肩こり ツボ。 疲れ目からくる肩こりの解消法!ツボやマッサージやサプリで症状の対策!

二日酔い、肩こり、疲れ目。自分で押せる「足つぼ11選」

肩こり ツボ

「肩こり」といいますが、肩だけではなく、後頭部や首の後ろ、背中までを指すことがあります。 肩こりの悩みがある人の中には、頭痛やといった症状を伴う人がいます。 そして、によれば、猫背で肩こりもちの子供が増えているそうで、肩こりは現代病の一つといえそうです。 肩こりの原因やひどい肩こりの解消法(ストレッチ・ツボ・筋膜)についてまとめました。 【目次】• 肩こりの原因 スマホ・パソコン作業・車の運転・事務など長時間同じ姿勢でいること スマホやパソコンなどを長時間同じ姿勢で見続ければ、目、肩だけではなく、足先などの末梢の血液循環が低下し、眼精疲労や肩こりが起こりやすくなります。 によれば、スマホ巻き肩(猫背になり肩が内側に丸まった状態)を長時間続けると、筋肉が硬直して血流が悪くなり、肩こりの原因になります。 【スマホ巻き肩の健康に対する影響】• ・首のコリ• 偏頭痛• 耳鳴り• 首に頸椎症を起こして痺れが出る危険性• 嚥下障害 【関連記事】 ・ ・ 猫背の姿勢の子供が増えているそうですが、その原因は「浮き指」なのだそうです。 「浮き指」があると、足の前方に力が入らないため、かかとに重心がかかり、バランスを取るために、体は膝を曲げ、腰が落ち、肩が前に出る猫背になりがちです。 によれば、人間の頭部の平均重量は4. 5〜5. 5キログラムなのだそうで、スマホを見るときに前かがみになり首を傾けると、その姿勢の悪さから、首に負担がかかり、その影響は、体全体に及ぶそうです。 によれば、筋膜とは、筋肉の束を包んでいる膜のことで、肩こりはこの筋膜が硬くなっていることが原因の一つと考えられるそうです。 筋肉のコリはすぐにほぐれますが、コリとほぐしを繰り返す間に、筋肉の表面にある「筋膜」にシワができ、そのシワに引っ張られるように筋肉がコリ固まってしまうそうです。 スマホを見るときに前かがみの姿勢になりますが、この姿勢が頑固なしわを作り出すそうです。 ストレートネックを見分けるポイントは2点。 1.アゴが引きづらい。 うなずくのがつらい。 ストレートネックの人は、「後頭下筋群(首の後ろの頭の付け根の部分にある)」の筋膜が固まっているそうです。 ストレートネックの人は、アゴを引こうとするとき、筋膜が固まって、後頭下筋群がうまく伸びないため、アゴが引きづらかったり、痛みを感じたりします。 また、日常的にアゴが上がった状態になると、首の下の皮が伸びてしまうため、2重あごになったと感じる人もいるそうです。 2.耳が肩より前に出ている 【関連記事】 ・ ・ ストレス によれば、ストレスによって体の変化が起きたと回答した人の中で最も多い答えが「肩こりがひどくなった(34%)」というものです。 気温の上昇 によれば、気温上昇によって血管が広がり、血液の流れる力が弱くなることで、血流が滞り、肩こりが悪化するそうです。 そして、血流が滞ることで、栄養・酸素が体の必要なところへ運ばれにくくなるため、肩こりも治りにくくなるそうです。 