いか のぼり 季語。 お正月に凧揚げをする意味や由来とは?昔はイカだった?凧の語源とは?

春の変わった季語

いか のぼり 季語

凧の俳句 30選 凧が詠み込まれた俳句を集め、句の文字の五十音順に並べました。 なお、「凧」は俳句において 春の季語とされます。 新年の季語とするには、「正月の凧」などのようにして用います。 ありたけの 糸のばしたり 凧 【作者】石井露月 いしい ろげつ 【補足】「凧」は「 いかのぼり」と読むこともあります。 凧 きのふの空の ありどころ 【作者】与謝蕪村 よさ ぶそん 凧 空見てものは おもはざる 【作者】加舎白雄 かや しらお うまや路や 松のはるかに 狂ひ凧 【作者】芝 不器男 しば ふきお 【補足】 うまや路 =駅路:うまやじ とは、宿駅がある道のことです。 狂ひ凧 くるいだこ は、あやつることができなくなった凧のことをいいます。 尾をつけて 一番高し 奴凧 【作者】前田普羅 まえだ ふら 【補足】 奴凧 やっこだこ とは、奴 =江戸時代の武家の下男 が着物の袖を張った姿に似せた形の凧のことです。 奴 凧 かゝり凧 今日も暮れゆく 梢かな 【作者】高橋淡路女 たかはし あわじじょ 【補足】 かかり凧とは、木の枝などに懸っている凧のことをいいます。 かかり凧 奴は骨と なつてけり 【作者】正岡子規 まさおか しき かくばかり たぐりためけり 凧の糸 【作者】野村喜舟 のむら きしゅう 【補足】「かくばかり」は「これほどまで、こんなにも」という意味です。 きれ凧に 主なき須磨の 夕べかな 【作者】大島蓼太 おおしま りょうた 【補足】 きれ凧とは、糸が切れて飛んでゆく凧のことです。 きれ凧の 糸かかりけり 梅の枝 【作者】尾崎放哉 おざき ほうさい スポンサーリンク 冴え返る 空灰色に 凧一つ 【作者】会津八一 あいづ やいち そこらから 江戸が見えるか 奴凧 【作者】正岡子規 凧あげに ゆく子と逢ひぬ 町の中 【作者】高橋淡路女 凧抱いた なりですやすや 寝たりけり 【作者】小林一茶 こばやし いっさ 凧の糸 青天濃くて 見えわかぬ 【作者】山口誓子 やまぐち せいし 凧の糸 のびるばかりの 怖ろしや 【作者】岸 風三楼 きし ふうさんろう 凧の尾の ぞろりと下がりぬ 苗代田 【作者】佐藤紅緑 さとう こうろく 【補足】 苗代田 なわしろだ は、稲の苗を仕立てる田のことです。 凧の尾の 我家はなるゝ うれしさよ 【作者】高井几董 たかい きとう 凧の尾を 咥て引や 鬼瓦 【作者】小林一茶 【補足】「咥て」の読み方は「 くわえて」です。 凧の影 走り現る 雪の上 【作者】松本たかし まつもと たかし 凧のかげ 夕方かけて 読書かな 【作者】室生犀星 むろう さいせい 凧の子の 海の日の出を 呆然と 【作者】阿部みどり女 あべ みどりじょ 【補足】「呆然」の読み方は「ぼうぜん」です。 凧の子や 仕立おろしの 紺絣 【作者】高橋淡路女 【補足】 紺絣 こんがすり とは、紺地に白い かすり模様を織り出した織物です。 凧の空 置いて帰るは 惜まるゝ 【作者】稲畑汀子 いなはた ていこ 凧一つ 向ひの村に いつまでも 【作者】阿部みどり女 ちぎれ凧 吹きとび牛の 目まばたく 【作者】加藤楸邨 かとう しゅうそん ちさい子の 走りてあがる 凧 【作者】河東碧梧桐 かわひがし へきごとう 寝たいやら かぶりふりけり 凧 【作者】小林一茶 【補足】「かぶり」は「頭」のことです。 まだ先に 霞める凧も ありにけり 【作者】吉武月二郎 よしたけ つきじろう 山路来て 向ふ城下や 凧の数 【作者】炭 太祇 たん たいぎ 【補足】 山路 やまじ とは、山の中の道のことをいいます。 関 連 ペ ー ジ.

