間 質 性 肺炎。 間質性肺炎(カンシツセイハイエン)とは

間質性肺炎とは?治療や原因、症状、予防法など

間 質 性 肺炎

間質性肺炎(間質性肺疾患) 概要 肺は肺胞というブドウの房状の小さな袋がたくさん集まってできています。 間質性肺炎は、この肺胞の壁の正常構造が壊れて線維化(ケロイドのような傷あと)が起こる病気です。 肺胞の壁を通して人は酸素を取り込んでいますが、この壁が固く、厚くなるために、酸素を取り込みづらくなります。 間質性肺炎の原因はさまざまで、膠原(こうげん)病、じん肺、放射線、アレルギー性のものなどがありますが、原因不明のものを特発性間質性肺炎といいます。 特発性間質性肺炎 両肺の広範囲に陰影が出現する疾患は、間質性肺炎(Interstitial pneumonia; IP)あるいは間質性肺疾患(Interstitial lung disease; ILD)として知られています。 関節リウマチなどの膠原病や吸入物質が原因とわかることもありますが、多くの間質性肺炎は原因が特定できず、特発性間質性肺炎(Idiopathic interstitial pneumonias; IIPs)と呼ばれています。 中でも、肺がゆっくりと硬く縮んでいき(線維化)、息切れが進行、呼吸不全に至る疾患として、特発性肺線維症(Idiopathic pulmonary fibrosis; IPF)が重要です。 癌と同じくらい予後の悪いこの疾患に対しては、近年Pirfenidone, Nintedanibといった抗線維化剤が使われるようになりました。 これらの薬剤は疾患の改善治癒には結びつかないものの、悪化速度の抑制効果は期待できます。 当院では豊富な経験をもとに、気管支鏡検査や胸腔鏡下肺生検などを行い、間質性肺炎の診断および治療方針の決定を行っています。 膠原病関連肺疾患 関節リウマチや皮膚筋炎、強皮症などの膠原病(自己免疫疾患)において間質性肺炎がしばしば発症します。 中には間質性肺炎より発症し、その後膠原病が出現してくることもあります。 治療としてはステロイドや免疫抑制剤を使用します。 近年、抗ARS抗体や抗MDA-5抗体などの新しい血液検査が行えるようになり、専門医の果たす役割が大きくなってきている分野です。 当院では2016年現在日本リウマチ学会専門医2人の常勤医、1人の非常勤医がおり、豊富な経験を元に呼吸器内科と連携しながら、膠原病関連間質性肺炎の診断および治療方針の決定を行っています。 その他 他にも、薬剤性肺炎、サルコイドーシス、過敏性肺炎、好酸球性肺炎、職業性肺疾患(珪肺やアスベスト関連肺疾患)などの比較的よく経験するびまん性肺疾患に加え、ランゲルハンス細胞組織球症(LCH)、肺胞蛋白症、リンパ脈管筋腫症(LAM)、IgG4関連疾患といった稀少疾患も数多く診断してきました。 気管支鏡検査や外科との連携による胸腔鏡肺生検を積極的に行い、稀少肺疾患の診断に努めています。

次の

間質性肺炎・肺線維症 (かんしつせいはいえん・はいせんいしょう)

間 質 性 肺炎

肺は、肺実質(はいじっしつ)と肺間質(はいかんしつ)の2つに分けることができます。 肺実質とは、酸素を体内に取り込んだり、二酸化炭素(炭酸ガス)を体外へ排出するガス交換の場のことで、空気にふれている部分です。 これに対して肺間質とは、結合組織などによって、そのようなガス交換の場を形成している、肺の骨格的な部分をいいます()。 肺実質におこる病気としては、細菌が原因となって発病する細菌性肺炎(さいきんせいはいえん)が代表的なもので、ふつう「肺炎」といっているのは、こうした感染によっておこる病気です。 一方、間質性肺炎は、なんらかの原因で、主として肺の間質にがおこり、時間の経過とともに、だんだんに間質の線維成分が増えて、いわゆる線維化(せんいか)という、組織の柔軟性が失われる病変が、間質を中心におこってくる病気です。 間質性肺炎には、突然発病し、急激に進行して肺の柔軟性が失われ、肺活量など、肺の機能が低下して、その結果、酸素の体内への取り込み不足、不全(こきゅうふぜん)といったになることがあります。 このような経過をとるものを、急性間質性肺炎(きゅうせいかんしつせいはいえん)といいます。 また、肺間質に長い期間にわたり持続的に炎症がみられ、線維化がゆっくりと進むタイプの間質性肺炎もあって、こういう病態を示すものを、(とくはつせいはいせんいしょう)、あるいは(とくはつせいかんしつせいはいえん)と呼んでいます。 特発性という病名は、炎症性病変の終末像である線維化に焦点をあてたものであり、諸外国でよく用いられている病名です。 一方、特発性間質性肺炎という病名は、肺の炎症のようすを中心に病態をとらえようとするもので、おもに日本で使われています。 この特発性肺線維症(特発性間質性肺炎)の発症や症状の進行は、個人差があるものの、一般的には、非常にゆっくりとしたものです。 出典 家庭医学館について の解説.

次の

間質性肺炎とは?初期症状や原因・治療・リハビリ・余命は?

間 質 性 肺炎

スポンサーリンク 間質性肺炎と一般的な肺炎 間質性肺炎とは? 私たちの肺には酸素と二酸化炭素の入れ替えを行う数億個の肺胞と呼ばれる小さな袋状のものが存在しています。 この肺胞の外側部分は肺胞の壁になるのですが、これを「間質(かんしつ)」と呼んでいます。 この間質に炎症が起こるのが間質性肺炎(かんしつせいはいえん)です。 間質性肺炎になった肺胞の壁は硬くなってしまいます。 その結果、肺の膨らみが悪くなるので、様々な症状が起こってきます。 一般的な肺炎の違いとは? 一般的な肺炎は、細菌やウイルスといった病原微生物の感染によって、肺胞が炎症を起こすものです。 それに対して間質性肺炎は、インフルエンザなどのウイルスでもなりますが、金属粉や石綿などの粉じんやカビ、市販の風邪薬やサプリメントの過剰摂取、膠原病などでなります。 また、CT検査やX線検査などの一般的な画像診断程度なら間質性肺炎は発症しませんが、一般的な肺炎の違い、放射線療法などの強い被曝によって発症する可能性があるとされています。 間質性肺炎の症状 初期症状 咳や息切れがおもな症状なのですが、初期の段階だと自覚症状がないこともあります。 息切れは安静時には感じなくて、階段や坂道を登る時に感じる程度なので、間質性肺炎が原因だとは気がつきにくいです。 そのため、気が付かないうちに肺がボロボロになってしまうこともあり、結果として酸素吸入などをしなければいけない状態になってしまうこともあるので、注意が必要です。 おもな症状 間質性肺炎のおもな症状は、痰をともなわない乾いた咳と息切れなどの呼吸困難です。 ほかに疲労感や微熱、体重減少などの症状がみられます。 呼吸困難はいくら息を吸っても、酸素が体の中に入って来ないようで息苦しさを感じます。 症状が進行してくると普通に歩いていても息苦しさを感じるようになります。 家事や入浴中といった日常生活の中でも息苦しさを感じるようになってきます。 さらに症状が進行すると、着替え程度でも息切れがしてしまいます。 これらの症状の進行具合はとてもゆっくりで、日常生活に支障が出るレベルまでには数年かかるのが一般的です。

次の