ハクビシン 中国。 ハクビシンや野生動物が与える感染症とは?

ハクビシンの糞の特徴4つと画像!処理・消毒方法とふん対策を解説

ハクビシン 中国

SARSとの関係 ここでは、10年程前に世界中で流行した新型肝炎「SARS」とハクビシンとの関係、また、その後の動向や真相などについてくわしく解説しています。 新型肝炎「SARS」とハクビシン 今から10年程前、中国の広東省を発端に、世界中で大流行し猛威をふるった 新型肺炎「SARS」。 まだ記憶にも新しい響きではないでしょうか? SARSの正式な病名は、「Severe Acute Respiratory Syndrome (重症急性 呼吸器症候群)」。 コロナウイルスという非常に感染力の高いウイルスによって発症する、死亡率も高い、とても恐ろしい病気です。 病原菌コロナウイルスに感染した人の、くしゃみや咳などからウイルスをもらうことで感染してしまうと言われています。 症状としては、約2日~10日間程の潜伏期間ののち、咳や高い熱、また呼吸困難などのひどい症状があらわれるそうです。 この恐ろしい感染症SARSが大流行した時、実は、ハクビシンが真っ先に感染源として疑われました。 それは、当初野生の狸やハクビシンの糞などから、コロナウイルスと遺伝子配列のよく似たウイルスが発見されたからです。 しかし、その ハクビシンがもつウイルスに感染したとされる動物を検査した結果、SARSでみられるような肺炎の発症はありませんでした。 そして、SARSのコロナウイルスとハクビシンがもっていたウイルスにおいて、一部の遺伝子に違いが発見されたため、その疑いは晴れ、「ハクビシンのもつウイルスが突然変異したものなのでは…?」との見方も起こりました。 現在では、野生動物を扱う業者のずさんな衛生管理こそが、SARS流行の直接的な原因だったのではないかとも言われています。

次の

ハクビシンは食べると美味しい?どんな味?代表的な料理や調理時の注意点も紹介

ハクビシン 中国

5~6kg 程度 ハクビシンはパキスタンからインド、ネパール、チベットなどを経て、中国南部や台湾、ミャンマーやタイなどのインドシナ半島に広く分布しているで、台湾やマレー半島、インドネシアなどにも分布している。 幾つかの亜種に別けられているが、ハクビシンは日本に生息する唯一のジャコウネコの仲間としても知られている。 体の大きさは亜種や年齢などによって差があるが、雄の方が雌よりも大きい。 体つきは胴が長くて四肢が短いが、尾はかなり長く、体長近くの長さがある。 毛はやわらかくて長く、毛色は灰褐色や褐色、黒褐色などで、背中の中央は濃く、腹部は淡い。 また、ハクビシンにはやなどに見られるような体の斑点は見られない。 四肢や顔も黒っぽいが、名前のように鼻筋には白線があり、頬は白く、目の下にも白斑がある。 しかし、顔の斑は亜種によって変化があり、ほとんど白いものも見られる。 雌雄共に肛門腺が発達していて、行動範囲には匂いのついた排便をするが、のように、糞は同じところですると言われている。 落葉樹林や常緑樹林、熱帯雨林など、多様な森林地帯に生息していて、主に樹上生活をしている。 四肢には5本の指があり、足の裏には毛がないので、木登りはかなりうまい。 また、ハクビシンは低地から山地に見られるが、東南アジアでは標高2500m程のところにも生息しているほか、藪地や雑木林、耕作地の近くや人里、市街地などにも姿を表わす。 普段は単独で生活しているが、時には雌とその子どもが集まって、小さな群れをつくることもある。 夜行性で、昼間は巣穴などで休んでいるため、日中はほとんど見かけることはないが、時には昼間も活動する。 多くの時間を樹上で過ごしているが、樹間の移動は地上に降りて行い、樹間を飛び移ったりすることはしない。 主に夕暮れと共に活発に活動をはじめ、イチジクやマンゴー、バナナやミカン、カキなどの果実類や種子などを好むが、ハクビシンは鳥や鳥の卵のほか、カエルや昆虫、カニなどの甲殻類や小動物などの肉類も食べ、しばしば地上で採食することがある。 行動範囲は食料事情のよい地域では1~2k㎡程度と言われているが、季節によっても変化があり、2~6k㎡程の幅があるほか、雄の行動範囲は雌よりも広い。 樹洞などを棲みかにしているが、岩穴やタヌキが使った巣穴なども利用するほか、里山にある民家の屋根裏や軒下などにも棲みつくことがある。 また、巣穴は水を利用できる近くにつくるが、複数の棲みかを利用するとも言われている。 繁殖期は早春と晩秋に多く見られ、地域によっては年に2度繁殖することがある。 妊娠期間は2ヵ月程で、1産1~4子、普通は2~3子を出産する。 生まれたばかりの子供の体重は120g、体長は15cm程で、灰褐色の薄い毛で覆われている。 目は閉じているが、生後10日程で目は開き、3ヵ月程で親と同じくらいに成長する。 この頃には離乳し、生後10~12ヶ月程で性成熟する。 野生でのは10年程度と考えられているが、飼育下では15~20年程度、中には25年を超える固体も報告されている。 外敵はや、などの猛禽類などがあげられるが、一番の外敵は人で、毛皮や肉を目的とした狩猟が行われていて、中国南東部やインドシナ半島の一部では食料用として取引されている。 このほか、近年の森林開発などによって生息地は減少しているが、ハクビシンは環境によく適応していて、現在のところは絶滅の危惧はないとされている。 ところで、国内に生息しているハクビシンは、日本の在来種なのか、戦前に毛皮などを目的として飼育されていたものなどが野生化した外来移入種なのか、はっきりとは分かっていない。 国内のハクビシンは、中国などに分布するものに比べてやや小さく、顔は比較的丸いような感じがし、体色も濃く、寒さにも強いと言われている。 しかし、国内での分布が連続していないことや、ジャコウネコ科の化石が見つかっていないことなどから、明治以降に移入されたものとも考えられていて、最近のDNAの鑑定では、台湾に分布するものと同系列と言われてる。 また、昭和20年代には福島や静岡、山梨、四国などに散在的に分布していたが、その後分布域は徐々に拡大し、現在は北海道の一部や東京などでも生息が確認されていて、ほぼ全国的に分布している。 また、近年の森林開発などにより、地域によっては都市近郊や住宅地にも現れるようになっている。 ハクビシンは幼獣から飼育するとよく馴れると言われているが、果実類を好むため、ミカンやモモ、カキなどの作物に被害を与えることがある。 のように特定外来生物には指定されていないが、民家の屋根裏などにも棲みつくため、糞尿による住宅被害なども報告されていて、時に害獣として駆除されることがある。 Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。