次の

春:双牛舎類題句集

いか のぼり 季語

それでは、なぜお正月に凧揚げをするのか、その意味や由来をご存知ですか? 今回は、そんな疑問について調べてみました。 凧の歴史や語源とは? 凧の読み方は 「たこ」です。 凧の起源は中国といわれており、 「紙鳶(しえん)」と呼ばれていたそうです。 伝説上の生物である鳳凰(ほうおう)や竜、鳥や獣などが描かれており、軍事目的で作られたともいわれています。 日本には平安時代(794年~1192年ごろ)に伝わってきたと考えられており、 「紙鳶(しえん)」または 「紙老鴟(しろうし)」と呼ばれ、最初は貴族の遊びだったようです。 「鳶」や「鴟」は「トビ」のことで紙で作ったトビを意味します。 戦国時代(1467年~1590年ごろ)には武士が凧を通信手段のひとつとして使用することもあったそうです。 また、日本に伝わった別のルートに中近東やインドが発祥とする菱形の凧が、大航海時代にヨーロッパに伝わり、それがオランダから東南アジア経て、当時、外国との交易があった長崎に伝わったものもありました。 長崎では、凧のことを「ハタ」や「ハタ揚げ」と呼ぶのですが、その由来には諸説あります。 凧に描かれた模様が、そのころ交易でやってきていた南蛮船の旗や、信号標識旗などの 「旗」のデザインを模したものだったことから、「ハタ」と呼ぶようになったという説。 外国船の乗組員が凧揚げをしているのを見た長崎の人が「それはなんですか?」と尋ねたところ、インドネシア出身の乗組員がイ ンドネシア語で凧を意味する「パタン」と答え、それが「ハタ」と聞こえたことが由来だという説があります。 その他、凧は 東北では「てんぐばた」、群馬や長野では「たか」、中国地方では「たつ」と呼ばれています。 江戸時代(1603年~1868年)前まで凧は貴族や武士の一部で遊ばれていただけで、一般にはあまり普及していませんでした。 しかし、江戸時代になると凧揚げは庶民にも広まり大人気となりました。 凧(タコ)の語源ですが、もともと凧は形がイカに似ていることから「いかのぼり」または「イカ」と呼ばれていました。 しかし、凧が落下して住居や畑に被害を及ぼしたり、大名行列に落ちるなど事故が頻発。 また、凧揚げをする者同士が喧嘩をして、けが人や死者がでることもあったことから幕府が「いかのぼり禁止令」を出します。 江戸の人たちは「いかのぼり禁止令」によって凧揚げができなくなると困るので「イカではなくタコだ」「いかのぼりではなくタコあげをしているんだ」と言い訳をしたことから、関東地方では「イカ」ではなく「タコ」と呼ばれるようになったといわれています。 また、上方に対抗意識を持つ江戸っ子たちがイカではなくタコと呼ぶようになったとの説もあり、「凧」という漢字まで作ったのだそうです。 関東地方で「タコ」と呼ぶようになってからも、関西地方では「イカ」と呼ばれていましが、明治初期ごろにはタコが標準語となったようです。 京都の俳人伊藤信徳(いとうしんとく)が江戸で詠んだ 『物の名も蛸(たこ)や故郷のいかのぼり』という句が残っています。 当時、京都では「イカ」、江戸では「タコ」と呼ばれていたことがわかりますね。 明治時代以降、近代化が進む日本は電線が増えていき、凧揚げができる場所が減っていきました。 現在、凧揚げができる場所はそれほど多くありません。 公園や河川敷などで凧揚げをする人が多いと思いますが、高さ制限が設けられている場合があります。 また、空港が近い場所では飛行機の運行を妨げるため、航空法によって凧揚げが禁止されていますので、注意が必要です。 お正月に凧揚げをする意味や由来とは? お正月に凧揚げをする理由は 「立春の季に空に向くは養生の一つ」という言葉に由来するという説があります。 昔は立春が新年と考えられており、「暦の上で春がはじまる「立春」 2月4日頃 の季節に、空を見上げるのは、健康に良い」という意味から、新年の時期に健康を祈る遊びとして定着したという説。 他には 年の初めに男の子の誕生を祝い、無事に成長することを祈る儀礼として凧揚げが行われたことが由来とする説があります。 また他にも、陰陽五行説(自然界のあらゆるものを陰と陽に分け、さらに五行思想の「自然界は木、火、土、金、水の5つの要素から成っている」という考え方が結びついたもの)の「火」の気を強めることで「金」の気を弱め、無事にお正月を迎えるためという説があります。 この「火」の気を強めることで「金」の気を弱めるという意味は以下のようになります。 まず、春であるお正月は五行思想の「木」の気を持ちます。 「木」は「金」と相性が悪く、正月を無事に迎えるには「金」の気を封じなければなりません。 そして、「金」の気を封じる力を持つのが「火」の気です。 すでに説明したとおり、凧はもともと「いかのぼり」や「イカ」と呼ばれており、イカの三角の姿が「炎」の形に似ているうことで、凧は「火の象徴」と考えられたようです。 凧はいつの季語? 凧は 春の季語です。 凧を使った有名な俳句には次のものがあります。 『凧抱いた なりですやすや 寝たりけり』小林一茶 「お正月に凧揚げを楽しんで疲れたのか、親からもらった大事な凧を胸に抱いたまま、すやすやと眠っている」 『 凧( いかのぼり) きのふの空のありどころ』与謝蕪村 「凧(いかのぼり)が揚がっている、昨日と同じ、あの空のあたりに」 英語で何ていうの? 凧は英語で 「kite」です。 「fly a kite」は「凧をあげる」、 「kite-flying」は「凧揚げ」という意味になります。 皆さんは、凧揚げの夢がどんなことを暗示しているかご存知ですか? 凧が空高く舞い上がる夢は、運気が上昇していてこのまま突き進めば願望が成就するそうです。 風が無かったり、強すぎて凧が揚がらない夢は、運気が低迷しているので物事に集中する努力をするといいそうですよ。 もしも凧揚げの夢を見たら、今の自分がどういう状況なのか見直してみるといいですね。 関連: 関連: - ,.