TCH 上下の歯を接触させる習慣のことを「TCH(トゥースコンタクトハビット)」といいます。 本来は離れている歯同士が接触している状態が長く続くと、顔まわりの筋肉の活動量が上がり、筋肉痛を引き起こしてしまうそうです。 こういった口腔周囲筋の疲労は、肩こりや頸部の痛み、めまいなどにつながる場合もあり、その症状は筋筋膜痛症候群と呼ばれています。 【目次】• 目の周りの皮膚は非常に薄く、刺激を与えすぎるといけないので、を参考にしてみてください。 目を酷使することで肩こりがでてきますので、1時間毎に1回休憩をとりましょう。 遠くを見たりするだけでも眼は休まり、肩こりの解消に役立ちます。 同時に、肩や腕の緊張をほぐすと眼も休まりますので、全身の筋肉を動かしましょう。 また、机と椅子の高さ、姿勢、ディスプレイに対する目線の角度、ディスプレイまでの距離、部屋の明るさ、部屋の乾燥などにも注意。 メガネやコンタクトレンズの矯正 眼に合わないメガネやコンタクトレンズは、眼を疲れさせ、しいては肩こりにつながります。 また、メガネやコンタクトレンズを装用する必要があるのに、視力を矯正しないでいることはあまりよくありません。 逆に、できるだけ遠くまで見えるように過度に矯正することもよくありません。 定期的に眼科などで検診を受けましょう。 十分な睡眠時間をとる 眼の疲れをとるのに最も効果的で最も手軽な方法は十分な睡眠をとることです。 充分な休養をとり、眼の疲れをとることで肩こりを予防しましょう。 長時間同じ姿勢をとらない 長時間同じ姿勢をとることで血流がどうしても悪くなり、肩こりを起こしてしまい場合があります。 肩こりを予防するためにも、できるだけ長時間同じ姿勢をとらないように心がけましょう。 仕事上どうしても同じ姿勢のままでいなければならない方もいますが、そのような方は少しの時間でも休憩をとる事が肩こりの予防につながります。 ストレッチ 長時間同じ姿勢をしている方は、於血(中医学では、血流が滞る状態のことを於血という)になり、肩こりなどの症状が現れます。 背中(背骨に沿っている脊柱起立筋)を刺激して血行改善。 座った状態で足の裏同士をくっつけます。 つま先をつかんで持ち上げ、息を吸いながら背すじを伸ばし5秒間。 呼吸は止めずに自然に。 力を抜いて息を吐きながらつま先を下ろし、体を前に倒し5秒間。 背中を丸めるのがポイント。 *このストレッチを朝晩10回ずつ行なって、肩こり・頭痛を予防。 低体温を解消する の方と肩こりで悩んでいる方には、共通点が多いようです。 ひどい肩こりで悩んでいて、体が冷えていると感じる場合は、体を温めるようにしてみてはいかがですか。 肩こり解消のツボ:肩井(けんせい) 肩井(けんせい)のツボは、肩や頭の血行を促し、肩こりや倦怠感を解消してくれるそうです。 頑固な肩こりを解消!しわを伸ばす筋膜リリース 筋膜とは、筋肉の束を包んでいる膜のことで、肩こりはこの筋膜が硬くなっていることが原因の一つと考えられるそうです。 骨ストレッチ 肩甲骨の可動域が広がり、ほぐれて、肩が動かしやすくなります。 肩周りの血流が良くなることで、肩こり解消が期待されます。