次の

ハクビシンとタヌキとアナグマの違い

ハクビシン 中国

2019年9月、中国、北京近郊の農場の納屋に多数の生きた鳥が隠されているのを、環境保護団体が発見して警察に通報した。 鳥たちは違法に捕獲されたもので、中国南部の中華料理店や市場に売られることになっていた。 警察は約1万羽の鳥を没収して放したが、その中には、シマアオジという絶滅危惧種も含まれていた。 シマアオジが近年激減している主な理由は、一部の中国人が好んで食用にしているからだ。 1月30日に世界保健機関(WHO)が国際的な緊急事態とした新型コロナウイルスの感染拡大が、さまざまな野生動物を売っていた武漢の市場から始まったことで、中国での野生動物の取引に注目が集まっている。 中国政府は1月26日に、危機が終息するまで野生動物の取引を禁止すると発表した。 メディアは市場で売られる痛々しい動物たちの写真や、生きたままスープ鍋で茹でられるコウモリの動画を流して世界中の人々を憤らせ、中国ではだれもが生きた野生動物を買って食べているという印象を作り出している。 (参考記事: ) しかし、現実はそう単純ではない。 広州(中国南東部の1400万の人口を抱える都市で、シマアオジの主な渡り先でもある)では野生動物を食べることはごく一般的だが、北京市民が野生動物を食べることはめったにない。 実際のところ、多くの中国人は、野生動物を食べる文化に馴染みがない。 チャイナデイリー紙などの政府系メディアは、厳しい言葉でこの習慣を批判し、野生動物の取引を永久的に禁止するべきだとする社説を発表している。 こうした呼びかけは、国が検閲している微博(ウェイボー)などのSNS上で多数の中国市民によって増幅されており、中国政府がこの流れを後押ししていることを示唆している。 専門家によると、中国での生きた野生動物の取引の規模ははっきりしない。 多くの動物が、食用、医薬品用、記念品用、ペット用に密猟され、違法に輸出入されている。 この取引を強力に支えているのは、動物の体の一部に病気を癒やす力があると信じる中国の伝統医学産業だ。 (参考記事: ) 中国政府は、ミンク、ダチョウ、ハムスター、カミツキガメ、シャムワニを含む54種の野生動物について、農場で繁殖させ、食用に販売することを許可している。 北京を拠点とするNGO団体で、2019年9月に鳥を救出した中国生物多様性保護・グリーン発展基金会(緑発会)のジョウ・ジンフェン事務総長は、ヘビや猛禽類など、多くの野生動物が密猟されて、国の許可を受けた農場に連れてこられているという。 ジョウ氏によると、一部の繁殖業者は、自分たちの動物は保全のために飼育下で合法的に繁殖させたものだと主張しているが、市場やコレクターへの販売も認めているという。 中国に生きた野生動物を取引する市場がいくつあるのかは不明だが、専門家は、数百に及ぶのではないかと見積もっている。 カエルは大衆的で安価な食材です、と言うのは、ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナルの中国政策の専門家で、米ヒューストン大学ダウンタウン校の東アジア政治学教授であるピーター・リー氏だ。 一方、ハクビシンのスープ、コブラの揚げ物、熊の手の煮込みなどの高級料理を食べられるのは金持ちだけだと説明する。 (参考記事: ) リー氏自身は、子どもの頃からそのような料理は食べたことはないと言う。 「両親が野生動物を料理することはなく、家族で野生動物を食べたことは一度もありません。 ヘビを食べたこともありませんし、ましてやコブラなんて」.

次の