次の

凧揚げ いかのぼり マイペース、マイ・スタイル! ~日本語がぺらぺらになるには~

いか のぼり 季語

私の愛用の歳時記は角川のものだ。 他に平凡社のものも30年近く使っていたが、落丁があり、買ったときに気づかず惜しかった。 角川の方はスタンダードで編集にも癖がなく、この歳時記から選んだ季語であれば、俳人の先生方やマニアなどから文句が出るというような面倒臭いこともほとんどないから、選んでおいて間違いがない。 角川の歳時記は、各季合本になったものと、角川ソフィア文庫から出ている分冊のものがあり、内容的にはどちらも同じものだ。 文庫の方は持ち歩きに便利なのと、多少、合本にない「おまけ」がついていて楽しいということがある。 私は随時鞄に入れておいて持ち歩く分には、文庫の方を利用している。 さておき、春の季語も味わい深い。 上記角川歳時記にはモノに関する変わった季語が少し載せられている。 面白いから、いくつか抜き書きしてみたい。 ほとんどが玩具や遊びに関するものだ。 最近エントリ• 令和2年 2020 06月28日 日 09時09分01秒 JST• 令和2年 2020 06月28日 日 08時55分35秒 JST• 令和2年 2020 06月21日 日 21時25分33秒 JST• 令和2年 2020 06月20日 土 12時22分22秒 JST• 令和2年 2020 06月20日 土 12時10分43秒 JST• 令和2年 2020 06月16日 火 18時50分22秒 JST• 令和2年 2020 06月14日 日 13時09分53秒 JST• 令和2年 2020 06月14日 日 10時23分56秒 JST• 令和2年 2020 06月13日 土 14時40分54秒 JST• 令和2年 2020 06月13日 土 08時50分23秒 JST RSS 2020年6月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 7 8 9 10 11 12 15 17 18 19 22 23 24 25 26 27 29 30 最近のコメント• に より• に より• に より• に より• に より• に keiyha より• に より• に より• に より• に より 投稿履歴• 105• 100• 135• 1 ランキング.

次の