周辺(福島市・二本松市・伊達市)のおくやみ情報 福島民友みんゆうNET 福島民友新聞社が運営する福島民友みんゆうNETの県内お悔やみ情報のページです。 お悔やみ情報いわき 福島県いわき市 有限会社チューダーが運営するいわき市内のおくやみ情報を中心とした弔事情報総合ポータルサイト フローラ 福島県・宮城県・岐阜県で冠婚葬祭を行う株式会社フローラ運営するお悔やみ情報のページです。 福島民報 福島県福島市の福島民報社が運営する「福島民報」の訃報・おくやみページです。 日本全国47都道府県の訃報お悔やみ情報はこちら 全国紙や業界新聞などのお悔やみ訃報情報をまとめました。 KDDIグループの電報サービスでんぽっぽ KDDIグループの電報サービスです。 追悼の想いに添える花束とのセットもあります。 NTTグループの電報サービスD-MAIL NTTが運営する電報サービス。 哀悼の想いに添える「プリザーブドフラワー」や「線香」などの電報台紙の種類が豊富です。 NTT西日本でも東日本でも全国当日配達可能です。 全国の葬儀場に供花、お悔み花を送るなら business flower ワールドコーポレーション株式会社という東京都にあるお祝い花の専門店が運営しています。 日本全国に配送でき最短2時間という驚きの早さです。 花キューピット 花キューピット株式会社が運営しています。 電話注文なら13時まで当日配達してくれます。

次の