次の

ひどい肩こり解消法(ストレッチ・ツボ・筋膜)・肩こり原因

肩こり ツボ

Contents• 慢性的な肩こり、頑固な肩こりによく効くツボのご紹介です。 肩こりや腰痛などは力任せに圧したり揉んだりすると、筋肉は逆により固くなってしまいます。 心無いマッサージや整体では、筋肉を揉むだけ、強く圧すだけで、効果はその時だけ…逆に揉み返しや気の流れにダメージを与えてしまいますので、正確なツボ療法をおススメします。 肩こりに特に効くツボ、肩井と肩甲骨上部のツボを圧したら、腕のツボと手のツボを圧して、肩~腕全体の気の滞りを取ると、肩がとても楽になります。 自分で圧せるのは肩の上の方のツボだけですが、自分で圧しても、とても気持ちが良いツボです。 また背中の肩甲骨と背骨の間にも、肩こりに効くツボはたくさんあるのですが、残念ながらここには自分の手は届きません。 肩こりのツボ・肩井 肩が痛いとき、肩が重いとき、ふと手を当てて圧したくなりますよね。 そのときには、このツボを無意識に圧したりしているハズです。 無意識のうちに私たちは効果的なツボを探して圧したりさすったりしているのですね、からだはなんでも知っている(笑)。 いや、からだのそういう反応点がツボなのですから、ツボの場所や名前にとらわれず、自分で気持ち良いところ、必要なところを必要なだけ、自分のからだと相談して探して圧してみてください。 胆経上にある肩井ですが、胆経は太い筋肉や腱を走行するので、胆経のツボは圧すととても痛く感じます。 太いスジ上にあるので見つけやすいツボですが、自分で圧してもズ~ンと肩の奥まで響く感じがあります。 肩が重いとき、肩の付け根が痛いとき、自分で圧してみてください。 首から肩に変わっていくところ、上や横から見たら正中ど真ん中です。 動悸や息切れ、喘息、胸の苦しさをとるのに使われるツボですが、肩から腕にかけての気の滞りもとります。 好転反応を防ぐためにも肩のツボの後に圧していきます。 ツボの場所 肘をぶつけるとしびれてしまうことがありますよね。 英語では肘の内側の神経が出ているところをfunny boneといいます。 写真のように手を当て拇指で探っていくと、前腕~小指にかけて響く、ツ~ンとするツボが探せると思います。 ツボの圧し方 写真の状態のまま上腕の骨に向かって圧します。 少し下から上に向かって圧すと上手く圧せます。 おまけに手のツボを圧して更に気の滞りを取りましょう。 手足の末端のツボは全体的な気の滞りを取るのに最適なのです。 体幹のツボを圧したら末端のツボまで圧すのが大切です。

次の

肩 ツボ|肩こりに効くつぼ

肩こり ツボ

肩こり、腰痛、冷え、むくみなど、身体の不調で現れるツボを刺激してみると、良い効果があるとわかっています。 今回は、知っているようで意外と知らないツボについて、その位置や押し方、ツボ押しで期待できる効果などをご紹介します。 はじめに、ツボ(経穴)とは、全身に張り巡らされた神経が重なり合う場所のこと。 「神経の交差点」とも呼ばれるツボは、神経を通して内臓をはじめとする全身のさまざまな部位とつながっています。 このため身体に不調があると、特定のツボに痛みや硬さ、冷えや赤みとなって現れて、身体や心が疲れていることを知らせてくれるのです。 不調のサインに気づいたら、痛みのあるツボをゆっくりと押してみましょう。 ツボに適切な刺激を与えると痛みが和らぎ、そのツボに関連する内臓にも作用して、体調改善に役立ちます。 Contents• 鍼治療で使うツボの位置 ツボは全身に361個あるといわれています。 大まかな場所は決まっていますが、「絶対にここ」というものではないのです。 身体には個人差がありますし、同じ人でもその日の体調によってツボの位置が微妙に変化するからです。 なので、ここで紹介するツボの見つけ方はあくまでも目安です。 自分で押してみて気持ちよく感じる場所、響くような痛みを感じる場所を優先してくださいね。 「陰交」や「中極」など身体の中心に位置しているツボを除いて、 身体の左右対称に存在する場合は、バランスを取るために両方のツボを刺激することが大切です。 また、ツボは強く押せばよいというものではありません。 気持ちよいと感じる強さで押しましょう。 効果のあるツボ 肩こり: 肩井(けんせい) 【位置】うつむいたときに出っぱる首のつけ根の骨(第7頸椎棘突起)と肩先の骨(肩峰)を結んだ中間あたり。 【効果】肩を上げる筋肉と関係が深く、 肩から背中にかけてのこりに効果があるとされています。 首こり、頭痛、歯の痛み、四十肩、五十肩、神経疾患などに悩んでいる人にもおオススメです。 【押し方】中指または中指を中心とした3本の指をツボにあて、皮膚に垂直になるように押します。 首こり: 翳風(えいふう) 【位置】耳のつけ根の後ろ、口を開けるとくぼむ部分。 【効果】 全身の気の流れや血流が改善されます。 ほかにも、 頭痛、肩こりのほか、くま・くすみ、顔のむくみなどの美容効果も期待できます。 【押し方】左右のツボに両手の中指をあて、気持ちよく感じる程度の力でゆっくり押します。 首は神経が集中している繊細な場所なので、強く押しすぎないように注意しましょう。 腰痛: 環跳(かんちょう) 【位置】お尻のやや外側、力を入れるとえくぼができるところ。 【効果】 股関節周りの血行が促進されることでたまっていた老廃物が流れ、筋肉の緊張がほぐれます。 ほかにも、 ひざの痛みや股関節痛、頭痛、神経痛のほか、 ヒップアップの効果も期待できます。 【押し方】自分では押しにくい場所なのでボールを使います。 置いたボールの上にツボがあたるようにあおむけになり、ひざを立てて体重をかけます。 ボールはテニスボールやゴルフボールなど、自分がちょうどよいと思う硬さのものを選んでください。 耳鳴り: 聴宮(ちょうきゅう) 【位置】耳の前にある三角形の突起物の前にあり、口を開けるとくぼむ部分。 【効果】 疲労、ストレス、加齢などが原因の耳鳴りは、このツボを刺激すると症状軽減が期待できます。 頭痛や歯の痛みに悩んでいる人にもオススメです。 【押し方】左右のツボに両手の人さし指をあてて、頭の中心に向けて押します。 小顔: 頬車(きょうしゃ) 【位置】下あごの角の骨から指1本分上の内側で、押すと響くような痛みがある場所。 【効果】水分代謝を促すことで むくみを取り、顔をすっきりさせます。 頬のたるみ、歯ぎしりの改善にも役立ちます。 【押し方】左右のツボに両手の中指をあて、皮膚を持ち上げるように押します。 外反母趾: 湧泉(ゆうせん) 【位置】足の裏、土踏まずのやや上中央の、足指を曲げたときにへこむ部分。 【効果】湧泉を刺激して、足の裏にある筋肉を緩めることで、 親指が外側に引っ張られるのを防ぎます。 ほかにも、 食欲不振、腰痛、冷え症などにも効果が期待できます。 【押し方】両手の親指で強く押すか、 椅子に座った状態で床に置いたボールをツボにあて、体重をかけながら足を動かします。 左右同様に押します。 不妊: 陰交(いんこう) 【位置】おへそから親指1本分、下にあります。 【効果】 下腹部の冷えや瘀血(おけつ:古い血液の塊。 黒くてドロッとしている)を改善し、 子宮や排卵の調子を整えます。 そのほか、 生理痛、生理不順、腰痛の改善にも効果があるといわれています。 【押し方】中指をツボにあてて、おなかの中心に向けて押します。 頻尿: 中極(ちゅうきょく) 【位置】恥骨の上から指2本分上の位置。 【効果】 泌尿器系のトラブルに効くツボで、血流が促進され 腎機能が高まります。 腰痛、冷え症、生理不順などにも効果が期待できます。 【押し方】あおむけの状態で中指を中心とした3本の指をツボにあて、骨盤に向けて押します。 ダイエット: 飢点(きてん) 【位置】耳の前の小さな骨のふくらみの、少し下の部分。 【効果】乱れた 自律神経を整えて、過剰な食欲を抑えます。 【押し方】左右のツボに両手の人さし指をあてて頭の中心に向かって押します。 食事の10~15分前に2~3分刺激するとより効果が期待できます。 顔のむくみ: 天容(てんよう) 【位置】下あごの骨の後ろ、両耳の下にあります。 【効果】 首のこりを改善して滞っていたリンパの流れや水分の排出を促し、 顔のむくみをすっきりさせます。 頭痛、肩こり、寝違えにも効果があるとされています。 【押し方】左右のツボに両手の人さし指を引っかけて、後頭部に向けて押します。 足のむくみ: 陰陵泉(いんりょうせん) 【位置】ひざの内側の下にある太い骨(脛骨内側顆)の下にあるくぼみ。 【効果】血行をよくすることで水分がスムーズに体外へ排出され、 下半身のむくみも改善されるでしょう。 冷え症、腰痛、下痢などで悩んでいる人にもオススメです。 【押し方】ひざを軽く曲げ、ひざからすねをつかむようにしながら親指をツボにあてて、ひざの外側に向けて押します。 生理痛: 地機(ちき) 【位置】ひざの内側の下にある骨のくぼみと、くるぶしの内側を結んだ線の上から3分の1の場所。 【効果】瘀血を改善し、 瘀血が排出される際に下腹部に感じる痛みの軽減につながります。 痛みの予防に、 生理が始まる1週間前からツボを刺激するとよいでしょう。 ほかにも、 吐き気や下半身のむくみの改善が期待できます。 【押し方】すねをつかむようにして親指をツボにあて、足の中心に向かって押します。 冷え症: 太谿(たいけい) 【位置】くるぶしの内側の出っぱりとアキレス腱の真ん中の、くぼんでいる部分。 【効果】足は心臓から最も遠くにあり、血液が巡りにくく冷えやすい場所です。 このツボをほぐすことで 下半身の血行が良くなり、全身の冷えの改善につながります。 下半身のむくみの改善も期待できます。 【押し方】ツボに人さし指をあて、アキレス腱に引っかけるイメージで押します。 頭痛: 合谷(ごうこく) 【位置】手の甲を上に向け、親指と人さし指の骨が交わるところから人さし指のほうに向かって押していき、痛みを感じるへこみ。 【効果】このツボを押すと脳内にエンドルフィンという物質が分泌され、 脳が感じていた痛みを緩和させるとされています。 ほかにも、 花粉症、耳鳴り、歯の痛みなどにも効果が期待できます。 【押し方】親指をツボにあてて、人さし指の骨の下に滑り込ませるようにして手の中心に向かって押します。 日常生活にも役立つツボの知識 ツボを押すとその刺激が神経を通って脳に届き、脳からの指令でそのツボに関連する内臓や自律神経にも刺激が伝わります。 その結果、内臓の不調が改善されたり、ホルモンバランスが整って免疫力が高まったります。 また、身体だけでなく、イライラや落ち込みなどの心の不調も和らげてくれるでしょう。 ツボ押しのよいところは、知識さえあれば、いつでもどこでも自分で手軽にできて、しかも即効性も期待できること。 また、同じツボを押しても、その日の体調によって痛みや響き具合が変化するため、自分の体調を知る手がかりにもなります。 ツボに関する正しい知識を身に付けて、日頃の体調管理や、キレイになるために役立ててみてはいかがでしょうか? ツボ押し以外では鍼やお灸も最適です お灸も体験できるCALISTAのトライアルコース 【本コラムの監修】 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師(鍼灸師) ・経歴 大学卒業後、TV局アナウンサー、PR会社勤務を経て、女性限定鍼灸サロンCALISTAを設立。 雑誌・テレビなど掲載多数。 多種の口コミサイトで高い評価を集める。 美容鍼・経絡美容鍼灸の第一人者。 著書に『~ココロとカラダがかがやく~ 美人のツボ』、『~女性限定鍼灸サロンが薦める~ 美ツボBOOK』がある。 ・所属 伝統鍼灸学会 全日本鍼灸学会 日本鍼灸師会 東京都鍼灸師会.

次の